小室圭さん、NY州弁護士試験再受験の不合格が早くも確定!政府は、ウィスコンシン州のロースクールへリモート通学の許可を要求


文・もっちゃん

小室圭さんNY州司法試験を再受験

2月22・23日と2日にわたって行われるニューヨーク州の司法試験に小室圭さんは再チャレンジします。昨年7月の試験に不合格となった小室圭さんの再受験ですが、合格率はかなり低いのではないか?ということで、週刊誌報道等の見解は概ね一致しているようです。

小室圭さんが受けた2021年7月の試験の合格率は約63%でしたが、同年2月の合格率は約49%となっており、2月試験の合格率は、毎年7月の試験よりも低いため、今回の再試験でも合格するのは難しいのではないかとみられているようです。

ちなみに、宮内庁でも、小室圭さんの試験合格は難しいのではないかと予想しているようですね。「デイリー新潮」は、社会部デスクの次のような言葉を紹介しています。

「合格する可能性がどれくらいあるのかということについて宮内庁の中の人たちはそれぞれ “取材”しているようです。たとえばAからE判定まであるとすると、AやEだと言う人はいないですね。“B判定は出ている”という人がいる中で、“いやいやDだ”と言う人もいる。正直、何を根拠にそういった話になっているのかまではよくわからないのですが、現時点では“D寄りのC判定程度ではないか”と指摘する声が一番大きいと聞きました」

「デイリー新潮」(2020年2月7日配信)

不合格はすでに確定?!

このように、宮内庁の内部でも小室圭さんの合格率は低いと予想されているようですが、中には、こうした宮内庁の予想さえも「甘すぎる」として、「すでに不合格はほぼ確定」と述べる人物もいるようです。ある皇室ジャーナリストは次のように語ってくれました。

「昨年の2月の試験は合格率が約49%程度でしたが、英語がネイティブではない、日本人の合格率は、その半分で、おおよそ25%程度であったと推定されています。

さらに、小室圭さんは、2月の試験結果が発表された後にも、勤務後には、同僚と飲みに出かけるようなことも多く、また週末には、眞子さんと買い物デートに出かける姿も頻繁に目撃されておりました。



通常ならば、7月の試験の不合格を通知された後には、“なんとしても次こそ合格しよう”と必至になって勉学に励むのが当然なのですが、小室圭さんはその努力を放棄していたわけです。そこからさらに言語の壁が存在することも考慮するなら、小室圭さんの不合格がすでに決定していると言っても過言ではありません」(皇室ジャーナリスト)

では、一体、なぜ他の受験生が必至になって勉強している中、小室圭さんは、のんびりとNY生活を満喫するような余裕を見せているのでしょうか?先の皇室ジャーナリストは次のように続けます。

「なぜ、小室圭さんが2月の再試験を前にして、ろくに勉強もせずに遊びまわっていたのかといえば、一つには、眞子さんが持っているという1億円程度の貯金があること。それから、もう一つは、政府が眞子さんと小室圭さんの生活を支えるため、万全のサポート体制を敷いていることでしょう。

ドイツの国営メディアは、日本政府が、小室圭さんの勤務するサンドラー法律事務所に有利な条件で仕事を発注するという密約を交わしたことを暴露しましたし、月刊テーミスという雑誌では、政府が小室夫妻の生活をサポートするための“極秘チーム”を結成したことが報じられました。

実際に、この“極秘チーム”は、小室圭さんが2月の試験にも不合格となった場合、ウィスコンシン州のロースクールに入学させるという計画を立てているようですし、また、そうした状況で、小室圭さんが、日本政府に自分が社長として勤務するためのベンチャー企業の立ち上げを要望していると報じられています。

要は、他の受験生たちが自らの生活や将来のために、“何がなんでも合格しよう”と必至になって勉強している中で、小室圭さんだけがただ一人、日本政府の庇護のもとで、悠々自適の生活を送っているということなんですね」(前出の皇室ジャーナリスト)

