悠仁さま、蓼科生活でも長袖のチェックシャツが激写され、いよいよリスカ疑惑が濃厚に


文・もっちゃん

悠仁さまの夏合宿

今月下旬に、秋篠宮家の長男・悠仁さまの通われる筑波大学附属高校では、恒例の夏合宿である「蓼科生活」が行われました。「週刊女性PRIME」は、合宿での悠仁さまのご様子について詳細な記事を配信しています。

夏本番を告げる、よく晴れた7月下旬のある朝。1台のマイクロバスが警察車両を引き連れて、“筑附”こと『筑波大学附属高校』の校門を出発した。

 この日は、筑附の1年生が心待ちにしていた夏の学校行事『蓼科(たてしな)生活』の初日。その中にはもちろん、今年4月に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さまの姿もあった。

「長野県の蓼科高原を訪れて、クラスごとに“インターネット禁止”の集団生活を送ります。筑附は3年間クラス替えがありません。なので、クラスメートとの親交を深める重要な学内イベントのひとつとなります。2020年と2021年は新型コロナの影響で開催が見送られたので、今年は3年ぶりの実施。例年は3泊4日ですが、感染拡大の状況を鑑みて、今回は2泊3日となりました」(学校関係者)

 今年4月の筑附入学式では、初々しいスーツ姿だった悠仁さまも、この日は青のチェック柄シャツに黒のカーゴパンツという、登山仕様のお姿に。

 3時間ほどバスで移動した後、昼食のために一行は蓼科にある『女神湖(めがみこ)』の湖畔へ。澄んだ空気と普段とは違う非日常も一緒に味わって、ペロリと昼食を平らげた悠仁さま。湖のそばへ向かわれると、後からやってきた友人たちと合流。これから始まる“真夏の大冒険”に胸を弾ませるかのごとく、仲よく談笑する姿もあった。(中略)

夜になると、恒例のイベント“肝試し”も行われた。

「男女生徒がペアになって真っ暗な山道を歩くところを、オバケ役の先生が驚かせるのですが、大盛り上がりだったようです。クラスの男女比は半々で、もちろん悠仁さまも女子生徒とペアを組まれて、ハシャがれていたそうです」(前出・学校関係者)

「週刊女性PRIME」(2022年7月28日配信)

テンションが上がり過ぎて空回りの悠仁さま

以前、当チャンネルの動画でも、説明したように、悠仁さまは、一緒に蓼科へ行くクラスメイトの女子生徒全員から肝試しのペア組みを拒否されていたのですが、紀子さまが学校側に要望し、悠仁さまも女子生徒とペアを組めるようになったようです。

ただ、やはりちょっとした問題も生じていたようですね。悠仁さまと一緒に、蓼科へ行ったクラスメイトの一人は、当日の状況を次のように語ってくれました。

「悠仁君が、女子生徒とペアを組んではしゃいでいたのは事実なんですけど、果たして、ペアを組まされた女子も楽しそうにしていたかというと…。

悠仁君は、あんまり他のクラスメイトとコミュニケーションを取るのが得意ではないみたいで、普段は、女子と話すことなんてないですからね。蓼科生活の肝試しの時には、珍しく女子と二人でペアを組めたという事で、凄くテンションが上がってたんですけど、一人でやたらと盛り上がって、女の子の方は、妙にハイテンションになって早口で、一方通行で色々喋ってる悠仁君に若干引いてる感じでした。



いわゆるコミュ障ってやつなんですかね。悠仁君だけ、やたらテンションが上がって楽しそうにしていただけに、傍目には、余計痛々しさを感じてしまいました」(悠仁さまのクラスメイト)

女子生徒とペアを組んだ際には、空回りしていたという悠仁さまですが、得意の登山の時には、クラスメイトを率いて、大活躍されていたそうです。先の「週刊女性PRIME」の記事には、次のように書かれています。

無事に終わった2泊3日の『蓼科生活』。そこでの悠仁さまについて、別の筑附関係者が明かしてくれた。

「筑附には、これまで勉強に力を入れて過ごしてきた生徒が多く、登山などの経験が少ない子がほとんどです。でも、さすが悠仁さまはアウトドアに慣れていらっしゃった。ピクニックではリーダーシップを発揮されていたし、蓼科山では疲れている生徒に声をかけて励ましたり、実際に手助けもしながら登られていました」

