小室圭さん「弁護士になる必要ない」発言に眞子さん号泣!「この子のことをなんだと思ってるの?」の叫びで離婚危機


文・もっちゃん

眞子さん、ついに就職?

昨年10月に、小室圭さんと結婚し、現在NY州マンハッタンのヘルズキッチンで生活している秋篠宮家の長女・眞子さん。NY移住直後とは違い、すっかり目撃情報なども減ってしまった眞子さんに関してですが、月刊誌「テーミス」がとんでもない情報について報じました。

ところで、眞子さんの情報に関してですが、目撃情報が激減する一方で、週刊誌等で、様々な噂がなされているようです。たとえば、「デイリー新潮」では、眞子さんが「すでに仕事を始めており、給与を得ている」という宮内庁関係者の言葉を紹介しています。

「これまで結婚によって皇籍離脱した女性皇族が嫁いだ相手は、基本的に安定性の高い職業に就いていました。眞子さんが元皇族としての品格を維持する生活を送るためにも、圭さんが安定した収入源を確保するというのは大前提なのですが、なかなか不透明で見えづらいのは事実。そういった状況もあって、1億円とか1億5000万円とも言われる眞子さんの貯金を切り崩す生活を送っているのではないかという指摘も少なからずあります」

 そんな中、「眞子さんはすでに仕事を始めており、給与を得ていると聞いています」と話すのは、ある宮内庁関係者。

「具体的な仕事内容や、それがパートタイムなのか否かも含め、わかっていないことのほうが多いのですが、眞子さん自身、コミュニケーション能力をはじめとする力量は折り紙付きですし、元皇族という肩書きもお持ちです。引く手あまたとまでは言いませんが、結構な数のアプローチがあると聞いています。コロナ禍やウクライナの問題が落ち着き、日常が戻るにつれ、そういった声も高まって行くのではないでしょうか」

「デイリー新潮」(2022年3月29日配信)

小室圭さんは、現在、NY州のサンドラー法律事務所で事務員として勤務していますが、年収は推定600万円程度とされています。一方で、お二人が住んでいるアパートは毎月の家賃が50万円以上にもなるとされており、小室圭さんの稼ぎだけでは、家賃のみですら賄えないのが現状です。

また、小室圭さんは、今年2月に2度目となる司法試験を受験したと報じられていますが、週刊誌等では、「2度目の試験も不合格となる可能性が高い」とも報道されており、今後もNY州の弁護士資格を取得できない可能性が高いようです。

さらに、現在では、政府が結成した極秘のサポートチームの手を借り、ウィスコンシン州のロースクールに入学し直すという情報や、外務省に、自身が社長に就任するためのベンチャー企業の設立を要請しているなどといった噂もなされており、まさに、先行きの見えない状況となっているようです。

皇室利用に怒りの声

こうした中で、眞子さんが就職するというのは、当然の選択肢であるように思えるのですが、そんな中でも、この眞子さんの就職に関して、「政府が特別な職場を斡旋したのではないか?」「実際には仕事もせずにお金だけ受け取っているのではないか?」などといった疑問の声も多いようです。



眞子さんの就職について報じられた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

以前メトロポリタン美術館で働くため、そのためのコーナーをわざわざ作らせたと言われていたが、それはどうなったのか。そこで働くには博識プラス語学が堪能でないと務まらないとその時に思ったのを覚えている。夫妻はニューヨークでの生活を満喫しているそうだが、ジム付きの豪華なマンションも家政婦も警備費8億もすべて税金から賄われていることを思うと腹立たしい。

始めたと言ってもカフェの店員ではないだろう。どこかの美術館で名誉職のような机に座る仕事ではないだろうか?それでも、旦那さんよりは稼ぎがいいのではないかと思う。いずれにしても、試験の合否は気になる。

仕事を始めたらしいですが、渡米前に就労先未定だったのが、準備不足なんだと思う。

まだ、総領事館の専属相談役やニューヨークに出向してる警察官もついているのでしょうか?

