紀子さま「悠仁さまの筑附入学」求め、学長に鬼電するも、学長はノイローゼになり着信拒否!「なんで出ないの?」と逆上し学校へ乗り込み


文・もっちゃん

尊敬される天皇ご一家と、対照的な秋篠宮家

10月に、大きな懸念材料であった長女・眞子さんの結婚問題が一段落した秋篠宮家。現在も、この結婚に関しては、国民から批判の声が上がっており、後始末に追われているようです。

今月1日の愛子さまのお誕生日や、9日の雅子さまのお誕生日に発表された、国民を想い、多くの人々を深く感動させるようなメッセージとは対照的に、秋篠宮殿下は、ほとんどケンカ腰の調子で、国民やメディアと対決するかのような攻撃的なメッセージを発信されました。

「FRIDAY DEGITAL」は愛子さまの20歳のお誕生日の後に、「愛子さまの成年行事に見る“小室劇場の後始末”」と題する記事を配信。

嘘か本当か分かりませんが、記事では、愛子さまの成年の祝賀行事をお誕生日から4日後の5日に行ったのは、その直前に内容が発表され、炎上状態となった秋篠宮殿下のお誕生日報道から間を置くためだった。愛子さまがティアラを新調されなかったのは、眞子さんをめぐる一連の騒動で、「我々の税金をそんなところに使うな」という議論が出てきてしまったためだったなどと報じています。

もっとも、こうした報道は、愛子さまの成年祝賀は、眞子さんの結婚問題よりも、注目度の低いトピックだったかのように思わせる世論誘導の可能性もあり、注意が必要でしょう。



日本国内では、眞子さんの結婚問題の後のちょっとしたイベントであるかのように報じられてしまった愛子さまのご成年ですが、海外メディアは、全く違ったかたちで報道しているようです。

独紙「南ドイツ新聞」は「ティアラを借り受けられたプリンセス」と題する記事にて、愛子さまがコロナ禍における国民の苦境を案じられ、成年行事で着ける新しいティアラを注文せず、叔母の黒田清子さんから借り受けたことを紹介したうえで、次のように、報じました。

眞子さんは夫と米国に移住。これは、調和を求める日本にとってストレスとなった。きっと、愛子さまが国民と皇族を仲直りさせてくれるだろう。彼女は本当によくやっている。いつも笑顔だ。ティアラの件も含め、たった1日の行事で“無私無欲”の一端を示された

「南ドイツ新聞」(訳文「中日スポーツ」より)

また、メキシコのニュースサイト「グラムスター」も愛子さまのティアラについて触れたうえで、それぞれティアラを新調するために日本国民に25万ドル(2850万円)、24万7000ドル(2820万円)を「出費」させた佳子さまと眞子さまとは「対照的」だったと報じたようです。

このように、海外メディアが愛子さまの慎ましさと、国民を想う、優しい心を絶賛している様子を見ると、いまだに日本のマスメディアは、天皇ご一家に対して、非常に冷淡な報道をしているのだと実感せざるを得ませんね。

悠仁さまの高校進学問題

ともあれ、このように長女・眞子さんの結婚問題の余波を引きずる秋篠宮家ですが、この直ぐ後にも、悠仁さまの高校進学という大きな問題が待ち構えています。

この悠仁さまの高校進学の問題に関しては、「女性セブン」(2022年1月1日号)が非常に詳しく報じています。

こちらの記事によると、悠仁さまの東大進学は紀子さまの悲願であり、なんとしても、初の“東大出身天皇”にしたいと願っておられるそうです。

ハーバード大学を卒業し、外交官試験に合格された雅子さまに対するコンプレックス丸出しの紀子さまの願いですが、問題は、悠仁さまの学力を向上させることでこの悲願を実現させようとするのではなく、特別な制度を作って抜け道で合格させようとしている点でしょう。



悠仁さまの進学に関しては、以前から常に黒い噂が付きまとっていました。悠仁さまは2010年にお茶の水幼稚園に入園しましたが、その際に利用したのが、この「特別入学制度」という制度です。

