「小室圭はプリンセスを連れ去る無一文の詐欺師!」海外メディアが痛烈批判 インドでは「呪われた結婚」報道も


文・もっちゃん

「複雑性PTSD」カミングアウトの眞子さま

今月5日に、誕生日を迎えた小室圭さん。今月26日に、眞子さまとの結婚を控えている状況ですが、幸せいっぱいとはほど遠い状況と言えるかもしれません。

今月1日に宮内庁は、26日に眞子さまと小室圭さんが結婚することを発表しましたが、それと同時に、眞子さまが医師から「複雑性PTSD」との診断を下されたことを公表しました。

この宮内庁からの公表をきっかけに、これまでお二人の結婚について批判する報道を繰り返してきたメディアの中からも、手のひらを返すように、「結婚は個人の自由だ」「批判ばかりするのはやめよう」などといった意見を述べる者も出てきました。

この眞子さまの複雑性PTSDに関して、「眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果、“複雑性PTSD”(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になっておられます。」と発表されたのですが、果たして小室圭さんは責任を感じているのでしょうか?

26日には、お二人が揃って、記者会見を行う予定のようですが、この「複雑性PTSD」の問題に関しても、何かお二人の口から語られるかもしれないですね。

国内外から寄せられる結婚に批判の声

この眞子さまの「複雑性PTSD」について公表したことに関しては、「世間からの批判の声を抑えるため」という宮内庁の目論みがあったのではないか?とも指摘されていますが、そうした宮内庁の狙いとは裏腹に、お二人の結婚に関しては、現在でも国内外から様々な批判の声が寄せられているようですね。



ニュースサイト「AERA dot.」は、9月22日から28日までの期間に2人の結婚についてインターネット上でアンケートを実施したのですが、なんと、回答数計3万5651件のうち、実に、93%が、お二人の結婚について、「祝福する気持ちはない」と回答しており、「祝福する気持ちがある」という回答は、僅か4%に留まりました。

非常に多くの国民がいまだにお二人の結婚に反対しているということがよく分かる結果ですね。アンケートには、この他、

「天皇陛下、上皇陛下など皇室の方々や、眞子さまのご両親としての秋篠宮さまに、何年も気苦労をかけたことに対して、きちんとお詫びの言葉をお伝えしているのか」(40代女性)

貴方のトラブルによって秋篠宮家及び、皇族方、宮内庁に対して国民が失望してしまったことをどう思っていますか」(40代男性)

「天皇陛下が述べられた『多くの人が納得し、喜んでくれる状況』になっていないのに、結婚を強行する理由を国民に説明していただきたい」(60代男性)

などといった意見も書かれていたようです。

また、このお二人の結婚に批判的であるのは、日本国内だけではありません。実は、数多くの海外メディアも日本の国内メディアと同様に、この結婚に関して批判的に報じているようです。

中でも、米紙の「ニューヨーク・ポスト」は辛辣で、「日本国内で取り沙汰されているのは〝メディアによる昼ドラ〟」「如才ないやり手の役として眞子さまの夫となるポニーテールの小室圭さんと、押しが強く、抜け目のない母親をキャスティングしている」としたうえで、小室圭さんについては、「プリンセスを連れ去る無一文の詐欺師!」などと称しています。



また、中国や、更にはインドメディアまで、お二人の結婚について批判しているそうで、「東スポWEB」(2021年10月4日配信)の記事には、次のように書かれています。

眞子さまと小室さんのご結婚が発表されて注目を集める中、中国メディア「網易」は小室さんを巡る様々な疑惑を特集した。

疑惑の問題点を整理したうえで「人々が気にしているのはもはや法的な債務問題ではない。国民は小室の声明に賛同しなかった」と指摘。そして「(発端は)小室圭の母親の借金紛争だった。だが小室の修学にお金が使われた。小室圭は〝受益者〟であるにもかかわらず、自分の合理性を正当化したかっただけで、助けてくれた人たちに少しも感謝していなかった。なのでこのような行動には責任がなく、人々はさらに失望した」と小室さんが疑惑に対して誠意ある説明を放棄してきたとして厳しく糾弾した。(中略)

こうした背景から他国でも今回の問題に注目が集まっており、インドメディア「タイムズハブ」は「日本の眞子内親王の呪われた結婚」と表現して今回のご結婚を不安視した。

「東スポWEB」(2021年10月4日)

こうした海外メディアの記事には、非常に多くの国民が共感しているようです。この「東スポWEB」の記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

海外メディアの方が、この問題に真摯に向き合っているのではないか?

