悠仁さま、鹿児島公務でマーチングバンドの女子高生盗撮であわや警察沙汰の重大事!税金使って示談解決も、生徒、保護者共に激怒


文・もっちゃん

悠仁さまの無表情公務が引き続き話題に

先月7月29日から、秋篠宮殿下と悠仁さまは「高校総合文化祭」ご視察のため鹿児島を訪問されました。悠仁さまにとっては初の地方ご公務同行となりましたが、紀子さまは、直前にコロナウィルスに感染し、ご療養され、鹿児島公務には不参加となっております。

この鹿児島訪問の直前には、週刊誌やネットメディアを中心に悠仁さまの無表情ぶりが話題となったこともあり、この鹿児島公務でも、悠仁さまの表情に注目が集まりました。そうした中で、「週刊新潮」(2023年8月10日号)は、悠仁さまが、心ここにあらずといったご様子で、ボーっとしておられたとして、次のように報じています。

今回の「2023かごしま総文」には、全国からおよそ2万人の高校生が参加したという。宮内庁担当記者によれば、

「『全国高等学校総合文化祭』は、高校生による芸術文化活動の祭典で“文化部のインターハイ”とも称されています。1977年に始まり、開催地は持ち回り。47回目となる今年の鹿児島で全国を一巡しました」

 とのことで、

「この祭典には例年、秋篠宮ご夫妻やお子様方も臨席なさってきました。昨年は東京で催され、ご夫妻とともに悠仁さまがご出席。総合開会式やパレードをご覧になっています」(同)

 現地で取材した記者によれば、

「秋篠宮さまと悠仁さまは29日の昼前に鹿児島空港に到着され、まず総合開会式が開かれる『西原商会アリーナ』へと向かわれました。奉迎する一般市民は20人余りでした。お二方を乗せた車が到着し、最初に秋篠宮さま、続いて悠仁さまが降車されました。居並ぶ大会関係者や奉迎者にお辞儀をなさったのですが、不慣れなせいか悠仁さまのお辞儀は、お顔と体の角度がずれて“くの字”に曲がるような、ぎこちないものでした」

 開会式の後は市内の「かごしま文化ゾーン」でおよそ2千人の高校生によるパレードが行われ、お二方も観覧されている。

「パレードではマーチングバンドなどが約600mを行進しました。西郷隆盛像の前に設えられた観覧席では、秋篠宮さまと悠仁さまのお席の後ろで地元の高校生2人が説明役でサポート、お二方も時折話しかけられていました。秋篠宮さまは終始にこやかでしたが、悠仁さまは緊張もあってか表情の変化がうかがえませんでした。

 悠仁さまはパレードで各校の先頭がご自身の前に差し掛かると拍手をなさるものの、ほどなくやめてしまわれ、ただ静かに行進を見つめておられました」(同)

 それはどこか“心ここにあらず”といったご様子にも見えたのだという。

「週刊新潮」(2023年8月10日号)

こうした悠仁さまの公務での不自然なご様子に関して、ニュースサイトのコメント欄では、「紀子さまからの過度なプレッシャーが悪影響を与えているのではないか?」といった意見が数多く書き込まれています。

ある意味で彼も、娘の結婚相手の出雲超えとか息子の東大猛進計画とか身の丈に合うどころか分を弁えない分家、特にその嫁の際限のない虚栄心の被害者なのかもしれないと思う。嫁の虚栄を抑える法的規制が必要だと考えます。一人の青年の健やかなる成長のためにも父と母を彼から遠ざけた方が良いように思う。彼が本当に望む道を歩ませるべきだと考えます。

親が成功しかないレールを勝手に敷いて、その上を歩んでいることを国民から批判されていることはもう分かっているのだと思う。多感な時期に進学まで公に取りざたされ、ストレスにならないわけがないと思う。このような記事が出るのもある意味親の不徳の致すところで、同情すべきところもある。親は子供を自分の見栄実現の道具にするようなことがあってはならないと思います。

次期天皇陛下については皇室・宮家すべての方々の話し合いによって推薦し、国民に承認の確認をとるようにしてはどうでしょうか?

