悠仁さま抗不安薬を服用か?側近職員は頻繁な嘔吐を懸念「殿下と同様の症状を示している」との見方も


文・もっちゃん

悠仁さまの紀子さま離れ

今年4月から筑波大学附属高校に通われている秋篠宮家の長男・悠仁さま。これまで、悠仁さまは、紀子さまにべったりで一部週刊誌報道では、“母子密着”などと揶揄されていた程ですが、現在では、母親離れも進んでいるようです。

そうした母親離れを示す例の一つとして、今月8月19日から、夏休み期間を利用して長野県へ私的な旅行に出かけられたとのこと。これまで、悠仁さまが旅行に出かけられる際には、必ずと言って良いほど紀子さまも同行されていたのですが、今回は一人で出かけられたようです。

8月も下旬を迎えると、多くの中高生は2学期の足音を憂いながらも、残り少ない夏休みを少しでも充実させようと奔走する。今年4月に筑波大学附属高校(筑附高)に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さまにとっても、高校生になって初めての夏休みは、思い出深いものになったようだ。

「お盆明けの8月19日から、長野県へ私的な旅行に出かけられました。秋篠宮ご夫妻もご一緒だろうとみられていましたが、フタを開けると悠仁さまの『ひとり旅』。夏休みに単独で遠方に出かけられるのは、悠仁さまにとって初めてに近い経験だったようです」(皇室記者)

 これまで悠仁さまの夏休みのかたわらには、いつも紀子さまのお姿があった。2017年には小笠原諸島に、2018年には北アルプスや河口湖に母子で足を運ばれた。2019年の夏には秋篠宮さまと3人でブータンを訪れ、悠仁さまにとって初めての海外訪問を楽しまれた。この夏のひとり旅は、悠仁さまのご成長の証しだろう。同時に、紀子さまが“子離れ”するような、何かしら大きな環境の変化があったのか──。

「女性セブン」(2022年9月8日号)

現在でこそ、このように紀子さま離れが報じられる悠仁さまですが、それこそ数年前には、「母子密着」「紀子さまと少し距離を置かれてもいいのではないか」などとも報じられていました。

かつて天皇陛下の東宮時代、愛子さま(17才)の登校に療養中の雅子さまが付き添われていた頃を中心に、母子の体調の好不調の波が重なることも多く、“一卵性母子”などと指摘されたこともあった。宮内庁関係者はこう語る。

「今の紀子さまと悠仁さまの関係は、当時の雅子さまと愛子さまのお姿に重なるところもあります。ただ、雅子さまがあくまで愛子さまをお側で見守られていただけなのに対し、紀子さまは悠仁さまが皇位継承者としての見識を深められるように積極的に行動に関与されたり、ずっと横についてお世話をされるなど、『過干渉』のようにも見えます。

 とにかく今は、紀子さまは悠仁さまの一挙手一投足に気を使われ、悠仁さまは“お母さまが大好きでしょうがない”というご関係なんです」

 しかし、その母子密着の関係を心配する関係者も少なくない。

「昨年の運動会の帰りのことです。悠仁さまは背負っていたリュックを、当たり前のように紀子さまにお持たせになり、自分は足早に送迎車に乗り込まれたそうです。紀子さまもそれをごく自然に受け取っていらっしゃった。もちろん同級生たちは保護者が近くにいても、自分で背負って歩いていました。

 男の子ですから多少“やんちゃ”なところはあるでしょうが、同級生にぞんざいな言葉遣いをされることがあったり、姉の眞子さまのことを“よからぬあだ名”で呼ばれることもあると聞きます」(前出・宮内庁関係者)

 将来の天皇家を背負われる悠仁さまのご成長のされ方は、国民の大きな関心事だ。皇室関係者はこう話す。

「悠仁さまが天皇陛下のすぐお側にいて、陛下のなさりようを間近で学ばれた方がよいという声があります。まずは、陛下も悠仁さまも登山がお好きですから、一緒に山に登られることから始められるのもいいのではないでしょうか。

