ついに週刊誌も秋篠宮家への「帰れコール!」を暴露!情報統制も限界で、皇嗣家への嫌悪感露わに


文・もっちゃん

週刊誌が衝撃事実を暴露

長女・眞子さんの結婚騒動や、長男・悠仁さまのズル入学により、多くの国民から批判を浴びている秋篠宮家。

今年4月には、秋篠宮殿下が皇位継承順1位の「皇嗣」となられたことを報告するため、ご夫妻で三重県の伊勢神宮などを巡礼されたのですが、「週刊女性」(2022年5月10・17日号)は、大変衝撃的な事実を報じました。

随行職員の負担や不測の事態など、出発前から懸念の声が上がっていた地方訪問は無事に終わったかのように思えた。が、しかし―。

「秋篠宮さまにとって今回のお出ましは、おつらいものだったに違いありません」(宮内庁関係者)

現地で取材した本誌記者には、思い当たる節があった。

初日の20日、伊勢神宮へ到着する秋篠宮ご夫妻を奉迎した“観客”から不満の声が噴出していたのだ。

「ご夫妻を乗せた車のスピードが速く、お顔が全然見えなかった…。皇室の方々は徐行で通過されると思っていたので驚きました。また秋篠宮家の印象が悪くなってしまいそうです」(都内から観光で訪れていた30代女性)

東京から伊勢神宮まで、約480km の“大移動”を終えてお疲れだったのだろうか。

ご到着の約2時間前から待機していたという伊勢市在住の奥村律子さんは、こう話す。

「待っている間、カメラワークの練習を何度もしましたが、何の前触れもなく、あっという間に通過されたので撮影できませんでした(苦笑)。」

「週刊女性」(2022年5月10・17日号)

まるで、国民の前に姿を見せるのは危険だと言わんばかりの、この秋篠宮ご夫妻のスピード通過に関しては、現地で取材を行った共同通信の大木賢一記者も同様の感想を述べていました。

ただし、大木氏の書いた記事とは、違い、この「週刊女性」の記事では、秋篠宮ご夫妻がハイスピードで国民の前を通過していったという事実のみならず、何故、ハイスピードで通過していかれたのか、という原因にまで言及しています。

この“スピード通過”にはとある事情があったという。

「名古屋のホテルに立ち寄った際、“不要”“帰れ”などと秋篠宮家に対する辛辣な言葉が書かれたうちわを掲げる人たちが沿道にいたのです。

さらに、伊勢へ向かう道中には秋篠宮家に抗議する幟を立てていた人もいました」(前出・宮内庁関係者)

これまで主にネット上だった誹謗中傷が、ついに“見える形”でご夫妻を襲ったのだ。

「昨年の秋、小室さん夫妻の結婚に反対するデモが行われましたが、国民から“直接的な攻撃”を受けて、ご一家への風当たりがいかに強まっているかを肌で感じたのでは…。ご心痛は計り知れません」(同・前)

(同前)

昨年10月にも行われた抗議行動

秋篠宮家に対する抗議行動といえば、昨年10月に行われた小室圭さんと眞子さんの結婚に反対する抗議デモが話題となりました。抗議デモは、戦後初の異常事態として、様々なメディアが報道。

ただし、憲法上は、婚姻は両性の合意のみに基づくとされており、憲法上で保障されているお二人の婚姻の自由を否定するこうしたデモ活動に関して、各種メディアは、こぞって批判的な論調で取り上げていました。



秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの婚姻届が10月26日午前、受理された。眞子さまはこれにより皇籍離脱し、小室眞子さんとなる。小室夫妻は午後、都内で記者会見をする予定だが、会見場近くの日比谷公園では結婚反対のデモがあり、130人が列をなした。

デモには女性の姿が多くみられた。埼玉県から1歳9カ月の子と参加した30代の女性(主婦)は、「ヤフコメにも書き込んでいますが、この子が大人になったときに、いまの皇室では心配です。夫には内緒でここに来ています」。

デモを呼びかけた男性は、「いろんな方々に今の問題を関心をもってもらいたいという手段としてやっています。皇室の問題に関心をもっていただいて、ご自身なりに何かの考えが芽生えてくれば一番いいかなと思っています」とも話す。

サイレントデモのため、声を出さず、静かに進んでいった。傍らには数十人の警察官の姿もあった。

このデモの様子はYouTubeでもライブ中継されていたが、コメント欄には誹謗中傷のコメントも殺到していた。眞子さまが複雑性PTSDの原因としてあげた誹謗中傷は、残念ながら結婚の日になってもなおやまなかったようだ。

「弁護士ドットコムニュース」(2021年10月26日配信)

秋篠宮家メディアコントロールの終焉

今回の、秋篠宮ご夫妻の地方訪問での抗議運動は、こうした抗議デモの延長線上にある、というのが「週刊女性」の主張のようですが、一方で、実際には、それ以前から、抗議活動は行われていた、との意見もあるようです。

