悠仁さま筑附「提携校進学制度」不合格で、異例の“再審査”要求!紀子さま激怒で、改修費用寄付金引き上げの恫喝


文・もっちゃん

「歌会始の儀」に初参加された愛子さま

今月18日、新春恒例の「歌会始の儀」が、皇居・宮殿「松の間」にて行われました。今年の題は「窓」で、天皇陛下や皇族方、その他、一般の入選者十人らの和歌が披露されました。

天皇陛下は昨年に続き、新型コロナウイルスの収束への願いを込め、次のような和歌を披露されました。

「世界との 行き来難(がた)かる世はつづき 窓開く日を偏(ひとへ)に願ふ」

コロナウィルスが収束し、再び、多くの人々が盛んに交流できるようにとの思いを込められた陛下の和歌。

陛下は、雅子さまと共に、コロナウィルスの流行の初期から、この病に関して心配し、思いを巡らせてこられたことが知られていますが、こうした和歌からも、そうした陛下の人々を想うお気持ちが良く伝わってきますね。

皇后・雅子さまは、次のように御歌を披露されました。



「新しき 住まひとなれる 吹上の 窓から望む 大樹のみどり」

天皇ご一家は、昨年9月に皇居へとお引越しされたのですが、皇居の豊かな自然について詠われたようですね。

また、今年の「歌会始の儀」では、昨年12月のお誕生日にて成年皇族となられた愛子さまも初めて御歌を披露されました。

「英国の 学び舎に立つ 時迎へ 開かれそむる 世界への窓」

愛子さまは、学習院高等科の2年生の夏休みにイギリスの名門私立・イートン校のサマースクールへ参加されたのですが、今回披露された和歌では、この時に、初めて1人で臨む海外滞在に胸を弾ませる御気持ちを詠まれたようですね。

今回、初めて「歌会始の儀」に参加された愛子さまですが、ネット上で、この愛子さまの和歌は大変な話題となり、この和歌を紹介する記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような賞賛の声が数多く上がっています。

敬宮さまの歌は清々しくて気持ちが良いですね。本当に頭の良い方というのは聡明さがいたるところから滲み出るものですね。敬宮さまどこをとっても素晴らしい大好きです。

天皇陛下はやはり世界が平和であるように国民がいつでも外国へ行けるように 愛子様は楽しかった英の思い出

雅子様は大樹 どれも素敵ですね。天皇陛下皇后様が愛情たっぷりに育て上げられて

愛子様はほんとに素敵な愛子様です。

素敵な歌ですね。

愛子さまのお名前のように、たくさんのご友人から敬愛され楽しく学ばれた様子が浮かんできます。

この歌のように、世界に向けて国際的なご活躍も期待いたします。

問題続きの秋篠宮家

このように、天皇ご一家は、多くの国民から尊敬され、今回の「歌会始の儀」で披露された和歌も大変賞賛されたのですが、一方で、対照的に、現在、国民から悪い意味で注目されているのが秋篠宮家です。

特に、現在話題となっているのが、来月2月に高校受験を控えている悠仁さまですね。週刊誌等のメディアでは、学力試験を受けずに、筑波大学附属高校に進学が可能となる「提携校進学制度」を利用して、実質的な裏口入学を行うのではないかとして、批判もされているようです。



また、「週刊新潮」は悠仁さまは、「提携校進学制度」にて筑波大学附属高校に入学された後、3年後の大学受験では、推薦入試で東大に進学されるのではないかと報じています。

こうした、悠仁さまの進路に関して、ひたすら高偏差値の学校への進学を希望される秋篠宮ご夫妻の姿勢に関しては、専門家からも批判の声が上がっているようですね。

皇室の歴史に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授は、

「東大は主に官僚や学者になるための学校で、皇族が目指す場所ではありません。仮に推薦で東大に入学されても国民に不当な印象を抱かせてしまいます。そもそも、皇族は受験などで一般国民と同じ土俵に立って競争すべきではなく、そのために学習院があったのです。将来の天皇にとって大切なのは学歴ではなく帝王学、つまりは国民を慈しむ御心を養うことです。偏差値や学歴といった世俗的な価値観のなかでお育ちになることは、悠仁さまにとっても、国民にとっても不幸なことだと感じます」

