小室圭さん、NY州司法試験会場に姿を表さず!NY弁護士資格獲得断念で、再び無職生活に逆戻り!?


文・もっちゃん

小室圭さん、NY州弁護士試験から逃亡?

昨年11月に、秋篠宮家の長女・眞子さんと共に、NYへ移住した小室圭さん。昨年7月に受験したNY州司法試験に不合格となった小室圭さんは、今月2月22日と、23日の二日間に渡り、再度、司法試験を受験するとみられていましたが、試験会場には姿も表さなかったようです。

昨年7月に行われた試験は、コロナウィルスの影響もあり、試験会場には集まらず、リモートで試験を行ったのですが、今回の試験はNY州内4ヶ所の会場で行われました。

アメリカ・ニューヨーク州では22日から司法試験が行われ、秋篠宮家の長女・眞子さんと去年結婚した小室圭さんが試験に臨んでいるものとみられます。

去年7月に行われた前回の試験は新型コロナウイルスの影響からオンライン形式で行われましたが、今回は州内に複数の試験会場が設けられたうえで実施されています。

「TBSニュース」(2022年2月23日配信)

小室圭さんは、昨年5月に行われた試験で不合格となっており、今回の試験に合格できなければ、NY州弁護士の資格を獲得できず、現在勤務しているサンドラー法律事務所から解雇される可能性が高いと報じられていました。

週刊誌等では、2月試験の合格率は、7月試験よりも低いということで、小室圭さんは、今回の試験も合格できないのではないか?と噂されていました。

ですが、なんと現在、ネット上では、「そもそも小室圭は試験を受けていないのではないか?」といった疑惑が浮上しているようです。

小室圭さんのNY州司法試験受験に関する記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。



マンハッタンの試験会場で、当日の朝7時の開門前からカメラを回していた日本人の

動画を見ました。

Twitterに上がっていました。

会場入り口はひとつ。

9時20分まで、待っていたようですが、小室圭氏、現れず。

他の会場は未確認なので確定はできないものの、

試験を受けていない可能性が高い。

試験に挑んでいるものとみられる、業務に携わっているものとみられる…

裏が取れていないのでしょうから、記者さんの嘘をつかないという態度は立派だと思います。でも、でも。この内容だったら、知識的にも、裏取り的にも、一般人でも書ける内容ですよね。裏が取れていることって、ニューヨークの司法試験が始まった事だけ。もうちょっと何とかならないものか、なあ。

NY州マンハッタンの会場に朝早くから張り込んでいた方の情報がネットにあがっていますが、本人はおろか日本のマスコミらしき人もひとりも見かけなかったそうです。

本人に関しては違う会場で受験した可能性もありますが、少なくともマスコミはなんらかの内部情報をつかんでいたんじゃないんでしょうかね?

今回の小室圭さんの司法試験受験に関して、NY在住のユーチューバーの方が、小室圭さんの住むマンハッタンの近くの試験会場に張り付いていたようですが、小室圭さんは姿を表さなかったようです。

マスコミも共犯か?

また、悠仁さまの筑附受験の際には、わざわざ試験会場にカメラを持ち込んで撮影していたマスコミも一社も現れなかったそうですね。

先のコメントにもあるように、マスコミは、「小室圭さんは、NY州司法試験を受験しているとみられる」などと報道しておきながら、実際には、小室圭さんが試験会場に姿を見せないということを事前に知っていたのかもしれません。

試験結果は今年5月中旬までに発表される予定とのことですが、仮に、今回の試験で合格ということになれば、「試験を受けなかったにも関わらず、試験が合格となり、弁護士資格を獲得」ということになります。

まさか、NY州の弁護士会が、そのような不正を許可するとは思えないですが、今回の悠仁さまが筑附への不正入学を果たしたことや、それまでに数々の偽装工作を行ってきたことを考えると、皇室や政府がそうした不正試験を持ちかける可能性も完全にゼロとは言い切れないでしょう。

また、5月の合格発表時に、不合格となった場合でも、その報道の仕方には注意が必要です。仮に、「2月に試験を受けたが、不合格となった」と報じたならば、実際には、試験を受けてもいないのですから、それもまた虚偽報道ということになります。

これまで、小室圭さんは、あくまで一留学生という立場だったのですが、眞子さんと結婚して以降は、明らかに、皇室関係者として扱われ、政府や宮内庁、マスコミが一丸となって、その生活をサポートし、さらには、様々な情報統制を行っているように思えます。

そうした意味では、今後ますます、政府やマスコミから独立したネットメディアの存在が重要な意義を持ってくるかもしれませんね。



小室圭さん、再度学生に逆戻り?