 思春期を迎えて、人格形成が重要な時期に、紀子さまと少し距離を置かれてもいいのではないかということでもあるのです」

「女性セブン」(2019年7月4日号)

同級生からマザコン弄り

このように報じられていた悠仁さまが、なぜ、この数年間で紀子さまと距離を取られるようになったのか?どうやら、そこには、学校の同級生らとの交流も関係していたようです。

「週刊誌で、“母子密着”“悠仁さまはお母さまが大好きでしょうがないというご関係”などと報じられた際に、一部ネットメディアでは、“悠仁さまはマザコンなのではないか?”などとも噂されたのですが、どうやら、お茶中のクラスメイトなどからも、“マザコン悠仁”などと揶揄されてしまったようなのですね。

それ以降、あまり紀子さまにべったりくっついていると、クラスメイトからいじめられるかもしれないとお考えになり、紀子さまと距離を取られるようになったようです」(秋篠宮家関係者)



悠仁さまの嘔吐とその原因

ところで、最近の悠仁さまに関しては、食事中に嘔吐されたことなども報じられました。

ある日の夕食でのこと。紀子さまは、悠仁さまが料理を食べ残しているのに気づき、

「今は成長する時期なのだから、出された食事はちゃんと全部食べなきゃ駄目よ」

 と叱った。悠仁さまは気が進まないようすだったが、残さず食べ切ったという。だが、母親が席を外していなくなると、食べたものを吐いてしまった。

「文藝春秋」(2021年12月号)

実は、悠仁さまが嘔吐されたのは、この時のみではなく、最近では、頻繫に嘔吐をされているようです。

「最近では、悠仁さまが、あまりにも頻繁に嘔吐を繰り返すため、秋篠宮家の職員なども心配し、何か原因があるのではないか?と、悠仁さまの様子を注意深く観察していたのですが、どうやら、悠仁さまは秋篠宮殿下が服用されている睡眠導入剤とSSRIを殿下のもとからすくねて、勝手に服用されていたようなのですね。

SSRIは、副作用が比較的少ない抗うつ薬として知られていますが、どうやら、医師などの指示を仰がず勝手に服用されていたために、適量より遥かに多くの量を服用されているといいますか、ほとんどODのようなかたちで大量に飲み込まれていたようですね。そのため、副作用の一つとして、嘔吐の症状が表れたようです。

悠仁さまが嘔吐されるようになった時期は、丁度、高校受験が話題となり、提携校進学制度などに関して、週刊誌等のメディアで批判意見が書かれていた時期と重なりますから、そうした批判報道やネットメディアなどの批判意見に対し、強いストレスを感じそうした不安から逃れるために、薬物を大量に摂取されていたのかもしれません」(前出の秋篠宮家関係者)

皆さんは、このような悠仁さまのストレスは、紀子さまの特異な教育方針なども関係していると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

51 COMMENTS

埼玉の極右

本当に天皇家の血を受け継いでいるのか甚だ疑わしい、身勝手で私利私欲のことしか頭にないが気がどうなろうと知ったことではないですね。
とりあえずこんな輩、こんな宮家の連中のために税金使わないでもらいたいものです。

161
2
返信する
匿名

私的な旅行と銘打っての、長野の専門病院への入院では?
今回は精神的なご病気への対応でしょうか?

172
1
返信する
匿名

薬の勝手な服用は死に至ります。
彼のような重度の精神○弱の方が一人で薬の自己管理は難しいでしょう。
それにしましても、父親の薬を勝手に盗んで服用するなんて。
変なところだけはズル賢いのですね。

124
2
返信する
匿名

抗不安薬の飲みすぎじゃなくて噂される難病の進行を抑えるための薬の副作用の方が可能性が高い。

133
1
返信する
匿名

脆弱X症候群の場合、根本治療薬は開発中です。
ズルヒトの場合、本症候群で最も懸念されるてんかん抑制のため抗てんかん薬が投与されているはずです。
てんかん情報センターのサイトによると、その一般的副作用として

