紀子さま、秋の園遊会での衣装がダサすぎて炎上!着物もダメ、ドレスもダメで、「何なら似合うの?」と嘲笑の意見も、雅子さまとの落差がヤバい


人々を感動させる雅子さまの立ち居振る舞いの美しさ

今月11月2日に開催された、天皇皇后両陛下主催の園遊会。佳子さまは、ペルー訪問のために欠席され、愛子さまも参加されなかった中で、注目を集めたのは、雅子さまの美しく気品溢れるその佇まいでした。

普段から、ガニ股で大股開きのみっともない姿勢を見せられることの多い紀子さまとは、対照的に、常にピンとまっすぐの美しい姿勢を保たれている雅子さま。

思わず見とれてしまうその美しい姿勢や所作に関しては、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんも、「AERA dot.」の記事にて、次のように絶賛しています。

あいにくの雨の中、出迎えの方々に一礼をされる天皇、皇后両陛下。一見、皇室の方々の公務でよくあるシーンだ。そんな雨模様だったからこそ、雅子さまの姿勢の美しさが際立ったという。それは「感動するほど」とマナーのプロが解説する。

 10月7~8日、天皇陛下と雅子さまは特別国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体」への出席のために鹿児島県を訪問された。

「鹿児島市の鴨池港フェリーターミナルに到着し、垂水港に向かうとき、お出迎えの方たちにあいさつをなさいましたが、そのときの姿勢が感動的というくらい美しかったですね」

 とは、大手企業のマナーコンサルティングやNHK大河ドラマ、映画などのマナー指導も務めるマナーコンサルタントの西出ひろ子さんだ。なぜ、雅子さまの姿勢はそんなに美しかったのか。西出さんはこう話す。

「礼儀の本質を記した『國民日常大鑑』という明治時代に書かれた本に、お辞儀などの型は、相手に対する敬意を形に表したものと書いてあります。雅子さまはお出ましのときはいつもそうなのですが、自分を素敵に見せたいがためのお辞儀ではなく、やはり相手に対する敬意や感謝が表れていらっしゃいます。

 今回、鹿児島市のフェリーターミナルでは、雨の中わざわざお出迎えになっていらっしゃる方々に『ありがとうございます』という気持ちがお辞儀に表れているからこそ、誰が見ても『美しい』と感じるのだと思います」

 西出さんは「雅子さまの気持ちあってのお辞儀だからこそ」だと続けてこう話す。

「気持ちがなければ、そこまで人の心は動かないものです。見た目の整えた佇まいや型通りのお辞儀というのは目にすることもあるかもしれませんが、心を打つ感動までいかないんですよね。お辞儀姿に感動まで覚えるほどの雅子さまの姿は、やはり気持ちが先にあってのお辞儀だからだと思います」

「AERA dot.」(2023年10月29日配信)

対面するだけで、相手に、安らぎと、厳粛な気持ちを抱かせるほどの、気品と威厳に満ちておられる天皇皇后両陛下。今回の園遊会に参加した歌手の松任谷由実さんも、次のように感想を述べております。

「お近くであのお話できるだけで、胸がいっぱいです。本当にあんまりこういう気持ちになったことはないんですが。

すごくあの期待が大きいんですね、お2人に、その気持ちがどういう期待かというと、こういう世界ですから、あのお2人の方に日本の命運がかかっていることも大きくて、自然に平和を祈る気持ちになります」

いかなる場面でも、気遣いとユーモアを忘れない雅子さま

このように、その雰囲気と佇まいのみで、相手に厳粛な気持ちを抱かせる雅子さまではありますが、同時に、いかなる時にも相手の気持ちを思いやり、ユーモアを欠かさない、親しみやすさも備えていらっしゃいます。