ロースクールの数が少ないウィスコンシン州では、ロースクールの合格者に弁護士資格を与えるという独自の制度を採用しているようです。政府は、小室圭さんをウィスコンシン州のロースクールに入学させることで、司法試験を経ずに弁護士資格を獲得できるよう取り計らっているとのこと。

先の「デイリー新潮」の記事でも、宮内庁は、すでに、小室圭さんが試験に不合格となった場合に備えて、様々なプランを用意していると報じています。



「宮内庁としては、再チャレンジについて“当然パスすることを願っている”“合格してもらわないと困る”といったスタンスのようです。しかし、仮に満足の行く結果を得られなかった場合に備えて様々なシミュレーションを重ねているということでした」

(「週刊新潮」)

小室圭さん弁護士資格獲得の秘策

宮内庁は、小室圭さんをウィスコンシン州のロースクールに入学させるという計画を立てていますが、眞子さんが、NYから離れて田舎のウィスコンシン州に移住することに激しく抵抗しているそうです。そうした状況で、政府の結成した“極秘チーム”はさらに驚くべき計画を用意しているようです。

「なんと、政府が結成した“極秘チーム”は、小室圭さんがNYに在住したまま、ウィスコンシン州のロースクールに通学し、卒業できるよう、ウィスコンシン州中のロースクールに掛け合い、特別に、リモート通学を許可するよう要望を出しているようですね。

これが可能となった場合、小室圭さんは、NYで眞子さんとの結婚生活を続けながら、ウィスコンシン州のロースクールの授業を受けて卒業し、ウィスコンシン州の弁護士資格を獲得することができます。

ウィスコンシン州の弁護士資格を取得しても、NYでは何の役にも立たないのですが、まあ、それでもとにかくアメリカの弁護士資格を獲得して、なんとか体面を保ちたいということなんですかね?

あるいは、小室圭さんが、ウィスコンシン州の弁護士資格を獲得するまでに、なんとか眞子さんを説得して、夫婦そろって、もしくは、小室圭さんだけでもウィスコンシン州に移住させようという計画なのかもしれません」(政府関係者)

もはや、何でもありになりつつある小室夫妻へのサポートですが、一体、政府は、いつまでこのどうしようもないダメ夫婦の生活のために私たちの税金を使って援助を続けるのでしょうか?

皆さんは、小室圭さんは、今月の司法試験に合格すると思いますか?また、このような政府による小室夫妻へのサポートについてどう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



46 COMMENTS

一般人の感覚

なぜ司法浪人のKKが、のんびりニューヨーク生活を満喫しているのか?

最初から弁護士なんて目指していないからです!

KKの目的は、最初からM子さんと結婚のみ!

それで金に困らない悠々自適な人生を手に入れたのですから、面倒くさい法律の勉強なんてやる必要が無いのです。

更に、政府や宮内庁の手厚いサポートがあるのですから、自分で率先して動く必要がありません!!

全部、お膳立てしてくれます。

これからの人生は、それにあぐらをかいていれば良いだけなのです。

132
2
返信する
匿名

こんな彼らに税金が使われているかと思うと、ぞっとします。

KK夫婦には、自分たちのことは自分たちでしてほしいです。いっそのこと、日本に帰ってきても、それ以降は日雇いバイトなどで生計を立ててほしいです。

返信する
一般人の感覚

政府や宮内庁のKK夫妻へのサポートについては、ハッキリ言って理解出来ません!

この件については、私もコメ欄で何度も書いていますが、元皇族のM子さんに対してはいざ知らず、何で一般人のKKへのサポートを政府や宮内庁がするのか?

KK自身の事は、全部自分でやらせるべきです!!