 学校でのご様子からは、悠仁さまのお人柄が感じられる。

「クラス内では、まだ少し緊張されているように見えます。この2泊3日で、より溶け込んでいるといいですね。控えめな性格なので、クラスの人気者というわけではありません。でも、困っている人に声をかけるという優しい一面はありますし、ご友人もいます。卒業までにいろいろな経験をして、今よりもっと大きく成長していただきたいと思っています」(同・前)

 快晴に恵まれた2泊3日の合宿で、かけがえのない思い出を手に入れられた悠仁さま。

「これからも部活動や、文化祭にあたる『桐陰祭』の準備など、夏休み中も登校される機会は何度もあります」(前出・卒業生)

 悠仁さまの夏休みは、始まったばかりだ――。

「週刊女性PRIME」(2022年7月28日配信)

再度浮上のリスカ疑惑

こちらの「週刊女性PRIME」の記事では、悠仁さまがクラスメイトと共に蓼科で過ごす様子を捉えた写真も何枚か掲載されているのですが、不思議なことに、この酷暑で、他の生徒らが皆Tシャツを着ている中、悠仁さまだけがどの写真でも長袖のシャツを羽織っておられるようです。

以前、当チャンネルで、悠仁さまはリストカットの傷跡を隠すために、長袖の服を着ておられるのではないか?ということについて説明したのですが、今回の蓼科生活の様子を収めた写真でも、こうした疑惑は深まったと言ってよいでしょう。

「悠仁さまは、夏の暑い時期に入っても、長袖のパーカーなどを着ておられたために、リストカットなどの自傷行為をされているのではないか?腕についた傷跡を隠すために、長袖の服を着ておられるのではないか?といった噂が宮内庁の内部でもなされることとなりました。

これは、あくまでも噂に過ぎなかったのですが、今回、蓼科生活でも、ずっと一人だけ長袖のシャツを着ている様子をみると、やはりそうなのではないか?と思わざるを得ませんよね。

かつては、首に不自然なあざができていたことが話題ともなりましたが、もし、手首に切り傷の跡などが見つかれば、大騒ぎとなることは間違いありません。もちろん、こうした心配が杞憂に過ぎなければ良いのですが」(宮内庁関係者)

将来天皇となる悠仁さまに、健やかに成長してほしいと願うばかりではあるのですが。皆さんは、果たして、こうした自傷行為の噂は真実であると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

33 COMMENTS

匿名

蓼科記事での写真で上着を脱いで手に持って移動している写真がありましたが、パッと見た目は普通の腕でした。
本人ならば寒暖差の過敏なため。
影武者なら骨格隠しかと思います。
だからと言ってDVが無いと否定できないのかK子と盆ですよね…。

97
3
返信する
匿名

影武者説も最近ありなのかと思い始めています。
お茶小時代の首から上のすげ替え写真を見て、やはり違い過ぎると確信。
長袖写真は、別撮りされたもの? 数日前に撮ったとかはあり得る。これまでの入学式が全部そうだったからね。
半袖写真は、ダブル。
生徒は気づいていても外部に発言ができないというか、校内で見たこと聞いたこと口外禁止発信禁止誓約書にサインさせられているのでいまのところはばれない。

75
2
返信する
ずいぶんと成長した❓️ヒサ仁さんになっていた報道

女性自身や週刊女性プライム、FRIDAYは、YahooNewsでも掲載されるんだ❗️
ポストセブンはダメなのにね〰️。

蓼科合宿でSPはどんなに風に警護していたのか❓️、八ヶ岳登山はヘリコプターで頂上に降りただけなのに「八ヶ岳登山の経験もあり…」とはどういうことなのか❓️❔

疑問の残る最近の皇室報道。
…………………………………………
2020年11月25日の皇室ラジオ放送局「『3DKのプリンセスから皇后へ』紀子さま笑顔の奥に秘められた巨大な業とは?」

紀子が入内した裏に朝日の岩井と川島辰彦がいたこと、雅子さまバッシングの裏、敬宮さまバッシングの裏、立皇嗣の礼の紀子の笑顔の意味┅など、予言のように現状を言い表している。

