火災事件の主犯は、愛子さまを“クソガキ”と呼ぶ紀子さま子飼いの皇宮警察だった!反天皇家思想を洗脳され、秋篠宮ご夫妻を心酔する下劣さ


文・もっちゃん

皇宮警察の腐敗の実態

近年では、様々な不祥事を起こし、度々ニュースで話題となることも多い皇宮警察ですが、「週刊新潮」(2022年6月23日増大号)では、現在の皇宮警察の驚くべき腐敗の実態を詳細に報じています。

この号では、特集記事が組まれ、皇宮警察の実態を暴露する記事が5ページに渡って掲載されておりますので、今回から数回に分けて、その内容について紹介していきたいと思います。

「週刊新潮」は、15日に、WEB版記事の「デイリー新潮」にて、皇宮警察が起こした火災事件について報じました。

皇族の護衛や皇居の警備などを担う組織・皇宮警察の不祥事が発覚した。なんと幹部らが、飲酒の禁止されている皇宮警察本部庁舎内で飲酒し、さらに酒のつまみを火で炙ったことで火災報知器が作動。機動警ら車などが多数出動する騒動を起こしていた。しかも、飲酒していた幹部の一声でこの件はもみ消され、今に至るまで報道されていなかったのだ。

問題を起こしたのは池田好彌(よしや)氏をはじめとした皇宮警察警務課の幹部。皇宮警察関係者によると、

「2年前の3月16日の夕刻、池田たち警務課幹部5人ほどが本部1階の警務課の部屋で酒を飲んでいました」

 無論、本部庁舎内での飲酒は禁止されている。

「しかも、その日は飲酒だけではなく、スルメか何かのつまみを火で炙っていたため、火災報知器が作動。警防係員や機動警ら車が多数出動する大騒ぎになったのです。皇居の中で火災など、とんでもない不祥事。大変な事態です。しかし、池田らが“誰にも言うな”と口止めしたため、これまで表沙汰にならず、隠蔽(いんぺい)されてきたのです」(皇宮警察OB)

さらに、

「ちなみに本部での飲酒は常態化しており、“警務課はいつも本部で酒を飲みながら人事を決めている”といわれています」(同)

 当の池田氏に、皇宮警察本部での飲酒と火災報知機を作動させた件について聞くと、

「あっ……。なるほど……。(数秒の沈黙の後、声を震わせ、うつむきながら)わたくしの立場ではお答えしかねますので……。本部の広報官を通してご質問をしていただいてよろしいでしょうか」

 皇宮警察本部にも取材を申し込んだところ、

「事実関係の有無を含めてお答えを差し控えさせていただきたい」

 と広報官が言うのみだった。

「デイリー新潮」(2022年6月15日配信)

この火災事件、さらには、こうした事件がテレビや新聞などの大手メディアで報道されてないよう、情報が隠ぺいされたというだけでも、驚きですが、こちらの記事では、さらに「週刊新潮」(2022年6月23日号)の雑誌記事では、さらに詳細に、皇宮警察の実態について報じると予告されました。

そして、「週刊新潮」(2022年6月23日号)では、この事件のきっかけとなった飲み会を主催し、さらにこの事件を隠ぺいしもみ消した40代後半の池田好彌という警務課幹部について、愛子さまのことを普段から「クソガキ」などと呼んでいるとんでもない人物であることを報じました。



「山口と同じ北海道出身で、山口のことを崇拝している40代後半の池田好彌という警務課幹部も愛子さまのことを“クソガキ”と呼んでいます」

皇宮警察OBはそう話す。

「池田は、天皇陛下が皇太子だった時代に仕えていたのですが、愛子さまを間近で護衛していながら“クソガキ”と日常的に言っていましたね。あなたそういう気持ちで守ってるの?それ国民に言えますか?という話ですよ。

両陛下がそのことを知ったら、自分のところに3~4年はいた人ですから、『こんな人だったのか』とショックを受けられるでしょうね」

「週刊新潮」(2022年6月23日号)

愛子さまを「クソガキ」と呼ぶ皇宮警察トップ

さらに、この池田氏が崇拝している上司であり、皇宮警察のトップにあたるのが、山口孝幸護衛部長なのですが、この山口氏も愛子さまのことを“クソガキ”と呼んでいるそうです。

天皇皇后両陛下や皇族の護衛、皇居の警備などを任務とする皇宮警察。そのトップである皇宮警察本部長や副本部長などは警察庁キャリア組のポストで、高卒、大卒で皇宮警察に入ったプロパーの職員が上がり詰められる最高のポストは、護衛部長だ。現在、叩き上げのトップであるその地位には、山口孝幸護衛部長(58)が就いている。

