雅子さま、香淳皇后の“遺志”を継ぐ!「美智子さま」からの脱却へ


香淳皇后の例祭日

昭和時代、美智子さまと香淳皇后の嫁姑関係が悪いことはとても有名でした。

昭和天皇の侍従長の私的日記『入江相政日記』(朝日新聞社より刊)にも次のように残されています。

東宮様(現、上皇陛下)のご縁談について平民からとは怪しからんというようなことで皇后さまが勢津君様(秩父宮妃勢津子)と喜久君様(高松宮妃喜久子)を招んでお訴えになった由。この夏御殿場でも勢津、喜久に松平信子(勢津子の母)という顔ぶれで田島さん(道治・前宮内庁長官)に同じ趣旨のことをいわれた由。

『入江相政日記』1958(昭和33)年10月11日

また後年、美智子さまも入江侍従長に次のように尋ねたと残っています。

美智子妃殿下に拝謁。終りに皇后さまは一体どうお考えか、平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがあるのか等、おたずね。

『入江相政日記』1967(昭和42)年11月13日

はたして良子皇后は、「平民の出」ということだけで美智子さまを邪険にし続けたのでしょうか? おそらく、それは違います。この『入江相政日記』を読み込むと、良子皇后は、美智子さまの「目立ちたがり」なところを嫌っておられたようです。たとえば、1959(昭和34)年3月12日の個所には、御婚儀の馬車について良子皇后のときは馬4頭だったのに、美智子さまのときには馬6頭にすることに、良子皇后は不満を表明されたと記録されています。

香淳皇后の例祭日

嫁姑バトルは、昭和天皇が亡くなり、香淳皇后が大宮御所に事実上の幽閉とされることで決着がつきます。香淳皇后は昭和天皇のお后で上皇陛下のご母堂、今上陛下の祖母に当たります。1903年(明治36年)3月6日にお生まれになり、2000年(平成12年)6月16日に崩御された。命日の6月16日には、毎年式典が厳かに執り行われています。新型コロナウイルスの影響もあり、2020年から式典の規模を縮小しての挙行となっています。

「一昨年は没後20年の“式年祭”ということでコロナ禍で規模縮小となりながらも両陛下が参列され、武蔵野東陵で拝礼は眞子さまと佳子さまが担当されました。ですが今年はさらに規模を縮小し、武蔵野東陵で拝礼は眞子さまだけとなりました。



また皇居・御所の改修工事が昨年7月まで続いておりましたが、これにあわせ香淳皇后が生前住まわれていた吹上大宮御所(旧御所)にも大掃除が入りました。香淳皇后が使われていた遺品が数多く残されており、雅子さまも懐かしそうにその品々を手に取られて、そのうちのいくつかは皇居・御所に運ばれたと聞いております。

激動の時代を生き抜いた香淳皇后の想いを、雅子さまはシッカリと引き継がれたことでしょう」(皇室ジャーナリスト)

香淳皇后の遍歴

昭和天皇が神話時代を除く歴代天皇の中で最長在位・最長寿であったのと同じく、香淳皇后も最長在位(62年14日間)で最長寿(満97歳没)、明治、昭和、平成と激動の中を誰よりも深く見つめてきた日本女性です。

「香淳皇后は明治36年、東京府麻布区鳥居坂(現・東京都港区六本木)の久邇宮邸で誕生されました。久邇宮家の初代・朝彦親王(あさひこしんのう)は伏見宮邦家親王の四男で、明治8年より久邇宮の称号を得て宮家が設立され、香淳皇后は二代目当主・久邇宮邦彦王(くによしおう)の長女としてお生まれになりました。

学習院女学部幼稚園、小学科、中学科と学ばれますも、大正7年1月17日、14歳の時に皇太子妃に内定し、20歳で昭和天皇のもとに嫁がれました。戦後、美智子さま、雅子さまと民間からの入内が続き、時代の流れから見ますと、“宮家から皇室に入る最後の皇太子妃”となるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

