美智子さま、雅子さまに蚕を触らせないイジメがエグいと炎上!眞子さんには手伝わせる鬼畜ぶりに絶句!愛子さまが見せられたフォローに感動の声


完璧な美を体現された美智子さま?

平成の時代の無駄遣いの数々や、雅子さまいじめ、さらには、上皇陛下の退位後にも、職員や報道陣を連れ回しての連日のお出かけに、批判が殺到している上皇后美智子さまですが、最近では、複数のメディアが次々に擁護記事を配信しています。

中でも、現在話題となっているのが、「プレジデントオンライン」が配信した「なぜ美智子さまが30年ぶりに「バッシング」を受けているのか…「完璧すぎる憧れの的」であることの悲劇」と題する記事。

擁護や絶賛を超えて、ここまでくると、むしろ逆に皮肉で言ってるのではないか?と疑ってしまうようなタイトルの記事ですが、内容も中々に強烈なものでした。

上皇后・美智子さまは、10月20日、89歳の誕生日を迎えられた。このニュースに対し、ヤフーのコメント欄では美智子さまへの誹謗中傷が飛び交った。神戸学院大学の鈴木洋仁准教授は「美智子さまは、『バッシング』と『絶賛』という2つの相反する反応を国民から受け続けてきた。それは『完璧すぎる憧れの的』であるからだろう」という――。(中略)

美智子さまへのバッシングは、それから四半世紀以上にわたって、ほぼ消える。マスコミや世間が躊躇したから、だけではない。時を同じくして上皇陛下とともに国内外各地への慰霊や、被災地へのお見舞いといった、「平成流」と呼ばれる旅を増やしていったからであろう。

 結婚、子育てを経て、ここで三たび、彼女は、人々の憧れの的となったからである。

 恋愛を経て結ばれ、みずからの手によって全身全霊で子どもたちを育て上げ、老後には、社会に貢献する。これほど「理想的」と思われる姿があるだろうか。これだけみんなが目指すべき姿勢があるだろうか。

 ここに、彼女が常にバッシングと絶賛、その2つの相反する反応を受け続けてきた理由がある。

 そして、声を失ってから彼女が得たものは、完成されたライフコースの象徴という、ただただ尊敬の的となる立場だった。そこにはもはや、彼女の生き方への反発は見られない。賛美をいくら重ねても足りない、そんなムードが日本中を支配した。(中略)

今年8月に亡くなったアメリカ文学者の亀井俊介氏の名著『マリリン・モンロー』(岩波新書)は、その標題に掲げた女優について次のように書いている。

———-

彼女が代表したような人間の美は、いまやますます切実に追慕されるのだ。しかしその美が現在に新しい生命をもってよみがえるためには、彼女がうけついだ伝統、背負った困難さ、それに堪えながら進んだ道、つまりは彼女の生の展開そのものを、深い同情をもって理解し直すことが必要であろう(同書、78ページ)

———-

 私は今こそ、この文章を、美智子さまに向けるべきだと思う。

「プレジデントオンライン」(2023年10月26日配信)

もはや意味不明な美智子さま擁護記事

もはや何が言いたいのか意味不明な怪文書のような内容なのですが、どうやら、筆者の意図を察するに、美智子さまは、完璧なる美と、慈愛の精神を会得されてしまったために、全ての国民から尊敬を集めるものの、その完璧ゆえに、下々の平民共の、嫉妬や羨望の眼差しも一手に引き受けることとなり、それゆえに、現在、激しいバッシングを受けられているとのこと。

ほとんど、正気の人間が書いたとは思えないような内容の文章なのですが、ネット上では、「美智子さまが金を握らせて、書かせたのでは?」といった意見も書き込まれています。

個人的には、アルコールか、あるいは何かほかの非常にハイになる薬剤でも大量摂取し、ラリってキマりきった状態で書いたのではないかと思えるのですが、真相は不明。

ともあれ、要は、美智子さまは、この世の全ての善と美を体現した超越的存在であるがゆえに、矮小なる日本人どもの嫉妬心から激しいバッシングを受けている、とのことなのですが、これほど、真実からかけ離れた記述もそう多くはないでしょう。

というのも、美智子さまが現在バッシングを受けられているのは、平成の時代に雅子さまを徹底的に苛め抜いたためにほかなりません。

悪質過ぎる美智子さまの雅子さまいじめ

中でも、特に悪質ないじめとして名高いものの一つが、雅子さまに決してご養蚕をさせなかったという問題です。



「平成の時代には、皇室の御養蚕を美智子さまが香淳皇后から引き継がれました。その後、美智子さまは秋篠宮家の長女眞子さまと、次女佳子さまには大切な蚕の飼育を手伝うようにと皇居内の紅葉山御養蚕所に招くこともありました。