>(2)血中濃度の上昇に伴いだれにでも見られるもの(ふらつき、眠気、複視、悪心、嘔吐など)<

とありますので、悪心、嘔吐などが見られることはありえますね。
しかし、問題はやはり向精神薬の過剰服用でしょう。
ベンゾジアゼピンは、トリップするために乱用する人間が後を絶ちませんので、一旦その快感を覚えると、吐き気がでようがお構いなしになってしまいます。
精神科医がズルヒトの施設送りを勧めたのも、向精神薬からの離脱をさせるためもあってのことなのでしょうが、向精神薬なしで発達障害児を登校させるのは危険だし、逸脱行動で再び刑事事件となり、それを根拠に廃嫡になりうるので、薬抜きの出口はないとみられます。

56
返信する
匿名

1人で旅行?もちろん専用車でお付有りですよね。
入院とかプンプン匂ってくる。
長野に行った理由を変に勘ぐられないためのリリース。

125
1
返信する
匿名

以前の菊の紋記事表題では、蓼科生活での同級生女子に対する痴漢行為について「被害届」とあったので、もし被害女子生徒が警察に被害届を提出していたのなら、肝試しのあった現場の所轄で事情聴取がなされるはずです。

少年事件としては、長野県迷惑防止条例違反でも、法定刑には懲役刑があるので、違反があれば「犯罪少年」となり、全件家庭裁判所に送致されてしまいます。成人の場合と違い、検察官による不起訴処分の選択肢がありません。
ここで、女子生徒の供述との照合がなされ、ほかに警護にあたっていた警察官の証言、教員の証言などが必要になります。茅野署の御担当かと思われます。

つまり長野へ単身「旅行」とあるのは、報道レベルでは何とでも脚色できるでしょうが、ひそかに警察に事情聴取(極秘裡でしょうが、被害届が出ていれば省くことはできません)を受けに行ったのではないでしょうか。
事情聴取そのものはホテルでも可能ですし、弁護士立会いかも知れません。

弁護士らは別途現地で待機し、長野地方・家庭裁判所諏訪支部で「審判不開始」を勝ち取るために、あらゆる圧力がかけられている最中でしょう。このところの連日のリークを見ていると、向精神薬の過剰誤服用なるシナリオをでっち上げ、強引に犯行当時「ODにより心神耗弱で責任能力なし」に持ち込もうとしているのかとまで疑ってしまいます。

事情聴取前に、長野県内の小児医療施設に留まって、診断書欲しさに治療を受けるポーズをとるかもしれませんが、退学理由に非行があったとしないために、心身症などでしばらく休学、やがて自主退学という落としどころ探りですかね?

102
返信する
匿名

国民はただ純粋に今上天皇を天皇として認め、ご家族仲が良く優しい雰囲気がとても心地よく、次期天皇は敬宮様にと願っているだけなのに、
この訳のわからない輩達が皇嗣を名乗り
皇位継承1位と2位、とかかってに言いまくり、出てくる話題出てくる話題反吐が出そうな物ばかりで、本当に不快です。
鯰よ、
昭和天皇が将来、宮を名乗らないもしくは作らない事を条件にその次男としての存在を認めるとした約束、浩宮の次は浩宮の子で、と言った約束、鯰家には皇統を移してはならない、とした約束、知らないわけはないでしょう?
仮にも世間的には祖父である昭和天皇の御意志を悉く破り、次期天皇などと言われその気になり、人として一応皇族としてそれはやってはいけない、と思わないのですか?
だから、馬と鹿のような子供が出来、分不相応な事をさせようとするからズルくんみたいな子供が出来たんです。
これからも因果応報、いろいろ起きてくるでしょうね。
馬と鹿はさておき、産み分け方で無理やり作ったズルくんの行く末はあなた方親の責任重大ですよ。
今まで欺いてきた国民にも謝ってほしいし、かかったお金も全て返してほしいです。偽皇族!

