聴覚障害児を育てた保護者をねぎらわれる佳子さま「うちも、悠仁の障害で苦労しました」の失言に職員騒然「それは、言ってはなりませぬ」と必死の制止


文・もっちゃん

悩みの種が尽きない紀子さま

悠仁さまのトンボ論文の不正疑惑に、佳子さまのご仮寓所一人暮らし問題と、様々な問題で、今なお批判の声が収まることのない秋篠宮家。

来年度には、長男・悠仁さまが大学受験を控えているにも関わらず、一向に成績が上昇しないことも悩みの種となっているようです。

そうした中で、「AERA dot.」は、「悠仁さまの学力、佳子さまの別居…いまだ晴れない「紀子さま」の憂うつ 愛子さま人気も“心労”に?」と題する記事を配信し、秋篠宮家の苦しい現状に関して、次のように報じました。

かつて日本中を魅了した“紀子さまスマイル”が、ここ数年、どこかぎこちなく感じられるのは体調の異変が原因だったのだろうか。

 年が明けた1月6日、宮内庁は紀子さまが昨年から体調が芳しくないことを明らかにした。

「悠仁さまが生まれてから、コロナ感染などを除いて公務を休まれることはほぼありませんでしたから、かなり芳しくなかったのだと思います。胃腸の状態が良くないとのことで胃カメラなどを受診されましたが、その後短い休養を経て公務に復帰されました。深刻な病気ではなかったようですが、やはりこれまでの心労とストレスによるものが大きいのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 ここ数年間、秋篠宮家は逆風にさらされた。小室圭さんと眞子さんが2021年10月に結婚したことで、落ち着きを取り戻すかに思えたが、次に浮上したのは悠仁さまの“コピペ論文”問題だった。22年4月、文学賞に入賞された悠仁さまの作文の一部が、それ以前に発売されたガイドブックの文章に酷似していることが問題となった。

 続いて、佳子さまの“別居”も発覚。佳子さまは、昨年9月に改修工事を終えた秋篠宮邸に引っ越さず、隣の旧御仮寓所(ごかぐうしょ)に引き続き住んでいることが報道されたのだ。

「紀子さまの心労は、これからさらに大きくなるでしょう。4月から悠仁さまは筑波大付属高の3年生ですから、その進学先をめぐって注目されるのは必至です。教育熱心な紀子さまは独自の教育方針を貫かれて、悠仁さまには高いレベルの教育と研究ができる大学へ進学させたいお気持ちが強いと伝えられます。ただ紀子さまは、悠仁さまがそれをプレッシャーに感じているのではないかと気にされているそうです」(同前)

「AERA dot.」(2024年2月21日配信)

こちらの記事によると、紀子さまは、佳子さまの一人暮らし問題や、悠仁さまの学業成績低迷のほかに、愛子さまの人気上昇にも気を病まれているとのこと。

ニュースサイトのコメント欄には、「姪でもある愛子さまの人気に嫉妬するなんてみっともない」といった意見が数多く書き込まれているようです。

愛子さま人気も心労って、愛子様の人気を弟宮一家として喜ぶのが当たり前の姿なのに。こんな態度だから嫌われるのがわからないのだろうか。無駄なライバル意識はさっさとやめて天皇ご一家を支える態度を見せれば少しは評価も変わるだろうが、今のままなら大多数の国民に嫌われっぱなしだと思います。あと愛子様をピンチヒッターと書くのは失礼極まりないと思います。

何故そんなに高いレベルの教育と研究ができる大学へ進学させたいのでしょうね。

まぁ親ならそう思うものかもしれませんが、就職に響くわけでもなし、大学くらい好きな所に行かせてあげればいいのにと思うけれど。

というより、お子さんとちゃんと向き合っておられるのかな。

全て身の丈に合った生活をし学校を選べばこんなに苦労しなくてもいいのではありませんか?能力以上のものを求め過ぎているように思えます。本人の気持ちより母親の気持ちが先に立っています。本人の意思を優先してあげて欲しいと思います。

