美智子さま醜形恐怖で、外出できず引きこもりに!美容整形を懇願するも、高齢を理由に断られ絶望の隠居生活


文・もっちゃん

引きこもり生活を続けられる美智子さま

すでに、引退した身でありながら、昨年には、美術館など、さまざまな施設を訪問し、取材を行わせ、その度にネット上で批判を浴びてきた上皇后美智子さま。

ですが、どうやら、今年に入ってから、お出かけの回数は激減しており、ここ3カ月間ほどは、仙洞御所に引きこもっておられるようです。

「約3か月間、美智子さまは国民にお姿を見せていません。昨年12月に上皇さまのお誕生日に際して宮内庁が公表した近影も、かなりお痩せになっている印象だったので、心配の声が聞こえてきます」(皇室ジャーナリスト)

 上皇さまが在位中は、毎年2月ごろにおふたりで訪問されていた葉山御用邸だが、この2年は足を運ばれていない。最後に公にお出ましになられたのは’23年11月、皇宮警察音楽隊の創設70周年を記念する演奏会だ。

 美智子さまの最近のご体調について、上皇職関係者は、

「年齢によるところは大きいと思いますが、以前からご体調がよくなかったことは確かです。平成の終盤は、調子の悪い日は午後になると発熱されることもありました。その時点ですでに、満身創痍だったのだと思います」と語る。

 美智子さまは’19年、乳がんの摘出手術を受けられた。同年には心臓の弁に異常があり、血液の流れが悪くなっていることが判明。手術の必要はないものの、定期検診が必要に。’22年には右ふくらはぎに血栓が見つかるなど、数年前から万全とはいえない状態が続いている。

「加齢で足腰も弱ってきているはずですし、耳が遠くなられているという話も聞いたことがあります。おふたりでお出かけされた際にも、上皇さまを支えているようで、逆に美智子さまが支えられている印象も受けます。“できる限り上皇さまをお支えしたい”というお考えがあると思いますが、ご自分の体調がその思いに応えられていない状況なのかもしれません」(同・上皇職関係者)

「週刊女性PRIME」(2024年3月15日配信)

こちらの「週刊女性PRIME」の記事によると、どうやら、美智子さまが最近すっかり引きこもっておられる理由は、一つには、体調不良があり、それから、他にも、ネット上での批判の声が関係しているようです。

コロナ禍が収束し、外出が可能になったころ、各メディアが上皇ご夫妻の近況を報じると、ネット上では「上皇ご夫妻って引退した人でしょ」「美智子さまは目立ちたがり屋だな」といった批判意見が書き込まれるようになりました。

お出ましが減ると、批判的な意見が少なくなるということもあり、こうした批判をさけるためにも外出を控えておられるようです。以前は批判的な意見があったとしても、はね返すほどの気力があったのですが、今はそこまでの体力がないのだとか。

醜形恐怖を患われる美智子さま

また、どうやら、この他に、美智子さまが外出を控えておられる理由として、一種の醜形恐怖に陥っておられるという面もあるのだとか。ある上皇ご夫妻の関係者は次のように事情を説明してくれました。



「昨年までの美智子さまは、活発に文化活動に参加され、美術館や展示会などを訪れる姿がよく目にされました。しかし、最近の美智子さまは公の場に姿を見せることがめっきり減り、その理由には多くの憶測が飛び交っています。体調の不調や国民の目が厳しくなったこともさることながら、実はもっと深刻な内面の葛藤があるようです。

89歳という高齢になられた美智子さまは、近年、自己の外見に対する深刻な悩みを抱えていらっしゃると言われています。鏡に映る自分の姿に、時折、「なぜ、こんなに皺だらけの老婆になってしまったのだろう?」と自問自答され、容姿の変化に深く落胆される日々を過ごされているとか。

このような状況の中、美智子さまは美容整形を検討されたこともあるようです。皺を取り除き、以前のようなシャープな輪郭を取り戻すことを願い、上皇陛下に相談されたところ、「この年齢で美への執着はふさわしくない」という厳しいお言葉を頂戴されたとのこと。美智子さまにとって、これはさらなる心の傷となりました。

