「懐妊の責任を取れ!」秋篠宮さま“ビビらせた”川嶋家「怒鳴り込み」の真相


二度の怒鳴り込み

泥沼化した眞子さまの結婚問題がひと段落したにもかかわらず、渦中にある秋篠宮家。11月30日に公表された誕生日会見で、秋篠宮殿下はとうとう「眞子のことは口止めされている」と発言されました。秋篠宮家はすでに崩壊状態であることが殿下ご自身の口から語られました。これからは佳子さまや悠仁さまの結婚も控えているだけに、国民としては不安が募るばかりです。そんな秋篠宮家を語るうえで外せない論点が、二度あったとされる「怒鳴り込み事件」です。

一つ目は、秋篠宮殿下にはタイに愛人がおり、そのことを知った紀子さま尊父・川嶋辰彦さんが皇居に怒鳴り込みに来たという事件。二つ目は、結婚前に紀子さまが懐妊してしまい、弱った宮さまが堕胎させたところ川嶋教授が「懐妊の責任を取れ!」と怒鳴り込んできたという事件です。ともに事実であるならば驚くべきことです。

一つ目については週刊誌などでもよく取り上げられていました。ことの発端は、国賓として招かれたクリントン大統領の歓迎行事を欠席し、秋篠宮殿下がタイにナマズ研究へ出かけていってしまったことに由来します。

毎日新聞(1996年4月5日付夕刊早版)でこのように報道しました。「ナマズのためなら」という見出しに続けて「秋篠宮さまがメコン川のナマズ捕獲儀式の研究のためタイを十七〜二十三日の日程で訪問することが五日、閣議に報告された。十七日夜は米大統領歓迎の宮中晩さん会が予定されているが、重要な公務を欠席しての私的訪問について宮内庁は『日程の変更は影響も大きく、意思を尊重し、熟盧の上、不本意ながら決めた』と説明している」と苦言を呈しています。この記事を書いたのは、『天皇家の財布』などの著書で知られる森暢平さん(現、成城大学教授)です。

なお宮内庁は、この毎日新聞の記事に対して「新年祝賀の儀など他の国事行為の儀式でも、宮家皇族が私的な都合で欠席した前例がある」「タイ訪問は先方政府が関係する準公的なもので、天皇陛下も了承している」と反論しました。

秋篠宮さま

秋篠宮殿下の弁明

アメリカ大統領を歓迎するよりも大切な用事がタイにあった——この事実に尾ひれがついて「タイ愛人説」が週刊誌を賑わせました。新聞各紙などの報道後、一部週刊誌はこの問題から派生して「殿下には結婚前から親しくしているタイ人女性がいて、その女性に会うために行くのではないか」とか「殿下の女好きは何とかならないか」などの記事を掲載。日をおいて「紀子さまの父親である学習院大学の川嶋辰彦教授が殿下の女性問題を問いただすために御所へ怒鳴り込み、天皇陛下に苦言を呈した」などと書きたてました。



実際問題として、秋篠宮殿下の海外滞在中にはお付きの者が絶えず随行しますし、タイへ行く頻度はそれほど多くはないのですから、タイに愛人がいるというのはさすがに誤報でしょう。過熱報道に秋篠宮殿下もたいそうな不満をお持ちで「タイに愛人はいない!」「夜の街をちょっと歩いただけで、風俗店を利用したみたいな書き方をされた!」と声を大にされていたそうです。

だが川嶋辰彦さんが皇居に「責任を取れ!」と怒鳴り込みされたのは事実でしょう。本件にかかわらず、川嶋家は何度も皇居に足を運ばれていたことはよく知られています。「川嶋家は皇居に住んでいる」という噂が立つほどに、その影響力は強いものがあります。宮内庁において秋篠宮家は、別名「川嶋王朝」と呼ばれていたほどです。

ところで秋篠宮殿下の女性問題について週刊誌側は何か確信のようなものを持っていたようで、数カ月たっても過熱報道は収まりませんでした。これを受け、なんと秋篠宮殿下ご自身が11月20日に収録された誕生日会見で「火のないところに煙が立った」という名言を生み出しました。

