「悠仁さまに入学していただき光栄」筑波大学学長、会見で苦し紛れのウソを連発!“紀子さまからの賄賂疑惑”も否定


文・もっちゃん

誤魔化しだらけの筑波大学会見

現在、大変な物議を醸している秋篠宮家の長男・悠仁さまの筑附進学問題ですが、この件に関して、今月2月25日、筑波大学は会見を開き、同大の永田恭介学長が説明を行いました。

永田学長は、会見の初めに、悠仁さまの入学に関しては「大変光栄である」と述べ、さらに現在週刊誌やネットメディア等で指摘されている、「提携校進学制度は悠仁さまを筑附に進学させるために作らせた制度なのではないか?」といった疑惑に関して「そういった事実はない」と否定しました。

筑波大付属高(東京都文京区)に秋篠宮家の長男悠仁さま(15)=お茶の水女子大付属中3年=が合格されたことについて、同大の永田恭介学長は24日の定例記者会見で「『おめでとうございます』と申し上げたい。学校のモットーや教育コンテンツを気に入られたのなら光栄なことだ」と述べた。

 悠仁さまはお茶の水女子、筑波両大学の付属校間で2017年に始まった「提携校進学制度」を利用して合格した。成績優秀で、同高が第1希望であることが制度利用の条件だった。永田学長は毎年若干名の実績があったと明らかにした上で、5年間をめどとしていた同制度を含む両大学の連携を、27年まで延長するとした。週刊誌などによる「悠仁さまのために設けられた制度ではないか」との報道については強く否定した。

「毎日新聞」(2022年2月24日配信)

永田学長は、「提携校進学制度は悠仁さまを筑附に進学させるために作らせた制度なのではないか?」といった疑惑に関して、27年まで制度の期間を延長することを根拠に、「悠仁さまのための制度ではない」と主張しましたが、こうした説明に関しては、批判の声も上がっているようです。

この会見の内容について報じた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

提携校制度について色々言われている事を受けての延長ですね。

だったら最初から5年間に限定しなければ良かったのでは…。

騒動を受けて宮内庁を始め関係各所は直ぐに否定するコメントを出しますが、結局後になって「やっぱりそうだったのか…」という結果になってしまうのは何故なんでしょうね。

申し訳無いけど、宮内庁を筆頭に不信感が益々強くなるのは当たり前じゃないでしょうか。

必死に繕っても無駄な気がする

何をどう言ったって、その提携校制度が突然できてそして消えるんだから、何故できたんだ?って、納得できる理由がない限り、

1人のためにできた制度で、それにより受かったことにした、ってことでしょう。

もしかしたら、念のために作っておいた制度だけど、ほんとは、自力で受かる学力つけてあげて、一般受験で受かる予定だったかもしれませんね。自分の子の能力信じたいし、受かるくらい頭が良くなってほしいと母親は期待したかもしれませんね。でも、姉君のことが騒がしすぎて、勉強に集中できなかったんだから、なんとしても、親が行かせる手立てをしたのかも。

一般受験では受からないから、作っておいた制度を使った、光栄でもなんでもない話

多くの寄付金がいただけるのでしょう。

古い設備も直せる絶好のチャンスですね。

指導者たるものは、国籍、宗教、性別、親の地位、などに関わらず、全ての生徒に同等に指導することが求められる。

差別。教育の場で、あってはならないと思います。

コメントにもあるように、今回の提携校進学制度の期間延長に関しては、「悠仁さまを筑附に入学させるために作った制度ではないのか?」といった批判の声が上がったために、仕方なく期間を延長したとしか思えません。

ですので、この期間延長を根拠に、「悠仁さまのための制度ではない」と主張するのは無理があるでしょう。また、学力審査に関しても不可解な点があります。



永田学長は、「2月13日の一般試験の日に同時に行われた学力検査を受けて合格が決まる」と説明したようですが、週刊文春の報道によると、すでに1月時点で、「提携校進学制度」の審査を終え、悠仁さまの合格は決定していたと報じられています。

