紀子さま、愛子さまに謎の勝利宣言で祝杯!「美しさは佳子の圧勝ね!」「DNAが違いますから!」の勘違い発言に職員困惑


文・もっちゃん

注目を集める佳子さまのご活躍

コロナウィルスの感染拡大の影響も落ち着きを見せつつある現在、秋篠宮ご一家は、これまで以上に熱心にご公務に取り組まれているようで、中でも特に注目を集めているのが、次女・佳子さまのご公務です。

これまで、佳子さまは公務嫌いとして知られ、ICU卒業後には、「進学も就職もせず、公務もサボってばかりで一体何をやっているのか?」と心無い批判の声も上がっていました。

そんな佳子さまですが、最近では、そうした姿勢も一変し、大変熱心にご公務に取り組まれているようです。

10月の28日から、3日間連続で公務にあたられている秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さま。

 28日は奈良県・春日大社で「本殿遷座祭」に参列された。翌29日は東京・有明で「全日本テニス選手権」の女子シングルス決勝をご観戦、そして30日には栃木県を訪れ、全国障害者スポーツ大会の競技などをご覧になった。

「この3日間、佳子さまはさまざまな表情をお見せになりました。春日大社では、神社の歴史や建物についての説明を、深くうなずきながら、神妙な面持ちでお聞きになっていました。

 29日、30日には、マスク越しにも伝わってくる笑顔をお見せになりました。車いすバスケットボールや、聴覚障害者のバレーボールを観戦された佳子さまは、ときおり、手首をひらひらさせる『手話による拍手』を披露される場面も。

 ハードスケジュールにもかかわらず、明るく笑顔を振りまかれた佳子さまの姿には、感動の声が寄せられています」(女性誌記者)

 たしかにネット上では、佳子さまへの称賛が寄せられている。

《相変わらずファッショナブル! 笑顔も素敵です》

《今年に入り佳子さまのご活躍が目立ちます。春日大社の儀式は幻想的でした。》

《常に美しく凛としたたたずまい!》

「佳子さまの姉・眞子さんの夫である小室圭さんは、“3度めの正直”で、米ニューヨーク州の弁護士資格試験に合格しました。この報せは、佳子さまにとっても、喜ばしいニュースでしょう」(前出・女性誌記者)

「SmartFLASH」(2022年10月31日配信)

マスコミと国民世論の乖離

このように、週刊誌等のメディアでは、佳子さまの活躍を褒め称えるような報道が多いのですが、一方で、ニュースサイトのコメント欄等の反応を見ると、まだまだ、批判的な意見が優勢なようですね。

義兄が合格した途端に掌返し報道などとよく言われているようですが、掌返しをしているのはメディアの方で、国民は一貫して分家を冷めた眼差しで見ていると思う。感動などからは程遠いと感じますよ?感動を得たければ、まずは国民から寄せられるさまざまな疑問に真摯に答えることが先決だと考えます。それをせずにこのようなあからさまな印象操作を続けるかぎり、いくらSNS戦略を強化しても分家が敬愛されると期待する要素は少ないと思う。

価値観はそれぞれですから、感動して賞賛の声を寄せる人も”中には”いるでしょう。

しかしながら、多くの国民からは否定的な声が上がっています。

まずは大半の意見を報道するのが筋ではないでしょうか。

世論を伝えるのがマスメディアの務めだという自覚を持って報道していただきたいです。

国民の一部にそういう賛美があることは否定しないけれど、ヤフコメ欄や、その他のS N Sではネガティブな意見が圧倒的に多いです。義兄の合格は一私人のことですし、お祝いするならお身内だけでやればいいのに、マスコミあげて称賛して何をしたいのか。それとも合格したのだから、一切の援助はお断り、警備も自分達で、領事館、宮内庁の援助もお断り、というのならそれは賞賛に値することなのでしょう。自立した道を歩みたいと、結婚前から盛大にお話になっていましたから。佳子様も公務のたびに取っ替え引っ替え、衣装を新調なさり、ファッションモデルのようですが、雅子陛下のように着回しと、コーディネートであるものを活用する素晴らしさに目覚めていただけると、降嫁なさった後での生活とか周りの評価は段違いになると思いますが。

このように、賛否両論、様々な意見が上がっている佳子さまですが、今月5日には、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまと共に、皇居で行われた雅楽の演奏会を鑑賞されました。

天皇皇后両陛下の長女の愛子さまと秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまが、皇居で3年ぶりに開かれた雅楽の演奏会をそろって鑑賞されました。

