美智子さま「雅子さんは監禁してでも皇室のしきたりを躾けてあげなさい」の慈愛


雅子さまと美智子さまの確執

令和の代替わり以降、大変な活躍を見せられ、多くの国民から愛情と尊敬の念を集めている雅子さま。ハーバード大学を非常に優秀な成績で卒業し、外交官として活躍するキャリアウーマンとしての道を捨て、1993年に天皇陛下(当時は皇太子殿下)と結婚し皇室に入られた雅子さまだが、皇室入りされてからの道のりは苦難の連続であった。

当時、外交官を「一生の仕事」と考えられていた雅子さまに結婚の決意を抱かせたのは、天皇陛下の「外交という分野では、外交官として仕事をするのも、皇族として仕事をするのも、国を思う気持ちに変わりはないはず」という力強いお言葉であったという。

婚約会見においても「(外務省を去る時に)後ろ髪を引かれる思い」であったと率直に語られた雅子さまだが、結婚を決断された際の想いについて次のように語られた。

「いま、私の果たすべき役割というのは、殿下からのお申し出をお受けして、皇室という新しい道で自分を役立てることではないかと考えました」

このように、皇族としての国内外での様々な活動に意欲を見せられていた雅子さまであるが、皇室入りされた直後から期待と現実とのギャップに苦しめられることとなる。

「ハーバード大学を卒業し、外交官としての活躍されていた雅子さまは、皇族としては珍しい合理的思考法を身につけられておりました。しかし、実際の皇室は一見不合理にも思える因習や伝統に縛られた世界ですから、スマートで合理的な思考力を持つ雅子さまは順応するのに苦しまれたようです。

特に、美智子さまからの風当たりは厳しく、雅子さまが公務のやり方などに疑問を挟もうものなら、烈火のごとく怒りを露わにされ、“あなたはただ黙ってルールに従っておけば良いのです”などと仰られることもよくありました(宮内庁関係者)



雅子さまが公務の内容について質問される度に、宮内庁の職員や美智子さまから、厳しい叱責を受けられていたことは、当時の職員らの間では周知の事実であったようだ。『週刊文春WOMAN』では元東宮職の次のような言葉が紹介されている。

「雅子さまは公務に真剣に取り組もうとするあまり、内容に疑問を持って質問されることもあったといいます。ご自分ご経験を生かされつつ東宮妃として役立てないかということを模索されていたそうですが、両陛下あっての東宮という存在なので、そうした言動は皇室の中では裏目に出てしまわれることがあったそうです」(元東宮職)

『週刊文春WOMAN』(vol.3 2019夏号)

こうした雅子さまと美智子さまとの確執は、後に「人格否定発言事件」へと繋がっていくことともなる。

「監禁してでも雅子さんには皇室のしきたりを叩き込みましょう」

皇室入りされて以来、皇室外交などよりも、「お世継ぎ」の期待を押し付けられ、公務の数も極端に減らされていた雅子さまについて海外メディアは「カゴの中の鳥」などと報じることもあった。

あくまで比喩として捉えられているこの「カゴの中の鳥」という表現であるが、当時の雅子さまのご様子や宮内庁の対応を知る職員の中には、これは単なる比喩表現ではなく、「雅子さまは、実際に皇室というカゴの中に閉じ込められていたのだ」と証言する者もいる。

「美智子さまや紀子さまは、皇室入りされて以降も、たびたび実家のご家族と交流されておりましたが、雅子さまだけは特例でご実家との交流を一切禁じられておりました。

どうやら、こうした措置の裏には、“少しでも早く、皇室の伝統やしきたりに順応させなくてはいけない”という美智子さまのご配慮があったようです。おそらく、皇室の慣習や伝統に対し、しばしば疑問を差し挟まれる雅子さまのご姿勢に不安を覚えられたのでしょう。

美智子さまは実際に“雅子さんは監禁してでも皇室のしきたりを躾けてあげなさい”と指示されていたようですから、相当に切迫した危機感を抱かれていたことは確かです」(前出の宮内庁関係者)

