【実録】雅子さま“ご結婚”に最後まで反対した「美智子さまの策動」 第二のお妃候補は誰か? メディアの掌返しを紐解く


両陛下のなれそめ

両陛下の馴れ初めは、1986年スペインのエレナ王女の来日の歓迎イベントに当時外務省入省したての小和田雅子さん(当時)が、御尊父の外務省幹部小和田恒氏の令嬢として招かれた時にさかのぼります。天皇陛下26歳、皇后陛下22歳の秋でした。 

 お見初めになった当時の印象を陛下はこう振り返ります。

「控えめではあるが、自分の思いをはっきりと言い、非常に聡明で、話していて楽しい人」

『女性セブン』2019年4月14日

(小和田雅子さん(当時)が外務省研修で英国に行く空港にもテレビは追いかけていました)

その後、数多くのお妃候補の一人として、東宮とつかず離れずの距離を保っていた小和田雅子さん(当時)ですが、当時(80年代末~90年代初頭)は、雅子皇后陛下のみならず、旧宮家の久邇晃子さんや徳川家の徳川恵子さんなど、さまざまな令嬢が皇太子殿下(当時)のお妃候補としてメディアにクローズアップされ、テレビや週刊誌から追い掛け回される深刻な事態が発生していました。

[adsense]

マスコミに追い掛け回される雅子さま

(イギリスまで来たマスコミに冷静に対応する小和田雅子さん(当時)、お美しい…)

マスコミが雅子さまを含む一般人のお妃候補の家に連日連夜押しかけることも多く、 その勢いは今の小室圭さんの比ではなかったようで、多くのお妃候補の方々はそれにウンザリしていたとのこと。

そりゃそうです。お妃候補とはいえ、一般人で普通の生活をしている20代前半の若い女性が急にマスコミに身辺を取り囲まれるわけですから。誰でも辟易するでしょう。

そして、小和田雅子さん(当時)もマスコミ(以下、マスゴミと言います)攻勢から逃げるように外務省の研修でイギリスに向かわれました。研修に専念できると安心した皇后陛下ですが、なんとイギリスまでマスゴミが追いかけて来ました。ひどいストーカーですね。



両陛下の結婚を邪魔するマスゴミ

(結婚する気はないと伝える小和田雅子さん(当時))

皇后陛下は、イギリスまで追いかけてくるストーカーじみたマスゴミの執拗なしつこさに辟易し、当時のテレビインタビューにこう述べるに至りました。

とにかく私は、お妃問題には関係ないと思っておりますので、私は外務省の研修生として、研修している身でして、研修が終わりましたら、外務省の省員としてずっと仕事をしていくつもりですので…

「ミヤネ屋」2019年6月10日放送

おわかりでしょうか? 皇室に嫁ぐというのはそれだけで相当の覚悟と責任感、人生をかけて天皇陛下と日本国民を支えるという勇気と忍耐が必要だというのに、日本のマスゴミはそれを応援せず、将来の皇后陛下を興味本位で追い掛け回した挙句、「私はお妃問題には関係ない」とまで言わせているわけです。

天皇陛下、ボロ雑巾に擬態し、前代未聞のプロポーズへ…

ともあれ、キッパリと断り、結婚適齢期に2年~3年も日本を離れられた小和田雅子さん(当時)はお妃候補から一時外れてしましますが、「やはり、雅子さんでなければ…」と、結婚するならこの方しかいないとお思いだった皇太子殿下(当時)は雅子さん(当時)の帰国後、マスゴミに追われず、しっかりとプロポーズできる前代未聞の極秘デート作戦をとります。

そう、世に名高い、千葉県の宮内庁・新浜鴨場でのプロポーズです。

(宮内庁・新浜鴨場、ここがなければ「令和」はなかった…)

一人、鴨場で待つ皇后陛下に会うため、天皇陛下がとった行動は、なんと通常宮内庁職員が使うボロボロの赤いワゴン車に身を潜めることでした!

しかも!マスゴミにかぎつけられないために、念には念を入れ、後部座席の窓に黒いフィルムを貼って、段ボールを盾に、横に寝て毛布にくるまって東宮御所を出たとのこと!

