「悠仁さまの脆弱性X症候群の罹患について」宮内庁長官による“皇族との極秘メール”誤爆事件のヤバすぎる真実!オヨツギの病状が突如流出した理由とは?


西村宮内庁長官のメール誤爆問題

最近でも、佳子さまのペルー訪問に、眞子さんの卵子凍結問題と、様々なトラブルにより、多くの国民からの注目を集めている秋篠宮家。

現在、宮内庁長官を務める西村泰彦氏は、秋篠宮家を支持する秋篠宮家派の宮内庁幹部として知られていますが、その無能ぶりは、ネット上でも度々話題となっています。

そんな、無能長官こと西村泰彦宮内庁長官ですが、この度、「女性セブン」(2023年11月30日・12月7日号)では、西村氏が犯したとんでもない失態について報じています。

「突然長官から届いたメールを開いた職員たちは、みな一様に当惑した表情を浮かべ、パソコン画面と周囲を交互に見比べて首をかしげる様子の人もいたそうです」(宮内庁関係者)

 メールを受け取った宮内庁職員たちの心に浮かんだ言葉は「なぜ、これが」。そして、「果たして、こんなものが転送されて大丈夫なのだろうか」というものだった。2019年から宮内庁長官を務める西村泰彦氏(68才)。警察官僚としては、警視総監の地位まで上り詰め、コロナ禍で宮内庁の事務を切り盛りしてきた。そんな霞が関のエリート官僚が“前代未聞の事件”を引き起こしたと話題になっている。

「西村長官は今年の夏頃、8月にハンガリーへのご訪問を控えていた三笠宮信子さま(68才)とのメールのやり取りを担当職員に転送しようとしたところ、誤ってまったく関係のない職員たちにも転送してしまった。

 信子さまと西村長官が交わしたメールは、ハンガリーに同行する医療スタッフについて、信子さまの要望を聞き取ったものだったそうです。当然、信子さまの健康状態に関する内容も記されており、高度なプライバシーを含んだ私信が、それも宮内庁長官の手によって“流出”してしまったと庁内が騒然としました」(前出・宮内庁関係者)

 本来送るべき相手ではない人に誤ってメッセージを送ってしまう行為を、ネットにおけるスラングでは「誤爆」と呼ぶが、期せずして宮内庁長官の誤爆で私信が漏えいしてしまった信子さま。自民党の麻生太郎副総裁の妹でもある信子さまが、三笠宮家の寛仁親王(享年66)と結婚されたのは1980年のことだ。

「故寛仁殿下は自他ともに認める皇室のスポークスマン役で、特徴的な口ひげから、“ヒゲの殿下”の愛称で親しまれていました。そんな殿下とともに歩まれた信子さまは、1991年に殿下が食道がんを公表すると、1日6食の食事を作って殿下の闘病を支えるなど、献身的に尽くされました。

 ただ、2004年頃からはご自身の更年期障害の影響もあり、公務にお出になることができない時期もありました。殿下との家庭内別居が報じられ、殿下が亡くなられてからは、実の娘である彬子さまとの確執なども報じられています」(皇室記者)

 昨年はご自身も乳がんの手術を経験された信子さま。今回のハンガリー訪問は、そんな信子さまにとって、3年半ぶりの海外訪問だった。

「西村長官も自身の“誤爆”と事態の重大さにすぐに気づいたようで、慌てて『いまのメールは削除してください』と指示していました。多くの職員たちは『間違いだったのか』と長官のミスを受け入れたそうですが、一部には危機管理上、問題があるのではという懸念の声もありました」(前出・宮内庁関係者)

“皇族の声”が意図せず漏れたこともさることながら、今回の誤爆騒動、ほかの皇族の方々にも起こりうる可能性が指摘される。前出の宮内庁関係者もこう警鐘を鳴らす。

「昨今、皇族方もスマホやタブレットをお使いになり、メールなどで連絡をとられるようになりました。仮に天皇皇后両陛下のメールが流出していれば、もっと大騒ぎになったでしょう。今回は、宮内庁内で留まりましたが、民間や国外に漏れてしまう可能性もあったのではないか。