2003年には、TVニュースで「雅子さまが9年ぶりにお里帰り」などと報じられたこともあった。多くの国民が9年間もの間雅子さまが実家のご家族との面会を禁じられていたことに驚いたのであるが、こうした措置も美智子さまによる慈愛のムチであったようだ。

“人格否定発言”の裏にあった美智子さまの慈愛

こうした美智子さまの慈愛のムチは、後に「人格否定発言事件」にも繋がることとなる。天皇陛下は、2003年に欧州三カ国ご訪問への出発前の会見にて、雅子さまの心境について次のように述べられた。



「外交官の仕事を断念して皇室に入り、国際親善を皇族として大変重要な役目と思いながらも外国訪問をなかなか許されなかったことに大変苦悩しておりました」

「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

この会見が行われた後に、雅子さまは精神科医を付けられ、「適応障害」との診断が下されることとなる。

「美智子さまは、、これまでの外交官としてキャリアを形成されてきた雅子さまに、一人の女性皇族として生まれ変わってもらうようにとご指導されてきたのですから、そうしたご指導が、陛下の目に、“人格を否定するような動き”として映ったことも無理のないことでしょう。

美智子さまは、こうした陛下のお言葉を聞かれた際には、目に涙を浮かべながら、“これも全ては雅子さのためなのです”と震えるような声で呟かれておりました」(同前)

こうした美智子さまの、傍目には虐待と捉えられてもおかしくないような厳しいご指導も、全ては皇后になられる雅子さまに皇室の伝統やしきたりを叩き込み、国民から愛され尊敬される立派な人格を形成させるための試練であったようだ。

現在では、「雅子さまイジメの主犯」などと批判されることもある美智子さまだが、実際には、こうした汚名を被ってでも雅子さまを立派な皇后陛下にしようと必死の努力をされていたのである。

このような美智子さまの自己犠牲の精神はまさに称賛に値するものであり、同時に、その偉大さの証明であるともいえるだろう。

60 COMMENTS

匿名

では、令和の皇后陛下はお皿の指導があったからこそ!と言いたいわけですね?

では、今度はキーコを躾なされてはどうですか?見ての通り、海外で日本の“皇太子級”であるはずのコーシの質の悪さを自ら露呈してしまいました。
お皿はもうヒマですし、A宮夫妻を監禁されたらよらしいのでは?キーコの伝統を無視したやり方(皇后陛下の色かぶりなど)や税金を使いまくる次男に激怒しないのはおかしいですよ!

ま、あの2人はお皿の真似をした結果、ああなったんですから、怒れませんよねー?

176
2
返信する
匿名

小室夫妻の結納も結婚式も挙げない、いや!小室圭が金欠だから挙げられないのは分かっていますが、しきたりは完全無視していますよね?

122
返信する
匿名

慈愛の使い方が間違いです。
この人のしたことは虐めです。
妬み嫌がらせの悪質な虐めです。

101
返信する
匿名

>皇室のしきたりを躾ける?
こんな事する人が?
   ↓
>美智子さま、雅子さまイジメの決定的瞬間流出で、大炎上!「これが皿婆の本性」
「絶対許さない!」と怒りの声

 2023.10..14 皇室新聞

上記文言で検索を、、

ここに、元宮内庁職員だった方が身近で目にした事件が載せられてます。

>いわゆる「嫁いびり」というやつだ。「よくそんなことをする暇があるな」と思うくらい、このような事件は良く起きる。

>雅子さまが皇室に入られて3年ほど経ったころ、御所で開かれたパーティだ。
美智子さまの音楽仲間が集って楽曲を披露し、それを雅子さまや紀子さまら女性皇族も聴くというものだ。なお「嫁いびり」が起こるのは、公式の公務ではなく、大抵こういった私的なパーティやお茶会の場だ。

>お茶が終わり別の部屋でコンサートを、、、、という段になった時、なぜか雅子さまの靴が見当たらなかった。

>皆が困っていると美智子さまがすっと現れて「靴が見当たらないの?じゃあ見つかるまでこれを使って!」と仰り、スリッパを指された、、結局、雅子さまはコンサートをスリッパのまま聴かれた。そのご心境はいかばかりであったろうか。私は雅子さまの顔を見ることができなかった。