194
返信する
匿名

学校で吐いたら即効あだ名が「ゲロ仁」となりますね。

子供あるあるの夏休み明けの学校に行きたくない病。
前期や蓼科合宿のせいで、後期のプレッシャーは凄いでしょう。
もう影武者さんが学校や公務に出て、本人は療養するのが一番かと思います。

100
6
返信する
匿名

やめてください
銭湯ファンから怒られますよ
碍児のゲロ桶にするなんて
あれは銭湯道を象徴するアイテムなのですから

27
返信する
匿名

確か、漫画はじめの一歩に『ゲロ道』というキャラがいましたね。

そういえば、どことなく悠仁さまに似ているかも・・・

52
1
返信する
匿名

身の丈にあった学校に転校しろ
東大はいったらもっと辛いだけ
ズルヒトがノータリンなのはみんな知ってるよ

99
返信する


匿名

私と一緒にff14の世界に行きましょう!
現世なんて捨てればよいよ
楽になれますよ?
結婚もできますよ?
悠仁ぼっちゃまには仮想世界がお似合いだと思います。

59
返信する
匿名

もっちゃん、有益情報ありがとう。
この記事には、秋篠宮家邸発の意図的リークにありがちな「偽情報」と「本音」が入り交じる、分析する価値大な内容に溢れています。
そこで以下、慎重に真偽を見極めたいと思います。

記事情報としては、悠仁が文仁に処方された向精神薬を勝手に服用し、しかも過剰摂取をしたことで、吐き気を起こしているという内容でした。

>「悠仁さまは秋篠宮殿下が服用されている睡眠導入剤とSSRIを殿下のもとからすくねて、勝手に服用されていたようなのですね。」<

情報①:文仁は「睡眠導入剤とSSRI」を常用している
情報②:悠仁はこれらの薬品を盗んで勝手に服用

ここでSSRIが出てきますが、これはセロトニン再取り込み阻害薬という薬で、通常適量使用でも副作用に吐き気が出ることが知られています。
服用後、急激にセロトニンレベルの上昇が起きて、吐き気につながるので、悠仁が食事直前に服用しない限り、食事中に吐く行動とは時間的に一致しないので、本当にSSRIなのか、真っ先に疑問を抱きます。

SSRIは、従来の向精神薬の大半をしめるベンゾジアゼピン系(以下、ベンゾと略す)とちがい、依存症、薬物中毒になりにくいとされていますが、効果がでるまで数週間はかかります。これに対し、ベンゾ系は即効性があり、切れ味鋭く、子どもがシンナー遊びをする感覚で乱用するには、ベンゾ系でないと実感がでないはずです。

文仁が向精神薬中毒になり、すでに手などに震え(振戦)が現れていることも多くの人々が目撃しており、服用歴も長いことから、アルコールと共にベンゾをいまだに大量に服用しつづける禁忌使用を行い、薬物中毒の廃人になってしまったとみるべきで、公的健康保険の効かない皇族は自由診療なので、金さえ出せば、致死量でない限りはいくらでも処方してもらえる点を悪用しているとみられても仕方がありません。
もはや文仁はマイケルジャクソンの最期に近い状況なのではないでしょうか。

ベンゾ系は服用中断が困難で、依存性が強固です。
無理に止めようとすると隔離病棟への入院が必要なこともあるくらい、離脱症状に苦しめられます。麻薬および向精神薬取締法で規制されているほどです。

なのに日本では野放しで長期処方が許されています。
欧米各国では2週間から4週間以内の頓用限定だけであり、アメリカでは処方禁止になっているものも多く、日本の医師には、ベンゾが禁止されるアメリカでは代わりに大麻が合法化されるのだ、と自虐的にいう人もいるほど、依存性の強い薬品なのです。

小括:秋篠宮家では無制限なまでに、違法すれすれに処方された大量の向精神薬がゴロゴロしていて、しかも容易に子どもの手に触れるところにあって、それを悠仁がシンナー感覚で盗んで服用しても文仁は数量の減少にすら気づかないほど、イカレており、家中薬物まみれていることがわかります。
しかしわざわざ秋篠宮家関係者が、今回はじめて、文仁の服用している薬品を「睡眠導入剤とSSRI」と明示してきた点には遺憾ながらミスリードの意図を感じずにはいられません。ベンゾ中毒ではないとしたいのでしょうが、睡眠導入剤自体、ほとんどがベンゾなので、やはり文仁はベンゾ依存になっているはずです。

