眞子さんは、小室圭さんと結婚していなかった?皇室の構成図に名前と写真を残し「事実婚疑惑」が浮上


文・もっちゃん

眞子さんに偽装結婚疑惑が浮上

今年10月に、小室圭さんと結婚し、皇籍を離脱したはずの眞子さんですが、現在、驚くべき疑惑が浮上しているようです。

なんと、現在ネットメディアを中心に眞子さんは、実は結婚していないのではないか?という疑惑が浮上しているようです。今回は、この問題について詳しく解説してみたいと思います。

なぜ、こうした疑惑が浮上したのかというと、その理由として、宮内庁のHPに掲載されている「皇室の構成図」に問題があるのです。

眞子さんは、小室圭さんと10月26日に結婚したのですが、宮内庁は、翌日の27日に、「皇室の構成図」を更新。ですが、なんと、眞子さんの結婚後に更新したはずの「皇室の構成図」の中に、はっきりと眞子さんの名前と顔写真が掲載されているのです。

HPには、「ご結婚により,皇族の身分を離れられた内親王及び女王」という項目もあるのですが、この項目の中に、眞子さんの名前は掲載されていませんでした。

これは、驚くべきことですよね。この「皇室の構成図」は、宮内庁の公式HPに掲載されているものですから、宮内庁の公式見解として、眞子さんは、小室圭さんと結婚しておらず、皇室にとどまっているという認識を示したことになります。



あれほど大々的に、国民に対して、結婚したことをアピールし、会見まで行ったにもかかわらず、実際には、眞子さんを皇籍に残し支援を続けていたということなのです。

ちなみに、現在では、この「皇室の構成図」は修正され、眞子さんの名前と顔写真は削除され、「ご結婚により,皇族の身分を離れられた内親王及び女王」の欄に小室圭さんと眞子さんの名前が記載されています。

国民からも疑問の声

この「皇室の構成図」と「眞子さんは本当は結婚していないのかもしれない」という疑惑に関しては、ネット上でも大変な話題となり、TwitterなどのSNSでは次のような意見が書き込まれています。

驚き!眞子さんは結婚してない?宮内庁のホームページを見たら驚きが~、何が何だかわからない,こんな事って有るだろうか!?ここは本当に日本なの,皇室から日本国民を騙してる

A家は自分たちの娘を皇族から外したくないのでしょうか

国民の間では一家で離脱してほしいという流れも出てるのに…たかり一族とでも呼ばれたいのかな?

本当に籍を入れたのか証明する物が何一つもありませんよね。

2月司法試験不合格見込んでの対応でしょうか…!?

これが本当なら.A宮家の人間性~恐ろしいです

一応、これは宮内庁のミスだということも考えられなくはありませんが、宮内庁が絶望的なまでに無能だということでもなければ、これほど重要な問題について手違いを起こすということは考えにくいでしょう。

この宮内庁HPの「皇室の構成図」が訂正されたのは、ネット上で、このことが話題となり、「眞子さんは結婚していないのではないか?」「眞子さんは、まだ皇室にとどまっているのではないか?」といったことが話題となった後のことです。

これは、小室圭さんの勤務するサンドラー法律事務所のHPの件とも酷似していますね。サンドラー法律事務所では、当初、小室圭さんのプロフィール欄に、「JFK Profile in Courage Award」の受賞歴があると紹介されていました。

「JFK Profile in Courage Award」とは、過去には、オバマ元大統領、ブッシュ元大統領、フォード元大統領、アナン元国連事務総長らが受賞している凄い賞ですので、ただの大学院生であった小室圭さんが受賞しているわけがありません。

このことは、週刊誌やネットメディア等で話題となり、炎上状態となって、サンドラー法律事務所のHPには、日本からのアクセスが殺到することとなりました。



結局、サンドラー法律事務所は、一時的に日本からのHPのアクセスを遮断し、プロフィールも訂正。最終的には、顔写真も削除され、ICUやフォーダム大学などを卒業した学歴のみが掲載されることとなりました。

今回の宮内庁HPの「皇室の構成図」もネット上で話題となった直後に、眞子さんの名前と顔写真を削除していますが、どうやら、宮内庁の中には、ネット上の皇室に関する話題や評判などをチェックする職員もいるようですね。

