紀子さま「東大とお茶の水女子大学を合併せよ!」悠仁さま“東大進学”へ驚異の秘策を週刊誌が暴露


文・もっちゃん

悠仁さま進学問題

眞子さんの結婚トラブルが発生して以降、多くの国民から批判を浴びている秋篠宮家ですが、現在では、悠仁さまの進学の問題が話題となっているようです。

この悠仁さまの高校進学の問題が、多くの国民から注目を集めるきっかけとなったのは、「週刊文春」が報じた、悠仁さまの進学先に関する記事です。こちらの記事では、悠仁さまの進学先について、次のように報じています。

進路は学習院でも農大一高でもない、と秋篠宮家の内情を知る関係者は断言する。

「悠仁さまは筑波大学附属高校(筑附)への進学を決意されていて、ご両親も応援されているそうです」

 理系がお好きと思われた悠仁さまだが、より関心が広がる進学先として選んだのが筑附だという。

「週刊文春」(2021年12月30日/2022年1月6日 新年特大号)

筑波大学附属高校といえば、毎年東大合格者数ランキング上位に名を連ねる言わずと知れた名門校であり、入学の難易度は、開成や麻布といった最難関校に引けを取らないとされています。

悠仁さまといえば、これまで週刊誌等で、「学力は中の下」「成績は芳しくない」などと報じられてきただけに、「なぜ、悠仁さまがこんな難関校へ?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

ズル入学確定か?

悠仁さまの成績や学力では、本来、筑波大学附属高校への入学など決してできないのですが、先ほどの「週刊文春」の記事によると、どうやら、「提携校進学制度」という新制度を利用して、悠仁さまは筑波大学附属高校へ進学する予定のようです。

高校から一般入試で入る場合、今年度の倍率は3.2倍だ。しかし、悠仁さまには狭き門をくぐらずにすむ方策がある。

「悠仁さまは、『提携校進学制度』を利用されるようです。2017年4月に導入され、2022年入学までの5年間のみ試験的に設けられた制度で、お茶の水女子大と筑波大の附属校間で、書類審査などがメインの特別入試での進学が可能になります」(前出・記者)

 前出の秋篠宮家関係者によれば、

「お茶の水女子大学附属中学の教員からも、悠仁さまの筑附への出願にゴーサインが出されたようです」

(同前)

悠仁さまは、お茶の水幼稚園に入学される際にも、「特別入学制度」を利用して入学されたのですが、この「特別入学制度」は、悠仁さまの入学後には廃止されました。



そして、今回、悠仁さまが筑波大学附属高校への入学に利用すると噂されている「提携校進学制度」も、悠仁さまが入学した後に廃止するようです。

この「提携校進学制度」はお茶の水女子大学と筑波大学の附属校の生徒が無試験で互いの学校に進学できる制度ですが、この制度が新設された直後から、「悠仁さまを筑波大学の附属校に入学させるための制度」なのではないかと噂されていたようです。

悠仁さまが中学校に進学される以前に出版された「女性セブン」(2017年11月2日号)の記事には、次のような学校関係者の言葉が紹介されています。

「悠仁さまはお茶の水小に隣接する筑波大学附属中に進学されるのではないかといわれてきました。そのために、“特別な制度”まで作ったんですから…」(お茶の水関係者)

 その特別な制度とは、両校の間で行われる「提携校進学」のこと。双方の小学校から若干名を募集し、中学進学のタイミングで“交換”するというものだ。書類審査だけで、いわゆる「学力テスト」は不要だ。

「悠仁さまが受験をせずに筑波中に進学できるように作られた制度だともっぱらの噂です。悠仁さまが進学されたら数年のうちに廃止されるとまでいわれています」(筑波関係者)

「女性セブン」(2017年11月2日号)

このような入学試験を回避して難関校への進学を目指す悠仁さまのズル入学に関しては、中学校進学前から、現在に至るまで、批判の声が噴出しているようです。先の、「週刊文春」の記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

一般入試を突破しないと世間は納得しないのではないか?

