小室佳代さん刑事告発で、眞子さま新居に家宅捜索の可能性「秋篠宮邸は大丈夫か?」と宮内庁騒然


文・もっちゃん

小室佳代さん刑事告発の余波

今月26日の記者会見の期日が迫る中、ますます、国民からの注目が集まっている眞子さまと小室圭さんのご結婚問題。

1日に、宮内庁が正式な結婚発表と、眞子さまの「複雑性PTSD」発症を公表して以降も、精神科医や「複雑性PTSD当事者支援協会」から診断に疑問が付されたり、小室佳代さんの元婚約者の男性が、「トラブルに進展はない」とコメントを発表したりと、様々な問題が発生しています。

また、その他、6日にあるジャーナリストが小室佳代さんを刑事告発したことも大変な話題となっており、現在、週刊誌などのメディアも、皇族のフィアンセの親族が刑事告訴されるという、この前代未聞の事態について盛んに報じています。

「女性セブン」(2021年10月28日号)は、この刑事告発により、小室佳代さんが渡米し、眞子さまと小室圭さんと共にアメリカで生活をすることが困難になるのではないか?として、次のように報じています。

気になるのは、刑事告発された佳代さんは、渡米に必要なビザの給付がされるのかどうかだ。小室さんがニューヨークで暮らし始めれば、佳代さんの長期滞在も囁かれている。

「DS-160というビザの申請に必要な書類には、被告発人かどうかという質問項目はありません。しかし、刑事告発されていることをアメリカ大使館が把握していれば、面談の場面で質問され、佳代さんが申し開きをしなくてはならない可能性は高いでしょう」(外務省関係者)

 ビザの給付に関しては、複雑性PTSDであることを公表された眞子さまにも、アメリカ大使館がどのような判断をするのかは不透明だ。ことによると、眞子さまを尊敬しているという佳代さんと、佳代さんに心酔しているという眞子さまは、ふたりともアメリカへは旅立てないかもしれない。

「女性セブン」(2021年10月28日号)

現在のところ、この刑事告発は、正式に受理されてはいないため、即座に渡米に影響が出るかは不明なようです。

とはいえ、眞子さまの「複雑性PTSD」発症と、この小室佳代さんの刑事告発により、眞子さまと、小室圭さんと、佳代さんらが揃って渡米し、新天地NYでのセレブ生活をスタートさせるというバラ色のプランに暗雲が立ち込めていることは間違いないでしょう。

眞子さま新居にも捜査の手

また、この記事では、小室佳代さんの刑事告発が正式に受理されて本格的な捜査が開始した場合、眞子さまが渡米前に日本国内に滞在される仮住まいにも捜査が行われる可能性があるとも報じられています。



東京地検が刑事告発を受理した場合、関係各所への厳しい捜査が始まる。

今回の場合、佳代さんの自宅はもちろん、関係先として眞子さまと小室さんの日本での仮住まいが「家宅捜索」を受ける可能性もある。遺族年金については、小室さんの年齢により給付額が変わってくるため、無関係とは言い切れない。

(同前)

皇族である眞子さまが結婚直後に家宅捜索を受けるとなれば、これも前代未聞の事態となります。もちろん、小室佳代さんの「遺族年金不正受給」や「傷病手当不正受給」は、眞子さまと直接の関係はありませんが、このような問題を抱えた人物を親族に持つ相手と結婚すること自体を問題だと感じる国民は多いでしょう。

この「女性セブン」の記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には次のような意見が書き込まれています。

告発は返戻されましたが、遺族年金に関しては内定者母当人の告白メールで十分な証拠になっているのではないでしょうか?受給記録とメールの日付で故意である確定的な証拠になるのでは?傷病手当については本件に関して詳しい情報をお持ちの方、特に内定者母が働いていたお店は詳細情報をお持ちのはずですから善は急げでぜひ告発者の方に詳細情報の提供をお願いいたします。それが国家を救うことになりますので。

あ、何この人も疑惑まみれの中アメリカに飛ぶつもりだったの?