この制度は、「女性研究者を支援するため」という名目で、悠仁さまの入園の年にお茶の水幼稚園が新設したもの。

この制度は、大学にとって“どうしても必要”な教員や研究者が、子育てや子供の進学を理由に退職してしまうことを防ぐために、お茶の水女子大の女性研究者の子女をお茶の水幼稚園に入園させるというもの。

紀子さまが同大学の特別研究員であったため、悠仁さまは、この制度を使用して入園されたのですが、この制度を利用して入園した生徒は、後にも先にも悠仁さまお一人だけ。

「そんな馬鹿な!?」と思うでしょうが、なんと紀子さまは、悠仁さまを入学させるためだけに、お茶の水幼稚園に特別な入学制度を作らせてしまったのです。

現在、紀子さまは、お茶の水女子大と筑波大の附属校の生徒の若干名を進学のタイミングで交換入学させるという「提携校進学制度」を利用して、悠仁さまを筑波大学附属高校に進学させようとしているようですが、どうやら、この制度も紀子さまがお茶の水の学長にかけあって創設させたようですね。

「おそらく、紀子さまは、悠仁さまを“特別入学制度”でお茶の水幼稚園に入園させたことで、味を占められたのでしょう。

悠仁さまの中学校進学時にもお茶の水女子大と筑波大学の学長にかけあって、この“提携校進学制度”を創設させたようです。



ですが、この時期には、眞子さんの結婚問題により、秋篠宮家に対する国民からの風当たりが強くなっていたこともあり、この制度を利用しての筑波大学附属中学校への入学は断念することとなりました

驚いたのは、実は、この制度を新設してから、実際に、制度を利用して両校に入学した生徒が皆無であるという事実です。

おそらく、“悠仁を筑附に入学させるための制度なのだから、他の生徒に利用させる必要はない”というのが紀子さまのお考えなのでしょう。」(秋篠宮家関係者)

紀子さまお茶の水女子大に怒鳴り込み

先の「女性自身」の記事では、「実は、紀子さまは頻繁にお茶の水側に電話をしているそうなんです」「大学の学長に直接です。紀子さまはお茶の水大で心理学の研究をされており、以前から学長とはルートがあったのでしょう。」という関係者の言葉が紹介されていますが、実は、このことでちょっとしたトラブルが発生しているそうです。

「紀子さまは、お茶の水女子大の学長とは、以前から懇意な関係でありましたが、今回は、お茶の水女子大のみではなく、筑波大学側の事情も関係していますからね。

どうやら、高校進学を目前に控えて、不安が生じておられるようで“本当に、悠仁は、筑波大学付属高校に進学できるんでしょうね?”“筑波大学側にもしっかりと話を通しているんでしょうね”と頻繁に電話をかけられているようです。

ですが、どうやら、お茶の水女子大の学長も、この紀子さまからのプレッシャーに大変参っているそうで、ある時、とうとうノイローゼのような状態になり、紀子さまの電話番号を着信拒否にしてしまったようなのです。

この時、紀子さまは、大変憤慨され、“絶対に許せない”“まさか、約束を破って、悠仁を筑波大学附属高校に進学させないつもりじゃないでしょうね”などと絶叫され、さらに、その数日後には、皇嗣職の人間何人かを引き連れて、お茶の水女子大の学長のもとへ乗り込んで直接交渉を行ったそうです」(前出の秋篠宮家関係者)

かつて、紀子さまの父である故・川嶋辰彦氏は、紀子さまと秋篠宮殿下の間でトラブルが生じた際に、秋篠宮邸に乗り込んだこともあるそうですが、紀子さまも、こうした辰彦氏の性格を受け継いでおられるのかもしれないですね。まさに、「子は親に似る」といったところでしょうか。

ご拝読ありがとうございました。

25 COMMENTS

匿名

学校側がOKしても、生徒や保護者からの反発必至。

悠仁が入ることによって、授業のレベルが変わりますからね。

通常、留年するケースでも、悠仁がいれば、全員進学になるでしょうから。

124
返信する
未来の日本と皇室を憂う者

KKm負債も、a宮負債も、KK母親も、○亡して下さい
それが日本の為です。
地獄行きは当然ですが、閻魔大王と昭和天皇の御霊から、裁きを受けて下さい
そうだ、ハゼ負債もだ!!!
KT教授がきっと先に行ってるさ。
天皇御一家の名誉を毀損するな!!!

