悠仁さま、赤ちゃんの時の異様なまでに硬直した姿勢が話題に!「真っ直ぐ過ぎて気味が悪い」の声も


文・もっちゃん

伝統の対抗戦

今年4月から名門筑波大学附属高校に通われている悠仁さま。入学時には、「提携校進学制度」という特殊な推薦制度を利用して入学されたことから、「ズル入学ではないか?」などといった批判の声も上がることとなったのですが、現在でもその余波は続いているようです。

現在、話題となっているのは、学習院高等科との定期戦です。毎年、この定期戦は大いに盛り上がっているそうなのですが、今回、悠仁さまが学習院への進学を避け、筑附に入学されたということもあり、例年以上に注目が集まっているそうです。

秋篠宮家の長男、悠仁さまが進学された筑波大附属高校が6月4日、ビッグイベントを迎える。1896年に始まり、国内で最も古い対抗戦といわれる学習院高等科との定期戦が行われるのだ。

早慶戦が1903年、筑波大附と開成高校のボート対抗戦が始まったのは1920年。いかに歴史あるかがわかる。

当初は野球と柔道のみだったが、筑波側は「院戦」、学習院側は「附属戦」と銘打ち、1951年からは総合定期戦として陸上、剣道、サッカー、バスケットボール、馬術など両校の運動部が母校の名誉をかけて覇を競ってきた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続き3会場の分散開催となるが、今年は例年以上に盛り上がるといわれる。なぜなら、悠仁さまが多くの皇族方が学ばれる学習院ではなく、筑波を選んだことにより、OB・OGに大きな波紋をよんでいるからだ。

「誤解をおそれずに言えば、随分、軽くみられてしまったなあ、という感情は持っています」

学習院OBはいきなり刺激的な言葉を口にした。

「よりによって、ライバル校に進まれるとは…という思いはありますよね(笑)。ですから、今年の附属戦は気合いが入っている人も多いはず。私自身もそう。妻に『大人気ない』と笑われましたが、母校愛というのは同じ学び舎に通った者にしかわからない特別な感情ですから」

別のOBが続ける。

「正直、附属戦のことは忘れていました。卒業して20年以上も過ぎていますからね。でも、悠仁さまが附属に進学されたニュースで、青春時代の血が再び騒ぎ始めました。連絡が途絶えていた同級生からメールが入り、みんなで応援に行くかという話になりましたが、コロナのせいで保護者やOB、OGの観戦はできないと聞き、みんな残念がっています」

新型コロナウイルスが感染拡大する前の2019年までは、筑波大附属高校がある大塚と学習院のある目白で1年置きのホーム&アウェー開催で、運動部に入らない生徒も応援に行く全校応援だった。運動部によってはこの定期戦を「引退試合」にする部もあるほど、運動部に所属する生徒にとっては特別なイベントなのだ。

「FRIDAY DIGITAL」(2022年5月27日配信)

紀子さまは、学習院バッシングを主導?

昨年の夏ごろまでは、週刊誌等でも、「悠仁さまの進学先の第一志望は学習院なのではないか?」と報じられていたのですが、最終的には、学習院ではなく、筑附への進学となりました。

この筑附への進学に関しては、「ズル入学ではないか?」といった疑惑も浮上し、様々な物議を醸すこととなりましたが、同時に、この悠仁さまの進学先の選択により、学習院も大いに迷惑を被ったようです。

「週刊誌等のメディアが悠仁さまの進学先は筑附になるのではないかと報じ始めた頃、同時に、不自然なまでに、学習院バッシングの報道も行われるようになりました。

“学習院の教育は時代遅れ”“学習院では、東大を目指せない”等々、様々な理由をつけてバッシングがなされたのですが、どうやら、このようなバッシング記事の多くは紀子さまからの要望を受けて書かれたようなのですね。



紀子さまが、悠仁さまを筑附に進学させる上で、“ズル入学ではないか?”といった批判の他に、“なぜ、学習院ではないのか?”といった批判もなされたのです。そうした批判の声を抑えるためにも、紀子さまは、週刊誌等に学習院をバッシングする記事を掲載させ、評判を落とす必要があったようなのですね。