皇族の女性と結婚したのだから、それに相応しい男性に作り上げようとしている事自体、余計な事なのです。

と言うか、元々結婚そのものが間違いだったのです。

その間違いを容認した政府や宮内庁が今さら慌てて軌道修正に躍起になっているだけです。

税金使って、臭い物に蓋をしているだけです。

138
1
返信する
匿名

一般人の感覚さん。
>と言うか、元々結婚そのものが間違いだったのです。
>その間違いを容認した政府や宮内庁が今さら慌てて軌道修正に躍起になっているだけです

政府や宮内庁の姿勢が余りに不可解で、腹立たしいのはよぉ~く理解できます。
私はこう考えています。
政府内閣府も、宮内庁も大筋に沿って予定通り事を運んでいると・・・枝葉には多少のトラブルや予定外事象も発生してますが、アホな秋篠宮家を踊らせて、国民からの批判の対象とする。
そして時間をかけて皇室の弱体化、やがては天皇制・皇室制度の廃止を長期的に企んでいる。

そう考えると、秋篠宮家の「自由を尊重する家風」や二人の内親王のICU進学も、これだけデタラメをやっても何のお咎めも無い宮内庁長官の事が符号してきます。
つまり、日本政府のある所が、日本の国の衰退と皇室廃止を同時進行で企てているのです。

39
2
返信する
一般人の感覚

>匿名さん

なるほど!確かに一理ありますね。

ただ、KKの一回目の試験不合格は予定通りだったのでしょうか?

思い出して下さい!KKが留学した時、マーティン奨学金と奥野法律事務所からの援助で金銭面での万全のサポートがありました。
しかも試験直前の論文コンペでの優勝で、合格間違い無しの風潮が出来上がっていました。これらは、全て宮内庁がバックアップ(A宮家の指示)したと思われます。
更に西村宮内庁長官もKKに手応えを確認しただけで合格と勘違いし一気に結婚の話しを進めてしまいました。
もし、万が一不合格と頭にあれば、もう少し慎重に事を進めたと思います。例えば『結婚はあくまで合格発表後』とね。
KK不合格のシナリオは宮内庁には全く無かったと思います。当然、宮内庁からの報告で政府も合格間違い無しと思っていたでしょう。

だから不合格が判明した時、A宮殿下も宮内庁も政府も皆焦ったのです。正に晴天の霹靂、完全に騙されたと・・・

むしろ、予定通りに事を進めたのはKK夫妻なのかもしれませんよ。実際、二人は結婚出来たのだから!

ただ、その後の生活の見通しが甘かった!

KK夫妻にとって一番恐れているのは、日本からの援助が断たれる事です。皇室を守りたいのなら援助は終了!続けるなら皇室廃止を企てる輩の思う壺です。

25
返信する
匿名

そもそも、フォーダム大学のJDを修了したのでしょうか?
この疑惑が事実であったなら、ウィスコンシン州のロースクールでも修了することが覚束ないのでは?フォーダム大学JD未修了疑惑から目を逸らす意味もあって、ウィスコンシン州などという話が出ているのかと思いましたが。

KKにも呆れますが、眞子は自分が「海外に拠点を作ってほしい」と彼に頼んだ(命じた?)のだから、田舎が嫌だの、お前が言うなということです。
それと、現在、コロナ禍で大多数の国民が渡航制限で海外旅行など夢のような状況、インバウンドの訪問者で活気を呈していた頃も夢のような話になっています。(元)皇族として、国民に寄り添うのが為すべきこと。コロナ禍が収まるまで、結婚しても海外へ渡航せず、国内の居宅にいるべきです。さっさと渡航して海外の大都会で放蕩の限りとは情けないことです。
今日は三笠宮家の瑤子さまがコロナに感染されたという残念なニュースもあり、多くの皇族方にとってもより一層感染対策に注意されるとともに、国民に寄り添うお気持ちを高めておられることでしょう。その反対で、あの夫婦が彼の地で遊びまくった挙句にコロナに感染してとかなったら、病気とはいえ恥ずかしい限り、不謹慎と言われようが世間の笑いものになることでしょう。

83
1
返信する
匿名

一応、ウィスコンシン大学にコム親子の実態を知らせてみてはどうだろうか?

いくら無試験で弁護士になれるとは言っても、法令遵守の精神がなく、卑劣で狡猾な詐欺生活を親子共々送って来たような人物に、弁護士資格を与えることはさすがにマズイとウィスコンシンも思うのではないか…?