>雅子さまの靴は玄関で見つかった。靴を持ってきた女官によれば、その言い訳は「部屋の前で脱がれたのではなく、玄関で脱がれたと思い玄関で保管していました」とのことだ。
だが、後から、この女官に話を伺ったところによれば、「美智子さまの言われた通りに持って行った」とのことだ。

>美智子さまが、なぜこのようなことをなさるのか、今でもよくわからないが、雅子さまが、「適応障害」になられた元凶だと今も信じて疑わない。

57
返信する
匿名

皿婆ミテコさまの平成流など、町家育ちの成り上がり女の媚です。聡明な皇后陛下には、皿婆ミテコさまの詐術が通じないから、みどり姐の皇室特番も減少させて、国民にあらぬ誤解をさせるよう仕向けたんですわ。本性は「妲己のお美智」。

110
返信する
匿名

平成流というよりは、単なる時代錯誤でしょ!

皇室に『新しい風を』と言って初の民間から嫁いだのですから、本来は雅子様のスタイルも新しい風として認めるはずです。

部落から嫁いだキコも同様、この二人は皇室に嫁いで勘違いしてしまいましたね。

120
1
返信する
もっちゃん、どうしたのかしら!?

「いま、私の果たすべき役割というのは、殿下からのお申し出をお受けして、皇室という新しい道で自分を役立てることではないかと考えました」

これだけのお覚悟がお有りで、お皿婆様 紀皿婆様の嫌がらせや苛めに堪えてこられた皇后陛下は、素晴らしいと思います。
それにしても宮内庁長官が 情けない。小室母子問題にしても、秋篠家不祥事にしても、NY夫妻にしても、秋篠家改修工事費用がどんどん膨らんでいった問題にしても、宮内庁長官の責任は大きいのではないでしょうか❗️

秋篠家要らない❗️ 上皇夫妻要らない❗️ 宮内庁解体して、天皇家と天皇家をお支えする宮家を大切にしていただきたいと思っています。

141
返信する
匿名

群馬の部落出身者が何を言っとるんじゃ!
馬鹿タレが!
早く地獄に落ちろ!部落が!

89
7
返信する
匿名

「監禁してでも、皇室のしきたりの躾けが必要」と、ミテコさんは言った。
 雅子さまは、ミテコさんのように贅沢三昧し、お洋服も沢山作ったら、ミテコさんに気に入ってもらえたのかな?
着回ししてたのも、まずかったかな?!?!

>美智子さま、暴けば暴くほど疑問ばかり「ミテコ流言論統制」

2022.8.28  菊ノ紋ニュース

上記文言で検索を、、

27
返信する
匿名

天皇陛下や愛子様に会えたことは良かったと思いますが、雅子様は外務省に居た方が幸せだったと思います。

68
2
返信する
匿名

皿婆自身「皇室のしきたり」を理解していないから、「黙ってルールに従っておけ」としか言えなかったのでしょう。
「監禁してでも皇室のしきたりを躾なさい」は、皿婆にそのままそっくりお返しします。
テメエこそ勉強し直せ。

96
返信する
匿名

皇室のしきたり云々を言うなら、民間から嫁いできた己はどうなんでしょう?

その事自体がしきたり破りです!

86
1
返信する
匿名

>黙ってルールに従っておけ
仕事で、わからないこと、疑問に思ったこと、こうしたほうがいいのでは?と言う意味で、質問したり、相談しているのに、「黙ってルールに従っておけ」はないです。

見て子、前皇后失格です。同時に何の疑問を感じないで、国内外の公務をしていたのかしら?

32
返信する
匿名

お妃候補として出た頃の雅子様は外務省でバリバリ働くキャリアウーマン!

しかも才色兼備!確かに皇室に嫁がなくても幸せになっていたと思いますが・・これ以上のお妃候補もいないのも事実!

