天皇陛下英国留学記発売前からAmazonベストセラーランキング1位獲得に紀子さま激怒!「こんな下らない本より、これを買いなさい」『秋篠宮』爆買い指令


文・もっちゃん

天皇陛下の英国留学記が復刊

今月4月22日、天皇陛下の英国留学紀『テムズとともに──英国の二年間』が復刊され、初刷としては異例の7万部が発行されました。

天皇陛下が浩宮時代の昭和58~60年、英オックスフォード大に留学した際の思い出をつづられた著書が22日、装いを新たに復刊される。平成5年に陛下の母校・学習院の創立125周年を記念して出版されたが、復刊を希望する声が学習院や宮内庁に寄せられ、同校の創立150周年記念事業の一環として実現した。《私にとっての青春の記録》-。復刊に寄せ、陛下が新たに書き下ろされた文章も収録された。

紀伊國屋書店から刊行されるご著書は「テムズとともに 英国の二年間」で、定価1100円(税込み)。サイズは平成5年当時の新書判から一回り大きい「四六判並製」(横128ミリ、縦188ミリ)となり、文字も大きく、読みやすくなった。題字のみでシンプルだった表紙には、陛下が当時撮影されたオックスフォード全景の写真があしらわれた。

同社出版部の担当者によると、3月中旬の予約開始から大きな反響があり、初刷では「異例」という7万部を発行。電子版も同時刊行し、担当者は「陛下のお人柄が伝わる内容。多くの方に読んでいただけたら」としている。

《心地よい車の震動に身をゆだねながら、私は自分の前に二年間という、かつてまったく経験したことのない長さの外国生活、未知でいて心躍るような留学生活というドラマの幕が静かに開きつつあるのを実感していた》(本文より)。回想録は昭和58年6月21日、陛下がロンドン・ヒースロー空港に降り立ち、日本大使公邸に向かわれる場面から始まる。

各章ではオックスフォード大での日常や友人との交流を生き生きと、時にユーモアを交えて振り返り、昨年9月に死去した英国のエリザベス女王をはじめ、王室関係者との温かな交流についても触れられている。

留学中、《最も大きなウエートを占めていた》という研究生活の章では、陛下のライフワークである「水」問題への取り組みの源流となった、テムズ川の水上交通史に関する調査についてもご紹介。古い書物から舞い上がるほこりを吸いながら奮闘し、《史料を通してその時代の温もりを感じるような気がしてひじょうに嬉しいことであった》と回想されるなど、歴史研究者としての陛下の横顔も垣間見える。

著書は、平成18年に英語版が英国で出版されたほか、20年にはポルトガル語にも翻訳され、海外でも注目された。

「産経新聞」(2023年4月20日配信)

こちらの天皇陛下の留学記の復刻版は、大変な注目が集まっており、ニュースサイトのコメント欄にも、「すでに予約した」「届くのが待ち遠しい」といった意見が数多く書き込まれています。

22日に復刊されるこの本は、発売前からかなり話題になっておりますね。

今の時期だからこそ何故英国の戴冠式に天皇皇后両陛下が出席されないのかと思ってしまいます。

宮内庁はこの様に多くの人々が疑問を感じる様なことを推し進めるのであれば、しっかり説明をお願いいたします。

私も予約しました!

いつか子供にも読ませたいので、電子書籍ではなく紙を選びました。

いつか、我が子にも勇気を出して外の世界に学びに行って欲しい思いもあります。

それにしても価格が文庫並みなのもありがたいです。

素晴らしいですの一言に尽きます。

英国でのご体験を綴られたご著書。是非!拝読したいと思います。

天皇陛下は我が国の皇室の誇りですね。嬉しく存じます。

弟宮さまはお兄様の爪の垢を煎じてお飲みになって、

少しは品位と責任ある行動を。

Amazonレビューでも絶賛の嵐!