政府も彼らの生活を保護するのではなく、自立を支援するべきなのではないでしょうか。

お二人の生活に関しては、NY現地での警備費用に毎年8億円もの税金が使われるのではないか、と噂されていますが、その上、政府がお二人の生活費を捻出させるために、特別な名誉職のような仕事を斡旋したとなれば、不満の声が上がってくるのも当然でしょう。

眞子さん妊娠をめぐり修羅場に

ところで、先の「月刊テーミス」の話題に戻りますが、4月号では、なんと、眞子さんの妊娠について報じました。さらに、この眞子さんのご懐妊について知った小室圭さんは、「もう弁護士にならなくていい」などと発言しているそうです。

眞子さんが米国内で出産すれば、国籍に関して出生地主義を採用している米国では、子供が米国籍を取得できるため、お二人も、米国籍を持つ子供の親として、米国に滞在し続けることが可能なようです。とはいえ、この妊娠を巡っても厄介なトラブルが発生しているようですね。

「眞子さんの妊娠を知り、子供が生まれれば、就労ビザを取得しなくとも、米国に滞在し続けることが可能になると考え、小室圭さんは“もうこれで弁護士になる必要はないじゃないか”などと発言したそうですが、この言葉に眞子さんは大変なショックを受けたようですね。

小室圭さんがこうした言葉を発した直後に、“あなたは、この子のことをなんだと思っているの!?”と叫び声を上げ、号泣してしまったようです。

これまで、母親・佳代さんの元婚約者のお金を使い大学を卒業し、眞子さんのお金を使って、借金問題を解決させるなどしてきた小室圭さんですが、新たに生まれる子供を利用して米国滞在を続けようという考えに、流石の眞子さんも嫌気がさしてしまったのでしょう。

もしかしたら、この小室圭さんの一言で、これまでご自分もただ利用されてきただけだったのだという事に気付いてしまったのかもしれないですね。



もし、そうだとしたら、今後も眞子さんが小室圭さんと結婚生活を続けていくことは難しいでしょう。もしかすると、この妊娠をきっかけに離婚となる可能性もあり得ます」(皇室ジャーナリスト)

妊娠をきっかけに、離婚となった場合、眞子さんはシングルマザーとして、子供を育てていくことになるのでしょうか、いよいよメチャクチャな状況になりつつあるようですね。

皆さんは、眞子さんの妊娠・出産後もお二人が幸せな結婚生活を続けていけると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

19 COMMENTS

匿名

小室圭さんがこうした言葉を発した直後に、“あなたは、この子のことをなんだと思っているの!?”と叫び声を上げ、号泣してしまったようです。


この様子をだれが見たんです?笑笑笑

117
2
返信する
匿名

夫婦の家はすべて東京から遠隔監視されているので、わかっただけのことですよ。
盗聴器の大好きな紀子のことですから、いつ小室が暴露本の準備を始めやしないか、いつも恐怖に戦いているので、家賃国家持ちの条件に紛れて、全室にカメラ付きの特殊装置をつけさせ、ネット回線経由4K画像ですべて録画済みでしょう。

それにしてもまさに待ち腹だったんだ。
まるで多産な豚の母さんみたいで、下品さに嗤ってしまいました。これからもスキンなしならいくらでもできちゃうよ。それだけに、見て子は男系男子旧皇族との結婚を夢想していたのでしょうけど、紀子家系をみればみんなのけぞります。

75
返信する
野良猫

>夫婦の家はすべて東京から遠隔監視
まさか❓️❗️と思うことも、秋篠家なら あるかも??

長男は、有名国立大附属中を誤優秀な成績で卒業、全国屈指の国立大附属高校に入学。

長女は 超一流銀行員や政府御用達有名弁護士事務所からの 米国の法科大に流学のイケナイメンと結婚、そして ゴ懐妊。

日本の誇るべき元皇族の、めでたい春のニュースなのに、国民からの祝福は無し❗️ 懐疑と批判はいっぱい。
30年以上続いた 異常な特権濫用と不正とズルの連続だから、当たり前ですね。いつまで続くのでしょうか❓️

2月7日の記事によると、秋篠家が潰れるまで 後45日❗️期待してます。

85
返信する
匿名

家政婦じゃないですか?
家事は人任せなんでしょ?
家にいくらでも他人がいるでしょうから。

51
返信する
匿名

国が多かれ少なかれ世話するシンママは本人がしばらく笑い者になる以外別にいいけど、その国の世話の程度よ。どうせおっさんの養育費を払う立場ですよね。幼児飼育費とは別に。

48
1
返信する
匿名

子供が出来て国税ヒモ夫婦ミッション完成か?。
繁殖力だけは異常に強い一族。
すぐに2号、3号作るだろう。

971庁、害務省、とっととコイツらを切り捨てろ!
いつまでも血税吸われ続けるぞ!

