愛子さま伊勢神宮参拝で現地は大歓迎ムード!ヤラセだらけの悠仁さまのなんちゃって参拝とは雲泥の差で、またしても紀子さま悔し涙


文・もっちゃん

愛子さまが初の伊勢神宮単独参拝

今月3月26日から1泊2日の日程で、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは学習院大学ご卒業や、ご就職の報告をされるため三重県伊勢市の伊勢神宮と奈良県橿原市の神武天皇山陵を参拝されました。

今回の伊勢参拝は、愛子さまにとって、初めてのお一人での地方訪問となったのですが、多くの人々の大変な歓迎を受けられたようです。また、愛子さまの伊勢神宮ご到着直前に雨が止んだことが、「奇跡のようだ」と話題ともなったようです。

天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが学習院大学ご卒業や、ご就職の報告をされるため、3月26日から1泊2日の日程で、三重県伊勢市の伊勢神宮と奈良県橿原市の神武天皇山陵を参拝された。お一人での地方訪問は初めて。そこで、初日の伊勢神宮を参拝された姿を振り返る。

愛子さまの伊勢神宮へのご訪問は2014年7月に天皇皇后両陛下(当時は皇太子ご夫妻)とともに参拝して以来、10年ぶりとなる。当時、12歳の愛子さまは制服姿だった。

26日の午前、車で皇居を出発し、東京駅へ向かわれた愛子さま。新幹線などを利用し、同日の午後に三重県の近鉄鳥羽駅にご到着。電車から降りられた愛子さまは白のスーツ姿。朗らかな表情を見せられていた。

雅子さまも、これまで三重県をご訪問された際に、ホワイトのスーツを選ばれていることが多かった。これは沿道の人からわかりやすいように選ばれているとされており、愛子さまも雅子さまからお召し物についてアドバイスがあったのかもしれない。

この日は雨が降っており、駅で車に乗る際には傘をさしていたが、伊勢神宮に到着される直前に雨がぴたりと止んだ。天候を心配する声も上がっていたが、ご参拝の際には傘を差さずに参道を進まれた。SNSでは天気の回復について「凄い」、「奇跡」といった声が上がった。天照大御神は太陽を司る女神であることから、そのことに関連させて感嘆する投稿もあった。

ご参拝の際には、ワンピースから参拝服であるホワイトのロングドレスに着替えられた。衣食住の神、豊受大御神が祀られている外宮の参道には、伊勢神宮の職員や地元の幼稚園児らが出迎えていた。愛子さまは小雨が降るなか、会釈をし、笑顔を見せられながら歩まれた。お祓いを受けたあと、正殿の前で玉串をささげて深く拝礼された。

その後、皇室の祖先神とされる天照大御神が祀られている内宮をご参拝。10年前は緊張した面持ちの愛子さまだったが、今回のご参拝では笑顔を見せられ、堂々とされていた。ご成長を感じられる姿は、多くの人に勇気を与えたことだろう。

「8760」(2024年3月29日配信)

「次の天皇は愛子さましかありえない」の声

こうした奇跡のように神々しい愛子さまのお姿には、ネット上でも感嘆の声が上がり、ネットニュースのコメント欄には、「本当に、素晴らしくて、自然と涙がこぼれてくる」「次の天皇は愛子さましかあり得ない」といった意見が書き込まれました。

今回は内宮正宮をご参拝された際に曇りだったのに光が差し込み、まるでスポットライトのように敬宮さまを照らしている動画がSNSで拡散されていました。

まさに太陽神であり女神である天照大御神が敬宮さまを祝福しているかのようでした。

天皇陛下の即位の礼といい、今回の敬宮さまの伊勢神宮ご参拝といい、天皇家にはこのような気候に関するエピソードが多いです。

傍系宮家が訪れた際には土砂降りなのを考えると、神の意志を感じます。

2日間の伊勢と奈良のご訪問お疲れ様でした。愛子さまにとっては初めてお一人での行動でしたが大変充実されたご訪問であったとお見受けいたします。訪問先での沿道には多くの国民が詰めかけ愛子さまの人気や注目度の高さを感じることが出来ました。今後も国民に敬愛され続ける愛子さまでいてほしいと思います。