ですが、学習院としてはいい迷惑ですよね。もともと、伝統を重んじる校風であるにも関わらず、古臭いだとか、教育方針が時代遅れだ、などと書かれてもどうしようもないわけですから」(秋篠宮家関係者)

悠仁さまの不自然な写真

このように、筑附進学により、様々な物議を醸した悠仁さまですが、現在、その幼少期のある写真が話題となっているようです。

話題となっているのは、こちらの紀子さまが悠仁さまを抱きかかえている写真です。一見しただけでも、悠仁さまが、異様なほどに全身を硬直させ、身体を真っ直ぐにしていることが確認できますね。

Twitter上では、この悠仁さまの異様なまでに硬直した姿勢に加えて、悠仁さまを驚いたような表情で眺める愛子さまについても様々に言及されています。

んん?悠仁の身体、不自然にまっすぐやない?

これ、なんかおかしいわ、、

こんな真っ直ぐな赤ん坊見たことない

何でこんな硬そうなんだろ

赤ちゃんなのに硬直した足ってあり得ないですね

幼いながらもその異様な姿に敬宮様は吃驚されたのだと思います

大人ならば表情を隠す事も出来ますがこの頃の敬宮様はまだ幼いのです

素直な感情でいいと思います

果たして、なぜ、この写真に写っている悠仁さまがこれほど全身を真っすぐに伸ばして、硬直した姿勢をとられているのかは分かりませんが、一つの可能性として考えられるのは、小児てんかんです。小児てんかんでは、発作により、全身を硬直させることもあるようなのですね。

てんかんとは、突然に意識がなくなったり、異常な行動をとったり、筋肉が硬直(けいれん)するなどの「発作」を繰り返す病気です。発熱がきっかけとなって起こる熱性けいれんや泣き入りひきつけはてんかんではありません。てんかん発作は、大脳の神経細胞が無秩序に過剰に興奮することによって起こります。この過剰な興奮が脳のどの部分に起こるかによって、症状は様々です。

「KOMPAS」(小児のてんかん)

果たして、悠仁さまは、この写真を撮った際に、偶然こうした姿勢をとられていたのでしょうか?皆さんは、こうした悠仁さまの不自然な挙動に関して、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



22 COMMENTS

匿名

この時点で 何らかの障がいを持っていたのか。
本当に天皇になれるのか、国民の疑念は高まる
ばかり。

149
返信する
匿名

「悠仁さま 赤ちゃん 写真」でYahoo検索しましたが、この写真はありませんでした。
前回の多指症や 歪な歩き方も、一般公開されているものには無いのですが、秋篠家が隠蔽工作しているのでしょうか❓️

144
返信する
匿名

ネット上には、悠仁がスーツを着せられ、正月写真撮影で紀子のそばに立っている動画中、みるみるうちに右側の口が裂けあがり、まさに化物のような貌になってゆく有名なテレビで何度も放映された動画シーンからの切り出し静止画があります。
私はミヤネ屋で生でみました。
これが悠仁が奇形児だと確信させられた一番の証拠です。

紀子側も皇室の御一家動画なので放送禁止にもできず、報道規制下であったのに奇跡的に流れたのだろうと思います。
その後、チック症だと言い訳がきましたが、口唇口蓋裂の手術に不具合があったのかとも当時は言われていました。
改めて取材をお願いしたい画像です。

68
1
返信する
匿名

ズル入学じゃない
とか
裏口入学じゃない
とか仰いますが
偏差値40の子が75の所に
どうやったら入れるのか
教えて下さい。
国語が得意で作文を書いたら盗作で
全国模試等受けた様子も無く
小学6年の運動会でやった
大玉送りは
大玉見送りで
幼稚園でやるような種目を他の生徒さんまでさせられ、
どこが優秀なのか
さっぱりわかりません。
天皇ご一家は何も疚しいところが無いからか
敬宮様の大学に通ってない
をひたすらにつつくけれど
リモートのどこが悪いのでしょうか。
今の日本に天皇ご一家がいて私達にご自分達の行く道を堂々と歩いている様を見せて下さっているから、我慢の限界だけれども、971庁に質問や意見をする位で収まっているのだと思います。
もし鯰一家と皿だけだったら、もう失望しか無いです。
お言葉など、お手ふりなど求めません。
きっと天照大神や八百万の神々、歴代天皇がおおこりになって今よりも災害が増えると思ってます。
コロナ感染防止から、とリモートで公務(と言いたくない)をしてみたり、現地に新幹線で行って一泊してみたり。ブレブレもいいところ。ホントに見たく無いのです、一家を。

