悠仁さま​​筑波大附属進学にこだわるもう一つの理由 秋篠宮家からの羨望のまなざし


ケリー哀川です。

続けて、悠仁さまの進学問題についてです。何故か筑波大附属高校は、「美智子さまのお父さまの母校だ」とかいう謎のアピールがなされ、美智子さまと筑波大附属の御縁が強調された報道が目立つようになったことを、先日の動画でお伝えしました。秋篠宮家が筑波大附属高校進学にこだわる1番の理由は、やはり「東大進学」を見据えているからというのもお伝えした通りです。筑波大附属高校は進学校であり、人気の高い学校です。一生懸命努力して入試を突破するのが普通なのですが…。

「提携校進学制度」を利用してまで進学することを画策していましたが…。どうやら、それもうまくいかない可能性が高く、今では事の成り行きを見守ることしかできない状態です。どうして秋篠宮家は、悠仁さまの進学先としてここまで筑波大附属高校に拘るのでしょうか?もちろん東大進学を見据えてというのはわかります。しかし、進学校なら他にもたくさんあるはずです。

その答えは筑波大附属と学習院の関係性から見えてくるんです。あまり知られていませんが、両校はとても深い関係を有しているのです。本日はそれについて迫りたいと思います。秋篠宮家がどうしてそこまで筑波大附属高校に進学させたいのか、学習院と筑附の関係を改めて調べますと、皇族が抱く筑附への「羨望」という新たな視点が浮かび上がってきます。

・実は深かった学習院と筑波大附属の関係

先日の動画で、学習院と筑附は、私立と国立の違いがあることから、特権を利用して国立の筑附に進学することで日本が築き上げてきた国立学校の信頼が崩壊する可能性を指摘しました。一方で、両校について「私立・国立」という枠組みを取って考えますと、実は非常に密接な関係があることがわかります。特に、学習院と筑附の間で催される総合定期戦は、旧制高校時代からある歴史的な交流戦で両校の学生にとって在学中のメインイベントの一つであると言って過言ではありません。上皇陛下と御学友である明石元紹氏は自身の著書の中で、この「附属戦」について次のように触れられています。

われわれが「附属戦」と称んでいる年一回開催のスポーツ・イベントがある。早慶戦のように全校挙げての学校同士の総合対抗戦である。旧制高校時代からのもので、相手は東京高等師範学校附属高校(現筑波大学附属高等学校)で、場所も割合に近くにあり学校の性格も似ていた。応援合戦など大騒ぎとなる.

(明石元紹『今上天皇 つくらざる尊厳』p.143)

早慶戦はいい例えですね。要は、在学中のスポーツの祭典なのだと思います。学生の頃はスポーツができると、カッコよく見えたりするものですから、男子学生にとっては張り切る場所となりますし、女子学生にとっても母校の名誉のために応援に熱が入るのでしょう。このように、学習院と筑附は昔からスポーツを通じて交流があったことが分かります。当然ながら、学習院を卒業されてきた皇族は筑附の存在をよく知っているのでしょう。ましてや、筑附は進学校です。学生の頃にスポーツも勉強もできる同世代の学生たちを見れば、強烈な印象が残るでしょう。

・皇族も附属戦に夢中

それは皇族にとっても例外ではなかったはずです。それを裏付けるような証言もあるので紹介します。同じく上皇の学生時代の御学友であられた橋本明氏も自身の著書の中で、「附属戦」について述べられており、この交流戦に対する皇太子時代の上皇の姿勢についても次のように綴られています。



東京教育大附属高校と学習院は定期戦をもって闘う仲である。各部対抗試合の形をとり、相互に附属戦院戦と名付け、いまも存続している。各部対抗の形式を学校対抗に一括し、全学生を巻き込んで数日間の行事にしたらどうか。そのような案が出始めたとき皇太子は陰の推進者になったし、高等科に進学後、馬術部に入部して以来、次期主将の呼び声が高かった。

(橋本明『知られざる天皇明仁』p.89)

やはり、学生時代のスポーツ戦は、熱が入るのでしょう。これらのエピソードは、普通の若者らしい人間味溢れるエピソードです。皇族とはいえ人間ですからね。上皇陛下だけではなく、特にヤンチャだった皇族は、筑附戦に特別な思い出があるようです。例えば、「ヒゲの殿下」として有名であった寛仁親王は、自身の著書の中で次のように語っています。

学習院高等科の生徒は四〇〇人くらいで、東京教育大附属高校(現・筑波大学附屈高校)との定期戦が戦前からの一大イヴェントなのですが、そちらもやはり四〇〇人ぐらい生徒がいる。父兄や先生方を入れると一〇〇〇人を超える人数を、それぞれの学校の実行委員会が協力して仕切るのです。大人はいっさい手を出しません