しかし、一方で、美智子さまは何故か雅子さまと愛子さまに手伝わせることはなく、皇室の伝統を大切に想われている雅子さまは、そのことに関して深く気に病まれていたようです。

愛子さまは、幼少期から大変ご聡明で、大変思いやりのあるお子様でしたから、そのように美智子さまから蚕を触らせてもらえないことに気を病まれていた雅子さまを気遣い、共に蚕を飼育することを提案されたのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

このように、理由は不明であるものの、雅子さまが美智子さまの御養蚕を拒否されていたのではなく、むしろ、美智子さまが雅子さまに蚕の飼育を手伝うことを拒否されていたというのが現実のようです。

「雅子さまが、美智子さまの蚕の飼育を拒否されていたという話はどうにも信じられません。雅子さまは、以前から虫や動物が大好きで、田園調布雙葉学園小学校の6年生のときには、生物部に所属して、部内のリーダー的存在として活躍していたほどです。

まして、今回の宮内庁の発表などによって、ずっと以前から愛子さまと共に蚕を育てられていたことを考えると、雅子さまが御養蚕のお手伝いを拒否されていたという話はますます疑わしく感じられます」(前出の皇室ジャーナリスト)

実は、雅子さまが御養蚕作業のお手伝いを拒否されているということが報じられたことには、あるきっかけが存在したようです。

「以前、ある時に、美智子さまの御養蚕の作業を眞子さまや佳子さまばかりが手伝われ、雅子さまや愛子さまが手伝われていないことを不思議に思った職員の一人が美智子さまに対してその理由について質問したそうです。

その際、美智子さまは“雅子さんは蚕を素手で触れませんからね”と仰られたようです。



おそらく、このお言葉がジャーナリストなどに伝わったことで“雅子さまは蚕のような幼虫を苦手にしている”“蚕を触れない”などといったことが週刊誌等で次々に報じられるようになったのでしょう」(上皇ご夫妻に近い皇室関係者)

このことに関して、幼い頃から愛子さまについて良く知る皇室関係者は次のように感想を述べてくれました。

「こうした雅子さまの悲しみや辛いお気持ちについて、当時幼かった愛子さまがどこまで理解されていたかは分かりません。

ですが、おそらく愛子さまは美智子さまの蚕を触らせてもらえないことに関して雅子さまが深く悲しまれていたことはご存じだったのでしょう。

そうした中、愛子さまは、お住まいの赤坂御所にて蚕を飼うことを決断され、雅子さまと共に育てられてきたのです。

今回、このことを知った際には、愛子さまの雅子さまへの愛情とその優しさを思い、感動せずにはいられませんでした」(皇室関係者)

皆さんは、このような、美智子さまの鬼畜並みの嫌がらせと雅子さまいじめについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

37 COMMENTS

匿名

なぜ、触らせなかったか。
汚皿は全て意地悪から自分のしている事を雅子様にはさせたくなくて、しかも嘘っぱちを職員に伝え、それをマスコミに流させるという底意地の悪さ。
馬アレルギーだってそうではないですか。
馬車を使わせたくない。乗らせたくない。
馬アレルギーなんて最初から嘘だと分かることを平然と。
皇后雅子様はよく耐えて我慢されてきたものです。

歴史に名を残す悪の親玉、汚皿。

275
2
返信する
匿名

大ウソつきミテ子。
こんなにわかりやすい嘘ついて、
恥というものを知らない婆。

194
返信する
匿名

 諸悪の根源ミテコ、、もう、風になってくれよ。
 偽皇族秋篠宮一家は早く廃嫡か追放になって、出て来ないでくれ。
クダラナイ連中だ!!

85
返信する
匿名

雅子様の可愛がっていた馬をいきなり伊勢神宮にやってしまったのも皿。

馬は雅子様に伊勢神宮で再会できた時喜んでましたが1度だけ叶った再会。その後死んでしまったそうですね。

シンデレラの世界では小さな動物たちは意地悪をする人のことをよく見てますよ。お蚕さんたちもお気付きでしょう。

73
返信する
静岡バラック出身のキコへ

不謹慎なのは十分わかっているが、

鬼畜ババア美智子と川嶋キコ、一刻も早く死ねば良いのに!!