先の、マナーコンサルタントの西出さんは、別の記事にて、次のようにも述べています。

あいにくの雨模様だった春の園遊会とは打って変わって、快晴の空の下で行われた秋の園遊会。ユーミンの前に天皇陛下、続いて雅子さまがつかれると、天皇陛下が「どうも、松任谷さん」「またお会いできてうれしいです」と声をかけられた。

 それに続けて、雅子さまは「昨年50周年のツアーをなさって……」とユーミンに話しかけられた。そのひと言に「さすが雅子さま」と感嘆するのは、大手企業のマナーコンサルティングや、NHK大河ドラマ・映画などのマナー指導も務めるマナーコンサルタントの西出ひろ子さんだ。

「先に『お会いできて』と話しかけられたのも素晴らしいと思いましたが、すぐさま松任谷由実さんへの会話の糸口を投げかけられました。しかも、雅子さまが選んだのは『50周年ツアー』というお仕事のお話でした。

 お仕事の話であれば、松任谷由実さんが、園遊会という場所で緊張していたとしても会話がしやすいはずです。私は講習などで常日頃お話ししていますが、マナーとは相手の立場に立つことです。雅子さまは本当にいつも相手の立場に立っていらっしゃいます。相手が話したいであろう話題を振り、しかも話しやすいように柔らかく話しかけられています。これは、簡単にできることではありません」

 こうした雅子さまの会話を引き出す対応力は、「事前の準備」と「基本」ができているからだと西出さんは指摘する。

「誰もが知っている松任谷由実さんのような方だけではなく、各界からの1000人以上の招待者との会話ですから事前準備が肝心ですよね。一般的にも新しい仕事に臨むときに準備は大切です。相手のことを可能な限りで良いので情報を得ておく。そして、それをコミュニケーションに取り入れ仕事に生かしていく。雅子さまはそういったビジネスの基礎基本もしっかりできていらっしゃいます」

 と、雅子さまのひと言を、西出さんは絶賛する。雅子さまのふるまいには安心感があり、ときにあたたかい気持ちになり微笑んでしまうほどだ。

「AERA dot.」(2023年11月4日配信)

紀子さまのクソださ衣装も話題に

ところで、今回の園遊会では、雅子さまの素晴らしい立ち居振る舞いとは対照的に、紀子さまの奇抜な衣装に関しても話題となったようです。



脇に網目って…、これか。

お帽子のおリボンとお揃いよ~、おほほ。

脇の変な柄さえなかったら、スッキリして良かったのに。お洒落なつもりかもしれないけど、あの柄が悪目立ちしてますね

しかし、何着ても。

センスも。

お金をどぶに捨てるようなもの。

園遊会では、すぐ近くに陛下、雅子さまがいらっしゃいますので、落差がよく分かりました。全然違う。

本当コスプレだよね。

あちらより素敵なご夫婦、民間でもたくさんいらっしゃいますよ。

またしても、気品あふれる雅子さまとの対比で、完敗されてしまった紀子さま。皆さんは、このようなお二方の違いについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

65 COMMENTS

匿名

色は先日の皇后様の真似っこでしょうか。

もう出てこなくて良いんですけどね。

277
返信する
匿名

まずは、己の負けを認めて、両陛下を称える…
出来ないのかなぁ?虚しくならないのかなぁ?

202
返信する
静岡バラック出身のキコへ

川嶋キコの婚約前は、しょっちゅうノーブラでヨレヨレのTシャツを着ていましたね!!
その格好で夜にジョギングを頻繁にしていました。
よ~く覚えていますよ。
ヨレヨレのTシャツが今後流行るなのかなと錯覚しました。

191
1
返信する
匿名

同感です。チョゴリなら似合うでしょう。相変わらずどこでもお構いなく大股開き。あれチョゴリ仕様の動作、昔から公務でも大股開きの写真が多数あったし、ポンコツ娘たちも大股開きの写真あったけど。

どうしようもない知能、性格、所作、着物の着付け、そして洋服のセンス、娘たちもしっかり受け継いでいる。やはり血は争えんな

120
1
返信する
✌⭕

高貴なき~こ様のお似合いはパンツ丸見えのテニスウェアですかね!この一家は何を着ても品位を全く感じない。税金の無駄遣いです。

193
1
返信する
匿名

紀子の悪目立ちは、

何を着たらイイのかわからない、
とにかく雅子より目立ちたい、
私が一番なんだから!