183
返信する
匿名

美智子は愛子さまがいじめられたのは自然の摂理と誹謗中傷していました。
その報いが悠仁に及んだんです。悠仁に下駄をはかせなければここまでは言いたくない。

148
返信する
『天皇家のお血筋』

悠仁さんの製造に関わった『平成四人組+一人』の罪は重い‼ 悠仁さんは随分驕り高ぶった発言をしているのですが、、キコヒが普段から言って居る言葉をそのまま言って居るのでしょう。発言内容の良し悪しも理解不能なお子なのでしょう。平成天皇の孫は四人いらっしゃいますが、、唯一天皇家のお血筋を引継いでいるのは、、敬宮愛子様お一人なのです。上皇様はご存じなのでしょうか?

162
1
返信する
匿名

写真左上部の愛子さまが、まるで見てはいけないものをご覧になられたときのような、引きつった表情をなさっておられますね。
これは悠仁の口唇口蓋裂の手術痕を間近に見て、悠仁という人工的にこしらえられた男児の業の深さに言葉を失われている様子ではないでしょうか?

悠仁でのてんかん発作はおきているそうですから、これがそうだとしても驚きませんが、それよりやはり裂けた口を縫い合わせたお化けみたいな容貌に、女の子なのでびっくりされている現場だと思います。

94
3
返信する
匿名

>悠仁の口唇口蓋裂の手術痕を間近に見て、悠仁という人工的にこしらえられた男児の業の深さに言葉を失われている様子ではないでしょうか?

いくらなんでも言い過ぎですよ。
唇顎口蓋裂のかたは非常に多いのです。
数百人に一人はいます。ですから日本でも何百万人という単位でいます。
それから人工授精で生まれた子はクラスに2〜3人いるんです。
その様な方達が聞いたらどう思うでしょうか?

友人の人となりについてと、障害の原因は感情的に結びつけることではないと思います。
もちろん秋篠家の異常性については厳しく追及すべきことです。

74
21
返信する
匿名

人口授精が問題なのではなく、男子だけを産み分けたことが重大な生命倫理違反だということです。

その結果、無理な作業となり、障害児になりましたでは本末転倒であり、手段を選ばず、とにかく男子さえ産めれば皇統は簒奪できると力んだ結果、口唇口蓋裂やてんかん、多指症、脆弱性X症候群などの難病、奇形のオンパレードになってしまったといわれても仕方ありません。

また、人口授精の場合、多くは遺伝子診断が事前に可能であり、上記の障害や奇形は遺伝子診断で事前警告された可能性のあるものでした。
にもかかわらず、障害児でも、奇形児でも、男さえ産めば皇位はこっちのものと、いけいけドンドン、危険承知で産んだことも非難を免れない点でしょう。
この愛子さまの凍り付いたような表情から拝するに、この赤子はおそろしい姿だったのだと思われます。

両陛下は「コウノトリのご機嫌に任せて」と自然妊娠ならば、精子と卵子の合体に至るまでの徒競走で、障害の出やすい欠陥精子ではその勝負に負けることを当然のこととされ、結果が女児であっても、心から大切に育てられました。紀子のような野心の前には、生命倫理をあっさり無視した女とは全然違うのです。

92
2
返信する


匿名

この写真からは何にも分からないけど、その後の経過で分かることがある。
1年くらい前からネット情報で取り沙汰された「ありえない話題:ズルが筑附に進学する」ということが、「驚きを通り越した、まさか(笑)」絶対ありえないと思ったネット情報が正しかったことを証明しました。
したがって、何が出てきても驚きません。