国民に寄り添うのであれば一般入試を受けた方が良い。

まさか東大にも試験受けずに入るつもり?

2022年入学まで、って…

わかりやすすぎる忖度じゃん。

うわああの制度ついに使うんだ。

もともとは中学から入るつもりでできた制度、当時は批判が強く断念したんだよね。筑波に旨味がなにもないから変な制度だよ

紀子さま、驚異の東大進学計画

超名門の筑波大学附属高校に進学し、良好な学習環境のもとで勉学に励み、東大進学を目指す、というのが、現在、紀子さまが頭の中に思い描いているプランのようですが、実は、それ以前には、より露骨で、えげつない手段を用いて、悠仁さまを東大に入学させる計画を立てていたようです。

「ハーバード大学を卒業し外交官となった雅子さまに、強い対抗意識やコンプレックスを抱かれている紀子さまにとって、悠仁さまを東大に入学させることは、まさに悲願と言えます。

雅子さまの長女・愛子さまは、学習院大学に進学されましたから、悠仁さまを東大に入学させれば、ご自身の学歴を遠く及ばなくとも、ご子息の教育では、優っていることにできると紀子さまはお考えになられたのでしょう。

もちろん、天皇家や雅子さまに対抗意識を持つこと自体は、必ずしも悪いことではないのかもしれませんが、紀子さまが問題なのは、そうした勝負で取ってくる手段なのです。



“特別入学制度”や“提携校進学制度”による難関校への進学も問題なのですが、実は、それ以前には、お茶の水女子大学と東京大学を合併させるよう、文部科学省を含め、各方面へ圧力をかけていたようです。

こうした紀子さまの計画は、最終的には、OGなどの強い反対により頓挫したのですが、実際に、お茶の水女子大学と東京大学との間で、合併するための会合まで行われたそうです。

これが実現してしまえば、本当に、もう何でもありになってしまいますからね。紀子さまにはお気の毒ですが、計画は中止になってくれて本当に良かったと思いますよ」(秋篠宮家関係者)

お茶の水女子大学と東京大学が合併など、まるで信じられないような話ではありますが、2016年に出版された「女性セブン」の記事には、次のようなお茶の水関係者の言葉が紹介されています。

「お茶の水女子大には附属幼稚園から大学まで揃っていますが、そのうち男女共学なのは中学校まで。男子生徒は必ず高校受験をして、別の学校に進学しなければならないのです。それは悠仁さまも例外ではありません。紀子さまは、動物好きの悠仁さまは、将来は東京大学の農学部に進学されたらいいのではないかというお考えもあったようですが、その前にやってくる高校受験が大きな懸案事項でした」(前出・秋篠宮家関係者)

 そんな折にまず持ち上がったのが、お茶の水女子大附属高校の“共学化”だった。

「ところが、お茶の水はOG会の結束が固く、“日本初の女子高”として130年以上の歴史をもつ附属高の誇りと伝統を守るべきだ、という意見が噴出したのです。実は以前、お茶の水と東京大学との合併という議論がなされたことがあったんです。在校生は、東大の施設も利用でき、さらに“東大卒”というネームバリューも得られると前向きだったのですが、その時もOGからの猛烈な反発を受け、合併が実現することはありませんでした」(お茶の水関係者)

「女性セブン」(2016年1月1日号)

お茶の水女子大学と東京大学の合併など、まともな人間であれば、考えもしないような計画ですが、こうした馬鹿げた計画を練り上げ、実行寸前にまで持って行ってしまう紀子さまの執念には驚くほかありませんね。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

>お茶の水女子大学と東京大学が合併など、まるで信じられないような話ではありますが、2016年に出版された「女性セブン」の記事には、次のようなお茶の水関係者の言葉が紹介されています。