公務と私用のことについてお話しさせていただきますと、公用と私用が重なってしまった場合に、どちらを優先させるかといえば、これはもう間違いなく公務を優先させるべきです。ただ、宮中行事など、先日私がアメリカ大統領の時に欠席してタイに行った場合というのは、どうしてそういうことが起こったかといいますと、元々はタイに昨年の四月に行くことを予定しておりました。

しかし、昨年は阪神・淡路大震災など大きな被害がありましたので、キャンセルいたしました。そして、本年の四月に行くということをタイの政府に話をしたわけです。ですから、かなり以前に決まっていたわけです。タイ国政府農業・協同組合省の招待で行ったわけです。農業・協同組合省をはじめ、北部タイのチェンラーイという県がありますが、そこの方たち、その他多くの方が半年以上前から準備をしてくださっていたわけです。そういう経緯があって、タイに行ったわけです。父にその旨を話して了解を取りましたし、宮内庁にも打診をいたしました。タイに行くことについての異論は全くありませんでした。

宮中での行事、宮中晩さんとか、園遊会などが比較的ショートノーティスでこちらの方に伝えられてきます。それは全皇族の日程を考慮してその日を決めているわけではないわけです。従って、宮中行事と、それ以外の行事がぶつかるということは、不可避だと私は思っております。昭和の時代からですけれども、そのようなことで欠席をされている皇族の例というのは少なからずあります。

例えば皇族全体を対象にしたものと特定の皇族に限定した行事がぶつかってしまった場合には、個人的な意見では後者を優先させる方がいいのではないかなと思っております。

私も週刊誌の記事を読みました。私の根も葉もないその女性問題についていろいろ話が広がっていってしまったわけです。そういうことは全くないことですし、火のないところに煙が立ったというか、非常に想像力が豊かな人がそういう記事を書いたのだと思いますけれども、完全に事実と異なる報道がなされたということについては、不満を持っています。

1996年11月20日 秋篠宮殿下誕生日会見

もう一つについて「驚き」

紀子さまと川嶋辰彦さん

最後にもう一つの「怒鳴り込み」について、つまり紀子さま堕胎に川嶋辰彦さんが怒り、皇居に怒鳴り込んできて天皇皇后両陛下に結婚を迫ったという噂について真相を明かしたいです。さすがにこれはネット社会が生んだ噂だろうと思っていたが、かなり前から流布していたものであることが明らかになりました。

秋篠宮家派の皇室ジャーナリストとして高名な江森敬治さんが、1998年に刊行した著書の中でこれに触れていたので驚きました。

その―つは宮さまの結婚前後。やはり川嶋教授が、紀子さまが宮さまの子供を中絶したことに怒り、天皇陛下に「娘をどうしてくれる」と怒鳴り込み、陛下も二人の結婚をしぶしぶ許したというものだった。

江森敬治『秋篠宮さま』毎日新聞社、1998

「火のないところに煙が立った」という殿下の言葉を私は信じたいです。だが「火の勢いが強くて煙が出なかった」というパターンもあります。もちろん私は美しい紀子さまの純朴さと、ヤンチャながらも素朴な秋篠宮殿下を信じています。

50 COMMENTS

匿名

言論統制の存在を感じる記事でした。
お誕生日会見の前後から、一層厳しくなったようですが、応援してます!

90
4
返信する
匿名

そのうち日本でも中国の技術でスカイネットができそう
そのための憲法改正だろうし

54
1
返信する
静岡バラック出身のキコへ

>美しい紀子さまの純朴さ・・・

川嶋の父親の命令で色仕掛けでアホのあーやに近づいた汚らしい川嶋キコ。
こんなのが純朴だなんて
一体全体どこからこんな白々しい・忖度言葉が生まれるのか???