これを「ミヤネ屋」は「前代未聞の極秘デート作戦」と、面白おかしく紹介しますが、冷静に考えますと、そこまでしなければ落ち着いてプロポーズもできないくらいに卑劣なマスゴミ連中が両陛下を追い込んだと言えます。



陛下「雅子さんのことは、僕が一生、全力でお守りします」

鴨場でのプロポーズの後も、皇后陛下は外交官として国のために働く意思をお持ちで即答を避けたわけですが、陛下の真摯な言葉や、人柄に心惹かれ、徐々にお気持ちが変わり、最終的に陛下から

皇室に入られることにはいろいろ不安もおありでしょうけれども、雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」(この台詞、世界史上最高に格好いい)

と、伝えられた後、承諾にいたります。

その時に皇后陛下がおっしゃった一言が感動的です。

「お受けいたします限りは、殿下にお幸せになっていただけるように、そして、私自身もいい人生だったと振りかえられるような人生にできるように努力したいと思います」

PIKARINE(2019年5月2日記事)

(「僕が一生、全力でお守りします」の会見。陛下…カッコよすぎる!)

不敬なメディアの手のひら返し

マスコミに追い掛け回され、結婚が遅れた挙句、ボロボロのワゴンの中で段ボールと毛布にくるまって皇后陛下に会いに行かざるを得なかった...なんと、おいたわしい…

これを宮根誠司の「ミヤネ屋」は「極秘デート作戦!」だの紹介します。が…ふざけんな! 何度も言いますが、「秘話」でも「ホンワカエピソード」でも何でもありません!冷静に考えますと、マスコミが両陛下の結婚を執拗に邪魔をしていたとんでもなく醜悪で不敬な事例です。

現在の眞子さまと小室圭さんの話題は、婚約内定後で、皇籍を離れる前提の結婚ですので類が異なりますが、質は同じと言えます。しかし当時のマスコミは今の比ではなかったようです。

これに何の反省もなく、下衆マスゴミの象徴のような宮根誠司は政治評論家(?)の杉村太蔵とこう笑いあいます。



宮根「いやぁ、太蔵ちゃんね、両陛下、デートも大変だったんですね!」

杉村「いやッ(笑)、この話、初めて知りましたね。あの宮内庁職員用の(笑)、ゲヘッ、あのワゴン車で(笑)」

宮根「で、布をかぶって」

杉村「布をかぶって(笑)警察にも一切言わずにィ」

宮根「すごいですよねぇ」

「ミヤネ屋」2019年6月10日放送

いかがでしょうか? まぎれもないマスゴミが両陛下の結婚を邪魔し続けていたにも関わらず、それを反省もせずに、「プロポーズ秘話」だの「前代未聞の極秘デート作戦」だの…厚顔無恥とはこのことでしょう。

美智子さまの「策動」

話は遡りますが、雅子さまの結婚に一番反対していたのは、当時、美智子さまだったそうです。元宮内庁職員の小内誠一さんに当時の話を伺いました。

「雅子さまのほかにもお妃候補は何人かいました。美智子さまが推していたのは渋沢肇子さんです。肇子さんは美智子さまと同じく聖心女子の出身で、美智子さまは『ハッちゃん』と呼びになっていました。なぜ美智子さまが気に入られたかというと、東京港区のエーデルワイス幼稚園の保母をされており職業的に目立ち過ぎないこと、またなにより学歴的や家柄がご自身と比較して見劣していたかからです。

肇子さんは名字の通り、一万円札の顔になる予定の渋沢栄一ご子孫ですが、渋沢栄一から数えて5代目であり生活などは全くの一般庶民でした。あらゆる意味で目立ち過ぎず、美智子さまの『ライバル』になりえないことが重要だったのでしょうね。

天皇陛下が『小和田さんではだめでしょうか?』と粘られたため、雅子さまとの結婚が成就されました。ですが、雅子さまは才色兼備のスーパーエリートであるため、最後まで美智子さまは結婚に反対されていました。私が聞いた話では『水俣病のチッソ関係者の娘だからダメ!』と何度も仰っていたそうです」(小内誠一さん)

美智子さまもご自身の結婚については、香淳皇后から根強い反対を受けていた。色々と胸中思うところがあったのでしょうか。

令和になり、女系容認や男系維持の議論が加速しています。いずれの結果になるにせよ、「皇統を継ぐ唯一の存在である悠仁さま」や、「近代以来初めての女帝となる愛子さま」の結婚相手となる方のプレッシャーは当時の皇后陛下以上のものとなるでしょう。