コムロに弁護士資格を与えると言うことは、犯罪者に弁護士資格を与えると言うことと同義語だからね。

96
返信する
匿名

また、日本国民の大事な血税が無駄に使われるわけですね。
日本国民はいつまでこの最低夫婦に血税を使われるのか?
悔しいです。
日本が嫌いになります。

85
返信する
匿名

マコムロにバラされては困るので、
生涯ゴマをすり続けます。

秋さんは
一体何をバラされたくないのでしょう。
噂の動画ですね?多分。
でもさ~
考えてみましょうよ、
いつかは出してくると思いませんか。
その時がきたらどうしますか。

94
1
返信する
匿名

噂の動画が理由かはわからないのですが。
国民から噂でももっとどんどん拡散していき、先にAに国中で恥ずかし目を受けて頂きたいです。
そして、小室の出番のタイミングを阻止してやれば良いのでは?

59
返信する


愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

自分で望んて別に危険でもない国に渡米した一般人に巨額の税金を注げる法的根拠は?庶民が同じことをしてもらえば違法だと思うのですが。税金使用で、国益になっている、日本に貢献してるなどとても思えませんが。

64
返信する
匿名

>愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。さん

むしろ、マーティン奨学金を貰っての全米初の司法試験不合格者として恥を晒しています!

72
1
返信する
一般人の感覚

政府の極秘チーム(既に極秘ではないですが)がKKをニューヨークに在住させたままウィスコンシン州のロースクールを卒業させて弁護士資格を取得させて体面を保たてようとしているようですが・・・

それは、体面を保つじゃくて恥の上塗りでしょ?

もし、極秘チームが本当にこんな事を考えていたのならば、極秘チームのメンバーが相当バカなのか、それとも余りにもアホ過ぎる業務に嫌気が差してヤケクソ気味になっているとしか思えません!

どちらにせよ、一般人であるKKのお膳立ての為に政府の人間が、ここまで動くなんて気の毒です。

恐らく『こんなバカバカしい事なんてやってられるか!』という感情を押し殺している人もいるでしょう。

そんな他人の苦労を微塵も感じないで、新婚生活を満喫しているのでしょうね。

このバカ夫婦は!!

82
返信する
匿名

一般人の感覚さん。
>極秘チームが本当にこんな事を考えていたのならば、極秘チームのメンバーが相当バカなのか、それとも余りにもアホ過ぎる業務に嫌気が差してヤケクソ気味になっているとしか思えません!

そうですよね・・・普通に考えればそのとおりです。しかし「極秘チーム」もお役人ですから、あく迄、上からの指示で動きます。
皆さん公務員試験を突破した優秀な方達です。
オカシイ事くらいは重々分かった上で職務を遂行してることでしょう。
上にも書きましたが、全て筋書きに沿っての流れです。
国民が腹を立て、A宮家が批判されればそれで良いのです。
M子さん夫婦然り。悠仁さま然りです。
秋頃にはM子さんの『ご懐妊』発表で問題が増々複雑化し、批判も高まりましょう。
それでも、手がちぎれんばかりに笑顔で皇族に手を振るバカな国民ですから仕方ないのです。

22
1
返信する
一般人の感覚

>匿名さん

そうですね。極秘チームに選ばれた職員が一番の被害者かもしれません!

21
返信する
何か圧力とか??

運営者が佐川良子さんから「佐野修」さんになっているけど、いつから??

佐川さんに続き、ケリーさんも消えたけど、お二人はどこ行っちゃったの?
なんかジワジワと怖いんですけど、大丈夫でしょうか。

もっちゃんはわりと初期から登場していた人なので、発信しつづけてくれていてホッとします。もっちゃん、身の安全を図りつつ、がんばってね!!