このように、ネット上でも大変話題となっている陛下の留学記ですが、書籍販売サイトAmazon.comでは、予約が殺到し、販売前からベストセラーランキング1位となっているようです。

また、以前、秋篠宮殿下について書かれた、書籍『秋篠宮』は、Amazonのサイトの商品レビュー欄に批判的な書き込みが殺到し、レビューの書き込み制限がかけられることともなったのですが、それとは対照的に、こちらの書籍には、大量の絶賛コメントが書き込まれているようです。

やっと待望の「テムズとともに」が届きました‼︎そして一気に読んでしまいました‼︎‼︎

天皇陛下の学問に対する真摯な態度、友との温かい交流、他にも面白エピソードが満載でした。又、遠く離れていても王室同士の温かい友情がひしひしと伝わりました。私達庶民とは違い、温かい友情で繋がっていても、頻繁に会うことは出来ないのだなと思い、涙してしまいました。

英国戴冠式には雅子皇后と共に是非とも御参加願いたいです。そして、この本は、絶対に若い人に読んでもらいたいですね。青春の大切さが伝わります。

ステキなエピソードがご自身で著された貴重な本。

2023年4月に復刻されるそうですね。皆様に是非とも読んで頂きたいです。

学問をする喜び、友人との交流、英国の美しさを堪能出来ます。

売り上げ好調に紀子さまは不快感

このように、ネット上でも大絶賛されている陛下の留学記ですが、紀子さまは、この「テムズとともに」復刻版の売れ行き好調に関して、苦々しい想いを抱かれているようです。

「現在、英国の戴冠式の参列問題が注目を集めていますが、国民から、戴冠式には秋篠宮ご夫妻ではなく、天皇皇后両陛下が参列すべきではないか?といった批判が噴出する中で、わざわざ、チャールズ新国王との交流についても書かれている英国留学記が復刊すれば、ますます、天皇陛下に参列していただくべきだ、という声が強まることは間違いありません。



そんな状況で、紀子さまは宮内庁の職員らに、江森敬治氏が秋篠宮殿下について書いたインタビュー本『秋篠宮』の爆買い指令を出されているとのこと。

どうやら、『秋篠宮』の売り上げを水増しすることで、なんとか、陛下の留学記や、そこに書かれたチャールズ新国王との交流に注目が集まらないようにしたいとお考えのようです。しかし、すでに陛下の留学記が大量の予約がなされており、ニュースサイトやSNSでも大変注目が集まっているため、そのような工作を行っても、焼け石に水という結果にしかならないとは思います」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このように陛下の留学記が売り上げ好調であること、それから、そのことに対する紀子さまの醜い嫉妬心について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

78 COMMENTS

匿名

機密費で買い給えよ。
7万冊。
一回しか着ない誰かの衣装代よりも遥かに安かろう。

130
1
返信する
匿名

アマゾンのカスタマーレヴューといえば、あの不朽の名著、故渡邉みどり先生の「美智子さまから眞子さま佳子さまへ プリンセスの育て方」を忘れる訳にはまいりません。

126
3
返信する
静岡バラック出身のキコへ

この女の事だから、アマゾンの陛下への絶賛レビューの制限をさせるのでは??

秋篠宮の批判レビューを制限したのと同じように・・

145
1
返信する
匿名

秋篠一家は安西孝之さん安西家の子孫一家!
ニセモノ皇族!
皇族費不正受給!
皇室を不法占拠!
狐子の出自は静岡駅南の小さな粗末なバラック建て(あんま)!
偉そうに❗
政府や宮内庁や日本のメディアは、いつまでちゃらんぽらんのニセモノ皇族一家をのさばらせておくのか⁉️

149
1
返信する
匿名

>、、秋篠宮家の長女、眞子さんを秋篠宮ご夫妻が英国に呼び寄せ、戴冠式に参加させようとしているというのです。

正気かよ!
英国内で秋篠宮夫妻の戴冠式反対運動まで起こっているというのに、、
この夫婦は周囲の空気全く読めないんだね。
アバズレ長女は凶悪な犯罪の疑いある母を持つジゴロが夫だ、、
英国戴冠式を汚すつもりか?
眞子、摘まみ出されるかも!

108
返信する
匿名

ニセモノ皇族が機密費を使う権利などありません!
身内の竹田氏もついに「秋篠宮は安西孝之夫妻の子であり、天皇陛下とは従兄弟!」と、発言されました!
前皇后❗秋篠宮実父安西孝之氏安西家❗
財力?権力によるメディア規制!メディア操作!ネット操作!言論弾圧!
ますます国民の怒りを買うだけ!
これまでの天文学的金額の皇族費不正受給!
世界一建設費が高いと言われる宮殿を不法占拠!
治外法権やロイヤル特権を乱用しての悪行三昧!