「山口が愛子内親王殿下のことを“クソガキ”と呼んでいることは、皇宮警察の内部では有名な話です。私は、山口がそう悪態をつくのを直接耳にしたこともあります」

と驚くべき証言をするのは皇宮警察関係者。

「以前、山口が赤坂護衛署の副署長を務めていた時のことです。当時、愛子内親王殿下は、学習院初等科に通学されており、我々は、往復の際の護衛配置についていました。ただ、愛子内親王殿下は時間にアバウトなところがおありで、40~50分の遅刻もよくありました。その際、あまりに遅くて苛立ったのか、山口は私の目の前で“このクソガキがっ!”と言っていました」

いくら遅刻に苛立とうが、相手は護衛対象である皇族。その任務中に「クソガキがっ!」と吐き捨てるとは、万に一つもあってはならない言動という他ない。

(同前)

美智子さまと紀子さまからの洗脳が原因か

果たして、何故、山口氏や、池田氏などの皇宮警察の幹部らは、このように愛子さまに悪態をつき、さらにそのようにしながら、幹部の座まで登り詰めることができたのでしょうか?ある宮内庁関係者は次のように語ってくれました。

「山口氏や、池田氏が、愛子さまのことを“クソガキ”などと呼んでいたことには、理由があります。一つは、紀子さまや美智子さまが、彼らのことを徹底的に洗脳し、当時の東宮家への憎悪を募らせていったことです。

美智子さまは、職員に、週刊誌などの皇室記事でスクラップを作らせることで知られていますが、実は、このスクラップはご自身の観賞や保存のみのために作らせていたのではなく、有望な職員に配布するため、複数作成させていたのですね。

そして、山口氏や、池田氏には、愛子さまや雅子さまへの批判が書かれた記事や、美智子さまや秋篠宮家を称賛する記事のスクラップを徹底的に読み込ませていました。その結果、この二人は、東宮家は悪であり、美智子さまや、秋篠宮家は気高い高貴な存在であると、すっかり洗脳されてしまったようです。

さらに、美智子さまや紀子さまは、二人がこのようにすっかりと洗脳された様子を見て取ると、出世の階段を上らせていき、人事権を握らせました。結果、現在の天皇家に敬意を払う職員が皇宮警察内で出世することができないという異様なシステムが構築されてしまったようです」(宮内庁関係者)

「週刊新潮」(2022年6月23日号)は、この他にも驚くべき情報を暴露していますので、今後も数回に分けて内容を紹介していきます。皆さんは、このように腐敗し切った皇宮警察について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



46 COMMENTS

(ワ)

敬宮様をクソガキと呼ぶのは、美智子か紀子の手下ではないかと想像していたけれど、
やっぱりそうだったんだ。

敬宮様をイジメていたのも、そこの関係者。
その関係者を敬宮様をクソガキと呼ぶ。
納得できるわ。

329
2
返信する
匿名

宮内庁、皇宮警察は正田川島一味に支配されていますので、天皇御一家を守るためには自衛隊を使うべきです。

274
1
返信する
匿名

本物の愛子様は何処に?
小学校高学年から偽愛子です、成人会見も偽愛子、創価同和は何でも有り、何でもやる。偽愛子を天皇にさせようと創価同和は必死!
工作員を使い、創価の書き込み隊を使い、秋篠宮皇嗣殿下ご一家を貶め、皇位継承一位、二位の殿下、親王排除に必死!
2017年偽眞子による偽眞子と小室の婚約内定会見をNHK録画で放映した。
眞子内親王殿下は小室なる者とは、全く無関係!
昨年、偽眞子と小室の結婚会見ニューヨーク無職税金生活、、全て、創価同和が、
秋篠宮皇嗣殿下ご一家を貶める道具にして、今も国民を欺いている。
一日も早く、宮内庁に巣食う創価同和反日団体工作員を逮捕して、宮内庁解体、
秋篠宮皇嗣殿下ご一家をお守りして貰いたい。
2017年年から危険を察して、お隠れになっている本物の眞子内親王殿下、
佳子内親王殿下が国民にお姿をお見せになって頂きたい。
偽眞子、偽佳子が、秋篠宮皇嗣殿下を貶めているが逮捕して、一網打尽に工作員を逮捕して貰いたい。

4
212
返信する
匿名

池田悪ヤは埼玉県に戸建てを持ってるクズです。
もっと池田悪ヤの悪事を裁いて下さい。
それが日本国の為になります。

返信する
匿名

A晋三に忖度して出世する、議員・役人
と同じ構図ですね。 一本眉も鬼ー子も
イエスマンで回りを固め、天皇家をイジメ
てきたのが、よく分かります。

天皇家の皆様は長い時間、ご苦労された事
と思いますが、有力な週刊誌に報道され
今後、さらに、平成四人組は批判され
悪行を掘り返されるのは確実ですね。

それにしても、一本眉は実の子である天皇家
に意地悪ばかりするのでしょうか?
事情の分かる方に、教えて頂きたいです。
単に、雅子様が嫌いなだけではない様に思い
ますが?

