平成で歪められた「本来の皇室」を、天皇陛下が取り戻したのか 増えた祭祀が示す真実


旬祭に臨まれる天皇陛下

天皇陛下は毎月1日と11日と21日には、皇居御所から宮中三殿に向かわれ、国民の安寧を祈る宮中祭祀の「旬祭」に臨まれました。コロナ禍のなかにあっても天皇陛下は、宮中の祭祀には必ず臨まれています。

旬祭に臨まれるために皇居に向かわれる天皇陛下(2020年9月1日撮影)

コロナウイルスという見えない脅威と戦う日本には、一般の耳に届かなくても、このように国民の安寧と福祉を厳かにお祈りくださる天皇陛下がいてくださることはとてもありがたいことだと思います。旬祭は毎月1日・11日・21日に宮中三殿で執り行われ、天皇陛下は月初めの1日に直衣をお召になり朝8時から拝礼されることになっています。なお現在執り行われている旬祭は、明治5年(1872)に定められたものです。

さて、コロナウイルス禍にさいなむ日本の安寧を祈ってくださった天皇陛下の「旬祭」ですが、これに関して、インターネット上ではあるツイートが話題になっています。

話題の主は、『大正天皇』や『皇后考』などの著作で知られる近現代史が専門の歴史学者・原武史氏。

原武史氏はこう語る

先の5月1日に「旬祭」に臨まれた天皇陛下の報道に関連して、このようなツイートをしたのでした。



いまや国事行為すら十分にできなくなった天皇にとって、唯一完璧にこなしているのが宮中祭祀だ。毎月1日の旬祭に欠かさず出るなど、その回数はすでに平成末期の天皇を上回っている。右派の平川祐弘や渡部昇一が有識者会議に呼ばれて唱えたような理想の天皇に近づいているということだ。

原武史氏ツイート

原氏は「天皇は皇居の奥で祈っているだけで国の象徴なのだ」といういわゆる保守派の主張を引き合いに出して、今上陛下の天皇としての振る舞いを評価しています。

「象徴の役割を能動的に果たそうとした」のが平成の天皇で「祈っていてくださるだけで象徴である」のが令和の天皇ということでしょうか。

原武史氏は「毎月1日の旬祭に欠かさず出るなど、その回数はすでに平成末期の天皇を上回っている」と述べます。これだけ読むと、「平成の天皇より今上天皇陛下のほうが宮中祭祀に熱心だ」という印象を受けますし、実際にインターネット上には

「平成の天皇は天皇の本来の役割である宮中祭祀を行わず”公務”と称して外へ出てばかりで、今の陛下が本来の皇室の姿に戻した」

という意見が散見されます。

確かに、平成と令和の皇室を比べると、特に”皇后”の役割が変容しているのは事実です。平成の皇后(美智子さま)が「まるで舞台女優然とした」や「劇場型」などと形容される一方、雅子さまは、もちろんご病気の影響もありますが、一歩引いて安らかにオクに下がり、能動的に振る舞わない印象を受けます。

しかし、天皇陛下の宮中祭祀への取り組みはどうでしょうか。原武史氏の言葉の通り、「平成の天皇より今上天皇陛下のほうが宮中祭祀に熱心」というのは本当なのでしょうか?



検証してみました。

今上陛下は平成よりも、宮中祭祀に熱心なのか?

宮内庁ホームページを確認しますと、

確かに上皇陛下は、平成30年は年に2回(5月と10月)しか旬祭に出ておらず、今年は毎月出席されている今上陛下と比べると、平成末期は明らかに回数は少ないことが分かりました。

では、「平成の天皇陛下は今上陛下に比べ、宮中祭祀を怠っていた」のか…

平成初年度から見ていきますと、決してそうではないことが分かりました。

上皇陛下は昭和天皇の喪が明けた平成2年から本格的に宮中祭祀に臨まれましたが、平成2年は11回、平成3年も11回と、毎月のペースで「旬祭」に出たことが分かっています(1月は「四方拝の儀」と「歳旦祭の儀」があるため、毎月皆勤で年11回)。