という、TPOを無視した邪悪な気持ちが基本にある限り、改正はされないでしょう。

205
返信する


まさこさまはまさこさま

何やってもダメなキコ。
同じようなデザイン?
デザイナーが悪目立ちするように、キコに
恥かかせるように、嫌がらせしているとしか
思えない。
デザイナーさんたちも苦労なさっているのでしょう。
キコのために振り回されるし、悪態つかれるし。

172
返信する
匿名

まるで【ヘビの脱け殻のような柄】が帽子とジャケットの両脇にデザインされてる悪趣味なキコの衣装。

昔のお爺さんって背広の肘部分に当て布をしてるが、その楕円形の当て布を両脇に縫い付けたのか?と思ったほど、ヘンテコなデザインの服には驚いた。

秋の園遊会に相応しくない春夏物のようなブルーの色味、妙な位置にコサージュが付いた帽子、全てがセンス0でした。

後方であまり映らなかった三笠宮家や高円宮家の方々の美しい衣装をもっと拝見したかったです。

200
返信する
匿名

前に丼ぶりの様な帽子をかぶっている写真ありましたね。

皿とか丼ぶりへと継承されました。

104
1
返信する
匿名

ブル~ですか、これでは女性のあの日を連想させられるわ
しかもこの網部分が、お股につけるアレの形に似ていて
何とも御下劣過ぎて、これが文仁の好みなのかしらね

ガニ股歩きするのも、紀子下品の証拠といえます
ただでさえ、胴長短足なうえに、鶏のような歩き方でしょ
纏足女性を理想と思っているとしかいえないですが

132
2
返信する
匿名

つくづくこのオバサンは、ゴム長靴姿で前垂れをつけスラム街で
ゴミ拾いとか、廃品回収に従事させていれば似合っていたのにと
思えてなりません

ハイヒールを履いても、悠仁の盗作について指摘されるや逆上し
自分で脱いで、手にとって、案内人に襲い掛かるような女ですよ

高級品が仇となり、全て労務者スタイルにしか見えないところが
静岡駅南バラック住宅出身からくる悲しき御出自を表しています

147
返信する
野萩

脇にウロコ…
アレを来て園遊会に出ろなんて言われたら屈辱の罰ゲームですね。

暫定のいつもの卑屈なモミ手・汚い前髪も本当に見苦しい。この前、「男性皇族がシルクハットを持たなくなったのは何で?」みたいな記事が出ていましたが、その中の1枚には本当にがっくりきました。
皇太子時代の今上陛下と常陸宮殿下(多分…)がピシッとシルクハットを持っている間で、ダランとハットを摘む暫定。生まれながらに皇族として育てられ、皇室の中で生きてきて、ハットの持ち方すら解らないとは。それでよくジキテンだなんて言えたものです。
コーゾクで〜すとノコノコ出てくるだけで国民に惨めな思いをさせる輩がジキテンだなんて片腹痛い。早急な皇室典範改定が必要です。

190
返信する
匿名

そこが要するに、障がい者の証なんですよ。
抽象語がわからない。

貴賓、配慮、気を利かす、引き立てる、わきまえる・・・
このような心の働きは知能の高さゆえなのですが、障がい者にとってはなんに意味もない「訳のわからない押し付け、息苦しさ」になります。

秋篠はあれでも、子供時代に比べたらかなりマシになりました。

できないことを「出来ない」と表現するのもまた、知性です。
障がい者ゆえ彼はそれも出来ない。
困りましたね〜

119
4
返信する
匿名

狐狸はチョゴリ着とけ!
馬鹿チョンコウ!
雅子さんとは雲泥の差!
チョンはチョゴリ

87
7
返信する


匿名

ブルーの真似っこと思われたくないため、張り付けたのが、漁網アレンジ。
デザイナーさん、大変良いお仕事されました!