185
返信する
匿名

アーヤが小さい頃は「団地の子と遊んじゃいけません」って言われなかったのかな
学習院だから団地の子がいないから、団地のヤバさを知らないまま大人になったのかも

96
2
返信する
匿名

純朴だというと聞こえはいいけど、イモっぽかったよね。
当時、みんな(メディアとか)は可愛いとか言っていたけど、垢抜けしない貧乏くさい子だなあと思っていた。
結局「純」も当てはまらなかったし。
婚約時の囲みインタビューで、義兄となる皇太子殿下をアホ宮と一緒になってディスっていたので驚いた。
貧乏人のド平民のイモのくせに傲慢だなあと。

106
返信する
皆さん、不思議な転身で❗️

「重要な公務を欠席しての私的訪問について宮内庁は『日程の変更は影響も大きく、意思を尊重し、熟盧の上、不本意ながら決めた』と説明している」と苦言を呈しています。この記事を書いたのは、『天皇家の財布』などの著書で知られる森暢平さん(現、成城大学教授)

>川嶋教授が、紀子さまが宮さまの子供を中絶したことに怒り、天皇陛下に「娘をどうしてくれる」と怒鳴り込み、陛下も二人の結婚をしぶしぶ許したというものだった。 江森敬治『秋篠宮さま』

森暢平氏も江森敬治氏も毎日新聞。

川島辰彦氏は、宮内庁怒鳴り込みに当時の同和大ボス・野中広務氏を連れて行った。

西村宮内庁長官も、ある時より小室圭応援に変わった。それは、コムロ圭がフォーダム大の自己推薦文に「私は日本の皇室内親王のフィアンセだ」と報告した、それに対して「フィアンセではない」とフォーダム大に訂正文を長官が送った。

その事で、紀子・コムロ圭と同じ出自の美智子前が西村長官を呼び出して5時間程 説教したのではないだろうか❓️

態度がコロッと変わる切っ掛けは、高貴権力者:美智子前か❗️

107
1
返信する
匿名

タイの愛人ではなくて
本妻の誤りでは?

立皇嗣の礼の時の右手の鯰の指輪をはめたまま、がそれを如実に表してる。

これ以上嘘、誤魔化しは無しでお願いします。

138
返信する
匿名

しかもヒサより年上なら長男でしょ?

皇位継承は男系男子で『長幼の序』じゃないの?

25
3
返信する
匿名

もしタイの男の子が池沼ではない健常者だったら、皇室典範改正が叶わない場合の愛子さまに代わる次期天皇候補になり得ます
大正時代ならともかくネット時代にいけぬまの天皇はあり得ないわけで、不義の子だとしても法的に皇位継承権を有する健常者が存在することは安心です
一夫一妻制も一夫多妻制も所詮人が決めたルールですし、不倫のカミラでも英国皇后になれたんだから、いけぬまに比べればマシ

16
3
返信する
匿名

どちらが愛人なのかわかりませんが、皇室典範は庶子を認めていないので、愛人の子は天皇にはなれないと思われます。

81
返信する
匿名

だってねえ、鯰と嫁の結婚の儀に浩宮様と清子さんの間をタイの2番目の王女が歩いていたし。
親族扱いってなぜ?

59
返信する


匿名

何人も関係があったと学生の証言
当時喫茶店のランチ目当てで男子学生に
たかっていた。ひとによりコーヒーだけでも
OKであいつだけはないといわれた動画も見た。
何でもする親子は他民族文化の悪いのだけあてはまる。

126
返信する
一般人の感覚

>火のないところに煙が立った

火の気が無くても放火すれば火事になりますけどね。

つまり、秋篠宮殿下は御自分で原因を作っている自覚がないのかな?

いくら『想像力が豊かな人』が書いた物でも
全くのデタラメな事は書きません!多少の『盛り』はあっても根も葉も無い事は書きません!

それくらい一般人でも分かります!

むしろ下手な言い訳が余計に『タイでの女遊びがバレて必死に誤魔化そうとしている』と思われますよ!

97
返信する
匿名

よくも、こんな輩達に
私的に、又は公的に
海外旅行や訪問をさせたもんだ。
今更ながら恥ずかしいったらありゃしない。

JK達は私的に海外訪問したことないとか言っていたよね。それで皇后様の海外療養にケチつけたくせに、孫と言われている馬には6000万以上とも言われている婚前旅行なんかさせてる。
この平成の皇室とはなんだった?悪の巣窟。

鯰がこんな嫁と一緒にならなければ、まだましだったかな。

125
返信する
匿名

秋篠宮家が想像以上に、ドロドロの状態でした・・・。
こんな人たち、申し訳ございませんが、敬えません・・・。

114
返信する
匿名

タイに愛人2人以上は確定で、1人は向こうのメディアで大きく取り上げられて、バッチリ受け答えしてましたよ。

94
返信する
匿名

『秋篠宮殿下の海外滞在中にはお付もの者が絶えず随行しますし、タイへ行く頻度はそれほど多くはないのですから、タイに愛人がいるというのはさすがに誤報でしょう。』

エッ? 誤報・・・なんですか?

