紀子さま“皇室入り”を、唯一認めた「美智子さま」の慈愛 眞子さま結婚も後押しへ


紀子さまも苦しめた嫉妬とやっかみ

未だにくすぶる小室圭さんと眞子さんの結婚問題。『FRIDAY』2023年1月20・27日号では、ドラッグストアで買い物をする小室圭さんの姿が激写されました。

「昨年、眞子さんが妊活のために密(ひそ)かに”セレブ病院”に通っていると複数メディアが報じました。小室さんの司法試験合格で、経済的不安がなくなったのかもしれませんね」(皇室担当記者)

’22年12月中旬、ニューヨーク・マンハッタンを一人で歩く小室圭さんを目撃。少しうつむき、疲れた様子で歩く小室さん。高級スーパーとドラッグストアでお目当ての物を購入すると、足早に去っていった。NY在住の日本人女性が語る。

「一度小室さんを見かけたことがありますが、ほとんど走っているんじゃないかというくらい歩くのが早く、逆に目立っていました。アメリカ人は『日本のロイヤルファミリーはとても窮屈そうだ』という印象を抱いているようですよ」

『FRIDAY』2023年1月20・27日号

確かに疑惑のデパートである小室家は皇室にとって最も忌むべきものです。あまりにも差があります。実は、世間のこうした反応は30年前に紀子さまが秋篠宮殿下と結婚された際にも見られた。秋篠宮殿下(当時は礼宮文仁親王殿下と呼ばれていた)と学者一家であった紀子さまのご実家の川嶋家では財力と家柄が全く違っていたためだ。

ご結婚前の世間やメディアの反応に関しては『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて――「お嬢さま」と呼ばれたい‼』(ブレーン出版、1990)や、高清水有子『秋篠宮さまと紀子さまの愛の十二章』(学習研究社、1991)などに詳しく書かれている。

紀子さまの皇室入りを歓迎された美智子さま

歴史を振り返ると、美智子さまのご結婚がそうであったように、慶事であっても回りすべてが歓迎ムードになるわけではない。美智子さまのご実家は資産家であったにしても平民の出であったため、発表当初、「本当に皇室に馴染めるのか?」「不釣合いだ」と周囲から危惧の声があった。その筆頭は香淳皇后(美智子さまの姑)であり「東宮さまの御縁談について平民からとは怪しからん」と結婚に反対していた(『入江相政侍従日記』昭和33年10月11日)。そもそも当時は「平民が皇室入りする」という概念がなかったのだ。

歴史は繰り返す。1989(平成元)年8月、秋篠宮殿下(礼宮)と紀子さまの結婚内定報道の時も、多くの国民とメディアが、お二人の結婚に疑問の声をあげた。もはや平民/華族というような区別意識は無くなっていたが、資産家でもなく中産階級の出だった紀子さまは、美智子さま以上に苦労し、皇室に馴染めるはずがないというのである。当時は「礼宮さまが望まれても川嶋家は固辞する」と言い切る記者もいたようだ(『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて』ブレーン出版)。

また、当初は上皇陛下(当時は天皇陛下)もこの結婚に反対していたという。その理由は明らかではない。もしかしたら美智子さまの苦労を最も近くで見られていた陛下の心中には「紀子さんに同じ苦労をさせたくない」という想いがあったのかもしれない。だが、そうした中、周囲の反対を押し切り、お二方のご結婚を強力に後押しされたのが他ならぬ美智子さまであった。



「皇室内での様々な苦労に耐えながら、皇室改革に取り組まれてきた美智子さまにとって、秋篠宮殿下と紀子さまの想いが旧習により阻まれるのは見るに忍びなかったのでしょう。

結婚前に、上皇ご夫妻と川嶋家の紀子さまのご両親が会談された際、その詳細は分かりませんが、一説によると最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親に対して、美智子さまが熱心に結婚するよう説得されたそうです」(社会部記者)

この面談の際、美智子さまは、なんと「経済面で川嶋家に苦労をかけさせない」という主旨の事まで仰られたそうだ(前掲書)。このようなエピソードからも美智子さまが如何にお二人の結婚の実現のためにご尽力されたかが伺われる。

