NY州司法試験不合格の小室圭さん、卵焼きを作れない眞子さんを罵倒!夫婦関係は限界で、離婚後日本帰国の可能性も


文・もっちゃん

小室圭さん2度目の司法試験不合格に秋篠宮殿下もご心痛

今月4月15日に、2度目の司法試験不合格が発覚した小室圭さん。このニュースは、NHKをはじめ、様々なメディアが一斉に報道しましたが、前回7月に受けた試験も不合格となっていたこともあり、多くの国民にとっては、驚くというより、「やっぱりね」といった印象だったようです。

今回の試験不合格に関しては、秋篠宮殿下も大変なショックを受けられているそうです。「デイリー新潮」は殿下のご様子に関して、次のように報じています。

「秋篠宮さまは今回の試験結果にショックを受けられたということです。もともと秋篠宮さまも宮内庁側も、司法試験については1度目の受験から楽観視していたと聞きました。裏返せば、圭さんが“合格する可能性が極めて高い”旨の説明をしてきたからだと推察されます。勤務先や職業が安定しない中、結婚を認められたのは皇室の歴史の中でも極めて異例のことだというのは間違いありません」

 と、先の記者。

「もう少し結果が見えていれば、“そこまで急ぐことはなく、せめて試験に受かってからの結婚でも良いのではないか”といった話し合いが秋篠宮家の中で持ち上がった可能性もあるということでした」

 とにかく1日も早く仕事を安定させてほしいというのが、秋篠宮さまの望みであることは疑いないだろう。

「デイリー新潮」(2022年4月18日配信)

小室圭さんと眞子さんの結婚に関しては、1回目の試験の不合格が発覚する直前に正式に決定したこともあり、秋篠宮ご夫妻に対しても、「なぜ、司法試験合格前に結婚を許可したのか?」「司法試験に合格するまで、結婚は延期すべきだった」といった批判意見が数多く寄せられました。

ますます募る国民の怒り

また、今回の司法試験不合格が発覚する直前に、「週刊新潮」(2022年3月17日号)にて、小室夫妻のNYでの警備費用が年間8億円程度となると報じられたことも、多くの国民の怒りをますます強く掻き立てることとなりました。

今回の試験不合格について報じた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

家賃以外にさらに年間8億円以上は必要だろうと報道される自宅の警備費。

これを、

・いつまで領事館の外交機密費から捻出し続けられるものか

・またどのタイミングでそれに一定の期限を切るつもりか

引き続き政府、外務省、宮内庁等の対応が注目されます。

ビザ問題や試験の合否はどうでもいい。問題はただ一つ、公金による援助があるかどうかだ。

住居費、警備費、警察庁から派遣されているという二名の人件費など。アメリカにいる間どれだけの税金が使われるのか。永住することになってしまったら何十年も払い続けなければならないのか。

この方々へ国費を使われるのなら、国民一人あたり10万とはいいません、5万でもいいです、ホントに苦しんでる人は沢山います。生活保護申請も沢山増えてきてるみたいです。

子育て世帯や、学生、外交費どれにも該当せず、生活苦でも働いてきちんと納税してる人はたくさんいます。

不公平ばかりです。

なぜ、きちんと納税してる人達が大変な思いをしなければならないのか…

疑問ばかりです。

また、試験の結果発表がなされる以前には、今回の試験不合格となった場合、現在勤務している法律事務所から解雇されるのではないか?とも報じられていましたが、どうやら、そうなる可能性は低いようです。先の記事では、次のように報じられています。



小室さんと弁護士事務所との関係についてだが、

「現在勤務している法律事務所がシビレを切らし、圭さんとの雇用関係を打ち切るのではとも噂されていますが、その可能性は低いように感じています。先ほど少し触れたように、圭さんを雇うことが事務所にとってメリットになると踏んでおり、1度や2度試験に落ちたからといってそのメリットが失われることはないのではないかと見受けられます。圭さんのコネクションが魅力だと感じているのでしょう。今回の試験についても、直前には事務所から特別休暇のようなものをもらっていたのではないかと言われていますね」(同)

 眞子さんは仕事を通じてビザ問題をクリアし、圭さんは現在の事務所に勤務しながら、「あと5点」の壁を乗り越えるべくチャレンジを続けるということだろうか。秋篠宮さまの苦悩も続きそうだ。