5日の演奏会は午前と午後の2回行われ、午後の部には愛子さまと佳子さまが出席されました。

琴や笛などが奏でる伝統的な音色に合わせて優雅な舞が披露され、愛子さまと佳子さまは拍手を送るなど、1時間余りにわたって楽しまれていました。

愛子さまは成年皇族になってからこれが初めての活動で、側近によりますと、大学の選択授業で日本の伝統芸術を受けたことで、みずから出席を希望されたということです。

後ろの席で説明を行った担当者によりますと、愛子さまは大型の太鼓について「重厚な音ですね」などと感想を述べ、会場をあとにする際には佳子さまとともに「どうもありがとうございました。楽しかったです」と話されたということです。

皇居での雅楽の演奏会は毎年春と秋に行われていましたが、新型コロナウイルスなどのため3年ぶりの開催となり、今回は一般から観客を公募せず、関係者のみで、人数を大幅にしぼって開かれました。

「NHK NEWS WEB」(2022年11月5日配信)

紀子さま、謎の勝利宣言

大変珍しい、いとこでのお出ましということで、注目を集めたこちらのニュースですが、TwitterなどのSNSでは、愛子さまの落ち着いた佇まいや、美しい所作を称賛する意見が数多く書き込まれていました。



ですが、そうした状況であったにも関らず、紀子さまは、「今回の公務は、佳子の圧勝でしたね」などと語っておられたそうです。

「一体、何をどう勘違いされたのか、紀子さまは、今回の佳子さまと愛子さまといういとこ同士の公務で、佳子さまが愛子さまに圧勝したとの認識をされたようです。

特に、派手な赤い衣装で着飾った佳子さまのファッションには余程の自信を持たれていたようで、“特に、美しさでは佳子の圧勝ね!センスとDNAが違いますから”などと仰り、お一人で勝ち誇っておられたそうです」(秋篠宮家関係者)

紀子さまの勘違いピエロぶりも、ここまでくると逆に哀れに思えて同情してしまいますね。皆さんは、紀子さまの勘違いについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

25 COMMENTS

匿名

鹿子は整形ブス
整形ブスうるせーな、ゴキ
敬宮さまと頭も所作もDNAが違いすぎて話にならんわ

154
1
返信する
静岡バラック出身のキコへ

大体身分の違うこの二人が同列に座っていること自体が変なのではないか????

佳子は敬宮愛子内親王の後部に座らないと!!!
宮内庁の馬鹿どもめ。
佳子の身の程知らずめ。

157
1
返信する
匿名

敬宮様のたたずまいが、陛下にそっくりでびっくりした。
場を支配しているというか、この場で一番偉いのはこの人、という威風がすでに備わっておられる。
カコさん引き立て役ご苦労様。

193
1
返信する
佳子さん、比較対象になってスッポン

>今回の佳子さまと愛子さまといういとこ同士の公務で、佳子さまが愛子さまに圧勝したとの認識をされたようです。
> 特に、派手な赤い衣装で着飾った佳子さまのファッションには余程の自信を持たれていたようで、“特に、美しさでは佳子の圧勝ね!センスとDNAが違いますから”などと仰り、お一人で勝ち誇っておられたそうです」(秋篠宮家関係者)

さすが北朝鮮の女の勘違い。将軍サマと同じだね。

2人並んでの雅楽鑑賞で、本物と贋者の気品や所作の違いをハッキリと見せてもらえた。
恥を晒しても、勝利宣言❓️❗️

安西紀子佳子の感覚が症罹かな❗️

144
1
返信する
匿名

所作は圧倒的に愛子さまの方が「皇族の方の上品さ」があり、よかったです!

佳子さまの「チャラチャラした感じ」と「愛子ちゃんの面倒を見てますよ‼︎」というわざとらしい所作、大嫌いです‼︎

紀子さまに似て、佳子さま、いや秋篠宮家一族みんな下品だと思います。

175
1
返信する
匿名

キコさんには、大いに勘違いしたまま、どんどん自滅の道を突っ走って欲しいと思う。
天皇ご一家を害そうと変に企まれるより、そっちの方が断然いい。
アキシンのアゲアゲも、キコを勘違いさせるものだと思えば、どんどんやってちょーだいwと思えるわ。

120
1
返信する


匿名

「重厚な音ですね」
このコメントは語彙の豊かさを象徴しています。
太鼓の大きな音にびっくりしました、が佳子の感想文だとしたら、愛子さまのお言葉はやはり重みが違います。
「重厚」には、歴史の重み、長年の修練の成果など、複数の賛辞や畏敬の念が込められており、これを一言で表しきる愛子さまの能力こそが、将来の天皇の器であり、資格です。