もちろん、憲法にある通り、天皇の地位は国民の総意に基づき、歳費はすべて税金で賄っているわけですから、国民がマスコミを通じて強い関心を持つ権利はあります。しかし、くれぐれもマスコミが暴走して「結婚の邪魔」になるようなことはすべきではありません

43 COMMENTS

匿名

ハッちゃんにも失礼なミテコさん。よかったわ。はっちゃんの人生がみてみての小道具や脇役にされなくて。雅子様…美人すぎますね!しかし雅子様の美貌に見劣りしない愛子さまの発光するような清楚な美しさよ!!

167
2
返信する
匿名

>【YOUR VOICE】科学オリンピック国内予選の入賞者たちを差し置いてまで東大推薦狙いですか?

2024年5月14日 Etcetera Japan blog

上記文言で検索を、、

>学年が混じったりするものの、筑波大附属高では生徒さんたち少なくとも6人が「科学オリンピック」の国内予選で銀・銅メダルを獲得したり、学会でポスター発表をしています。例えば現3年は、日本科学地理オリンピックで男子2名が銀と銅に輝き、プラス1名は日本地理学会春期学術大会・高校生ポスターセッション採用、青学大にて発表です。

オリンピックやコンクールで頑張ってきた、こういった優秀な生徒さんたちも東大の推薦枠を狙っているのではありませんか? それを差し置いて悠仁さまを不当に高く評価し、彼らに東大推薦を断念させるようなら、学問の権利と自由を保障している憲法に違反します。

121
1
返信する
匿名

相手は抜かりなく手を打ってる。報道機関の次は国会議員、、
議員も国民の声など聞く気はない。自分の次の選挙に有利か不利かだ。

何しろ司法(小室佳代の件)まで捻じ曲げた!

何にも信用できなくなった!!

112
返信する
匿名

 >自民党は(4/4)、岸田首相(党総裁)直属期間である「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」の会合を党本部で開き、皇族数の確保策として、政府の有識者会議の報告書が示した、旧皇族を養子縁組で皇籍に復帰させる案について議論し、理解を示す意見が相次いだ、、との事。
 政府の有識者会議は2021年の報告書で
➀皇族女子を結婚後も皇室に残す
②旧皇族の男系男子を養子縁組で皇籍に復帰させる

の2案を示している。
自民党は3月の会合で➀の案をすでに容認しており、この日の会合では安定的な皇位継承に向け2案に優先的に取組む方向性を確認した、、との事。

全く〜
一番大切な【お血筋】は?
皇室に潜り込んだ一般人をそのままに、これ程国民が懸念を抱き、嫌悪している偽皇族問題は微塵も考慮されていない!

あの阿呆のアーヤが天皇に、次はバカボンの悠仁が天皇に、、
 そして、佳子宮家が創設され、真子宮家までマンマと創設か??

84
1
返信する
匿名

この会議にも、このように闇の力が、、
   ↓   
>まずは【作られた安定的皇位に関する有識者会議のメンバー解体】から←何故か極秘裏に進められたはずのメンバー候補者の内、女性天皇容認候補者のみ、嫌がらせで辞退に追い込んだ。
 無言電話、家族への脅かし、後つけ、など数々の嫌がらせがあった、とご当人が証言している。家族を守るためメンバーを辞退したとの事。
 最初に答えありきの有識者懇談会は誰のため?何のため?
国民不在の政治は国民の手で潰す事ができる。

85
返信する
一言主

素晴らしい両陛下の直系の敬宮様の立太子を国民は待ち望んでおります。

国民統合の象徴に相応しくご成長なさった敬宮様の立太子を国民は待ち望んでおります。

敬宮様は皇統を救うために再臨なさった天照大神かと思うほどの輝きで、国民の支持、敬愛は高まるばかりです。今後ますます高まるでしょう。

今や「男系男子」に固執する国民はほとんどいないのでは?政治家も「票」にならない事に気づき動き出すでしょう。

129
1
返信する
匿名

BAAHANは最初から自分より目立たない、が条件だったのですね。
しぶさわさんだったら離婚していたのではないでしょうか。
姑としては最低最悪な輩。

120
返信する
匿名

陛下が仰られるように皇后陛下は控えめでもあるけど
しっかりご自分の意見を述べられるかたですね。
こういうのを聡明と言うのではないでしょうか。
陛下が皇后陛下に惹かれていったのはわかります。
でも、国民と違いそうそうデートも出来ず切ない思いもされたでしょうね。
皇后陛下は外務省から英国に留学していたころはどう思われてたのでしょうね。

