小室圭さん、3度目の司法試験は「名前を書いただけ」で合格?悠仁さまに続く不正試験!ネット上で告発の声


文・もっちゃん

緊張感のカケラも感じられない小室圭さん

今月26、27日に、3度目のNY州司法試験を受験した小室圭さん。すでに、2度連続で試験に失敗しているという事もあり、まさに崖っぷちの状態に立たされているはずの小室圭さんですが、リラックスした様子もみられ、焦りは感じられないようです。

今度の試験にも不合格となれば、勤務している法律事務所からも解雇され、日本に強制帰国、さらには、眞子さんから離婚の決断を突き付けられるのではないか?などとも一部で噂されていますが、それでも余裕綽々でいられることの裏には、眞子さんを繋ぎとめるための秘策があるようです。

「NY総領事館には現在、眞子さんのお世話をする専門の外務省女性職員が配置されているのは、すでに報じられていますが……」

 とは、現地の事情に通じる関係者。NY総領事館といえば、3月に赴任したトップの森美樹夫総領事が1月下旬、秋篠宮邸でご夫妻と“異例の面談”に臨んでいる。かねて秋篠宮さまは森氏と面識があり、眞子さんの身を案じて“お目付け役”を頼んだというのがもっぱらの見方なのだが、

「現在、小室夫妻は担当の“女性リエゾン(情報連絡員)”はもちろん、トップである森総領事も交えて、ある打ち合わせを進めているのです」(同)

 それは、

「眞子さんの“おめでた”に向けてのガイダンスです。夫妻はかねて子を欲しており、二人の意向を受けて総領事館でも“そのような状況になったら教えてください。病院紹介などで支援します”といったご案内をしているのです」(同)

前出のジャーナリストは、

「小室さんとしては、仮に司法試験に失敗して弁護士になれなくても、子をもうけることで眞子さんをつなぎ止めることができる。それは皇室との縁続きを切望し、子作りを勧めてきた母親の佳代さんにとっても、願ったりかなったりです。眞子さんは結婚会見で“海外に拠点を作ってほしいと私がお願いした”と述べていた。まさに拠点は盤石となりますが、その反面、子どもができれば簡単に離別するわけにはいかない。眞子さんにとって“ご懐妊”は、いよいよ後戻りできない人生の最終分岐点ともいえます」

 それこそが小室母子の戦略であろう。

「週刊新潮」(2022年7月14日号)

仮に、NY弁護士の資格を獲得できなくとも、子供を作って眞子さんを繋ぎとめてしまえば、お金や生活の問題は皇室や政府がなんとでもしてくれる。

そのような甘い考えを持ちつつ、国民の税金を使って贅沢三昧している小室圭さんに対して、ニュースサイトのコメント欄では、数多くの批判的な意見が書き込まれています。

いろいろ書いてあるが何よりも問題なのは分家のメンバー達の公共より私情を優先し、私利私欲を追い求めるのも自由という考えで「他の人間と変わらない」存在をどうして国費で賄い敬愛する必要があるのか理解できないことだと思います。一刻も早い彼ら関連の監査導入で歯止めをかける必要があると考えます。

今だに財政的に辻褄が合わない生活をNYで送っている夫婦の妊活支援まで国費を使ってやるなんて公平ではないと思いませんか?公金を使うなら都合に応じて立場を入れ替え美味しいとこ取りする夫婦を応援するより子供を持つために生活を必死に頑張っているご夫婦の方をもっと応援してあげてほしいと思う。

親が子供を心配して金銭面も含めて支援するのは当たり前ですが本人が自覚しない限り国民の不満はたまるばかりだと思います。例えば他の物価が安いところに住んで貧相な生活をしているというなら支援をしても国民は文句を言わないと思うが、現在優雅な生活を送っておりながら、総領事館等に支援してもらってるから国民の不満がたまるのだと思う。事実コメントをみても批判ばかりだから。

皇室の信頼を失墜させた小室夫妻

また、同記事の中で、皇室制度に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授も、「このような贅沢三昧の暮らしは国民からの強い反発を招く」として次のように語っています。



皇室制度に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授が言う。

「コロナ禍で若者が失職し、店舗も次々倒産するなど国民が生活に難儀している状況にあって、小室さん夫妻が渡米してセレブ生活を目指しているというのは、あまりに無神経ではないかと思います。いかに元皇族といえど、今の眞子さんの姿からは、国民と苦悩を分かち合う精神は感じられません。世界では戦争で明日の命の保証もない人がいる中、華やかな暮らしを追い求める二人の姿を国民はどう思うでしょうか。現在の彼らの活動は、むしろ長年にわたって築かれてきた皇室への信頼を失墜させるものに思えてなりません」

(同前)

名前を書いただけで合格?