147
返信する
匿名

秋の園遊会です。色味は秋らしい色にせめてして貰いたいですね。
同じ青でも深みのある青なかったのですか?
その色は夏でしょう。
皇后雅子様はお色味含めて装いまでもが素晴らしいです。
キーのスーツの柄を皆さんの蛇の脱け殻模様や蛇の鱗模様の表現ナイスと思いました。
狐がヘビに締め上げられたのかしら?(笑)

138
2
返信する
匿名

蛇の抜け殻模様、同感です。
左右の脇腹の部分に貼り付けるなんて…見た瞬間、吹き出してしまいました。

または、通販番組で紹介されているハニカム模様の座布団のデザインにも似ていますね。

秋の園遊会なのに、青系はなしです。もう少し、季節感も考えたほうがいいかと思います。

来年の春秋の園遊会は、赤坂のベルサイユ御殿で永久謹慎処分して下さい。

77
返信する
広報室

2023年秋冬の紀子さまのテーマは青いガラガラヘビ。
青いガラガラヘビの行動特性は興奮や威嚇のためミチコサマとショクインに対して尻尾を、ジャニタレに対して腰部を振ることで知られています。見つけたら即逃げましょう。

120
返信する
園遊会のニュースは少なかった

お皿婆様にも負けない奇抜な衣装。蛇の脱け殻を纏った汚狐様、あの衣装は他の人にはとても着こなせない、なんとも良くお似合いでした。

園遊会で、両陛下の後ろを歩いていても、招待客の方に身を乗り出して近付こうとする汚狐様。
横にいた夫の方も ちょっと退いていたようで、いつもの自分だけトットと前を歩く夫とは違う一面を見せていました。

あれが、秋篠家の夫唱婦随❓️
悪目立ちしていましたね┐(-。-;)┌

128
返信する
匿名

駅南の廃品回収業者がどこかのチンドン屋の店じまいで
回収依頼を受けて持ち帰ってきたピエロの衣装を着ての
お出ましだった駅南妃の雄姿です

皇族になっても駅南在住当時の劣等感を忘れずに古着を
ゴミとも思わず纏ってはドヤ顔で現れる姿に静岡市民は
苦笑することコレしきりであります

98
2
返信する
匿名

デザイナーさんには悪いけど、この服、ちょっと気持ち悪い

肌にプツプツが出てきた

120
返信する


匿名

あれは相当お高く付いたお召し物だったようですが、最近登場しませんね。あれにどんぶりハットをコーディネートした、中華バージョンを見たかった。

82
返信する
匿名

キー子、後ろの幕と同色コーデ?
おまけに鱗まで付けちゃってさ!
あ、鱗雲のつもり??

85
返信する
匿名

「青大将」という蛇がいます

デザイナーの、紀子様のイメージが「青大将」なのです
ロイヤルブルーでは無い事を示すために、脇や頭(帽子)に鱗模様をいれたのです

78
返信する
匿名

青大将はヘビの中でも特に縁起が良いと言われます。金運や生命力を象徴する上、ネズミなどから穀物を守る有難いヘビです。まさに皇族に相応しく、めでたい色柄。
デザインの意図はそこにありますからデザイナーを責めてはいけません。