悠仁さまの筑附進学に関しては、文春以外の複数の週刊誌メディアも、宮内庁からの合格発表以前から、「ほぼ確定」と報じており、学力審査以前から、合格は決定していたと見るのが妥当でしょう。

提携校進学制度の本質的欠陥

また、今回、「提携校進学制度」の期間延長が発表されましたが、この制度には根本的な欠陥が存在すると指摘する意見もあるようです。ある筑附関係者は次のように事情を説明してくれました。

「お茶の水女子大学の附属校と、筑波大学の附属校では、偏差値に差があるため、お茶の水女子大学の附属校から筑波大学の附属校に進学する生徒にとっては、メリットがあっても、筑波大学の附属校からお茶の水女子大学の附属校に進学する生徒には、ほとんどメリットがないのですね。

これまで、悠仁さま以外に制度の利用者がほとんどいなかった理由の一つがここにあるようです。つまり、お茶の水女子大学の附属校から筑附への進学を希望する生徒が居ても、筑附からお茶の水女子大学の附属校への進学を希望する生徒がほとんどいないので、交換が成立しないようです。

今回、悠仁さまが筑附への進学を果たす際にも、筑附側は、お茶の水女子大学附属女子高校へ進学を希望する生徒を探すのに難儀し、最終的には、成績が低く、エスカレーター式に高校に進学することが困難な女子生徒の一人に無理やり頼み込んでお茶の水女子大学附属高校に進学してもらったようです。

このように、“提携校進学制度”には、根本的な欠陥が存在するわけですから、両校の関係者の中にも、“厄介な制度を残してくれたな”と思っている方が多いようですよ」(筑附関係者)

紀子さまからの賄賂も否定

また、今回の会見では、質疑応答にて、筑波大学への寄付金が平成28年から急増したことについても質問がなされたようです。



「会見に参加した記者の一人は、学長に対して、平成28年から筑波大学への寄付金が急増したことを指摘した上で、“一体、誰からの寄付であるのか?”と質問した上で、“もし、これが秋篠宮家からの寄付金であるなら、事実上の賄賂ではないか?”と鋭く指摘していました。

この質問に対して、学長はしどろもどろとなり、“寄付した人物については明かせない”としたうえで、“平成28年から大学への寄付の制度にも変更があり云々”などといった要領を得ない返答をしていました」(前出の筑附関係者)

これまで、紀子さまから無茶な要求を突きつけられる筑波大学の側に同情していましたが、こうなってくると、もはや筑波大学も共犯ではないか?という気にもなってきますね。

皆さんは、こうした筑波大学の不誠実な姿勢についてどう思いますか?また、大学側にこうした会見まで行わせて悠仁さまのズル入学を正当化しようとする紀子さまについて、どう感じますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

39 COMMENTS

静岡バラック出身のキコへ

キコのする事なす事の全てが、キコの故郷の北朝鮮の象徴です。
日本が北朝鮮になろうとしている、今!
大変恐ろしい!!

60
匿名

キコの恫喝、聞いてみたいな。録ってないのかな。
それがあったら一丁上がり!

78
返信する
匿名

「キーキー」金切り声を張り上げて、首を縦に振るまで叫び倒してそう。
聞くに耐えきれないから、逃げるように承諾したのではないだろうかと思う。
恐ろしや。

51
返信する
匿名

学長がでてきた以上、教授会も黙っていないですよ。

これからは法学系の教授も参戦してきますので、裏口入学なのか、刑法違反かどうかは、徹底して議論されます。
そもそもこんなぶざまな記者会見をするしかないほどに追い込まれたこと自体、大学学長の判断ミス。