 自主性が優先されるのか、“お世継”としての将来のお立場を考慮されるのか……。眞子さんの結婚問題と同様、ここでも“公”と“私”の議論が再燃しそうな雲行きである。

 無論、学業に励まれることには意義がある。しかし、“東大卒”の肩書だけで天皇が国民から親しまれ、敬愛されることはないはずだ。

「週刊新潮」(2022年1月20日号)

悠仁さま入学を求め学長を恫喝か?

ともあれ、やはり現在注目すべきなのは、目の前の高校進学の問題でしょう。一部では、「提携校進学制度」による入学に失敗したとも噂されていますが、ここにきて、新たな動きもみられているようです。

「現在、週刊誌などで盛んに取り上げられている“提携校進学制度”ですが、実は、すでにこの制度による審査は終了しており、悠仁さまは、“基準とする成績に到達していない”という理由で、不合格となっていたのですね。

ですが、紀子さまは、どうしても悠仁さまの筑附進学が諦めきれないようで、現在では、筑波大学とお茶の水女子大学の学長に対して、“提携校進学制度”の再審査を要望されているようです」(秋篠宮家関係者)

これだけであれば、単に「そうした異例の措置は認めない」として、断固として入学を拒否すれば良さそうなのですが、どうやら、少々事情は複雑なようです。

「実は、現在、筑波大学附属高校が進めている改修工事なのですが、その費用の多くが、紀子さまが名誉総裁を務めておられるAという団体からの寄付金を原資としているのですね。

このAという団体は、表向きはNPOのような半官半民の公共団体なのですが、どうやら、実質的には秋篠宮家が様々な人物や組織に、寄付金や賄賂を送るための、マネーロンダリングのために活用されている組織のようです。



そうした状況で、紀子さまは、なんと現在、悠仁さまの入学を認めなければ、“約束していた寄付を取り止める”と仰られているようです。

こうした紀子さまのご発言には、筑波大学の学長も大変なショックを受けたようで、現在大急ぎで、悠仁さまの“提携校進学制度”による入学の再審査を検討しているようです。

一度は、不合格となった筑波大学附属高校への進学ですが、現在、週刊誌などが、盛んに報じているのは、皇室ジャーナリストらの間でも、こうした裏情報が広まっているためのようですね」(前出の秋篠宮家関係者)

目的のためには手段を選ばない紀子さまの本領発揮といった印象ですが、あまりに露骨に不正な手段を使ってしまっては、国民の心は、ますます離れていく一方なのではないでしょうか?

ご拝読ありがとうございました。

30 COMMENTS

匿名

無視すれば良い。
恫喝は録音してあるのだろう?
寄付取りやめ、結構ですよ、問題ない。
不払いはその団体が負うべきことである。

こちらから「皇嗣家に会計監査の圧力をおかけ致しましょうか?」とビビらせておけばいいのですよ。

166
返信する
静岡バラック出身のキコへ

さすがに父親がキコが結婚する前、ホルマリン漬けの胎児を持って天皇家に怒鳴り込み、恫喝婚しただけあるわ!!
まあ、キコの故郷ではこんな事当たり前なのでしょう。
日本では通用しないけど。

131
返信する
静岡バラック出身のキコへ

>“約束していた寄付を取り止める”と仰られているようです

返金をすれば良いだけの話です。
これだけ悠仁の裏口入学が世間に知れ渡り、学校のイメージも地に落ちるだけで、目先の事に拘ると今後誰も入りたいとは思わないでしょう。国立なのに・・・
バカ娘二人が通ったICUの二の舞になりますよ。

137
返信する
匿名

おお、これこそチェスンシルの娘が梨花女子大に入ったときの裏口と同じ手法ですね。
スンシルもダミーのマネロン財団を設立し、いいなりになる人物を連れてきては理事にして、公的資金を吸い上げていた。
これで紀子も「日本のチェスンシル=紀子」の異名をほしいままにしましたね。