個人的には他の方がコメで使われた、チンドン屋に吹き出しましたが…チンドン屋の衣装は悪目立ちがコンセプト。デザイナーさん、本当に優秀。

39
返信する
匿名

なんで焼肉用の網を脇に挟んで来たんだろうこの人
と二度見しました。
網挟んでなかったらお帽子の柄模様が映えたでしょうにね…

86
返信する
匿名

皇后陛下 雅子さまのお辞儀が、大変美しく、見惚れてしまう。
傘を自身でお持ちであるにもかかわらず、爪先がピシッと揃えていらして、バランスを取る体幹もしっかりされているのが、良くわかります。
これが暫定妃ならば、今までの所作から推測しても、傘を誰かに差し掛けさせて(差し掛ける人は濡れさせても)、大股広げで首だけ折ったお辞儀だろう。

89
返信する
匿名

キコのことだからエゴサーチを自分ではできないから側近にさせ、自分の悪評価も知っているだろうけど、それでも雅子皇后さまに対抗している浅はかさ。
どんなに真似たり、皇后さまより良く見せようとざとらしいニコニコ顔で公務しても
どうせすぐわかるのに、それでも止めずに愚行の連続、もうどうしようもない。
知能が低いとこんなものなのか。

鹿子のペルー旅行も色々やらかしているそうだし(案の定)、ペルー行のUAの2度による欠航事件も裏に色々あるようで、そのうちもっと明らかになるのでは。
考えたら初めから2度も欠航っておかしいなとは思っていたがやはりそういうことだったのか。
本当にこの宮家は百害あって一利なし。皿とその後ろの圧力とは言え、政府も971もいつも何でこんな(偽)宮家に忖度をし続けるのかが問題。いまの段階では政府は
秋篠宮家に皇統を移す予定なんだろう。国民が声をあげなんとしても阻止せねば

107
1
返信する
匿名

キーコの網目の脇布は
ウエストの太さを誤魔化すためでしょう。

それ自体に存在感のあるロイヤルブルーのスーツだと キーコはにあってないのでウエストの太さが強調される。

60
1
返信する
匿名

中年太りもあるのだろうが寸胴でとにかく胴長、文仁と身長差15cmぐらいあるだろうけど座ると同じぐらいかまたは高いぐらい。

皿もだけどお妃教育も途中で理由つけて挫折、どうせ覚えられないのだろうけど、以前も言われていたが公務でのテープカットで鋏さえ使えないぐらいの知能、
似非日本人で所作も酷い日本語もまともに話せない、この女、園遊会などで招待客とどんな会話しているのか不思議。あのやらかしベトナム旅行前の会見で知能の低さ、会話能力の低さが露呈したけど、国民が気づいている以上に知能が遅れているんだろう

95
返信する
匿名

エゴサーチしても尚透け透け衣装やガラガラ蛇抜け殻衣装を好む
紀子の悪趣味たるや、一体どこから来たのか?
学生時代は、叔母がレリアンの役員妻だったとかで
売れ残り品をもらって、ババアファッションで登校していた紀子
これが意外と文仁好みだったらしく、これでもかとレリアン宣伝

あの辺りから、服装感覚が狂いだし、持って生まれた短足では
似合う洋服などどこにもなく、胴長ぶりも隠しようがない悲惨さ
週刊誌が平成時代はやたら持ち上げるもので、これでいいとなり
気づけば世界中の嗤い物に

58
返信する
舟は宮内庁が出した支度金でフェアレディZを購入したね

>叔母がレリアンの役員妻

紀子さんが入内してから、役員になったのではなかったかな❓️

婚約に至るまでは、貧相ならTシャツや古臭い洋服。

婚約内定会見後からは、ワンピースや着物を宮内庁が用意した…という記事を読んだ事があるけど。

父親は「娘が皇室に嫁ぐ事になりましたから、寄附をお願いします」と官舎で募金活動したし、「0円婚」を自慢していたし、必要経費は領収書を付けて宮内庁に請求。
2000円の白手袋代まで請求したっていった有名な話がある。