92
返信する
匿名

最近の紀子は皇居に突撃してみたり、学長に怒鳴り込んでみたり。
狂ってるとしか思えないですね。精神がやられ始めています。

終焉が近づいて来たのかとも思える…。

115
返信する
匿名

鯰殿下も酒と薬漬けでヤバイらしいですから、夫婦揃って精神崩壊状態なんでしょうかね?。

85
返信する
匿名

息子をテンノーにしたかったら学習院一択、他はあり得ない。

そんな事も分からんくらいのアホのキーコ。

22
返信する
一般人の感覚

紀子さまは悠仁さまの東大進学に並々ならぬ御執着のようですが・・・

将来、悠仁さまが本当に東大に進学するに値する学力を備えているなら、高校なんてどこでも良いのです。

実際、地方の公立高校から東大に進学しているわけですから、大事なのは本人の努力です。

KK同様、ロイヤル忖度で裏口入学したって直ぐにメッキが剥がれてバッシングの嵐ですよ!

ただ百歩譲って、どうしても高校に拘りを持つなら、開成高校や都立なら日比谷高校なら東大の進学率は高いですよ!

もっとも、そこで弾かれる様では東大受験の際、今度は彼らがライバルになるんですよ!

84
返信する
匿名

筑波大OBです。

筑波大では、教育実習先に付属高を選んでも良いのですが、
生徒が異次元レベルのためやりにくいらしく、
結局みんな自分の母校で実習します。

授業中も休み時間も、
普通の高校生とは何から何まで空気が違うエリート校って聞いてる。

83
返信する


ろろ

悠仁さん今ほとんど学校行ってないでしょ?ずっと不登校状態。
昔から悠仁さんが来ているかどうかはSPの車があるかどうかで
分かったのですが最近ほとんどその車がないとか。

80
返信する
匿名

>ろろさん
学校で姿を見ない?

あれ?留学中の小室圭と同じじゃないですか!早速、義兄の影響が出始めていますかな?

73
返信する
匿名

江戸時代、帝は御簾の奥にいらした。

明治維新の時の明治天皇はまだ中学生くらいの年齢で、女官たちに大切にかしづかれて、たぶんナヨナヨしていただろう。

ヨーロッパ視察から帰って来た新政府のリーダーたちが、この子を欧州王族のように育てようと作ったのが学習院。

英国王室の王子達が今でも従軍しているように、欧州流のノブレス・オブリージュでは、身分が高いほど勇ましくあれと。

新政府リーダーは武士でもあったし、明治時代の学習院講師陣は武士だらけ。ナヨナヨだった明治天皇も体軀精神共に鍛えられた。

だから今でも学習院は、遠泳があったりと、普通の学校よりかも厳しめ。ある意味防衛大学校的な教育。

アホのヘンリー元王子だって軍人で身体も鍛えられている。それが欧州王族。パブリックスクールだってラグビーやらで鍛えてるのだ。そういうのは大事なのだ。偏差値よりもずっと大事。

20
返信する
匿名

この記事で報じられていることがもし事実であれば、大学の業務や学生の勉学環境に悪影響は必至だと思うのですが、威力業務妨害等に当たらないのでしょうか?