ってことは、その他諸々の話も、全部誤報、になりかねませんよ。それでもって、いわれのない誹謗中傷、ということが、その通り、なんて悲しい結末になってしまいますよ。

59
3
返信する
匿名

タイ王室の三女さん、出番ですよ。
あなたとあなたの子供の存在を否定されていますよ。
あ、愛人ではなく正妻だと言うのですね。
日本には正妻面したNK人が居座っていますよ。
どうします?
ついでに日本国民の税金から3億円もらったこともバラしちゃいましょう。

72
返信する
匿名

NKもタイも絶対王政(民主的な立憲君主制ではない)には変わりないけど、心情的にはNK人の血を引くズルヒトが天皇になるくらいならタイ王女との子供のほうがまだマシ
(それもあくまでも相対的な比較ですが)

19
返信する
潔く 「安西文仁」を名乗り皇室離脱せよ❗️

タイに旅行した時、タクシーに乗ると「プリンス アキシノの愛人の邸宅に案内しようか!」と言われた。

タイでは有名らしいね。「アキシノ」というバーもあるって。

幼児を買ってコトに及ぶという現場を押さえたジャーナリストが殺害されて 海岸に死体が浮かんだ…のは、タイじゃなかったっけ??

火の元:文仁は、いく先々でアレコレと煙が上がり、ヤフコメは炎上❗️

67
返信する
匿名

さすがに宮内庁でもタイの愛人の暴走までは止められない!

このまま秋篠宮殿下が天皇に即位したら、その愛人は間違いなく表舞台に出てきますよ!

ベットでツーショット写真でも出たら・・・

23
返信する


匿名

キコが堕胎した胎児もナマズの子かどうか。
本当にナマズの子か確かめたのかな?
間違いなくナマズの子で、ホルマリン漬けが残っていたら、DNA鑑定ができるのに。

84
返信する
匿名

そうです、AZ家の子だったから、美智子も放任だったのです。

DNA鑑定が無い時代でも、「明仁浮気の子」ではなく、「あちらのおうちの長男さん」だったのに、胞状奇胎で子宮がなくなったと知られて他に若いメダカを這わさせられてはたまらないとばかり、仕組んだ作戦に、明仁さんはまんまと引っかかり、重大な秘密、皇族費詐取にもなりうる事案を故意に夫婦で共有することで、絶対に向うからは離縁できないように、自分を自分で皇室に縛り付けることに成功したはずです。

SD家にとっても、川島家同様、妃を出したことは権力の源泉となったわけで、それが一人だけしか産めなかったとなると、当時は側室の必要性を堂々と論じる重鎮も多数いたため、典範違反の養子は、一か八かの大勝負だったのでしょう。

同じ事の劣化コピー形として、結婚前の堕胎をネタに、正式に家系図調査抜きで結婚させろと強要してきたのが、あの偽皇族に嫁いだ駅南妃の正体とみられます。
こちらの話は結婚当時から、新聞がさりげなく、駅南の祖父宅住所を公表していたことからも察することができます。
どんなに負の履歴・出自があっても、結婚してしまえば最後、宮内庁が全力で擁護するしかなくなると、国家組織の無謬性原則から、一転して勝ち組に這い上がれるとの駅南妃側の皮算用が見え見えですね。

SD家やAZ家の野望は、皇室を私物化することで、MR家も含めた戦後に成立した唯一の新興財閥足固めを狙うもので、スポンサードするための軍資金、財力は伴っていました。

が、駅南宮妃の一家は、全く他人の褌で相撲をとろうとしたのです。お支度金2000万円さえ結婚用には使わず、手袋代まで宮内庁のツケに勝手にしてくる吝嗇ぶりで、まるまま残った2000万は弟のスポーツカー購入に充てられてしまいます。