有志でこの宮家の悪を暴くという活動は地道に続いていることを信じています。
極悪非道なことをし続けているんんだから、職員など直接接していた人には被害者も多くてリークもあることと思います。

67
返信する
匿名

ウィスコンシン州では大麻が禁止なので、合法であるNYからの引っ越しには「激しく抵抗」されているんでしょうか。
そもそもなぜリモート受講許可をとる特別扱いが必要なのでですか。税金による修了証書お買い上げで、一応弁護士資格獲得できるからとしかいえません。

いまなお彼の役目はホストそのものであって、大麻も合法な環境で、都会の喧噪を満喫しながら、パコパコできるのでないと、どうしても嫌だと姫がグズるからなんですよね。

フォーダム大の評価を地に堕とした、奨学金受給者が司法試験不合格という汚名を何とも思わない厚顔には、ぞっとさせられます。まさに恥の上塗りでしかない、ウィスコンシンへの都落ち案とは、秋篠宮家への反吐というしかありません。

54
返信する
匿名

>匿名さん

初の不合格者から、いずれは『唯一の不合格者』になるでしょうね。

フォーダム大学の黒歴史として名を刻みたした!

45
返信する
匿名

悠仁さんが、筑波大附属高校に裏口入学する件で同世代の怒りが凄まじく、このまま強行していいのか宮内庁も途方に暮れているようですが、以前、難聴であることから、カナダのマニトバ州に療育留学するのではとの噂話が聞かれました。

マニトバは、障害児、自閉症児と同じ環境で学校に通う、インクルシーブ教育(混合教育)が進んでいるので、悠仁さんでも障害があるからなのか、健常児なのかを曖昧にしたままで、こっそり留学出来るかも知れないからでしょう。

筑波への裏口に失敗すれば、その後、健常児かの踏み絵を回避するためには、留学に賭けるしかないわけですが、マニトバ州に日本人は殆ど住んで居ないので、マコムロ夫妻が育てるしかなく、その場合はカナダへ引っ越しとなるので、圭がウィスコンシンでのローにリモートで出席する形で、義弟の療育をカナダで手伝いながら、アメリカウィスコンシン州ではローにも在籍する奇策が検討されているのかとも思ったりします。
果たして真相はどうなのでしょう。

45
返信する
匿名

しかし海外のメディアは忖度してくれませんから、紀子が嫌がるんじゃないでしょうか。現在お茶の水でしているような「箝口令」も無理でしょうし。本人のためには療育が進んでいる北米は良さそうですけど。

31
返信する
匿名

何でもありですね。
日本の受験生も
寒いところに行きたくない!
田舎に行きたくない!
だからリモートにして!
または
受験したくないから
お父さん、お母さんお金大量に寄付して!
って言ったら
その通りしてくれるんじゃない?今年度限りの期間限定(ズル仁の進学、コムケイのいろいろ、マコのビザにならう)

まったくもって呆れる。
勉強したくない、働きたくない人に
いい大人が、頭のいい人達がよってたかって何やってんの!!!
子供達までしっかり認識しちゃったじゃないの!!!
秋家のズルさ、悪どさ、自分達だけが良ければ他はいい、という態度。
誰か、何とかして

61
返信する


一般人の感覚

今、KKがビザの期限切れについて外務省に相談しているとのニュースを見ました。

どうやら試験に合格する自信が無いようですね。(最初から受かる気ゼロですけどね)

不合格→ビザ期限切れ→帰国の流れになったら、もう大恥ですね!

今頃、宮内庁と政府はKK夫妻が帰国した場合の対策で、てんやわんやしているのではないでしょうか?

もう、自分たちの事は自分たちでやりなさいと、突っぱねた方が良いですけどね。

53
返信する
匿名

そもそも受験資格さえないんだと思います。
だってロースクールの卒業名簿から名前が消えたんですよ!
でもまさか3年間も金かけて全てがパァなんて国民に言ったら
猛批判どころじゃ済みませんからねぇ〜
嘘を重ねすぎてどんな嘘ついてたかも忘れて矛盾だらけ。
もう生きる価値なしの負債です。

31
返信する
匿名

>匿名さん

マーティン奨学金もネコババしていますからね。

小室圭は他人の金を搾取してばかりですね。

26
返信する
匿名

奥野法律事務所から援助を受けていたから、本当なら奨学金の資格がないそうですね。

24
返信する
匿名

宮内庁も秋篠庁
外務省も秋篠庁

秋家専属の庁で
秋家に皇族費以外に何億もの予算がつき、
官房機密費
外交機密費
領収証のいらない億のお金がじゃんじゃん流れる。
政治家、官僚
おかしいと思う人誰もいないの?