極めつけが悠仁の盗作事件です。
大学教授にとって、盗作や剽窃は即研究者としての死刑を意味しますので、それでもいいとはいきません。

紀子の中に、偽皇族であってもどこかに誇りが残っているならば、潔く入学辞退を選択すべきです。
だってこんなにPTAや生徒会から袋だたきになっているのに、どの面下げてまだ悠仁を入学させられると思うでしょうか?
下手すれば、生卵が飛んでくるかもしれないのです。
それでも恥ずかしいと思わないなら、やっぱりその正体は解放同盟なんですね。

122
返信する
匿名

「恥」と言う概念は日本特有のものです。
「私は皇后になる人です」
「紀子は帰ります」
「(二語文とは)黄色い 葉っぱ」
小室くんも言ってたではありませんか。妃殿下は日本語が不自由、と。
…純日本人ではないからねえ。

36
返信する
匿名

永田学長には、名誉職の椅子が用意されているのでしょう。
無事にその椅子に座れるかな〜?。

99
返信する
匿名

キコ、このサイト見てないかな~
キコ達秋家は、コムケイ側からの婚約辞退を待っていたんでしょ?
筑附関係者、先生も生徒も保護者もそして国民のほとんどがズル仁側からの合格辞退をみんな待ってるわけ。
しかも在校生からもくんな、PTAからも入学拒否を受け、諸先生方も教科担任が決まらないと嘆かれ、OBOGからも入学拒否………そんな中に我が子を入学させられる?
ほんとにとんだバ〇親。

102
1
返信する


匿名

>今回、悠仁さまが筑附への進学を果たす際にも、筑附側は、お茶の水女子大学附属女子高校へ進学を希望する生徒を探すのに難儀し、最終的には、成績が低く、エスカレーター式に高校に進学することが困難な女子生徒の一人に無理やり頼み込んでお茶の水女子大学附属高校に進学してもらったようです。

制度のための人身御供?
いくら内部進学が危うくても、他の学校へ行きたいかもしれないのに。共学がいいから都立とか。そもそも内部進学なんて学校次第。なんだかなあ。

72
返信する
匿名

必死になった学校側が「お前みたいな劣等生はどこを受けても受からないから、お茶の水へ行け」と洗脳まがいの圧力をかけた可能性もなきにしもあらず。

66
1
返信する
ご皇室は性善説

その女子生徒の成績がどの程度か分かりませんが、悠仁とトレードというにはあまりに釣り合いが取れてないような気がw
一応、名門国立大附属中の一般人生徒ですからねぇ。世の平均ははるかに超えるでしょうに。世の平均以下と噂されるぼったまとトレードでは、交換条件として不成立ですよ、普通は。

51
返信する
匿名

学長の言うことなんて誰も信じない。
提携校進学制度の期限を延ばしたところでズル仁の制度に変わりない。
お茶の女性研究者がキコの制度使って子供入れようとしたけど、制度使えなかったと聞いた。

88
返信する
冬篠宮イソ仁

嘘に嘘を重ねて益々品位を落とす秋篠宮家。天皇制賛成派もようやく「皇族だから皆素晴らしい方々だ。敬愛できる人たちだ」とかが大いに間違っていることに気づいた人も少なくないようである。

皇族であろうが一般人であろうがどこの国の人であろうが、現在の境遇によっておかしくなったり腐ったりする。ましてや、皇族のように、生まれてから死ぬまで贅沢な暮らしを保証され、年に何十回か知らんが晩餐会で豪華なものを好きなだけ食べ、行きたい学校へ行けて、作文コンクールで盗作がばれても「盗作ではない」と大本営発表で庇われ、海外旅行へ行きたければ公務の名の元、大名旅行。