レリアンの服は、婚約後からでは❓️

13
返信する
長文乱文失礼

皇室系ユーチューブ動画の
コメント覧に
以下のような内容が書いてあった。

文仁と紀子の婚約会見直後に
紀子自ら映画館に電話をかけてきて
「秋篠宮様と婚約会見した
あの川嶋紀子本人です。テレビ見ました
よね?それで用件なんですけど
おたくの上映中の映画を1番高い席で
母親と一緒に見たいので2席用意して
下さい。今からすぐに行きますから」
映画館側が指定席料金について
説明しようとすると
「本当にテレビ見ましたか?
私は皇室に入る人間なのです。
だから無料で見る権利が
あるのです。だから一番高い席を
2つ用意しといて下さい。今から
そちらに向かいますから。(ガチャン)」
1時間後ぐらいに紀子と和代は本当に
映画館にやって来て
「ただで映画を見せろ」
「いや、指定席料金を払え」
の押し問答が続いて結局映画館側が
折れて紀子と和代を指定席で見せたらしい。
紀子親子を追い払った後に
映画館の支配人が宮内庁に抗議電話して
事の説明した翌日に紀子はミテコに
呼び出されてキツーイお灸を据えられた
そうです。

これも婚約会見直後のエピソードです。
とある画廊にて、川嶋辰彦と川嶋和代が
2人で絵画を見に来て和代がある絵画を
気に入り、和代が紀子と同じ様な
キィーキィー声で「もうすぐ皇室と親戚に
なるからこの絵をただで譲れ」
画廊側「いやダメです。お金払って下さい」
和代「私を誰だと思ってんの?秋篠宮妃の
母親よ、だからただで譲りなさい。」
画廊側「皇室に娘さんが入るからと
いって絵をただで譲るわけにはいかない
お金は払ってもらう。」
和代「こんなケチ臭い画廊なんか
二度と来るもんか!あなた(辰彦)
もうここから出ましょう。」
結局ただで絵を貰え無かった腹いせに
暴言吐きまくりの和代であったが
その時辰彦は何も口出しせず
借りてきた猫のように大人しくて
黙って事の成り行きを見守っていた
そうです。

66
1
返信する
匿名

いまになって、皇室新聞などを拝見していて読むと
非常にリアリティーある書き込みですね
だって現在でも「そこのけそこのけ駅南卑が通る」で
皇族特権と同和利権丸出しにして横車押してきますから
昔からそうだったのは十分推測可能な話

宮内庁がへっぴり腰になるのも、二大特権合わせ技でくるからで
日本中広しと雖も、この二大特権を併用できる人間は他にいませんから

ただ縁談と自由恋愛ではそうはいかない
相手も紀子出自をしっかり調べてくるので、誰も鬼門には近づかず
最後は小室系の同類項しか寄っては来ない
アキシンの男系主義者の誰か一人でも、佳子に求婚しましたか?
誰もいませんよね

72
2
返信する
匿名

結婚前からこの柄の悪さ
やはり駅南出身なんですねえこのあたりが
頭隠して尻尾隠さずなところ
お支度金2000万はこうした恥を掻かぬように
陛下から賜ったお金なのに、紀子の手袋代まで宮内庁につけにし
まったくゼロ負担で嫁に行こうとした厚顔無恥女です
その2000万は弟名義のスポーツカーに変わったとか
スポーツカーが紀子が持参することもなく
一族がネコババしただけに終わったことになります

その後、悠仁と一緒に野辺山の青果店から高級ぶどうを
箱ごと万引する様子にも通じますね
恐るべき駅南「馬三」の血
これでは眞子佳子悠仁への良縁なんて金輪際ないです

59
1
返信する
匿名

長文乱文失礼 さま
貴重なエピソードのご披露 ありがとうございます。

キコの母 和代についてはまことにロクでもないエピソードしかなく、あまりに酷すぎて「フィクションではないか?」とうい感想が出て終わり、という顛末なんですわ。

美智子の素行が母富美さんに遡ることと同様に、キコの素行も母和代にルーツがあります。
カワタツの世渡り術が、丸っと息子の川島舟氏に引き継がれています。
母和代の価値観がそのまんまキコの価値観、生き様なんです。