  • 平成2年:11回
  • 平成5年:10回
  • 平成10年:9回
  • 平成15年:6回(1月に前立腺がん摘出手術、2月退院。6月まで一切の宮中祭祀を欠席)
  • 平成20年:10回

上記のように、平成2年から5年刻みで20年まで見ていきますと、平成15年以外は平成20年までずっと年間約10回のペースで「旬祭」に皆勤されたことが分かっています。ちなみに平成15年の前立腺がん手術の折、手術後から6月までの天皇の行う宮中祭祀は掌典長が代拝しました(天皇欠席の間も美智子さまは皇后が拝礼する祭祀に出席し続けました)。

[ad1]



「旬祭皆勤」は平成21年に途切れた…

この「旬祭皆勤」が変わるのが、平成21年です。平成21年以降は5月と10月の年2回に減り、この年2回ペースが平成30年まで続きました。

では、なぜ平成21年に宮中祭祀の回数が減ったのか、それは高齢による負担軽減でした。当時の宮内庁の公表事項にこのような報道発表が残っています。

天皇皇后両陛下のご健康問題については,(中略)明年一月平成の御代が二十年を超えることを一つの節目として,両陛下の御負担を軽減する観点から,祭祀の態様について所用の調整を行うべく目下検討を進めております。昭和の時代には,昭和45年,昭和天皇が69歳になられた頃から,御代拝によりいくつかの祭祀を執り行われることとなる等の調整がなされました。(中略)

天皇皇后両陛下は,これまですべての祭祀を執り行ってきておられますが,本年12月には天皇陛下は75歳になられ,また,10月には皇后陛下は74歳になられますので,いろいろと調整の態様を検討することになると思います。

                            平成20年3月24日:宮内庁次長・皇室医務主管

宮中三殿祭祀と両陛下のご健康問題(宮内庁ホームページ)

こうしたことを考えると、「平成の天皇陛下は今上陛下に比べ、宮中祭祀を怠っていた」ということは成り立たず、むしろ、正確には、

今上陛下は即位直後の平成の天皇陛下と同様のペースで宮中祭祀に熱心に臨まれている

ということが事実となるでしょう。事実、昭和天皇の晩年も同様の処置がとられていたようです(『皇室事典(令和版)』角川書店、2019)。

天皇の仕事は、まずは宮中祭祀

鎌倉時代に、第84代順徳天皇自身の手により成立した「禁秘抄」にはこう書かれていると言います。

「およそ禁中の作法は神事を先にし他事を後にす」

つまり、全ての宮中の仕事は神事が第一で、その他の事は二の次三の次ということになりますね。そういえば、上皇陛下が退位を決意されたのも、一つに宮中祭祀が満足にできなくなるからだったことを思い出します。

目立たなくとも、国民の安寧を常に祈ってくださる

今も昔も、そんな存在がいてくださることに感謝したいと思います。

34 COMMENTS

匿名

産経新聞1月20日 朝刊
秋篠宮さま、広島ご訪問

原爆慰霊碑にご供花
秋篠宮さまは、19日、総裁を務める日本動物園水族館協会の動物園技術者研究会に臨席するため広島に入られた。
 19日午後0時10分頃広島市の平和記念公園に到着した秋篠宮さまは、〜続

平和関連がメインイベントではないような書き出しですね。産経新聞の言うとおりで、平和記念公園訪問でカモフラージュして動物園協会、だと思いました。
当日は、協会の幹部にでも、カピ食べしたけど引き続き総裁に置いてくださいって頼みに行ったのかな。

154
返信する
匿名

天皇というお立場は公務以外に見えていない部分(宮中祭祀)も多々あり、帝王学を学ばれていなA宮さんご本人やその息子さんには無理だと思いました。
湯水のように税金を使うような方々が宮中祭祀なんてするわけない。“出来るわけない)職員に代理でやらせるでしょう。

そのお覚悟はありますか?

