悠仁さまスキー旅行はフェイクか?愛子さまに対抗し運動できるアピールも根拠ゼロの悲哀「耳の治療」で入院疑惑も


文・もっちゃん

悠仁さま一人旅の謎

今年4月から筑波大学附属高校に入学し、現在夏休み期間を過ごされている秋篠宮家の長男・悠仁さま。先月末から、今月の始めにかけて、全国高等学校総合文化祭の開会式や競技などを見学する公務にて、「なぜ、上から目線で、同じ高校生の競技を眺めているのか?」といった批判もなされました。

そんな物議を醸す公務を終えた後には、これまでの人生で初となる長野への一人旅をされていたようです。「女性セブン」(2022年9月8日号)は、次のように報じています。

8月も下旬を迎えると、多くの中高生は2学期の足音を憂いながらも、残り少ない夏休みを少しでも充実させようと奔走する。今年4月に筑波大学附属高校(筑附高)に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さまにとっても、高校生になって初めての夏休みは、思い出深いものになったようだ。

「お盆明けの8月19日から、長野県へ私的な旅行に出かけられました。秋篠宮ご夫妻もご一緒だろうとみられていましたが、フタを開けると悠仁さまの『ひとり旅』。夏休みに単独で遠方に出かけられるのは、悠仁さまにとって初めてに近い経験だったようです」(皇室記者)

 これまで悠仁さまの夏休みのかたわらには、いつも紀子さまのお姿があった。2017年には小笠原諸島に、2018年には北アルプスや河口湖に母子で足を運ばれた。2019年の夏には秋篠宮さまと3人でブータンを訪れ、悠仁さまにとって初めての海外訪問を楽しまれた。この夏のひとり旅は、悠仁さまのご成長の証しだろう。同時に、紀子さまが“子離れ”するような、何かしら大きな環境の変化があったのか──。

「女性セブン」(2022年9月8日号)

こちらの、記事では、悠仁さまが初めてお一人で旅行されたと報じているのですが、実は、以前、悠仁さまの通われていたお茶中に刃物を持った男が侵入するという通称「刃物事件」が発生した際にも、事件直後に悠仁さまが長野へ一人で旅行されたと報じられました。

ですが、この報道は誤報であり、実際には、悠仁さまがお一人で長野へ旅行される予定だったところを、事件発生のために急遽予定をキャンセルとしたようなのですね。「週刊朝日」(2019年5月31日号)は、紀子さまの友人を自称する女性が語った次のような話を紹介しています。

秋篠宮妃紀子さまの長年の友人である女性は、今月中旬に発売された女性週刊誌の記事を見て驚いた。

<紀子さま「悠仁さま刃物事件」から長野スキーへ直行!の慄然>

<紀子さま 母子スキー旅行を初日で切り上げ 急きょ帰京の戦慄>

 お茶の水女子大学付属中学校で、秋篠宮家の長男、悠仁さまの机に刃物2本が置かれる事件が起きた4月26日に、紀子さまと悠仁さまが長野県にスキー旅行に出かけたという記事だった。

「この代替わりの大切な時期に泊まりがけで東京を離れることが軽率であり、事件が発生して犯人も逮捕されていない危険な状態であるのにいかがなものか」と「紀子さま批判」を展開した記事もあった。

 しかし、実際の話は違う。

 事件当時、悠仁さまの学級は体育の授業で教室は無人だった。戻ってきた生徒らは、誰かのいたずらではないかと考え、学校側も犯罪とは認識していなかった。そのため、大きな騒ぎとはならず、この日の夕方、悠仁さまは長野県への「ひとり旅」に出かけた。宮内庁が事態を把握したのは翌27日朝。連絡を受けた悠仁さまは旅行を中止して、この日帰京した。

 これが事件発生後からの大まかな流れだ。女性週刊誌の記事は、誤った情報をもとに作られたとみられる。

 冒頭の友人女性は当惑の表情を浮かべ、「そもそも、当初から悠仁さま単独の旅行と決まっていたのです。4月末から5月初めは代替わりに伴う儀式や行事が控えており、紀子さまは、『この大切な時期ですから、私は一緒に行くことはできない』と言っていたのに……」と話す。

 もちろん「ひとり旅」には護衛も、付き添った大人もいる。

「週刊朝日」(2019年5月31日号)

耳の手術が目的だった?