聴覚障害関連の公務に臨まれた佳子さま

ところで、このように紀子さまの悩みの種の一つとなっている佳子さまですが、先月1月22日には、東京・江戸川区のタワーホール船堀で開催された「第46回 聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」に出席され、聴覚障害児を育てた保護者の方々へ、ねぎらいの言葉をかけられたようです。



秋篠宮家の次女・佳子さまは、1月22日、東京・江戸川区のタワーホール船堀で開催された「第46回 聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」に出席されました。聴覚障害者教育福祉協会の主催で昭和53(1978)年から始まったこの会は、毎年、ろう学校など各団体から推薦を受けた、聴覚に障害のある18歳以上の子どもの保護者を表彰しています。

令和2(2020)年の第42回から出席されている佳子さま。おことばの冒頭、手話を交えながら、能登半島地震の被災者にお見舞いを述べられました。

《佳子さま おことば》

「困難な中におられる方々のことを思うと胸が痛みます。災害への対応に力を尽くされている方々に深く敬意を表しますとともに、被災した地域で救援と復旧が進んでいくことを心から願っております」

続いて、表彰された保護者に声は使わず手話のみでねぎらいの言葉を伝えられました。

《佳子さま おことば(手話)》

「受賞される皆様は、お子様の気持ちに心を配り、お子様との信頼関係を築き、お子様とともに歩んでこられたと思います。嬉しいことも、大変なこともある中で、お子様に寄り添ってこられたお姿を想像しております。お子様が皆様とともに過ごされたかけがえのない時間と思い出は、これからもお子様を支え続けることでしょう」

「FNNプライムオンライン」(2024年2月21日配信)

佳子さまの失言に職員騒然

このように、手話で、障害児の母親をねぎらうお言葉をかけられた佳子さまですが、こちらの会場では、佳子さまのある失言により、会場内が騒然となるトラブルも生じていたようです。

「「お子様が皆様とともに過ごされたかけがえのない時間と思い出は、これからもお子様を支え続けることでしょう」と手話で述べられた佳子さまですが、続けて、「実は、私の母も、悠仁の障害のために、大変苦労をしていました」との言葉を述べられたのです。

どうやら、こうしたお言葉は、事前に準備されていたものではなく、アドリブで述べられたもののようで、佳子さまに付き添っていた職員などは、必死になって、佳子さまのお話を制止し、「悠仁さまの個人情報に関わる問題ですから」と佳子さまのご発言を強く諫めていました。

会場内は、「一体何があったのか?」と、一時騒然となったものの、その後は、佳子さまは席にお戻りになられ、なんとか混乱した状況は収まることとなりました」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このような、佳子さまの失言や、会場の混乱状況について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

67 COMMENTS

匿名

「言ってはなりませぬ」って、佳子様、おっしゃってしまったんですよね?
そしてこうして記事になる…

今となっては「国民皆が知ること」になりましたね。

212
1
返信する
匿名

安西佳子さん!
どこでも手話は、もう結構です。
国民はあなた方一家を必要としていない。
そしてあなた方一家は、皇室に居るべきでない一家です。
もうお分かりですよね⁉️
速やかに安西家に戻って、お幸せに!

159
4
返信する
匿名

>宮内庁庭園課長、田邊仁さまがお亡くなりになられた件について

2024.2.22 Etcetera Japan blog

上記文言で検索を、、

>着任後わずか7ヶ月の間に、おそらく様々な課題、問題と向き合ってこられたと思われる田邊さん。大変気になる死因ですが、何があったのか明かされる日は来ないように思います。

◆田邊さんが抱えていらっしゃったかもしれない問題

1、嵐山鵜飼事件

2、トンボ論文

3、桃の皇室献上詐欺事件

4、ビオトープ

5、カピバラ事件

>東日本大震災後の福島県で飼い主からはぐれたペットたち。田邊さんはその保護と里親探しにも尽力された。

94
1
返信する
匿名

途中で割り込みすると、他の方と同じような投稿になる事もあります。

基本 ぶら下がりは、同じ意見や訂正等の関連のあるものにした方が良いと思います。

23
1
返信する
匿名

嘘はいずれ真実が知れ渡る。その時嘘の程度で、嘘をついた人の品相がわかる。いつまでも真実を隠し通すことはできない。

50
返信する
匿名

>悩みの種が尽きない紀子さま

キコさんは悠君の本当の姿を隠し通そうとしている。もう無理なのに、、
   ↓
>紀子さま、悠仁さま治療のための専門医療施設を宮邸とご仮寓所内に設置!「悠仁の障害は発覚してはなりません」の執念