お皿さんは紀子さんのように慕ってくれる、つまり自分の思い通りになる人を
お嫁さんにしたかったのでしょう。
もちろん自分より家柄も下、美人でもなく(若さはどうしようもない)
言うこと聞かなかったら苛めるわよ?
でも、それをしてスカッとしたのかな?
惨めじゃなかったのか。
雅子さまを認めないという事は逆に負けているということになるのに。
それには気づかなかったのね。
ヤッパリ賢くない。

139
返信する
匿名

くねくねねちねち!超ぶりッ子で、恥ずかしい大きなリボンを頭につけ、
全て「~~でございます。」
「殿下が初恋ですか?」の記者からの質問に、
「申し上げてもよろしゅうございますか?」と安西文仁さんを覗き、
「そうでございます。」
素性がバレた今、コメディでしかない。
しかしあの薄汚い(言葉は悪いが本心)3DKの建物での納采の儀には、
「皇室でしょ?こんなのあり?」とさすがに仰天した。

雅子皇太子妃の婚約会見。
敬語と標準語を見事に使い分けられ、ご自身のお気持ちを見事に表現されました。
装いから、ご自宅から全てが皇太子妃にふさわしく、美貌、気品、教養全て兼ね備えられたお方。
このようなお方が存在するのだと、ほんとうに感動しました。

見て!見て!皿婆さんにしたらナンバーワンの座を奪われると恐怖でしかなかった⁉️
溺愛する息子の嫁とは、全てが天地の差❗
悔しくて!悔しくて!でしかなかった。

150
返信する
匿名

鬼子が礼宮と婚約した時『鬼子ちゃんスマイル』とブームになりました。

私も騙されたひとりです。
家族も「いつもニコニコしててええ子やん!」と。
(もし、その当時に戻れるなら、全否定したい!)

でも、父だけは険しい顔。
「ワシはあの鬼子さんは好かん!いつもニタニタしてて気持ち悪い!胡散臭い!」
と、言ってました。
(「また、そんなとこ言うてー」と家族が宥める)

そんな、父は令和を見ることなく平成30年の6月に亡くなりました。(一年後には令和になっていたのに)

もし、今も父が生きていたら…きっと我々に

「ほら、ワシの言うた通りやろ?最初からいけ好かんかったんや!」

と自慢げに言っていたでしょうね…

113
返信する
匿名

お父さんは紀子さんの作り笑いを見抜いておられたのでしょう。
でも、あの頃、私もそうですが騙された人は多いのでは?

84
返信する
匿名

ウチの両親もそうでした。(母は今年2月に他界)

・いつもニコニコしてる紀子さまが?
・社長令嬢、お嬢様の美智子さまがそんな事するわけない。それこそ根拠に基づかない噂!!

さすがに前者は近年の騒ぎで分かってくれましたが、後者は信じてもらえないです。

57
返信する
匿名

あ宮の独身時代の破廉恥な行動や、下品極まりない婚約会見から今の「般若能面」と「ある中」夫婦の軌跡を再現ドラマ化してくれないかな?
リアルタイムを知らず関心のない世代にも、皇室が高潔で清廉な人物が担うべきか、理解してもらいたい。

100
返信する
匿名

日本のテレビでは無理でしょう。

Netflixとかならいけるかも!
(日本だけ未配信になっちゃうかな?)

アメリカは水原一平の横領事件をドラマ化するようです。早いですね!
日本じゃなかなか難しいでしょうね。

65
1
返信する
匿名

いずれ安西文仁さん誕生から、一家の皇室追放までのストーリーが世界中で映画化、ドラマ化されるでしょう!
主役は皿婆さん役と安西文仁さん実父安西孝之さん役のダブルで❗

69
2
返信する
匿名

ミテコとハゼの出会いから
ハゼをどのように手玉に取ったのか?
どうやって皇室に入って行ったのか?