浩宮様(天皇陛下)のお人柄があったればこそのご結婚だったと思います。

さて、ヒサには浩宮様(天皇陛下)の様な女性にアプローチする事が出来るのでしょうか?

79
返信する
匿名

ズルヒトには、永久に無理です。

鯰夫婦は学生時代の内に相手を見つけるようにと言っていますが、日本中の女性たちからお断りです。

また、秋一族の家柄はブラックですので…

57
返信する


ヒモアイKK

可愛い次男坊の次女が誰かの真似して男の試し乗りをしてるとかwwwアバズレのヤリまんを躾たのはサラバァ~様ですよね?  

72
返信する
匿名

変な記事ですけど、もしや編集部がアキシンに乗っ取られたんですか? それともサイト丸ごと敵に乗っ取られたのかな?

>現在では「雅子さまイジメの主犯」などと批判されることもある美智子さまだが、実際には、こうした汚名を被ってでも雅子さまを立派な皇后陛下にしようと必死の努力をされていたのである。
このような美智子さまの自己犠牲の精神はまさに称賛に値するものであり、同時に、その偉大さの証明であるともいえるだろう。<

これが締めくくりの言葉ということは、宮本タケロウの記事??

どちらにせよ、正田美智子の雅子さまに対する嫉妬心が産んだ平成皇室の醜態劇をわたしたちは大いに楽しみつつ、拝見してきました。
いまさらどんなに美辞麗句で美智子が自己弁護記事を書かせてみても、美智子の歪んだコンプレックスと雅子さまへの羨望からくる逆の嫉妬心が、失われた平成30年間を産んだことだけは事実です。

”足掻けども 美智子負け犬 ほーいほい
 火葬泣きつき 安西滅ぶ”

76
返信する
匿名

サイト乗っ取らてアキシンによる秋篠宮家称賛記事を連発しても、ボロが出て墓穴掘って自滅するのが秋篠宮家の面々!

67
返信する
匿名

皿婆ミテコさまのお指図で、ニヤケ顔河西が擁護記事をまた書いていましたが、サヨク皇室ヲタなんぞの駄文は火に油。そんなのも解らない皿婆は終わっています。

17
返信する
JKG上げないと、弾圧が有るのかな??

【美智子さまの自己犠牲の精神はまさに称賛に値するものであり、同時に、その偉大さの証明であるともいえるだろう】

痛烈な皮肉だと思いました。

「菊の紋ニュース」も「菊のカーテン」も、1人何役もやってるアラシが連投して、「カーテン」なんかほとんど相手にされなくなって、1人で自己レスまでやってる始末。

今回の記事も、ちょっと「あれぇ」でしたね。
運営者が 替わった?
もっちゃんって、最近 記事を書いていないの❓️

51
返信する
匿名

虐めを慈愛と言って誤魔化す。
頭の悪い人、心の捻くれた人、悪巧みをして楽しむ人、性的な事しか考えていない人、自己中で外側だけ着飾る人。。

そんな人に指導を受け、自分もそうならなければならないとすると、精神力も失せる。
陛下と愛子様が居て下さり良かった!

68
返信する
思い違い❓️

【美智子さま「雅子さんは監禁してでも皇室のしきたりを躾けてあげなさい」の慈愛】

この記事、「皇室新聞」の初出ですか❓️ 最近 読んだ…と思うのですが。
過去記事タイトルを振り返って読み直したけど、ありませんでした…が。
美智子様、本性がバラされてしまって 焦ってるんでしょうね。

子飼いのジャーナリストがボロを出して 上げ記事で 悪評が拡散されてお気の毒さま(…当たり前…)

小内誠一様、佐川良子様を信頼しています…が、ひどい目に遭わませんでしたか❗️

55
返信する


匿名

皿はほんまに自分のことが見えていない、ナマズと鬼子もだけど・・・・

それにしてもいくら雅子さまに嫉妬とはいえ、異常
はたからみたら、監禁してでも皇室のしきたりを躾ける必要があるのは、皿、ナマズ、鬼子でしょうが。

こんな婆の嫉妬からくる言動で、政府も宮内庁も言うなりなんてどんだけ情けないんだろう。これは現政権、現宮内庁だけではなく、皿が皇室を牛耳ってからこうなった。
一掃しないと!