元気そうですね、和代さん。
和代さんのセンスがキコから溢れ出ている、と言っても過言ではありません。

52
返信する
匿名

さすがかすよ、半島の人間の卑しさ。確かこの婆も学歴詐称してるよね、東京の女子短大か大学卒になっているけど、卒業記録がないとか。

嘉助爺さん自ら、北からきて日本名に変え仕事していたと発言していたんだから、かすよ、あちらの人間だよね。
川辰もどうも背乗りという噂がある、この爺さん(逝ったけど)も、出自、学歴詐称でしょう。
仮にも学習院の講師だったという人があのような職員団地に住むでしょうか?ご馳走は”ハムカツ”だし。ナマズの出自も怪しいし、この輩の周りは怪しい輩ばかり。

28
返信する
匿名

私もずっと疑問に思ってる。
川辰、本当に大学でてるの、留学してたのは、本当?
経済学者のはずなのに学習院での講義の内容とかけ離れてないか。

この一家の周りは、学歴詐称とかズル学歴ばかり。
学者の娘のはずなのに鬼子のおつむの程度の悪さ。
その孫たちもはっきりいって、パッパラパー。
全部 うそ だったりして。

16
返信する
匿名

流石は隣国人の母娘、凄いですね。
KKも隣国人だし、皿も母親は上海夫人でした。
皇室に近づこうとするのは、日本人ではないからですね。
因みに木原誠二の妻の母親もC国人。
この母親と結婚してから父親の人格が変わり、子供達は全員犯罪者。
凄すぎる。

15
返信する
匿名

木原の嫁の母親もK国人のはず。一家揃ってK国系教会に通っていますね。

ちなみに〇された安田種雄さんもK国人、当時のI子の愛人吉田もK国人、結局は在日間で起きた〇人問題
日本にいても迷惑ばかりかける民族、キコの一家もしかり。

見て子の母親富美も朝鮮系らしいですね。

返信する
匿名

鬼子も同世代に皇族(「偽」含む)がいなければ
頂きリリちゃんのようになっていたかもとふと思いました。

下図代のやってきたことを聞くと、「いっただきっ」とばかり
映画鑑賞券や絵画をタダで貰えるまで去らないしぶとさがあり
りりちゃんとよく似ているといえますよね。

「安くして」とか「満員のところを何とか」じゃないところが
平民以上の一般市民からするとどん引きさせられる点で
関西人の「負けてんか」でもない、強奪にちかい獅子舞押売り
になっている点でヤクザが「タダ酒飲ませろ」というのと同じ
すぐに警察に通報すべき案件だったともいえます。

60
返信する
匿名

センスの無さ、ダサさもさることながら、もっと気になるのは
キコさんていつでも、国内でも、どこの国行っても、右へ左へ
ウロウロと立ち位置が定まらないこと。
なんで?目立ちたくてウロついてるの?毎回見てイラっとする。

63
返信する
匿名

出自も心も穢れているので、ファッションも穢れてみえる紀子

デザイナーさんには罪はないが、着る側の穢れが、奇抜な服により
一層強調され、見苦しい姿となって見る者をして不快にするのです
同じ蛇柄でも、ロックスターが着ればカッコよくみえるが
皇統簒奪を目論む泥棒猫に着せると、悪の象徴にしかならない

59
返信する
匿名

この青、蛍光染料も入っているようで、変な鱗光りがしている
ひたすら雅子さまより目立ちたい一心でオーダーしたんだろう

知恵遅れ女が体中にブルーのラインマーカー塗りたくった感じ
特支校で女児を一人工作室に放置してみたらこのざまになると
言わんばかりの恥ずかしさ(宮内庁職員も手がつけられない)