続いてこの部分ですが

>悠仁さまが嘔吐されるようになった時期は、丁度、高校受験が話題となり、提携校進学制度などに関して、週刊誌等のメディアで批判意見が書かれていた時期と重なりますから、そうした批判報道やネットメディアなどの批判意見に対し、強いストレスを感じそうした不安から逃れるために、薬物を大量に摂取されていたのかもしれません」(前出の秋篠宮家関係者)<

情報③:悠仁にも向精神薬使用に至る理由(高校受験)があったと言いたい
情報④:裏口入試などへの批判報道が原因であると言いたい

これは、悠仁にも正式に向精神薬が処方されていたことを暗に認めるような表現にもなっています。

紀子らは、目下懸案の蓼科生活での痴漢事件を薬物摂取のせいにして、不処分に持ち込もうと弁護団と謀議していても不思議はなく、過去にもベンゾ系の睡眠薬マイスリーを服用し、他の入院患者を強姦した男に無罪判決が出た判例などを根拠に、悠仁への退学処分や家裁送致を免れさせようと必死なはずです。

しかしながら、悠仁は発達障害の観点から、無理に登校させたいがための鎮静的薬物投与が行われているとみられ、多動の抑制、攻撃的な言動、行動の抑制のための薬物投与がむしろ嘔吐原因にもなってきているといえるでしょう。

もし多動などを正式に認めれば、その瞬間に悠仁第三条廃嫡を求める声に医学的根拠を与えるために、絶対に認めたくない紀子は、仕方なく文仁が向精神薬投与を受けていることだけはみとめ、これを悠仁が盗んでいたとすることで、痴漢事件での”無罪”、”心神耗弱”を訴える材料にだけしようと、用意周到に仕組まれた嘘をつくことにしたのでしょう。

つまり、この情報は、新学期開始を前にいよいよ自主退学するか、居座って退学処分か、家裁送致になるか、の大一番で放たれた、計算され尽くしたリークなのではないかと見られるのです。

もっちゃんの今後の更なる取材に期待しましょう。

157
4
返信する
匿名

精神科や心療内科の先生は安易に薬を出しすぎるきらいはありますね。睡眠薬で寝れるのは事実ですが連用は望ましくない。
この一家バカだから医者の指示を無視して薬に依存して命を落とすこともあり得ます。

68
1
返信する
自滅への道をまっしぐらGO❗️

>医師などの指示を仰がず勝手に服用されていたために、適量より遥かに多くの量を服用されているといいますか、ほとんどODのようなかたちで大量に飲み込まれていたようですね
❗️
親子?で、薬物依存症で廃人になるまで、待ったら良いと思います‼️❗️

105
1
返信する
匿名

この薬、抗うつ剤だそうですが、服用すると、幸せな気分になるそうです。ハイテンションになって、理性が若干外れるとのこと。つまり、結果的に性欲が急激に上昇し、性犯罪を犯すということ。
なるほど、確かに性犯罪が多い父と子だよね。

91
1
返信する
匿名

>フタを開けると悠仁さまの『ひとり旅』
白々しい。。。
途中で読むのやめた。

53
2
返信する
ひとり旅とは❓️❗️

>フタを開けると悠仁さまの『ひとり旅』
>夏休みに単独で遠方に出かけられるのは、悠仁さまにとって初めてに近い経験

この「ひとり旅」には何人のSPや皇宮警察や御世話職員が付いたのかな❗️❓️

15歳の「ひとり旅」では、旅仕度から切符の手配・宿への連絡…を1人でするのが普通だと思うが…。

トイレは1人で行って、鍵を掛けたりキチンと流したり手を洗ったり…まさか そんなのもお付きがして、本人は「ご苦労であった」では❓️
荷物を自分で持って、切符を手に改札口を通るとか、想像出来ないのだが❗️