即位の礼の虹と同様に、今回も八百万の神々に祝福されたようなお天気の急速な回復。何か深い意味が感じられたが、それにも増して、学校を出たばかりの若干22歳とは思えぬ、堂々とした立ち居振る舞い、気品のあるたたずまい。

そして要所要所で見せられる周りへの気遣い。

今の皇室メンバーの中で、この方以外に将来の皇室をお任せ出来る方はおられない、と改めて思いました。

悠仁さまに投げつけられた帰れコールの黒歴史

このように、愛子さまの素晴らしい伊勢神宮参拝が話題となる中、これとは対照的に、散々な伊勢参拝となった一昨年10月の秋篠宮家の長男・悠仁さまの伊勢参りの様子にも注目が集まっているようです。

なんと、悠仁さまが、愛子さまに先んじて、伊勢神宮参拝を果たされた際には、あまりの国民からの嫌われ具合のためか、「帰れコール」が発生し、秋篠宮家が用意していたサクラの見物客との間で衝突寸前のトラブルに発展していたとか。



「どうやら、悠仁さまが伊勢神宮を訪問された際に、またしても“帰れコール”が発生してしまったようなのですね。まあ、最近では、こうしたことも珍しくはなくなっているのですが、更なる問題が生じたのは、この後のことです。

どうやら、悠仁さまを見送る一般国民の中に、秋篠宮家の職員の扮する多くのサクラが紛れていたようなのですね。

また、帰れコールが発生した際には、中には、スマートフォンでその様子を撮影する者もいたのですが、サクラとして紛れ込んでいた秋篠宮家の職員が一斉に、“帰れコール”に対して、怒りを露わにし、“このような下品な声を上げるのはやめろ”と言い出したのです。

さらに、そうした職員の中には、帰れコールが起こった様子を撮影していた人のスマートフォンを無理やり奪い取りデータを消去しようとする者などもおり、まさに、一触即発といった状態となってしまったのです。

結局、最終的には、話し合いにより、帰れコールは控えること。帰れコールが発生した際の様子をSNSなどにアップロードしないことなど、いくつかの約束がなされ、なんとか事なきを得たのですが、おそらく、こうした問題は、今後も繰り返し発生してしまうのではないでしょうか」(秋篠宮家関係者)

国民から完全に嫌われきってしまっている悠仁さまと、多くの人々から、今なおこよなく愛されている愛子さま。皆さんは、このお二方のうち、どちらがより将来の天皇に相応しいと思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

34 COMMENTS

匿名

天皇の血筋
浩宮の次は浩宮の子とする
愛子さまこそ昭和天皇も国民も望んでいる
素晴らしいお方です。

233
2
返信する
匿名

帰れコールの実情を、ちやんとアップして欲しい。
騙して騙し続けて、嘘だらけの秋篠宮一家は、
皇族の資格無しで、不要。

211
2
返信する
匿名

秋篠宮一家は、呼ばれた時だけ出かけていけば、帰れコールは起きないと思います。

呼ばれもしないのに出かけていくから、
招待状を強奪してまで海外旅行したりするから、帰れコールが止まらない。

184
1
返信する
匿名

いずれにしても一家は一般人安西孝之さんの子孫一家。
一般人の子孫一家は一般人です。
一般人が皇室に居座り続けられるわけがない。
一般人一家を皇族一家と国民を騙し、しかも安西家の男系男子を天皇のお血筋の男系男子と嘘八百!
皇位継承筆頭宮家と莫大な皇族費不正受給❗
50億?100億?建設費注ぎ込み放題の宮殿を不法占拠❗

先進国であり、民主国家であり、法治国家の日本で、こんなことが許されるわけがない‼️

安西文仁一家は直ちに安西家に帰るしかない‼️
これ以上の居座りは、帰るだけでは済まない‼️

74
5
返信する
匿名

招待されていないのに、招待されたかのように偽装させるから、余計に国民がいきり立つのです。
誰も秋篠宮家の活躍など望んではおらず、一刻も早い臣籍降下により、穀潰しを止めて欲しいというだけのこと。
まして賎民妃が下克上をたくらむための踏み台に皇室を悪用されては堪りません。

66
返信する
匿名

帰れコールされたら、
ノコノコ出てきてすみません、くらい言えれば、帰れコールはある程度収まるのでは?