284
4
返信する
通りすがり

私も不思議でたまりません。
でも、今上天皇の幼いころからご結婚前までは、上皇后にとって徳仁様はご自慢のご長男だったように映りました。ご次男にちゃんとした教育をしなかったのは、ご自身の息子と差をつけるためだったのではないかと思うくらいに。

150
3
返信する
匿名

やはり鯰は愛人の子供だからと言う説が濃厚かと思います。
サーヤも皿鯰派閥なので東宮家は本当に孤立していたかと思います。

139
2
返信する
匿名

美智子さんは正田家を閨閥にして様々な利益を受けています。
それを引き継ぐ秋篠宮がいる限り悪事はバレる事がない。
かりに今上陛下が力を持たれたらそのアリの一穴から全てがバレてしまう。男系男子派が敬宮様の女性女系になるとスキャンダルまみれの皇室が暴露皇室そのものが崩壊の危機と思っているからです。

73
3
返信する
通りすがり

雅子様がお妃候補にあがった頃の話です。
語学堪能、外資系に勤めてた知人の職場の先輩にまで宮内庁からお妃候補にという打診があったそうです。
その先輩は才女だけではなく家柄も良かったそうで、父親経由で言われた話だが断ったと。
その時に「宮内庁が高学歴で頭の良い方をお妃にしたいと思ってるらしい」とも聞きました。
家柄+才女 を求めてると当時聞いた時は皇族なら学習院くらいまでで良くないか? とちょっと見栄を張ろうとしている宮内庁かと疑問抱いていました。
ですが、のちにこうやって雅子様前のいわゆる「嫁選びの失敗」を知り、当時の宮内庁にはきちんとこのままではヤバい、とおもう理由があったのだろうとおもうように。

そして、息子のお妃様探しの苦戦から聞こえてきた条件で自分を否定されたような美智子様だったのではないかと自分はそう思っています。
身から出たサビなので、逆恨みもいい加減にしろです。

あくまでも私の中の推察ですけど。

68
3
返信する
『浅原彰晃波の洗脳術』

『オーム真理教の教祖浅原彰晃』並みの洗脳術をお持ちの前皇后・キコヒ、、もう何おか況や‼『トップが腐ると部下も腐る』状態なのですね、、もう宮内庁・皇宮警察は解体し、、勤勉で誠実な若者は沢山いますので再編成すべきです。そして皇室に会計監査・DNA鑑定を早急に導入なさって下さい。

●宮内庁のHPの意見書欄に、氏名・アドレス・電話番号迄は記入できるのですが、、肝心の意見書の欄へは何故か記入できないのです。皆様は如何でしょうか?

●宮内庁の宮廷費の明細書を公表して下さい。

188
1
返信する
匿名

オームは自由加入なので入信しなければ良いだけのことだが、皇室は国民総強制加入だから皇族には矜持が求められる。美智子も紀子も皇室特権を悪用し国民を騙し組織的なマインドコントロールと苛めを行なった。罪は裁かれるべきだと思う。

29
返信する
匿名

ここまで愚かな人を伴侶にした上皇、何を考えながら象徴として日々を送っていたのでしょうか。
普通であれば
海外に行かれても、海外の要人とお会いになっても
凛として堂々としたお振る舞いをなさり、後継者として申し分のない息子に胸を張れるところでしょうに。
自分の後は大丈夫だ、と安堵なさる所なのに。
加えて、その方々をお守りする皇宮警察って、そんな腐りきった部署だったなんて、驚きを通り越し情けなくなってきました。
髭の殿下の日記に女性天皇、女系天皇の記載があるようですが、生存していらして昨今の現状を見たら、絶対男系男子には(特に鯰一家に皇統が移ること)には反対なさると思っています。
もう旧宮家にしか男性はいないのですから。
敬宮様を陥れようとするようなニュースが出たりしますが、ミテコ自身やその系列の物に書かれた事は、全て皿と鯰負債の言葉と受け止めています。
全く意に介しません。