美智子さまの教育に腐心された香淳皇后

さて、宮家出身であり「皇族の婚嫁は同族又は勅旨に由り特に認許せられたる華族に限る」とある旧皇室典範下でお育ちになった香淳皇后にとって、美智子さまの入内は想像を超える戸惑いを抱える事態であったそうです。特に、その主張の激しさには苦労も多かったとか。

「長らく、香淳皇后は美智子さまとの折り合いに苦労されたようです。民間出身者である美智子さまを“見下していた”といった表現がされがちですが、事実は真逆だったとか。旧態依然とした価値観を持つ周囲の反発からお守りし、時には厳しく諌め、立派な皇后としてお育てになろうと腐心されていた面が大きかったようです」(小内誠一氏)

しかし一方では、御婚儀のとき美智子さんが使うはずの着替え室を、「今度、美智子も使うから…」 と、ご自身でかいがいしく片付けられたりもした。そして婚約の挨拶に訪れた美智子さんに帯や反物を贈られ、新年の挨拶のおりには別室にお呼びになり、伝来の指輪を贈 ったりもされている。

河原敏明『良子皇太后――美智子皇后のお姑さまが歩んだ道』文藝春秋、1993

香淳皇后のお心の内とは反して、次第に国民の中に香淳皇后による美智子さまいじめ、という構図ができあがっていきました。平成の時代、美智子さまはシンデレラのように“苦難に耐え忍ぶ悲哀の皇后”としてのイメージを確立しました。



「いわゆる“美智子さま失声症”事件の折、ある宮内庁幹部が『いまや皇室は女帝だよ』と記者に激白したというエピソードが残っています。香淳皇后も、自己主張をためらわない美智子さまを諌めようと奮闘された面があったのかもしれません。

雅子さまは美智子さまのように、宮内庁を通じて報道機関に抗議なさるということもなさらず、慎み深く長年の苦難を耐えてこられました。その点で、香淳皇后と雅子さまのお人柄は通じる部分があるように感じます。長らく雅子さまは香淳皇后の例祭に参列されていませんが、これにも美智子さまからの何らかのプレッシャーがあったように思えてなりません」(小内氏)

陛下の即位後、順調に宮中祭祀やご公務に復帰されてきた雅子さま。今回の例祭への復帰が叶えば、“女帝”からの脱却という大きな節目になるでしょう。

27 COMMENTS

匿名

ノーパン紀子?!あの女はまともではない!あれはケダモノじゃ!!飢えた狼じゃ!!!どうする国民!!!!

65
返信する
匿名

目立ちたがりなところ、自分ファーストなところ

邪心、慢心、妬み嫉みの醜い野望の心の持ち主

美智子上皇后と秋篠宮紀子妃はある意味で似ている

美智子上皇のから生きている間は秋篠宮皇嗣のDNA検査は不可能なのだろうか?

149
1
返信する
匿名

雅子さまの真価がよくわかるいい記事でした。
皇后や皇太子妃が「女帝」と呼ばれるようではおしまいです。
紀子なんかは、一宮卑の存在なのに、すでに大威張りですが
そういう浅はかな、駅南出身者の空威張りは命取りになります。

178
返信する
匿名

こんな不気味で蛇(じゃ)のような表情をするものは、
皇室に置くべきでは有りませんよ! 腹の中は、陰謀に満ち人を人とも
思わず私利私欲のみの邪悪極まりない半島紀卑。

142
返信する
匿名

鬼子の写真は使わないでいただきたい。

昨日ミヤネ屋で新人の皇宮警察官の密着を流していました。新年の一般参賀の公務の様子です。沢山練習し緊張しながら望む姿には頭が下がる思いでした。
志を持った若者が皇室の方々をお守りする(昨年はいろいろな報道がありましたが)一心で頑張っておられます。
それに比べて皿不採、鯰不才のなんと低レベルな事。
それとアキシンの方々の理屈の通らない主張の数々。

皇宮警察の方々もカピ偽宮等の護衛はうんざりなのではないでしょうか。

敬宮様は良子皇后に似ていらっしゃると思います。昭和天皇の生まれ変わりとも言われてますね。
やはり今上天皇陛下、皇后陛下の元に自分から望んでお生まれになったとききましたので、光の道を歩んでいただきたいです。