85
1
返信する
匿名

警察公論という雑誌の記事では、不正入試は、偽計業務妨害罪にまず該当するとの見解でした。
悠仁にだけ有利な、推薦入試条件を作らせ、正当な競争試験の機会を混乱せしめたという容疑となり、実際に韓国の判例では、朴槿恵のお友達の占い師・チェスンシルの娘が乗馬が得意で、それまで乗馬大会の成績はAO入試の応募資格に含まれていなかったのを加えさせ、梨花女子大に合格させていたことで、業務妨害罪で起訴され、最高裁まで争っても有罪が確定となり、大学学長も同様に逮捕されて、実刑判決をともに受けています。「スンシルゲート」で検索すれば、いろんな記事がヒットしますよ。

この判例でいうならば、筑波大の学長や、付属高の校長先生も有罪になる可能性があるわけで、国家公務員としても、おいそれと紀子の直電による恫喝に屈するわけにはいかなくて当然です。筑波大付属の保護者さんも不正入試反対の声を上げましょう。

18
返信する
大久保絹子

どんな優秀な学校に進学しても、周りについて行けないのはわかりきったこと。自分だけが授業が分からない状態では、辛いのは本人です。
悠仁クンはどう考えているのでしょうね。

この進学問題とは違うのですが、以前、悠仁クンの机の上に、刃物が置かれいたという事件がありましたが、最近、ようやく謎が解けたような気がします。

眞子が学習院時代、凶暴なジャイアン状態だったと言うのも最近知りました。

秋篠宮家ではどんな躾けがなされてきたのでしょう。この家庭の闇は深いですね。

86
返信する
匿名

紀子様は、なぜ東大に入れても評価されないのにこだわるのでしょう。学力が高いことは喜ばしいことだけど、国民は天皇には他のことを重視しています。愛子様は東大の学力があっても敢えて学習院に入学したことが評価されています。そのことから、何か感じないでしょうか。

72
返信する
匿名

>匿名さん
そもそも東大に入れてもハーバード大には敵わないんですけどね!紀子さまは、その事は知っているのかな?

60
返信する


とても敬語は使えません!

紀子さんは自分のワガママで、悠仁さんを操っていますが、結局は本人の為になりません。
幼稚園から親の引いたレールに乗せられ、不登校続きで今まで学校で友達と楽しく生活している姿を見た事があるのでしょうか?
学長を脅す、自分の顔を鏡で見てみたらいかがですか?
皇族としての品格をどこかに落として来ていませんか?

62
返信する
匿名

>とても敬語は使えませんさん

まさか皇族に毒母が居たなんて驚きですね。悠仁さまを皮切に未来の皇太子達は東大を目指すのでしょうか?「東大に入れないヤツは皇太子の資格は無い!」と父親(天皇)に言われる様になるのでしょうか?そうなったらヤバいなぁ~

36
返信する
匿名

とうとう日本のチェスンシル・紀子になってしまいました。
皇族といいながら、不正入試実行に奔走することで、しっかり偽計業務妨害行為をすでに犯してしまっている紀子。
これに協力させられる皇嗣職も違法行為の共犯者となるだけに、ひやひやものでしょう。
さっさと内部告発して、楽になった方が身のためですよ。
悠仁の不正入試で巻き添えになる他の一般受験生が気の毒でなりません。倍率など、悠仁が裏口してくるかしてこないかで大きくぶれるでしょうから。

18
返信する
匿名

早く皇族から追い出されて裁判を受けるみにならないかな。
それにしても、やはり無理やり遺伝子操作して作ったことには無理があったのですね。受精卵が8個だか16個だかに分裂したときにそのうちの一つを取って調べるらしいけど、成長する最初の段階で7/8とか15/16になってしまってまともに育つの?って普通は思いますよね。

返信する
匿名

受精卵をまず性別検査するなんて、まるで養鶏用に、雌鳥だけを残し、雄鳥はひよこ段階でポイと殺処分するのと似た話ですね。

確かに、性別検査のためのサンプル採取で、大事な遺伝子のコピー元までも抜かれやしないかと心配になります。
なにしろ、五年生にもなってまだ悠仁の「悠」の漢字が書けなかったと読売新聞が報じるほどのオクレさんになったところをみると、人為的性別選別が発育上の致命的打撃になって、難聴になっていたのでは?と思えてきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です