228
1
返信する
匿名

こうやって外堀を埋めるのですか。

近年の皇宮警察の不祥事の数々を見て「天皇陛下の間近でこんな事が!?」と思っていましたが納得しました。
これならば、いざとなったら陛下より皿や鯰を真っ先に助けそうですね。

207
1
返信する


匿名

昔々あるところに、とても立派な王様がいました。
しかし、王太子は頭も性格も悪い上に好色で、王様の悩みの種でした。
ある日、街へ遊びに出た王太子は、誘われるままに粉屋の娘に試し乗りをして、すっかり その性技の虜になり、周りの反対を押し切って、娘を妃に迎えてしまいました。
大恋愛の末に結婚した王太子ですが、生来の好色の虫が疼き出し、王宮に出入りしていた貴族の姫君に手を付けて、妊娠させてしまいました。
それを知った王様はカンカンです。
後宮を持たない清潔な王室の評判が、地に落ちてしまいます。
とは言え、王族と高位の貴族との貴種を闇に葬る訳にもいかず、一同 頭を抱えていると、粉屋妃が「私が身籠ったことに致しましょう」と申し出てくれました。
こうして王室のスキャンダルは回避され、王太子は粉屋妃に頭が上がらなくなりました。
ここで粉屋妃が本当に身籠ってしまってはいけないので、王太子夫妻は寝室も別にされ、特に王太子には再び軽はずみなことをしでかさないようにと、厳重な監視が付けられました。
めでたく夜は自由になった粉屋妃は、王宮を抜け出して乱○パーティーに出席したり、眉目秀麗な近衛兵を自室にくわえこんだり、趣味の試し乗りを謳歌しておりました。
月満ちて、王宮に男の子が生まれました。
将来の王位を約束された、威厳を感じさせる御子でした。
粉屋妃の底意地の悪さに気付いていた王様は、継子イジメを危惧して、早々に御子の養育を侍従に任せることにしました。
王様直々の帝王教育と、侍従の適切な養育の下で、御子は名君への道を歩んで行くことになります。
その道は、実父である好色王太子と、出自の卑しい粉屋妃の妨害もあり、茨の道となるのです…

To be continued. (← ?)

105
8
返信する
匿名

ああ、それって、今の陛下はお皿の産んだお子ではない、ということですか?
なるほど、納得できます。

49
4
返信する
匿名

天皇家の周りに敵が多すぎて最後まで読むのが辛すぎた…
こんな状況で雅子さまと愛子さまはよく耐えてこられたと思う。
こんな人達に騙されていたなんて!
早く皿バーが三途の川を渡ればいいのに!

214
1
返信する
匿名

クソガキ?税金泥ー貢ぎのブ~ちゃん!ヘソ踊り達郎!盗作、裏口、カンニング盆は何と呼ぶんだ!

149
1
返信する
匿名

週刊新潮の掌返しが痛快。
紀子と美智子の指図に従わない皇宮警察官は出世しないという構造にされてきた。
伝統的に公安の弱さが原因といえる。

解同をBと呼び、在日をZと呼ぶ実力組織ならば駅南妃の指図に従うなどとんでもない危険行動となるのだが、同じ警察でも事なかれ主義が横行し、直接暴力と接しない皇宮警察では、だんだん貴族化、儀礼化してしまい、美男美女が集められる警察劇団のようになってしまう。メインの仕事がパレード演習やSPのようになるうちに、こうやって愛子さまを「クソガキ」と呼ぶ男が出世する理由となってしまう。

かくなるうえは、両陛下については、別働隊を用意し、自衛隊特殊部隊出身者から直接要員を採用すべきでしょう。
場合によっては、紀子や美智子に買収された腐敗皇宮警察官を自死にみせかけて暗殺し、粛清できるほどの極秘組織、文字通りの天皇親衛隊が必要です。
警察という武力組織が斯くの如くに腐敗していては、両陛下も困っておられるわけで、武力組織をも粛清できるさらにハイパワーな部隊の編成が急務です。

143
2
返信する
匿名

糞餓鬼発言をした人物が皇宮警察官とは世も末。

山口孝幸護衛部長(58)らはノンキャリの上がりのポスト「護衛部長」でくすぶっていたわけで、キャリアでないとどうにもならない警察組織内では、一番厄介な存在ともいえる。
常時庁内であれ酒盛りをしていないと、上の東大卒キャリアに歯が立たず、その鬱憤晴らしを雅子さま愛子さまへの悪口雑言に求める格好なのです。マスコミも似たところがあって、NHKなんかそっくりです。

