ついに月刊誌が、「悠仁さま廃嫡」について報道!秋篠宮殿下の100万円詐欺事件関与も暴露され絶体絶命に


文・もっちゃん

絶大な愛子さま人気

悠仁さまの筑附ズル入学や、作文コンクールでの盗作問題に加え、長女・眞子さんと夫の小室圭さんのNY生活での警備費用に年間8億円もの税金を使用していること等で批判を受けている秋篠宮家。

今月4月15日に、小室圭さんの2度目の司法試験不合格が発覚したことで、現在、ますます世間からの風当たりが強まっているようです。

一方で、先月3月に、成年会見を行われた愛子さまは、その会見内容が大変素晴らしかったこともあり、ますます国民からの人気が上昇しているようです。

多くの見識ある視聴者の皆さんにとって、こうした現象は、当然のことであると考えられているのではないかと思うのですが、実は、男系皇統の維持にこだわる自民党の保守派の議員の中には、この秋篠宮家の信用失墜と愛子さまの人気上昇に頭を抱える者も少なくないようです。

「これまで政府は、有識者会議を何度も開催し、秋篠宮殿下と悠仁さまの皇位継承を確実にするよう、様々な情報工作を行ってきたのですが、現在では、与党内の良識派の議員の中から、“これ以上、国民の意思を無視し続けて、無理やり秋篠宮家に皇位を移譲すれば、自民党も国民からの信用を失うことになる”といった声が上がっているようです。

政府も、そうした空気を敏感に察知しているようで、現在では、有識者会議の開催も控え、この議論をさらに棚上げする方向で動いているようです。



おそらく、秋篠宮家に皇位を移譲することを決定してしまえば、国民からの反発を招くと考え、何も決定することが出来ないのでしょう。

私の知り合いの、ある政府関係者は、“できれば、愛子さまが結婚して皇籍を離脱するまで、何も決定しない方がいいかもしれない”などとも語っていました。

もちろん、これは、単なるその場しのぎの時間稼ぎでしかなく、本来であれば、愛子さまが次の天皇になれるように積極的に動いてもらわなければ困るのですが、これまで、“男系皇統はゆるがせにしてはならない”などと言っていたことを考えれば、状況は間違いなく改善されていると言って良いでしょう」(皇室ジャーナリスト)

ついに報じられた悠仁さま廃嫡論

このように、政府も、秋篠宮家への皇位の移譲に二の足を踏む中で、月刊誌「実話タブー」(2022年6月号)は、「悠仁さま廃嫡!?女性天皇誕生の可能性 秋篠宮家と天皇家なぜ差がついた」という刺激的なタイトルの記事を掲載しています。この記事は、次のような文章で始まります。

愛子さまが成年皇族となり、堂々たる会見の様子を見た国民からは歓喜の声が寄せられている。一方で不祥事が続くのが秋篠宮家だ。世間では、「悠仁さまは廃嫡、愛子さまを次期天皇に」という人もいる両家の間には、なぜこうも差がうまれてしまったのか。

「実話タブー」(2022年6月号)

こちらの記事では、秋篠宮家の問題に関して、ユーチューバーでジャーナリストの篠原常一郎氏のインタビューが中心となっているのですが、記事の前半部分では、国民から、「悠仁さま廃嫡」という声が上がってきている背景について、次のように説明しています。

3月17日、昨年12月に20歳を迎えた愛子さまが初の単独記者会見をおこなった。優しい若草色のセットアップで会見に臨んだ愛子さまは、一つひとつの質問に丁寧に答え、天皇皇后両陛下への感謝や成年皇族として、自身が精一杯公務を務めていくことを表明した。

初の単独会見とは思えない堂々とした愛子さまの対応には、多くの称賛が寄せられ、メディアも好感を持って報じていた。

その一方、トラブル続きなのが秋篠宮家の面々だ。眞子さんと結婚した小室圭さんの司法試験の合否や、お2人のニューヨーク生活のビザ継続問題はもちろん、最近では悠仁さまの筑波大学附属高校入学問題や、作文の盗作問題も浮上し世間を騒がせ続けている。

こうした状況もあって、最近では「悠仁さまを廃嫡し、愛子さまに女性天皇になってほしい」という声すら上がりつつある。

(同前)

宮内庁の内部からが秋篠宮家潰しの動きも

この記事では、あくまでも、国民の側から、「秋篠宮家は廃嫡にして欲しい」という声が上がっているということが報じられているのですが、一方で、「月刊玉響」という雑誌では、宮内庁の内部からも、秋篠宮家潰しの動きが始動しつつあることが報じられています。

当該記事では、皇室や宮内庁の内部事情についても詳しい長典男氏と、神道の研究家である中矢伸一氏の対談が掲載され、現在の宮内庁と秋篠宮家の関係について次のように語られていました。

長:小室さんについて正直に言うと、宮内庁にとってはどうでもいい存在なんです。逆に道具として使えるって感覚の方が強いようです。

今起きている宮内庁の思惑というのが、秋篠宮家を潰したいということなんですよ。

中矢:なぜ潰したいんですか?