63
返信する
匿名

鯰やズルヒトがSSRIを服用するはずがない理由;
「性欲低下、恋愛力低下」がわかっているから。

WIRED記事から引用しよう。

>抗うつ薬は、性機能に副作用をもたらすことが知られているが、さらには愛や恋といった人間の基本的感情までも抑制している可能性があるという。
最も一般的な抗うつ薬である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、性機能障害を引き起こすことがよく知られている。SSRIを摂取している米国の成人3100万人のうち、約30%が性機能障害を経験しているとみられる。

ところが新たな説によって、この抗うつ薬は、愛や恋にも微妙な化学的変化をもたらす可能性が指摘されている。SSRIは、本当なら恋人になるはずの2人が最初に散らす恋の火花を消し、さらには恋人同士が絆を深めることを妨げるのだという。<

従来の中毒になりやすい向精神薬のベンゾジアゼピンは、逆にインポテンツにはめったにならない。
それどころか、新橋の某クリニックのサイトではED治療として「特に心因性EDの場合は、精神安定剤とED治療薬の併用が解決に繋がることがあります。
心因性EDが原因で勃起状態を維持できない方は、試してみることをおすすめします。当クリニックでは、精神的な問題の関与が強い方は、精神安定剤(抗不安薬)を 1錠100円(税込)にて処方しています。
気になる方は、お気軽にご相談ください。」と案内されているほど。

もしSSRIを大量に飲んでいたならば、ズルヒトは痴漢などしなかっただろう。逆にベンゾ系の抗不安薬だと、幸福感やリラックス感が得られ、盗撮意欲やお気楽に女子の身体にも手が出やすくなる。インポの原因である不安感もなくなるはず。
だからといって、性犯罪が許されるわけではないけど。

84
2
返信する


匿名

紀子が高校生のうちにお手つき女子を作らせ、強引に結婚させようと焦るのは、女性が成人し、本気で結婚を意識しだしてからでは、発達障害のある男性を選ぶはずがないとわかっているからです。

もし無理してアスペや反抗挑戦的障害持ち男性と結婚すれば、カサンドラ症候群になって、女性も潰されてしまうでしょう。
紀子自身も反抗挑戦的障害のある悠仁との生活に疲れ果て浮気に走り、自滅しているから、息子のパートナー選びは十代のうちに、相手がカサンドラ症候群が何かを知る前に、となるのでしょう。

85
1
返信する
匿名

要は『金をドブに捨てる』ですね。

ニューヨークの姉夫婦に対しても同様ですね。

67
返信する
匿名

ただ、10代の女の子が好きになる男性のタイプは『カッコいい』『頭いい』『スポーツ万能』です。

悠仁さまは1つも当てはまらないので相手にされません!

62
1
返信する
匿名

うーん
反抗挑戦的障害では、風俗嬢も命がけになります
いくらもらっても、怪我させられたら堪りません

38
1
匿名

どうせ駅南妃の息子なのですから
風俗さんとは実にお似合いの夫婦となるでしょう

26
野萩

秋篠宮批判をしている方々、秋篠宮に皇統を移さないためには皇室典範改定が必要です。選挙に行きましょう。自民党と維新の会が力を持っている現状では敬宮殿下の立太子はありえません。女性天皇容認を推している党は立憲民主党、国民民主党、共産党と頼りない面々ではありますが、敬宮殿下が皇室におられる内に皇室典範を改定しなければなりません。私は愛子天皇を望みます。同じ思いの方は選挙で愛子天皇待望の意志を示しませんか?