育った環境も異なり、人によって向き不向きはあります。

ふさわしくもないのに無理を重ねるのは本人にとっても精神的につらいものがあると思います。敬宮様であれば既に天皇陛下になるお覚悟をもっていらっしゃるように見受けられます。

女子高生をイヤらしい目つきで眺められる悠仁さま

このように、悠仁さまの無表情ぶりや、覇気の無さが指摘された鹿児島公務ですが、一方で、「悠仁さまは、時おり微笑まれていた」といった意見や、「マーチングバンドの女子をジロジロとイヤらしい目で眺めていた」といった報告もなされています。

マーチングバンドの女子を厭らしい目つきで特別席から眺めるズル仁さん。

笑顔がー、成長がー、なんて、幼児をほめるような報道をされてますが、これが本性ですよね。

すみません、なんかいけないものを

見てしまった感が強く、そして

怖いです。

悠仁さまの盗撮が大問題に発展

このように、マーチングバンドのパフォーマンスをイヤらしい目つきで眺めておられた悠仁さまですが、つい出来心により、とんでもないトラブルを起こされてしまったようです。

「先月末から今月初めにかけて、鹿児島県に訪れ、全国高等学校総合文化祭の開会式に参加された悠仁さま。多くの競技や催し物を鑑賞された中、とある出来事が後に大問題となりました。



なんと、悠仁さまがマーチングバンドのパフォーマンスを鑑賞中、参加していた女子高生の胸や脚をお手持ちのスマートフォンで盗撮されていたのです。この重大な事実は、紀子さまがスマートフォンのデータフォルダを確認することによって発覚したのでした。

過去の事例として、昨年には、秋篠宮殿下も同様の疑惑が浮上していました。一部ネットメディアの報道によれば、インターハイや総文祭の際、女子高生を盗撮されていたとのこと。この事実が発覚したのも、紀子さまが疑念を抱き、スマートフォンを確認した結果でした。

今回、悠仁さまも総文祭で同じ行動を取られていないかという疑念が湧き、事実上、その疑念が現実となったのです。驚くべきことに、悠仁さまのスマートフォンからは、大量の盗撮映像が見つかったとのこと。紀子さまは当然、悠仁さまにこの事実を問い詰められました。その結果、悠仁さまは泣きながら謝罪し、「つい出来心でやってしまった」と白状されたそうです。

さらに問題は、盗撮された生徒やその保護者にもこの事実が知られることとなりました。最終的には示談という形で金銭的な解決が図られましたが、この事実により、秋篠宮家に対する生徒や保護者からの不信感が急速に高まっている様子が伝えられています。

税金を使っての示談解決にも、多くの国民から批判の声が上がっています。皇族としての役割や責任を果たすことの難しさを改めて感じる出来事となりました」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このような悠仁さまの犯罪まがいの行為についてどう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

33 COMMENTS

静岡バラック出身のキコへ

こういう事実は、マスコミは積極的に報道するべきである!!
虚偽の忖度報道はもうウンザリ・・・・
事実を報道しろ、キコの”犬”に成り下がっているマスコミ連中。

144
1
返信する
落ち着くとこに落ち着いて一件落着

文仁さんに教えられる事は、「それ」しか無いのだから 仕方ありません。

紀子さんにしても、文仁さんがそういうタチと分かっていたから、最初はパンチラ、次はノーパン、最後はいつでもOKで、今の座に着いたのです。

文仁さんは、タイの第一夫人の元に、紀子さんは坊っちゃんを置いて、ジャニーズのツバメと一緒になっては如何でしょうか❗️

坊っちゃんの事はご心配なく。長野の施設でのんびりしていただきましょう。

84
返信する
匿名

これが事実なら、天皇陛下の耳にも届いているはずです。

このままでは、盗撮以上の行為にエスカレートする可能性が高いです!

陛下、国民をお守りください!!

それにしても…A宮家の帝王学とは、お世継ぎを作る方法を教えることでしょうか??

106
5
返信する
匿名

いつも心情を表に出さず、無表情のこの子が、こんな獲物を狙うカメレオンのように変身するなんて!
今にも、ペロッと伸びた舌が口から出て、獲物を飲み込みそう!
やるね、爬虫仁!