長:単純な言い方をすると、秋篠宮家が皇室としてそぐわないと。要は、品位を落としているということです。

中矢:秋篠宮家全体が?

長:殿下もそうなんですが、手に負えないのは紀子さまです。

「月刊玉響」(2022年2月号)

国民からも、宮内庁の内部からも反発を招いている秋篠宮家。もはや、国民からは、完全に見放されているように思えるのですが、先の「実話タブー」の記事では、ダメ押しのように、秋篠宮殿下が善良な市民から100万円を騙し取る詐欺行為に関与していたという次のようなエピソードも紹介されています。



篠原氏は、秋篠宮家の抱えるトラブルは根深いものがあるという。

「わたしの元には様々な情報提供があり、秋篠宮さまと写真を一緒に撮ることの代価として仲介者に100万円を支払ったという人がいることも確認しています。(中略)こういったことが起きると、皇室を看板に商売をやるのかという批判が上がってもおかしくない。

皇位継承者として厳しく育てられ、帝王学を躾けられた天皇陛下とは異なって、秋篠宮様は、次男としておおらかに育てられたところがあります。ですが現在は、天皇家を次ぐ可能性のある者として見られてる立場になったわけです。そのことを自覚して行動してほしいですね」

「実話タブー」(2022年6月号)

善良な市民から写真撮影代として100万円を巻き上げるような行為を果たして、皇位継承者の自覚が足りない、などという生ぬるい批判で済ましてよいのでしょうか?

皆さんは、このような篠原氏の秋篠宮家に対する甘すぎる姿勢に関してどう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

23 COMMENTS

匿名

内容が事実なら、ようやくブーメランが鯰家に戻ってきましたね。
因果応報と嘲笑われる日がいつになるか、ある意味楽しみです。
節税対策のためにも、早くお取り潰しになることを切に願います。

200
返信する
匿名

とうとう来るところまで来てしまいましたね。

次々と炎上案件をやらかす秋篠家は、傍から見れば火ダルマ状態なのに、当人達は全く動じない厚顔無恥。

平成組の悪巧み、ショーライのテンノー戦略で罰則付き報道規制が続くヒサなのに、“4月11日、筑附に通学する様子”を撮られていたが、近辺に誰も学生がいない不自然な一人ぼっち。
メディアとズブズブの秋篠家のヤラセ撮影は相変わらず。これ以上ヒサのごまかしはもう限界だろう。

何と秋篠家のために伊勢神宮HPでは20日・21日は参拝停止になっている。
「神宮行事のため参拝を一時停止します。」
↑このような表記がありました。
本当に迷惑で腹立たしい。

カワタツ死亡からまだ半年も経ってない喪中のキコが私用で寄り道する伊勢参りが仇となり、必ずや神々の裁きを受けるはずだ。

213
1
返信する
匿名

「お取り潰し」だけでは、なまねるい。
皇室追放、一族揃って刑務所に収監!。

167
返信する
匿名

今は閉鎖された元宮内庁職員サイトの記事です。
❮川嶋 舟氏の行動が「奔放すぎて、皇室の品格を傷つけかねないと、問題視されているのです」と明かすのは、ある宮内庁関係者である。
「川嶋さんは、妃殿下の弟という自覚が足りないのか、さまざまな ビジネスの広告塔となり、資金集めに関与している。おカネが絡むことは、皇室にとってはもっとも避けたい話なのですが…」

法人の企業向け特別賛助会員は「1口10万円」で、10口以上払えばホームページに企業ロゴも掲載できるという。100万円で 一緒に食事し、写真を撮ることもできると…」❯

舟氏は 準皇族待遇で御所住まいだと聞いていましたが…。

文仁さんは れっきとした皇族なのに、一緒に写真を撮って100万円❗️❓️ 皇族ではなく 狡賊ですね。

189
返信する
匿名

あのカワタツも自らの名刺に、
「秋篠宮紀子妃実父」
と、堂々と印刷してスナックで撒いてました。もらった女性がUPしてた。
フネさんも親のカワタツの背中を見て育っただけでしょ。
キコもそんな親を見習い、亭主のアキフミは楽に流れて真似をした。
ケイくん長女もヘソ出し次女も両親の子。
ショラテン長男だって、幼稚園から裏口の剽窃親王。
これを問題視することも、議論の俎上に乗せることもできない政治家のもと、日本はひたすら落ちぶれてゆく。