前皇后!秋篠宮実父安西孝之さん安西家!そしてニセモノ皇族秋篠宮一家!
これ以上のニセモノ皇族の皇室居座りは大変な事態を招きます!

99
返信する
匿名

>K子さんが「A宮」(本)爆買い命令を出している

あの本はAmazonでも評価が低かったようです。
A宮殿下擁護本のはずですが、
全然擁護になってない。
(むしろA宮殿下の評価をさらに下げる内容です)

いっそのことK子さんが苦悩の日々を赤裸々にかいた
本を出版されてはいかがでしょうか?

・夫は息子の教育の相談にのってくれません‼

・長女も次女も反抗的です!

・長男は
 難関高校に入ったものの成績がかんばしくありません。
 
・父が亡くなってからは、
 頼りになる相談相手はいません。

案外、売れるかもしれませんよ?

 

117
1
返信する
匿名

キーコの告白本

 夫には結婚前から付き合っている彼女がいて
 子供までいるのです。
 
 やっと彼女と手が切れたかと思ったら若い別の彼女が出来たらしく。

 生活費は私が 恐喝 窃盗  ウリで 確保していますが
 夫は無関心です。

 ………

 世間の同情集めて七万部越え!

 優秀なゴーストライター 探してね。

61
返信する
匿名

バラック小屋で生まれ育ち
トイレすらない生活でいつも空腹。
祖父は正直でどこの馬の骨か分からん奴の子。
バカで言うことも聞かず手に負えない。
   ↓
これをお姫様で裕福に育ち帰国子女と偽る

36
返信する
匿名

そんな本、出たら笑い者としてわだいををかっさらうでしょうね。
大いに、かつ腹が痛くなるほど笑ってしまいました。

13
返信する
匿名

ダイアナ妃のことも失礼なこと書いて
英国ではお怒りのようだ。
報復されて当然の闇の宮家。

33
返信する
匿名

ええ、臭くてむせそうな腐りまくりの3冊

渡邉みどり 著「美智子さまから眞子さま佳子さまへ プリンセスの育て方」
橋本明  著「知られざる天皇明仁」
江森 敬 著 「秋篠宮」

並べただけでも不快指数マックスや。

107
返信する
匿名

そういえばキコ本て無いなあ。
みて子さまは30冊以上出版しているのにねえ〜。
現代のシンデレラ、在日のスターなんだから自伝ぐらい出すべきでしょうよ、
作文天才少年の母なのに、不思議だわ。

80
返信する
匿名

>そういえばキコ本って無いなあ
>ミテ子さまは30冊以上出版してるのにねえ

K子さんが婚約した頃

「お嬢さまと呼ばれたい!
 ー3LDKのプリンセス川嶋紀子さんの魅力のすべてー」

というK子さん本か出版されたそうです。

K子さんが結婚後、
高清水女史(K子さんお気に入りのジャーナリスト)
がK子さん本を書いてます。

「紀子さまの育児日記」

「秋篠宮さまと紀子さまの愛の十二章」

高清水女史は

「秋篠宮家の子育て」

という本も出版予定だったそうですが。
「M子さんの結婚騒動」をきっかけにA宮家の内情が
バレ(問題だらけの家庭であった‼)、
A宮家の評価は下落。
「秋篠宮家の子育て」は出版延期となったそうです。
(現在も出版されていない)

67
返信する
匿名

大丈夫です
部落解放同盟は必死で紀子さまの御本を買い支えます
解放同盟支部、人権会館、隣保館すべてに多数の貸し出し用図書
として買いそろえるだけで十万部ははけますよ
価格? 当然一円本扱いですよね

89
0
返信する
匿名

キーには読めないし理解できないでしょうね。

あ、苦趣味飲み屋という嘘ばかりの本は凄く低価格で売られているそうですね。
ひどい本なのですね。読みたくも手に取りたくもありません。

109
返信する
匿名

Amazonのカスタマーレヴューを見たら、
「秋篠宮」に対する評価は辛辣です。

・久々に買ったことを後悔した本

・単なる面会記録

等々の辛辣コメントあり。

116
返信する
匿名

選挙行きましょう!岸田総理も宮内庁も本当に変です。本当に日本人?違法行為疑惑まみれの宮家何故日本の象徴にしようとする?