台湾では、この岩井氏.川島氏の企みが報道されていたとのこと。その他色々。
ワンコちゃん、流石❗️と思った。

121
2
返信する
匿名

リス●疑惑は、正直気持ちが悪いし、怖い。
あまり考えたくないですが、仮に事実であれば
心理的な専門医療が必要なのと、あの最悪な
家庭環境を改善しなければ。

ズル仁君は結局、蓼科生活に参加するの?
ペアにさせられた女子は、可哀そうです。
(裏金でペアにされた?)今の日本には
金銭的に厳しい親御さんもいらっしゃるし
人の弱みに付け込むのが、あのニセ皇賊ども
ですから。

合宿に行けば、彼の身体的特徴が明らかになる
かも知れません。(特に左側の手足?)

100
4
返信する
匿名

リストカットは発達障害からも起きます。
家庭環境を治すことより、まずは本人の頭のなかの問題なので、療育の失敗、薬物治療が合わない、これ以上は障害者施設内においておかないと危険だということでしょうかね。

77
2
返信する
ズル盆のパパなのだ

アホ宮報道は全て胡散臭いですね!裏口盆君が登山のリーダーウソでしょ~

143
1
返信する
匿名

ひとりでだーっとしゃべっていて(誰も聞いてない)、頭の中ではリーダーだった?

103
2
返信する
一般人の感覚

ペアを組まされた女子生徒は、肝試しより悠仁さまと行動を共にする方が怖いですね。

155
1
返信する
匿名

周りは氷点下な目線でも、盆の脳内と記者さんの中ではその様に見えたのかな?
それとも山登りだけ影武者で肝試しの時は本物だったとか?

78
1
返信する


匿名

まぁやっててもおかしくないでしょうね。
あんな教育虐待を受け続けているのだから。

89
1
返信する
匿名

>まあ(リスカを)やっててもおかしくないでしょうね。
 あんな教育虐待を受け続けているのだから

週刊新潮にも書かれた
「紀子さまの悲願!悠仁さま東大進学計画」は教育虐待ですね。

ジャーナリストの篠原さんのご指摘のように
「ロイヤルパワーで東大推薦枠(一校で4名)のうち3枠
(悠仁さん+お茶の水中からつれてきたお世話係の男子2名)を強奪」
なんてことになれば、筑波大附属高校の同級生たちの恨みをかうでしょう。
(筑波大附属高校の生徒のみならず、ほかの高校の生徒たちの恨みも
 かうと思います))

他人の恨みをかうことは悠仁さんにとってマイナスにしかならない
のに。

60
返信する
匿名

もうひと枠がお気に入り同級生女子ですか・・・いやはや。
ブーメランは近いと思う。

39
返信する
匿名

「この記事」ってどちらをさしているのかで、賛成反対がわれてしまいますよ。
「週刊女性PRIME」の記事ならばあまりに都合よく美化されずぎで、全然読む気になれないけど、その女性誌記事を受けてのもっちゃんの告発記事ならば読む価値はある。特に

>「悠仁さまは、夏の暑い時期に入っても、長袖のパーカーなどを着ておられたために、リストカットなどの自傷行為をされているのではないか?腕についた傷跡を隠すために、長袖の服を着ておられるのではないか?といった噂が宮内庁の内部でもなされることとなりました。(以下略)」(宮内庁関係者)<

宮内庁独特の婉曲表現ですね。
「噂が宮内庁の内部でもなされることとなりました」
悠仁付きの職員もいるのだから、違うなら即座に否定がくるはずが、そうではないのだから、後は推して知るべしです。
もっちゃん絶好調じゃないですか。

72
1
返信する
匿名

ズルヒトと夜道を歩くことは正真正銘の肝試し、いや「キモダメ」しになりました。

アスペの子はハイテンションになると一人で延々何時間でも訳のわからないうわごとのような内容の独演会をし続けます。相手が返事をしなくても、返事がきたものと思い込んで絡んでくるのです。
ペアを組まさせられた女子生徒はこの瞬間にPTSDに罹った可能性がありますから、学校は最後までフォローしてあげてください。医師会の先生もよろしくお願いします。