二度とこんな所来ません!なんて強がりしてるから、どんどん行き場を失っていく。
頭悪い。

149
3
返信する
匿名

もうすぐ成人になられるボッタマ。
高校を卒業したら公務も増える、お車代稼ぎにかり出されるでしょう。
そうなると「帰れ」コールも増えて音声カット、映像のみが増えるかも。
やはり、天皇は無理でしょう。
マスコミも真実を伝える事はしないつもりなのかな?
でも、この時代、隠すことは無理だと思うけどね。

皇位継承者が変わらなければ皇室の未来は暗い。

155
2
返信する
匿名

悠仁は、帰れコールが怖くて公務には消極的でしょうが、
毒ママは、試験日程に被せて悠仁を公務にかりだすでしょうね。
そして、試験問題を教えろとかやりそう。
あ、やった過去もありました。

144
1
返信する
匿名

そうそう。

ズルフ1年生の秋でしたよね?

鬼子がズルフに、ズルヒトの為に試験問題を事前に教えてほしいと…

ズルヒトの同級生たちは、きちんと授業を受け、彼ら自身で把握、対策を立てているのに…

来年度も、鯰地蔵夫婦と一緒に、公務ごっこをするのかな?

ベネッセ主催の高校総合文化祭は、今年から愛子様に出席していただきたいです。

この2年間、散々でしたので…

66
1
返信する
匿名

帰れコールをしたら、ハイヒールやペンで襲われます!!!!

恐ろしいニセ皇族!!

115
返信する
野萩

敬宮殿下が降臨なされた時のお出迎えの国民の熱狂、凄まじいものでしたね。
その国民を前に、口を押さえて「プッ」と小馬鹿にするような仕草などせず、穏やかな笑みで堂々とお手振りをなさるお姿、正に皇太子です。国民に近付いていく時も、カサカサと無様に進むのではなく、駆け付けてくれてありがとうと言うかのように姿勢良く歩み寄っていきましたね。

怠慢議員共のせいで、敬宮殿下は制度上ただのいち内親王。なのにこの大フィーバー。
散々「ショラテンでござい!」とアピールしている盗作小坊主は、結構「○日に行きます!」とアピールしてた筈ですが、ついでのお伊勢参りの時にこんなフィーバーがありましたかね? 興味なさすぎて全く覚えていないのですが。ここでも罰則規定を盾にそもそも報じられていないのでしょうか。まさか成年しても「ショラテンサマは穏やかな環境で過ごされるべき」とか何とか言って隠し続けるのですかね?

国民が「国民統合の象徴」の姿を知らない、「国民統合の象徴」なのに国民から隠さなければならない。そんな存在、必要ですか?
生まれた時から国民がその成長を見守ってきた敬宮殿下こそが、真の「国民統合の象徴」です。