173
返信する
匿名

ないない!
秋篠宮の子供の頃からの行状を見てきた中高年の国民の皆様は「彼には無理」と知っている。

さらに、末子については若い国民も含めて全国民が、、、

174
返信する
匿名

残念ながら帝王学をキチンと身に着けた天皇は令和で終了ですね。
皇位が秋篠宮家に移った時点で、俗物が天皇になります。

73
1
返信する
匿名

天皇陛下の御代が長く続きますようお祈りいたします。

コーシ家に皇位が移らぬように願います。

183
返信する
とおかみえみため

今回も、タイトルの下に「もっちゃん」がありません。どなたの記事でしょうか??

毎日新聞の皇室予定に「天皇陛下の元日、長い一日」、早朝より宮中祭祀に臨まれる陛下のお姿が書かれていました。
冬の寒い日も、正月でも、毎日欠かさず、日本の平和・国民の安寧のためにお祈りくださっている陛下。

平成の天皇は、そういった宮中祭祀は皇太子(今上陛下)に丸投げして、日本や諸外国に顔見世興行をしていた…と記憶しています。

昨年、エリザベス女王国葬に参列された両陛下。その間の陛下の代理として文仁さんが机に向かって書類を捲ったり押印したりする写真を添えたヤフーニュースが出たけど、何かポーズだけの「天皇ごっこボクチャン」って感じでした。
その時も、しっかり両手の指の指輪が写ってたけどね。心は何処に❓️

139
返信する
匿名

タケロウ?「愚民どもに教えてやる」という上から目線がタケロウっぽい。ドヤ顔して読者を押さえつける感じ。
もっちゃんは、本人は一応「困りましたね~」というポーズを取ってるけど、容赦なく読者を煽る感じw

66
返信する
ズル大好き、詐欺師のの宮家

秋篠宮は宮中祭祀のことを考える前に、豪邸の片隅にでも、カピ塚でも作って毎日供養してください。

117
1
返信する


国民の常識

平成で歪められた「本来の皇室」の姿に戻しましょう。
余分なご公務の整理、偽物の排除、皇室典範の改正も。
正しい秩序のある皇室の姿に戻せば皇室は永遠に安泰。
その実現に向けて、令和の時代が末永く続きますよう。

131
返信する
一般人の感覚

>およそ禁中の作法は神事を先にし他事を後にす

これは秋篠宮家に皇位が移ったら真っ先に蔑ろにされるでしょうね。

娘の結婚だって皇室の儀式を無視して強行しましたからね。『私より公を優先』と言っておきながら、やる事は私優先!

それに秋篠宮殿下以上に、果して悠仁さまに宮中祭祀が務まりますか?宮中祭祀は宿題の様に宮内庁職員にやらせるわけにはいかないんですよ!!

悠仁さまは帝王学を無視して『東大!東大!』と的外れな教育を強要しているので、宮中祭祀など『面倒くさい』と言ってやらなくなるかもしれませんね。

114
返信する
匿名

平成のボンクラは明らかに宮中祭祀を怠っていましたね。
というか蔑ろにしていたような気がします。
遊び惚けるボンクラは「祈りはどこででもできる」とほざいて、ミテコの後を金魚のフンみたいにくっついて回っていました。
神道の祈りは身を清め、身なりを整えて神前に向かわなくてはいけないし、式次第もとても大切なんです。(祈りに向かうまでの工程も重要だということ)
そりゃあ、己の事を祈るならどこででもできますよ。
しかし、天下国家と国民の事を慎んで神様にお祈りするには、まずは形が大切なんですよ、ボンクラチャブさん。
天皇は神道の神主のトップだってこと、理解していなかったのしょうか?
早く消えてください。

84
1
返信する
匿名

これはタケロウの記事ですか?
最近もタケロウと思われる記事が上がって、コメントで色々言われたからか、今回は今までと書き方が違いますね。
でも、くだらないことを検証するあたり、タケロウの記事なんだろうなと思います。

もしよかったら、アキ篠宮さん、ヒサくんがテンノーになったら、このようなおつとめができるのか、検証してくれませんか?笑

75
返信する
野萩

「回数をこなす」ことが「熱心に取り組む」とイコールなのかは解りませんが…仮にそれがイコールだとしたら、やはり平成老人は熱心とは思えません。

「健康問題もあるし、高齢で負担になるから祭祀を軽減」。尤もらしく聞こえますが、健康問題を抱えた高齢者の割に、ゴコームゴコーム言って、国内外問わずあちこちウロウロしていましたよね? 
確かに祭祀や、普段着ない装束は負担になるかもしれませんが、遠出するより余程負担は少ないと思いますよ。