 2023.10.12 皇室新聞

上記文言で検索を、、

>紀子さまオーダーメイド御殿の謎

一部の報道では、総額50億円を超えるとも報じられている秋篠宮邸の改修工事、ネット上では「一体、なぜ、これほど莫大な費用がかかるのか?」といった疑問の声も、、

>昨年10月には、「女性セブン」(2022.11.3日号)が、「秋篠宮邸改修費34億円 紀子さまは金(きん)やイタリア製大理石をご要望」と題する記事を掲載し、、

>高額の改修費用の一因は、宮邸内の医療施設か?

これは、「女性自身」(2023.8.15日号)でも報じられているのですが、なんと秋篠宮邸では、庭に建築した悠仁さまの子供部屋の施設に、医療関係者の待機所を設置し、悠仁さま専用の簡易な医療施設を用意しているのですね。

>悠仁さまの健康問題を隠ぺいする秋篠宮家

「宮邸内の医療設備は、、実際には、悠仁さまのご病気などを秘密裏に診断するためのものと考えてよいでしょう、、秋篠宮家の専用設備です。
 悠仁さまの健康問題は、皇室典範第3条との関りで、皇位継承とも直接に関わる問題ですから、紀子さまとしては、絶対に外部に情報を漏らしてはならないとお考えになられているのでしょう。
、、より深刻な問題や、スキャンダルとも繋がりやすい精神科の診療などは、可能な限り、この宮邸内の施設で行っているようです」(秋篠宮家関係者)

57
返信する
匿名

>悠仁さまトンボ論文の「取り下げ」要請 文化庁も文科省もたらい回しの状態

2024.2.23 Etcetera Japan blog

上記文言で検索を、、

>国立科学博物館の組織ぐるみの不正が疑われるため、調査をお願いしたいというこちらの要望に対し、「同博物館にメールを(回付(転送)する」「不正行為の調査は研究機関の判断と責任による」という回答で、すっかり論点をずらされてしまいました。
文部科学省のこの告発窓口は何のためにあるのか、全く疑問です。ただ、このお役所的回答には、いずれかからの圧力を伺うことは、十分にできると思います。
なお、国立科学博物館からは、約1か月回答はありません。

>そうこうしている間にも、複数の国民が悠仁さまの論文に掲載されているトンボ写真の杜撰なトリックを見破り、この話題には国内外の研究者さんたちも興味津々であるため、悠仁さまが「論文を取り下げる」と決断なさらない限り、話題はさらに拡散していくはずだ。

38
1
返信する
匿名

カコは、バ○正直なんですね。
車代稼ぎの度に、失言されては、宮内庁は冷や汗ですね。
ペルーでも、何を喋ってきたのやら。

139
2
返信する
匿名

安西アホのアーヤ文仁と川島ノーパン紀子の子なので、ただのクルクルパ~なんだと思います。

121
5
返信する
匿名

そんなこと聞いても今更国民は
驚きませんね。

ほらやっぱりそうだったんじゃない、
と思われて終わり。

172
1
返信する
匿名

ついでに、
私の家には、頭の空っぽな夫婦が居座っていまして、たいへんなんです、
とか白状してみて欲しい。

152
返信する
匿名

佳子様の失言によって
「悠仁さまが障害をお持ちなのではないか?」
との噂が確信に変わりました‼︎

151
1
返信する


匿名

>「実は、私の母も、悠仁の障害のために、大変苦労をしていました」との言葉を述べられたのです。

なぜ、職員さん止めるかな?
もっと言わせてあげたらよかったのに。
最後まで言わせてあげたら次女さんはスッキリしたのにね。
これだと中途半端。聞いた人達も中途半端。

もう動かぬ証拠になりましたね。
その時の動画はないの?
宮内庁長官だって誤送信して病名がバレてるし。
もう告白して長男も次の天皇から解放してあげよう。
国民のためにもね。

179
返信する
匿名

職員さんには「残念でしたー」とひとこと!
今更取り繕っても
国民には広く知れ渡っております。
知らなかったの?