53
返信する
匿名

>着物もダメ、ドレスもダメで「何なら似合うの?」と嘲笑の意見

出自からみても、奴卑の着ているチョゴリならお似合いですよ
胴長も隠せるし、足の長さもわからない
そして両手は前に組んでゆっくり歩く
雅子さまの側女にも無理な知能指数ですからお得意の草むしり担当で

48
返信する
匿名

雅子さんは「女郎花色」と書かれていて◯された男たちを思い出して言い得て妙だと思いました
南無阿弥陀

55
返信する
匿名

「笑面狐狸」なのですから、紀子には長い尻尾がついているのです

猿に背広を着せたり、犬猫にセーター着せるにも、尻尾は隠さず
ちゃんとよく見えるように出してあげるものなので
チョゴリの背面には尻尾はみ出し用スリットを入れてあげてね

35
返信する
匿名

GUでもバッチリ決まる愛子さまの光輝くオーラと愛らしさ
スタイル良く、着回しでもよく似合う雅子さまの知性美

どんなにデザイナーが苦心しても酷評しかない胴長短足紀子
カジュアルになればなるほどドラム缶ぶりが目立つ小室眞子

最初から勝負はついている

55
返信する
匿名

長文乱文さま

全然乱文ではないですが、いつも楽しい(?)
エピソードを書いて下さってありがとう。

この川嶋家の卑しい行為を見ると娘が小室と
恋仲になったのも理解できます。
価値観がピッタリなんですね。
寧ろ小室親子よりこちらの方が酷くないですか?
また次を楽しみにしています。

37
返信する
匿名

この一家って壊滅的にまでにセンスがないのですね。

1,長女の婿殿は庶民の娘も避けるような
  問題だらけの男性である。
  (家庭環境も本人も問題だらけ)

2,天皇家は神道なのに。
  娘たちをプロテスタント系のICUに入れた。
  学習院大以外にいれるなら無宗教の大学か
  神道系の大学に入れるべきであった。

3,親王を女子大附属(御茶ノ水幼稚園)に入れた。
  そのせいで親王は高校は外部にいかなくてはならなくなり、
  筑波大附属高校(共学)にロイヤルパワーでねじ込むーという結果になった。
  (国民から猛烈批判された)
  次は東大農学部に推薦入試制度悪用でねじ込むと
  見られている。
  (東大に裏口入学したら、国民から総スカンでしょうね)
  
  そもそも国民は東大卒の親王など求めていない。
  東大は元々は官僚養成機関としてつくられた。
  学習院と異なり皇族のための教育機関として
  設立された教育機関ではない。
  皇族がいく意味はない。
  両親(とくに母親)が見栄っ張りで息子を東大に
  入れたいだけのようである。
  
ファッションセンスがないだけなら、それもご愛嬌と受け止められたので
しょうが。
(皇族は芸能人ではないので。)
やることなすこと壊滅的にまでセンスがないので。
色々言われるのだと思います。

  

25
返信する
匿名

東大卒の官僚は、本来公僕でありながら、実は国民に悟られないよう、薄皮を剥ぐように個人資産を国庫に移動させるのが、大事なお役目。
そのテクニックは、暫定宮家は、最も習得したいのだろう。

16
返信する
匿名

秋篠宮夫婦は、カメラが回っていなところだと
憮然とした負のオーラが出ている。
特に、ご即位のパレードでこの夫妻の車内の様子をこの目で見たけど、
それはそれは怨念のオーラがすごかった。やばかった。
実際見た人ならわかると思うけど。。

英国のチャールズ国王戴冠式後の馬車列で、王族一同にこやかな笑顔を振りまいていたけど、天皇陛下のご即位の時のあの夫婦と言ったらぜんぜん真逆だった。
兄宮の即位パレードに悔しさ怒りといった感情しか出せない夫婦。
絶対皇統を継がせてはいけないと確信した。
恐ろしさしか感じない。狐子も噂通りすごい女だよ。

13
0
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です