東大のAO入試が始まったのは2016年度。
お茶の水と筑波大学が提携を公表したのは2016年9月。

お茶の水と東大の合併工作が上手くいかなかったので、
東大にAO入試制度を作らせ、
お茶の水と筑波大学を提携させたのだろうか。

78
返信する
匿名

見栄を張って取り繕っても、ダメなものはダメなのに。
同級生の親御さんがどう思うのか?息子さんも気の毒です、友達に避けられるのでは。
紀子さまって賢くない、見栄と欲の塊の人なんですね。
殿下は心と体がアンバランス、ご主人にも寄り添ってあげてください。

64
返信する
匿名

悠仁の高校進学問題で、「入試不正」という刑法に抵触する違法行為を、紀子が犯せば犯すほどに、悠仁がノータリンなのだと国民は理解するようになります。
紀子自身は実力試験の入試を経験したことがないので、裏口から馬鹿息子を入れることはどんなに恥ずかしいことか理解できないんですね。

皇室典範第18条による、知的障害による廃嫡処分が悠仁の目の前に迫っているにもかかわらず、紀子はただ現実逃避しようとしているだけです。
もっと息子の現実を直視し、他の生徒と比べてどれだけ劣等生かを紀子は見つめるべきで、すべては息子の実像をありのままに受け止め、天皇の重責など到底担えない憐れな子だとわかるまでは、秋篠宮家の不和は続くでしょう。

70
返信する
匿名

たしかに、戦前であれば、学習院も旧制高等学校である高等科までだったので、帝国大学への進学は一応あり得ました。しかし、皇族は軍人になることが慣例であり、皇太子以外は中等科から士官学校へ進み、皇太子も学習院を退学して、軍事学を含め”家庭教師”に学ぶものでした。戦後に差し掛かり、学制が変わる途上だった上皇さまの頃に初めて、皇族の大学進学が念頭に出てきて、皇族にも学習院旧制高等科から東京帝国大学への進学の可能性が検討されるようになりました。昭和天皇は東大はダメだと言っておらえたそうです。当時の総長に不信感があったからだそうですが、それがなくても、学習院大学が設立されて皇族はそちらへ行くことが慣例となりました。
皇族個人のために制度を変えることはなく、逆に皇族であるがゆえに進路に制限があったのですが、それを我が子のために制度まで変えられるものなら変えてしまおうというのが紀子妃殿下なのでしょう。皇室の慣例にも反した非常識な行為です。動物が好きだから東大農学部へねじ込もうなんて、その東大農学部のために厳しい受験勉強に耐えている息子と同年代の国民への寄り添いが全くない。将来、皇后、皇太后になる予定の人とは思えません。

67
1
返信する
匿名

悠仁さんは、皇族として必須科目である論語素読に耐えられない知能指数しかなく、陛下は六歳からお始めになられた素読が十五歳のいまもまだ手につかない状態だそうですね。(ちなみに文仁も素読には耐えられなかったとか)
確かに丸暗記が求められる素読をこなすには、一定の知能指数がないと不可能ですよね。

また多動の子には、じっと正座して、論語を音読するのは苦痛以外の何物でもなく、先人が皇位継承可能性のある皇族に素読を課してきたのは、さりげなく知的障害児を継承候補からふるい落とす意味もあったのかと思います。

悠仁さんは、着袴の儀でも、木製の沓では飛べず、草履でごまかしましたし、年齢でもずいぶん遅れた状態でした。

そんな子だけに、学習院で、実際の知能指数が丸裸にされることを紀子は恐れ、学習院の悪口をさんざん口にして、喧嘩別れしてしまったとみられ、悠仁への継承案は、まず本人の知能指数が問題で、低知能指数では憲法に定められた国事行為もできないことになります。

それだけに、高校受験を不正手段で乗り切らせようとしている現状は、逆に本人が低知能であることを裏付ける効果しかありません。
もし健常児であるというならば、実力相当の高校を一般受験させ、普通の国民と同じ体験をさせるべきです。

学習院から逃亡させたということは、即ち高校・大学受験の試練を与えることと同義です。もう後戻りはできません。
悠仁さんに、高校受験に耐えるだけの学力がないなら、中卒で結構でしょう。
或いは通信制のNHK学園にでもいれておけばいいだけです。
とにかく「紀子は他の受験生に迷惑かけるな」の一言です。