眞子さまのご結婚を容認される紀子さま

このように、紀子さまと秋篠宮殿下のご結婚は、多くの国民やメディアから反対を受けていたことや、それでもなんとか結婚を実現しようという固い意志を持っていることなど、現在の眞子さんと小室圭さんとの結婚問題との共通点も多い。

これまで、小室圭さんや母親の佳代さんに対して不信感を持たれ、結婚に関して強硬に反対され続けてきた紀子さまであるが、複数の週刊誌等が伝えるところによると、結婚が成立した今となっては忘れたい過去のようだ。また過去の経緯を見れば、美智子さまもこの結婚を後押ししたという気持ちでいっぱいであろう。元宮内庁職員の佐川良子さんはこの状況を次のように推察する。

「内部から漏れ伝わる声を総合すると、秋篠宮家から宮内庁への連絡は一切なし。ですが、紀子さまは疲弊してしまい早期決着をつけたいと考えているようです。あとは父・秋篠宮殿下次第といったところでしょうが、殿下ご自身も周りの反対を押し切って結婚していますから、今さら娘に強く言えないのでしょう。まして『離婚しろ』などと強制することは憲法の精神に反しますし。秋篠宮ご夫妻は難しい選択を迫られています」(佐川良子さん)

その心中は想像するしかないが、もしかすると、ご自身が若い頃に周囲の反対を押し切り想いを遂げられたように、多くの国民に反対されながらも愛を貫き通そうとする眞子さまと小室圭さんに過去のご自身と秋篠宮殿下の姿を投影されているのかもしれない。

37 COMMENTS

匿名

やや古い記事のようですが、紀子の結婚は完全な貴賤婚で駅南バラック生まれの紀子背後には水平の影。

たとえ、安西家の長男だったとしても水平嫁は認めら
れないというべきで、見て子が後押しなどするわけが
なく、この記事の信憑性は完全に「×」です。

実態は、宮内庁伝統の七代遡る結婚前家系調査を差別だと直訴にきた川島夫妻らに見て子らもタジタジとなり、因縁の喪中婚約という不祝婚になったのでした。

解同事務所で電話番だったという母親、水平研究者で
名の通っていた父、本人も静岡駅南での出生。

信子さまは生家を「納屋のようなところ」と評価。
しょせんは納屋から拾ってきた野良猫に過ぎず、今だにその下品な振る舞いや舌打ち癖、上流社会に適応できない失態の数々で世間の嘲笑を受けてばかりです。

小室との結婚は、紀子の出自からみればお里相応で、
この母の出自なら、娘はせいぜい小室程度かなというべきでしたから、本当はお似合いのカップルだった。

それを皇嗣家がなんちゃらと、出自不相応の上げ底一家で通そうとすると、小室眞子の存在は極めて困った障りとなります。とりわけ「反社叔父」の存在は決定的皇嗣失格理由とみなされるべきでしょうね。
年金詐欺もいうまでもないことで、ジャーナリストから刑事告発を受けるような悪辣一家と結婚したこと自体、皇嗣家の終焉を意味しています。

151
返信する
匿名

恐喝婚といわれたアーヤで
娘は詐欺逃亡婚と海外メディアにも出た。
拒否られ相手にもされない宮家をナノル。

107
返信する
匿名

職員住宅のアパートに若い二人だけを残して

≫文仁にとっては団地の一室という空間も新鮮だったのだと思われます。当時団地妻〇〇と言うのが流行ってましたからね。

78
返信する
匿名

勘違いじゃなくて実際にそう
カワタツやカスヨが近所の人に今日ア◯アーヤが来てると言って、アホとゴキがXXしている間どっかに行ってた

33
返信する
匿名

その時からホルマリン漬け胎児で恫喝することを予定していたのでしょう。

30
匿名

>「結婚前に、上皇ご夫妻と川嶋家の紀子さまのご両親が会談された際、その詳細は分かりませんが、一説によると最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親に対して、美智子さまが熱心に結婚するよう説得されたそうです」(前出の社会部記者)

こんな嘘、平気でつけるのは岩井くらいかな?
実態はカワタツによる恫喝婚そのものであり、宮内庁は「側室としてならなんとか」と側室にすら不向きなその悪出自に最後まで反対だったのです。
恫喝の中に、いまの小室と同じ殺し文句『○○さまを見て子さまは自分ではお産みでないですよね』があったので、あとはもういいなりになるしかなかった。