141
返信する
匿名

ついでに全部ぶちまければ?
先代妻とアキシノ家やらの、全ての闇を吐き出せば、好感度は幾分上がると思うが….
その時は身辺には気を付けてね。

118
1
返信する
紀子本人が 可能性を潰したのに…

>「実は、私の母も、悠仁の障害のために、大変苦労をしていました」との言葉を述べられたのです。

母の苦労❓️??
どうやって誤魔化そうか……
悠仁の障害を隠すなはどうすればいいのか……
低能児を健常児に見せるために 裏口だろうが寄附金だろうが何でもやる❗️

それは「苦労」とは言わない。

産まれた時 未熟児カプセルに入れる事を拒んだ母親…
悠仁のために 循環器系医師と看護士5人24時間体制の医療チームを組、療育棟を建てた…
障害が消えるようにと2歳の時に 和船で蛭子流しをした…
外から見える補聴器を内蔵型補聴器に変えたのは中学生になってから…
長野県の療育施設に2ヶ月に1度通うのも 秘密…

公けにして 本格的に療育に取り組めば、今みたいな惨状にはならなかったと思うが。

135
1
返信する
匿名

三島由紀夫先生が遺したといわれる「試し乗り」という言葉。 事実であれば深窓の令嬢とやらが聞いて呆れる。 今どきの港区女子の方がまだ行儀良いんじゃないか。人の生き様は人相に表れるというが、皿を見るとまさにその通りだ。 歴代天皇の御霊が正してくださると信じている。

121
1
返信する


匿名

馬鹿正直でよろしい
これで悠仁が障害児であることは完全に確定したね
紀子は、悠仁の障害を隠すのに苦労したけど、ダメだった
上皇から廃嫡宣告が下ったのだから、往生際が悪いのは見苦しい
とっとと廃嫡申請し、悠仁を重荷から解放してやり、特支へ送り
のびのびさせてやりなさいよ
余命があとどれだけあるかも、あの病気ではわからない

127
1
返信する
秋篠家はスマホで最低限の連絡

>天皇陛下と雅子さまの真剣なお話し合いは6日間にも及んだそうです。
宮内庁長官は会見で『(能登半島地震からの)復旧、復興に向けて前向きに生きていこうとする姿に接し、現地にエールを送るために、われわれが今やるべきことに全力を注ぐという考えにいたった』とも話していますが、これがまさしく両陛下のご結論なのです」(女性自身の記事より)