31
返信する
匿名

>「美智子さまは、『バッシング』と『絶賛』という2つの相反する反応を国民から受け続けてきた。それは『完璧すぎる憧れの的』であるからだろう」

最近になってJKGのアゲアゲ記事が掲載されるようになりました。正直、今更?ですけど。
(大谷選手の活躍中に今更、王・長嶋選手の当時の活躍の記事を掲載したところで…はぁ?となりますよね?)

この記事は無理やり書かされたんでしょうね。
しかも、JKGの当時を知らない記者が書いたのでは?(当時ことを知っている人は少なくなってきたと思いますが)当時の資料を見ながら…無理やり捻り出したんでしょうね。

逆に令和の時代に、こんなアゲアゲ記事が掲載されることは不自然です。まだJKGが出版社に権力をお持ちだと言うことがよーく、わかりました。

キーコさんも蚕を育てているそうです。「次のコーゴーは私だから」と。ま、実際に育てているのはコーシ職員の方々だと思いますけどね。
(子育てもやってない人が蚕も育てられるわけない!)

ジャニーズ
タカラヅカ
次は皇室…で、あってほしい。

198
返信する
匿名

鬼子、蚕の飼育を職員さんたちに丸投げですか?

蚕がかわいそう。

鬼子には、蚕の飼育をする資格はありません。

146
返信する
匿名

国民の税金で生活出来るのに、
雅子とはあれも嫌、これも嫌で、
好き嫌いを隠す事のできない、美智子。
だから、敬えない。

個人の好き嫌いなど口にださない天皇陛下御一家を、尊敬してやみません。
なぜこんなに差があるのでしょうか。

152
返信する
皇后陛下から養蚕を継承された敬宮さま

>美智子さまは“雅子さんは蚕を素手で触れませんからね”と仰られたようです

馬アレルギーと同じ、美智子様のでっち上げですね。

雅子さまは小学生の頃、蚕を箱に入れて飼っていて、ある日成虫になっていて驚いたという記事がありました。

美智子様は内親王の敬宮さまが継承する養蚕を、眞子佳子さんだけ呼んで それを渡邊みどりさんに写真集にして出版させました。
内親王の無い眞子さんに、私も「宮号」がほしいとせがまれ、眞子佳子さんを「内親王」と呼ばせることにして、敬宮さまを「愛子さま」と呼ばせるように 報道機関に働きかけたそうです。

でも、どちらが気立てよく健やかにお育ちかは、周知の事。

紀子さん同様、眞子佳子さんは、美智子様をよく見倣っての育ち上がり。

157
返信する
匿名

「失語症」なんて言うと、ミテコに何されるか分かりませんよ。
ミテコが作った病名「失声症」を使わなければ。
「アテクシは”失語症”などという脳の病気ではありませんのよ!もちろんヒステリーでもありません!”失声症”なんですのよ!」とね、洋服のお直しの時と、サーヤと話す時以外は声が出ないはずなのに、こう叫んだのかな?

26
返信する
全身全霊って・・・。

 プレジデントオンラインの記事の一節に、『 みずからの手によって全身全霊で子どもたちを育て上げ・・・』とありますが・・・。

 ミテコさんは、お子さん方の面倒は見ず、ご公務という名前の国内・海外旅行やご自分のファッションショーを楽しんでいたのではなかったでしたっけ?
 
 今上陛下は、浜尾侍従長が教育係をしていましたよね。ミテコさんではありません。

 A宮は、ミテコさんがお育てになっていたようですが、あの仕上がりです。子どもの頃から、愛情を持って『駄目なものは駄目!』としつけていれば、今のような疑惑(交通事故隠蔽・薬物・少女買春・法律違反)だらけの人間にはなっていないのでは?

 全身全霊で?これは、嫌みですか?それとも、A宮の悪事を、隠蔽工作を全身全霊で行っていたということなのでしょうか?
 例えば、A宮が、(子どもの頃に)おねしょをすれば、今上陛下がA宮の面倒を見ていたというのは、有名な話です。

 お嬢さんに至っては、虐待疑惑が噂されていますよね。ミテコさんの引き立て役にして、子どもの頃から地味な同じ服をずっと着せていたとか。儀式の時にわざと髪をボサボサにさせて写真を撮っていたとか。
 そうそう、お嬢さんの結婚式には、主役であるはずのお嬢さんよりも立派な、白のウエディングドレスを着ていませんでしたか?
 婚期が遅れたお嬢さんを心配するどころか、いろいろと結婚の条件を付けて、お嬢さんの足を引っ張っていたとも聞きましたが・・・。

 むしろ、お嬢さんの方が、女官のようにミテコさんのお世話をしていたのではないですか?精神不安定なミテコさんを慰めたり、ミテコさんの気持ちが晴れるようにと、ミテコさんのM様虐めに協力したり・・・。
 余りにも可愛がっている様子が無いので、『ミテコさんの本当の子どもでは無いのでは?』まで噂されていましたよね。ですが、ミテコさん的には、あれで全身全霊だったんですか?