121
返信する
匿名

昭和天皇が反対していたと言う結婚を、昭和天皇の喪中に「待ってました!」とばかりに婚約発表した。あのニヤケズラは醜悪だったなー

その暴挙を後押ししたと言うジョーコーゴー。

そして、暗黒の平成時代に東宮家イビリが行われた。

邪悪な構図かよくわかりますね。

心から敬宮様が次の天皇でなければならないと思います。

143
返信する
匿名

今の秋篠宮家にとって『目の上のたんこぶ』は天皇家のみ!
特に愛子さまが嫁いで皇籍を離れれば、己の天下は時間の問題!
いずれ皿も逝けば、キコにとっては我が世の春の到来です。

73
返信する
匿名

皿が、割れて、バックアップが、なくなれば、
鬼子さん困るんじゃないの。
カピバラ食いは、長持ちしそうにないし、
ズルくんは、自分そっくりの低脳。

この一家、将来、皇室の存続のために滅びると思いたい。

103
返信する
匿名

令和の内に滅んで欲しいですね。そうすれば、のんびりあぐらをかいている政府や有識者たちは皇位継承問題で焦り出しますよ!

65
返信する
匿名

詐欺の宮家お抱えのSNS担当者が頑張っているんじゃない?
霊能者のナターシャさんが言っていたけど、どんなにいい人でも思想が悪ければ悪人。
皿や詐欺一家に加担している人達も国賊認定ですね。

62
返信する
匿名

「最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親」

それが本当なら、川島家による文仁誘惑作戦のどれも
説明がつかなくなる
母は職員住宅のアパートに若い二人だけを残して
いなくなってラブホ状態にしてやっているし
一緒の旅行サークルに入れるなどもしなかったはず

でも実際は如何に文仁を紀子蜘蛛の巣に絡め取るかで
親子共闘だったので、結婚はその共同作業の成果です

123
返信する


一般人の感覚

>小室圭さんの司法試験合格で経済的不安が無くなった?

いやいや!司法試験合格後じゃなくて、もっと最初から経済的不安なんて無いでしょ!!

経済的不安のある人が働きもせずにニューヨークへ留学しますか?

経済的不安のある人が結婚してニューヨークで呑気に司法浪人出来ますか?

それに当時無職だった小室圭がどうやって金を工面して母親の元婚約者への借金を返済出来たのですか?

これらは全部、宮内庁からの経済的支援があったら出来た事ですよね?

そして小室夫妻は、これからも宮内庁にたかり続ける気満々なんですよね?

116
1
返信する
匿名

カワシマが一族で集りまくっているのを見て、吸い寄せられるようにやって来た佳代と圭ですからね。

19
返信する
匿名

光秀が信長を焼き討ちにした歴史的事件は「本能寺の変」と呼ばれる。信長は敵に捕らえられることを恐れ、自害した。

キ印が鯰を誘惑し、いつでもどこでもをモットーに痴女振りを発揮した歴史的事件は「本能の変態」と呼ばれる。鯰はキ印にバレることも恐れず・・・浮気を繰り返している。

62
返信する
匿名

皇室つぶすために自愛ばあさんが、
水平思想の川辰と共謀したという話ですね。
そのくせ名刺には、皇室利用。
鬼こは、中産階級どころか、
日本人の感覚もないし、日本語さえまともでない。
こんな女よく嫁に押したもんよ。
皿も資産家とはいえ、相当なもの。

カピバラ家に集まる面々、凄まじいね。

102
返信する
今回は「もっちゃん」が無いね❗️

>二方のご結婚を強力に後押しされたのが他ならぬ美智子さま

ミテコさんの結婚前のご苦労?
「第31回国会衆議院内閣委員会第5号昭和34年2月6日」に、出自や奔放な性行動に付いて、しっかりと記録が残っています。

ミテコさんは、自分と同じ出自で 自分より容姿の劣るキーコさんを入内させたかったのですね。

キーコさんは、ミテコさんにすり寄り過剰適応でお気に入りに。
2人して川辰と共に 雅子さまを苛め抜く。そして、自分達のやってきたことや出自の悪さをスライドさせるために「伏見正○…」「ふ○きの…」「エアリス万…」などを作る。