以前から秋篠宮家の地方公務などについて取材をしていた、ある皇室ジャーナリストは、次のように語ってくれました。

「今回、秋篠宮ご夫妻の地方訪問で、“秋篠宮家は不要”“帰れ”などと書かれたうちわなどを掲げる市民の姿が話題となりましたが、実際には、以前から、秋篠宮家の地方公務などで、“帰れコール”などが湧き起こるということは何度もありました。

今回の事件が特別なのは、こうした抗議の声が上げられたことそれ自体というよりは、むしろ、こうした声が週刊誌等のメディアで報じられたことであるといった方が正確でしょう。

つまり、これまでは、こうした秋篠宮家に対する抗議の声が上がった場合でも、報道規制などにより、無理やり抑えつけていたのですね。それが、今回、抗議者がTwitterなどのSNSを活用して、直接的な抗議を行うと同時に、ネット上でも効果的にアピールしていった。

これまで、秋篠宮家は、マスコミなどのメディア関係者と懇意な関係となることで、秋篠宮家を称賛する報道を積極的に行わせると同時に、自分たちに都合の悪い情報を徹底的に隠ぺいしていったのでですが、今回は、抗議者が、ネットメディアなどを巧みに活用することによって、こうした秋篠宮家によるメディアコントロールの抑圧を回避することができた。

そういう意味では、今回、このように国民からの抗議の声が抑圧され、無視されることなく、こうして週刊誌等のメディアでも取り上げられたのは、画期的な出来事と言って良いかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

すでに、メディアコントロールが不可能になりつつある秋篠宮家。皆さんは、こうした地道な抗議活動の重要さについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

16 COMMENTS

匿名

亡命すればいいよ
妻、娘、息子を連れてロシアか北朝鮮に亡命したらどうだろう?

153
返信する
匿名

我が子が紀子のせいで停学処分にされて、オメオメと引き下がる親なんていませんよ。

一般的に高校での停学処分には基準があって、逮捕される違法行為や試験でのカンニングはダメですが、万引通報を受けたときでさえ、停学か厳重注意かはグレーソーンです。

ましてここは国立。教育的見地からなされる処分であることからも、政治的意見の表明手段であった帰れコール中に、空のペットボトルが手から離れた程度のことで停学にしていいのならば、生徒同士の胸ぐらつかみ合いも、女子生徒への軽いタッチも、全部いきなり停学にできてしまいます。

いまはすぐに訴えられますので、ツクフは停学生徒から法的手段を執られたときどうするつもりだったのか、考えていたのでしょうかね。
そこで争われるのは、事実関係と停学処分の客観的基準ですが、相手が皇族だから特別に停学にしたなる抗弁は、法廷では全く通用しない理屈です。

それに空のペットボトルは路上でも飛びやすく、風の強い日ならば、どこかから飛んできたものかもわからないペットが、軽く身体に当たることはあります。
台風の前後なんかで、経験がある方も多いでしょう。
凶器でも、危険物でもない、空のペットボトルで怒る紀子。
賤民出身なので馬鹿にされた、この野郎、と本能的に逆上し、不敬罪だと絶叫したんでしょう。
紀子雄叫び現場、ちゃんと式場内でこの目で見たかったです。これは痛快だったはず。

119
返信する
匿名

罰則付き新校則と誓約書で、悠仁との混合教育を強要してきたツクフの悠仁裏口入学問題。
これはいくらなんでも禁じ手です。

在校生はこんな規制と警備員だらけの学校にされるとは夢にも思わず、入進学してきたのです。
高校側は、悠仁を違法に裏口入学させるしかなくなったから、罰則付き規則で生徒を縛らなくてはならなくなったに過ぎません。
校長がいま困っているのは、最初にきっぱり裏口入学要求を断らなかったからであり、紀子が税金から中抜きしてきた違法な資金を、長年寄附金として漫然と受け取っていたからです。紀子が自分で寄附をしたと豪語した金は、そもそも誰の名義で寄附されたものなのかも開示されていません。

信子さま、政治家にも声をかけ、どうか紀子と悠仁の暴走をもっともっときびしくお諫めください。
裏口入学なる違法行為、社会悪の責任をとらせ、速やかに皇籍離脱するように、仕向けてください。
このままでは公害ならぬ「皇害」そのものですから。

ツクフへの圧力はやがて東大に向かうでしょう。
紀子は振り上げた拳の降ろしどころがなくなり、今や宦官とされた宮内庁職員や文科省幹部は、そのしわ寄せを生徒や学生に押しつけようとするばかりです。
皇室として、紀子という悪事の根を根絶するように、動いていただければとお願いいたします。