 あまりにもいい加減な記事に、違和感しか感じられません。ここまで事実無根な内容の記事では、かえって逆効果では?

 

172
返信する
匿名

チャブの唯一の皇女に、ナマズの筆頭子分で地方公務員をあてがうクソ鬼ババア。
上海の娼婦の娘で、成金の家庭で育っただけあって、皇室の事に関しては無知だったのか。
皇族として生まれ、皇室で育っても、ボンクラ無知なチャブというのもいるが、、、

22
返信する
匿名

 K田氏は、ナマズの筆頭子分というだけでなく、キー子のアッシー君をしていた人物です。噂によると、学生時代、キー子は、A宮のストーカーをしてたそうです。学年・学科が違うのにA宮が取っていた授業・教室に、なぜかキー子がいたそうです。
 授業以外の時も、ストーカーをしていて、A宮がどこで遊んでいるのかという情報は、K田氏が教え、さらにK田氏が車でキー子を運んであげたということです。
 キー子は、食事を奢ってもらったお礼を○○で支払っていたというのは有名。K田氏に、どんなお礼をしていたのかは知りませんが、チャブの唯一の皇女に、キー子のアッシー君とは・・・。ご両親は、娘の幸せを何と思っていたのか・・・。

16
返信する
匿名

サーヤがなかなか縁付かなかったのは、
ハイクラスの方々が、
皿の本性を知って敬遠してたからなのか。

サーヤは、
そこそこ品もあるし、
頭もまともなのに、
ついに守谷さんみたいな人は現れなかった。

皿が義母とか無理って思われたのでは?

ちゃぶの姉君達はみんな然るべき嫁入りを成し遂げてるのに、
財界も入れたら候補者はゴマンといたはずだ。

16
1
返信する
匿名

ミテコは悪意の塊が人の皮を被っているような存在なので、全身全霊で底意地の悪さを発散させている。
全身全霊ではなく、全身悪霊。

24
返信する
悪事千里を走る❗️

「高貴な日々日記」には、前皇后の養蚕ファッション特集がありました。
養蚕作業をする度に、絹の作務衣を新調し 女優ポーズで写真を撮らせて写真集まで出版しました。

香淳皇后はそんな事はなさいませんでした。
やる事なす事、見て見て。見たくもありません❗️

「高貴な日々日記」を2度も閉鎖させた上、過去記事まで削除してしまうなんて酷過ぎます( ;゚皿゚)ノシ。

148
1
返信する
匿名

絹の作務衣は毎年新調していましたね。
そして、いつもの、小首をかしげて蚕のお世話をしているフリ写真。
葉っぱの端っこしか触っていないじゃん。

平成時代に頻繁に起こった災害の時も、被災地に行くのに服を2,3着新調。
なんと、チャブの作業着みたいな上着も新調していました。
一番大変で、一番来てほしくない時に、己らのアピールの為だけに二人して嬉々として出かけ、2000円ぽっちの寄付と迷惑な水仙。
帰ってからは地図の被災地のところに、ブスリとピンを突き刺すのが趣味でした。
こんなクズ皇族、見たことがない。
(秋篠一家は平民なので論外)

53
返信する


匿名

今週火曜のNHKドラマ「大奥」を見て恐ろしくなりました。

仲間由紀恵が演じる母親役がまるでミテコでした。
息子の将軍には正妻と側室がいるが、沢山の幼い孫たちを顔色ひとつ変えず、足で踏み潰したり毒殺していく。

次々と命を奪っても平然と顔色ひとつ変えない所、人が苦しむのを見て楽しむサイコパスぶりが「人の皮を被った“化け物”」なミテコそのもの。

気に入らぬ側近には毒入り茶を飲ませる事を強要し、目の前で血を吐き謝罪しながら、もがき苦しんでる様子を楽しみ嘲笑う恐ろしい悪女。

大奥の実権を握ってやりたい放題な所は皇室を裏で牛耳るミテコと同じ構図。
時代が違っても強大な権力を持つサイコパスな女帝はいるんですね。

114
返信する
匿名

子どもは特に女の子は、そういう母親のメンタル面には敏感だよ。姑の仕打ち等、気付かせないようにしても、しっかり見抜いている。まして聡明な敬宮さまは、ひどくおやつれだった時期も、その影響もあったのかも知れない。
今はむしろ、あの祖母に対して、そういう気質の事をあわれむかのように、ゆとりの笑顔を訪問されている。