筑波附属の校長先生も、これ以上紀子の要求に屈すれば偽計業務妨害罪という違法ゾーンに足を踏み入れてしまい、もはや後戻りが不可能になってしまわないかが心配です。逆に紀子の狙いはそこにあり、反社と同じ発想で、ターゲットにも敢えて違法行為を犯させ、自分と同じポジションに落とし込もうという手口ですから、絶対に紀子の不埒な要求に従ってはいけません。

どの学校でも校長先生は、在校生のお手本でもあるべき人物です。
将来は法曹になる生徒も多い筑波附属高だけに「あの校長はダメだったな。紀子からの「違法行為でもいいからやれ」という要求に屈してしまったものな」と言われてはおしまいですよ。ここは仮に寄付が止められても毅然としてはねのけるべきです。

そもそも寄付金が入ったから工事しているわけで、当初の契約に反して寄付が止まるというなら、ありのままを記者会見して訴え、卒業生にも募金を呼びかけて下さい。
悠仁不正入学で母校の名誉を穢されるよりなら、みなさん喜んで寄付金を寄せてくれるでしょう。

130
返信する
愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

国民が反社との深い関わりを報じられるような人物を公式に容認し姻戚関係を結んだ宮家を次の日本の象徴などと認めるのは無理です。
皇室は国民から見捨てられ、徐々に崩壊への道を歩むでしょう。

122
返信する


匿名

ケリーさん。
いまこそ、この財団名を明かしてやりましょう。

悠仁の不正入試という違法行為をすることを条件として、寄付するという行為は反社会的なものですから、財団認可取り消しに持ち込めるかも知れません。財団の資産形成過程も調査されます。
同時に紀子らの背後勢力も実名入りで浮き彫りとなり、廃宮家へまっしぐらです。

逆に、悠仁不正入学なる違法行為に協力してくれないならば寄付金は引き揚げる、という停止条件を契約書に盛り込んでいようものなら、これで紀子の皇族資格を剥奪することも可能でしょう。

いずれもチェスンシルの悪事を暴いたジャーナリストたちがやったことです。ついに紀子が尻尾を出してきましたね。

108
返信する
匿名

宮内庁HPよりコピペしました。どの財団?

秋篠宮皇嗣妃殿下

皇室会議 予備議員

(公財)結核予防会 総裁

(社福)恩賜財団母子愛育会 総裁

大聖寺文化・護友会 名誉総裁

日本赤十字社 名誉副総裁

日本学術振興会 名誉特別研究員

お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所 特別招聘研究員

73
返信する
匿名

Aというと、まさか愛育会…?
やっぱり総裁のところがあやしいでしょう。とすると結核か愛育会。
結核もレポート作成して紀子の博士論文を用意したともいわれるので癒着は深そうですが、
やっぱり愛育会かな…。
母子手帳の世界ナントカで、外国旅行してるんでしょ?
羽毛田元宮内庁長官とか、皿と秋に貢献した人材の天下り先でもあります。

子宮メンテナンスの噂がある紀子が母子手帳って、どんなブラックジョーク?

73
返信する
匿名

大聖寺文化・護友会 名誉総裁 就任は2015年。
2016年 東大のAO入試始まる
2017年 筑附への抜け道「提携校制度」始まる

56
返信する
匿名

紀子が名誉総裁って、どこかはわかる人にはわかります。
宮邸新築で数十億もかかるわけがないのに予算化させ、あれこれとマネロンさせれば、いくらでも抜け、捜査当局も手が出せない”悪の紀子帝国”が実際に存在していたんですね。

だからこそ秋篠宮家はこれまでマスコミを支配できていたし、お茶の水への悠仁不正入園入学も幼稚園以来、まんまと成功してきた。
ここまでわかっていて、まだ週刊誌も報道できないだなんて、日本は韓国以下の報道の自由しかないことになります。