このようにして、醜形恐怖に苦しむ美智子さまは、ますます外界から遠ざかるように。かつてのように国民の前に積極的に姿を現すことができなくなり、隠居生活に向かっているようです。外出を控える美智子さまの背後には、ただの体調不良や社会の目ではなく、深い自己の外見に対する不安があるのです。

この悩みは、美智子さまだけでなく、多くの高齢者が直面する現実でもあります。ですが、美智子さまの場合、一般国民よりもはるかに多くの人々から注目され、様々に論評されるお立場でもありますから、こうした悩みは、一層深いものであることでしょう」(上皇ご夫妻の関係者)

美智子さまの深い苦悩

美智子さまが引きこもり生活を送られる理由は、体調不良やネット批判に加え、醜形恐怖による自己否定という深刻な問題を抱えていらっしゃることが、関係者の証言によって明らかになりました。

89歳という高齢に伴う身体的な衰えは避けられず、加齢によるシワやたるみは、美智子さまにとって大きな心の傷となっています。かつて国民を魅了した美貌が失われ、理想とする自分像とのギャップに苦しんでいる様子が伝わってきます。

上皇陛下からの「この年齢で美への執着はふさわしくない」というお言葉は、美智子さまにとって更なる心の重荷となったようです。美への意識は決して否定されるべきものではありませんが、皇族という立場においては、個人的な感情よりも公務や国民への配慮が優先されるのは当然のことでしょう。

しかし、美智子さまにとって、美しさは単なる外見だけの問題ではありません。長年、皇族という重責を担い、国民の期待に応え続けてきた美智子さまにとって、美しさは自身のアイデンティティであり、自信の源泉でもあったのです。



その美しさが失われることは、自身の存在価値が否定されることと同義であり、深い絶望感と孤独感に襲われているのかもしれません。

周囲からは「国民の目が厳しくなった」という声も聞こえ、美智子さまは批判を避けるために、ますます外界から遠ざかっていくように見えます。

かつては国民との交流を大切にし、積極的に公務に取り組んでいた美智子さまの姿は、今では見る影もありません。

皆さんは、このように加齢に伴う容姿の衰えに悩む美智子さまの現状について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

46 COMMENTS

匿名

加齢による美形の崩落などではなく
単純に皇統簒奪を企て、悠仁廃嫡で
それが失敗に至り、東大裏口要請も
叶わず、万事行き詰まったことから
国民の前に出られなくなっただけ

それに安西家との関係に国民が覚醒
このことで秘め事だったことまでが
全国民の関心事となって安西文仁氏
なる人物の母はどちらの女性なのか
喧々諤々になることが予想できた

そのことで安西家ともゴタゴタする
など身動きが取れなくなり火葬愁訴
の本当の理由もバレてしまいました

ならば引きこもるしかもうないはず
うっかり出先で質問されたら、大変
なことになってしまいますものね

216
1
返信する
匿名

人は生き様が相に出ます。
皿婆さん、安西文仁負債、腐根、佳代…..

いくら平静を装っても、一般人安西孝之氏の子孫一家を上皇様の子孫一家と騙し続けていることは、罪悪感に苛まれるはずです。
お皿様は罪悪感ではなく、バレはしないかとの不安感でしょうか⁉️

やはりバレてしまいました。

安西文仁一家を安西孝之さんと共に、皇室から退場させること。
そしてこれまでの、天皇家に対する陰湿極まりない仕打ちを謝罪すること。
これまで苦しめてきた方々に心の中で謝罪すること。

そうすれば多くの怒りや、怨霊から解放され、穏やかな相となりますよ。

156
4
返信する
匿名

性格とやってきた事が顔に出ているのは、美容整形の分野ではない。
誰よりも散々散財しておいて未だに満たされないのは、他人を蹴落とす事ばかりで自身が浅いから。
鏡に若い頃の写真を貼って、現役の頃のビデオでもご覧になれば宜しいかと。

44
返信する
匿名

95歳というご高齢ながら、現役のまま英国女王の職務を全うされたエリザベス女王をご覧になりましたか?
老醜とは無縁の凜とした佇まいの方でした。

196
返信する
匿名

エリザベス女王、年齢を重ねられても素敵な方でしたよね?

そして、亡くなる2日前まで、公務に取り組んだこと、短期間で退任したトラス元首相の任命式もしていました。

見て子とは、雲泥の差ですね!