147
1
返信する


匿名

>秋篠宮家が用意していたサクラ
わはは面白い。
嫌われすぎて
閑古鳥が鳴くのがわかっていたんだね。

もしトーダイに決まるなら日本中から罵声が上がるのは間違いないだろう。
表にも出られなくなるのは明白だ。。

148
1
返信する
匿名

昨日の記事コメントに書いた文章ですが、愛子さまの伊勢参拝時に、ちょうど内宮におりましたので、後半に再掲しておきます

(実は当方、皇室情報には全く情弱なもので、いろいろ失敗があり、宇治山田におつきになるはずと聞いて行ったのですが、全然警備陣もおらず、女子高生の一団に聞いたら「他の駅じゃない?」というので「五十鈴川駅かも」と言われ、五十鈴川駅につくと、駅全体きれいに床が水洗いされていて「きっとココだろ、すごいぴかぴかになってる」と家族といいながら、駅前のタクシーに尋ねたら「無線で聞いてあげるわ」と親切に会社に問い合わせてくれて「もうすでに鳥羽駅に着かれて、外宮に参っておられるみたい」と言われ、ガーンとなってしまいました
「でも内宮はその後だからまだ間に合うよ」と聞かされ、すぐに乗車して内宮入り口の所定位置に潜り込めた次第です
鳥羽駅御着というのが驚きで、並んでいる方もご存じない方ばかりでした
お泊まりが鳥羽ということだからなのでしょうか、或いは宇治山田駅で大声援を受けるのは避けろと圧力があったのかはわかりません)

警察官が最前列のおばあさんたちに「いつからお待ちで」と尋ねていましたら「2時から」とこたえていました
愛子さまのご到着は最初16時とのことでした
それが遅れて16時半となって、でも実際は少し早めの16時20分でした
ひどかった雨は14時ごろにはやんでいて、ご到着直前の16時前に女子高生の修学旅行生の一団が内宮に入ってゆき、愛子さまの到着直前に追い出されたのか、手を振りながら内宮を後にしていきました

愛子さまを出迎えた最前列の老人は、2時間半も立ちっぱなしで待っておられたのです
そして愛子さまの登場直前に、警備の警察官が「わたしたちも列の中に入ります」と宣言して、群衆に背を向け、最前列にしゃがみました
ちょっとびっくりの警護体制でした

安倍首相の一件があってから警備体制を変えたようなかんじです
愛子さまの車には伴走するもう一台のリムジンが手前に並んであって、もしも飛び込もうとする紀子の手先でもいたらひき殺す覚悟だったと思います(それほど頼もしい警備だった、グッジョブです)

でも極めて紳士的で、ソフトな誘導警護で、群衆も従っていました
帰れコールやペットボトル投げつけの頻発する秋篠宮家とは大違いでまさに善男善女の集まりで、実際には「愛子ちゃん」と呼びかける人が多かったです
さまづけではないところが、逆に如何に愛子さまが愛されているかを示し、現場でみていてもの凄いオーラを感じました

子ども優先のスタンスも貫徹されていて、子連れだと「どうか前に出してあげてください」と声掛けされて、最前列でみれました

愛子さまが現れるや、その場の空気がさっと清められた感じで、まさに涼風がどこからか吹き込んできたような不思議な霊的体験でした
その余韻を記憶したかったので、敢えて内宮には参拝しないで、愛子さまを拝めた僥倖だけを胸に、家路につきました
いまもあのときの不思議な雰囲気を思い出しています

はじめて愛子さまを拝見しましたが、ただならぬ霊的パワーがあると申しますか、オカルトを疑う自分でも、なんかカリスマに会ったと言うか、霊的体験をしたというべきか、ちょっと曰く形容しがたい感覚が体内に残りました
卑弥呼とか、アマテラスとか、女神ならではの強さを感じた次第です

それだけに愛子さまには絶対に立太子していただきたいです
皇室の原初的形態に戻っての新しい皇室が出来ると思います
薩長の男子至上主義に毒される前の、自然信仰的皇室の姿を愛子さまには見たような印象でした

152
1
返信する
匿名

素晴らしい体験をなさったのですね~♪
あの時京さんのライブに張り付いていました。
お待ちの皆さまと同じようにドキドキしながら見ていました。
警備の方も親切そうで、
雨が降る中こんな多くの人が来ているとは!驚いていました。

神さまが両手を広げてお待ちになっていらした。
奇跡ともいえる数々の輝く映像は宝物です。

121
返信する
匿名

それが安西家に支配されているメディア報道では、
「居合わせた参拝客に迎えられ。」
と、その大歓迎ぶりの映像は無し。
そして「皇位継承第一位の悠仁様はすでに参拝を終えられています。」
安西孝之さんの子孫ですよね⁉️