101
返信する
匿名

週刊女性より
>公には発表されない、いわゆる“お忍び旅”だったわけだが、京都でいったい何をされていたのだろうか。

「12日に京都市内にある『大聖寺』内で、有形文化財を保護することが目的の団体『大聖寺文化・護友会』の総会が行われていたのです。紀子さまは’15年から同団体の名誉総裁を務められており、毎年総会に出席されていて今年もお出ましになりました。
しかし、今回は初めて眞子さまも一緒にいらっしゃったので驚きましたよ」(出席者のひとり)

意外に打ち解けた会話をされていたご様子

 総会で、おふたりと会話したという別の出席者によると、眞子さまは「人形」にご関心が強かったそう。
「毎年1回、会員だけを集めて、普段は拝観できない大聖寺の中で懇親会のような形で開いています。今年は、午前10時ごろから総勢50人ほどが集まりました。<

お忍びで総会出席かよ。ふふーん。

76
返信する
匿名

長女は乱暴で、同級生に飛び蹴りして大ケガさせた。
その同級生の家に、子分ふたりが200万円持ってきた。
「これで、なにも言うな。もし喋ったら旦那の社会的地位はなくなる」
そう言った。

98
返信する
匿名

天皇陛下の御歌には、特に思いを熱くするものがありました。
たしかに、コロナがなければ、旅行やビジネス、留学など、たくさんの国民が渡航していたでしょう。そして、インバウンド需要も堅調だったかと思われます。コロナが「世界との 行き来難(がた)かる」状況にしてしまいました。国民と世界の人々の素朴な気持ちに寄り添った、象徴天皇らしい御歌に改めて尊敬の念を抱く次第です。敬宮さまの御歌も父陛下に和しておられるのか、海外への若者らしい想いが感じられます。

さて、海外といえば、あの記者会見で国民に敵意を向けながら、ニューヨークへ行った「ひつぎのみこ」の娘とその夫を思い出します。一気に興ざめです。
更に今回の本題、「ひつぎのみこのみこ」とやらの進学問題。別に実力があれば東大へ行ってもよいのです。絶対に学習院に行けとは申しません。しかし、ズルをして多くの誰か同い年の国民を蹴落として進学して、何がショーライノテンノーですか!
悠仁という名前の子供だけで決められることではありません。むしろ、親、特に「ひつぎのみこのみめ」とやらの意向が強いからに決まっています。

国民の 窓を閉ざす 皇太子 愚か者なり 妃の傀儡(くぐつ)

62
1
返信する


匿名

一般論ですけど、ゼネコンや設備、電気、エアコンメーカーなど建設、建材、施設関連などの会社は文化財保護をうたい文句に活動するNPOには節税対策上の寄付しやすいんですよね。
彼らは歴史的建造物を多く破壊してビジネスしているので、罪滅ぼしで寄付する慣行があるわけです。

思いっきり水増しした予算をとってもらっておいて、濡れ手に粟の受注から浮いた分をキックバックさせて資金浄化するには、控除が可能などこかの財団や宗教法人に寄付してもらい、その財団を私物化し、自分の意のままに動かすのが常套手段です。お互いにWin-Winになるわけで、止められません。これ、別にどこだと特定する意味ではありませんから、念のため。

55
1
返信する
匿名

ヤフコメは、秋一家への非難一色だけど、
ツイッターには結構アキシンジャーが居る。

小室劇場を散々見せつけられてなお秋一家への支持を続けるって、どんな心理なんだろう?

菊のカーテンの向こう側は、真実が覆い隠されているから、
色々な噂も真偽のほどは分からない。

でも、
平成夫妻が東宮御所に住みたいとワガママを言って2回の引越し、それも大掛かりで長期間という、意味不明の無駄遣いと、
マコが怪しげな男にロイヤルパワーを使った事と義母の元婚約者さんを苦しめた事と、
当主のアーヤがトンチンカンな会見で、何の責任も取らず謝罪もしないばかりか、国民の意見を誹謗中傷呼ばわりしたこと、

これらは表面化したことだ。
噂じゃなくて事実だ。

これまで皇室への関心が薄かった人や、
ミッチーブームに何となく騙されていた年寄や、
雅子さんの精神病はワガママ病で后に相応しくないと思ってた人たちの、
目からウロコを落としまくった事実だ。

そうだったのか知らなかった、
秋一家に皇統が移ったら日本がおかしくなると、
大半が思うようになった今でもなお、
まだアキシンジャーであり続けるって、どういう事?