 皇族方の健康状態やスケジュールがこうしたミスによって流出すれば、プライバシーや安全上の観点から、皇族の方々が危険にさらされかねません。宮内庁はひとりのミスと受け流すのではなく、真剣にそして早急に再発防止に取り組むべきです」

「女性セブン」(2023年11月30日・12月7日号)

悠仁さまの健康情報も流出

当チャンネルでも、度々説明しているように、基本的に、皇族方の健康問題に関する情報は、宮内庁の内部でもトップシークレット扱いとなっています。そうした中で、このような情報をメールの誤爆という初歩的なミスで流出させてしまうのは、まさに大失態と言ってよいでしょう。

また、こちらの記事では、「今回の誤爆騒動、ほかの皇族の方々にも起こりうる可能性が指摘される」とありますが、実は、実際にこうしたミスは、すでに発生してしまっていたようです。

「昨年2022年から、秋篠宮家の長男・悠仁さまに関して、“脆弱性X症候群を患われているのではないか?”といった声が聞かれるようになったのですが、実は、こうした噂が広まることとなったきっかけも、この西村長官のメールの誤爆による情報流出だったようです。

どうやら、本来、紀子さまとの個人的なやり取りで行っていたはずの、メールのやり取りで、件名は「悠仁さまの脆弱性X症候群の罹患について」というもの。

かなり深刻な内容のメールであったようですが、幸いなことに、ごく一部の職員のみに送られたために、情報が大々的に流出するまえに、拡散を食い止めることが可能だったようです。

とはいえ、完全に情報の流出拡散を食い止めることは叶わず、不完全な情報として、「悠仁さまは脆弱性X症候群に罹患されている」という情報のみが拡散することとなってしまったようですね。



ちなみに、こうした悠仁さまの健康情報の流出について紀子さまは当然のように激怒され、西村長官に対して、悠仁さまの健康状態に関する情報については、どれほど些細な問題であっても公表前には、紀子さまの許可を得るように、との通達がなされてたようです。

今年9月には、悠仁さまのコロナウィルス感染後の経過について、皇嗣職大夫が、宮内記者会からの質問に対して回答を拒否するという場面も見られたようですが、こうした不自然なまでの情報隠蔽の裏には、このようなトラブルと、トラブル対応があったようです」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このような、西村氏の失態や、秋篠宮家の情報隠蔽体質について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

21 COMMENTS

匿名

ミテコの許可、
キコの許可。

日本は二人の悪女に振り回され、
独裁者の国になりました。
この二人には、いったいなぜ、横暴な権力が与えられてしまったのか。なぜ誰も止めないのか。

193
1
返信する
匿名

ここまでポンコツ長官なら、一層のこと秋篠宮家の情報も流出させて皇室から締め出して頂きたいですね。

そうすれば、逆に『皇室を救った宮内庁長官』として評価が上がると思います。

ちなみに、国民の猛反発を喰らったにも関わらず増税メガネがゴリ押しして可決成立させた給料アップ法案の恩恵は宮内庁長官にもあるのでしょうか?

総理大臣や閣僚はアップ分を返納ないし寄付すると言っていますが、西村長官はアップした場合どうするのか?

そのまま懐ですか?

136
返信する
野萩

これはウソでしょう。西村がそんな誤爆をしていたのなら、内容には触れず何某かの理由をつけて即刻辞任です。ショラテンの立場を揺るがしかねない大問題の誤爆で、長官の地位に居座り続けられる筈がない。

このような記事は「天皇家応援派なんてこんなデマばっか信じる電波」と読み手に思わせかねません。暫定一家がジキテン不適格一家であることを知る国民が少しずつでも増えていくように、このようなサイトは必要と思いますので、あまりに根拠に乏しい捏造ともとれる記事は控えて頂きたいなと思います。