そりゃ腐るわな。

秋篠宮文仁の豪邸建設をはじめとする贅沢三昧、小室夫妻のやりたい放題を見て育った悠仁が、この先天皇という“権力”を得たら、とんでもない暴君になるぞ。

ちなみに日本会議=自民党は、天皇を元首とする憲法改正、明治憲法の復活に躍起になっており、改憲後は当時と同じく“天皇大権”を持つ身となる。必要に応じて、時代に即した憲法改正自体はほとんどの人は賛成であろうが、内容が問題だ。自公案に維新と国民民主は絶対に賛成するから、これは悠仁の天皇即位と同じく極めて危険だ。

76
返信する
匿名

ちょっと誤解あるようだけど、内廷皇族は縛りがきついですよ。
ミチコさまは旦那があれだからわりと好き放題できた。
それでも美味しいご馳走食べ放題なんてとんでもない。
自分の誕生日なぞ、午前午後に別れて身分ごとに招かれる客の接待に、トイレの時間もなく水分も摂らずに全員に等しく接待する。
72時間先のスケジュールまで管理される。
ゆえにa宮家は内廷皇族には絶対ならない。
立場として、傍系宮家がいちばんラクなんですよ。

45
3
返信する
ご皇室は性善説

そこなんですよ。なぜ、文仁が皇太子を辞退したかの本当の理由。それは、内廷皇族になる事を避けたからです。日常生活のみならず、経済的にも内廷費からの支出となります。つまり、天皇ご一家と一緒で、経済的に陛下の監視下に置かれるのです。
要するに文仁は、皇太子の責任から逃れたかったのです。しかし、図々しくも身分や権利だけは欲しいようで、「皇嗣」とかいう法律用語の類みたいな言葉を己の称号にして、皇太子待遇だけは得たのです。

いったい誰の入れ知恵なのか?
決まった当時はまだ上皇が今上の天皇でしたから、上皇の合意がなければ進められなかったこと。自身の退位で精一杯でだったのか、結果的にあのチョビヒゲナマズを甘やかした事になりました。テンジクネズミを無惨に溺死させた戒めに池に放り込んだあの強い父親はいずこに?

54
返信する
匿名

上皇は、何年も前から認知症。
式次第も覚えられなくなって、まだ閉会してないのに帰ろうとしたり、表情見てもわかる人にはわかるようになった。
黒幕は、やっぱり皿御前でしょうね。
長男を奪った長男嫁の生んだ子には絶対、即位させたくない。

38
返信する
匿名

>いったい誰の入れ知恵なのか?

カワタツ?秋篠にそんな知恵があるとは思えない。

22
返信する
冬篠宮イソ仁

>匿名さん

>ちょっと誤解あるようだけど、内廷皇族は縛りがきついですよ。
>それでも美味しいご馳走食べ放題なんてとんでもない。
自分の誕生日なぞ、午前午後に別れて身分ごとに招かれる客の接待に、トイレの時間もなく水分も摂らずに全員に等しく接待する。

↑これは私の「年に何十回か知らんが晩餐会で豪華なものを好きなだけ食べ」に脊髄反射して書いたのでしょうね。

だけど貴方の方が誤解を招く書き込みですよ。

私のは、外国要人等を招いての晩餐会などを指して言っています。他にも何か名目を作って晩餐会やってるでしょう。で、その晩餐会、文仁やキーコ、眞子などは、晩餐会のたびにトイレにも行けず、何も食べず、外国要人やら日本のなんちゃら協会会長やらを、ひたすら接待しているのですか?

晩餐会に皇族が5名出ていたとすると、5名全員、居酒屋のホール係のごとくこき使われているのですか?