89
返信する
匿名

>上皇陛下からの「この年齢で美への執着はふさわしくない」というお言葉

なかなかいいことを言われていますね。
上皇が認知症だといわれてもいますけど、発達障害を理由とする悠仁廃嫡宣告にしろ、今回の美智子の整形要求拒絶にせよ、きちんと物事の善悪、適不適を理解されたうえで、発言しておられることがわかりましたよ。だからまだ認知症とは言えませんね。
悠仁の整形失敗事件も上皇の耳には入っていたのでしょう。

悠仁廃嫡宣告の前には、雅子さまに長年のイジメに対する謝罪があったこともここでは記事にされていました。

逆に美智子は老人性鬱状態なんだろうと推察します。
特に雅子さま愛子さまに罵声を浴びせるなどしていることからも、お立場を忘れた暴言や愚行に終始しだしており、愛子さまも美智子が正気なのかどうかを見極めようとして、お一人で御挨拶に上がられる勇猛果敢ぶりをお示しでしたが、その理由もこれではっきりしました。

美智子にはまだ正常な判断能力が残されているのかどうか?
これが天皇家の最大関心事になったのだといえましょう。

一方、眞子が極秘で帰還させられていた噂とも連動します。
これまでは美智子が内廷費を収奪する格好で、生活支援と口止め料を払ってきましたが、美智子終焉となったら、誰も支援できません。
アメリカで、小室に捨てられ、路頭に迷う前に、最後の情けで、チャーター機で連れ戻されたのだとしても、筋は通りますから。

165
1
返信する
匿名

見て子さんといえば、若いときからヒステリーで有名でした。
これを鎮めるには、向精神薬しかなく、プライドが高いので
セラピーなどは受けるはずもないため、睡眠薬、精神安定剤と
いろいろ処方され、すっかり中毒状態になったので、おかしな
言動や被害妄想が湧き出しているのです。

ベンゾジアゼピン系をずっと処方されると頭もボロボロです。
その薬害として、鬱状態にもなり、より強い向精神薬を処方
されて、どんどん奈落の底へと転落してゆくのです。

文仁も同じで、これにアルコール中毒が加わりました。
紀子も、麻薬が入っているのか、歯がボロボロになっています。

雅子さまは、おそらくこうした薬物の危険性を熟知されており
セラピーや内観などで、危機を乗り切り、愛子さまがその希望
の光となって、必死でお母様をお支えなされたのでしょう。

家族内でいざこざを抱え、どんどん壊れていった見て子や紀子
と対照的に、親子で協力し合い、論理的に危機を乗り切った
天皇家の違いが、くっきりと見えてきたのだと思います。

177
1
返信する
匿名

今頃シワだらけと嘆いているのか~
国民はずっと前から気付いていましたよ。
綺麗なシワじゃないのが厄介ね。

顔はそれまでの生き方を表します。

どれだけ悪事を働いてきたかシワを数えて反省して下さい。
敬宮さまの卒業式やお伊勢参りには静かにおこもりお願いします。
邪魔するとまた1本シワが増えますよ。

160
1
返信する
匿名

一本眉も気付いておられるのかな?

お歳を召しても香淳皇后は優しい微笑みでしたね。
内面から出る気品もお有りでした。
晩年は残念ながら痴呆症で表情はありませんでしたが
それでも思い出すのは優しいお顔。

美智子さまはいつの頃からか醜くなられた。
心根でしょうかね。
皇后雅子さまをはじめたくさんの人に意地悪しませんでしたか?
酷いことしませんでしたか?
そういうものが顔に表れたのでしょう。
どんなに歳を取ってもシワやシミがあろうとも生き方が顔に出るように思います。
だから、真面目に一生懸命生きてきたおばあちゃんは優しい顔をしてますものね。
今までのやってきた結果でしょう。諦めて下さい。

133
返信する


匿名

醜形恐怖?
今頃ですか?
私たちはずっと見たくもないあなた様を見せられてきたのですよ。恐怖でした。
しかも
良い年の取り方をなさってきた方はとてもかわいらしいおばあさまのお顔をしていらっしゃいます。
なんで醜いか。
あなたが意地悪〇バアだからですよ。
お金にも汚いし。
異性関係もひどい。
何をしたって手遅れ。えん魔さまがお待ちです。