明日の天皇誕生日の一般参賀について、両陛下と敬宮さまは6日間も話し合いをなさったそうです。
素晴らしい1日になりますように

83
返信する
今日の「エトセトラ=ジャパン」

2月22日
『宮内庁庭園課長・田邊 仁さまがお亡くなりになられた件について』
◆田邊さんが抱えていらっしゃったかもしれない問題
① 嵐山鵜飼事件
②トンボ論文
『赤坂御用地のトンボ相 ―多様な環境と人の手による維持管理―』で、トンボの撮影は2022年までとなっています。一方、田邊さんについて「官房付兼内閣官房内閣参事官→出向・宮内庁庭園課長へ」と人事異動があったのは、2023年7月のことでした。
そんななかで完成したあの論文の画像は、なんとも杜撰で卑怯なトリックが満載です。テキストにおいても撮影者不明、目撃の場所と日時が不明、オス・メス、植物、撮影場所の誤認と、そんなものを学術論文と呼んで天下の国立科学博物館に提出し、受理させていたわけです。
当時、田邊さんは北海道地方環境事務所「釧路自然環境事務所」の所長さんでした。誰がそのトンボ撮影を行ったかも定かではないのに、新課長に迎えられた田邊さんが、なぜその「尻拭い」を命じられるのでしょう、そこは大きな疑問が残ります。
③ 桃の皇室献上詐欺事件
即決裁判にもならず、判決が下った様子もなく、その後まるで報じられていないあの事件。庭園課という名称が登場していたニュース記事は今、一切見ることができなくなっているそうですが、どうなったのでしょうか。
④ビオトープ 田邊さんは環境省自然環境局「生物多様性センター」で、田んぼの専門調査官としても手腕を発揮されていたようです。
トンボ論文がコケたら、次は田んぼ、イネ。宮内庁職員の肩書にて担ぎ出された農研機構の飯島 健氏は、もうお手伝いは懲り懲りなのではないでしょうか。
⑤カピバラ事件 2022年12月下旬に大変な話題となったのが、秋篠宮家が野味食を好み、展示用に輸入したはずのカピバラをBBQで食べたとされる一件です。
首のない小動物の死骸が転がっていることがあると暴露されるなど、とにかく秋篠宮邸の界隈では不気味で残忍なことが起きていた(いる)ように感じられます。
死骸を始末するのは、おそらく庭園課の職員さんたちでしょう。彼らは多くの事実をご存じなのだと思います。
一方、田邊さんは環境省でお仕事をされるなか、動物愛護、ペットの輸入、販売等の取り扱い、虐待、保護のための法改正に力を注いでおられた方です。
   ┄┅««※◈☆◈※»»┅┄
『秋篠家廃墟の法則』も怖いけど。
これで、何人目❓️ おかしいよ〰️

93
2
返信する
匿名

そのカピバラBBQの宴席に同席していたとされる実父安西孝之さん。
この一家に纏わることすべてが異常過ぎる。
猟奇的。
それぞれ治療施設での治療が必要なレベル。
ペットの保護活動をされていたような優しいお方なら、心を病んでしまうでしょう。
元警視総監のお方が、宮内庁に入られながらも
尊い命が奪われたこと。
重く受け止めるべきです❗

このまま放置は大変な事態となるのは目に見えている。
この期に及んでもメディア規制!メディア操作!ネット操作!酷い言論弾圧!
ほんとうに恥ずかしい国に成り下がった。

68
5
返信する
匿名

悠仁のトンボ論文の欺瞞を知る一番の人たちは庭園課の職員の方々
それだけに今回の訃報には衝撃を受けました
エトセトラや西村さんのサイトの緻密な論理には感心させられました
ここまで理詰めで、悠仁の論文が不正であると具体実証的に指摘されれば
不正工作に関与した共同研究者らはひとたまりもないはずです

どんなに苦しくとも自死は選ばずに、紀子らを積極的に告発することで
研究者として、最後まで正義を貫いて欲しいです

68
返信する
匿名

元警視総監の吉田様に期待します‼️
天皇は日本の象徴です。
どうか日本をお救いください❗

41
返信する
匿名

ナマズが総裁をしている済生会病院は、芸能人の他も自として処理してくれるという話がありますね。

今回の田邊氏の〇もあまりにタイミングがよすぎるから、口〇じとの声が大きい。
政治家でもありますね、安倍さんも山上ではなく真〇人がいるとの話もあります。何か都合が悪い人は、いとも簡単に〇されるのは世界中でありますね。

46
返信する
匿名

平成四人組って、昔から人〇しなんて平気でやってきてますからね。
安倍さんもそうでしたが、今回も、でしょう。
これは明らかにメディアや宮内庁職員に対する牽制でしょうね。
こいつら、物凄く苦しんで、のたうち回って●んでほしい。