100
返信する
匿名

「電子機器禁止」なイベントですが、ボイスレコーダーを忍ばせてその時の会話を録音・公開してほしかった。

ヤングケアラーとかでない普通の生徒さんなら、いきなり病気特有のテンションやマシンガントークは厳しいものがあります。
結局学校は生徒を生け贄にしたんですね。

65
返信する
匿名

山登りって虫対策の為に長袖も普通にいますよ。
街中でもこんな暑いのに日焼けしないように長袖着てる人も昔に比べれば増えてきてるしね。

10
51
返信する
匿名

「自傷行為」は彼の場合、発達障害と関連づければたちどころに説明の付く話です。同時に「チェック柄のシャツ」への異常なこだわりもまた出ましたね。

>自傷行為と発達障害の関係は? 自傷行為の分類
自傷行為は大きく3つに分類されます。

重症型自傷行為:幻覚、妄想の影響下で行われる
常同型自傷行為:精神遅滞、発達障害、脳性麻痺など
表層型/中等度自傷行為:リストカットなど
この3つの他に、強迫性自傷行為(儀式的)、衝動性自傷行為(不安や怒り)に分類できます。

この中で、壁に頭を打ち付けるなど常同型の自傷行為はアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)に合併することが多いです。

また、リストカットなど 衝動性から来る表層型/中等度自傷行為はADHD(注意欠陥・多動性障害)に合併することが多いです。<
(ブレインクリニックさまのサイトより引用)

常同型自傷行為の原因としての精神遅滞、発達障害、
表層型中等度自傷行為としてのリストカット、縊首。加えて、到底ついていけないお茶の水やツクフへ無理矢理に裏口入学、通学を強制される心的苦痛がADHDによってより強調されてしまうのでしょう。

普通ならば当然に当然特別支援校ですから、学校そのものが大きなストレスにはなりえませんが、彼のケースではいくらでも裏口をやらせてしまう親の権力と無謀が災いし、問題行動は悪化の一途を辿り、最後は薬物で抑制するしかなくなったのだと思われます。

投与されるのは、麻薬・向精神薬指定を受けるベンゾ系のお薬になるので、当然強い依存性があり、文仁同様に、一生その依存性から抜け出すことは不可能となって、耐性の発生により用量も次第に増加してゆき、父子共々廃人街道まっしぐらというわけです。

74
1
返信する


匿名

>「蓼科生活の肝試しの時には、珍しく女子と二人でペアを組めたという事で、凄くテンションが上がってたんですけど、一人でやたらと盛り上がって、女の子の方は、妙にハイテンションになって早口で、一方通行で色々喋ってる悠仁君に若干引いてる感じでした。

いわゆるコミュ障ってやつなんですかね。悠仁君だけ、やたらテンションが上がって楽しそうにしていただけに、傍目には、余計痛々しさを感じてしまいました」(悠仁さまのクラスメイト)<

これでは発達障害丸出しです。貴重な情報をありがとうございました。
相手になったお子さんは、まるで養護教員になるための教育実習に来た気分にさせられたでしょう。
何しろ小学五年生でまだ悠仁の「悠」の字が難し過ぎて書けなかったと読売新聞に書かれたほどですから。

80
返信する
匿名

楽しいイベントが介護気分になった。
周りの大人もこの生徒に重荷を押し付けるなよ。

76
返信する
匿名

筑波大学長と附属校長は、この肝試しで不愉快な体験を半ば強要された生徒さんと、帰れコール如きで長期間停学処分を受けて、学びの機会を奪われた高2生さんに対して、公開で謝罪すべきではないでしょうか。
国立附属は教育委員会のチェックを受けないので、いざとなるとやりたい放題できてしまうところを紀子は悪用してきていると思います。

45
返信する
匿名

>珍しく女子と二人でペアを組めたという事で、凄くテンションが上がってたんですけど、一人でやたらと盛り上がって、女の子の方は、妙にハイテンションになって早口で、一方通行で色々喋ってる悠仁君に若干引いてる感じ

わかるわ~
蓼科生活なんかへ参加させるから、知的障害だけでなく、アスペまで合併していることがばれてしまったわけで、先生も興味津々の人体実験をしたも同然に。
噂にされたくないなら、不登校を続けさせ、オンライン授業専門で誤魔化していればよかったのよ。

75
返信する
総体ではなく、キャンプに参加した❗️❓️日付けや予定表は❓️

週刊女性プライムのこの記事、長い上に添付写真も20枚程(その内、蓼科キャンプは5-6枚)。
「確かに、キャンプには参加した」という実証的な記事だった。

往復のバスも他の生徒と一緒、登山は経験豊かなヒサ仁さんがリード、みんなに親切に対応し、昼の食事も共にした…と。
じゃ、写真を撮ったカメラマンや記事を書いた記者はどこにいたんだろ❓️SPは遠巻きに護衛❓️??