この辺りからのストーリーでお願いします。

59
返信する
匿名

当時低学年で、報道を見ました。

チャラいニーチャンと(そこら辺に居そうな)普通のオネーサンが出てきて、結婚するらしい。

?え?この人達“結婚”出来るような年齢なの??
と、思いました。確かに早い結婚だけど、それ以上に幼稚な感じがしたんですよね。
結婚したらお父さんやお母さんになるかもしれないのに、とてもそんなことが出来る人達には見えなかった。

その後、皇族だと聞いて更にビックリ!
皇族って天皇陛下(頭に浮かべているのは昭和天皇)の親戚でしょう?!
天皇と言えば戦争責任を問われている(当時特番が色々あった)様な重い重い立場。
そんな人とこのニーチャン達が親戚なの?!
と、ビックリし過ぎたのを覚えています。

その後皇室への興味も薄れ、あの夫婦も公務を頑張っているらしい、と思いこんでいたけど、幼い時の方が真実が見えていたんだな。

返信する
匿名

もうこれ以上過去の話で引き延ばしはできません‼️

国民をいつまでもニセモノ皇族一家や、一家のあちこちのパラサイト一家一族の食い物にし続けるなど、民主国家であり、法治国家の国である限り許されません‼️

一般人安西孝之さんの子孫一家を上皇様の子孫一家と、国民(周り全て?)を騙してきた前皇后と安西孝之さん!
これは日本史上最大の国民に対する詐欺であり、犯罪です‼️

皇位継承資格など元々無い‼️

これ以上安西文仁一家の皇室居座りや、国民に押しつけは国民の怒りは安西孝之家に向かうのは火を見るより明らかです‼️
直ちに安西家にお引き取りください‼️

93
2
返信する


匿名

自分たちだって昭和天皇と香淳皇后から結婚反対されてたクセに!!!

その当時の理由は
『貴族・華族出身じゃない庶民だから」「学習院出身じゃないから」
と、報道されていました。

“庶民”だからと言っても日清製粉の社長令嬢ですよ。我々(本当の庶民)からみれば『お嬢さま』だったわけで。

でも、国民に寄り添う昭和天皇が国民を“下”に見てたのでしょうか?きっと、『庶民出身だから反対』と言うのは建前で、ミテコのことを調べたら母親が中国出身とか、ミテコ本人も男性関係がお盛んだとか、目立ちたがりだとか…将来の国母には相応しくないと思われたのでは?
(皇太子妃や皇后は夫の後ろを歩き、支える立場であると)
その当時のお妃候補は控えめな方ばかりでした。(いわゆる草食系)
でも、ミテコはグイグイくるタイプ(肉食系)周りは大人しい女性ばかりだったので、そう言う女性が新鮮だったのでしょうね。

そして、当時の皇太子(上皇)は反対を押し切って結婚されました。(昭和天皇に物を投げたり暴言を吐いたり…「ミテコさんと結婚出来なかったら一生誰とも結婚しない!」と宣言されたとか!?)

そして、危惧してた通り皇太子よりも目立ち(前に行き)また皇太子もミテコの人気に便乗。香淳皇后はそれを見て

「皇太子妃は芸能人ではありません!」

と苦言を呈されたとか。
(エリザベス女王と謁見した時も皇太子よりも前に出てエリザベス女王とお話されていました。女王の夫であるエジンバラ公でも女王の後ろを歩いていたのに…それが原因なのか!?平成組とはお付き合いを控えておられました。その頃からミテコの本質を見抜いておられたのでしょう)

それから、昭和が終わり、平成になった途端、

『実はミテコさまは香淳皇后やその周りの人に虐められていた』

と言う記事があちこちから出てきました。
(これも情報操作だったんですね)
国民はミテコに同情しました。だから、同じ皇太子妃で民間出身の息子の嫁(雅子さま)には同じことをするわけない!と国民は思ったのです。きっとミテコさまなら、ご自分がされたツライことは雅子さまにはさせないだろうと。

あの頃の報道を鵜呑みにしていた私。
(ハゼとミテコが皇太子夫婦に手を差し伸べても拒否される“苦悩される天皇皇后両陛下”的な記事がたくさん出ていました)

今の皇室を状況を作り出したのはミテコだったんですね。令和になって、いつまで邪魔するんだろう…?