87
1
返信する
匿名

一時期、反ワクチン運動をツイッターで繰り広げている人達がいたけど、
段々と減っていった。
だけどまだ少し残っている。

アキシンジャーに似てるかも。

14
返信する
匿名

東京新聞記事より

><大聖寺> 「御寺(おてら)御所」と呼ばれ、北朝第四代の後光厳(ごこうごん)天皇の後見役を務めた無相定円(むそうじょうえん)尼(日野宣子)が創建した臨済宗の寺院。皇族や公家出身の女性が代々住持(じゅうじ)(住職)を務めた尼門跡(もんぜき)寺院の一つで、江戸時代後期の24代の門跡までは天皇の皇女だった。山号を「岳松(がくしょう)山」という。関西の文化人らでつくる大聖寺文化・護友会(ごゆうかい)の初代名誉総裁は秋篠宮妃紀子さまが務める。<

「<よみがえる明治のドレス・2>皇太后と尼、特別な絆 京都・大聖寺に贈られた昭憲皇太后の大礼服」より

産経記事より
>宮内庁は(2015.04.)1日付で、秋篠宮妃紀子さまが「大聖寺(だいしょうじ)文化・護友(ごゆう)会」(京都市)の名誉総裁に就任されたと発表した。

 大聖寺は13カ所ある尼門跡寺院(皇族や貴族の子女が住職を務めた尼寺)の筆頭格で「御寺御所(おてらのごしょ)」とも呼ばれ、皇室ゆかりの品々を多数所蔵。文化・護友会は、支援団体として文化継承に努めている。<

某ブログより
>年間行事 涅槃会(2月15日)、永皎流創流茶会(5月5日)、大聖寺文化護友会(5月第2日曜日)、月見の宴(旧暦8月15日)。いずれも非公開。

普段は非公開。祭事も非公開。神仏霊場会の御朱印は声を掛ければ授与される。拝観の際にも建物、室内、庭園一切の撮影禁止。<

某ブログより
>(2019年)5月11日から12日にも、お二人は京都を訪れ『大聖寺文化・護友会』の総会に出席されました。‘15年から会の名誉総裁をお務めの紀子さまは、毎年総会に出席されています。京都への“二人旅”では、ゆくゆくは眞子さまに名誉総裁職をお譲りになりたいといったお話もされたことでしょう」(宮内庁関係者)<

馬之助ブログより(2017年)
>紀子妃殿下は13日、「みどりの感謝祭」式典を終えられてから、京都に移動され、30回大聖寺文化・護友会総会にご出席されているはずだけど全く報道なし。
皇室と関係が深い大聖寺(京都市)をまもる活動をされているのに、なんで報道しないの?
皇太子ご一家がスキーに行くときはあれだけ報道するのになんで、こんな立派なお仕事されているのに無視するのかしら?<
(秋信者からまでなぜだろうと不思議がられていたんですね)
 

39
返信する
匿名

関西では暴力団がらみでの宗教法人の売買がさかんで
ずばり脱税やマネーロンダリング目的で、お寺や休眠宗教夫人がバンバン売り買いされている問題は、NHK始め、民放テレビでも放送されてきました
これは全国的現象なので検索すれば、その手の犯罪ビジネスがしばしば報道されていることに気づくはずです

紀子が名誉総裁をしている団体中で宗教法人関係は京都のこのお寺だけなんですね
名刹なのに観光客は受け入れないお寺なようです
ここに限ってそんな事は無いとは思いますが…

思えば、2015年4月当時といえば、悠仁はまだ小学生三年生になったばかりで、お茶小での登校拒否がはっきりした時期でもあり(週刊誌報道では、一年生の三学期からほぼ不登校になったという)、難聴でも知的発達のほうは単なる奥手であればいいなあと、美智子も必死で見守っていたが、やはり授業にはついて行けずもうダメだとわかった頃で、美智子はプシコるし、一時は森友学園かシュタイナー学校に編入させるとの噂を聞いたこともあったほどでした