なんだよただの高飛びじゃん

結婚と母の件は別、なのでしょうが・・・

婚約内定者に援助しすぎた秋篠宮家の責任もあるのではないでしょうか。

ひっそりと静かにしていれば、ここまで悪事が公にならなかったのでは。

経歴に箔をつけさせようと渡米させ、弁護士資格を取得させ・・・普通ではありえない待遇ですよね。

いったいどこまで税金を使うつもりなのか、本当に嫌になります。

一般人になられてからも贅沢してお暮しになるんでしょうね。

告発されている問題は、圧力がかからなければ起訴されますね。圧力がかかるとしたら、どこからか直ぐに分かりますよね。

宮内庁も憂慮

こちらの記事では、眞子さまの新居が家宅捜索されるのではないか?と報じていますが、現在、宮内庁では、この佳代さんの問題により、秋篠宮邸まで家宅捜索されるなど、捜査が眞子さま以外の秋篠宮ご一家にまで及ぶのではないかと憂慮しているそうです。

こうした宮内庁の懸念に関して、私の知人のある宮内庁関係者は次のように語ってくれました。

「小室圭さんが4月に、400万円の借金問題に関する文書を発表したことがネットで大変な炎上状態となって以降、宮内庁は、この結婚問題に関する情報を可能な限り表に出さず、秘密裏に眞子さまや秋篠宮ご夫妻とも調整を行い、結婚の準備を進めてきました。

9月に入ってから急に、お二人の結婚の予定についてマスコミが報じ始めた時には、多くの国民が“あまりにも唐突ではないか?”と感じたのではないかと思うのですが、こうしたことも全て宮内庁の計画通りだったのですね。

直前まで、情報を隠ぺいし、秘密裏に結婚の準備を進め、結婚の正式発表を行ったら、その後は、国民に有無を言わさず粛々と強行していく。

現在、テレビや新聞などの大手マスコミ各社は、結婚に賛成し、祝福する報道を次々と行っていますが、おそらく、結婚準備期間中にしっかりとマスコミに対する手回しも行っていたのでしょう。



とはいえ、やはり、ここまで国民の反対の声が大きくなっていることや、佳代さんが刑事告訴されたことは、宮内庁にとっても誤算であったようです。

仮に、佳代さんの刑事告発が受理され、本格的な捜査が開始した場合、眞子さまにまで捜査の手が及ぶことは、避けられないかもしれませんが、宮内庁としては、秋篠宮ご夫妻が事情聴取を受けられたり、秋篠宮邸が家宅捜索を受けたりといった事態は、なんとしても回避したいと考えているようです」(宮内庁関係者)

眞子さまと小室圭さんは、26日に正式に結婚した後に、NY行きの準備が整うまで、日本国内の仮住まいで生活をされるようですが、この調子ですと、NY行きまでに、何かひと騒動あるかもしれないですね。

ご拝読ありがとうございました。

9 COMMENTS

トムキャット

宮内庁というのは、皇族のわがままを通すためには犯罪も厭わない集団なのですね。
驚きました。
職員の方達は日本人としてのプライドや罪の意識は無いのでしょうか。
身内がもし宮内庁なんかに勤めていたら、恥ずかしくて表を歩けません。

107
返信する
匿名

トムキャットさんのお怒りはごもっともです。
しかし落ち着いてよくお考えいただきたいのです。
むかしから「宮仕え」という言葉があるように、宮内庁職員は所詮上からの指示で動く駒であり、
ソレが出来てこそ俸禄が得られる訳です。
恐らく宮内庁職員の中にも、本音では言いたい事が山程ありましょう。
しかし職員として働く以上は、その立場上いえないのです。
結局は回り回って、そんな政府を選んでいる私たち有権者が余りに「浅はかで愚か故」となり
ましょう。