(寛仁親王『皇族の「公」と「私」』pp.64-66)

寛仁親王は、著書の中で何度もこの交流戦について語っておられます。また、学習院女子高校もこの交流戦に加わるそうで、当然ながら、秋篠宮殿下と紀子さまは、学生時代の頃から「筑波大附属高校」を意識しておられたわけです。殿下からしてみたら、スポーツもできて勉強もできる筑附のイケメンが女子学生の間で騒がれたら「俺より目立ってけしからん」なんて思ったかもしれませんし、“嫉妬の気持ち”があったに違いありません。紀子さまも筑附の男子学生を羨望のまなざしで見ていたに違いありません。殿下と紀子さまが学習院時代に体験した、こうした“筑波大学附属高校像”が、今の悠仁さまへの進学先として固執する理由の一つになっていると考えるのが自然でしょう。

もし、悠仁さまが筑附に進学され、学習院を相手にこの交流戦に出場されたら…。もう地獄絵図ですね。殿下と紀子さまは、忖度の嵐によって学習院を打ち負かす悠仁さまを見て、拍手喝采を送るのでしょうか。

14 COMMENTS

匿名

紀子にとって学校は異性を捕まえる場所でした。
牝が雄を狩るために、よりハイレベルな異性の集う場をなんと学校と心得ていたのです。

一家の出自からみて、凡そ上流社会との接点は皆無だったので、ハイソな学校で男子(皇族)に目を付けられ、とにかく目立つことで、ソーシャルクライマーになるしか紀子には這い上がるチャンスがなかったからでしょう。

これは父辰彦氏も同じ目論見で、紀子を職員の子弟は学費半額で済むことを利用して学習院初等科に編入学させています。後に学習院はこの制度が「穴」になったと気づき、廃止しましたが。

同じ事が悠仁の裏口希望校にも該当します。筑波、農大、渋渋、早稲田、青山等、噂に上る学校はずっと男女共学校ばかりです。
学習院は中等科以上は別学ですから、中高時代に異性を引っかけさせようとの不埒な繁殖行為目的には適しません。

しかし筑波付属の在校生が、紀子のような、異性との出会いの場をもとめて同校への進学を決めている要素は皆無であり、MARCHの付属あたりになれば、大学受験がないことから、お互い気に入るなら結婚もありの思惑もあるでしょうが、筑波に関する限り、全く場違いにしか写りません。

むしろ、筑波でなければ不可能な療育を陰でやらせる目的に、お茶の水も筑波も養護教育が研究テーマであること、本質が進学目的ではない教育実験校であることから悠仁には適しているはず、となって、どんなに違法行為だと非難されても、「名誉も療育も」同時に満たせそうな同校にしつこく紀子は絡みつくのだと思われます。

私立の進学校には、混合教育の発想はなく、養護教員の加配もありませんから、最初から進学は不可能とわかります。麻布、開成、武蔵などが話題にも上らなかったのは、そのためでしょう。

もし悠仁が本当に「成績優秀」なら、どこでも一般受験で合格できるはずだし、そもそも高校受験すら突破できない子に、その上のさらに上澄み層しか合格できない東大進学など、夢のまた夢でしかないからです。

悠仁裏口問題は、今年だけでなく、今後の高校生の受験対策における波乱要因になることが一番の問題です。

秋篠宮家との接点を避けたい親は、筑波にもし悠仁が裏口入学するなら、同校を避けようと思うでしょう。或いは、逆の発想で、今年は敬遠されるからレベルが低くなると考えるかもしれません。
加えて、筑波から逃げ出す優秀な受験生が次に志願する学校が、競争激化する可能性も出てきて、必ずこの裏口入試で泣く受験生がでます。泣くとは、紀子のせいで、番狂わせが起きて、本来合格できるはずの学校に入れず、一生恨むことを意味します。

とにかく悠仁の筑波裏口は、受験生を当惑させ、悲劇を生むだけですから、文科省は紀子の違法行為を許してはなりません。同校の歴史を大きく穢す背信行為でもあります。

80
1
返信する
ズルジンは嫌だ

オブラートに包みながら、療育、つまり知的な又は聴覚等の障害者福教育が目的であることを的確に指摘されていて、同感です。

6
1
返信する
親の欲目

>もし、悠仁さまが筑附に進学され、学習院を相手にこの交流戦に出場されたら…。もう地獄絵図ですね。殿下と紀子さまは、忖度の嵐によって学習院を打ち負かす悠仁さまを見て、拍手喝采を送るのでしょうか。

ちょっと待って下さい。
学業はともかく、坊っちゃんがスポーツで打ち負かすなんて本気で思いますか?