39
衆知の事実

ズル仁の障害は隠せないほど衆知の事実。
典範3条を持ち出すまでもなく全て無理。

偽物も衆知の事実なのに面前に出る厚顔。
どの面下げて天皇誕生日に登場するのか。

80
1
返信する
天皇陛下、お誕生日 おめでとうございます❣️

今日2月23日は、天皇誕生日。
YahooNewsが続々と出たけど、ヤフコメ出来ないのが悲しい。

それと「菊の紋ニュース」に
「菊のカーテン」のコピー投稿者が 凄くいっぱい(いちいちさんみたいに)投稿していて、よく読まない人が 上げポチしてるのが悲しい。

でも、天皇陛下や皇后陛下、敬宮さまはの微笑ましい記事や写真を拝見して 心がほんわかするのは嬉しいしありがたい。
トゲトゲ 捏造や妄想してる人、人生 虚しいだろうなぁ…と。

天皇誕生日お祝いのヤフコメ読んで、天皇ご一家を敬愛している国民がたくさんいて、良かった(当たり前だけど) 今日は弟ミヤの事は考えない。

52
1
返信する
匿名

そうなんです。
イチイチ連中の投稿は最近巧妙になっていて、主語述語が曖昧で、どちらとも取れる。
だもんだから、よく読まずに上げポチする人が多いんですよね。
残念なことです。

25
返信する


匿名

かつて国民を魅了した鬼子のスマイル???相変わらず朝日系アエラはあほな忖度記事を書いているな。どこが魅了してた?あの笑い顔に不快感を感じていた国民の方が多数でしょう。

馬子も鹿子も両親に似てお頭弱いからついポロっとゲロっちゃうんだよね。馬子はいぜんニュース報道の中でナマズが「モルモットを食べるのが好き」だなんてゲロって、チャブが驚いていたことあったし、鹿子も「なまずと似て導火線が短い」とか・・・

今回のヒサ坊の事実を公けでゲロっちゃたのは、鹿子にしたらよいことしたね。

国民の多くは知っていたけど、なんとか障害児にヒサ坊をショラテンにしたい鬼子や
その周りは典範にひっかからないように必死でヒサ坊を健常児どころか優秀な子だと
嘘重ねまくってるけど、逆に墓穴を掘り続けているけどね。

63
1
返信する
匿名

そのカピバラBBQの宴席に同席していたとされる実父安西孝之さん。
この一家に纏わることすべてが異常過ぎる。
猟奇的。
それぞれ治療施設での治療が必要なレベル。
ペットの保護活動をされていたような優しいお方なら、心を病んでしまうでしょう。
元警視総監のお方が、宮内庁に入られながらも
尊い命が奪われたこと。
重く受け止めるべきです❗

このまま放置は大変な事態となるのは目に見えている。
この期に及んでもメディア規制!メディア操作!ネット操作!酷い言論弾圧!
ほんとうに恥ずかしい国に成り下がった。

44
5
返信する
安西おばさん やっぱり

二重投稿は 止められませんね

❮❮不安は人をお喋りにする❯❯
少数精鋭 も大切ですよ。

15
2
返信する
匿名

悠仁は最初テレビに写ったとき「アワアワアワ」とだけうめき
典型的未療育のままで終わった聾唖者特有の奇声を上げていました
その後幼稚園段階でもまだマカトン法手話で紀子と会話しています

このあたりで、既に圧倒的な言葉の遅れと自閉傾向が濃厚になり
人工内耳置換術を受けるまでは、ずっと補聴器に縋った教育でした
佳子は、悠仁のお茶幼送りを手伝っていたので、自分も聴覚障害児
の子育てに関与したとの自信があったのですね

いいではないですか
佳子は自分の体験を会場のみなさんと共有したかったのです
大いに結構なことで、発言を制止すべきではありませんでした

70
返信する
マカトン法は 父親の礼宮さんも

子供の頃の礼宮さん、母に連れられて旭出学園の療育に通っていた、とのこと。 特別支援学校みたいです。

 HPにはマカトン法の研究をしているとありましたね。 ちゃんとわかって対応していたんですね。 でも、よくはならなかったのでしょうかね。 当時として支援学級での療育を受けられるって、恵まれていたのだと思います。

幼少期から、礼宮さんも多動で落ち着きの無い知○遅れだったし、アヤ女と呼ばれた嫁さんも そうだったし、上の姉妹もそうだったから、長男さんも…

52
返信する
匿名

これで鬼子と鹿子は大喧嘩。そして
ブチキレた鹿は、これ以外のことも
ぜ〜んぶ公にカミングアウト…、
なんてことになった方がよかったのに。
もっと聞きた〜い。

55
1
返信する
匿名

仮寓所から引っ越さず、大金を費やしてすっぴんロード他の改装を鹿子のプライパシーとして秘密にしようとした親心を理解してなかったんですね?

