秋篠宮さま「納采の儀はしません」 宮家の「見苦しい辻褄合わせ」


さて、眞子さまご結婚問題ですが、非常にまずい状況になっていることは、間違いないようです。

「9月11日に控える紀子さまのお誕生日後、ほどなくして結婚問題に大きな動きがあるそうです。

 眞子さまと小室圭さんの結婚に関する儀式の日程が発表され、おふたりが30歳を迎える10月ごろに結婚される……、この方針に従って内々で準備が進められていると聞いています。

 新型コロナの影響もあって流動的な予定なのですが、皇室側としてはこれ以上引き延ばしても、今よりも状況が上向くことはないと考えているのでは」(宮内庁関係者)

 幸せいっぱいだった婚約内定会見から4年、皇室を大きく揺るがしたおふたりの“選択”が決着を迎える─。

 アメリカにいる小室さんも、眞子さまとの新婚生活の準備を着々と進めているようだ。

「7月末にNY州の司法試験を受験した直後のこと。現地の法律事務所に勤務する見通しが立ち、NYを生活拠点にするとNHKが報じました。

 小室さんの実力であれば試験に合格する可能性は高く、現在はほかの学生と同様に、就職予定の事務所でインターンとして働いているはずです。

 気がかりなのは、日本で勤務していた法律事務所から、3年間にわたって留学中の生活費用を貸与されていたこと。当初は留学終了後に復職予定だったのですが、返済計画はどうなってしまったのか……」(皇室ジャーナリスト)

もはや小室さんサイドは、金銭トラブルの解決を放棄したように思える。殿下からのご要望を“無視”した形のおふたりは、具体的にどのような流れで結婚されるのか。

「紀子さまがお誕生日に眞子さまのご結婚に関するご回答を文書で公表された後、9月中に宮内庁から結婚関連の儀式日程が発表されるそうです。

 殿下の中では、皇族の結婚として一般の結納にあたる“『納采の儀』を行ってから結婚してほしい”というお気持ちがおありのようです。

 しかし、小室家に対する不信感が募っているため、家同士の問題である『納采の儀』を経ての“婚約”を承諾されることに強い抵抗感をお持ちなので、開催を決断されることはないのでは……。

 最終的に眞子さまはいくつかの儀式を経て10月ごろに結婚し、“小室眞子”となった後、パスポートを作成してからNYにいる小室さんの元へ旅立たれるのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんも、結婚前に眞子さまが行われる儀式を次のように予想する。

「眞子内親王殿下が結婚によって皇室を離れる3日ほど前に、宮中三殿に拝礼する『賢所皇霊殿神殿に謁するの儀』と、両陛下に感謝の言葉を伝える『朝見の儀』の2つの儀式が行われることになると思います。この2つの儀式は結婚に伴うものではなく、皇籍離脱に伴うものです。

 小室さんがNY州を生活拠点にし、しばらく帰国しないということは、本人がいないと成り立たない『納采の儀』や、小室家の使者が宮邸を訪れて結婚式の日取りを伝える『告期の儀』などは行われないということでしょう」

女性セブン9月2日号

本当なのでしょうか、にわかには信じられません……。

というのも、「納采の儀は行えない」という殿下の言葉について、その言葉通りに受け止めた人は少なく、大半は「問題がクリアにならないと結婚はさせられない」という意味で受け取ったはずです。

それを、このような形で収めようとされている?
小室圭が帰国しないから、納采の儀はできないと言っても、誰が納得できますか?

仮に事実であれば、本当に狂気の宮家です。

こういった声がありました。

・陛下からの宿題を無視して「皇籍離脱します」と報告にいくわけだ?陛下を都合よく利用しようとし、うまくいかないとなれば無視すると。面の皮が厚いにも程がある。

ヤフーニュースコメント

・小室氏に対する職権濫用ぶりは、
皇室による汚職事件
と言っても過言ではないと思う。
これらに充分な説明がない限り、国民の理解など得られるはずないのに。

ヤフーニュースコメント

未だに解明されていない疑惑が多すぎますからね、納得は到底できません。

しかし、もう疲れてしまっている人が少なくないのも事実。



結婚したいなら、皇籍離脱は必須。一時金など全て放棄。日本国籍放棄。今までかかった金は少しずつでいいから返済。これらを全て誓うなら結婚してもいいと思う。結婚後は日本との関わりを全て絶って二度と日本の地を踏まないでください。

ヤフーニュースコメント

こういった声もありました。

私としては、今秋結婚はないだろう、とだけ、申しておきたいと思います。
皇位継承議論への影響が大きいので、結婚強行は、眞子さまの「皇籍復帰」のチャンスを無くす、最悪手だと、宮家は考えているでしょう。

しかし、こういった、殿下の発言の辻褄合わせのような、国民の信頼を裏切る形で決着をつけようと検討しているのは、間違いないだろうと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。