かくして、雅子さまは適応障害に。
後は、中国・北朝鮮に媚びて、アッチ系に皇室簒奪まっしぐら❗️

去年まで、『元宮内庁職員のつぶやき』をボロクソに貶していた篠○常一郎氏が目を覚まし、ミテコさんキーコさんの悪事をYouTube配信してくださって、多くの国民も目を覚ましました。

後は 穢宮の皇籍剥奪まっしぐら❗️

70
返信する
匿名

正田家、川島家、安西家、小室母子、栗原家、揃って乞食みたいだね。
今度うちの近くにナマズ一家がやって来たら、1円くらい投げ銭して恵んでやろうかな。

43
返信する
匿名

母親が名門、富豪、超優秀頭脳など、国民が「さすが!」とたまげるような女性でないと、紀子のように恫喝婚までは何とかなっても、子の結婚時に貴賤婚の報いを受けるということになります。

皇族社会では、一般社会とは違い、無条件で「さま」づけされ「お成り」と表記はされるものの、肝心の妃本人に実体が伴わなければ恥ずかしいだけです。
その意味で最初から秋家は「偽皇族」の噂と、紀子出自でケチのついた、訳ありでしかなかったのです。

そこにズルヒトの出来損ないの失敗作ぶりが加わり、あんな子が係累には出来るのか、痴漢も遺伝かね、となってきては、残る姉への縁談も絶望的でしょう。

49
返信する
匿名

無駄金になる。
ペットボトルが、ふさわしい.
ゴミになるのが、考えものだけど。

24
1
返信する


とほりすがり

佐川さんの説明する秋篠宮家の混乱は、眞子の結婚前のことなのに何で離婚の話がでているの?

27
返信する
コモンセンス

皿婆ミテコは身分の低い出自の鬼子を歓迎したのですよ。
しかも、半島出身ときているから尚更のこと大歓迎です。

念のため、投稿者は、半島が悪いとは言っていませんよ。

皿婆自身も問題の土地から来たわけで、国会でも大論争。
二人とも皇室に相応しくない者同士で意気投合という訳。

なお、差別意識はありませんが皇室に望ましいかどうか。

眞子の相手・小室についても皿婆が早くから準備のはず。
小室も半島出身であることは海外では有名な話しですよ。

ゆえに皿婆が眞子の結婚に賛成するのは当たり前のこと。
将来、眞子を皇室に戻すため女性宮家の創設に躍起です。

皿婆は出身仲間と鬼子に小室で皇室を乗っ取り計画した。
皿婆一族は中国との関係が深く半島には鬼子の祖先あり。

売国奴一味によって日本は売りさばかれそうになってる。
客観的事実と経緯によって、この推測は裏付けられます。

55
返信する
匿名

政府がどれだけ高値で有識者会議メンバーを買収してみても、紀子のバラック出自問題が消えない以上、国民から見た秋家は、不適格皇族としか映らない。

しかも宮内庁伝統の身元調べさえ行っていなかったとなると、逆にアレだからだとの傍証になるだけだ。
その嫁出自の低さとケガレが、子供らの縁談に大いに差支え、気がつけば反社と親戚関係になっていた。

なにしろ、在日比率日本一という地区で生まれ、母方祖父母の住むあばら家で小学校1年まで育てば、周辺の朝鮮人一世から受けた影響で、食生活は完全に朝鮮嗜好になるし、味覚でも本場の食材を求め出すし、朝鮮人の癖でもある舌打ちを平気で客人の面前でまでするようになってしまい、全てテーミスに書かれた。
いまでも、秋家の夕食では週に三回が朝鮮料理指定だし、家族も朝鮮語だけはべらべらになる。

美智子がカワタツからの恫喝婚に内心後悔するなかで、その後結果的にだが思い直したとすれば、「自分より下」の女を入れることで、平民妃として不評だった自分の出身よりも「より一段下」の低出自女を加え、自分への風当たりを相対的に弱めようと思いついたことくらいだろう。