159
1
返信する


匿名

ミテコが皇太子妃として受け入れられなかったところは、平民や目立ちたがり屋という点以外に、平民というより新平民だったところ、子供の頃から意地が悪くて有名だったところ、男にだらしのないところ、なんだろうけど誰も言えなかったのね。

109
3
返信する
匿名

さりげなく「ミテコ」も新平民だから、と誤魔化そうとしても
駅南妃の出自問題を薄めようとのいつもの策略としか読めません。

ミテコは大嫌いですが、宮内庁伝統の七代以上遡り過去帳もすべて
閲覧調査、畜男畜女の戒名有無チェック、徹底した聞き込みを経た
身体検査によりBでない証明は昭和30年代はじめに、まだ差別が
うるさくなかったいい時代に完璧に済んでいたからです。

これに対し、駅南妃の場合は、まず宮内庁は渋々「側室なら」と
皇室に汚染が及ばないための妥協案を提示しますが、カワタツらが
猛反発してきました。
ミテコ並みの結婚調査を差別だとし、当時の両陛下に怒鳴り混み
無理矢理押し入り結婚させたので、出自問題はバレバレでした。

アキシンどもが「陛下もエタの子ならいいのに」とどんなに願って
みてもそれは虚しいだけ。
駅南出身妃の場合とは根本的に違う、決定的違いの部分です。
生まれた子供の出来不出来、品のあるなしをみただけで、駅南妃の
出自がよろしくないことはその作品を見れば「論より証拠」です。

80
1
返信する
匿名

江戸時代の庄屋や醸造業はbではできない仕事です。噂の真相に書かれたときも、彼女の実家がある町で、自分の会社の工場のある地区がどうのこうの怪しい地区だ、でしたが、それいうなら原発立地とb地区問題だってありますからね。工場用地には地価の安いb地区はもってこいだし、昔は煤煙の問題もあったので、bならいいや的部分もよくあるものです。

一方のあちらさん側では、ズルヒト出生後に、地元のお寺が不審火騒ぎを起こしたり、なんともきな臭い話ばかりです。

65
1
返信する
匿名

普通「掘られたら困る低出自だから、結婚時の身元調査を断固拒絶したもの」というしかありませんね。

名家なら、逆に「どんどんお調べください」でしょうから。

その報いが、眞子のときにきます。
小室を洗いたくても「紀子を調べられなかったのをみても、あの家は結婚差別には敏感な家だから」と公安でさえ手出しができなかった。これに最も被害を受けたのは他ならぬ文仁。

この悪因縁が、今後も代々繰り返されてゆくので、とても皇族に居留まることなど不可能です。金輪際、まともな結婚相手が現れないからです。

83
返信する
もっちゃんの記事じゃ無いよね❗️

>雅子さま、香淳皇后の“遺志”を継ぐ!「美智子さま」からの脱却へ

このタイトルで、この写真❓️

美智子さんの入内に関しては、
『31回国会衆議院内閣委員会第5号昭和34年2月6日』で、相当の議論がなされ、昭和天皇を初め 多くの反対があった。
それにも関わらず、明仁さんのゴリ押し(灰皿を父天皇に投げ、美智子と結婚する‼️とゴネた)で、結婚が決定した時には、これで皇室の尊厳性は地に堕ちたと嘆いた梨本伊都子さま。

それでも当時のマスコミは、何とか盛り上げようと、美智子さん上げ大作戦を展開。ミッチーブームまで作り上げた。(…理非曲直の記事…)

まさか、30年後に同じような事が起こるとは❓️❗️
バックには、野中広務・川島辰彦・岩井克己・山折哲雄・解放同盟・朝鮮総連…美智子さんの時より強力な助っ人が❗️
しかも、美智子さんの閨閥が政界・財界・マスコミを牛耳っている❗️