89
返信する
匿名

そもそもあの夫は実質ホストなので、金の切れ目がセクスの切れ目という関係。
百戦錬磨のテクニシャンとすれば、M子の軀がすでに奴隷状態にされているので、夫婦喧嘩をどんなにやろうと、M子にもっとセクス上手なイケメンが出来ない限りは、別れることはなく、更なる反社からのギフトチルドレンを次々生産するしかない。

国からの裏援助を止めれば、自動的に暴露本という銃口が突きつけられる。こうやって、紀子が存命するかぎり、夫婦は金のために別れることができない。
この悪循環を絶つには、偽宮家廃嫡しかなく、その決意ができる総理が日本を立て直す。

79
1
返信する
匿名

家系的に「上品、上等、英才、清潔、優美」を兼ね備えた雅子さまと、「下品、下等、精薄、淫奔、醜悪」揃い踏みの駅南賤民卑。

この違いがズルヒト不正入試工作にもでているし、宿題やコンテスト作品を代作させるために、宿題代作担当専門職員を雇い入れるしかないのも、頭の中身が賤民卑家系では空っぽだからです。
それだけに、生まれる前から既に、このNYで生まれる赤ん坊の頭の程度も知れているとしか申せませんね。

66
1
返信する


匿名

小室圭は友人の話によれば、真面目に働くのは馬鹿らしいと言う男です。
圭の父親の自殺?それに続き祖父母も一年足らずで自殺?している家系の子供はやっぱり不幸になる確率が高く、自殺は最大の罪です。
こういう男に傾いた眞子さんは親の育て方の間違いか、親の不良の血筋
です。
ニューヨークの物価は東京の二倍で年収600万でも300万の価値。
これでどうやって暮らします。
眞子さんも皇室にいた時は警備付で週3日の出勤だったそうで腰掛けですよ。
子供が生まれて働いて育てる気持ちのある人でも気力もないと思います。
圭と揃って遊び人であり、育児も放棄しそうで望まれず産まれてくる子供になってしまいそうです。

巷では常に行動を監視される社会は始まっていると言われています。
コロナワクチンを接種した者で、5Gとパソコンかスマホがあれば可能になるそう、いやもう外国でも日本でもなっていそう。
これを陰謀と言う人は普通に多いと思うけど決してそうではありません。
コロナ茶番に煽られてどんどんワクチンを接種すれば回数が増える程に免疫も失います。
生理食塩水かビタミン剤を接種された人はまだ良いけど、副反応で半年も具合が悪いという人もいます。
それでも懲りずに3回目も接種するようです。
ワクチン接種の目的のひとつは獣の刻印の人体実験にあるとと言われています(新約聖書の黙示録13章の預言を参考に)。

9
28
返信する
ご皇室は性善説

相変わらず真偽が分からない情報が多いが、もし眞子と小室圭が離婚する場合のことは興味深い。
眞子が結婚した時、小室圭を筆頭者とする新規の戸籍に入ってから皇統譜から除籍されたと思われるので、離婚すると眞子本人を筆頭者とする新規戸籍を作成することになるのだろう。皇族に復することはないはず。

近代皇室で降嫁した内親王、女王で実家が皇族であった頃に離婚した前例はないと思われるが、夫と死別後の皇女が赤坂御用地に住んだ前例がある。だから、眞子が離婚した場合は赤坂御用地に戻る可能性もあり、おそらくは空いた建物に独居することになるのだろうが、実家である宮邸に住むことも考えられる。もし、小室との間にできた子供を引き取った場合は、皇族だったこともなく、宮内庁職員や天皇・皇族の私的使用人でもない一般人が住むことになる。

皇族に復することはできなくとも、肉親として可能な限りのことは充分にできるのだ。こういう点からも皇族というのは日本で最高の特権階級だとわかる。シングルマザーになったところで、経済的には変わらないどころか、むしろ楽になる可能性すらある。
それだから、世の中にたくさんいるシングルマザー、シングルファーザーのことには思いが至らないのだろう。離婚は仕方ないことでも、国民に寄り添う皇室として、またもその期待に反する所業を重ねることになると思われる。