山口や池田らはノンキャリなので、雅子さまや愛子さまが疎ましくてしようがなかったのでしょうね。
とりわけ天才の誉れ高き愛子さまにまでいちいち舌打ちしているのは、本人的にはキャリア官僚にこき使われる己の惨めな姿から、とびっきり優秀な愛子さまを憎み、それでも足りなくて酒盛りをすることで、ノンキャリ警官の悲哀をお互いで慰藉し合っている。
が、この山口らの日常とは、イコール愛子さまに暴言を吐き続ける紀子の姿でもあるわけですね。

一方の紀子からみれば、まだこれらノンキャリ警官のほうが賤民でないだけ、身分的には自分より上位なわけで、思いっきりアゴでコキ使ってやろうにも、まずは洗脳を経ておかないと不安でならない。
賤民とは疑い深い人種で、とにかく自分と同じ卑しい出自の者以外は信用しません。彼らが糾弾会などで、平民以上を怖じ気づかせてからでないと物がいえないように、紀子も同じ手で彼らを洗脳しまくった。

彼らもその洗脳を受け入れ、賤民妃に同化することで、知らず知らずに「反キャリア=反雅子さま、反愛子さま」となってゆき、度を過ぎた行動になったのでしょう。気づけばこんな不敬発言をしてしまい、新潮の餌食になったのですが、これから先どうするんでしょうね。警察も辞めるしかないでしょうが、再雇用も不敬発言だけに困難ですよ。名前が出たので、警備会社でも「あ、あの不敬発言のね」とバレバレです。

スルメを炙るところが北海道出身者らしくて、ここだけは笑えました。
その故郷のスルメを愛子さまと一緒に召し上がっていれば、山口池田らの人生もいまとは真逆のよい方に変わっていたでしょうに。時既に遅しですが。

134
1
返信する


匿名

日常世界で「クソガキ」という言葉は余り使いませんね。死語です。
下品な特殊階層の人たちは知りませんが、皇室に仕えるような人々がこんな下品語を使用しているようでは、ただちに辞職していただくしかありません。

例外は、愛子さまを下駄箱に頭から突っ込んだ暴力児童らで、彼らは「このクソガキめ」と愛子さまを罵倒していたと聞きました。
一人は紀子が住んでいた学習院職員住宅階下にいた体育教授の孫で、案の定学習院はドロップアウトして、遠くの三流校に都落ちしてゆきましたけど。
どうやら、紀子周辺で、反愛子さまを標榜してきた連中は揃って愛子さまを「クソガキ」と呼び習わしていたことになります。紀子の指示なんでしょう。

171
1
返信する
匿名

まさにお里が知れる、ですね。
この宮妃の周辺は、そういうのばかりということですか。

136
1
返信する
匿名

新潮の記事は愛子さま、紀子、眞子への悪口を書いているので、皇宮警察全体が皇室の方々全てに敬意を払っていないという印象をうけますが、実態は違うのでは?
①モラル低く嫌いな皇室全体に悪態つく
②美智子+秋篠宮派で今上陛下の方々を攻撃するもの
③そもそもフラットで皇室に敬意を払い理不尽な対応に是正を求める人
の3つに分かれていると思います。問題なのは①②で特に②のような人たちが恩恵うけるのは、皇室利用にあたりどうしてこういう方々が優遇されるか徹底解明が必要ですね。東大や筑附でも秋篠宮家が人事や組織運営にも関与してますよね。同じことが皇宮警察にも行われていたら、皇室の安全保障に大問題です。
以前、レーガン大統領が狙撃されたとき警備の方が盾になり守りました。いざとなったとき命に替えても職務を全うするのが、正しい姿勢であり誇りを持って仕事できるのでは。それが天皇陛下を敵視して秋篠宮一派を立てようとする、まるで韓国歴史ドラマの対抗勢力の間者そのものです。単なる悪口で済ませる話じゃないです。関係者を証人尋問して徹底的に壊滅させて下さい。絶対に許せません!