が、宮内庁は、無謬性原則のために、この貴賤婚を取消できないまま横領同然の蛮行を許し、その成功体験が、今回44億もかけた、0点親王用座敷牢併設新御殿兼要塞建設工事でのド派手な予算中抜き詐欺へと発展させたのではないでしょうか。

91
返信する
匿名

因果応報。
天網恢々疎にして漏らさず。

一見、”偽世継”男児を産んで、陰謀大成功と勝手に祝賀会を開いていた平成四人組でしたが、あまりの男児ポンコツぶりに、こんなはずではなかったと、地獄の特訓を施すも、長男は完全に非行化し、いまでは痴漢が彼の代名詞になりました。
やはり、偽皇族の一家が、人工的産み分けで、無理に男子を密造してみても、どこかにしわ寄せがくるものです。

鯰の呂律が回らず、毎年吹き替えが必要な誕生日会見。
手元は震え、眼球はグルグルと、お化け屋敷の操り人形の如く勝手に回りだす醜態です。
これをみて天罰の文字を思い浮かべない日本人はいません。
皇統簒奪という、この世のどんな罪よりも重い謀反行為を、元皇后自ら率先してシナリオを描いて行ってきたのですから、その報いは碍児出産だけで終わるとも思えません。

反社に嫁いだ長女。
妻子持ちダンサーとの不倫まで囁かれた次女。
素読が手に付かないどころか、痴漢に走り、自分の名前さえ漢字では満足に書けぬ長男。

謀反の報いが業火となり、座敷牢からこだまする長男の悲鳴に変じて、偽皇族夫妻の耳をつんざく日々が始まっています。

95
返信する
匿名

長女が反社に嫁いだだけでなく、その母親の実家も反社なんだけど。
税金で贅沢していたカワタツヒステリージジイとその家族。
皇室に怒鳴り込んでいくあたり、その時点で日本人ではないことが確定。
日本人ではないことが分かった時点で、皇室は速やかにエロナマズを皇籍離脱させて、反社一家に捧げるべきだった。

73
返信する
匿名

この方の場合は朝鮮白丁ですが、純日本人の家系でも代々賤業(土建・食肉など)に従事してきた家系は劣性遺伝子が淘汰されず継承されていることが珍しくないため、出生地がいわゆるDQN地区(静岡駅南・東京足立区・大阪泉州など)の人との結婚は避けるのが常識です

18
返信する
匿名

天皇家バンザイブログなら愛子や雅子の誕生日くらい祝ってやれ
誕生日当日も嘘とデマと悪口ばかり

ナルの時はとりあえずおめでとうと言ってやれ

1
53
返信する
匿名

天皇家バンザイブログ?
は?
お前に支持される筋合いはないわ。
どれが嘘でどうデマなのか言ってみろ。
説明できないなら二度と現れるな、カス!!半島人!!国に帰れ!

39
返信する
紀子婢連がどう出るか❓️

メルカリに皇室の御宝を売りさばいた件に続き、この川辰の天皇恫喝事件も「ふぶきの部屋」「remmikki」「エアリス万華鏡」等で、またデマ記事を出すかも❓️

「紀子サマは唯一 昭和天皇が入内を喜ばれた妃」
「昭和天皇は雅子は妾でも有り得ないと仰せられた」
「雅子のバックには、解放同盟がいて、宮内庁を恐喝して入内した」
等、今まで何度も記事を出していますから❗️

皇后陛下お誕生日ニュースのヤフコメにも、デマを投稿していました。
「ますます、池田大作に似てきた」なんてのもありました。

33
5
返信する
匿名

信じていないから、反論してるのでは❓️
毎日更新して、連日デマ・捏造で記事を書いていて、ヤフコメにまで、その内容で投稿している❗️

『ふぶきとかいう異常者の記事を信じる馬鹿はまだいるの?』って、実は「ふぶき」信者だよね〰️

12
6
返信する
匿名

違いますよ。ふぶき信者ではありません。
実を言うとふぶきのブログ(?)は見たことがありません。
ただ、皆さんのコメントで、頭のおかしい輩で、秋篠のやった事を天皇家にスライドさせているらしいことは分かります。
ニュースやネットを見ていると分かることなのに、鵜呑みにする人がいるというのが不思議だと思っただけで。
「ふぶきとかいう……まだいるの?」は逆説的な表現です。
そんな馬鹿がいること自体信じられない、ということです。

28
3
返信する
実は、怪しい( ¬ ω ¬ )

>実を言うとふぶきのブログ(?)は見たことがありません。

前もこの言葉、読んだことがあるけど、そんなの本当かどうか分からないよ。
実は「ふぶき」そのもの?