50
2
返信する
匿名

「天皇家応援派なんてこんなデマばっか信じる電波

確かにうさん臭いデマ情報もありますね、ミスリードさせ結果的に秋篠宮家の悪事もデマだったという方向にもっていきたい連中の仕業

53
返信する
匿名

上皇、秋篠宮この二人は、配偶者を欲望のまま野放しにした責任をとってもらいたい。
国民を一番に考え、お手本とならなければならないのに、
配偶者に不要極まりない権力を、与えてしまった。今や、ミテコキコの独裁国家になっている。

133
1
返信する


匿名

指定難病206罹患を認めた前提での長官メールがあったので、
ここにも情報が漏れてきたというのはもっともな説明と思います。

悠仁のこれまでわかっている症状とは、発達遅滞(低能)を基に
難聴(人工内耳)、自閉症、冷感鈍磨(冬の葉山で自ら磯の海水
に半身を浸けても平気、雪の上で寝っ転がる)、歩行障害(下肢
装具を併用するため農作業でも長靴が履けない)等々で、ここま
で障害が多発するのも珍しく、染色体異常が疑われていました。

それでも染色体異常を原因とする難病や障害はたくさんあり、
ずばり脆弱性X症候群だと指摘してきた記事は、それまでの他
の説に比べても非常に強い説得力がありました。
当然,内部の信頼できる情報源がなければ、こうした的確なる
病名判断には至れませんので、長官のうっかり送信ミスが原因
だったとする本記事の信憑性は非常に高いと考えます。

もし重篤な病気でなければ、学習院に幼稚園から入園させられて
いたはずですし、悪名高い罰則付き報道規制の必要性もありませ
んでした。単なる知恵遅れならば、文仁も明かにそうでしたから
学習院側には、ごまかし方のノウハウもあったわけです。
しかし学習院はいきなり紀子に「特支クラスを用意するので」と
告げていて、三歳前に既に重い障害児だと知っていたのでした。

宮内庁長官も、悠仁の場合、所詮は誤魔化しきれないほどの低能
児であることは百も承知であって、後はどうやって、紀子を自白
に追い込むか、いわば自首を誘導するために、容疑者を説諭する
刑事の心境で日々業務に当たられているものと推察致します。

「申し訳ございません。悠仁はやはりどうにもならない障害児で
典範第三条に抵触する子ですから、どうか廃嫡にして下さい。
後は愛子さまに皇太子になっていただけるよう、典範改正をお願
いします」といわせしめられるかどうか、誰が野良猫紀子の首に
鈴をつけられるかのお手柄競争になっているというわけです。

その意味で一見誤爆メールに見せかけたこの手法は超一流です。

悠仁が障害児で廃嫡対象かどうかは、一度でも言い放たればそれ
までで、紀子からすれば口外されたらおしまいだったのですが、
高慢ちきな性格ゆえに、職員から怨みを買うことばかりしてきた
のでいざというときに自ら悠仁の墓穴を掘った格好です。
もちろん同情なんてこれっぽっちも寄せられないでしょう。

ツクフでテストが0点ばかりと聞いた時点で、もう天皇になんか
なれない子と誰でも思います。親なら息子が学校で0点しかとれ
ないと知った段階で、転校を考えるのが普通です。だが、なぜか
紀子にはこの常識が通じない。それほど水平思想にこり固まって
育てられたのかどうかは知りませんが、東大卒の長官相手に、
「0点息子でも東大裏口入学させよ」はあり得ません。
この勝負、既に紀子の負けです。

87
返信する
匿名

上記匿名氏の記述全く持って同感です。親なら息子が学校で0点しかとれ
ないと知った段階で、転校を考えるのが普通ですね。これでは何のために毎日学校へ行っているのか、行く意味がありませんもの。
そんな生徒にわかるように授業をすれば、小学校高学年程度からの説明をしなければならず、他の生徒さんにそれこそ多大な迷惑です。授業について行けないのですからもっともっとレベルの低い学年、いや小学校程度からやり直す、特別クラス(1人だけの)で勉強させてください。あ、それなら学校ではなく家庭教師ですね。でもそれでは親の思うような学校名だけの高学歴にはなりませんね。