(同前)

表面化する小室圭さんのモラハラ体質

なんとか、法律事務所の仕事の解雇を免れそうだという小室圭さんですが、一方で、他にも深刻な問題が残っています。というのも、最近になって、週刊誌等の記事でも、眞子さんと小室圭さんの離婚の可能性について言及されてきているのですね。

「小室圭さんの司法試験不合格が発覚した翌日の16日には、週刊女性PRIMEが、“小室圭さんが司法試験に再び不合格!眞子さんが結婚直前に漏らした「ダメだったら別れる」の現実味”という衝撃的なタイトルの記事を配信し、お二人の離婚の可能性について報じました。

おそらく、週刊女性も小室圭さんが試験に不合格となることを予想しており、不合格が発覚した直後のタイミングを狙って、この記事を配信したのでしょう。

また、現在では、小室圭さんが“眞子のサポートがなかったせいで、試験に失敗した”などと周囲の人々に弁明しているそうですが、こうした軽率な発言も、夫婦関係に悪影響を及ぼしているようですね。

また、眞子さんは2018年に鳥取県を公務で訪れた際に、地元の高校生との会話で料理の話題になったとき、“私は卵焼きは一回も成功したことがないんです”と、話したことがあるのですが、小室圭さんがこうしたことにもネチネチと“眞子は、卵焼きすら作れなくて”などと嫌味を言うそうなのです。

かつて、お二人の結婚前には、精神科医の片田珠美氏が、“小室圭さんはモラハラ体質なのではないか?”などと指摘したこともあるのですが、どうやら、結婚後に徐々にそうしたモラハラ体質が表面化してきているようです」(皇室ジャーナリスト)

このような小室圭さんのモラハラ体質が明らかになった以上、やはり今からでも離婚した方が眞子さんのためになるのかもしれないですね。皆さんは、眞子さんは結婚生活を続けるのと、離婚するので、どちらの方が幸せになれると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



11 COMMENTS

一般人の感覚

司法試験に合格するまでは結婚は延期すべきだったと言っても後の祭り!

そもそもKKの目的は弁護士ではなくてヒモ男!

働かなくて悠々自適なセレブ生活を満喫する事が目的であって働く気なんて毛頭ございません!

A宮殿下も『職業を安定して欲しい』って、今までのKKの姿勢を見れば一目瞭然!

3回目も不合格なら『次も頑張ります』といってダラダラと司法浪人で時間稼ぎしますよ!

81
返信する
匿名

KK、順番を完全に間違えていますよね?
司法試験突破→結婚という順番を逆にしています。

3回目も受験って、呆れて言葉が出ません。
先日のお昼休み、職場の同僚と「眞子どんのヒモ確定だね?アメリカでの4年間、一体何していたんだろうね?」と言っていました。

このままずっと、プー太郎のままでしょうね。
「週刊女性」だったかな?NYでイクメンをするという記事もありました。おいおい・・・さらにその子供がかわいそう。大きくなって言葉を話せるようになったら、「なんで、ママ(眞子どん)はお外で仕事をしていて、パパ(コムケイ)はお家にいるの?」って聞かれたら、何と答えるのでしょうね。

返信する
傍観者

そもそも結婚生活とは自立した二人の大人の男女の暮らしではないのでしょうか。
自立とは勿論経済面だけではなく、最低限の衣食住のマネジメントができる事も含まれます。勿論男女共にです。
美智子様は黒田清子さんに降嫁を前提として暮らしていけるよう、きちんと教育なさっていたそうですが、紀子様は皆無だったようですね。
秋篠宮家の自由とは、所詮責任を伴わない我儘だということがここでも明らかです。
お付きの方の家事援助がなければ、生活できないのであれば、所詮一般人など無理。皇室の中で一生生きていかれるしかなかったのでしょう。
この二人の結婚はママごと。
国民には最初からわかっていたので、こぞって反対していたのに。。
もはや、やっぱりねというしかありませんが、その二人に税金垂れ流しは政治の怠慢です。
このままでは参院選の結果にも影響するでしょう。

82
3
返信する
匿名

眞子のほうがパワハラなのでは…
同級生をけり倒したという噂もあるし。
父はDV疑惑、母はパワハラ。
少なくとも、おとなしくやられっぱなしではないと思う。

もともとマスコミは小室は叩いても秋篠宮家や眞子は守るスタンスだし。
眞子が小室から冷めつつあり、実家や祖母が離婚の下地「かわいそうな眞子さま」の噂を作って流しているのでは。国民は「自業自得」と冷たいけど。

101
1
返信する
匿名

ワイドショー枠がウクライナ問題でつぶされているのをいいことに、目下我が儘放題の圭眞子夫婦です。
国民に向かって、派手な喧嘩を売ってきた記者会見をしておきながら、何が離婚? モラハラですって?