73
2
返信する
匿名

文仁もここの記事(5・29)で那須どうぶつ王国での幻聴騒ぎを起こしていました。

>「最近では、秋篠宮殿下は、地方公務などの際には、行く先々で“帰れコール”を浴びせられることも珍しくなく、すっかり、地方公務恐怖症のような状態になってしまったために、可能な限り、公務でも国民との接触を最小限に抑えるよう配慮されておりました。

そのため、 “那須どうぶつ王国”の見学も案内人と、警備のための職員数人で移動されていたのですが、なんとホッキョクオオカミを見物されている最中に、突然、“帰れコールが聞こえる”などと仰られたのですね。

案内人も、警備の職員も、そのようなコールは聞こえないので、“一体、どこからそんな声が聞こえてくるのですか?”と尋ねたところ、なんと殿下は、“ホッキョクオオカミが俺に帰れと言っている”というのです。
案内人の方は、殿下のジョークか何かだと思ったようで、笑っていたのですが、警備の職員は、幻聴だと判断し、すぐさま医師に連絡を取って相談し、殿下の精神状態が不安定だということで、見学もそこで中止となったようです。

最初は、殿下のジョークだと思って笑っていた案内人も、殿下の精神状態が不安定なために、見学を終了すると聞かされた際には、みるみる顔が青ざめ、“こちらのせいで、殿下の精神に不調が起こったのであれば大変申し訳ない”と何度も謝っていたそうです」(前出の秋篠宮家関係者)<

ちょっとお!
案内人に謝らせる毎度の秋篠宮家パターンだけはおやめいただきたい。先月の発明くふう展でも紀子が案内人の一言に逆上し、履いていたハイヒールを脱いで襲い掛かろうと暴行に及んでいたが、このときも何と案内人に謝罪させている。
切れる自分たちの精神異常が問題なことぐらい、周囲もわかっているのだから偉そうに虚勢を張るな。

ところで抗不安薬を過剰摂取すると、どうなるか?
MSDマニュアルでは長期的影響として

>長期的な影響
記憶障害、判断力の低下、注意持続時間の短縮、感情の激しい起伏が生じる人もいます。話し方が遅くなり、考えることや人の話の理解が困難になります。眼球の不随意運動(眼振)が現れることもあります。<

目玉ぐるぐる、話し方が遅くなる、感情の激しい起伏、の全てが現在の文仁に該当しています。

>その他の症状には、脱水、せん妄、不眠、錯乱、恐ろしい幻視や幻聴(そこにないものが見えたり聞こえたりする症状)などがあります。<

これが那須で文仁の身に起こったことでしょう。
それと同じことが、悠仁にも起き出している。
親子で向精神薬過剰服用して、ハイになるのはいいが、廃人街道まっしぐらです。

92
1
返信する
匿名

秋家の職員の非常に多くが、最後は精神を病んで辞めていく問題ですが、ここにでてきた「カサンドラ症候群」ではないでしょうか。

秋家一家のなかでも、紀子が最も手のつけられない「反抗挑戦的障害」者で、あの家系に質の悪い発達障害を持ち込んだ張本人ですね。

アーヤは学生時代までは、いまほど怒りっぽくはなく、多動のウスノロだったところに、紀子が反抗的に絡みだし、ただでさえ頭の悪いアーヤを精神破壊してしまいました。

そこで始まる精神安定剤の乱用。
アーヤの廃人化は、発狂妻が最大原因で、その重圧から逃れるためにアルコールとセックスに逃避し、そうこうするうちに向精神薬を酒と同時摂取することで、快楽を求めだして破滅に至ったものとみられます。

このキチ夫妻、キチ息子に誠心誠意尽くそうとすればするほど、カサンドラ症候群になってしまいます。

新しく御用掛になった元警視総監の方も、秋篠夫妻と悠仁は最初からガンと突き放して、距離を置いて接しないと、ご自身の心をやられかねません。親身になって相談に乗ったり、危ない橋を一緒に渡ろうとすると、いつのまにか当事者化してしまい、カサンドラ症候群になるのです。

カサンドラ症候群は、精神異常者の介助にあたる親族だけでなく、お仕えする人間でも罹る可能性があるだけに、過去の自殺した警官の方なども、改めてカサンドラ症候群の観点からの再調査をすべきでしょうね。