NYでの贅沢三昧の暮らしで、皇室への信頼を失墜させた小室夫妻ですが、実は、現在、Twitter上でなされたある衝撃的な告発の書き込みが話題となっているようです。

小室圭

面白い話が出て来ました❗3回目の弁護士試験を名前を書いただけで日本政府が合格させるらしい❗圭を合格させないと何時までも国民がうるさいから❗元皇族の婿で試験に落ちてばかりじゃ困るから❗ビザも超特権で取得❗こんな事がまかり通るのか❗政府はアメリカに対して恥ずかしくないのか❗

このような告発の書き込みについては、「本当にそんなことあり得るのか?」といったものから、「秋篠宮家の関係者ならやりかねない」といった同意まで様々なリプライが書き込まれています。

有り得るでしょうね

完全に国害ですね

そんな事したら、アメリカまで世界から笑われることになりそう。そもそも周りの弁護士達が黙っていないような気も…。

ヨーロッパ諸国から嫌われている一家のために、そんなリスクを背負うのか疑問だけど…でも今までも信じられないことが起きてきたので、もしかして…?

こうしたネット上の告発に関して、ある皇室ジャーナリストは、次のように語ってくれました。

「果たして、こうしたネット上の告発の情報が真実であるのか?10月の合格発表まで分かりませんが、まあ、“秋篠宮家であれば、NY州弁護士会に圧力をかけてでもやりかねないだろう”というのが大方の人々の感想なのではないでしょうか。

秋篠宮家が、圧力をかけて試験の結果を捻じ曲げる、というのは、悠仁さまの筑附ズル入学の件を見ても明らかです。

唯一、分からないのは、果たして、日本の皇族である秋篠宮家の圧力がアメリカNY州の弁護士会にまで及ぶのか?という一点でしょう。

まあ、小室圭さんが実力でNY州司法試験に合格するという可能性は、限りなくゼロに近いということを考えると、今回の試験で合格となった場合、告発は真実だったということになるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

皇室への信用を失墜させ、世界中に恥をばら撒く小室夫妻。皆さんは、果たして、こうした告発は真実であると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

23 COMMENTS

匿名

秋篠闇家ならあっても不思議じゃないだろう、っつうか正田美智子が後ろにいるんだから当然あるだろうという感じ。

119
1
返信する
匿名

えっ(;゜ロ゜)
名前を書いただけで、「合格」ですか?
実物の解答用紙、見てみたいです。

ズルヒトの不正入試だけでなく、今度はKKもですか?

きちんと真面目にやっている人は、解答用紙に一部空欄や何かしらの解答が書かれていても合格ですが、それにしても…

世界中の弁護士さんたちから、笑われることでしょう。

116
1
返信する
匿名

>ズルヒトの不正入試だけでなく、今度はKKもですか?

ZAIITEN 6月号 (財界展望新社)の
「大学と企業とカネ」という特集を読んでみたら、

筑波大の経営協議会の委員 室伏きみ子女史(お茶の水女子大元学長)

東大の経営協議会の委員 永井良三氏(自治医科大元学長)

だそうです。

室伏きみ子女史はお茶の水女子大学長であった時期に、
筑波大の永田学長とともに
「提携校進学制度」
(お茶の水小・中から筑波大附属中・高に無試験入学できる制度)をつくった人物です。

永井良三氏は自治医科大の元学長で現在は宮内庁皇室医務主管(侍医のトップ)
をつとめている人物です。
(上皇陛下の手術を担当したことがあります)

37
返信する
匿名

事実なら
サラのチカラは絶対的。
あってははならないのが彼らのやり方。
口にするのも悍ましい。
話題ですら一切御免蒙ります。
吐き気がしてきた。

66
返信する
匿名

名前書いただけで合格すれば
皇室の汚点になる
まあ、皿様自体が潰したいとおもっているならそれはありな考えですね

59
返信する


匿名

そんなことが、あれば
アメリカですから起訴騒ぎになりますよ。
フェアかどうかって大問題ですもん。
一応日本人ということになってるんだから
日本の恥だ。

あの文章力だもの、普通に落ちると思いたい。

66
返信する
匿名

バイデン大統領が秋篠宮家をせせら笑っていたのはこういうこともあったのですね。悠仁の盗作剽窃事件(知的財産の窃盗犯人として英米では報じられた)だけでなく、その義兄が不出来で不出来でついには裏口司法試験とは。もしも噂が事実ならまあすごいことになりそう。
でもアメリカなので情報公開や内部告発制度も行き届いているので、今のところは美智子や紀子の思い通りにさんざん無理筋を押し通させておいて、最後にジャーナリズムに糾弾されたほうが今後のためかも。
駅南宮家を廃宮家にするにも、日本という国は外圧が必要ですから。