英国国賓訪問を危惧しております。
また、何かやらかすのでは?と
例えば、訪問2日前ぐらいに倒れる…とか。
(大した病気でもないけど、大袈裟に発表させる)

早く川を渡って欲しいけど、7月までは渡らないでと願います。じゃないと天皇皇后両陛下は喪に服さないといけなくなるからです。
それは避けたい!

93
1
返信する
匿名

陛下の教育係だった浜尾さんがお皿さんは常にカメラやその位置を気にしておられたと
言ったそうですね。女優ですから。

上皇はお皿さんとの結婚を許可されなかったらどうしたのでしょうね。
独身を貫いた?皇室から離れた?もしそうならお皿さんはそれでも結婚したのかな?

55
返信する
匿名

>上皇はお皿さんとの結婚を許可されなかったらどうしたのでしょうね。
独身を貫いた?皇室から離れた?もしそうならお皿さんはそれでも結婚したのかな?

もし、一生独身なら皇統は常陸宮家に移っていたでしょう。でも、常陸宮さまもお子様がいらっしゃらないので、男子に拘らずと直系長子と皇室典範が改正されていたかもですね。

昭和天皇が「天皇の素質があるのは長子の成子さまか次男の義宮(常陸宮)だ」と仰ったそうです。昭和天皇の目は確かだったんですね。

69
返信する
匿名

昭和50年台だったと思います。
皇室に無関心な私が、ふと
「なぜ美智子さまってあんなに人相悪くなったのかな?」
と呟いたところ
「いじめられたからじゃないの?」
と誰かに言われた記憶がある。

そういうものなのか?
でもいじめられても自分に非がなければ、朗らかな人だっているのに、変だな。
と思ったものです。

今思えば、単に底意地の悪さが人相に出てしまっていたのですね。

74
返信する
匿名

生き方って顔に現れると思うのです。

私も思いましたが振り返るとお皿さんっていつからこんな顔になったのだろうかと。
若い頃ってもう少し綺麗でしたよね。
歳を取ってそれなりにというのもわかるけどそれとはまた違うもの。
香淳皇后も華子さまもお優しい顔をしておられます。(おられました)
なのにお皿さんは何かが違います。
化粧とも違う内から出るものでしょうか。

皇后陛下(雅子さま)も若い頃からお綺麗でしたけど
今はお歳を重ねられご年齢相応?若く見えます?
でも、優しさや聡明は変わらずです。
苛められても耐えてこられ今があります。
同じようにもしもお嫁さんを貰う息子が居たとしても苛められる事はないでしょう。

どうして一部の皇族はこんなことになってしまったのでしょうね。

59
返信する
小内誠一さんの証言!

「またなにより学歴や家柄がご自身と比較して見劣していたかからです。」

いやあ、、、、こんな母親、いやすぎる。

自分の息子の嫁にふさわしいのは、「自分より見劣りする人」だなんて。

しみじみオカシな人間だと思うわ。
こういうの精神病か人格障害で何か病名が付いていたりしないの?

それと、小内さん、もっと出てきていただければうれしいです!!

77
返信する
匿名

もうそろそろ再登場もよろしいのでは?
そしてネット上に「秋篠実父安西孝之」と、写真の数々を掲載されたお方。
そのお方のおかげでニセモノ皇族安西文仁一家に皇位乗っ取りされずにすむ。
日本の皇室は守られた。
そのお方の功績は大きい!

55
2
返信する
匿名

当時のお妃候補報道は加熱を極めていましたね。よく覚えていますよ!

聡明な天皇陛下(当時皇太子)だったからこそ才色兼備の雅子様を射止める事か出来たのだと思います。

さて、ショーライの天皇ことヒサのお妃候補は、更なる困難になるでしょうね。

今のヒサには聡明さというより『裏口』『不正』『偽装』『頼りない』といった印象しかないですからね。

ただでさえ『皇室に嫁ぐ』という高いハードルに悪いイメージが付けば誰もお妃にはなりませんよ!

まぁ〜小室圭の女性版みたいな、要は小室佳代の若い時みたいな女性なら、喜んで嫁いでくるでしょうね。

そんな女を皇后とし崇められるのか?

愛子様を天皇として崇拝する方が何京倍もマシです!