どちらにせよ、事実と違っていても週刊女性はヤフコメ欄無しという「報道規制処分」を喰らっている。
その週刊女性だけの取材報道だから、実際の参加者生徒は「実は…でした」とは告発も出来ない。

「未来の天皇は、楽しく有意義なキャンプを過ごしました」というフィクションのために週刊女性だけが報道を許されたのだろうか❓️

添付写真には、半袖のヒサ仁さんも。リスカ跡は見えなかったが、一緒に居た生徒なら直ぐ気付きそうな半袖姿。友達の輪の中で共に行動している写真は無かった。嵌め込み合成写真だって可能なはずなのに…。

55
返信する
匿名

お茶小の高学年の遠足写真だったかは完全合成でしたからね。
動画は出ていないのでしょうか?

65
返信する
匿名

これが悠仁のための「罰則付き報道規制」の真実。
週刊女性は虚報を敢えて流すことに同意したので、特別に取材を許可されたわけですが、同業他社さんは弾かれたのですね。テレビが入っていないのでは将来「皇室アルバム」にも使えません。

学習院とちがって、同意無くテレビ取材に巻き込まれる他の生徒の人権や肖像権問題もあるので、裏口入学で在校生の怒りをさんざん買ったうえで、土足でツクフに占領軍気取りで乗り込んできた紀子も、その生徒の心を掴むことだけはできず、永久に怒号と蔑視に晒され続けることの意味が理解されていないですね。

愛子さまの麗しき学習院初等科、女子学習院中高時代と比較しても、いかに無残な、「侮蔑の青春」しか悠仁にはないか、大いに紀子は反省すべきです。

58
2
返信する
匿名

モンペママの脳内ではどんなに「プリンス」のつもりでも、現に裏口入学で、学園の自治と平和をロシア軍同様に蹂躙された被害者在校生にとっては、プリンスなどではなく「危険な発達障害児」「アスペ餓鬼」であり、アンタッチャブルな存在でしかありません。
まして、鼻下のZ型口唇口蓋裂の縫合痕などを間近でみればみるほど「触らぬ神に祟りなしだから手出しは止めようね」と話し合うだけに終わる。

突然ハイテンションになったって、彼の場合、向精神薬を余分に盛られたからであって、早い話が麻薬でハイになっているのと同じです。女子と二人きりで肝試し中に何をしでかしてもいいように、隠れ帯同医師からアドレナリンMAXにさせられれば、おしゃべりもおかしくなってしまうし、女子からみたら、ひたすら危険な存在でしかありません。

何事もなく帰京できればお祝いに、改めてズル君抜きで、どこかにみんなで日帰りでいいからお口直し旅行に行くべきですね。
森鴎外の別荘があった房総半島の日在海岸なんて、将来の東大生を目指す女子たちには一度は出かけてみてもいい穴場だよ。

42
返信する
匿名

向精神薬を余計に盛られてハイになるって、まんま雅子のスライドだね
ソファに座りもせず喋り続けてナルに赤っ恥かかせてたっけ

1
40
返信する


匿名

アキシンにとって、向精神薬は禁句らしいね。
すでに文仁がこれに嵌まっていることは何度も報じられているし、向精神薬があってもまだ手が震える「振戦」が起きているのもみなさん目撃の通り。むしろ向精神薬中毒としての振戦が発生しているともいえる。
多動でどうにもならない子でも、向精神薬の投与で登校させることはできるが、中毒との引換えとなる。
投与してもまだ抑えられないのだから末期症状。
何しろいまの文仁は24時間医師同行状態。

雅子さまが心の病では絶対に宮内庁病院にかからないのも、どんな毒薬を盛られるかわからないから。紀子による暗殺を最も警戒されていると拝察する。

38
返信する
匿名

>文仁は24時間医師同行状態
驚いた!
それでもクレクレ地方公務とやらにはお出かけ。
呆れた!

税金さえ使わなければどーでもいい。

22
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です