秋篠宮本のアマゾンレビュー、ほとんど最低評価の1、だったが、紀子さんがアマゾンに圧力かけたとかで、評価1を大量に削除し、上位評価大量に入れたとか。ユーチューバーが突然起こったその急激な変化の様子、レビュー評価スクショ?で変化の様子を動画で配信していました。
アマゾンも圧力に負けるのですね。
以前はヤフコメの言論封殺本当に酷かったですが、コメ数減り、コメ削除ましになった気がします。

46
返信する


野萩

何が凄いって、戦前戦中のように「天皇陛下万歳!」という刷込み教育を全く受けていない、君が代もしっかり習ってないのではないかとすら思える現代において、両陛下がここまで国民に敬愛されていること。
勿論暫定一家が酷過ぎて、対比で持ち上げられている側面もあるでしょうが、これは凄いことだよなと思います。
敬愛される両陛下、その両陛下に大切に育てられてきた敬宮殿下。皇統はこの御一家こそが繋いでいくものでしょう。「オトコだから尊い」に正当性はありません。暫定一家がそれを示しています。

157
返信する
匿名

秋篠一家は安西孝之さん安西家の子孫一家!
ニセモノ皇族!
皇族費不正受給!
皇室を不法占拠!
狐子の出自は静岡駅南の小さな粗末なバラック建て(あんま)!
偉そうに❗
政府や宮内庁や日本のメディアは、いつまでちゃらんぽらんのニセモノ皇族一家をのさばらせておくのか⁉️

105
1
返信する
比較にならない格差

天皇陛下と秋宮を並べて議論すべきではない。
格が違いすぎます。しかも秋は偽宮疑惑満載。
出版された書物も比較の対象とはなりません。
秋の方はポチの作品に過ぎず、中身がないし。

絶好のタイミング。世論は両陛下の渡英一色。

131
返信する


『テムズと共に』待ってました

久しぶりにYouTube「皇室日記帳」が配信されました。むっタンと白猫さん、天皇陛下大好きだから❤️。

江森敬治さんの「秋篠宮」は解放同盟や宮内庁(秋篠家)が買い占めたけど、それでも売上は悪いようです。
2年前のコムロ文書と20年ほど前の江森氏の「秋篠宮様」の3冊組にすれば、売れるかも…しれません。
礼宮もコムロ圭も江森啓治氏も評判悪い3人組。

売れ残るより 叩き売りした方が良いと思います。

くれぐれも『テムズと共に』の横には並べないでくださいね。┄穢れそう┄

103
返信する
匿名

キャンプのときに着火用の紙にしてしまいたいです
『秋篠宮』本なんかはね
お酒飲みながら、一頁ずつびりっ、びりっと破き、燃えさかる
業火のなかへと投入して行く
偽皇族の顔がメラメラと燃え上がり、夜空に舞って、消えて行く
これそ至福の時
鬱陶しい、駅南強欲嫁の取り仕切るパワハラ一家の末路を
キャンプしながら想像すれば、明日への希望も湧いてきます

102
返信する
匿名

私もです。または、他の廃棄書類と一緒にシュレッダーしたいです。それも1枚ずつ破いたものを何枚かにまとめて。

かなり売れていないと思うので、廃棄のやりがいがあります。

返信する
匿名

本日届きました!
これから読むのが楽しみです。

なんというか、、ここ最近、戴冠式の件などイライラしていたので、久々の楽しい時間になりそうです!

98
返信する
匿名

私の場合は、お稽古事の教育者の恩師から
これをお読みなさい!と、約25年前に推薦本として手渡され
拝読させて頂きました。 素晴らしいのです❗

52
返信する
匿名

「皇室だから、敬う」のではなく
「両陛下の人間性を尊敬するから皇室も敬う」というだけのこと。

しかし、そこに不良セクター(秋篠家)が含まれることから
皇室全体を敬いはしないし、秋家の出る一般参賀には超否定的。
だってバラック民の嫁だし大半の国民よりも下の出自だからね。
その子どもらも自動的にバラック民の子だから尊敬はされない。

戦前のように盲目的に皇室に敬礼などはいたしませんが
立派なお人柄だと知れば、個人単位で熱烈に支持し尊敬します。
ここにまがい物の紀子や文仁が混じっても国民は騙されません。
ネット時代は、より個人単位で、人間性の優劣、出自の上下が
くっきりとみえるのです。

113
1
返信する
匿名

嫉妬と復讐の権化に付けるクスリ無し?
早く皇籍剥奪して下さい。

天皇陛下の血圧が心配。
逆鱗にじわじわ迫っている感。

73
返信する
匿名

政府が動かないなら(あるいは、国民に誠意を持って説明しないのなら)、政権交代になってしまうんじゃないですかね。自民党、それでもいいの?