104
返信する
匿名

マスコミには外に出すに出せない写真はいっぱいあるでしょう。
ただ、乳児が伸びをすることは普通にありますよ。
その一瞬を捉えたとしたら、フェアではないですね。
動画で見ればもっと情報がありますでしょう。
敬宮さまの表情は、見る人によりけりだと思います。

14
57
返信する
匿名

障害を批判しているのではなく、それを隠して嘘やズルばかりをするから批判しているのです。
本人はその事に気がついているのかどうか。
このまま流されて母の言いなりになるのか、一意奮闘するか気になりますね。

87
返信する
匿名

この写真の鬼子さま、下着をはいているんだろうか?
もう、こんな目でしか、この方を見られない。

42
返信する
匿名

一番衝撃的だったのは、指が六本もあって、人差し指と親指の間の一本を切断した痕がはっきりわかる写真をここで見せていただいたことでした。
知的障害がないのなら、口唇口蓋裂同様奇形児だったのかでおわりですが、難聴と発達障害が顕著なうえに奇形まであるとわかり、これぞまさに典範第三条が予定する廃嫡すべきケースなのだと理解しました。

皇位の場合、知的障害者では、まず国事行為ができません。当初の想定では、眞子を摂政にする予定で、一生介添人付きの天皇をイメージしていたのでしょうが、そうなれば天皇制への反対は強まり、反対の声への弾圧が始まります。いますでに、その傾向が見えはじめていて危惧していますが、すべてはズルヒトの障害や奇形隠しのための言論弾圧、改憲につながりかねません。

65
返信する
匿名

障害について触れるなという意見は秋篠宮家側からの書き込みでよく見られるところです。
ところが、悠仁の場合、出生直後より、異例の罰則付報道規制が敷かれてきており、成長の真実を国民の前から意図的に隠そうとする紀子側の作為が明らかですので、マスコミ報道による事実検証をさせない以上は、悠仁の障害について言われたい放題になるのも、紀子の自業自得というしかありません。

紀子はもし障害児を産んだとなると、たちまち母親の出自問題が原因だと言われるのが嫌なのでしょう。
実際、秋篠宮が外の愛人に産み付けた息子や娘たちには障害児はおらず、奇形児だったとの報告もありません。タイの息子さんは、最近めでたく結婚されたそうですが、養育費などは誰が、何の名目で、どこから支払ってきていたのでしょう。

一方で、紀子側は親族に障害児乗馬大会に出る女子もいたりしていて、報道しないことによって、遺伝に関する疑惑はむしろ高まるでしょう。

まさか内廷費から両陛下の生活を切り詰めてまで「従兄弟文仁」の複数愛人へのお手当をお支払いになられてはいやしないか、その点懸念しております。

こんな疑惑が湧くのも、いずれも報道がなされずに隠されているからで、週刊誌がなぜ秋篠宮の愛人追跡をもっと厳しくしないのか、張り込みをしないのか、実にふがいなく思います。かつて『噂の真相』が秋篠宮のタイ人愛人について触れた程度で、あとは全くのタブーなのです。

73
返信する


匿名

この硬直は痙攣ではないと思います。痙攣ならK子様のお顔が笑っているのはさすがに不自然。
赤ちゃんの反りが強い理由として自閉症が挙げられることはありますね。

あと、個人的には、A家もK子様も不信感しかありませんが、人工授精と体外受精を混同されている方が見られるので(専門分野になりますので、関わりがなければ多くの方がそうですのでおかしなことではありません)、より説得力のある議論や批判をしていただくために以下を書きます。

人工授精では、確実ではありませんが、遠心分離器で精子をある程度分離して産み分けすることも可能です。これはパーコール法と呼ばれます。

しかし、人工授精は事前にその遠心分離器にかける(主には産み分けでなく運動率の良い精子を選りすぐるため)ことが多いということ、精子が男性から直接入るのでないという以外は、通常の妊娠の過程と大して変わりません。お家でもできるシリンジ法に近いです。