鳥取大の井上雅彦教授監修のサイトでは

>カサンドラ症候群が起きる具体的な関係性としては、ASDのある人と親密な関係にある人に多く見られるといい、

・夫婦などのパートナー関係
・親子、兄弟
・職場同僚(上司部下)など、日常的に接する関係

の中で起きた事例が報告されています。

一般的には、ASDのある人が仕事などの緊張から解き放たれ、社会性を発揮しなくても問題のない環境である家庭内で多く見られる傾向があるとされています。

その一方で、ASDのある人とのコミュニケーションの困難さに日常的に触れる立場として、仕事のパートナーや、上司部下の間にも起こることがあります。「パワー・ハラスメント」「モラル・ハラスメント」と称される言動によって、カサンドラ症候群のような状態が起きた事例も報告されています。<

紀子のパワハラ、モラハラ。まさにこれでやられる人たちは、カサンドラ症候群とみていいでしょう。

81
1
返信する
匿名

このまままたズルして東大にぶち込むような真似をしたら
彼はまた自害に走るでしょうね。

子供の心をここまで殺す親を放置している宮内庁の責任も相当重いです。

33
返信する
匿名

自死しないように向精神薬を投与し、ますます依存症になる
あるとき、急に離脱させようとしても、中毒になっていて
死ぬほど辛い離脱症状に苦しむ

経験者によると、デパスを止めようとしても止められず
医師から「大麻を止めるより辛いから覚悟して」と
いわれたらしい
そのどちらもやりまくった一家にとっての
「グレートリセット」とは向精神薬からの決別だろうが
絶対に不可能で、逆戻りしてはより落ち込むだけだろう

33
返信する
匿名

ズルヒトが自害したら
キーコは国民のせいとかいいだしそう
無理させたキーコが一番悪いのに

22
返信する
匿名

影武者で当分は誤魔化しそうですけど、公の場で「私の子供達は皆国民に心を○されました」と言いそう。

13
返信する


匿名

精神科医や心療内科医は、患者を最後は薬物依存症にすることに何の罪悪感も抱かないような人間でないとなれませんね。
紀子も先月安倍銃撃直前に、愛育会の講演中壇上で発狂して倒れましたが、向精神薬を飲まさせられ、やっと講演を続行したのでしょう。

文仁が、記者会見でも吹き替えが必要なほど、呂律が回らず、支離滅裂なことをいうのをみて、向精神薬中毒の怖さを知り、知人に断薬を勧めました。
「断薬しないと秋篠宮のようになるから」
この一言で、その人は何とか離脱症状を乗り切ったようですよ。

27
返信する
匿名

「断薬しないと秋篠宮のようになるから」

そうです。
秋篠がみせる「目玉グルグル」
これは眼振と呼ばれ、典型的向精神薬の副作用。

秋篠の手がぶるぶる震える「振戦」
これも同様の副作用です。

頭が回らず、超スローでしかしゃべれない。
公務先で質疑応答は禁止。こちらからの問いかけは
いけませんと事前にいわれるのが秋篠訪問時鉄則。

偽皇族であることの不安感。紀子からの精神テロ。
子どもたちへのDV。
本来皇族にあらざる者が、それっぽく演じさせられ
る苦痛が、精神を蝕み、息子をも巻き込んでゆく。

そして親子三人で精神安定剤と睡眠薬の中毒に。

25
返信する
匿名

公の場であそこまで見せつけるということは本当に体は廃人状態なんでしょうね。
国民の無関心でまだA宮家は保てているけど。

21
返信する
匿名

秋篠宮の精神状態は、皇嗣になってさらに悪化していることから、見て子の生前退位と、皇嗣を皇太子扱いさせようとしたことが非常に罪深い結果になっているよね。

やはり偽皇族だから、宮家でいることそのものが毎日を晒し者状態にするし、でかけた先々でも「秋篠宮家とはいうものの、本当は安西さんちの子どもだから平民らしいわよ」と人々の好奇の目に晒されるだけで、尊敬なんてこれっぽっちもこない。

そこで、面白くない、イライラする、従兄弟の陛下に腹を立てる、キコは怒鳴り散らす、ズルヒトは小便を漏らす・・・と精神安定剤がぶ飲みになってゆく悪循環に陥ってきた。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。