そんなわけないですよね。

返信する
ご皇室は性善説

筑波大学側が不誠実かどうか、紀子の悪行がどうか、言うまでもないことです。両者とも結託していたに決まっています。元々、紀子に助けを求めなければいけないほど、筑波大学や附属校が困っていた案件などあったのでしょうか? 両者ともいかがわしい精神で接近して悪事を繰り返してきたのでしょう。まぁ、大学、附属校側にはこの件に関わった人間以外に真面目な教職員、学生など関係者がたくさんいますので、彼らは被害者と言えましょう。

それにしても、紀子がなぜ、ここまで学歴や学校名にこだわるのか。ここまでくると、単なる学歴主義者ではなく、何かの精神疾患に罹っているのではないかとすら思えます。とにかく、病的な偏執ぶりと言えましょう。
文仁がこだわっているようには思えません。学習院には「恨み」があるようですし、大学進学時に学習院大でなく他校へ進むことを上皇に反対されて断念したという話もあるようです。ですが、こだわっているところは、せめて、子女を学習院以外の他校へ進ませる程度で、そこそこの進学校であれば構わない程度のような気がします。
テレビで見ても分かると思いますが、文仁の言動はとにかく異常です。いつも朦朧として、心ここに在らずという感じです。宮邸では暴力を振るうことはあっても、邸内の実権は紀子が握って、子どもたちの進学や日常生活にも過大な干渉を繰り返しているのでしょう。だから、眞子や佳子は母親の病的な干渉を避けるためにロクでもない男(小室)に走ったり、ダンスに興じたりして反抗していたのでしょう。
長女、次女が自分の支配下から脱しようしても、彼女たちに皇位継承権はなく、いずれ結婚で皇籍離脱するので、固執する必要もない。だが、長男の悠仁は違います。なんといっても、皇位継承権第2位、次世代では唯一の皇位継承者です。既に夫との関係が冷え切っている紀子にとって、皇后となり、皇太后となり、宮中で義母以上の絶大な権力を振るう源泉、それが息子なのです。
おそろしい。命懸けで産んだ息子。だが、母が息子に与える無償の愛どころか、命懸けで産んだ分だけ元を取ろうという精神です。これが未来の皇后、皇太后です。どうりで、ここ数ヶ月で急激に天皇制廃止論者が増えたわけだ。

58
返信する
匿名

あの障碍持ちの息子にとって、母親の望みがどれほどのストレスになるか。
もともと肉体的にも健常者ではない。
電池切れ起こすよ。

33
1
返信する
匿名

案外トップシークレットはアホのアーヤ秋篠が「本当にとんでもなくアホである=皇嗣など論外」なのかなと思う。

ここいらに集う人々には意外と盲点なのが、責任者についてである。
当たり前すぎて改めて誰も追求しないが、責任者は誰かというと、当主の秋篠宮であって、キコではない。

皇太子(平成)一家いじめ
マコカコ問題
悠仁教育問題
プチエン問題
ブラック職場問題

黒幕はミテコで、実行はキコや筑波学長その他だが、社会的責任者は秋篠その人である。
つまり追求するべきは秋篠であって、下っ端のキコではない。
ところが、
彼は極度の無知無能・なにも答弁できないので追及できない 
という暗黙の了解のもとに物事は拗れていく。

会社組織に何かあれば、矢面に立つのは社長と決まっている。
秋篠をとことん追求するのが筋なのだ、と言いたい。
そして秋篠の無知無能を徹底的に世間に晒し、公文書に残す必要がある。

ムダだと叫ぶのは、見事に奴らの術中にハマっているのである。
しかし秋篠を追求しないというのは、汚水の元栓を開けたまま、浄化作業をしていることとイコールなのであると思う。

これ以上エネルギーを浪費し、ムダな嘆きを繰り返したくないならば、秋篠を追求すべし。
全てはそこからです。

57
1
返信する
匿名

秋篠も兄への対抗心から、子供に代理戦争させそう。学歴にこだわってるのはキコだけではないと思う。

25
返信する
匿名

紀子さんのエゴか?野心か?または考え違いにより我が子を振り回すことによって未成年の悠仁さんが非難される事に関してはとても心が痛みます。
しかし、どんなに秋篠宮家か紀子さんが権力で事実を隠蔽してもその片っ端から暴かれてしまい悪い事は出来ない証拠です。