62
返信する
匿名

年内に、見て子夫婦と秋一族の大掃除をしたいです。
そして、来年は、新たな気持ちで年明けを迎えたいですね。

29
返信する
匿名

たまには見て子さんを褒めあげておいて
実は皮肉る記事のパターンですね
たしか菊の紋にあったような記憶がある焼き直し記事でしょう
昨日の愛子さまお誕生日おめでとうパレードの情報がないかなと
待っているところです

46
返信する
匿名

ミテコ自身、さんざんしきたりを破っておいてどの口が言う!
自分こそ、しきたりを守って、お代がわり後は一般参賀に出てこないでください。

58
返信する
匿名

「生前退位は天皇としての死である」とどこかで読んだ記憶があります
祭祀もしなくなるわけだし、宗教的な象徴でもなくなった明仁さん
生物学上は生きていても、社会的には死んだも同然というわけで、事実上
皇籍放棄したに等しい行為だと思います
それだけにお手振りするのは如何なものでしょうか?
二重権威といわれても仕方がありません

55
返信する
匿名

「生前大喪の大非礼!!」と反天連がプラカードつくつてました。
意外とこういうサヨクのほうが皇室のことをしつているんですね。

30
返信する
匿名

一般参賀、講書始、歌会始、天皇誕生日等、すべて永久出禁です。また、ひょっこりと美術館、博物館に行って、見て見てワテクシ病を発症しないでください。

美術館、博物館の館長様、職員の皆さん、来年も見て子夫婦たちを永久出禁にしてください。休館日の来訪要請が971からあったら、断ってください。「これ以上、空調、スタッフの休日出勤の賃金支払い等で、美術館、博物館側の負担を増やさないでほしい」と。

30
返信する
匿名

ミテコの狂室のしきたりなんて覚える必要ありません。

古き良き時代なら華子妃殿下の所作がお手本。

50
返信する
匿名

へえ、それじゃあ汚皿や鯰一家の税金じゃぶじゃぶが皇室のしきたりやルールなんですかね。

47
返信する
匿名

ルールというか慣れです!

萩生田『ガソリン価格は国民にも慣れていただく』

という事で、秋篠宮家は税金ジャブジャブ使う事に慣れてしまいました。

38
返信する


匿名

みてここそ皇室のしきたりが一番身についていない。
この婆こそ国民への裏切りで終身刑にでもして”監禁”してくれ!!
ああ、それ以前に血税を浪費した贅沢三昧の衣装類も”換金”して国庫返納してくれ!!

38
返信する
匿名

贅沢三昧、マント類の衣装は、メルカリ、ヤフオクまたはリサイクルセンターに売ってください。そして、国庫返納してください。

24
返信する
匿名

以下コピペです。全てを言い表していると思うので、見て子記事には毎回貼ろうと思います。
・・・・・・・・・・
ジェラシー
それは悲しい感情。
叶わぬ思いが腐臭を放つ。

心の3毒  貪・瞋・痴
「貪(むさぼり)」「瞋(いかり)」「痴(おろかさ)」

僻み、妬み、嫉み
「妬み(ねたみ)」はうらやましくて憎く思う感情
「嫉み(そねみ)」はうらやましくて悔しく思う感情
「僻み(ひがみ)」は、ひねくれた感情

皿の心にはこれらの全部が、色濃くあるようです。
この歳になっても吹き荒れる、これらの感情は晴れることはないのでしょう。

いっそのことド貧乏で裏ぶれた場末の女だったら、本人の本当の身の程に合っていたかもしれません。
TVに罵声を浴びせ、女性週刊誌に悪態をつき、若かりし日々の武勇伝を語ってはわずかな取り巻きに気遣ってもらえる。
目に浮かぶようです。