日本の忖度だらけな報道より、中国やインドの方がずっと日本国民の気持ちに近いと思います

インドはもとより、中国のマスコミの方が、日本のマスコミよりはるかに客観的で的を得た報道をしてる。

本当に、日本のマスコミの酷さや劣化具合は酷すぎる。

もうここまで来たら、お金を返したらいいだけの問題では無い。

人としてどうなのかと言いたい。

何故そこが分からないのか。

海外からもおかしいよねと言われている事がどれだけ恥ずかしい事か。

眞子さま、海外に向けても複雑性PTSD発信しますか?

こうなったのは世界のせいだと言いますか?

違いますよ、小室親子のせいであなたは病気になったのです。

真実を伝えない日本のマスメディア

こうしたコメントでも指摘されているように、現在の日本のマスコミの多くは、皇室問題に関して、忖度ばかりで、真実を報じることができず、また、大多数の国民の声を代弁することもできていません。

おそらく、この動画をご覧になられている視聴者の皆さまの中にも、やむなくインターネットなどの個人メディアを重要な情報源としている方も多いのではないでしょうか。

やはり、何らかの情報を発信するからには、できる限り現実ありのままの真実の情報をお伝えしたいですよね。当チャンネルとしても、可能な限り皇室問題に関する真の情報を皆さまにお伝えし、また、多くの国民の声を代弁するようなメディアでありたいと思っています。

最後は、少々話が逸れてしまいましたが、今回は、眞子さまと小室圭さんの結婚問題に関する海外メディアの反応についてお伝えさせていただきました。

ご拝読ありがとうございました。

4 COMMENTS

失礼します

この、CM何とかならないのですか?
記事を読みたいのに、気が散ってしまいます。
気分が悪いのですが…

26
1
返信する
絶望

眞子さまがプリンセスであることは事実ですが、連れ去られるというよりか、ご本人が行く気満々なようにお見受けします。

先日は宮内庁から、眞子さまの不満爆発をPTSDと置き換えて発表がなされましたが。
これは、文句言った奴(国民)が悪いとでも言いたいのでしょうか。

眞子様は、ご自分が引き入れようとしているペテン師親子の疑惑をどうお考えなのか。
秋篠宮家の差し金で、小室母の操作を止め、情報操作がなされているともっぱらの噂。
もしや今日本は、実は法治国家でなくなったんだよと、宮家によって晒されようとしているのしょうか??恐ろしいことですね。

相も変わらず小室の親にも子にも、次から次へと疑惑が噴出している現状で、宮家が揉み消しにかかり、都合が悪いと人のせいにして知らんふり。
ある意味、両家は親も子もズルい者同士でお似合いなのかも。
一般人どうしなら目くそ鼻くそですむんですけどね・・

宮家が、いくら不逮捕特権があるのかは知りませんが、次から次へと問題行動に関わって、小室の尻拭い係と化している。便利屋ですね。
違和感を訴える国民を悪者かのように病人になりすまし、病気だけど結婚の準備はできちゃいま~すって、よくいうわ。

眞子さまは、ペテン師に連れ去られるのではなく、後ろ足で砂をかけて出ていくのではないかと思います。
本当に悲しい。

56
2
返信する
匿名

元を正せば、小室母の借金問題発覚が結婚関連の行事の延期のきっかけでしたよね。その疑惑を一切晴らさないまま「駆け落ち婚」に持っていく宮内庁、どうかしています。この4年間は一体何だったのですか。
しかも、今上陛下がおっしゃった「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況にして欲しい」という言葉を無視、またしても今上陛下を蔑ろにしていますね。挙げ句の果てに「眞子さまは国民の誹謗中傷でPTSDになった」って、おかしくないですか。
眞子が小室に貢いだ金は、元を正せば国民の血税です。あのような金の使い方をするうえ、皇族が疑惑のデパートと姻戚になり、さらに血税が無駄遣いされることに国民は怒るのです。さらに「時代の流れが云々」とメディア操作をして正当化、いい加減にしていただきたいです。
眞子の結婚を機に秋篠宮一家は皇室離脱、皇室典範改正し、継承順位を男女を問わず直系長子にしてください。時代の流れがそうなっていますし、本来、それをしようとしていたのですからできない話ではないでしょう。

49
1
返信する
匿名

眞子さんきっかけに秋篠家はガタガタに落ちましたね。
親の後ろ姿を子供はみていますよ。
秋篠家のお父上、某国に愛人いましたよね。
何故、あの母子と縁切りできないのか不思議です。
皇室全体に影響及ぼすことがわからないのですか。
宮内庁、しっかりしてください。

37
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。