天皇の本来の役割は国事行為と祭祀です。体力的に障りがあるのなら、それらを優先するためにお出ましは控える。これが「祭祀に熱心な天皇」の姿の筈です。

77
返信する
匿名

「国事行為すら十分にできなくなった」って何のこと?
天皇の国事行為については、憲法にある。

第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二 国会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行ふこと。

このうちどれができなかったって?
陛下がさぼってると言いたげな悪意のある書き方だけど、2020年って、コロナでできなくなったんじゃないの?

アキシンは事実や法の話になると負けるから、印象操作で勝負するしかないんだよね。

71
返信する
匿名

鯰は嫁と交通安全なんちゃらにも出ていますね。
後ろから運転手さんの席を蹴ったり罵倒したりする輩がこんなのに出るってどういう事?
交通安全なんて考えた事あるの?

カピ食べた輩は辞任して下さい。

79
返信する
匿名

誰か「後ろの席から運転手を蹴ると危ないですよ」と、オーディエンスの前でキーコに教えてあげてほしい。

38
返信する


匿名

虐めとパワハラ大国日本の象徴ミチコの宮中祭祀なんか有り難くないので、AIで代用で良いと思う。祭祀よりも先ずは会計監査を!DNA監査を!

朝日新聞の記事の中に
年間数百件の公務をこなす人がいる一方、10日間の日程で公務の記載が一人もいない人もいる』との記述があるのを見た鬼子は『この数百件こなすってウチのことよね! 10日に一件もないって、ヤダ笑っちゃう! あちらのことじゃない?』『祭祀はお嫌いなんだから、仕方ないじゃない~』と、大興奮していたとのこと。

なんちゃってお出かけ公務なとしなくて良いので先ずは会計監査、DNA検査を!

67
返信する
匿名

上皇が国内、国外に行かれて留守中は皇太子時代,今上陛下が祭祀の代行をされていたと記事で読んだ記憶が有ります。
上皇は皇太子、天皇時代皇居を留守にすることが多かったので、記事には納得している自分が居ました。

57
返信する
匿名

となると今上天皇が国外にご訪問された場合はどうするのでしょうか?秋篠宮殿下が祭祀を代行するのでしょうか?

大地震でも起きるかな?

42
返信する
カピバラ天皇、いらない❗️

宮内庁は、見えている部分でも秋篠家に偏重して、庇護しています。

去年の今頃、秋篠家の長男が「紀子の作った提携校進学制度を使って筑附に」というニュースが出て、非難ヤフコメが炎上しました。

その時、西村長官・加地大夫は「そんなことは無い。将来の天皇の悠仁サマをそっと見守れ‼️」とか宣って、報道規制を激しくしました。

でも、事実でしたよね。( ;`Д´)

宮中祭祀はマスコミが入れない。
見えるとこでさえ、過剰な庇護や隠蔽で秋篠家を庇う宮内庁、そりゃ必死で「ご立派な秋篠さん」「素晴らしい皇位継承者」を演出するに決まっています。

60
返信する
匿名

あの皇族のフリをしている人達が、全員、一般人にもなかなかいない程の出来損ないのクズ一家であることは、みんな知っている。
西村も加地も日本人としての自覚や誇りはないのか?
平成のボンクラ親父が天皇になってはいけなかったくらい、こいつらは宮内庁の要職についてはいけなかった。
宮内庁には日本人が少ないのでは?

58
返信する
匿名

もしかしたら
ソンタク西村しも加地しもあちらさんの方ではないよね?
純粋な日本人と信じたいが。

35
怒りの声

ナマズの一味は皇室から出て行くべきである。
鬼子の関係者や弟夫婦まで皇室に入り浸りか。

皇室を私物化し国際問題まで起こす偽宮一族。

偽物を皇室に入れた皿婆の責任は重いのです。
戦後ミテコが入り込み平成で皇室は腐敗した。

令和こそ皇室を再建する時代だと期待します。

60
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です