今、皇室で起こっていることは、バックにある大企業によりメディアを支配。

安西家のメディアを使ってのプロパガンダ❗
皇位乗っ取りを企てているテロ‼️

74
5
返信する
匿名

愛子様が伊勢神宮を参拝した時の様子を見ましたが、所作などを含めて素晴らしいの一言に尽きました。

かたやズルヒトは、2年前、愛子様よりも先になんちゃって参拝をしただけでなく、玉串を逆さに持つは、サクラだらけで散々でした。

今日、買い物中に立ち寄った本屋さんで、見て子自身に愛子様の参拝の写真が掲載されていたので、記事と一緒に読みました。

斎宮歴史博物館への訪問もされていて、彼女たっての希望だったとのこと。

一方、ズルヒトの姉ちゃんズは伊勢神宮に参拝しながら、斎宮歴史博物館を訪問しなかったと書かれていました。彼女たち、スルーだったのでしょうね。

また、江森敬治が、マチュピチュ姉ちゃんに関する連載記事を書いています。

その中で、学習院初等科に入学したマチュピチュ姉ちゃんとすでに通っている馬への教育方針で、鯰地蔵が社会生活で守らないといけないルールは、年齢に応じて教えるという内容の話について触れられていました。

その割には、姉ちゃんズは、はちゃめちゃ何ですけど…また、慣例の順序、遵守も出来ていないし、はあってなりました。

この点は、ズルヒトも受け継いでいます。

うまく説明出来ませんが、そのように感じました。

96
2
返信する
匿名

敬宮さまの圧倒的なオーラに皆様包まれたようですね。
映像で、金色の光をみた時にはゾクッとしました。
変な言い方ですが、最初から敬宮さまが皇太子ならそれで良し、しかしそうではないから国民が政府に反発して、絶対に皇太子にしてみせると頑張って行動されているような気がします。
努力が実り、もうすぐ実現すると想います。

126
1
返信する
不自然な悠仁様報道…違い有り過ぎ

悠仁様の伊勢神宮参拝の写真、合成写真だったと書かれていたと記憶しています。
…悠仁様を見にきた設定…なのに、誰1人悠仁様を見ていない。スマホで写真を撮るのに向きが違う。遠近法からして おかしい構図…
そもそも、一般参拝客は五十鈴橋の手前で足止めされていたのでは?

悠仁様は、鬱病者の顔で歩いていたけど、周囲に悠仁様応援団が居ても無視だったのかしら??YouTubeでは、足音だけでした。

敬宮さまの場合は、集まった方達が礼儀正しく並んで歩き、神宮の中に入って行く様子や、敬宮さまが参拝客の方に何度も笑顔で会釈する姿も 「敬宮さま~」と声掛けする音声もYouTubeに残っています。

102
返信する
一言主

敬宮様は皇統を救うために再臨なさった天照大神ではないかと思うほどの輝きを放っております。

国民は敬宮様の立太子だけを待ち望んでおります。これを妨害するのは誠の愛国者ではありません。その正体は反天皇主義の反日分子ではないでしょうか?

93
返信する


センター分け+鼻髭=変質者だよねー

帰れコール、ペットボトル投げつけ、本物の皇族ではないからそうなるのです。至極当然なのです。

95
返信する
匿名

ネットニュースは、まるで解禁されたかのように、伊勢の行啓報道が連発‼
まさに神々しいお姿と、天照大御神のよみがえりの様との声が。
大変喜ばしい傾向ではあるが、ただ一つ残念なのは、単に愛子さまと表記されていること。
行啓という言葉は、敬宮愛子内親王殿下は、すでに皇太子としての品格をお持ちと個人的に思い、あえて使ってみました。

78
返信する
無礼

敬宮愛子内親王殿下とブルボンを比較するのは無礼。
偽物の人造人間とは格が違う。比較しないで欲しい。

59
返信する
匿名

愛子様のグレーの参拝ドレス、皿美智子と全く同じデザインじゃない?
皿美智子からのプレゼント?
『愛子様ならお似合い、素敵』
っていう人が多く出現しそうだけど、やっぱり着ないでほしいな。
貰ったら着ざるを得ないだろうけどね。
大きめ肩パットといい、皿美智子の影が。
愛子様人気に乗っかるために、美談としてプレゼントしたんだろうけど
お金をバーンと渡して「これで好きなデザインでオーダーしてね♡」
が一番嬉しいよね。