ともあれ、今回、小室圭さんが試験を受けなかったということで、今後は、NY州弁護士の資格を得られず、勤務している弁護士事務所も解雇となる可能性が高いでしょう。そうなると、ウィスコンシン州のロースクールに再入学するというシナリオがますます現実味を帯びてくることとなります。

「眞子さんは、NYでの新生活を気に入っている一方で、小室圭さんは、新しい職場にも馴染めず、あまり強くNYに留まりたいとは考えていないようですね。

起業家らへの資金調達のアドバイスをする業務に携わっているようですが、小室圭さんは、NY州弁護士の資格も持っていませんし、起業の経験もなければ、投資家や経営者としてベンチャー企業のスタートアップに携わったこともありません。

そもそも、まともに社会人として働いた期間もほとんどない小室圭さんは、こうした高度な業務に携わるだけの経験も能力もないとして、ほとんどお荷物扱いされているそうですよ。

ですので、おそらく、今回の試験も努力の甲斐なく不合格となってしまったということにして、新たに、別の大学に入り直すのではないでしょうか?眞子さんは、1億円以上の貯金を有しているそうですし、また数年間、モラトリアムの期間にしようと考えているのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

天皇陛下の反対を無視して、無理やり強行してしまった結婚ですが、結局は、眞子さんがダメ人間の小室圭さんを養うかたちになってしまいそうですね。

眞子さんの貯金に頼って、再び学生生活に戻ろうとしている小室圭さんについて皆さんは、どう思いますか?また、こんなどうしようもない人物との結婚を許可してしまった秋篠宮ご夫妻の責任についてどのように考えますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



33 COMMENTS

匿名

年金問題も傷害給付金問題も告発状は「詐欺罪」が罰条になっているので、詐取といわれる行為がこの家の特徴です。平たくいうなら詐欺師家庭となります。
彼の学費も後妻業で得たものだったし、自死により発生した代襲相続請求問題でも、厳しい社会的非難を受けたのは、反社叔父による恐喝だったからでした。

そこでいま「NY州司法試験を受験したのか、いや受験資格そのものがなかったのではないのか?」の疑問がまた蒸し返され、日本のマスコミは再び取材不可能に追い込まれています。
受験会場に現れなかったとなると、「受験放棄か、卒業が取り消されたので受験資格がなくなったからなのか」になるでしょう。

受験資格があったのかどうかは、マスコミならば取材可能な事実ですので、紀子が圧力をかけてくるので、言論の自由が脅かされているとわかります。
こんな偽者AZ宮家、いい加減に改易にしましょう。
存在自体違法、有害無益の極みです。

84
1
返信する
匿名

コムロ、自身のツイッターで、「今回の試験は、手応えを感じた」と勝利宣言を出しているよ。

試験会場に姿を現さずに勝利宣言とは…やはり替え玉受験の可能性が濃厚なのでは…?

返信する
匿名

篠原さんは、旧宮家の方からも応援されているようですが、竹田家みたいな秋篠宮よりのもいますよね?竹田家が特別ということでしょうか?

うちの母親は、テレビで故川島なお美さんを見るたびに、「この人、カンニングした」と言っていました。
悠仁もずっと言われ続けるでしょう。一タレントとは比較にならないです。15にして人生詰んだね。恨むんなら、母親恨みな。

72
返信する
匿名

あの男系男子主義の竹田恒泰氏は「明治天皇の玄孫」をウリにしてますが、
自分は明治天皇の皇女の曾孫であると言う、実は女系の人です。
どっちにするのかハッキリしろい。

31
1
返信する
冬篠宮イソ仁

小室圭が2回目の試験を受けたかどうか、まだ不明だ。自宅に一番近い会場に姿を現さなかったから受けなかったとするのは早計だろう。

なぜなら他に3か所もあり、いずれも遠方。この状況下だ。人目を避けてわざと遠い所へ行くというのも普通の選択だ。何しろ外務省のお支えチームがいるのだ。そいつらの方から「圭様には、どちらの会場でお受験されますか?」と聞いてきたはず。で、圭は「ここで受けるから全てやっとけよ」と命令するだけなのだ。

外務省の役人は宿の手配から往復の送迎、2日間にわたる警護を現地警察へ依頼。圭は送迎車で悠々と会場入りしているだろう。この場合パパラッチも確認できないかもしれない。