すべては眞子の自業自得ですよ。
「釣った魚には餌をやらない」は、ジゴロの常です。
眞子も眞子で、妊娠すれば、流産が怖いといいだし、これからは本能からセックスもさせないでしょう。

その後は、圭の浮気、眞子の嫉妬、パパラッチ参上・・・とますます二人は芸能界の笑い物にされて、挙げ句の果てに、眞子単身帰国するも、帰る家すらなく、先に短気を起こしたほうが負けの勝負がきます。
それどころか、思いあまって阿部定のようになれば、異国で終身刑か死刑という片付けられ方になることもなきにあらずです。

ここから先は、国民にとっては、どんどん事態が先鋭化し、文仁悠仁が廃嫡になる道へと突き進むことを願うばかりで、あとは高みの見物となるばかりですが。
秋篠宮家廃嫡運動を盛り上げて行きましょう。

88
2
返信する


匿名

礼宮の大学生時代をマスコミ経由であっても知っている身としては、彼は実に順調にDQNになったとしか言いようがない。
配偶者も子も皆DQN。
上皇の子ではないとの噂はあくまでも噂だ。しかし彼、皇族らしいところが1ミクロンもないんだよね。
それなら末の紀宮はと言うと、雅子妃イジメに加担したとかブスだとかの話はあっても、彼女、真面目で手堅い。
結婚後、新居に移る前の仮住まいのマンション、北向きの端っこ部屋をわざと選んだ。
マスコミがなぜかと尋ねたら、この部屋なら自分の警備で他の住民に迷惑かけることが少ないから~との答え。
うーん、やっぱりあの次男家、皇族とは思えない。

65
2
返信する
匿名

眞子さんは確か「PTSD(自称)」でしたよね。
なのにその原因となった男と結婚強行してしまった。
周囲もこの結婚を認めただけでなく、紀子は国民の批判を封殺してやれと常時企んでもいます。

そもそも、自称PTSD女と結婚すればどうなるか?
必ずおかしくなって、責任をアホな妻側におっかぶせれば、また自分は自由になれる。
計算尽くで、離婚に持ち込み、がっぽり慰謝料と高収入が約束される名誉職をせしめて、また新しい鴨女を探すだけだと腹が据わっているのがよくわかります。

何より司法試験の勉強をしないのがその証拠でしょう。
うっかりまじめな姿を眞子に見せて、また惚れられたら最後、自分が扶養しなくてはならなくなり、さっぱりお金になりませんからね。
こういう男は女を乗り換えることで、稼ぐんです。

最初は、女性宮家の皇配殿下にしてもらえるはずが、自分の借金問題や母の年金詐欺事件で、墓穴を掘って、気づけば離脱一時金もなしの駈け落ち状態で、国民からも石以て追われる完全追放婚になってしまいました。当初の話では、国民の税金で喰っていればよかったはずが、眞子が一途さをみせたもので、自分が養うことになって、大損したと思っているはずです。

いまの状態は、こっそり官房機密費で扶養されている、まるで敵国からの寝返りスパイのような肩身の狭い身でしかない。口止め料代わりの飼い殺し状態。
これからは二人とも奈落の底へ転落するでしょう。
ただより深くに落ちるのは、眞子であり、紀子のほうでしょうけど。

58
返信する
匿名

卵焼きも作れないとは、
そんな人がいるのって感じがするけどいるんですよね結構、
眞子さんもそんな一人だとは昔から察しはついていたけど。
皇室から出たい、公務は一切したくないために結婚に逃げただけなので最初に戻って出直すしかない。
この結婚で恥や不正のみがあらわになったのみでした。

32
返信する
匿名

Kさんは、私にとってかけがえのない人です。
私はM子さんを愛しています。

あ~~~、蕁麻疹が出そう。

22
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。