70
返信する
一般人の感覚

もし、日本政府(秋篠宮家)が裏で手を回して小室圭を合格させたとなったら大問題です。

前列を1つでも作れば、今度は世界中のロイヤルファミリーがニューヨーク州弁護士資格を取りに圧力をかけに来ます。

弁護士資格をロイヤルファミリーに乱発すれば悪用する輩も出てくる事でしょう。

そうなれば、ニューヨーク州弁護士の権威は地に落ちてしまいます。

そもそも、小室圭は元皇族の配偶者であって小室圭自身は皇族でもなんでもない一般人です。

ニューヨーク州弁護士会には、その点を踏まえて冷静な判断をして頂きたい!

77
返信する
匿名

もしこの話が本当になるなら、NY州弁護士という資格に大金と労力をかける意味は日本ではなくなります。
KKでも合格、名前だけ書ければ有力者なら合格するらしいね、と噂が広まり、胡散臭い資格となりますよ。
第二のツクフやお茶幼になってしまいます。
すでに合格の山口真由さんなどのスーパーエリートさんたちも憤慨するでしょうね。

本当に疫病神でしかない秋篠宮家。

75
返信する
 匿名

安倍暗殺の影の立役者といわれる見て子、
ここまでの人物ならこれまでも秋篠、紀子、眞子、佳子
ヒサも金箔付けのため血税で大枚(億単位)をはたき裏取引をしてきた、
今回も眞子主導で大枚をこの、乞食キムのため!采配をしたという!!

52
2
返信する
ヘソちゃんに貢がれたい!

NY暮らしも頭のネジが何本も飛んでる頭お花畑の貢ぎブ○の夢と見栄だけでしょ!そんな我が儘に国民の血税が猛暑日でも働いて納税するのがバカらしいね!

46
返信する


匿名

最初はナマズが、ヒラメ大使こと、ミッキー森
に命じ、画策したのだろうが、その後、日本政府
や一本眉と、DSバイデン爺ィとの間で取引きが
されている?様に思う。
それだけ、大きな案件になってしまったのか?

戦闘機やミサイル等、殺人兵器を、ユダ●人から
大量お買い上げしなければとか?
人身売●や児●●春に協力させられる、とか?

KKを自●にみせかけて...
昔の皇室には、その様な方が居たような...

29
3
返信する
匿名

小室圭が合格しようが、不合格になろうが
もう、 年間8億円ともいわれる警備費は
日本の国費から出資するのはやめてほしい

当人同士が好き好んで米国のNY州に住み
安全性を確保する為に国費を使うのは困る

だけど、10月の合格発表に不合格ならば
それでも米国に居座るつもりなのか疑問です

意地っ張りの夫婦だから日本に帰国なんて
あり得ないと思うけど、恥晒しなだけです

29
返信する
匿名

普通、KKからみて義母が静岡駅南地区出身と聞いただけで、平民以上の身分の者ならドン引きし、どんなにM子から好かれても「ボクとは身分が違いすぎるから」と逃げ出すはずが、自分から食いつきにきているのは、所詮はお互いが同程度の出自でお似合いだからだと捉えられる。

M子にしても、KKとは同類項なので、他に誰かに乗り換えたくとも相手などどこにもいない。夫婦喧嘩しても代わりがいないので、どんどん追い込まれてゆく。
すでに統一系カルト信者になったも同然だよ。

そんななかで孕ませ作戦に成功したならば、後は大船に乗った気分で、AZ家からもSD家からも電話一本でお振り込みが入るさ、ってなもの。
弁護士になっても顧客なしで大赤字になるより、永遠の受験生か補助職員のままで、たんまり資金援助させるほうが、あまり働かずして稼げていいということにもなる。

24
返信する
匿名

某組織がフライングで、秘密事項を漏らしてしまったようですね。
400点満点で260点くらいがボーダーラインのようですが、なんでも、320点くらい取ったようです。
あ〜あ、喜劇は終わってしまった。

14
1
返信する
匿名

まだ採点はおわっていないでしょ? ですって??
特権階級の最上位に鎮座するお方ですよ。一番最初に採点したでしょうし、目立たないように合格させるには何点下駄を履かせるべきか、すぐに協議したと思いますよ。
ほら、思い出してください、ズルひとの時を。

返信する
匿名

1回目の時、小室圭は西村宮内庁長官に『大丈夫です!』とフライングして見事に撃墜されましたね。

某組織てはありませんが・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です