旧約聖書のホセア書に次のような預言があります。
天皇家は古代ユダヤのエフライムという王族の末裔だという証拠なら
いくつもあるようです。
ホセア書第7章
12 彼らが行くとき、わたし(全能の神をさす)は彼ら(古代ユダヤのエフライム族の末裔と言われる天皇家をもさす)の上に網を張って、空の鳥のように引き落し、その悪しきおこないのゆえに、彼らを懲らしめる。
13 わざわいなるかな、彼らはわたしを離れて迷い出た。滅びは彼らに臨む。彼らがわたしに向かって罪を犯したからだ。わたしは彼らをあがなおうと思うが、彼らはわたしに逆らって偽りを言う。
14 彼らは真心をもってわたしを呼ばず、ただ床の上で悲しみ叫ぶ。彼らは穀物と酒のためには集まるが、わたしに逆らう。
15 わたしは彼らを教え、その腕を強くしたが、彼らはわたしに逆らって、悪しき事をはかる。
16 彼らはバアル(偶像の事。皇祖神アマテラスの偶像を崇拝する事をも指す)に帰る。彼らはあざむく弓のようだ。彼らの君たちはその舌の高ぶりのために、つるぎに倒れる。

まだまだ多くの預言が書いています。
その預言は現在の天皇家にもあてはまっていると思えてなりません。

6
9
返信する
匿名

下のURLが主に古代ユダヤの王族であったエフライム族(天皇家はその末裔と言われてます)の事を預言した「ホセア書」です。
万一、何らかの手違いで飛ばなければ検索してください。

file:///C:/Documents%20and%20Settings/user/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%82%A2%E6%9B%B8(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)%20-%20Wikisource.htm

1
6
返信する


匿名

恥ずかしながら、問題の提携校制度では、生徒1対1の交換が条件になっていたとは知りませんでした。
一人のモンペの要求を満たすために、その犠牲になって無理矢理お茶へ転校させられた子は本当に可愛そう。

また、学長選挙のプロセスに疑義があると、有志の職員が訴えていましたね。
問題の選挙には、随分といわくの資金が使われたのでしょうね。
まさにウインウイン。
言わば大事な顧客ですから、必死で持ち上げ庇うのも納得。

44
返信する
見え透いた会見

その制度の延長は、いつ決定されたんですかあ~。ミヤヒに脅されましたか!

最初から10年間の制度、としていたわけじゃないでしょ。批判が相次いで「Hヒトのためだけの制度」といわれたから、あわてて延長したとしか見えないね。言い訳の論理が破綻しているよ。学者にも似合いませんね!

寄付については学長はしどろもどろだったのね!アハハ!
警察が調査しろよ。寄付じゃない賄賂でしょ、見返りを要求しているんだから。
賄賂の授受は犯罪ね。

にしても、大学の現学長ではなく、この制度にGOサインをだした5年前以前のツクフとお茶の高校の校長の責任を追及するべき。
つくば市の、学長以外の大学関係者はいい迷惑だわね。

ツクフの保護者もそうだと思うけど、高学歴の保護者は教育の不正にはすごく敏感だよ。自分たちの学歴は努力の結果だし、子供にもそういう教育をしてきた。裏口なんか絶対に許さない。皇室なんか屁とも思わない。学長は適当な会見して収まるとは思うな。舐めるなよ。

55
返信する
匿名

筑波大(元東京教育大)が文字通り紀子と悠仁によって「壊される」一部始終がこの学長会見でした。このサイトでここに至るまでの詳細を随時報じて下さり、読者はいずれの記事にも納得しています。

「偽計業務妨害罪実行着手から既遂へ至る十段階」

第一段階
無理矢理附属校に裏口入学できるよう、時限型提携校制度創設を要求され、断れないように、皇族特権を行使してきて、まずは賄賂寄附漬けにされてしまう。

第二段階
悠仁の成績が非常に劣悪で、中学時代は職員に丸投げさせた宿題レポートの高評価だけで平常点上げ底されていると報じられる。

第三段階
附属校校長、あまりの悠仁の不出来ぶりに教育者として裏口要求を断ろうとするも、紀子は賄賂寄附の引き揚げをちらつかせ、提携校審査での不合格決定再審査を強要し、校長室にまで勝手に乗り込んでくる有様。