60
返信する
匿名

そうそう。
あの41年ぶり男子は、小学校の運動会での50メートル走だったかな。
「ぶっちぎりのビリ」だったんです。
週刊誌グラビアのキャプにそう付きました。
だいたい似たような運動能力の児童でグループ分けしているはずですから、
あの男子だけが「ぶっちぎりのビリ」ってことは、同世代の子供と比べて
運動能力は(も?)著しく劣っているのでしょう。

54
1
返信する
匿名

それなら、普通は学習院びいきになるものだと思いますがねぇ。やはり母校が一番に思うでしょう。たしかに、筑附は東大に進むような学業優秀な生徒が多く、内部進学が多い学習院とは生徒の性格が違うでしょう。しかし、ただ、それだけの話です。相手校の生徒をリスペクトするのは良いことですし、嫉妬心を感じることはあるのでしょうが、やはり母校が一番、というのが多くの学習院OB・OGの気持ちではないかと思います。
大体、紀子さんなんて、女子高等科のOGで常磐会に入会できる資格もあるのですから、学習院に対する思い入れが低いのが不思議なものですが、やはり、常磐会でも浮いているのでしょうかねぇw
冒頭に出てきた上皇后さんの父、正田英三郎氏は確かに、筑附の前身を卒業されてますが、さすがに裏口入学した訳ではないはず。同じ学校といっても裏口入学では曽祖父も草葉の陰から悲しんでいるでしょう。

51
返信する
匿名

筑波大学附属学校は支援学校もあります。

附属大塚特別支援学校、附属視覚特別支援学校、附属聴覚特別支援学校など。

2007年、秋篠夫妻はこの聴覚特別支援学校を訪問。後日、学校関係者が夫妻の訪問を記念し,悠仁くんのお印高野槙を植樹。夫妻訪問は学校のホームページに詳しく出ています。

筑波は療育の専門家も多いのでしょう。

55
返信する
匿名

例の提携校制度は、筑附ねらいだともっぱらの噂ですが、
正確にはお茶の水女子大学と筑波大学の附属校の提携なので、特別支援学校も含まれるんですよね。

45
返信する
匿名

>附属大塚特別支援学校、附属視覚特別支援学校、附属聴覚特別支援学校など。

このような学校があるので筑波大付属に入れたいなら、裏口入学なんてしないで、堂々と表から入れば良いのに…

もし、障害を隠すためなら、その学校に通っている生徒さんに大変失礼です。
母娘が3人とも手話を勉強されたと言う事はそういう事だったのですね?

人はそれぞれ、様々な病気を抱えています、確か外国の王室の王子様で発達障害の方がいらっしゃいますが公表されています。
紀子さんも隠さずに堂々とされれば、ストレスもなく、穏やかに暮らせるのにと思います。

54
返信する
匿名

そんなことを公表したら、彼は天皇としての欠格事由に抵触して
即位できなくなってしまうでしょ?
心身の著しい障碍。
自分の血を引いた子に即位させるために無理やり作った男子なんですから、
隠して隠して隠し抜きますよ。
父方爺ちゃんは彼の障碍を苦にしてたようだけど(胃を悪くした)、
婆ちゃん母ちゃんは「大丈夫、隠せる隠せる、天皇にしちゃえばこっちのもんよ」
・・・ですね。

49
返信する


匿名

きーが成婚前、一般人のころから通っていた琉球舞踊教室。
そこの一番弟子が茶大関係者。つまりきーとその弟子は成婚前から懇意。
きー親子の茶大入学がかなったのはその弟子の存在が大きいかも?
きー成婚後、教室関係者はきーを通じて、おさら夫婦とも懇意に。
おさらが詠んだ歌に音楽と踊りをつけて横浜能楽堂で
今上陛下即位記念公演を開くが、
その公演会場に今上両陛下はあらわれず、なぜかきー親子があらわれる。
師匠は人間国宝に認定。

返信する
匿名

附属大塚特別支援学校又は附属聴覚特別支援学校が目的なのでしょうね。
でも、それを隠して普通に筑波大学附属に裏口入学なんて、まず手段が不正です。
筑波大学附属に入る学力もないのに裏口入学なんて怪しからんことです。
さらには、鬼子の意識の上では、附属大塚特別支援学校又は附属聴覚特別支援学校は「劣った」人間が行くものだという、強い差別があります。

皇室に繋がる者として許されないことは当然のこと、人間として許される行為ではありません。こんな汚い人間が皇室に繋がっているということはとても我慢が出来ません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です