30
返信する
匿名

美智子の願いとはとにかく雅子さまをノイローゼに追い込み
あわよくば離婚させること、ただ一つだった
それには手段を選ばずで、かかってきたのである
しかし雅子さまには知性があり、知識があり、知恵もあった
美智子の浅はかで感情に任せるだけの狂気の意味を見抜いた

そこでじっと耐え、美智子や紀子の悪だくみが露見するまでは
ひたすら待ち続けた
先が見通せる千里眼をもっていたからこその忍従でもあった
我慢できなくなった美智子は、生前退位と火葬愁訴という失策
を犯してしまう
これで文仁が偽皇族なのでDNA鑑定に怯える理由が知られた

美智子の中では、生前退位の恒久制度化により、退位と同時に
皇太子の即位辞退宣言を引き出し、文仁への飛ばし継承の予定
だったが、世論が許さず、陛下も土壇場で踏みとどまり、結局
一代限りのわがまま天皇の身勝手生前退位と片付けられて終了

その後、上皇妻として吠え続けるも、去る者は日々に疎しで
美智子の存在感等あっという間に淡雪の如く溶け去ってしまい
ボス猿の地位を追われた元ボス美智子が、尾羽打ち枯らして、
亡霊のようにたまに出現すると「あの意地悪婆さんが雅子さま
を痛めつけていたのよ」と親が子に教える反面教師となった

かくして平成女の嫁嫉妬劇場はみじめな最終回を迎えた
皇嗣なる中途半端なお試し奉公期間を設けてみたものの、文仁
が次期天皇になれないことは、海外に出る度大失態をしでかし
証明されて、ボロボロになって帰国する醜態ぶりであり、有識
者会議を買収しても、肝心の文仁がアル中では話にもならない
悠仁が遺伝性難病に罹患していることもバレ万事休すとなった

これからは繰り返し如何に悪辣な手法で、美智子が陰湿な苛め
を繰り返していたかが週刊誌の題材となり、かつての模範皇后
としての作られた美談はどこへやら、その偽装の反動は大きい

退位してもなかなか御所を引き払わず生涯スクラップしてきた
自身の週刊誌記事帳を、後世の検証史料になることを恐れて、
泣く泣く火にくべるしかなかった美智子だけに、その逆恨みは
凄まじく、皇室新聞が得意とする物語にされているのである

31
返信する
匿名

坊っちゃんが東大に行くなどということは、鹿が大谷選手の嫁になるのが不可能なことと同じくらい、不可能なことです。

26
返信する
匿名

no more~than の説明に実に的確な事例だといえますね
A whale is no more a fish than a horse is.

12
返信する
匿名

ベトナム国家主席へのおもてなしとして呆宮夫妻が臨席でJK作詞JKG作曲wwの音楽鑑賞会が催されたとか。

素晴らしいホールで格調高い演奏、表現力豊かな独唱…一見素敵なおもてなしに見えるが、
ベトナムトップの訪日に沖縄への想いを島言葉で朗々と歌う全くのミスマッチには「あてくし作曲の才能もありますのよオホホ」感がプンプン臭う。これが平成流。

因みに令和流というか、本流は、外国の賓客には食べやすいフレンチをお出ししてきたが、海外での普及を踏まえ本場の日本食を楽しんでいただくことにした繊細な心遣い。

26
返信する
匿名

脆弱性X症候群だと判明した悠仁では、東大側からも
「御難病に罹患されていてはとても学業どころでないでしょう」と
お察しされ、筑波裏口させたものの成績最低、0点ばかりの理由も
なぜ知的障害児になったのかが、これでスッキリと説明理解され
「では裏口入学のお話はなかったことで」と縁切りの通告です

その後は「指定難病罹患お気の毒」「余命はあとどれだけ?」
「愛子さまの立太子急ぎましょう」「秋篠宮家は不要でした」と
国民からもスッキリ理解されて、謀反も敗戦処理されて終わりです

26
返信する
匿名

見て子さんの嫉妬心のせいで、もしMまでもが卵子を採取されるハメになったのなら、随分因果なことですわね。
無理矢理人造人間男児を捻り出そうとして、近親交配の危険をも犯し、精子分離して体外受精させてはみたものの、母方からの遺伝子上の欠陥という悪因子をそのまま継ぐ遺伝病患児になっただけでした。