182
返信する
匿名

A殿下との写真はともかく、皇族の血縁ではない舟氏との写真を撮るのに100万円も出すという神経は理解しがたい。世の中には色々な物好きがいるものだなと、感じさせられますww

153
返信する
匿名

この有料写真ビジネスは、川島舟氏がやっていると報じられたNPOでの金集め手法に類似したビジネスを、文仁も真似し始めたということですね。(舟氏の場合は確か寄附をすれば一緒に飯を食べられるというビジネスだった)
やはり御用地内で不法に同居をしている間柄なだけに、朱に染まるのも早い早い。

テーミスが、この舟氏の行為について、皇室の信用をお金に替えるような行為だと書いていたことを思い出しました。
紀子一族は、こうやって皇室を食い物にしては、不評を買う行為の連続です。だから、廃嫡されて当然であり、廃嫡に躊躇するような自民党政権だと選挙でしっぺ返しを受けるでしょう。

156
返信する
匿名

紀子親族がやっていることは、所謂皇室ビジネス。

成金やいかがわしい事業者で、自分は由緒正しい人間なのだと偽装宣伝したい向きには格好の接触機会を有料で提供し、一緒に写真、一緒に食事会という形で、有名人気取りで詐欺商法を展開していることです。
皇室が一番警戒すべき危険階層をターゲットに、結構な金額を物乞いするパターンであり、AKBの握手会をもっと高額かつ悪辣なものに仕立てた感じ。

こういうことで稼ぐしかない紀子一族の哀しい性(さが)は、小室母にも通じる共通点でもあります。
やはり皇室に嫁ぐには、最低限有名人商法や物乞い商法をしなくてもよいだけの経済的後ろ盾と平民以上の出自がないと、最後はこのように一家丸ごと不祥事で廃嫡となってしまいます。
情けない話ですよね。

140
返信する
匿名

今日は雑誌週刊誌の 敵は本能寺 ならぬ アキシノはマリオット じゃ!!

キコらもカメラに囲まれてご満悦だろう。
エロ下着も飛ぶように売れて、義理妹もご満悦だろう。

あ、ということはカワタツ妻(キコ母)や在日同和の面々も集結しているのだな?
これは・・・おいしすぎる。

104
返信する


匿名

篠原さんは男系男子派で坊っちゃんには甘々な人ですが「だからこそ正しい継承のためにもA宮家を正さなければいけない!」と常日頃に豪語されていました。
しかし雑誌ではこんなに優しい批判で驚きです。

80
返信する
匿名

>手に負えないのが紀子さまです。

どう手に負えないのか、宮内庁サイドの言葉で列挙してもらいたいで〜す。
( ̄▽ ̄)キャキャ

100
1
返信する
匿名

おやおや
こちらのブログ(You Tubeチャンネル)は篠原氏から煙たがられていたのに、ネタとして利用するんですか?

28
返信する
匿名

あの宮家の女性陣、特に奥方と長女のトイレの使い方は気絶モノ。
だからG院には長女専用のトイレがあった。
使用後に流さないのはもちろん、便器の中に用を足すと言う注意力もなく、
使用済みの女の子用品は床にそのまま投げ捨て。
長女のあとにトイレの個室に入った子が嘔吐した。

84
1
返信する
匿名

同じ内容を聞いたことがあります。
しかも奥方は一着一万円する下着を、惜しげもなく使い捨てしていたそうです。何もかも異常です。
皇后陛下が病まれたのも無理はありません。

42
返信する
匿名

天皇制度に意味は持たないから個人的には天皇派でも秋篠宮派でもないためにどうでもよい事ですが、「皇室新聞」とは正反対に「ふぶきの部屋」等等ではいまだに秋篠宮家を持ち上げているブログもあり、これでバランスがとれていると思います。
 愛子さんに太鼓判を押せる程に立派とは思いません。
成年会見を3ヶ月も遅らせた理由が何なのか?
ヤフー記事によると、学業と成年会見準備の兼ね合いが難しいためという事が書いていたけどそれが何を意味するのか分かりませんけど。
 両陛下にコロナ(フェイク)を感染させたくないと言う理由から、大学には行かず、自粛が解かれた3月以降、そろそろ大学に戻りはじめた学生がいるのにいまだリモート授業のみ。
しかもコロナ以前から大学にも(は)一度も行った事がないと書いていました(本当の理由がどこにあるのか)。
 皇室なんてのは遥か昔から様々な陰謀が働く場なので何でもやるのは言うまでもなく、天皇は偶像の神の子孫だとした氏族だから一般常識ではとても測れません。