57
返信する
匿名

嫁選びは、衣装合わせではありません。
が、見て子さまにとっての「ナルちゃんのお嫁さん」は、指輪か帽子でも買い与える感覚でしかなかったことがよくわかります。嫁の第一条件は、ミー(見て子)を引き立てるアクセサリーに過ぎない、パッとしない、出来ない女であることだったのですから。

旧家、とりわけ天皇家にとっての嫁、それも将来確実に皇后になる人が、賎民だったり、左翼の両親がいたり、知的障害があっては、世界の物笑いになって、一瞬で天皇制が瓦解する危険があります。
日本中、どこの家よりも、その結婚は困難な事業であって、個人的な好き嫌い、まずは寝てみてからセックスの相性を確かめて、などとはゆかない不自由かつリスキーなものなのです。

世界に通用し、しかも即戦力になりえて、かつ性格がしっかりしていること、忠誠心があること、係累に障害者がいないこと、といった諸条件を全て満たしたのが、小和田雅子さんだけだった。
宮内庁事務方的に、また公安的に、完璧な候補者が雅子さまであり、逆にあの賎民女の場合は真逆なまでに、最低、最悪、超危険であり、結婚差別を堂々と口にして宮内庁による結婚前身元調査を拒否した左翼父までが引っ付いてきました。

なのに見て子さまは、この雅子さまの光輝くようなキャリアと美貌に会う前から嫉妬し「雅子さま以外なら誰でもいい」とまで言い出すありさまでした。
雅子さまも、見て子さまの狂気と嫉妬は十分覚悟のうえで、陛下との約束を信じて、決死の思いで飛び込んで来られたのでした。

一般人の理解とは別に、当時流行していたシステム論なども踏まえたうえで、客観的に天皇制のなかで、自分ならば果たせる役割は何か、これを妨げんとする軋轢・妨害はどこからくるか、をプラスマイナスされて、御決断頂いたのでしょう。

その後、マスコミは、偽皇族男に食らいついてきた、バラック賎民上がりのネチャネチャ笑いが得意だった第二夫人のほうばかりを贔屓しだし、パーフェクトな雅子さまを陥れる策謀が、延々といまだに仕掛けられてきています。
そして、生前退位愁訴で、皇嗣などという中途半端な仕掛けを作り、安西家長男への新王朝転換を企むまでに見て子さまが増長するとは、さすがの雅子さまも想像されなかったことでしょう。

そこには、雅子さまの学歴へのマスコミ人一般の嫉妬心(早慶や明治青学卒が多い世界なので、東大法中退、ハーバード大卒業のスーパーキャリアに最初から拒否感)があることも否めません。

本郷通りの写真屋さんの店頭にずっと雅子さまの学生証に使うために撮影されたお写真がショウウインドウに飾られていて、東大生たちは毎朝毎夕、まるで御真影のように、雅子さまの学生時代のお顔を拝見しながら通学してきました。この心理的効果は絶大で、女子学生の多くが、等身大の雅子さま学生時代の顔写真から何かを感じ取り、いまではいろんな分野に(官僚とか研究者、医師等だけでなく)、女子アナにまで東大卒女子が進出するようになったのも、フロンティア精神溢れる雅子さまからの見えない影響力だろうと、友達の元東大女子が話していました。

雅子さま最大の功績が、愛子さまです。
伊勢でお出迎えしたとき、ちらっと拝見したそのお姿からは、知的なまなざしが印象的で、堂々とされ、可愛いらしいだけでなく、ニコニコなさってもおられ、将来の天皇には不可欠な「神々しさ」「親しみやすさ」を同時に、さりげなく持ち合わせたお子様をお産みになり、育て上げられた育児の腕前には、感服と感動の連続でした。

いまや見て子さまは、その晩節を過去に例がないほどに穢してでも、女の嫉妬に燃え上がり、甥の賎民妾が産んだ息子が出来損ない児だったことにも勝手に立腹して、すべてを雅子さまのせいにして、逆恨みしだしているようです。ここまでくれば、皇室は石井ふく子が得意とした下町ドラマの世界でしかなくなってしまいました。

皇室の権威を最大限、薪として竈にくべては、嫉妬の炎を燃やし、自分や明仁さまの名声をも徹底的に焼き尽くしてしまったお馬鹿な見て子さまとして、後世の人々からはさんざん嘲笑されることになるでしょう。