そのせいで、Mは妊娠する気が失せたのか、夫が避妊を続けるのか、小梨でもいいから、今や「no more 障害児」なのでしょう。
やはり先人から戒められた禁を犯せばそれなりの報いになるもので、見て子流「盛者必衰の理」がこの障害児に凝縮されていたのですね。

22
返信する
匿名

悠仁のコロナ後遺症の件でTBSでやっていた特集「“最後の課題”新型コロナ後遺症治療の最前線 電磁波で脳を活性化 「ブレインフォグはなぜ起こるのか?」原因に迫る臨床研究の現場に密着【news23】|TBS NEWS DIG」を見てみると面白かった

悠仁はいまブレインフォグを理由に不登校中だが、聖マリアンナ医科大でやっている治療法が、rTMSを使い、脳に直接電磁波を照射して、後頭葉を刺激し、脳の血流低下を改善する方法で、ブレインフォグを改善する。実際番組内では患者が効いているようだと発言。

TMS療法といえば、鬱病治療に用いられ、頭がよくなるなどとも言われる精神科で用いられる治療法です。
本来なら、文仁紀子や眞子悠仁らに、ぴったりのはずなんだけど。

だが、悠仁には人工内耳がすでに脳内に埋め込まれているため、MRIも使えず、TMSも同じく適用外となる。

自治医科大のHPより
>適応となる方
抗うつ薬を2種類以上使用したなど十分な薬物療法を受けたにも関わらず、治療効果が得られない、いまいち治療効果を実感できていない中等症以上のうつ病の患者さんを対象としています。

*なお、以下の患者さんは対象外となり行うことはできません。
18歳未満の患者さん
人工内耳、磁気性体クリップ、心臓ペースメーカー有する方など
認知症やほか甲状腺異常など身体的な問題があって抑うつ的となっている場合、服薬をうまく続けられない場合(副作用は除く)<

せっかく好成績を挙げうる療法でも、紀子の見栄で聾唖者とみられたくない理由から、補聴器を回避するためだけに埋め込まれた人工内耳が、いざというとき障害となって、電磁波系の治療ができない皮肉。
人工内耳さえインプラントさせていなければ、脆弱性X症候群でも場合によっては、血流改善により知障の程度軽減につながったかもしれないのに、有効そうな治療法でも、見栄っ張りの紀子のせいで、すべて適用外の壁にぶち当たる悠仁なのです。

24
返信する
匿名

皿婆が毎晩ロザリオを握りしめて、自分専用の祭壇で何を願い、呪い続けたのか、恐ろしいわ。

聞いた話だがこういった呪詛のようなものは、相手に与えるダメージと同等のもの(臓器など)を差し出す必要があるらしい。
で相手の方が強くて清廉潔白で、呪詛が効かず跳ね帰ってきた時のダメージも強烈だそうだ。

皿の怨念は一時的に聞いたみたいだが、只今ブーメラン中でなんだか様子がおかしい。
カコやキコが、全く被るパクリ服を着るのは、呪詛返しが混乱することを無意識に狙っているのかと思う。
しかしキコの浅知恵がうまく行った試しなし。
素直にブーメランを受けてれば良いものを、全く愚かである。
またまた墓穴を掘るだろうよ。

19
返信する
匿名

なんちゃってクリスチャンの試し乗り一本眉ババアが、皇室のしきたりを語るとはお笑い種。

13
返信する
匿名

妬み僻みやっかむことがどれだけ惨めで
醜いことか、このbbaが私達に身をもって
嫌というほど教えてくれていますよね。
雅子様にとってはこの上なくご迷惑な
ことなのでしょうが。
ええかげんに引っ込めや老いぼれが!!

13
返信する
匿名

群馬の同和の躾か?
狐狸の躾がエエ例や!
新平民(部落差別の者)の馬鹿が何を言うねん!
バカ!

1
4
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です