107
返信する
匿名

表に出来ないこと、揉み消さなくてはならないことが次から次へと起こり、そのための、解決金という名の口止め料が膨らみ、他に寄付金という名の賄賂も必要で、お金はいくらあっても足りないですね。

公務という名のアルバイトに励むだけでは、全然足りない。
さらに機密費や他用途からの流用など、あらゆるところからお金をかき集めているのでしょう。

国民の血税が、この一家の秘密や不祥事の揉み消し工作に使われていること、このような行状の絶えない者たちが平然と今の地位に居座り、皇位継承者として遇されていることに、本当に我慢がなりません。

114
返信する
匿名

痴漢や盗撮などの性犯罪は麻薬のようなもので、一度嵌まると
まず抜けられないと聞いたことがあります。
ある有名な外交官一族で新聞記者をやっていた男も、何度も検挙さ
れた挙げ句ついに実刑判決となった次第で、知る人ぞ知る話です。

悠仁の昨年時点でのツクフでの綽名は「スケベ陰キャ」でした。
同級生女子を新入生歓迎合宿で痴漢してしまったからです。
その子は可哀想にしばらく休学したとの由。

この性癖は治らないと思っていましたら、昨年の高総文でも
マーチングバンドで同じ盗撮の罪を犯し、今年もやはり我慢しきれ
ずに同じ罪を繰り返したのですね。

なぜ鹿児島県警は悠仁をその場で逮捕しなかったのでしょうか。
厳重な警備を、性犯罪者に対して税金でおこなっていた責任は
県警本部長にとり辞表モノでもあります。

帰れコールを阻止せんとするがあまり、参加した高校生たちの
安全がないがしろにされ、性犯罪者の毒牙にかけられていても
見て見ぬ振りをしたのですから、県民からの治安維持要請を
これほど裏切った警護体制もありません。

こういう甘い処遇が繰り返されると、法的には何の定めのない
「宮家の不逮捕特権」が既成事実化してしまいます。
しっかりした養育掛がいれば、その場で悠仁のスマホをとりあげ
平手打ちするくらいの厳しい教育をしたでしょうが、いまの
悠仁は甘やかされ、どんな性犯罪を犯してもいいと思っている
にちがいありません。

ここまで盗撮癖、歪んだ性癖があると知られた以上、静かに
皇籍離脱を表明し、表舞台から去ることだけが、悠仁に残された
「最後の公務」です。未成年でも記者会見し、謝罪すると同時に
皇籍離脱を宣言し、敬宮さまへの継承を希望すると言明することが
唯一の赦しへの道といえましょう。

112
返信する


広報室

悠仁さまの写真フォルダには父親が過去に撮り溜めた何万枚もの画像がそのままデジタルアーカイブとして譲り受けられていると言われていて、皇室の秘宝として認識されています。
一部その筋からは絶大な人気があり、秘宝館又はアノニマスによる公開が望まれます。

47
1
返信する
匿名

これぞ宮内庁広報室が果たすべきお仕事ですね
国民は早急なる情報開示に期待しています

82
返信する
匿名

この悠仁の盗撮癖は、文仁がやり方を指南した疑いも
去年のケースからあきらかになっていますので
一家連帯責任で、秋篠宮家全員で臣籍降下させるしかありません

悠仁が筑波大附属高に入学直後から、バド部の女子更衣室内に
極めて高級なカメラが盗撮目的で設置され、まっさきに悠仁が
疑われた事件がありましたが、カメラの製造番号から所有者は一瞬
でわかるはずで、そこの捜査を全くしていない時点で、犯人は皇族
の誰かさんだとバレたも同然でした

もう何度目かわからない秋家の破廉恥事件です
痴漢や盗撮をする人間を「さま」づけさせ、国民が税金で養わされ
政府専用機で海外訪問させるなど、これほど国辱ものもありません

ペリソナ・ノン・グラータ指定されて当然であり、日本国政府が
それでも英国やベトナムに送りだそうとするのは、解放同盟への
遠慮があるからに他ありません
純然たる国内問題によって、外交がねじ曲げられているのです

76
1
返信する
匿名

日本会議や統一教会のお仲間は、ズル仁が女体に興味を持ち
盗撮や痴漢している姿をみても、目を細めて「その調子」と
笑う光景がみえるようだ
まさにブリーダー感覚で、「牝が発情しているうちに、牡を
連れてこい」と交尾に期待する姿だ
でも母が賎民では、近寄ってくる牝が皆無なのでこうやって
盗撮しては自家発電するしかないんだけどな

63
返信する
いまに大事件に

ズルヒトの顔写真は不気味な目つき。性犯罪者の顔か。

この一家は犯罪紛い家族であり、もう逮捕すべきです。
これまで秋父親が同じことをしでかしたので真似たか。

不審に思った鬼が発見したのも常習犯証拠で興味深い。

62
返信する


匿名

ここにアップされた悠仁の顔
ハッキリ言って「酷い」の一言に尽きる
整形手術に失敗し、見るも無残の気味悪顔になってしまい
手術前より数倍アグリー(ugly)になった

58
返信する
匿名

私が保護者だったら、
何らかの形で絶体世に広める。

ベネッセは学生に
勉強のお手伝いをしている場所と思っていたが、
没に盗撮のお手伝いもしてるとは!!!