31
返信する
匿名

これからは「愛子様~~!」
じゃなくて
「皇太子さま~~!」
って呼べば面白い。

54
1
返信する


匿名

皇太子位は空位なので「愛子さま=皇太子さま」でいいと思います

悠仁の地位は文仁のDNA鑑定必須、かつ紀子が正妃である必要があり
安西文仁氏が重婚状態で、タイ王女と先に結婚し、先に男子が誕生していて、かつ悠仁とちがって健常児であることから、紀子は妾でしかなく、全くもって不安定です

59
1
返信する
匿名

紀子の地位そのものが「重婚・第二夫人」では風前の灯火にある
しかも重婚となるも承知で押しかけたのだから被害者面もできない

もちろん世界はこの事実を知っていて、偽皇族安西文仁氏の妾として
ベトナムも冷たく「川島紀子」と事実ベース報道をしている
おまけにレッドカーペットから追放、紀子だけが黒塗り写真にされた

世界から愛想を尽かされた偽皇族の妾でしかない紀子
悠仁は遺伝性の障害児で、障害を負った原因は、なんと紀子から遺伝した不良X染色体にあると判明した
このため、眞子佳子にも悪影響は出てきている
遺伝病の保因者として、いまは発症していなくても、特に男子を産んだときが危険で、高い確率でもって障害児再生になってしまうという
これでは紀子のせいで、良縁など望むべくもない話である
眞子が駆け落ちしたのも、見合いなど金輪際ないので、たまたま引っかかった相手を逃したら最後、結婚は不可能と思ったからだろう

こんな不良染色体を受け継ぐ一族は皇室に入れてはならない
たとえ、万一にも文仁に皇族の血が入っていたとしても、障害児が多発する家系なのでは、皇室が穢され、廃れてしまう
すべての間違いは駅南から妾など連れてくるからこうなったのである

60
返信する
匿名

帰れコールなんか起こらない。
なぜなら、あの宮家のお出迎えになんて行こうとも思わないから。

23
返信する
匿名

最近の帰れコールはイベントへの招待者から沸き起こる特徴があります
表彰者とか、生徒の保護者といった関係者から起きてくるのです
これはイベント主催者として悩ましい問題で、参加者が怒りを覚えるような安西文仁家を来賓にお足代払ってまで呼ぶのは如何なものか、となるからです

43
返信する
イカサマ、キコサマ

帰れコールをするために、わざわざ行く人も多いはずです。

だって、平成四人組で 今一番幅を利かせているキコサマだもの❗️

15
返信する
匿名

ズル助の賄賂で資金不足!論文のデキ!サクラも大勢雇えない!加工写真はいつもバレバレ!

37
返信する
匿名

主催者側は、呼んだ覚えはなくて、
有無を言わさず押しかけて、
招待された事にしろ、と脅しているのではないかな。
そしてお車代まで、しっかり取る。
それで、一生懸命公務していると宣伝されてもね。

38
返信する
匿名

一般人一家が皇族一家と国民を騙し、皇室(王室に)入り込んでいるなど、歴史上(日本史でも、世界史でも)前代未聞‼️

唾液だけで二週間あれば正確緻密なDNA鑑定結果が得られる。
DNA鑑定を実施していないわけがない。

それがわかっても尚、ニセモノ皇族一家を皇室に存在させる国家。
そしてエリートたちが「様付け」で、ひれ伏す。
しかも一般人の男系男子一家を天皇の男系男子一家と嘘八百!次期皇位筆頭宮家と皇族費三倍どころか、血税使い放題。
天皇家の何倍?十倍?の建設費の宮殿に住まわせる。

海外から見たらなんと滑稽な国か⁉️

これ以上は皇室の尊厳!そして日本国の威信!に関わる‼️
安西家に支配されている政府も日本メディアも、いい加減に目を覚ませ‼️

12
2
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です