「かつて平成の時代に、美智子さまは、職員に主要な週刊誌を全て買わせ、皇室に関するニュースの切り抜きを貼り付けたスクラップブックを作成させていました。

美智子さまは暇さえあれば、そうしたスクラップブックを眺め、ご自身の活躍が賞賛されている記事や、雅子さまについて批判的に書かれている記事を眺めては、さぞ楽しそうに満面の笑みを浮かべておりました。

また、時には、周囲の職員らにもハッキリと聞こえるような大きな声で、“私と違って雅子さんは本当にダメな皇族ね、本当に将来まともな皇后になれるのかしら?心配だわ”などと仰られていましたね。

皇室に入られてから、何事も常に美智子さまをお手本にされてきた紀子さまも、美智子さま同様、数多くの皇室ニュースをチェックしているようです。

現在では、週刊誌の他に、ネットニュースや、様々なSNS、掲示板などの情報をくまなくチェックする必要があるため、この情報チェックを専門とする職員も何人かいるようです。

眞子さんは、週刊誌やネットメディアで批判されたことにより、精神的なショックを受けて“複雑性PTSD”を発症されたとのことですが、これほどネット上の情報をくまなくチェックさせ、それらをまとめた情報を逐一ご家族皆に報告しているのですから、眞子さんが精神を病むのも、仕方のないことかもしれないですね」(秋篠宮家関係者)



秋篠宮家の情報収集の是非はともかくとして、このように宮内庁が公式記録にて、眞子さんを皇籍に残していたということや、ネット上でその問題を指摘され、即座に訂正したことに関しては、注意が必要でしょう。

眞子さん皇籍復帰への布石か?

このことに関して、ある宮内庁関係者は、「宮内庁は、眞子さんが離婚した場合に、皇室に戻れるよう準備を進めているのではないか?」として次のように語ってくれました。

「小室圭さんと眞子さんの結婚後の生活についてですが、実は、宮内庁は、結婚前からお二人の将来に関して、数パターンの予想と、その後の対策について議論をしていたようです。

そうした将来予測のうちの一つが、“お二人が結婚後、すぐに離婚する”というパターンでした。かつて、成田離婚などという言葉が流行しましたが、現在でも、毎年500組近いカップルが結婚から半年以内に離婚をしています。

宮内庁としても、こうしたケースは想定していたようで、中には、“眞子さんが早期に離婚した場合、特例として皇室に戻すことはできないか?”といった意見もあったようです。

おそらく、10月27日に更新された“皇室の構成図”に眞子さんの名前と顔写真が残されていたのは、そのように早期に離婚した場合、結婚し、皇籍を離脱したという公式の記録を残さないことで、法改正無しで眞子さんを皇籍に復帰させられるように、という狙いがあったのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

油断も隙も無い、とはまさにこのことといった感覚ですね。一体、何をしでかすか予想もつかない秋篠宮家ですが、今後も監視を続けていきたいと思います。

ご拝読ありがとうございました。

5 COMMENTS

騙したのかな?

>結婚していなかった?
そう言えば、あの会見では指輪をしていたのに、(サイズが合っていないか、わざと奥まではめていないか?)渡米する時は二人とも指輪をしていませんでした。

35
返信する
匿名

ケリーさん、動画配信、ありがとうございます。録音テープを公開してはどうでしょうか? 自作自演ではないとわかってもらえると思うのですが。

32
返信する
匿名

眞子が降嫁金を辞退したと聞いたとき、その代わりに裏支援をせよと紀子らがその何十倍もの金をたかるのではないか?と懸念していましたが、この構成図の一件にしろ、偽皇族である秋篠宮家へ無理矢理皇統を移すことで、美智子の心労を取り除こうという小役人が性懲りも無く謀議を重ねていることがわかったように思います。
鋭い指摘で、参考になりました。

35
返信する
匿名

本当におかしいですね。
宮内庁が10月27日に更新された構成図ですから、除籍されたことによる
翌日の更新ですから、それが記載されていないということは考えられません。27日の更新の目的が更新されていないということは宮内庁の職員が
相当な間抜けか、何か含みがあるかとしか考えられません。
職員がそんな間抜けの訳がありませんから、何か含みがあるとしか思われますね。

10
返信する
ジンジンジンジン

あのね、ホームページが更新されたされないで結婚したしてない云々は頭悪すぎでしょうが…法的には結婚してるからね?ホームページにまだ眞子さんが皇族として掲載されていようがいまいがまーたっく法的には関係ないよ?法的に〜ってしつこいって?分かってほしいのよ。しつこくてすまんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。