だから士族出身の雅子さまの華麗なる家柄と美貌を兼ね備えたハイブリッド高知能ぶりに猛反発し、あのころ「どうして雅子さんでなければだめなの」と何度も長男に迫ったというのも、やっと「自分より下」の出自の嫁を従えたのに、皇太子妃が「自分より上」の士族出身ではコンプレックス再燃となるからである。
そのコンプは今も続き、英国女王国葬参列問題では雅子さまに対し、土下座要求するにまで至っている。

美智子のコンプレックスが、紀子の駅南出自を重宝させ、甘やかして内廷費の横流しなどをするうちに、弱みをしっかり紀子に握られ、いまやデカップリングができないネガティブ相互依存関係に陥っているのだ。

55
返信する
匿名

普通、結婚するとなれば興信所に調査されることも暗黙の了解で、恋愛結婚での出来婚や下層民同士のいきあたりばったり結婚ででもない限り、上流社会ではいまもしっかりと家柄調査はなされていますよ。

なのに紀子の親は「宮内庁の調査は結婚差別に当たる」と反差別の国会議員まで連れて、当時の両陛下との面談を要求していたというから、その時点で今日の愁嘆場はプログラム済だったといえます。

親の出自問題の影響をまともにかぶるのが子供です。
親の出自に難があれば、名家の御曹司は一切寄りつかず、見合い結婚すら、紀子の悪評でできません。
だから秋篠は子供らに「学生時代に結婚相手を探すように」と超お手軽に、気に入った同級生とヤリまくり、結婚に漕ぎ着ける方法を指南したのでしょう。

でもその結果が眞子です。
紀子出自を考えれば角田一家の存在はお似合いで、似た者同士なのに、今度はマスコミ総出で叩きにかからせた。まるで紀子出自には問題がないかのように。

同じトラブルが佳子にも起き、噂の異性は、妻子持ちダンサーや英国留学中の同級生などがありましたが、みなさん無事に逃げおおせたようですね。

悠仁に至っては、誰一人手をつないでくれる異性もなく、逆に夜道で痴漢行為に及んだので、今後もプロ女以外、交際してくれるお嬢さんなど一人も来ないでしょう。
また紀子も悠仁の同級生に売春を持ちかけ、少女の性に百万という値段までつけてくる有様です。

それほど追い詰められたのも、紀子出自が原因であり、誰からも同情されないままに、結婚難という十字架だけを背負った子供らの不幸と共に、ますます親子喧嘩が頻発するのでしょう。

皇族なら久子さまのように「恋愛と結婚は別ですよ」と子供をしつけ、次々と国民がさすがと思えるような結婚へと導けるようでなければ、何のために皇族になったのか、そのものが問われます。
刑事告発されるような母親のいる家の息子としか結婚できなかったのでは、全ての責任は紀子にあります。

54
1
返信する
匿名

ほんと!小室圭の身辺調査を怠ったのは、ここ最近の中では最大の失敗でしたね。
小室母の本性を見抜けないどころか、公になるまではキコと意気投合していたんですからね。

同じ穴のムジナだからでしょうね。

36
返信する
匿名

鬼子が、ひとの身辺調査できるような出自じゃない。
今だから色々表にでてきてるけど。

皿か自分の知り合い。
バレない、ごまかせると考えてたのかとおもった。

ジェニーも鬼子も似たような感性だよ。
だから馬子もモアイと意気投合した。
皇室だから問題なんで、

27
返信する
匿名

どれもこれも隣保館のあるような、市住改良住宅内での出来事として読めば「ICU凄いじゃん」「海の王子ってうちらにはもったいなくねえ」「片親?ここらはみんなそうだし」「反社叔父なんてこの辺では普通」と、紀子をみるように全然違和感がないのでしょうけど、皇室で起きているから大問題なのです。

改良住宅での出来事なら許容されても、皇室としては失格なことってたくさんありますよ。
それらに全部目をつぶれというのは、皇室の破壊そのものといえます。

37
返信する


匿名

一般参賀での醜態後、ミッチャン、出て来なくなったね。体調でも崩したかな?
もっと馬鹿なことをやって、世間を楽しませてほしいもんだ。

15
返信する
匿名

キィーコが数年前、アラン工房でお印付きのセーブルコートを仕立てたことの真意が知りたい。
あんなものを所望する当たり時代に逆行しているし、たたかれる事案かと思われる。
陽の目を見ずにクローゼットにねむっているんだろうか。。

10
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です