65
1
返信する
匿名

「山口孝幸」「池田好彌」

愛子さまを糞餓鬼と呼んだ皇宮警察官幹部として、永久にネット検索対象者になりました。

どこに再就職しても、定期的にその消息はSNSで注目され続けます。
アキシンジャーからは「神」かも知れませんが、愛子さまを尊敬する一般国民からすれば、不敬発言をする警察官にあるまじき不敬警官の代表格になった。

彼らの処分内容と今後の処遇、再就職先には、愛子さまへの不敬発言を”功績”とみるか、”非行”、”反逆分子”とみるか、警察の本気度が問われるからです。

152
2
返信する
匿名

愛子さまを陰では「くそガキ」と呼んでいるような人物。徹底的に美智子と紀子から洗脳されていた人物。

こんな人物たちが、皇宮警察幹部の地位におり、日常的に拳銃を携帯して、愛子さま護衛の任に当たっていたのです。空恐ろしいことです。

もしこれが首相のSPで、日頃から首相を「くそ」と呼び、反抗的態度をとる人物だったら、岸田さんはそれでも身を任せるでしょうか?命預けられますか?

警視総監、このような皇宮警察内で起きていた洗脳について、隠ぺいの方向ではなく、ありのままを第三者委員会により調査させてください。
テロの歴史をひもとけば、側近から殺されるケースが多々あります。民衆から狙われるのではなく、身内からのほうが危険ともいえるのです。

宮内庁長官、もう秋篠宮家への皇位継承は不可能です。一番スマートなのは、健康診断を装って、血液検査し、手違いでDNA鑑定されてしまう方法です。
その結果をCIA経由でアメリカの新聞に報道させる。
これで秋篠宮家は典範違反の偽皇族にできます。
廃宮家、皇籍剥奪へもうあとワンステップです。

106
1
返信する
匿名

この一件で思ったのは、以前敬宮さまが登校不安になられた際、雅子妃殿下(当時の)がしばらくの間付き添われたことが、当時おかしいなぁ…護衛に任せられるだろうにどうして雅子さま自ら付き添わなければならないのだろう、と不思議だったわけがわかりました。
そばにいる人が一番危なく信用できなかったのですね。
おいたわしいです。

100
1
返信する
匿名

やれやれ、皇室の醜聞にも慣れては来たが、ひょっとすると、闇の奥深くには、人智の想像を超えた妖怪変化が跋扈している世界がありそうだ。
もう、ここまで来た以上、皇室を立て直すのは無理でしょう。もし雅子様がいなかったら、いったいどんな乱痴気騒ぎになっていたことやら。

100
1
返信する
匿名

>この二人は、東宮家は悪であり、美智子さまや、秋篠宮家は気高い高貴な存在であると、すっかり洗脳されてしまったようです。

計略にまんまと乗せられ、いいように洗脳されてしまった山口某、池田某

昨今の次から次へと切れ目なく溢れ出るA宮家面々の醜態を見聞きしても、まだ気高い高貴な方々だと思っているのだろうか。

また、愛子さまのあの気品溢れる真摯で立派な成年会見を見聞きしてもなお、彼らにとっては憎むべきクソガキに過ぎないのだろうか。

この二人に問うてみたいものだ。
今の様々な事象を見ても考えが全く変わらないようなら、それは見たいものしか見えず、聴きたくないことには耳を塞いでいるとしか思えない。
全くの思考停止状態だ。

95
1
返信する
匿名

>皇居の中で火災など、とんでもない不祥事。大変な事態です。しかし、池田らが“誰にも言うな”と口止めしたため、これまで表沙汰にならず、隠蔽(いんぺい)されてきたのです」(皇宮警察OB)

常識的に考え、現宮内庁長官の出身母体に関係する問題なのでずっと口止めされていたことになります。
ウィキでの西村長官の経歴とは
>2016年(平成28年)9月26日、宮内庁次長
 2019年(令和元年)12月17日、宮内庁長官

火災発生は、
>「2年前の3月16日の夕刻、池田たち警務課幹部5人ほどが本部1階の警務課の部屋で酒を飲んでいました」

つまり、西暦では2020年3月16日に火災が起きており、現在の西村宮内庁長官の代になっています。

となると、警察出身者が宮内庁長官に22年振りにやっとつけたのに、いきなり火災、それも皇宮警察の不祥事では今後両陛下や愛子さまに暗黙の睨みを効かせることができなくなるので、美智子と紀子の意向でもみ消されたものとみるべきでしょうね。
どこまでいっても賤民卑との癒着癒着です。

94
1
返信する


匿名

コロナ発生状況と池田らの不祥事をリンクさせると、2年前の3月といえば、ダイヤモンドプリンセス号事件発生で、日本中がコロナを怖れ、一斉休校をやっていた期間でした。
その先頭に立つべき警察官が、庁内で飲酒し、火災騒ぎとは、皇宮警察でなくても、進退を問われるほどの大事件だったので、隠蔽したともいえます。