156
返信する
匿名

2600年以上世界最古の歴史を誇る日本の皇室は天皇のお血筋で受け継がれています。
前皇后と文仁氏実父安西孝之氏は、
その皇位乗っ取りを企ててきた。

文仁氏と安西孝之氏とはDNA鑑定を必要としない瓜二つ。
三人の子も安西家のDNAは容姿だけで確実。
天照大神様を初めとする神々様。
そして歴代天皇がニセモノ皇族をお認めにならないということです。

それにも関わらず、
文仁氏も悠仁くんも天皇の資質がなく、皇位乗っ取りは諦めざるを得ない。
しかし佳子さんの女性宮家を創設させ、皇族としてこのまま国民に押しつけようとの魂胆見え見え。

安西家がいくら日本の大財閥であろうと、安西家の血筋が当主の宮家創設は絶対許されない。
天罰が下ります。
一家は皇室から出て行くしかない。
一家の存続は皇室の崩壊に繋がります。

国民も認めるはずがない‼️
 

127
6
返信する
見送りましょ

醜形恐怖による自己否定ご自身の性格を反映したもの。
心が汚れれば外見も醜くなり整形繰り返しも原因です。
いまさら整形もないでしょう。静かに旅立つご準備を。
終わったご隠居の情報など不要です。静かにお送りを。

107
返信する
手から放して 神に委ねよ。

>上皇陛下に相談されたところ、「この年齢で美への執着はふさわしくない」という厳しいお言葉を頂戴された

老人性認知症、上皇の方が軽いんだね。
美への執着、醜形恐怖、整形依存症…それがもう70年も続いて、自分の生活に滲み憑いているから、それしか考えられない。
その為なら、幾らでもお金を掛ける…一般人なら、財産が底をついたら気が付くのに。

今からでも、孫への生前贈与を止め、焼却炉2基、陵墓2基、衣装館を止めてほしい。
マハトマ・ガンジーは、聖書だけが私物の財産だった。年老いても、安らかな表情だった。

82
返信する


匿名

ミテコは性格の悪さが顔に出ているだけ。整形したって無駄でしょう。
ミテコより年上のエリザベス女王や三笠宮妃百合子さまは、とてもお美しい。内面の美しさが滲みでていらっしゃいます。
ミテコも少しは見習え!

98
返信する
匿名

ズラも止めたらいいのに。

皿帽子よりズラの方が遥かに高価なのでは、と思う。
会計監査を必死に拒むのも、ズラ代がとんでもない金額だからでは?と私はずっと疑っておりましたよ。
街で売っているヘアピースでも安くて万するから、見て子のズラはフルオーダーで人毛で、200万は最低するはず。
それを使い捨てするというのでは、見て子のズラだけで被災地がいくつ救われるか、悲しくなる。

65
返信する
匿名

エリザベスⅡ世、香淳皇后はお綺麗でしたね。
晩節を汚すとはミテコを見てなるほどと思った次第です。

75
返信する
匿名

ここでもしばしば参照される吉崎御坊の『嫁脅し肉付面伝説』

見て子には、雅子さまに嫉妬するが余り、恐ろしい顔をしようとして被ったお面が顔面から外れなくなった伝承と同じことが起きたのです

いまの醜悪な顔を見れば、幼子は泣き叫ぶでしょう
愛子さまも、なんて不気味な老婆なのだろう、見て子が本当の祖母でなくてよかったわ、と思われていることでしょう

ただその醜形は、雅子さまを怖がらせよう、怯ませようとした結果の自業自得でしかなかった
見て子の顔は、見て子の心がけがそのまま反映してできたものです
偽皇族の次男・安西文仁にまんまと皇位継承させられれば、正田家と安西家で皇室をきれいに乗っ取ってやれるわ、との悪だくみをしたことが、あのお顔の深い皺に出てきてしまっています

このままだと到底安らかな最期は迎えられないでしょうね
己がたくらんだ陰謀が発覚し、死後DNA鑑定の恐怖に怯えながら、
向精神薬をがぶ飲みする断末魔に、文仁紀子共々もがき苦しまざるを得ません

それより前に、被害妄想を膨らませ、公衆の面前で粗相をしでかすか、このまま二度と表には出ず、蟄居を続けて静かに消えるか?