27
1
返信する
匿名

JKG夫も老人ホームを訪問した際に「私の母も認知症になりましてね」とぽろり。
昭和時代に、国民にそのような状態になっていると感じさせなかった昭和天皇は偉大だ。
統率力があった。

47
1
返信する
心がこもってないんだよ!

最近は愛子様の衣装パクり疑惑でしたが
!そのロバカーコは皇室のファッショニスタだってさwww即完売の入荷待ちだってさwwどんだけぇ~上げ⤴️上げ⤴️愛子様は堂々たる振る舞いで絶賛さてるのに30前のロバカーコときたら殆んどニート状態で不法占拠するし無駄遣いの整形ロバ!ファッションだけしか褒めるとこないからね~ww得意の捏造、情報操作かな!カーコの手話はカメラ写りを気にしたぶりっ子顔が凄く嫌だ!見たくない

41
返信する
匿名

>「実は、私の母も、悠仁の障害のために、大変苦労をしていま
した」との言葉を述べられたのです。
どうやら、こうしたお言葉は、事前に準備されていたものでは
なく、アドリブで述べられたもののようで、佳子さまに付き添って
いた職員などは、必死になって、佳子さまのお話を制止し、「悠仁
さまの個人情報に関わる問題ですから」と佳子さまのご発言を強く
諫めていました。<

「諌める」も何も悠仁が聾唖者であることは有名な話だから今更
発言を止めさせても意味が無いから、宮内庁が余計なことをして
逆に悠仁が聾唖であることが改めてバレてしまっただけだった。

いまは人工内耳で、一応聞こえは確保しているようだけど、これ
もいつまで聞こえるかは別問題。なにしろ原因が、脆弱性X症候
群の遺伝にあるのだから、染色体そのものが狂っているのだから。

悠仁の場合、加えて汚言症が進行しており、せっかく人工内耳で
聞こえるようになっても、紀子が日常的に汚い駅南語で喚くので
その汚言だけを覚えてしまい、学校でも問題児で完全に笑い者。
これでは、賎民同然であり、一度でも生で悠仁と会話した人は、
本当に皇族のお子さんなのかと、余りの下品さに仰け反ってしま
うだろう。
しかも悠仁汚言体験をした生徒たちがズルフでは激増している。

幼児期最初の療育では、敬語だけを教える(酷い知恵遅れなので
大人になっても敬語の使い分けが出来ないと見込んでの措置)
方針だったのに、療育チーム解散で、言語療育も霧散してゆく。

「悠仁くんはしゃべり方が変」と女性誌のインタビューにお茶小
の同級生が答えたのが小学一年の時。はや不登校になっていた。
まだ補聴器使用で、しかもろう学校には通わされていないので、
この頃から会話に支障があり、かつ正しい日本語を学ばないまま
紀子の話す下品で下劣な会話だけを手本に成長したことがわかる。

上皇が悠仁を発達障害を理由に廃嫡宣告したのも、これで頷ける。

47
返信する
匿名

ロバ子だってある意味障害者じゃん。
物事の善悪を判断する部分が欠落した脳の障害。

48
返信する
匿名

基本、あの家は全員が知的障害者といえるね
ただタイ王女である正妻の産んだ子は健常児だったというから
文仁の知障をも王女の血で上書きしたのだろうか?