一方で、着床前診断(赤ちゃんの遺伝子を調べる)は、人工授精では不可能です。これは体外受精でないとダメです。体外受精は、精子だけでなく、卵子も事前に取り出して、体外でそれ受精させます。ですので、体に戻す前にその受精卵を調べることが可能なのです。

あと、産み分けには、それ専用のph調整のためのゼリーもあり、併用する場合、人工授精にはある程度有効ですが、体外受精には無意味です。

ちなみに体外受精児はあの時代はともかく、今や保険適用にもなり、16人に1人とも言われていますから、人工授精児はもっともっといるでしょうね、

以上、ご参考になさってください。

22
13
返信する
匿名

国民は悠仁をみて「ああ気の毒なお子さんだったのね」と思っているあいだに、空気を察してさっさと継承辞退を父子で済ませておくのが碍児の父母としての最低限のマナーというべきでしょう。

それをあろうことかツクフへの裏口入学により、破壊消防的に「碍児ではないのか」という国民からの疑惑を吹き飛ばそうとしたのです。しかも帰れコールでは停学処分まで出させるという、まるで日大前理事長顔負けのマッチョな対応でした。
ここまでやるのは、やはり健常児ではないからでしょう。
それに愛人の産んだ健常児男児の存在も紀子の背後にひたひたと迫ってきています。
愛人の子らはみんな学習院だそうですね。学習院から逃げだした悠仁は最初から愛人の子に負けています。

宮内庁は、三枚舌でどちらにも逃げられるように、言を左右しているようです。

①どんなに障害があっても、摂政を立てさせても、悠仁にあくまで絞る美智子&紀子案固持するか

②まずは紀子にやりたい放題させて炎上させ、女性天皇容認へ一気に方向転換する国民が支持する案

③悠仁の障害をカミングアウトしないなら、愛人の息子をある日突然登場させ、紀子が男性天皇にこだわると最後は愛人の子になる、と第三の選択肢を提示し、悠仁の線を潰す案(これは高等戦術で、不義の子である愛人の子よりならば女性天皇しかない、と守旧派側にも②へと落ち着かせやすい)

これでは雅子さまも心安まる時がありませんね。
早く秋篠宮家の廃嫡を首相は決断すべきです。
皇室会議の招集さえできれば、既に宮家会議で秋篠宮家の皇籍剥奪要求が全会一致で決議済みなので、文仁と悠仁の同時廃嫡(継承者から外す)は可能です。

78
返信する
jiro3

幼い愛子様の視線、表情を見れば一目同然です。 凍り付いた視線は真実を語ります。 それだけでなく、まるでこれからおとづれる数々の災難を予見させるよう。

38
返信する
匿名

悠仁はみつくち(口唇口蓋裂)がひどく、乳も飲めないほどだったので、看護婦が三人ずつ、三交代で雇われ、授乳に四苦八苦したことで有名です。それでも倒れる者が続出したというので、みつくち以外にも知られていない障害や奇形があるとみられます。多指症の場合、多すぎる指を切断するのですが、その予後管理も大変だったのではとお察しだけはしますが、同情は一切ありません。

45
返信する
匿名

出産直後は、どんなに外出があっても、授乳のために急いで帰宅し『お乳。お乳』とばかり言っていたことを思い出しました。そんなに授乳が大変なのかな?と当時は狐につままれたようでしたけど。

三ツ口だとミルクが口から漏れてしまい、乳がうまく飲めず、誤嚥を起こすので、看護師が三人もつけられたのです。
普通はまだ痛覚のない、出産直後に手術してしまうのですが、あまりに酷い口裂け具合だとそうもいかないのです。

愛子さまの怯えたようなこの表情からは、おそろしいお化けをみているらしいことが窺い知れます。
それに出産直後に紀子が病院からでてきたとき、真夏なのに何重にも悠仁をくるみ、口元は記者からの求めがあったのにもかかわらず、紀子は下品な指空ぱっちん(実際はおくるみを下に下げず、いかにも下げるような空動作だけで、問題の鼻より下の三ツ口部分は厚く隠したまま会見を逃げ切った)していました。
みせたくても、あまりにひどいので見せられなかったことがわかりました。

19
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。