64
返信する
匿名

ビザの期限切れは当初から判明していたこと。
2月試験で落ちるなり、受験資格そのものがなければ、米国生活のプランはその瞬間に瓦解する。
だから、ベンチャー企業出資案を出してきているわけです。

外務省は関係ない事案なはずなのに、外務省に相談させること自体、またまた皇族特権の濫用を意味しています。ビザの発行権限はあくまでアメリカ側にあり、日本側は無関係なのに、外交ルートで頼み込むと、その分が借りになり、外交交渉で譲歩を迫られることに直結するので、国益を害します。

つまり一般人になった眞子さんの存在をまるで皇族であるかのように特別扱いすることは、イコール日本の国益侵害になることをもっとマスコミは報じなければなりません。
特例でビザをアメリカ側に出させることとは、外交上、日本の敗北なのです。

たとえば、コロナ感染源となっている、在日米軍米兵の外出禁止問題などでの大幅譲歩などが特例ビザとの交換条件にされかねないと申し上げればわかりやすいでしょう。

50
返信する
匿名

そろそろ眞子さんが妊娠していてもおかしくない時期に入っていることも忘れてはなりません。
そして妻もろともに7月でビザ切れする。

もしも11月に入った仔ならば、このまま米国を出国しないなら、妊婦として、航空機に搭乗できない期間に突入し、自動的に不法滞在者として、出産を迎えなければならなくなることもありえます。

そして待ち受けるオーバーステイでの強制退去処分。
乳飲み仔を連れ、無職になった反社一家の夫と尾羽打ち枯らしての帰国もあり得るでしょう。

といって、早期の帰国は、悠仁の裏口入学をめぐる大批判の嵐のなかでの帰国となり、秋篠宮家への非難の炎にさらに油を注ぐことにもなり、紀子は避けたいところでしょう。

もし、紀子弟一家のように、御用地に住み着こうというのであれば、完全なる大炎上は間違いなし。
だから外交的にどんなに日本が敗北しようがお構いなしに、米国になりふり構わず「どうかビザを、秋篠宮家延命のために命のビザをください、と跪いてこい」との紀子命令が新領事に下ったのでしょう。

39
返信する
匿名

>匿名さん

小室夫妻は『やったモン勝ち』みたいな感覚なので『眞子さん御懐妊』で世間に後戻りは出来ないとアピールするかもしれませんね。

今度は、その子供を裏口入学かな?

32
1
返信する
匿名

みっともない旦那。
眞子はこの現状を恥ずかしく思わないのかね??
身の丈に合わない生活をしている娘の父親は、天皇の宮中行事に身の丈にあうようにやれと生意気にも苦言を言ってましたよね?どの口がいう?あんたの娘はどうなんだよ?

庶民でもここまで恥だらけの人間はなかなかいませんよ。
もう嫌だ、一家丸ごと消えていなくなれ!

36
返信する
匿名

秋篠一味は死んだクジラみたい。
腐ってパンパンに膨れ上がってしまった。
でも皮が厚くて丈夫なので、なかなか破裂しない。
内臓は腐敗しまくり。

嫌だなあ・・誰が最後の一撃を突きつけるのだろうか?
天皇しかあるまい。

秋篠家は4月に引っ越しだそうだが、そこらあたりだろうか。
ついに30年の汚れが日に晒される。

引越しすると病人は悪化する。
家を建てると誰かが死ぬという。

恐ろしや。

30
返信する
匿名

バラック紀子も毒饅頭の最たるものでした
B汚染で、どうしようもない穢れ家系にされた
といって、旦那も平民なので、平民か平民未満かの争いですが

24
返信する


匿名

共通テストでの不正行為があったとして、警視庁は女子大生と中継役の男性会社員を偽計業務妨害の罪で書類送検しました。
公正に行われるべき入試業務を混乱させた容疑である偽計業務妨害。まさに悠仁もこれに該当します。