47
返信する
匿名

その家庭教師も匙を投げて,誰も引き受け手がいなくだったそうです
紀子は自分で勉強した記憶がないのか、学校にさえ押し込めば何とか
なると思い込んでいるふしがあり、高校3年でまだ曜の漢字が書けず
「日よう日」と書いていた恥ずかしい知能指数だったので、悠仁の
低能ぶりを見ても異常とさえ気づけないのだと思われます

48
返信する
匿名

これでもう紀子は八方塞がりでしょ
もし長官を責め、怒鳴り散らし、辞表を出せと迫れば、あっさり提出し、メール誤発信の責任をとって辞任した、と公表するでしょうが、じゃあその誤爆メールの中身は何だったのかとなって、悠仁が脆弱性X症候群であることが一気に拡散してしまい、新聞も書く事態になる

つまり悠仁が脆弱性X症候群だと認めれば、廃嫡確実になるし、長官を辞職に追い込めば、より一層誤爆メールの話題性が高まり、逆に廃嫡手続が始まりやすくもなる
どっちみち紀子は悠仁廃嫡という地雷を踏んでしまったということよ

紀子は警察キャリア組を舐めて偉そうな態度を取るから、こうやって最後はしっぺ返しをされた
「虎は死して皮を留め」とはいうけど、勇退を間近に控えた長官のほうが一枚も二枚も役者が上だったというわけね
メデタシメデタシ

73
返信する
匿名

首相の病名が隠し切れないように、公人の場合は
長期間にわたって病名を隠すことは不可能です

悠仁が庶民なら隠していいが、皇族だと称し続けたいなら
隠すことは許されない
まして典範にひっかかるような病気を隠すことは無理

78
返信する
匿名

思えば、秋篠宮家の職員の質を底上げしたいとかのミテコの要求で、警察庁だか警視庁から、若手で東大出のイケメンキャリアくんを派遣してもらったのに、可愛がるどころか、屈辱的な物の綽名で呼び、侮辱して辞めさせてしまったことがあった。立皇嗣の頃のことだった。

あれ以来、優秀な人材は来なくなり、地方公務員などが派遣されるようにもなって、いわゆる隣保館担当のような格好で、解同から暴言吐かれるのにも慣れたノンキャリ中心人事へと変わったとされる。
紀子を支えるための人事から、紀子から怒鳴られ、ハイヒールで蹴飛ばされても耐えられるクレーム担当人事へと変貌したというわけ。

その“甲斐”あって、外遊での紀子は悉く失敗をやらかすようになり、
海外で物笑いの対象となってしまう。しつけ糸をとることも知らない紀子を一から教育し直してくれる人材などなく、英国王戴冠式でも見事なまでの自爆ずっこけぶりだった。

ハッシュタグ「秋篠宮家いらない」が上位になったのも、宮家スタッフからの恨みと放置が遠因になっているとわかる。人望の全くない紀子に、皇后が務まるわけもなく、日頃の行いの悪さで息子諸共自滅してゆくだけの存在になった次第。

78
2
返信する
匿名

「悠仁さまの脆弱性X症候群の罹患について」なんて内容のメールの誤爆とは。
こんな医者以外にほとんど知らない難病の名前で故意に誤爆するとは考えられません。
実際に話題になったからでしょう。火の気のないところに煙は立たないと言います。
診察で指摘されたものと思われますね。

61
返信する
匿名

信子さまの一件はN S M Rがわざと流したんじゃないですか?

信子さまと鬼子さんは好意的親交がイマイチだと報じられて
いますが、鬼子さんは他の宮妃方のようにインテリジェンスが
高く、家柄も良く、裕福に育った人達が大嫌いらしいので、
きっと日頃から嫌がらせのチャンスを狙っていたんじゃない
でしょうか?