ツクフへは裏口入学、それも盗作作文で、入学後も同級生への痴漢だけはしっかりやり遂げるくせに、定期テストでは0点ばかりのズルヒトには望むべくもない才能です。

140
1
返信する
匿名

音色の種類を聴いていらっしゃるところ、音楽を自らなさる方だなと思いました。

佳子様がお付きの人みたいに見えてしまうのはなぜなのでしょう

125
1
返信する
匿名

だいたい勝った、負けた、って何でしょう。
何が基準ですか。

国民から言わせていただくと、雅楽の鑑賞にどうしてあんな派手なお洋服を着用するのでしょうか。
還暦のお祝いですか。
いじくってきれいにしたお顔が霞みますよ。

鹿は母親を嫌っているのかと思っていましたが、そうでもないようですね。
きっと母親の言いなりで、敬宮様に張り合って同じ場所に出てきて、そしてあんな服を着てきたのでしょうね。
なんと言っても実の母親ですからね。鯰嫁が言うように、さすが鯰一家、同じDNAです。

勝った勝ったと喜んでいるところに水をさすようで申し訳有りませんが、私達国民は敬宮様だけ拝見したかったのですけどね。

143
1
返信する
匿名

おまけは要らなかった。
二度と御免蒙りたい。

勝った負けたとどうしても決めたいなら、
鑑賞後簡単な雅楽入門の感想文を書いて頂きましょう!
そして公表しましょう。
国民が判断します。

74
1
返信する
匿名

素朴な疑問ですが。
最初は敬宮様だけの公務だったのに、何故いきなり鹿子さんも付いてきたのかな?
明らかに雅楽興味ないですよね?

139
1
返信する
静岡バラック出身のキコへ

いとこ同士、いとこ同士・・・って、どう考えても敬宮様と佳子が話が合うとは思えないが。
というかあまりにも知的頭脳が違い過ぎて、佳子が敬宮様の言っている事を理解できていないでしょう。
今回の”雅楽”と言っても佳子にとっては全く分からないことで眠くて仕方なかったのでは???
(つまらないよ、こんなの。早く帰りた~い)By佳子

104
1
返信する
匿名

キコが言うように確かに「センスとDNA」は違うよね。
キコに似てカコはセンスが悪く、何を着ても場違いで安っぽく見えるし、DNAに関しては天皇の血を引いていないのだから、そりゃあ違うわな。
あと、カコは美しいと言うほどではないよ。オーラなど皆無だし、その辺にゴロゴロいる普通の女。

121
1
返信する


匿名

敬宮様の椅子は鹿のより低い物だったのでしょうか?

そうでなくて同じ高さの物だったら、鹿は胴が長いのですね。母に似たのですね。

73
1
返信する
匿名

愛子様のほうが、今回の公務にふさわしいですね。また、古典芸能の授業を選択している彼女にぴったりの公務でした。

鹿は、古典芸能に興味ないはずです。関心があるのは、お車代とゴコーム代だけです。

あの場所に赤い派手な服はふさわしくありません。鬼子、勘違い重症です。

91
1
返信する
野萩

Yahooニュースのコメは、敬宮殿下の立ち居振舞いや品格に満ちたお姿の賞賛が多かったように思いますが、何をもって「勝ち」なのでしょうか…?
雅楽についての感想も、取り上げられているのは敬宮殿下のものだけでしたね。
もしも次女が殿下に勝っているものがあるとすれば、服装の派手さだけではないですか?

70
1
返信する
匿名

素っぴんが達郎なのに?良いなぁ~10月に7日も働いたら働き者みたいな報道!で1日何時間労働ですか?国民が汗水流して働いて納めた税金でスイートルームに泊まり豪華な食事で高級車での送迎ですよね!車代まで本当にアホ家サラババア不要です!

51
返信する
匿名

奇子のように知的障害がある人間は本当に相手になれない
皇族イコール、自分は偉いと大きな勘違いをししょぼくれこれまた知的障害のある夫と皇室特権を武器に悪用している。でもこの負債には思考力もないので必ず甘い蜜を吸うために群がっている連中が指示しているはず、でも何故かその連中が指示してあろう秋篠闇一家のやることなすことが墓穴ほりまくり・・・バックの連中(賦ね含む)も秋篠負債と同等な知能なのではないか?

35
返信する


匿名

カコの凄いところ。それはどんなに高くて質のいいものを着てもユニクロに見えるところ。

36
返信する
匿名

このバカ女、BCGの意味も知らなかったそうだし、DNAの意味もろくにわかっていないのでは?
負債そろって避妊、借金、とかの意味、何度説明しても理解していなかったそうだよね。
もうただのバカではなく確実に知的障害、だから3人の子供もそろいもそろってあれじゃない
一家そろって学歴詐称、あのばかな儀息子も含めて・・・不正入学、合格、所得した学歴でも威張れられるんだから、やはり普通の知能じゃないわ、ご愁傷様

34
返信する
ヘソちゃんに貢がれたい!

ストーカー子さん!アホ父のアーヤより出来が悪いヘソダンサー!

16
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です