世田谷第三夫人の産んだ子も学習院に学べているので
悠仁が学習院逃亡を図るしかなかった時点で紀子は完全な負け犬

48
返信する
匿名

「不良品X染色体(紀子由来)」と「劣悪Y染色体(文仁)」

これでは廃嫡も当然だわ

38
返信する
匿名

単なる安西家男系子孫にして碍児、というだけの取るに足らない子

父まるごと安西家に帰すとしても、相続権者が一人増えることで、
実弟実妹からは猛反対され、一族の子孫もきょうだい児になるので
弟妹の子孫に至るまで、幅広い範囲に縁談途絶現象が起きそう

39
返信する
匿名

文仁は、安西家からすれば
「ノークレーム ノーリターン」条件で闇養子に出したはずよ
と激しく反論、返品お断り通告してきそうですね

35
2
返信する
匿名

皿婆さんと安西孝之さんは、
一般人一家(安西孝之さんの子孫)を皇族一家(上皇様の子孫)と国民を騙して、国民を食い物(天文学的損害額)にしてきた。
そしてロイヤル特権を悪用してやりたい放題!
これは日本史上最大であり、最悪の国民に対する詐欺です。

皿婆さんは一応皇族だが、安西孝之さんとその子孫一家は一般人。
治外法権は適用できない。
そんな身勝手を国民が認めるわけがない‼️

26
2
返信する
匿名

「悠仁の障害は安西が原因なのではありませんからっ。
あれは紀子の血筋に潜んでいたX染色体の欠陥からなんですっ」

とか反論するんだろうな
でも、文仁の多動や眼振について遺伝を問われると詰まるはず

39
返信する
匿名

佳子からすれば、会場にいた親御さんたちのやってきたように
「悠仁にもきちんとした療育と聾学校での教育を受けさせていれば」
との後悔があったんだろう

悠仁の場合、第三条廃嫡を防ごうとして、障害隠し、隠蔽にだけ
注力されていて、悠仁はまともに手話を学ぶこともなかった
今後全聾になる可能性もあるのに、そのときの備えは全くない状態

紀子の苦労とは、悠仁の難聴隠蔽のための悪だくみでしかなく
「苦労した」という表現は不相当である
皇統簒奪という、一種の詐欺行為を準備し、敬宮さまへは危害さえ
加えてきたと見られる紀子

もう取り返しのつかない状態
これからは悠仁廃嫡を受け入れ、一家全員での臣籍降下あるのみ

46
返信する
匿名

人工内耳は永久にものではなく、入替には開頭手術が必要
バドミントンで、ラケットが頭を直撃すれば、故障もしかねない
MRI検査も脳内に金属が入るので命がけになる
補聴器で何とかなるうちに、補聴器を隠したいと人工内耳にした
のは、正直やり過ぎだと思える

どうせ低知能指数が原因で、廃嫡になる運命の悠仁なのだから
早く紀子もその障害を運命として受け入れ、必要な療育をすれば
こうした障害児を抱える親の会にも紀子本人が出られたのにね

37
返信する
匿名

エトセトラさんが先ほど記事追加をされていました
なんと12日にお亡くなりになられた田邊氏とその前任者について
驚くような事実を書かれており、no+eサイトの
「971庁・庭園課長の死の謎をほどくエトセトラジャパンさんに
私が同意する理由は前任者の経歴。
AkikoHS 2024年2月23日 08:38」
を参照するようにとのこと

Akikoさんの目の前がクラクラするような明晰な分析でした
要約しにくいので、ぜひオリジナルサイトでお読みください

29
返信する
納税者

さすがに◯鹿な佳子、言ってしまいましたね!
頭がお花畑で、言っていけない事も腹の中に収めきれすにバラしてしまいました。
30歳も近いいい大人が、一度口に出したことは、引っ込められないことに気づいても遅いのです。馬◯丸出し!
せいぜい周囲と揉めてくださいね!(大笑)

18
1
返信する
納税者

さすが◯鹿の佳子、言ってはいけない事も腹の中に収めきれすに、バラしてしまう失態を演じましたね!
30歳も近い、いい年をした大人の思慮が浅いので、言っていい事、悪い事を咄嗟に判断のつかないお花畑のオツムですからね。
「覆水盆に返らず。」、せいぜい周囲と揉めてくださいね!(大笑)

17
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です