第四段階
紀子さらに裏口要求をエスカレートさせ、一般入試で合格したように装うために、入試問題漏洩を要求。

第五段階
痛恨の判断ミスを学校側は犯してしまう。紀子要求に屈して悠仁の一般入試偽装受験させる。しかもTBSだけにリークし、受験会場に入る姿撮影を許可した。

第六段階
入試風景を見た同室の受験生が、悠仁がほとんど解答できていない事実を報告。選択問題は適当にマークするだけ、数学に至っては氏名と受験番号記入直後から、机にうつぶしてしまい、まったくの零点状態に。
しかし学校側は、一般受験生に対して、悠仁の様子をSNSにあげないようにと要求までしていたことが判明。

第七段階
提携校入試の本人自薦実績での目玉項目だった、ノンフィクション賞受賞が盗作によるもの、つまり不正受賞だったことが、ツクフ合格と同時に週刊誌複数に報じられる。これは筑波大の学則にも違反する行為であり、実際に盗作や剽窃での学位剥奪処分も起きているだけに、悠仁にも不正受賞行為を理由に合格取消を求める声が学内からも上がり始める。

第八段階
悠仁だけが数学零点でも合格の怪。提携校入試はそんなに低レベルでも合格できるのかと保護者・生徒一体で騒然となってゆく。

第九段階
PTAが保護者集会で悠仁入学への反対意思を多数決す。保護者として、自由な校風が悠仁入学と同時になくなる危険性を訴え、お茶の水附属状態だけは、ツクフではまっぴら御免だとなった。これにより、悠仁のぶざまな日常がSNSで拡散されて典範第三条による廃嫡議論に発展することに怯える紀子とPTAが正式に対立。

第十段階
ついに学長までが参戦。学長会見で大荒れになり、しどろもどろな応対ぶりに筑波大側からは、筋の通った説明ができないこと、つまり悠仁裏口入学疑惑が全く消えていないことが逆証明された。

59
返信する
匿名

入学していただき光栄なんてとても教育者の言うことじゃない。結局、お金積んでもらっただけ。これじゃ、教育も堕落する。
普通だったら、入学後も勉学に励むようにとか言うもの。
普通の学校の入学式ならそうだけどね。

35
返信する
匿名

2020筑波大学学長選挙
筑波大学の学長選考を考える会

ttps://www.2020tkbgakucho.net/

永田学長再任に異議を唱える人たちがいます。学長たちは強気で、「いちゃもん」と一蹴してますが。

悠仁くん裏口で、永田学長に全国の注目が集まってます。

東京新聞Web 2020/10/21

筑波大学長選への批判は「いちゃもん」再任の永田恭介学長ら正統性を訴える

ttps://www.tokyo-np.co.jp/article/63374

23
返信する
匿名

公務員とか聖職の人って意外とワイロに弱いんだよ。
賄賂や利権というのは、かなりプライドをくすぐる。

民間と違って安泰そのものの公務員は、意外なことに、自分は安月給でこき使われていると信じていたりする。
世間知らずだから、大金を目にすると「ほらみろ、俺はこんなに価値のある人間なんだぞ」と」舞い上がってしまう。

皇族と接見すると舞い上がる気持ちも同じものだ。
さもしいと笑うかもしれないが、いざ皇族が目の前にいて、顔を上げていられるのは、そうとう稀である。

その結果アホ皇族がブイブイいうことになり、このざまです。

25
返信する


匿名

学長選挙への批判はいちゃもん
秋家への意見は誹謗中傷

類は類を呼ぶ
似た者同士

16
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。