58
返信する
匿名

ベネッセ、来年から秋一族を呼ぶのを辞めて下さい!

去年と今年、どれだけ被害者がいると思っているのですか?

マーチングバンドなどで被害に遭われた女子高生の皆さん、在籍している高校を管轄している警察署に被害届を提出願います。

58
返信する
匿名

「ベネッセ」と「見て子」 
岡山 倉敷 美術館 正田・・・ の繋がりなのか?

これでは秋家の宮務官(ロンドンで大麻身代わり逮捕事件)が
ハプニングバーで公然わいせつで逮捕されても首にもならず
勤務継続している腐敗した宮内庁が仕組んだ「盗撮機会の提供」
が昨年に続き、お足代の一部として黙認されて、高校生の性が
献上品として高総文を舞台に取引されているとしかいえない!

宮内庁内部に出歯亀宮務官がいる以上、その飼い主の変態性癖
もそのまま認められてしまい、発覚しても税金で示談とは本当
に全員と示談できているとも思えない
盗撮されていると訴えた女子高生とだけ示談して、あとは放置
されているのではないか?

39
返信する
匿名

旅行先で痴漢や盗撮に遭った場合、所轄は鹿児島県警なので、調書一つ取るにも鹿児島へ再び旅行しなくてはならず、費用も出ないので、被害を受けた生徒は泣き寝入りするしかなくなるのです。
文仁が目ン玉をヒン剥き、悠仁もイカれたトランス状態の目となって、恍惚と盗撮行為に励んでいるのも、被害者の大半は声を上げられないとよく知っているからだといえます。
出歯亀宮務官が悪知恵を授けるからでしょう。

それでも事件化したのは地元の高校生が被害者だったからなのではないでしょうか?
警察官が後ろに立っていて、親子で盗撮している様子を目撃し、ウェアラブルカメラ(帰れコールの証拠用に装着していた?)に映り込んでいたので、内部告発を警戒し、示談を進めたものと推察します。
これも皇宮警察官ならば握りつぶしたでしょうが、鹿児島県警だとそうはいきませんからね。

42
返信する
匿名

鬼による追求に、ズル仁さまは泣きながら謝罪し、「つい出来心で(盗撮を)やってしまった」と白状されたそうです。

衆人監視の元、白昼堂々と盗撮をやるとは、世の中のルールを全く理解していない、としか思えない。ところで、女子高校生の行進やマーチバンドの様子を動画で記録するのは、準痴漢行為ですか?撮影者が精薄だから、映像には脚だけが写っていた、としたら、大騒ぎし過ぎなんじゃネ?

1
30
返信する


匿名

自分の名前を漢字で書けなくて読売新聞にまで書かれるほど
知能指数が低い悠仁
大文字小文字、ひらかなカタカナの区別も付かない悠仁は
お茶の水時代「電報くん」と呼ばれていた

それなのに盗撮に関しては、一応スマホを使えるようだから
能力は女子高生盗撮だけということらしい

35
1
返信する
匿名

このアップは明らかに別の場面じゃん。誰かの頭がある。誰かと話してるときのぎこちない笑顔らしきものでしょ。ズルがスケベなのは知ってるが、わざわざすぐわかるような別の場面を持って来たりするとアキシンの逆襲に合うよ。文章だけにしとけば良かったのに。

5
1
返信する
匿名

もともと爬虫類にしか見えないキモい顔でも
神の手にかかればイケメンにできるなら、その美容整形医は
大繁盛するだろうなと思っていたけど、この失敗具合では
整形でどうにかなるレベルでさえなかったということだ
大工事しただけ、失敗のしっぺ返しはきつく、取り返しが
つかないことになった

15
返信する
アホーヤ

父から子へ女子高生生足の盗撮はアーヤ父ちゃんが伝授する帝王学なのだ!

6
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です