西村長官が知らなかったはずはなく、これを報道させずにいたことは重大責任であり、本件でもって引退もやむなしと思います。
次の新長官は、雅子さま自身が指名されて、お選びになればいいでしょう。
間違っても解同の顔色を窺い、安西家の立場を慮り、見て子のいいなりになる人物はお断りです。

90
1
返信する
匿名

素朴な疑問。

愛子さまのことを、よりにもよって、クソガキと呼ぶのは、侮辱罪、どころの騒ぎじゃないんじゃないですか?なにしろ皇室警察が裏に回ってそう呼んでいたのですから。
もし皇室警察が反省の色を少しでも見せる気があるなら、はっきりと黒幕を特定すべきですね。
黒幕が誰か、国民はみんな分かっているんですけど、皇室警察はじめ、971庁、その他本来一番身にしみてわからなければならない人たちが、「知らなかった」とか「わかりましえええん」とか、すっとぼけて、恥さらしなことを言ってるんですから。

私は971庁の対応に素朴な疑問を抱いているんですが、説明可能な言い訳は、黒幕がビックリするような人だ、ということなんでしょうね。そんなことはサラサラ・・・無い??

76
1
返信する
匿名

例えば、ツクフでの盗撮事件もきちんと捜査をして、盗撮用カメラの所有者を割り出し、少年でも容疑者を特定し、東京都迷惑条例違反で逮捕するくらいやれば、皇宮警察も失地回復出来るかも知れませんが、秋篠宮家とその周辺からは逮捕者は出せないというのでは、皇宮警察の信用も地に墜ちたままでしょうね。

72
1
返信する
匿名

警察官なら誰でも、DNA鑑定の結果で死刑にもなれば無罪にもなる、まさに鑑定結果次第で、天国と地獄に分かれるものだとわかっている。
それだけに美智子が文仁非嫡出問題でどれだけ心痛を抱え、長年にわたりヒステリーで発狂してきたかもわかるだけに、組織の幹部連中が弱腰になり、雅子さまと愛子さまを痛めつける処方箋ばかり出そうとするのも、美智子の最初の間違いが原点といえるのだ。

ところが、紀子という異分子が入り込み、出自調査なしでいいとの同和先例を作ってしまったことで、急に皇室そのものが紀子という悪貨に駆逐される下品な存在となってしまったのである。
加えて、この対立を利用しようとする警察内の犬どもが現れ、手帳を持った美智子犬や紀子犬が本家の両陛下を脅かすような悪さをし出し、その典型例が今回の醜聞記事にもよく出ている。

75
2
返信する
匿名

ミチコはキコのことを「したたかな策略家で見込みがある。」と言っていたそうですね。巧妙なマインドコントロールテクニック、
カワタツが指南したのか?

66
1
返信する
『護衛の大罪』

「したたかな策略家で見込みが有る」、、当方もお聞きした時に『皇室なのに、、なんだかスパイ養成所のような言葉」と思いました。嫁いできたお嫁さんに対して言う言葉ではないですよね‼

●自分の生命をかけても護衛すべき天皇家の唯一の皇女、『敬宮愛子内親王殿下』に向かって、”クソガキ”とはいくら前皇后・キコヒに洗脳させられていたとは言え『大罪』です‼

76
1
返信する
匿名

ひどい話で、敬宮さまには気の毒な仕打ちであります。

けれども皇室というのは常にこのような、醜い造反を伴って存続している。
光あれば影がある。
増築が大きければ大きいほど、日の当たらない部署は一生日が当たらない。
そして日の当たる部署は「ああ成らなくてよかった」と、胸を撫で下ろす。

皇室(王室)が存続するためには、スリム化が絶対不可欠です。失敗例がサウジアラビア、成功例が北欧諸国ですね。
変えるべきは皇室の体制ではなく、国民の意識です。皇室に自分の理想や夢を託しているうちは、何も変わらないでしょう。
国民の精神的成熟こそ、第一に反省ずべきだと思います。

何にでも順位や権威、系列をつけて不安から逃れようとするのは、幼い心がそうさせる。
何かに頼りたい、すがりたいという自信のなさが、そうさせるわけです。

皇室問題の原点は、私たち一人一人の有り様から来ているのかもしれないです。

39
4
返信する
匿名

雅子様がお妃候補にあがった頃の話です。
語学堪能、外資系に勤めてた知人の職場の先輩にまで宮内庁からお妃候補にという打診があったそうです。
その先輩は才女だけではなく家柄も良かったそうで、父親経由で言われた話だが断ったと。
その時に「宮内庁が高学歴で頭の良い方をお妃にしたいと思ってるらしい」とも聞きました。
家柄+才女 を求めてると当時聞いた時は皇族なら学習院くらいまでで良くないか? とちょっと見栄を張ろうとしている宮内庁かと疑問抱いていました。
ですが、のちにこうやって雅子様前のいわゆる「嫁選びの失敗」を知り、当時の宮内庁にはきちんとこのままではヤバい、とおもう理由があったのだろうとおもうように。