179
2
返信する
匿名

皿の力が弱まったのか、秋篠を切り捨てたのか、両方かもしれない。
秋篠が近いうちに皇籍を追われる時、巻き添えはかなわないと思えば、皿は簡単に秋篠達を見捨てる。
なんたって「ご自愛」の人ですから。

154
返信する
匿名

崩壊、もう時間の問題ですよ。
あまりに多くの場所で馬脚を現し過ぎました。大人しくお家で我が儘言ってる分には、まだしばらくは国民を騙せたかもしれませんけどね。
特に筑附で子供達相手にやらかしたのは、崩壊を速めましたね。だって子供って怖れるものありませんもの、忖度も必要ないし。それに週刊紙を操作できると思い込んでる古い頭の方に、この優秀な現代っ子達を操作できるかしら。
そうそう私事ですが、即位のパレード見に行きましたけど、ご立派な天皇皇后両陛下とは違って、夫は前をじっと前を向いたまま、妻は伏し目がちで沿道の国民の目を見れない、って感じでしたよね。そんな一瞬の場面でさえ、こうやって人は見てるし、口に戸は立てられないし、こうやって発信されちゃうんですよ。

148
1
返信する
匿名

自業自得です。
軽蔑します。
元より敬っていません。
あなた方がしてきたことがブーメランで返ってきただけ。
皇族ではなくただの我が儘な一般人モンスターです。
可能なら物を投げつけたい人はいっぱいいるのでは?

165
返信する
匿名

「歳費たった百万円、民間企業の社長は一億」
百万円がはした金で「儲けてナンボ」の民間企業の社長と公務員である議員の違いもわからない国会議員。(老害)
「未成年男子皇族がいるんだから!」と皇族費3倍、裏口入学から盗作までやりたい放題、宮邸増改築50億円・・・独裁者と天皇の違いもわからない無法者皇族。

我が国は絶望的。

143
1
返信する


一般人の感覚

皇位継承を男系男子に拘らなければ、秋篠宮家なんて自然に淘汰されますよ。

愛子天皇誕生が日本を救う唯一の道です。

162
1
返信する
匿名

2005年の愛知万博会場に向かわれるであろう今上陛下(当時は皇太子殿下でしたが)の車が通りすぎる時、左折のタイミングでお見かけしました。
小雨が降っていても窓を開けてくださり、にこやかにされていたことにとても驚いた事を覚えています。(風邪引きませんようにと願わずにいられませんでした。)
そんな陛下の足元にも及ばない鯰夫婦、超高速で素通りする辺り庶民の罵倒が怖いんだと認識しました。
どれだけ器が小さいのやら・・・あ、そんな器すらないのでしょうね。
どれだけ嫌われていても、アキシンジャ~は少なからずいるであろうから、逃げ去るのはよろしくないと思われます。

125
返信する
匿名

国民の怒りを知るがいい。
抗議を行動に移してくれた方々には感謝しかありません。

161
返信する
匿名

抗議デモを開催していた方は、このままでは何も変わらないと
次の参議院議員選挙に出馬するとのことです。
女性天皇.com で検索するとHPを見ることができますよ。
普通の一般人のため、出馬に際し寄付金を募ってます。
出馬するにはお金がかかるということで、金持ちばかりが議員になり庶民の気持ちなど到底分かり得ない方々ばかりでは庶民の生活が良くなるはずもなく。
この方の志に同意する方はぜひ応援しましょう!

136
2
返信する
匿名

このトピの写真を見ながらふと思ったこと。

A宮、魂がこの世に、いないんじゃないか?
危ない気がする。さすがのアホのアーヤも、なんか変だな、と思っているようだ。

76
1
返信する
ご皇室は性善説

とうとう、覆い隠しようがないところまで来てしまった。
令和までは両陛下ともご立派だったか、あるいは、実はご立派でなくとも覆い隠すことができる状況だった。
皇室廃止論など声高に述べる必要なし。むしろ、自滅即ち廃止に進む皇室制度を維持することの方が難しい問題になってくるから。
ただ、簡単と言えば簡単なんよ。それは、女系相続を認めること。今上陛下の長子たる敬宮殿下に立太子していただき、いずれ皇位を嗣がれること。
でも、過去にそれが検討されながらもできなかった。政治の力でね。で、その政権を支持しているのも”大多数の”日本国民なんだが。皇室問題は選挙の争点にならないのに、皇室の重大なことは国民の代表という建前の与党政治家がすべて決めてしまう状態だから。国民は皇室問題からは置いてけぼりになるだけ。
自滅というが、自滅するのが秋篠宮家だけではなく皇室もろともだという感覚は持つべきだ。ここの記事やコメを見ていると、そこが全く分かってないのが多すぎる。

37
1
返信する


匿名

紀子犬がどんなに吠えても、裏口入学、盗作作品問題には一言の反論も出来ないまま。
これどっちも犯罪行為ですから、もう偉そうに皇族でございなんて言われても、嘲笑われておしまい。

22
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。