どちらにせよ、少しでもましな最期にしたいのならば、文仁の出自を自ら証言し、秋家全員から皇籍を剥奪させ、敬宮さま立太子に全面協力することで、最後に「改心」したことの証にするしかありません

70
返信する
匿名

ミテコ様、そんなに自己卑下する必要など、まったくありませんよ(クスッ)。
アナタ様は、お孫さんの鹿コに瓜二つ。さあ、存分に整形手術を受けて、90歳でも若返れるんだってことを国民に示し、ついでにムダ毛も剃って、ビキニ姿で蘇ってください。

30
返信する
匿名

佳子は孫でもないですね
似ているのは妹の恵美子さんの方です
しかし、佳子だけは紀子浮気の子だとされてきているので
他人のそら似の可能性が高く、だから美智子も一切
佳子の縁談には関わりませんね
もし恵美子の孫なら、隠れ安西なので、それなりの夫候補が
見合いで上がってくるものですが

46
3
返信する
匿名

隠れ安西でわかったが、
安西家の嫁・婿殿はミテコゆかりのヒトヒトなのね。
ビックリした。

22
3
返信する
朝日新聞社からの警告⚠️

3/17-19:40『“醜形恐怖症”から行き過ぎた自撮り加工も…「自分でも“誰?”というところまで」 Z世代のトレンドは無加工に?』(ABEMA)

他者との比較を気にしすぎたり、自尊心が低下する可能性がある。
さらに、行き過ぎると自分の身体や美しさに極度にこだわる危険性も。「加工なしの自分の顔が嫌すぎて、かわいくないなと。自分でも見たくないし、人にも見せられなかった」

醜形恐怖症になりやすい人の傾向として、精神科医・形成外科医の中嶋英雄医師は
「不適切な親子関係で育ち、正常な成長過程を過ごせない」
「他人に対する信頼感、安心感が持てず、レジリエンス(ストレスに対する逆境力)が弱い性格」
「成績の良さよりかわいさなどが評価された経験」
「形、容姿のわずかな変形や非対称性に気づきやすい。美に対して強いこだわりがあったり、見た目に関して敏感」
といったことをあげている。

┄ミテコさん、見栄と嫉妬と目立ちたがりと自惚れ…ですかね。

46
返信する


匿名

既出でしょうが、キャサリン妃の家族写真加工疑惑で、本人が加工を認め、写真の撤回をしましたね
なんか手の位置が不自然ということでしたが、いまいち動機がすっきりわからなかった

悠仁の加工写真の場合は、人工内耳や補聴器隠し、多指症隠し、三ツ口隠し、付け耳隠し、足の奇形や障害隠しなどと、奇形児系の話題に関するもので、紀子の加工修正動機がよくわかるものばかりです
同時にあまりにもぶちゃいくなお顔なもので、なんとかしたいと、ブータン加工写真シリーズでは、背景のお天気まで入替えていました

53
0
返信する
匿名

もう身体のほとんどが〇桶に入っていても、整形手術を考えるって、異常

皺を隠したいって顔中皺だらけなのにさすがに伸ばせないでしょうに。醜形恐怖って婆さんとっくの昔から美しいってことなかったしそれ以上に性格が醜すぎで直しようもないし。国民の血税をそんな無駄なことに使おうと考えるな!

皺伸ばししたら昔のように・・・なんて思っているのだろうね

キー子は最近の公務で「私はまだ若いですから」と冗談にもならないこと言っていたけど、アラカンなのにこいつも本気で若いと思っているんでしょうが世間的にはもう初老とみなされるのに、お頭のほうは永遠に若いていうか小学校低学年レベルだけどさ

47
返信する
匿名

ババアは脳を手術すればいい。
善悪を司る前頭連合野に、電気ショックを与える器具でも埋め込めば?