そして、息子のお妃様探しの苦戦から聞こえてきた条件で自分を否定されたような美智子様だったのではないかと自分はそう思っています。
身から出たサビなので、逆恨みもいい加減にしろです。

あくまでも私の中の推察ですけど。

29
7
返信する
匿名

皇宮警察に知人がいたのですが、地方出身で、親御さんが近所や親類縁者に「息子は優秀な警察官なので、皇宮警察におります」と会うごとに自慢していただけに、山口や池田の北海道の親類縁者たちもどれほど衝撃を受けているか、その故郷での愁嘆場は想像するに余りあります。

美智子と紀子のずるがしこいところは、いわば弾よけになってくれる現場の警察官を徹底洗脳し、反雅子さまにしてしまったことで、その結果、両陛下の行動予定や愛子さまの動きが悪党たちに筒抜けになっていること。これが紀子配下の解放同盟に漏れるなどすれば、どんな結果を招くか、恐ろしい話です。

実際、悠仁には罰則付き報道規制で、障害児とすぐにわかるブザマな写真が漏れないように警護されているのに、愛子さまにはそうした配慮がなく、週刊誌の叩き記事用の写真ばかりが撮られてきました。

ここで山口らが「クソガキ」と愛子さまを罵った真意とは、暴漢やパパラッチに、愛子さまの正確な登校時間を漏らそうにも、愛子さまのほうが自己保身術に長けておられていて、警察をも裏切る格好で早く出られたり、逆に遅刻になろうともわざと遅く出られたりと、秒単位のスケジュールを敵方に察知されないようにされてくることに腹を立てていると読むべきです。
一言でいうなら、警察官でありながらも、完全にテロリスト目線になって、ついうっかり「クスガキ」と口走ってしまっているのです。

61
1
返信する
『信子様の喘息発作の件』

『信子様の喘息発作の件』にも、「テロかもわからないので厳重に調査をするべき、、」とのコメントが有り、、当方は「まさか、いくらなんでもあり得無い」と、思っておりましたが、、その「まさか?」が今は「本当にあり得る」と、思う様になりました、、狡猾で狡賢い前皇后が裏で洗脳し支配ているのですから‼

●以前皇宮警察のお若い方が自殺した件がありましたね=噂では『愛子様』を
 殺すよう指示されていたとか?今は信じざるを得ません‼

58
1
返信する
匿名

本当の糞ガキとは、オムツをいまだ外せず、カンニングが見つかり泣いて謝り、それでいて女子の裸体にだけは倒錯した興味があって、女子部員の更衣室に高級カメラを盗撮目的で設置していた変態ガキの方ですよ。

46
返信する
匿名

ホントですよ!
お得意の横スライドです。
自分のところの汚点を天皇家に当てはめること。
あと、成人はしましたが、紐を連れてNYにトンズラしたM子とか
御所で何をやっているか謎の次女とか、そういう人がクソガキって言うんじゃないの?

41
返信する
匿名

愛子さまは本当に人知れぬ苦労をされていますね。
あの会見で見せられた、カメラの向こうにいる国民への暖かいまなざしと、臨機応変、当意即妙な受け答えに、ああこの方はすでに天皇陛下のもう一人の分身であらせられるな、とすっかり参りました。心をわしづかみにされたような気分です。

その根底に、こうした身内であるはずの警官からまで生命を狙われているという危機があったとは・・・
知らなかったとはいえ、本当に申し訳なく思います。
愛子さまのためには、命をかけても惜しくないと思いました。恋人より重要、大切なお方となりましたよ。
同じ思いの方も多くおいでだと思います。

明治以来、これほど国民の真の尊敬と絆、信用をソフトに、軍服の着用なしで勝ち得た皇族はいなかったといえます。それも、幼少期からここまで迫害を受けられてきたことが、逆に糧となっておられるのかと、ひたすら尊敬しています。どんなときにもポジティブに生きぬく愛子さまの生き様は、全国民の鑑であり、幸せへのパスポートです。
秋篠宮家不幸の法則とは真逆のお手本といえます。

42
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です