ところで、この悠仁さまの一人旅に関しては、実際には単なるスキー旅行ではなく、耳の治療のための極秘入院が目的だったのではないか?とも噂されているようです。ある皇室系ユーチューバーの一人は、Twitterにて次のようにツイートしています。

悠仁さまが夏休みに長野県に行ったみたいだけど怪しいですね。お茶の水で刃物事件があった時も4月28日でゴールデンウィークの長期休みを利用して長野県に行こうとしていたと言われているんですよね。一応スキーに行っていたというけども時期的に上級者しか無理だしその割にスキーの情報が少ないしね

天皇家は栃木県の那須と地名まで言うのに悠仁さまは言わないのは違和感あるよね。あの時も長野県の信州大学病院で人工内耳の手術をしていた可能性もあるかもね。人工内耳の場合はすぐに聞こえるようになるわけではなく定期的なリハビリが重要ですからね。

謎の真相

様々な謎や疑問の残る悠仁さまの長野への一人旅ですが、果たして、真相はどうなっているのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は次のように語ってくれました。



「悠仁さまを頻繁に長野へ旅行へやっている第一の目的は、やはり、多くの国民に“悠仁さまはスキーが得意なのだ”という印象付けを行うことであったようです。

何しろ、紀子さまがライバル視されている愛子さまは、成績優秀、スポーツ万能で知られ、おまけに作文や楽器の演奏なども得意で、ご学友なども多いという事で、悠仁さまと比較した際に、どちらが将来の天皇として相応しい素質を持たれているかは、誰の目にも明らかですからね。

提携校進学制度を利用して全国でも偏差値トップの難関校である筑附に入学させたのも、なんとか、“悠仁さまは愛子さまよりも優秀だ”というアピールを行うことが目的だったのですが、この長野旅行も、“悠仁さまはスポーツ万能で、スキーが大の得意だ”という印象付けを行いたかったようなのです。

また、ネット上では、耳の治療を行うために入院していたのではないか?といった噂もなされているようですが、その辺りはよく分かりませんね。何しろ、皇室典範との関りもあり、皇位継承順2位の悠仁さまの健康状態に関する情報はトップシークレット扱いとなっていますから」(秋篠宮家関係者)

どこまでも愛子さまに対抗意識も持たれている紀子さま。皆さんは、このような「悠仁さまは愛子さまより優秀だ!」アピールについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

39 COMMENTS

匿名

スポーツをしている映像がまったくありませんね、CGでつくったらいかがでしょう。

123
1
返信する
匿名

あのモヤシみたいなヒョロヒョロ体型でスポーツ万能なんて誰も思いません。

どうせCGなら首から下はマッチョにしちゃいましょう。

他人のものを盗むのは得意なんでしょ!

105
1
返信する
匿名

ここでそんなこと言っていると、長袖ダボダボ服で体格隠してマスクしている影武者のスポーツ映像が出てきそう。

79
1
返信する
匿名

この隠れ蓑は何億以上掛かっているのか気になりますね。
何せ税金で作られた16年物。

98
1
返信する
匿名

人工内耳は脳を切開してインプラントしますが、全く外部装置が見えないのかというと、そんなことはありません。ズルヒトがマッシュルーム型ヘアにし、鬘説まででるのも、必死で外部装置を隠そうと紀子がしているからです。紀子にとってズルヒトが聴覚障害者であることだけは認めたくないようです。

1)信州大附属病院で人工内耳インプラント置換術をわざわざやったかといえば、細かい術後のメンテナンスの必要性などからみて、遠隔地での手術はちょっと?ですね。ただし、自閉症スペクトラムとの関係で、一般病院では騒ぐ、暴れるなどの取扱困難患者なので、精神科併設の大学病院でしたがるのは理解できます。

2)二つ目の疑惑は、ツクフ女子に対するセクハラ事件での事情聴取説です。長野県迷惑防止条例違反か、強制わいせつで被害届が出ていたなら、警察も何もしないことを後から叩かれたくないので、捜査をするしかないでしょう。どんなにVIPでも、宮家の場合、不逮捕特権まではないとされていますからね。立件はされうるということです。