でも、投稿者に噛みついて「馬鹿」はないやろ❗️

覗くのも嫌なサイトで、どんなデマが流されているかを 伝えてくれる投稿に❗️

「私は生粋の大和撫子」と言って 他人の投稿を貶している人も居たしな〰️

3
7


匿名

ふぶきの言い分をコピペするのは、フネの思うが壺ですよ。
そうやって、どっちもどっちに持ち込めれば1:1で、駅南軍の勝ちにできるという読みから運営されているのがばればれのふぶきの正体。

キチブロガーだと思うなら、コピペはせずに、シンプルにちょっと言及するだけに留めましょう。

こちらは「皇室新聞」。どうやって出来たかもわかっている。
対するあちらは運営者名も出せない個人ブログです。
情報の信憑性など無きに等しいが、フネの言い分だけが妙に深読みできる暗黙の「@川家公式」的存在に過ぎません。

40
3
返信する
お騒がせしました❗️

『ふぶきの部屋』『remmikki』『エアリス万華鏡』『伏見顕正政経塾』『六月のシャンプー』『皇室画像掲示板』『マタコの事件簿』…ますます酷くなる天皇家への侮辱。

それらを知っておくこと、どんなデマを流しているのか捉えておくこと…は、秋篠家擁護者の動きを知ること・天皇家を御守りする事、…だと思っていたけど、
「フネの思う壺」なんだろうか❓️

だったら、秋シンサイトの誹謗中傷・罵詈雑言を拾ってコピー転載するのは もう辞めるね!Σ( ̄□ ̄;)

16
2
返信する
匿名

いえいえ、やめないで下さい。私も菊の紋に報告してました。ウルズも酷いです。アキシンジャーの動向を知ることも大事だと思います。でれでれ草とか何とか日記も酷かったな。

9
4
返信する
匿名

>ふぶきとかいう異常者の記事を信じる馬鹿はまだいるの?

この投稿の言葉遣いが、秋シン臭い❗️

1
5
返信する
匿名

元日文研教授、元都留文科大学学長の今谷明氏は(男系男子での皇位継承維持のために、近代医学の粋を尽くして男子出生を目指すというような医学的なことは当然おやりになったほうがいい)と主張している。この発言が教員を養成する大学の学長を経験した人物によってなされたことに恐ろしさを感じたのは自分だけではないと思う。

皇室に入るためには何でもやる女。それが川嶋紀子。

49
返信する
匿名

自民党政権が続く限り、この手の御用学者にはポストが保障されてるんでしょう
国が女性差別を撤廃どころか奨励してるわけで、海外から見れば日本はタリバンですよ

19
返信する
匿名

はじめて登場された時、なんてイモなの!!!!と、思いました。
今は、何て北丸出しなのか!!!!と。

34
返信する
野萩

責任をとれと詰め寄られた時の平成夫婦の対応が、現在の醜聞の始まりですね。
互いの同意の下に行われた行為の責任はその二人にある。婚前にだらしない行為に及び宿った子を、邪魔だからと始末した責任は、二人にある。女の親が男の親に責任をとれと詰め寄るのがそもそもの間違いです。
本来ならば平成天皇(敢えてこう言います)は、「だらしない行為の末に宿った命を摘むとは人としてどうなのだ」と傍系に詰め寄らなければならなかった。そして「このような命を命と思わぬ行為をよしとするお前に皇族たる資格はない」と皇籍剥奪するくらいの行動を起こさなければならなかった。少なくとも、皇位継承権は剥奪すべきでした。
それを「ボンクラ次男がごめんね、宮妃にするから怒らないで〜」とヘコヘコ頭を下げた。どこまでもボンクラな平成天皇です。彼ではなく常陸宮殿下が天皇だったのなら、全ては変わっていたでしょう。

17
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です