27
2
返信する
匿名

秋篠宮家はこの刑事告発をテレビで報道することをカネと権力で情報統制している。そして刑事告発を受理して捜査を始めたい警察官の正義をも踏みにじっている。どれだけの人を苦しませたら気が済むのか。国民に苦痛を与えるのが時代にあった皇族なのか。もしそうであればそんな皇族は国民にとっては全く存在意義がない。そんなにそんなに結婚したければ、秋篠宮家丸ごととっとと皇籍から離脱すればいいじゃない。みっともないからこれ以上しがみつくのはやめてもらいたい。

77
返信する
匿名

警察官の正義に期待します。秋篠宮家の不正をあばいて下さい。

秋篠宮家付き護衛官47歳T氏(縊死)2004年

秋篠宮家付き護衛官58歳K氏(縊死)2005年

皇居護衛官19歳N氏(拳銃自殺)2006年

64
返信する
匿名

亡くなられた方々のその理由の如何が分かりませんので何とも・・・ですが、さぞかし
辛く悔しい思いで命を絶ったことかと思います。
只々ご冥福をお祈り申し上げます。

このように秋篠宮家の不祥事が立て続けに露見し、中には死なばもろともとばかり・・・
短絡的な事を考える職員が現れない事を祈るばかりです。
正義感も時に度を超すと大きな事件ともなりかねません。
そんな事に関わり合わずとも、明るく楽しく人生を過ごす方法は幾らでもあります。
関わり合わなければ済むことです。
狭い世界に固執すること無く、他に目を向けましょう。

32
返信する
山紫水明

宮内庁が小室氏の身体検査を行っていなかったというのはウソでしょう。
内々に徹底した調査が行なっていたと考えるのが当然であり、それこそが宮内庁
の責務ですし、元警視総監だった西村氏には様々な情報が上がって来ていた筈です。
仮に秋篠宮家の意向で身体検査を行わなかったなら、それは宮内庁の重大な失態で
あり、宮内庁長官はその責任を負うべきでしょう。

しかし宮内庁は全くその責任を負っていませんし、管轄すべき内閣府も全く監督
指導していません。
つまり内閣府と宮内庁が結託して、相当以前から悪しき方向に事を進めていたと
しか思えません。秋篠宮家の「自由を重んじる家風」やお二人が ICU に進学した
事も策謀工作の一環に思えてなりません。
これはもう、国会で徹底追及されるべき事案であり、お二人の結婚問題に留まら
ず国家を揺るがす重大な問題でしょう

また天皇陛下がなぜ結婚に反対であると明言しないのか、全くもって情けない限り
です。
日頃「国民に寄り添う」と言いながら、この国民の大きな憂いを無視し続け、皇統
の危機とまで言われているのに、その状態を是認している陛下の余りの不甲斐なさ。
陛下自身が皇統の危機に抗せず「腑抜け」同然では日本そのものが危ぶまれます。

【 この結婚に関しては、小室佳代氏の数々の疑惑が晴れ、また小室圭氏の米国での
疑念も解消されて、初めて婚約内定から正式な婚約の手続きに進む事が出来まし
ょう。よって現段階での結婚には、眞子さまご本人のためにも皇室の為にも、心配
する多くの国民の為にも反対です!
】とナゼ陛下は言えないのか。

毅然として反対の意思を貫かなかった天皇陛下。皇族の長として大きな責任があり
ましょう。今からでも「結婚に反対である」と毅然として明言すべきです。
それすらお感じにならないのであれば、皇族としての資格が無いとまで言われてい
るあの皇嗣殿下同様「実によく似た兄弟」であります。

30
12
返信する
匿名

結婚の裁可をしたのは先代。今上両陛下に責任はないでしょう。秋篠宮が皇位継承者として決まっている以上、今上両陛下も政府の方針には口を出せないでしょうから相当歯がゆい思いをなさっているのではないでしょうか。
退位してからも何かにつけて国民の前に顔を出すくせに、こういった時にダンマリをきめこむ上皇夫妻、どうかしています。
これを機に皇室典範改正、皇位継承順位は直系長子にして愛子さまを皇位継承者にしていただきたいです。

56
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。