3)三つ目は、いよいよ反抗挑戦的障害が手に負えなくなり、精神科医のすすめにしたがい、半ば措置入院のようにして、長野県のなじみの施設へ送られた可能性です。
場合によっては、2)と3)が同時に行われているのかも知れません。

128
1
返信する
匿名

③の措置入院。もしも期間が長引いても影武者くんが暫く引き受けてくれれば大丈夫でしょうね。

74
10
返信する
匿名

この問題のキーワードは「発達障害・人工内耳」です。
J-stage で次の論文を検索し、PDFダウンロードすると、ズルヒトとよく似た事例であると気づきます。二歳五ヶ月時点で発語が認められなかったのも、ズルヒトとそっくりです。

「発達障害を伴う人工内耳装用児の療育
―知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害児のコミュニケーション発達―    北川 可恵」

当症例では、人工内耳の微調整を繰り返した様子が描かれており、ズルヒトは中学時代に人工内耳置換術をやったようなので、担当医師は非常に御苦労なさられたはずです。

107
3
返信する
一般人の感覚

さながら『はじめてのお使い』で幼児を見守る番組スタッフばりにSP(護衛)を、わんさか連れているでしょうね。

それどころか、故・安倍元総理の二の舞は御免とばかりに長野県警も総動員されていますから、ひとり旅気分は台無しですね。

71
2
返信する


匿名

長野県警にとっては女子高生痴漢事件の被疑者マル被
であり、重要警護対象マルタイでもある、実に困った
存在ですよね。
加えて少年事件なので、一切口外できないという縛り
が加わってしまいます。

91
1
返信する
匿名

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会のサイトからです。

>6)人工内耳で電話や音楽が分かりますか?

答え  個人差がありますが、電話の聞き取りが可能な場合もあります。一般に音楽のメロディーの聞き分けは困難ですが、リズムは分かりやすい場合が多いので打楽器中心の音楽であれば音楽を楽しむことも可能です。<

悠仁は全く音楽を嗜みませんが、小学四年のときだったか、山形県遊佐町を訪ね、地元の和太鼓の演奏を聴き、自分でもちょっと叩いて親に聞かせていました。
聾学校でも盛んな和太鼓。人工内耳で楽しめるなら、そのまま療育継続させればよかったのに。

>7)人工内耳手術後にスポーツはできますか?

答え  人工内耳埋め込み部分の耳の後ろの部分を打撃する可能性が高いスポーツ(格闘技など)は不向きですが、それ以外のスポーツであれば可能です。体外装置をはずせば水泳も可能です。 <

悠仁がツクフの部活で、鈍くさいのかバドミントンのラケットが頭を直撃する間抜け事故がありました。あれで人工内耳が故障した可能性もなくはないです。

83
2
返信する
匿名

成績優秀・スポーツ万能・一人旅などの上げ情報も。
下着泥棒・盗撮・痴漢などの下げ情報も。
全てストレスによる精神錯乱且つ体調不良で片付けようとしている節があります。
親に望まれて生まれたとはいえ、彼の人生は何だったのでしょうね。
同情はしませんが。

88
2
返信する
私は秋篠宮家応援団

下着泥棒、痴漢、盗撮はでっちあげです。いい加減に秋篠宮家を侮辱するのはやめてください。悠仁さまは未来の天皇です。

9
102
返信する
匿名

秋篠宮家を廃宮家にすれば
明るい未来が待っています

偽皇族のセイハク息子では何一つ未来も希望もない
まして痴漢、盗撮、家庭内暴力、精神安定剤乱用、
といっぱしに年少送りの切れた目までが出てきた

91
2
返信する
匿名

なのに女子の身体には触りたがる痴漢さん
優秀なツクフの女子生徒さんにとって
こういうどうしようもない存在の男子生徒を
理解することは不可能でしょうね

どこかの最底辺高校なら
「ゲッ、あいつ変態じゃん」でそれ以上触らずに
適当に存在はできたのに、ピリピリした雰囲気の
ツクフではなあなあで済みませんからね

91
2
返信する
匿名

来年から
ツクフの女子生徒は入学試験に
ズルヒトへの忠誠度を
測る試験がくわわりそう
留年するかもしれないし
同級生はもうあきらめて後輩にかけてそう

42
8
返信する
匿名

ズルフの付属中の女子生徒さんも、先輩たちから今の高校の様子やズルヒトのことを聞かされているので、他の高校への受験を考えていることでしょう。

よって、来年以降、女子生徒の志願者数と合格者数、入学者数はゼロだと思います。

また、付属中を志望校にしている中学受験生も減少すると思います。

55
1
返信する
匿名

東京の進学校は私立が多い。そして私立は男子校が多い。
だから女子にとって、共学の進学校は本当に貴重。
その貴重な選択肢を奪うとは、頭の良い女の子とその保護者さんたちから相当恨まれると思う。