104
返信する
匿名

馬アレルギーも完全に見て子のデッチあげだとバレています

そこまで雅子さまを憎むのも妹の嫁ぎ先である昭和電工安西家が
公害垂れ流し企業であり、被害者補償にも不熱心なことから
いつの日にか逆襲されるのではとの警戒の余り、雅子さまの
おじいさまをあしざまに見て子は言うようになり、いまだに
壊れた蓄音機のように愛子さまにも同じ言葉を投げつけています

昭和電工で荒稼ぎしようとした結果がいたましい公害事件であり
これが安西文仁の十字架になることを恐れんがあまり、雅子さま
を遠ざけんとし、結局元の木阿弥になってしまったといえます

107
2
返信する
匿名

新平民出,皿ババァ!(新平民=同和出の身元)
親友・友達もおらん意地悪ババァ
25回見合い失敗クソババァ
そら同和とは付きあわれへんな
死んでくれるか

64
3
返信する
野萩

皇后陛下は皇室の伝統をしっかりと理解しておいでですから、「老婆が養蚕に誘ってくれなくて悲しい」なんて思いはなかったのではないかと…。
皇后に伝わる伝統なのに、ノコノコついて行ってヘラヘラ手を出す暫定一家の馬鹿共に疑問を感じることはあったでしょうけども。

老婆は嫌がらせのつもりだったのでしょうけども、正しいのは「皇后の伝統に皇太子妃が手出しすべきではない」という皇后陛下の行動です。令和になり、御一家で仲睦まじく養蚕に取り組むご様子はとても神々しく思えますね。

103
返信する
細かい事が気になる

「完璧すぎる憧れの的」って、日本語、あるいは国語的に変な表現だとおもう。
「完璧すぎるが故に憧れの的になった」なら分からなくもない。
いや、皿に憧れる人なんて皆無だけどね。
この准教授アタマ大丈夫か?

83
返信する
匿名

完璧すぎる とか 素敵すぎる とかそういうおかしないい回しはキャピついた毒モがよくつかいますよね。

44
返信する
匿名

そう、そう。
「~すぎる」って、どの程度なのか分からないし、「美しすぎる」とか言われても、実際に見てそうかな?と思ってしまう。

23
返信する


⭕️何の為の引退、天皇陛下の皇位継承なんだ⭕️

上皇、上皇后は引退して今上陛下が皇位を継承したのに何故‼️色々と口を出すのか?

今上陛下、御夫妻に対する数々の無礼千万が過ぎます

異常なほどの秋篠宮家への忖度が過ぎます

歴代天皇の血をひかないDNA疑惑の偽の宮家に、皇籍離脱した眞子夫婦に過剰の忖度、一般人の小室圭に嫁いで皇籍離脱して一般人になった小室眞子に血税を使わせる上皇后は何の権限があるのか国民は許せない

日本の皇室のゴタゴタは日本在住の外国人から世界中にますます漏れているでしょう

鬼皿婆さんの天皇家への異常な虐め、と冒涜カピバラ、近親相姦、天皇家宛の招待状強奪、悠仁の不正入学、眞子夫婦に対する過剰な血税利用、秋篠宮文仁のDNA疑惑等々

日本国民は許せないし、暴動が起きます!

62
返信する
匿名

蚕さわれない〜とか、
馬アレルギーとかの嘘。

令和6年カレンダーの構成。

そういうとこが、
国民に「皿婆」と呼ばれる所以だよ。

根拠がある。

17
返信する
匿名

皿婆を語るのに、マリリン・モンロー持ち出すのは酷というもの。
皿婆はズルペタの寸胴、ガニ股女だったじゃない。
(今は干からびミイラと化している)
余計に婆さんが惨めになるだけなのに。わざとですか?

32
返信する
匿名

競馬の天皇賞にはぜひ皇后陛下も行啓遊ばされますように。そして決して馬アレルギーなどではない事をお示しになられますように。事実の証明のひとつひとつが皿婆の悪行を国民に広く知らしめる。
婆は次男一家と共に皇籍離脱してこれまでの血税の無駄遣いと虚偽の積み重ねの罪を償うがよい。

18
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です