勿論、諦めて受けていない可能性もある。なぜなら、皇族だからだ。厳密には元皇族の配偶者だが、皇族の特権を生涯享受する立場なのだ。

弁護士になれなくても生活に困ることは根本的にない。次の職も外務省が手配してくれるし、無職が続いても、家賃も生活費も税金で補填されるからだ。

あまりにも酷いが、これが日本の皇族制度だ。

天皇制など廃止しかない。

54
3
返信する
匿名

両陛下はご立派の一言ですし、高円宮家も重要な公務を担っておられます。問題は、駅南賤民宮家だけなのです。

天皇制が問題なのではなく、皇室典範を直系優先にしていないことから、皇統簒奪で下克上を企む賤民や反社が大手を振って皇室問題に首を突っ込むことを許した美智子に責任のあることですよ。

61
5
返信する
匿名

匿名さん
>両陛下はご立派の一言ですし,

一体何処が立派なのでしょうか。生活に全く不安のない待遇を得ているのですから、あのようなことは当然の事ではないでしょうか。
公務と言いますが、その殆どの「公務」は無くても全く問題ものでしょう。
余り暇だとよくないので、敢えて「公務」という形を作っている側面も有ります。

7
49
返信する
匿名

秋篠宮家の非礼、裏口入学をはじめとする違法行為の数々、七代遡る家系調査なしで皇族に成り上がろうと特攻してきた駅南バラック紀子の非常識、御用地を不法占拠して居住までする紀子外戚たちの厚顔無恥。

こうした許しがたい紀子とその一族の乱暴狼藉をぐっと堪えて、あの一言に凝縮された陛下は実に見上げた存在です。
世界の王室からも一目置かれるのは、忍耐力の素晴らしさにもあります。

わたしたちは「偽皇族宮家の跋扈をこれ以上許さないぞ」と拳を振り上げることしかできませんが、当事者として、日々、紀子からの被害、ハラスメントを受けておられる両陛下や職員の方々のご心労を思うと、世論でしか皇室を本来の崇高な、尊敬される姿に戻す方法はないんだと痛感させられます。

この歯がゆさは、民主国家の宿命でもあります。
継続は力なりですよ。

50
3
返信する
匿名

平成時代に、単なるお出かけ、映画演劇、美術展鑑賞まで全て「公務」とし、公務のできない雅子さまをロイヤルニートとした弟夫婦。
忘れませんよ。
「私達はうまくやってます」の言葉。
尻馬に乗って騒ぎたてたマスコミ。
陰で糸を引いた皿御前。
本来の公務は憲法に定められた天皇陛下の公務だけです。
利権絡みのあやしい団体の総裁などは、少しずつでも廃止していただきたいです。

36
返信する
匿名

冬篠宮イソ仁さま
>天皇制など廃止しかない。

考え方を述べるのは自由ですから、そのような意見もアリでしょう。
個人的には「廃止」せずとも、使えるものなら、敢えて廃止せずとも生かして使ったらイイと思います。
但し、生まれた以上法的にも当然与えられるべき人権等を有しない皇族は、憲法そのものが間違っており、改められるべきでしょう。

苗字も選挙権も職業選択の自由も与えられるべきです。当然国民同等の三大義務も生じましょう。
そして皇族自身が望み、皇族としての「神道祭祀者」として生きるなら、皇籍を維持し、国から一定の支援金を付与したらよいでしょう。
皇族はどのような道を選ぶでしょうか。 皇族自らが、皇統の維持に積極的であり、皇族としての使命と矜持を持たないならば、自然消滅も止むをえません。

32
2
返信する
匿名

これ、5月になったら宮内庁は「小室さんは一般人なので、宮内庁から何らかの発表をすることはありません」とか言いそうな気がする

48
返信する
匿名

紀子はいまや世界の笑い者です。

悠仁の不正入試で審査対象とされていた、文学賞受賞事実で、悠仁本人による盗用行為があったことが発覚したのに、悠仁は入学辞退もしていないし、賞品である5万円相当の金券も返還されていない。
この問題はついに英国でも報道されたそうですね。

まず第一に悠仁の行為は、著作権法違反だし、不正入試では偽計業務妨害罪の成立、盗作行為によって不正に得た文学賞賞金の不返還は詐欺罪成立となります。

長女の婚家が詐欺師家庭であったことと、秋篠宮家が
これら三つもの罪名で論じられるような違法行為のデパートになったことも、元を糺せば、両家の嫁(母)の出自に原因がありそうです。

あちらは鎌倉の寺で三畳間を借りて、履物商だった寺乞食一家でした。
一方、静岡駅南のバラックに住んで居た按摩祖父一家で生まれた紀子。
どちらもよく似た境遇だけに、潜在的に周囲の恵まれた普通の家庭をうらやむことの多い環境であったことと、貧困から這い上がるには手段を選ばないさもしさが認められることです。