そこに親鬼派のゴマスリ長官が戦隊ヒーローのごとく惨状。

まるで下町の中学でスケバンを護衛するツッパリ親衛隊ですね。
秋派の職員さん達は戦闘服で業務にしたらもっとサマになるかも。

25
返信する


匿名

脆弱性X症候群のおさらいです

>厚労省の研究部会が公表している診断基準、脆弱X症候群の必須
症状はだいたい悠仁にも該当することに気づかれるでしょう 
(なお( )内はここなどの情報を基にした私見です)

臨床調査個人票の質問項目ですが、

1.知的障害
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明 (㋹あり)
2.顔貌の特徴
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明 (㋹あり、㋹大耳介、㋹細長い顔)
□ 大耳介 □ 細長い顔
3.巨大睾丸         (ご想像にお任せ、痴漢は?)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明

4.行動異常         (おおいに㋹あり、㋹自閉、多動)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
□ 自閉的症状 □ 多動 □ 注意欠陥
5.学習障害          (おおいに㋹あり)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
6.関節の過伸展        (㋹あり)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明

7.扁平足           (歩き方がヘタレなので㋹か?)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
8.卵巣機能不全(女性の場合) (除外)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明

9.自律神経症状       (コロナ後遺症と称するものはこれ?)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
10.末梢神経障害
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
11.睡眠時無呼吸      (幼児期24時間看護師三交代のわけ?)
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明
12.高血圧
□ 1.あり □ 2.なし □ 3.不明

B.鑑別診断

□ 広汎性発達障害      (いわゆるアスペなので㋹です)
□ 注意欠陥多動障害     (多動ですが、もちろん㋹)
□ プラダー・ウィリ症候群 (検索オススメ、ほぼ全部㋹でしょう)
□ その他の知的障害

なかでもプラダー・ウィリ症候群にヒット項目が多そうです。幼児
期の哺乳障害、低身長、停留睾丸は噂のあった項目になり㋹です。

解説では「病因が染色体異常のため根本的治療法はない。かつ、症
状が多岐に及ぶため多種の分野の専門家(小児科医、内分泌科医、
遺伝科医、精神科医、臨床心理士、栄養士、教職員、理学療法士など)の協力による包括医療の重要性が強調されている」とあります
信州大でチームを組んで継続して診察しているといわれる理由も、
プラダー・ウィリだとするとしっくりきます。
ただし根治療法はなし。

「とりわけ、性格障害・異常行動は、患者本人あるいは家族が一番
悩まされる事象である。性格は、年齢を経るに従い、可愛いから、
しつこい、頑固、パニック、暴力へとエスカレートすることがあり
行動異常では、万引き、嘘を言うなどの反社会的行動が目立ち、社
会の中で上手くやっていけない場合がある。その原因は不明であるが、多くの患者が酷似した性格傾向を示すことから遺伝的背景の関
与が示唆される」

この点は要注意ですね
パニック、暴力はすでに文化祭で目撃されているし、トランプでは
わざと負けてやらないと荒れて困るといわれるのも、プラダー・
ウィリ患者ならば十分あり得ることですから

38
返信する
匿名

>「性格は、年齢を経るに従い、可愛いから、しつこい、頑固、パニック、暴力へとエスカレートすることがあり、行動異常では、万引き、嘘を言うなどの反社会的行動が目立ち、社会の中で上手くやっていけない場合がある。その原因は不明であるが、多くの患者が酷似した性格傾向を示すことから遺伝的背景の関与が示唆される」

万引容疑では、野辺山の青果店店頭で、紀子と悠仁が一緒になって高級ぶどうを箱ごと失敬する写真があり、大騒ぎでした。
遺伝的背景と言われれば、紀子からの遺伝なんでしょう。
歪んだ性格、年を取るほどに反社会的行動が目立つとされるのは、まず紀子に顕著なトラブルですから、悠仁にも遺伝して当然です。

42
返信する
匿名

お耳とお頭が悪いから楽器一つ弾けない。
皇族としての素養なしの未来のテンノウ坊や!
秋篠宮家の人々は楽器での対抗は皆無。

29
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です