65
返信する
匿名

異常な自己顕示欲、承認要求のみてみてみて子だから、何もかも上の雅子さまが脅威だったのでしょうね、コンプレックスの裏返しから異様な嫉妬、妬み、ほんまに情けない婆さんや。それが〇桶に身体の半分以上が入っていても続いている。

キコを許したのは秘密をカワタツに握られていたこともあったのだろうが、なにもかもが見て子より劣っていたからだろう。
しょうもない見て子の嫉妬から30年も雅子さまを幽閉し海外公務には行かせなかった。
昔から異常な人だったようなので、やることなすこと全てが異常、この婆さんに何も言えなかったチャブも相当なボンクラ、呆れるわ。いまではボケて何も覚えていないんでしょう。

62
返信する


匿名

見て子も出自的には、久子さまに遙かに及ばない。
雅子さまよりも明らかに下の出自である。

だから最低出自の紀子をいたずらに贔屓し、カワタツの囁く部落解放論に同調し、自分の抱える皇室内での身分コンプレックスへの癒やしとしようとした。

陛下はほかの高位の女性に産まさせた御子だ、という話にも信憑性を感じるのは、昭和30年代の初めなら、見て子が皇室内の身分カースト上では最下位最低位だったので、そのくらいされても仕方がなかっただろう。昭和天皇も見て子を嫌っておられたし、そのときのリベンジのつもりで雅子さまにつらく当たるのでは、雅子さまもたまったものではないでしょうね。

61
返信する
匿名

「雅子さんのことは、僕が一生全力で

とんでもない 美智子から
キチ⚪︎イ 美智子から
嫉妬の鬼 美智子から
異常者 美智子から
何をしでかすかわからない 美智子から

お守りします。」
と陛下に言われたのね。

毒親美智子と決別するという宣言でもあったわけで、陛下も偉いと思う。
で、ちゃんと実行したよ。
すごい。

61
返信する
匿名

昭和天皇に次ぎ、本当に天皇の「格」があるのは現陛下だけですね

明仁さんはやはり小人物で、平成は見て子ばかりが悪目立ちしてた

令和になって、見て子は本性を露わにしだし、火葬愁訴で墓穴掘り

ああやっぱり陛下を産まず、文仁も産まず、清子産まずの産まず女

でもそれを知られたくなくて、文仁を贋者としたくなくて火葬愁訴

世界はこの不審挙動に気付き、安西文仁家をペルソナノングラータ

仕方なく巨額のODAや国家プロジェクトと引換えに入国ごり押し

国益を毀損するばかりの安西文仁家を作ったのは見て子その人です

53
1
返信する
匿名

闇養子!もらい子!で終わらせたいなら、直ちに安西文仁一家を直ちに皇室からお引き取りになるしかありません‼️

46
2
返信する
天皇陛下の神通力が「邪悪」を消すと信じています

「理非曲直」に、「小和田雅子は、公害を撒き散らしたチッソの孫!!、絶対に入内させるな❗️」と川辰が宮内庁に怒鳴り込んだというのが、書かれていました。

美智子様は、自分と同じ非差別部落出の紀子さんを気に入り、川辰は一応東大出(かなり怪しい)で、コンプレックスから出てきた虚栄心の強い美智子様にとっては「良い同志」だったのでしょうね。

類は類を呼ぶ…悲しい現実で、宮内庁も官邸も「良いお仲間」で。

一縷の希望は、敬宮愛子内親王です。声を挙げて、不正は潰していきたいですねp(^-^)q❗️

45
返信する
匿名

川辰も実際はかなりのコンプもちだったのでしょう、東大卒、ペン大留学・・・が学習院で馬の厩務員なんてするかな?こいつもかなり怪しい爺さんだった、出自も経歴も怪しいし闇残したまま地の底に割と早くおちていったけど。

21
返信する
匿名

ハリボテの東大卒は結局む抜かれていたわけです。
英語が読めないし、学友もいない。

今まさにキコが求めているハリボテの学歴。
全く学習できないのは知的障害の証拠ですな。

で、ハリボテの皇族アーヤと結婚とは、なんだかなあ。
一生変わらないね、キコの奴。

返信する
匿名

つまりミテコさんは、全てに於いて自分より劣っている人が好きで、それによって優越感に浸っているのですね。

23
返信する
匿名

みてこさんは、器が、ちっさいですね。あのような立場ならもっとおおらかであって欲しいですね。

15
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です