秋篠宮家では、今回詐欺師や反社のいる一家を外戚に迎えているわけで、このまま一族郎党に反社のいる悠仁を皇統に入れていいのでしょうか?
これは国民的議論が求められる大問題ですね。

67
返信する
匿名

世界中の王室や貴族階級の方々は
アーヤのところへお輿入れなさる頃から
素性をご存知でしょうね。

14
返信する
匿名

妃殿下のご出生は、初めて知りました。
よくまぁ、ミテコさんは次男坊のお嫁に迎えられましたね…

返信する
匿名

礼宮が「キコちゃんと結婚させてくれなかったら皇族やめる」と言い張ったのと、
カワタツが当時の天皇皇后を怒鳴り飛ばしたってハナシ。
「娘をさんざん妊●させては堕●」させやがって」
特に上皇なんて、生まれて初めて他人から怒鳴られて震えあがったそうです。

あの時、皇籍離脱しといてくれたら、どんなにか今・・・。

返信する
匿名

アーヤが女性宅にお伺いした時に
ご母堂が気を利かせて長時間お散歩に出られたという話を
聞いたことがありますが、
嫁入り前の娘さんがいらっしゃるのに
そんなことを本当になさってらしたのですか?
昭和の時代に。

返信する


匿名

今日の英デイリーメール紙はKKが試験会場を後にする写真を掲載しました。

試験会場には行ったようです。

試験を受けたかは不明ですが。

40
返信する
匿名

学生時代、模試の監督バイトをよくしていました。
司法試験業務のバイトの可能性だってあるからです。
試験会場を後にしただけでは受験証明にはなりませんね。

40
返信する
匿名

悠仁を裏口入学させた筑波大附属は三年後に閉校すべきでしょう。
入学考査を公正に実施できない高校に生徒を指導する資格はありませんから。

もし仮に将来、東大農学部前で通行人や受験生を刺した名古屋の高校生のようなことがツクフ生に起きても、学校自ら偽計業務妨害罪の成立する裏口入試を実行していたのでは、この学校にして、こんな生徒あり、となるだけだからです。

それに定期試験で生徒がカンニングしても、悠仁の盗作を容認しているようでは、ツクフに限っては、生徒を懲戒処分にできませんね。附属校では、どこでもカンニングし放題としない限り、悠仁の入学は認められません。

小室圭も記者の質問にどんどん答えるなどしないと、さんざん税金生活だけは享受しておきながら、都合の悪い質問には回答拒否は通りませんよ。

59
返信する
匿名

ネットで試験資格が無いと拡散されているので、パフォーマンスで会場あたりをウロウロしてたのかな?。
結果が発表される5月には、どのような報道になるのか楽しみです。
しかし971庁の発表は、まったく信用出来ませんけどね。

45
返信する
匿名

紀子のせいで、宮内庁発表が戦時中の大本営発表のような嘘情報ばかりとしかみなされなくなったことが、悠仁出生以来の大変化ですね。小室圭情報も同じ。

誰も宮内庁発表にかかる悠仁ニュースを信用しない。
どうせセイハクだから、障害児だから、難病患者だから、真実は発表できないんでしょとなる。

昭和の皇太子さまでは、こんな宮内庁公式情報が信用されないことはなかったのに、悠仁は父が偽皇族であることから、皇族でもないだけに、最初から秘密だらけの人造産み分けニンゲンくんではしょうがないけど、難病では先行き真っ暗。

38
1
返信する
まだ嘘をつくのは愚かの極みですね

うん、とにかくA宮家に関する情報は宮内庁正式発表は全然信用できませんね。むろんお抱えメディアの情報も。

どうせ嘘だろうとは思っていても、KK問題以前なら「はいはい、ご優秀ね、まあ一応見栄はらなきゃいけない皇族ですから、まあそういうことにしておきましょうか」程度には優しかったけど、今や「まだそういう嘘ついてんのかよ!」になってしまいましたねえ…。

それにしても。誰しもやはり人から愛され支持されてこそ、生きる気力がでるというもの。
成人デビュー以前からこんなに嫌われてしまったら、H君はさぞや公務は苦痛になるでしょうね。
この子も幼少期にまともな宮家に引き取られてまともな教育を受けていれば、少なくとも盗作なんかはしなかったかもしれないのに。