40
返信する
匿名

弁護士の地位を恐ろしく低くした功罪は大きいだろうと思うよ。少なくとも私の中では、弁護士というのは、この程度でも挑戦できる資格なんだ、と思うようになってしまった。
将来子供が「法学部に行きたい」などと言い出したら、「バカなことを言うな」と猛反対してしまうかもしれない。
「大丈夫、裏口から入れば超簡単」などとは言えないしな。

30
返信する
匿名

コムロ圭は、弁護士になるつもりはなかったんですよ。某内親王の夫 黒田氏は銀行員だったけど、皇室関係者が金銭を扱う職では宜しく無いと、都職員に鞍替えしたじゃありませんか❗️

文仁サンと懇意にしている奥野氏の力添えで、コムロを引き取り、コムロ母の借金踏み倒し・後妻業が分かった時に その関連で「弁護士」という逃げ道が上がっただけ。

フォーダム大留学だって、JKGのコネであちこち捏ね回して 資格も無いのに 募集期間過ぎてるのに、普通は使えないコースから入ったじゃないですか‼️

弁護士なんて、闘争本能丸出しの職業、辣腕弁護士は口達者な詐欺師(そこはコムロにお似合い)。弱者に集り、強者をより強くする職業。
銀行員より弁護士の方が ずっと不適❗️

最近のCM、還付金返還や不正利子払戻金を扱う弁護士事務所の勧誘が多いし。
とにかく、箔付けだけの秋篠家。

22
返信する
匿名

もうやだこの不誠実不義不良なバカ夫婦。離婚したらやっぱりね、だし、まだ税金に頼ってママゴトしてればまたやっぱりね。
本人たちに、国民に迷惑掛けてる自覚はないのだから、こっちからわからせてやらねば。
下地として、秋篠宮家を廃宮→皇籍剥奪(要らないでしょw)、政治もそのために動く時が今。あの家に残すべきものはない。

その上でどの面下げて日本に帰ってこられるか?誰も助けてあげない。絶望して余生を送って欲しい。

33
返信する
匿名

ついに来ました。
>「この子のことをなんだと思ってるの?」の叫び<

反社の子ですよ。反社、反社、反社・・・
どんなに美化したくとも暴力団員の家系の子です。
カルト信者や反社の子だから、正直どうなってもいいと彼は思っている。
そういうMドンだって、母の不義の子だから、庶民か、下手するとNEW平民だといわれるかも知れません。
これから先は、教育をめぐり、子供もぐれて、ろくでもないことばかりが起きるはず。

21
返信する


匿名

Kくんは、マコの貯金が尽きた時が縁の切れ目で、ポイ捨てされるでしょう。
といって、いつまでも国費から裏金生活をさせていると、秋篠宮家批判の声はいやまさに高まり、宮家が潰されます。
マコとKの夫婦関係を離婚させないようにすればするほど、紀子は追い詰められ、悠仁も「姉の夫の叔父が暴力団員の」が枕詞につけられるようになってゆく。

16
返信する
匿名

>悠仁も「姉の夫の叔父が暴力団員の」が枕詞につけられるようになってゆく。

暴力のプロが縁者に連なる天皇が日本の象徴にふさわしいとは到底思えません。
もっとも悠仁親王自身が粗暴な傾向にもあるようですが。
いずれにしても資質に劣る宮家です。

12
返信する
匿名

こんなズルヒトでも相手になってくれたのが、小室氏だったんですね。
スカイプで常時接続されていた赤坂とNY。
当然話もなくなり
「おい、悠仁を連れてこい」
「いいわよ、ゆうゆうカメラの前にいらっしゃい」
「あ、コムケイだ。コンニチワ」
「おい、ゆうゆう。ママに虐められてないか。なにか折檻でもされたら、おじさんにいうんだよ。暴露本に書いてあげるから」
「うん、ありがと」
といった感じで、とてもアニキとして慕っていて、仲がいいそうです。

自閉ズルヒトがとてもツクフで持つとは思えません。
はや入学式前から登校拒否らしいじゃないですか。

となると、最後は典範第三条廃嫡になりますので、紀子はとにかく国民の前から遠ざけよう、隠そうと、カナダのマニトバあたりで混合教育可能な高校への留学を考え、そこに夫妻が療育係兼親代わりとして、有給で宮内庁に雇用されそうに思います。
もしマコさんの卵子でできた実の子ならばなおさらでしょう。口止め料込みで空前の報酬になるはず。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。