学習院ではとうていついていけない知能程度では、マネロン資金による迂回寄付金でもって、どこかの名門校にごり押しするしかなくなったのも宜なるかなで、ちょうどそんな時期とも不思議と重なりあう総裁就任だったんですね
実に面白いスクープ記事でしたよ

53
返信する
静岡バラック出身のキコへ

キコは逮捕されるべきである!!
東京地検よ、早く家宅捜索して下さい。
皇族だからと言って遠慮していたら、どんどん腐敗していきますよ!
どうせ偽皇族の集団なのだから、アホ一家は・・・

51
2
返信する
匿名

このお寺ですが、もとは臨済宗だったのが、いまは単立になっているので、本山の支配は受けないフリーな立場ですね。

紀子の務める総裁職は、これまではどなたか他の御皇族が務めておられたポストの継承ばかりだったのに、この大聖寺だけは紀子が初代とありますから、秋篠宮家護持のために用意されたアキシンによる紀子支援のためのポストだろうとみるべきです。

またどんな法人格を得ているのか、宗教法人というだけなのか、大聖寺文化護友会のホームページが見当たらないので、すぐにはわからない仕掛けで、宮内庁ホームページでも表記がありません。↓

(公財)結核予防会 総裁
(社福)恩賜財団母子愛育会 総裁
大聖寺文化・護友会 名誉総裁
日本赤十字社 名誉副総裁
日本学術振興会 名誉特別研究員

27
返信する


匿名

「大聖寺文化・護友会」なる名称をみて
これが「護”悠”会」になっていないことを願うばかりです。
皇室ゆかりのお寺なのに、偽皇族偽宮家である秋篠党を支援すれば、此即ち謀反を両陛下に向かって仕掛けていることになります。

京都人の腹のうちは余所者にはわかりにくいものですが、紀子を名誉総裁にしている時点で、誰かさん(見て子)からの命令だったのか、もっと違う次元から来た反社的水平的要求だったのか、いずれにしても論語素読すら学べない知能で、伝統を無視させ、帝王学習得不可の悠仁を崇めるのは間違いです。

35
返信する
匿名

国民のヒール秋篠宮家
皇籍離脱してもらうには、どうすれば良いのか?
宮内庁には毎週苦情電話しています。
岸田総理に意見を送りました。
秋篠宮家から将来の天皇が出るなら日本は終わりです。

40
1
返信する
匿名

日本国憲法第一条
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。」

1条が如何に重要か。
非嫡出の秋篠家なる偽宮家が跋扈しだし、皇室典範の改正に民意が全く反映されない国会の目詰まり状況が起きて、はじめて「天皇の後継者は、誰の意思により、どのような民意を経て決まるのか」が大問題になってきました。「日本国民の総意」は既に各種世論調査で、愛子天皇支持が8割以上との結果に顕著な形ででており、国民投票でもやって、さっさと決着すべきではないでしょうか。

第八条
「皇室に財産をゆずり渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基づかなければならない。」

紀子が筑附への悠仁裏口入学の見返りとして、8億円以上もの迂回献金を魑魅魍魎団体を経由して仕掛けてきている事件では、結果的に第三者が皇室に違法に寄附するのと同じ効果を出そうとして、法人格をもつ登録社団を濫用し、マネロンすることで、トンネル利用させていることがわかった本スクープ記事を読んで、忘れられがちな8条が息を吹き返したことに気づかされました。

31
1
返信する
匿名

昭和天皇が秋篠宮さまと紀子さまとの結婚を大反対していて
紀子さまを認めてなかったのに
結婚を許してしまったのが悔やまれる
紀子さまは皇族になるような人間じゃなかったのに
悠仁さまも大人の都合で自分が誕生したことを理解してるだろうしある意味被害者だよね
紀子さまは跡継ぎの男子を出産してやったんだから私の言うこと聞け!って感じなんだろうね

血税を私的に使いまくってる秋篠宮一家のしてることは横領じゃないの?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。