63
2
匿名

紀子に対しては暴力をふるうようになってきた悠仁だが、娘らにはしょっちゅうビンタしてきた紀子が、悠仁には体罰を一切しないのは、人工内耳の体内装置が故障することをおそれているからだろう。体内埋め込み式なので、もし外的ショックで壊れでもしたら、全身麻酔で再手術となり、脳を切開することになる。

それだけに、人工内耳に故障が発生し、入院するならば、一応旅行を装って、親子で出かけることになるはずで、医師からの説明、保護者承諾、手術時麻酔前の声かけなど、紀子は常に傍に付き添いたいであろう。

ところが、今回は全くその気配がない。だから、人工内耳の話は目くらましだとわかる。
それに信州のどこかも教えてはこない。

本来ならツクフ生なら、夏休みの宿題や夏期講習に忙しい時期に、のんびり一人旅など、コロナ禍においては遠慮すべきなのが皇族というものなのに。

実際は、蓼科生活でしでかした、女子生徒への性犯罪の後始末の必要性からであろう。警察も本人への事情聴取なしには家裁へ事件送致ができず、成人事件のような告訴受付拒否も少年事件では不可能だからだ。
家裁送致は義務で全件なので、容疑が晴れていても、被害届が出たものについては送致する必要がある。

秋篠宮家関係者は一番痛い部分に触れられたくないので、わざと人工内耳問題をフェイクに使って、本命の警察沙汰を隠蔽しようとしているのではないか?

79
1
返信する


匿名

悠仁は本当は優秀なのよアピールで
国民が騙しきれると思っている。
騙しきれないとお金や権力でゴリ押し。
やればやるほどボロが出るだけなのに。
こんなどうしようもないアフォ親に
子供は潰されていくのですよ。

ヒサくん、どうせ暴力振るってまで
キーコに反発するなら、「オレは東大
なんか行かないぞ。」と言って東大裏口
計画なんかぶち壊してやりなさい。
「オレの人生を勝手に決めるな。オレは
天皇になんかならないぞ」と反発でき
るんなら、そのくらい言えば?
あ、それとも言ってるけど記事には
ならないだけ?

いずれにせよ、この宮家が終わってる
ことだけは間違いない。

67
1
返信する
匿名

新科目ズルヒト

ズルヒトに触られたらどうしますか?
あなたの意見を書きなさい

37
1
返信する
匿名

平成天皇だって大学中退しても騙しきれたけど、もう平成のやり方じゃ隠しきれないの解らないのかな~?

45
返信する
匿名

傘寿記念写真展に登場した悠仁がテレビカメラの前で
「あわ、あわ、あわ」としかしゃべれず、喃語ですらない、聾唖児だと話題になってから、いまだに難聴の証拠ばかりが挙がってきていますね。

小学二年の女性記事でも同級生から「悠仁くんはしゃべりかたが変」と言語獲得にも聾唖の悪影響が出ていることが証言されていました。

中学時代の人工内耳置換術で、そこそこは聞こえるようになったものの、受信装置を徹底して隠す必要性から、悠仁と肩を組もうとした先輩に向かって紀子は「触らないで~。馴れ馴れしくするんじゃないの。この子は将来の天皇よ」と、耳の上、髪の毛の中に隠した受信装置に気づかせまいと怒鳴りつけ、蹴散らかす有様。
これでは学校に馴染めるはずもありませんよね。

そんなに耳の障害を隠したいならば、高校へは通わせなくてもいいので、通信課程の高校に行かせれば誰の迷惑にもならなかった。

59
1
返信する
匿名

何かと長野県ですね。何があるのでしょうか。
公にしたほうが国民の信頼も得られますよ。

22
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。