この書類送検を見てもまだ悠仁への裏口推薦入試を正当化しようとすれば、紀子と悠仁の罪状はいうまでもなく、筑波側も共犯になる可能性がでますから、校長先生は断固裏口要求を阻止すべき義務がありますね。

20
返信する
匿名

筑波大附属高校の先生方は臨時雇いなどを除き、国家公務員でしょうから、刑事訴訟法239条2項が適用されます。

第239条
1.何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。
2.官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

紀子から偽計業務妨害の罪に問われるような悠仁裏口入学要請があって、あまりの執拗さに断り切れないと悩む前に、学校長として、この刑訴法の規定を出して、宮内庁宛に不正行為お断りの内容証明を送ればいいのです。

18
返信する
匿名

ほんとですよね、内容証明送って、手を引けばいいのに、どうして断れないんでしょう?
羊羹もらっているから?弱みをにぎられてるから?人質を取られているから?
どれも犯罪でしょ!
闇が深いですね。

K室、A宮、KK、関連ニュースには本当に不快にさせられます。
コロナ、物価高・・・まるで戦時下じゃないですか?
これ以上、国民を苦しめないでほしいです。

12
返信する
匿名

たとえ、断り切れないで賄賂になりそうな物をもらってしまっていたとしても、河井(元法務大臣)受刑者の事件では、賄賂をもらったが、正直に捜査に協力した地方議員たちは全員不起訴で、司法取引があったことが窺われています。

ツクフの校長さんも、すべてを東京地検に告発すれば、いまの職を失うことはないでしょう。
まずは刑事事件に強い弁護士に至急相談されて、紀子による偽計業務妨害行為強要の実態について真剣に検討し、いまのうちに刑訴法239条1項に基く公務員としての告発義務を果たされることを強くおすすめしたいですね。

紀子は、相手が国家公務員だから、守秘義務があるので、悠仁の障害も黙らせることができると考えているのかも知れませんが、逆に国立公立校の職員には、違法行為の場合、告発義務があることを知らないのか、理解できないのか、誰も助言者がいない一人女王様状態が浮かび上がってきます。

14
返信する
匿名

ねえ、なんであんな人
小学校からいじめをして学校にいけなくした人
犯罪者と思われる人を母に持つ人
経歴を多大にもって詐称する人
お金持ちの彼女からカードを借りようとする人
前に勤めた銀行、法律事務所で仕事が出来ないやつ、と思われ
辞めた後喜ばれた人
お金をお借りした人に文句を言い、お礼を言わないばかりか最後まで悪者にしちゃう人
弁護士試験に絶対合格している、自信があると嘘を言って結婚した人
愛しています、と嘘を言って結婚した人
皇室特権など使ったことはない、と公の結婚会見で言い切った人

弁護士弁護士言ってるのでしょう。
そもそも論です。

23
返信する
匿名

単なる箔付です。
初めは銀行員にしようとしたが、職場から浮いて嫌われた失敗。
アメリカの弁護士資格を取るなら金でなんとかなりそうだったから。

でもダメそうね。

14
返信する
匿名

テレビで清原弁護士がコムケイが優勝した論文を絶賛していましたが、当時頭の良い中学生が書いた文章かと思いました。あまりに当たり前過ぎて、なぜこれが1位で賞金まで出るのか不思議でした。
どこの職場でも使いものにならない、という理由がわかる気がします。
要するにコムケイとマコは知能指数が低く考えることが幼いのだと思いました。
税金泥棒と言われるのが嫌だったと言って、今も日本国の税金を当たり前のように湯水の如く使って、………。
もしかしてマコ、税金の仕組みが分かっていないのではありませんか?
日本で当たり前に警護して貰って、仕事にも車で送り迎えして貰っていたから、それこそが国民の税金が使われているって知らなかったとか。
当たり前の国の成り立ちが分かっていないおばかさんなのかも。

返信する
匿名

New York State Bar Association のホームページ、
久しぶりに見に行ったら
日本語のページがあったわ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。