32
1
返信する
ご皇室は性善説

まず、州内4ヶ所の受験会場すべてを確認できたわけではないので、これだけで受験の事実を確定することはできませんね。居住地毎に決まっていて、居住地(高級アパートメントということで知っている人は多いのでしょう)から日本人ユーチューバーが張っていたというマンハッタンの会場でしかあり得ないというのなら良いのですが、それも分からずじまいでしょう。
フォーダム大学ロースクールJDコースも修了していないという疑惑があるし、前回の結果発表から必死で勉強している感じもしないので、今回も合格は無いだろうと思っています。そもそも、ブラック企業並みのNYの弁護士法人、弁護士資格を持っていても新人には辛い日々、パラリーガルのKKにそんな余裕があるとは思えず、弁護士法人もそろそろ切る方向でいるでしょう。ただ、ドイツのマスコミが取り上げた日本政府からKKが所属する弁護士法人に大型案件が発注されたという件が気になりますが。

正直、KK問題はもはや本丸ではなく秋篠宮問題の外堀か出城のようなものであり、弁護士資格を得て欲しくないし批判を緩めてはいけませんが、もっと力を入れて批判すべきは、より本丸に近い、二の丸、三の丸とでも言いましょうか。悠仁の裏口入学問題かと思い始めています。じゃぁ、本丸って何だよと過去に質問されましたが、私も今はまだ分かりません。しかし、きっと何かおぞましいものです。秋篠宮夫妻のバックにいるある「巨大な存在」とでも言っておきましょうか。

36
2
返信する
匿名

KKが受験しているのが本当として、
その間、M子は何をしているんだろう?
ごちそうを作って、夫の帰りを待ちわび、夫の頑張りをねぎらったりするんだろうか?
する訳、無いか・・!!

15
返信する
絶望した国民

前回の受験に落ちた際、やたら早々に不合格の報道がなされました。
日頃から都合の悪い事をひた隠しにする宮家関連なのに、やたら早いなと…違和感があったのですが。

あのとき、『不合格』と発表する事で
まさかの、受験をしたというすり込みを行った?なんて事はないですかね?
この人に対して、もう不信感しかありません。

だとすれば今回の受験での、会場入りした姿が見当たらないのに、試験終わりの人の流れの中に姿が確認されたという報道も、やはり??…と疑いたくもなります。
筑附受験での演出の逆バージョンかな。

いずれにしても、こんな胡散臭い人が皇族の姻戚に存在する事の恥ずかしさは計り知れません。

この一般人の夫婦が、数億にもおよぶ外務省の機密費とやらで守られながら遊び暮らしているのが報道の通りならば、お飾りの弁護士資格のために苦労するわけないですものね。

コロナ、ロシア問題、中国での日本人外交官が拘束されるという異常、この危険や不安だらけの時代に。
税金、ましてや外交機密費が、ぐうたら夫婦にジャブジャブと使われているとしたら、なんとい危機感のなさだろう。
一般人とは名ばかり、税金に寄生するシロアリが、食いついたら離れずに血を吸い続けるダニと夫婦になったようなものではないか。
憤りしかない。

18
返信する


匿名

国民の税金、何だと思っているのか、KK夫婦はもちろん、秋家に聞きたいです。
庶民は、毎日仕事をし、働いて得たお給料の中から税金が天引きされ、その中でやりくりしているというのに・・・同時に税金を湯水のように使うなんて、一緒にしてはいけませんが、1789年のフランス革命の当事者である王妃マリーアントワネット、ルイ16世と一緒です。

もし、KKが学生生活に戻った場合、その学費などはどうするのかしら?まさか、税金が支出減だったら、もううんざりです。また、眞子どんも然りです。一生、仕事をしないで生活するつもりかしら?

このような結婚を許してしまった秋家も許せません。もっと審査をしていたら、状況が違っていたのにと何度も思います。

返信する
匿名かな

近い将来、皇室に戻して、
悠仁殿下のサポートに国際外交にと暗躍させるつもりの大事な駒、圭殿下ですからね(書いてるだけで吐き気が…)正田家には渡すわけにいかないのでしょう。
この二人の結婚、本来ならさっさと駆け落ちすればいいものを、
どれだけ眞子さんも厚顔で粘ったか覚えていらっしゃいますか、女性宮家欲しさに自分からゴシップ等流して引き伸ばしてさ。リークのタイミングは男児懐妊のリークと同じ、最後は国会へまで押しかけて圧をかけようとしてましたよね…。
冷静に見てたら、いずれも自民党とよく謀りあったタイミングでしたよね、第4次安倍内閣発足したらメディアが突っ込めないよう、いきなり圭様帰国で帝国ホテル希望とかね。

返信する
匿名

ケイちゃんのお父さんがご存命であられたら、
どうなっていただろうね。
お母さんとの馴れ初めはどんなだったのだろう?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。