秋信者がこぞって捏造妄想でデマを流しているが、その勢力か❗️❗️

72
返信する
匿名

結婚したいとなって「側室ならばなんとか」と言われた時点で
宮内庁は紀子出自を密かに調査済で、丁重なお断りがあったというべきですけどね。

厚顔にも押せ押せで押し入ってきて、では幸せな夫婦になれましたか?
いまも毎日が夫婦喧嘩、親子喧嘩の日々。

新宮邸建築では、①裏金作りと借金返済のために大胆な中抜き詐欺をすること、②夫婦喧嘩や親子喧嘩の声が外にもれないようにし、③悠仁専用の座敷牢を作り、悲鳴が外に聞こえないようにすることの三大目的があったとされています。

これもすべては紀子出自に原因があります。
ウスノロの夫の助けになるどころか、足を引っ張るだけの紀子。そりゃ夫婦仲も最悪になるし、夫は浮気し続けるし、いい加減紀子は離婚して佳子と悠仁を連れて家を出るべきです。

安西家としても、全く歓迎されざる嫁でしょう。

78
1
返信する
匿名

昭和天皇はキーコは側室であっても駄目とおっしゃいました。
ミテコで痛い目を見ているのに、懲りないチャブなのでした。
懲りないどころか、今度はアゴ男とブタ子の結婚に裁可を出しちゃったね。
全てはドスケベでボンクラなチャブが悪い。

69
返信する
匿名

B地区には基本税務調査が入りませんので、公共建築で中抜きした違法な金を隠し込むには好都合です。マネロンにはうってつけで、知人はここで領収書を額面の10%で売る業者を使い、会社の接待費を違法に増やすことをしてきたといっていたほどです。

五億もかからないあの家に五十億もかけている謎がこれで解けると思いませんか。

70
返信する


匿名

アーヤも学生当時の報道にあったように、ほんとうにそんなにガールフレンド(コールガールでない)がたくさんいたのならば、週刊誌にでたなかのどのお嬢さんでもよかったのに、よりにもよって、最悪最凶且つ最低出自の丙午出生女を引き当てましたね。
これでは人生幸せになどなれっこありませんよ。

というか、紀子よりマシな話があっても、本当は安西さんちの息子だとなれば、やがて皇籍剥奪もあり得なくもないと忌避されてしまうし、あの紀子がじっと見張っているというだけでも良家の子女は逃げ出します。
その意味で紀子こそが最凶サゲマンだったことになります。

75
返信する
匿名

ズルボンも母の出自問題で最初からアウトになる
だから夜道の肝試しで強○させようとなったのも、この特殊な
一族に関してだけは強制わいせつに至る動機として筋が通る

58
返信する
怒りの声

皇室内でも孤立を深めている鬼子。最も人柄が悪い。
皇后を中心に信子さま久子さまと団結してください。

鬼子の出自もミテコに劣らず日本人かどうかも疑問。
天皇家の長子の前を横切った無礼な鯰偽宮と同類だ。

新年早々偽宮夫婦の無礼非礼な行為で参賀も台無し。
敬宮愛子内親王の初出席のめでたい参賀も壊された。

長年、天皇陛下も我慢されたが偽弟を是非とも追放。
国民は怒を持って鯰偽宮夫婦の行動を非難している。

今年こそ、お皿婆の前で偽宮一味の追放を祈願する。

52
返信する
怒りの声

そのとおり。全てはチャブがボンクラだから。
そこに持ってきて極悪人の皿婆、鬼子、鯰だ。
国民は怒り苦しみ疲れ果てている。怒り爆発。

52
返信する
匿名

これだけサゲコメントを集めるコーシ家から天皇は流石に厳しい感じですね。

Yahooニャースも圧倒的にサゲポチじゃ無いですか。Yahooは比較的「一般票」だと思うので国民世論に近いんじゃないかな?

政治家のセンセもソロソロ考えないとまずいですね。

49
1
返信する


ヘソ出してダンス

父も最低なクズでダメな女を選び!長女も最低なクズで膿な男を選ぶ!次女は毎日何人もの男と寝てるヤリマン、アバズレ!
どんな男を選ぶのか!

34
返信する
匿名

紀子さん、だんだん「指圧の心ワハハ」というお爺さんに似て来たような‥
昔と顔が違って来たように思いますが、内面に野望が渦巻いているせいでしょうか?

結構怖いです。

38
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です