4
101
返信する
匿名

今やテレビの時代も過ぎて、SNSの時代。
情報が官報とか大本営とか、学者の本ぐらいしかなかった頃とは全然違うのですよ。
実際の皇族と普通に会話し活動して、身近に見聞きしたことを、そこいらの一般人がSNSで常に共有しているのです。
ですから等身大の彼らを私たちは論じているのだと言えます。

例えば地方在住の私でさえ、知り合いの知り合いレベルで今上天皇や美智子の情報を聞きますし、宮内庁職員が親戚にいる同僚もおります。

あくまでも専門家が論じ尽くした情報しか信じないというのは、個人の自由ですけれどね。

62
返信する
匿名

遅らせた理由は学業以外にも
・小室夫婦絡みの話が落ち着いてから
・A宮殿下と誕生日が近いため
と聞いたことありますが、真実は分かりません。

54
返信する
匿名

眞子にも佳子にもまともな縁談は皆無です。
それは遺伝子上の父不明、父とされる文仁もDNA鑑定なしでは皇族とは信用されない出自、母はバラック出身で水平運動家の一族だからです。
これだけ悪因縁が揃えば、セレブや名門は絶対に秋篠宮家には近づきません。

それでも構わず寄ってきたのは、あの顎男くんだけだった。
そこで待ってましたとばかりに咥え込んだはいいが、しっかり金銭をたかられ、いまや柄の悪いことで有名な似非宮家本体をも傾くほどの厄介者になってきました。

この悪質皇室商法を教えたのは紀子でしょう。
紀子の弟が同じことをやって報道されているのに、彼は全然悪いこととは思わないようなのです。

皇室の信用を汚い金に換えて、悦ぶ姉と弟。
むしろ紀子弟一人だけが責められないように、文仁も同じタカリ行為をやってみせることで、ワル兄貴分を気取っているのかもしれませんね。

72
返信する
匿名

>眞子にも佳子にもまともな縁談は皆無です。 それは遺伝子上の父不明、父とされる文仁もDNA鑑定なしでは皇族とは信用されない出自、母はバラック出身で水平運動家の一族だからです。

よく言われる話。本当だと思います。
正田美智子さんも、性に奔放で群馬県のB地区出身なので お見合い25回全部断られた…のに、明仁さんがのぼせて 縁談を進めるしかなかったとのこと。

同じ経緯が 血縁はないらしい文仁さん、マコさんにも繋がっている❗️

なのに、どうして政府は秋篠家に皇統を移譲させたいのか、不思議でならない。

担ぐ御輿は軽い方が良い、馬鹿な天皇なら政府の思い通りに出来るし 血統が無いのに 天皇にさせてやったと恩を着せ 嚇しをかけられる❓️❔??

そんなんで、皇位継承1位2位❓️❗️
有識者会議も宮内庁も何考えてんだ❗️❗️

52
返信する
匿名

正田家はBではなかったですよ。
それは月刊誌噂の真相に、街道御用達ライターが流し、紀子出自をとがめさせないように仕掛けた罠です。
もしも現天皇もB系だとすれば、紀子出自問題も免責されるという悪意ある筋書です。

しかし、明仁さんの結婚のときは、宮内庁も七代以上遡る徹底した家系調査が実施できた。
例えば、菩提寺の過去帳だって、いまは差別だといって見せてくれないところが多いが、明仁さんのころは問題なし。
それが紀子の結婚時ではカワタツの恫喝により、家系調査は結婚差別だとして禁じられ、その30年後に国民に喧嘩を派手に売る結婚会見が起きたわけです。

問題は、文仁を産んでいないことで、甥を養子のようにして実子にみせかける出産演技までしてしまった。
ここをカワタツに突かれて、あとはヘナヘナ。

この問題は、紀子の時だけ、なんで両親が乗り込んできたのかという点に尽きます。
もしBではない平民以上の家系なら、名誉ある皇室への結婚ですから、進んで寺の過去帳でもなんでもお出ししますというスタンスをなぜとれなかったのかです。

21
2
返信する


匿名

廃嫡後の秋篠宮家は一家揃って伊勢神宮でお土産売りに勤しんだらいい。(あそこの売店は殿様商売で評判良くないらしいが)

47
1
返信する
匿名

紀子妃は皇室利用の元祖。
眞子が小室を選んだのと秋篠宮殿下が紀子妃を皇室に上がらせたのは同罪。
親が親なら子も子とはまさにこのこと。
小室と紀子妃、同類の匂いがします。

12
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。