35
1
返信する
匿名

悩みの解決方法は二度と国民に前に出て来ない!美への拘りもシワシワの顔も気にする必要がなくなります。お出掛けが無くなり職員を減らして行けば被災地も少しは救われます。

47
返信する
納税者

人間というものは、その人間の心持ちと生き様が表情にあらわれる。
ミテコはそのあらわれが良くないというだけである。
もう国民の前に出て来ずに、ずっと豪邸に籠っていて欲しい。
国民はミテコのことなんか見たくもない。

45
返信する
座布団を

追加したいコメントが並びますねえ。(^^)

幼稚なスカスカ頭では、思いっきりネタ
にされている事も解らないのでしょうねえ。

注目ではなく、晒しもの見世物でしかない
事も。

17
返信する
匿名

眉が繋がって一本眉だとか、眉が上の方にありすぎる、とか皆が言うので急に気にし始めたんじゃないですか?
何故ならもう10年も20年も眉は上の方に移動していたし、繋がり始めていましたが、平気な様子でした。
恐らく美容整形で額の皺を伸ばしてそのための処置で眉を上に上げたんではないでしょうか?皺伸ばしに満足して全体を見ることが出来なかったをじゃないですか?
お皿を乗っけてれば目立ちにくいですから。
でもそんなことよりも、頭の中の老化を気にした方が良いかと思われます。
昨年、目黒区の写真美術館で何点かの作品を窃盗したそうですから、そっちの方が大問題。今更顔に拘っている場合ではないです。  

31
返信する
匿名

手癖の悪い婆ですからね!
キーコも真似していますが、どちらも恥晒して老いさらばえていきます❗
外出は、お止め下さい❗被害しか出ませんから。棺桶の下見ならどうぞ!!!!!!!

28
返信する
匿名

上皇后による美術品窃盗事件には驚きました
ここのニュースで知ったのですが

すべて認知症のせいにして闇に葬ったのでしょうけども
側近としてこの窃盗癖が繰り返されてはたまらないはず
見て子時代の完全終焉、晩節を穢すとはかくなることか、と
国民の反面教師として、文仁の妾紀子ともども
歴史上の悪女の一人として、日本史に刻まれるでしょう

22
返信する
匿名

明仁さん、見て子、文仁、紀子の認知症治療で、今話題の新薬レカネマブを投与するなら・・・(文仁はアル中です)国立長寿医療センターHPより

>レカネマブの安全性と有害事象(副作用)
レカネマブの有効性が期待される一方で、安全性やリスクについても慎重に考える必要があります。レカネマブの投与群でもっとも多かった有害事象(副作用)としては、以前のアデュカヌマブの臨床試験でも報告されていた、アミロイド関連画像異常「ARIA」(Amyloid-Related Imaging Abnormalities)があります。ARIAには大きく分けて、脳の血管の周りに水が溜まる浮腫(ARIA-E)と、脳内の微小出血や鉄(ヘモジデリン)沈着(ARIA-H)の2種類があります。

レカネマブの投与による副作用に,アミロイド関連画像異常(ARIA)がある。ARIAには大きく分けて、脳の血管の周りに水が溜まる浮腫(ARIA-E)と、脳内の微小出血や鉄(ヘモジデリン)沈着(ARIA-H)の2種類がある。ほとんどの場合は,無症状だが,0.6-0.8%の頻度で,生命を脅かす重篤な事象が発生することがある。また,アポリポタンパク質E遺伝子のイプシロン4型を有する人,血管病変のある人に副作用が起こりやすいことが知られている。

ARIAは治療の初期に見られることが多く、頭痛などを引き起こすことがありますが、大半は無症状で、時間とともに回復が見られます。しかし0.6〜0.8%の頻度で、痙攣や意識障害など生命を脅かす重篤な副作用を引き起こすことがあります。そのため、MRI(磁気共鳴画像)検査を治療の開始前と治療中に定期的に行い、ARIAをモニタリングする必要があります。もしARIAが観察された場合には、回復の程度を見ながら治療を継続するかどうかを判断していきます。<

特に見て子が最近姿を見せない原因として、副作用が出たのかも知れません。
MRIを宮内庁が購入し、秋篠宮家に設置したのは経過観察用なのですね?

25
返信する
匿名

>この年齢で美への執着はふさわしくない by 上皇様

ほんと、その通りだと思います。
もうすぐ90になるのに整形だなんて、普通の高齢女性は
考えません。

19
返信する
診察・治療

一切無駄・無用。

これ以上公金をドブに捨てるのは
無しで。        (^○^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です