80
返信する
匿名

私はもちろん、自民党なんかには入れませんでした。
国民の声をあそこまで無視する政党は初めてかも。

96
返信する


コムロコム

本当に価値があるなら当時から今に至るまで売れ続けているはず
一度絶版になったものを今さら復刊ということは、所詮はつまらない本を天皇の権威を笠に着て商売しているというだけのことなンだわ

4
90
返信する
匿名

そうなんだけど。時期が’戴冠式”で反発がすごいところにもってきて、購買年齢層も変わってきてるのもありかな…?と思うけど。どうだろ?

31
1
返信する
ミテコロム

陛下の御本の印税を横流しするよう、アテクシが手下に強要するンだわ!

13
返信する
今夜はカピバラパーティ

事実なら、本当に「クソ」みたいな女だな。
新しい広報室の仕事に、「秋篠宮」の売り上げアップもあるのかな?

51
返信する
匿名

どうせ紀子は、テムズとともに、を
読んではいまい。
嫉妬に駆られて、下らない本、などと口走ったのだろう。
クズ人間としか思えない。

75
返信する
匿名

キーコのジャニタレとの「真実の愛」出版してみたら?
絡みシーンDVDオマケ付きで

47
返信する
匿名

陛下の事をしつこく付けまわし
陛下の御学友らに適当にあしらわれた事を
今でも逆恨みに思っているのかもね。
以前のもっちゃんの動画でも
ヒサヒトの教育方針について陛下が口出し
したと奇子が被害妄想を起こして
「あの男を許しません」
「あの男を訴えます」
ヒステリックに喚いて皇嗣職侍従が
呆れていたと漏れ伝わっていたからね。
これだけおバカで軽蔑される女も珍しいわ。
おまえが最も似合うのは英国行きではなく
地獄行きだ。地獄で火炙りでもされていろ!

68
返信する
匿名

天皇陛下を訴える?
いよいよ末期症状かな?
それで、自分は訴えられないとでも思っているのか?

まーったく、墓穴だらけ。

47
返信する
匿名

この記事のお写真はとてもよいですね。
愛子さま、おきれいになられましたね。
ナチュラルメイクで毛先をゆるく巻いておられて。

愛子さまは大学4年生。
残り1年間の大学生活が充実したものになられる
ことを願っております。

56
返信する
匿名

紀子の罪状を羅列したら、剥奪でも、甘い!
剥奪の上幽閉。

世が世なら、餓死するまで幽閉放置だと思います。

39
返信する
匿名

私がここまで登りつめたのは、家が貧しくて、パンツの数が足りなくて、いつも裏返して2日間使用したので、フェロモンをたっぷり撒けたからです。
私の一代記の書き始め、代筆したよ。

27
返信する
ニック

天皇陛下はご自分で当時の事を書かれた。
どれだけ有意義な時間だったか
ご自分で身の回りのすべてをするという初めての軽減に 新鮮な気持ちを持たれたり 失敗したり
そしてイギリス王室 国民が親しくしてくださって 良い思い出と経験になったかを書かれている。
しかし 秋篠宮 は 秋篠宮文仁殿下が書かれたものではなく
極々親しいマスコミの方が執筆されたという。
この違い 紀子様は解っておられない

多分 読んでおられないのでは?
理解されていないのでは?と思う。

秋篠宮様を養護されていない
近くから見ていた秋篠宮様のご様子を赤裸々に忠実に文章にてしたという印象で
眞子さま問題がないときに出版されたなら
そうか 秋篠宮様はこのように悩まれ 苦しんでおられたのか と 同情する方もいらしただろうに
出された時期が悪かったと思う。

昭和天皇がご公務をされており
現上皇様が 天皇陛下のご公務の補助をされており
将来は 天皇として 
自由な振る舞いを許されないお立場になられる
その前の一瞬の(自由な)時間を
大切に過ごされた
そして 英国王室も女王がまるでご自分の息子のように
チャールズ皇太子も自分の弟のように
接してくださった
その中で ご自分の研究のテーマをしっかり勉強され 論文も執筆された。