52
返信する
愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

女性自身が1月19日号で、「雅子さま、ついに決断、愛子に天皇の覚悟を」と愛子様の皇位継承について報じているのには驚きました。
昨年の共同通信の世論調査でも85%が女性天皇賛成してること、自民党内でも様々な人達から容認論がでていることを報じています。私にはびっくりです。

29
返信する
匿名

私もびっくりです。でも美智子自身と言われる女性自身だから何か企みがあるかも。

30
返信する
匿名

ヤフコメで「皇族は学習院へゆけ」と言うようなことが書き込まれていますが
学習院の基本姿勢は「皇族を世間に見せる」です。
オール学習院の集い(学習院幼稚園~大学までの文化祭)のコンサートは
幼稚園児(年長さん)の合唱から始まります。
皇族の子女は真ん中のよく見える位置に立たされます。
運動会でも、小学6年生になって大玉送りなんて甘いことは許してくれません。
初等科6年生の夏の遠泳(500M以上)は男子は強制参加、女子は希望者のみ。
男子皇族は赤ふんどし姿を写真に撮られ、国民には成長ぶりを披露されます。
敬宮愛子さまは遠泳に参加され、その時のことを作文に書いておられますね。
15才になっても罰則付き厳重な報道規制のある悠仁さまには、学習院は無理かと思われます。

35
返信する
子育て

悠仁さまよりお母様の教育を第一にしないといけませんね。
50半ばにもなって非常識な方・・・呆れています。
裏口入学は絶対にだめですよ!! 一生懸命努力した受験生が落ちるのだから。
秋篠宮家は何をやっても許される? 恥を知るべきです。

33
返信する
あまりにも横暴な宮家

男子男系を主張し、女性天皇は反対、長年男性天皇だったのに、ここに来て愛子様を天皇にする訳が無いなど、色々な意見があるが、
それでは、東大やお茶の水女子大の長い歴史を坊っちゃん一人の為に変えても良いのですか?
それぞれの大学のOBやOGの方々の反対はないのでしょうか?

29
返信する
匿名

『盲目、蛇に怖じず』
常識を知らない者は恥も恐れも何もない!
今、ほとんどの国民から「秋〇宮一家は皇室から出ていけ」とさえ言われているのに、この期に及んでも世間の空気がわからないとは…情けないにもほどがある。
どうやったら、こんなにレベルの低い浅ましい人間が出来上がるのか、レポート書いて発表したら博士号でも取れそうじゃありませんか?
かの人たちの辞書には「謙譲の美徳」「謙虚」「謙遜」という言葉はない!
「蛮夷(ばんい)僭上(せんじょう)無礼の至極(しごく)ぜひにおよばず」

28
返信する
匿名

佳子がフィギュアスケートをやっていたころ、偽名で大会に出場させていた事件がありました。
しかも有力選手に出場辞退するようにとも要求していた紀子。

負けると恥だと思って偽名出場させるところがいかにも紀子的で、これは偽計業務妨害罪に該当します。

同じ違法行為を、紀子は悠仁の不正入試でまた繰り返そうとしています。これでは「偽計業務妨害妃」と呼ばれてもやむを得ません。

23
返信する
匿名

皇籍剥奪後はこうなるのかな?

安西ふみひと
安西よしこ
安西ゆうじん

それでも離婚しなければ
安西のりこ

11
返信する
匿名

文春が今週号で、悠仁さんの成績は全優で、準備は着実に進んでいる、と報じていますね。筑波も御茶ノ水のようになるのでしょうか?

19
返信する
匿名

悠仁さんの成績は平常点で、殆どが有能なキャリア官僚が代作してくれたレポートが満点なので、出てくる成績です。
いうなれば東大法卒のキャリアさんが、中学生になって、成績評価されているような茶番ドラマだから、「ハイハイ、ゴユウシュウなんですよね、じゃあ論語素読でも全編暗唱できますよね?」とお返しするしかありません。

18
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。