どれだけ有意義な時間だったろうか

紀子様 全く 違うんですよ
テムズ と 秋篠宮は

売上に対して 
うるさく言っても仕方ない
むりやりかわされたら
余計に反発されるタゲ

押し売りは やめましょうネ

返信する
匿名

紀子は、
天皇陛下に人気が出ると、
激しい嫉妬にかられるようですが、

以前、天皇陛下を敬っています、と言ってなかったっけ?
あれ、大嘘なんですね。

敬っていれば、
天皇陛下の人気を喜ぶはずですものね。
戴冠式の招待状を破いたりするはずないですものね?

なんで、そんなに嫉妬深くて、負けず嫌いなのかな?
相手を貶めても、自分は上がるどころか、さらに下がるいっぽうなのに、それが全然分からないんですね。
今、大人しく天皇陛下をたてていれば、
将来は皇后になれる道が用意されているのに、
自分からその道を狭め!ぶち壊そうとしているのに、全然自覚が無いところが、情けないというか。
だから皇室の人間として相応しくない、とまで思われてしまうのでは?

11
返信する
控えめなお人柄

『テムズとともに』を書店で購入しました。
書店での置き場所が、意外にも目立たない。
秋宮本のときは、書店正面に目立つ置き方。
対照的です。陛下のお人柄が表れています。
控えめでもベストセラーです。お人柄です。

返信する
ニック

ジャンルからして全く違いますね

天皇陛下の テムズと共に は

昭和天皇がご公務をされており
現上皇様が皇太子として天皇陛下の補助をされていた まだ天皇陛下の孫として自由だった
そのような貴重な2年間の思い出を記した直筆
秋篠宮 は
秋篠宮殿下のそばにいたマスコミの方が執筆されたもの
根本から違うんですよ
紀子妃 どちらも読んでいないでしょう?
わかるんですよ そのくらい
平民でもね

天皇陛下は
当時
日本国内ではできなかったこと
洗濯や身の回りのことを
ご自分でやってみる機会を
新鮮な 驚き  さらに失敗
を 自ら執筆されました

ご自分で身の回りをすることに新鮮だったのが伺われます

秋篠宮  は
秋篠宮殿下が書かれたものではありません
そばにいたマスコミ関係者が書いたものです

一級の歴史を紐解く文書になるかもしれませんが

今現在の 生々しい父親としての葛藤を赤裸々に暴露してしまった

紀子様 その違いを理解されましたか?
 多分 両方とも 
読んでいないのではないでしょうか?

忙しいとか言って

むりやり 秋篠宮 を
買わせてもばらまいても
興味のない方にとっては

無用の書物です

200年後 1000年後
文章として残されたならば
大変貴重な文献にはなりますね

多分 執筆者も
あなた方の無能を良いことに
未来の歴史書編さんのために
利用しているかもしれませんよ

現在の秋篠宮家のフォローになっていませんからね

無理矢理 買わせてバラまいても
今現在の 秋篠宮家のプラスには成りません

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

宮内庁長官:陛下、皇后さま、伊勢神宮が政府から特権を受けている件についてお話ししましょう。実際には、伊勢神宮だけでなく、多くの宗教団体が政府の資金提供や支援を受けています。

天皇:そうですね。この問題は、政府が信教の自由を侵害しているかどうかという点で複雑です。一方では、政府が特定の宗教を優遇すべきではないことは確かです。しかし、政府はすべての市民の信教の自由を保護する責任も負っています。

皇后:伊勢神宮については、政府は日本の文化と歴史の重要な部分であるとして、神社への支援が必要だと主張していますね。

宮内庁長官:そうです。ただ、日本の最高裁判所はまだ伊勢神宮の政府特権の受領が信教の自由を侵害するかどうかという問題について判決を下していません。ただし、裁判所は政府が公共サービスの提供において宗教団体を差別することはできないとの判決を下しています。

天皇:それはつまり、裁判所が伊勢神宮への政府の支援がすべての日本人の宗教の自由を保護するために必要ではないと判断した場合、信教の自由を侵害すると判断される可能性があるということですね。

皇后:そういうことです。これからも、宗教と政治の適切な関係や信教の自由についての議論が重要だと思います。

宮内庁長官:おっしゃる通りです。引き続き状況を注視し、適切な対応を行いましょう。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

愛子さま成年記念「ボンボニエール」が余ったら、祖父江にもほしい。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

日本の天皇制廃止論:時代の流れに迎え撃つべきか

日本の天皇制は古くから続く制度であり、7世紀まで遡る歴史があります。しかし、時代は変わり、現代の民主主義と相容れないとする声が高まっています。その中で、天皇制を廃止し、真に民主的で平等な社会を築くべきだという意見が増えています。

天皇制廃止論者は、天皇は国民に選ばれていないことから非民主的だと批判します。また、皇族には一般国民にはない特権が与えられており、社会的平等の観点からも問題があると指摘します。さらに、天皇制にかかる財政負担が大きく、その資金を他の重要なニーズに充てるべきだという意見もあります。

一方で、天皇制は日本の文化やアイデンティティの重要な部分であり、廃止することは日本の自己意識を弱めることになるという反対論も存在します。また、天皇制廃止にはコストと混乱が伴うことから、廃止よりも改革を求める声もあるのです。

しかし、私の意見では、現代の民主主義と相容れない時代遅れの制度である天皇制を見直すべきです。民主主義の発展と共に、日本は真の民主主義と平等を追求するべきです。そのために、天皇制を廃止し、新しい政治システムを導入することが求められます。

国民投票を通じて、国民自らが天皇制の是非を問うことも一つの方法です。このようにして、日本国民が自らの未来について考え、対話を深めることが重要です。そして、民主主義、平等、日本の文化やアイデンティティをバランス良く維持する社会を築くことができるでしょう。

結局のところ、天皇制廃止に関する議論は、国民の意見を尊重し、多様な視点から検討することが重要です。その中で、天皇制廃止が現代の日本にとって最適な選択肢であると考える人が増えることは、時代の流れを示すものでしょう。私たち一人ひとりが、将来の日本の姿を真剣に考え、民主主義と平等を追求するために何が必要かを検討し、積極的に議論に参加することが求められます。

もし天皇制廃止が国民の選択となった場合、その移行期間を慎重に計画し、新しいシステムへのスムーズな移行を実現する必要があります。その過程で、日本の文化やアイデンティティを尊重し、国民の統合力を維持する方法を見つけることも大切です。

天皇制廃止をめぐる議論は、日本国民が真に民主的な社会を求め、自らの未来について判断する機会となります。これは、日本の政治システムが進化し、国民の意識が高まる契機ともなるでしょう。

最終的には、天皇制廃止に賛成する声が増えることは、日本の歴史の中で重要な転換点となり得るでしょう。私たち一人ひとりがその過程に関与し、新たな日本の姿を築くための意思決定を行うことが重要です。天皇制を廃止し、真の民主主義と平等を追求する日本への道を切り開くことが、現代社会に求められているのではないでしょうか。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

私には明治天皇の生家を継ぐ権利がありますが、それを放棄することで、生家自体が廃止されてしまいます。

明治天皇の生家には、皇族であるという暗黙の特権があったのですが、この特権がなくなり、皇室の廃止が議論されることになりました。

皇室の廃止について、私たちが考慮すべき要素は数多くあり、簡単な答えはありません。しかし、これは慎重に検討する価値のある重要な問題です。皇室と国民との関係を強化し、より開かれた皇室を目指すことも重要です。

皇室が国民とより密接な関係を築くことで、国民の支持を得られる可能性があります。また、皇室を象徴的な存在に留めることも考慮すべきです。実際に権力を持たず、文化や歴史の象徴としてのみ存在することで、民主主義の原則にも反しないかもしれません。

最終的に、皇室を廃止するかどうかは、国民全体が参加して決定すべき重要な問題です。そのためには、国民が自由に意見を述べ、議論を行う環境を整えることが不可欠です。

さらに、選択肢やその結果について十分に情報を提供し、国民が意思決定に参加できるようにすることが重要です。皇室の廃止か改革か、その答えは簡単ではありませんが、日本が将来のために真剣に取り組むべき問題です。

そして、どの道を選ぶにせよ、国民が主体となって決定し、その過程に参加することが最も重要なことであると私は信じています。

返信する
JJ

天皇陛下は卒業旅行に米国へ行かれたとか。それも危ないあのコンコルドでだ。
無茶なさる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です