雅子さまを笑顔にした愛子さま“4歳のお手紙” 天皇ご一家の深い絆に感動の嵐


華やかな外交デビューを果たした新皇后雅子さま

令和時代の新皇后となった雅子さま——。平成の時代には適応障害に苦しまれ、一時は皇后としての務めを果たせないとまでメディアは騒ぎ立てた。本来ならばこういったメディアスクラムを知識人が牽制すべきところにも拘らず、西尾幹二(電気通信大学名誉教授)や山折哲雄(国際日本文化研究センター名誉教授)といった“有識者”たちが「雅子さまは責任を取って離婚すべき」「皇太子殿下(当時)は秋篠宮殿下に皇位を譲り京都に引退すべき」などと悪乗りしていた(WiLL 2008年5月号、新潮45 2013年3月号)。

だが心配ご無用。令和と御代替わりするや、雅子さまは溢れんばかりの笑顔を湛えながら見事復活された。令和3年の新年には、皇室として初めて天皇皇后両陛下のビデオメッセージ公開があったが、こういった新しい取り組みは国民からの大きな歓迎を受けている。元旦には、両陛下のビデオメッセージについての報道にたくさんの奉祝コメントが挙がった。

皇后となられてからご快復めざましい雅子さまだが、特に、世間やメディアの注目を集めたのは、令和元年5月に国賓として招かれたトランプ大統領夫妻との会見である。洗礼された所作と流暢な英語でコミュニケーションを取られるお姿は国内外のメディアから絶賛を浴びた。その後に続いた、G20の日程に合わせて来日された各国要人との会見でも、優れた語学力と素晴らしいおもてなしの所作が絶賛されることとなった。

令和の新時代に皇后陛下として華やかな外交デビューをされた雅子さまであるが、このような皇室外交を担っていくことは、雅子さまが皇室入りされて以来の念願でもあったのだ。

強く望んだ皇室外交

雅子さまが皇太子(現天皇陛下)のお妃候補として浮上したのは1988年。ハーバード大学を卒業し、東大にも入学した雅子さまは、86年に雇用機会均等法が施行された翌年、「均等法世代」の初の女性外交官として外務省に入省された。

ある皇室記者は、当時の様子を振り返りながら次のように語る。



「輝かしい経歴を経て外交官となられた雅子さまの才色兼備ぶりは世間からの注目を集め、まさにキャリアウーマンの象徴ともいえる存在でした。

男女が性別の差別なく活躍できる社会という希望を胸に社会に出た均等法第一世代の女性の多くは、大きな変化もなく、いまだ閉鎖的であった男性社会の現実に失望する者も少なくありませんでした。

しかし、そのようななかなか変わらない社会のなかで、光り輝く雅子さまの存在は、多くの女性にとっての希望となっていました」(皇室記者)

そんな雅子さまが外務省を辞め、皇室入りされたさいには大きな驚きが起こったようだ。

「まさに天職ともいえる外務省の仕事を雅子さまは“一生の仕事”と捉えていたようです。

そんな雅子さまですから、皇室入りされた際にも、ご自身のキャリアや能力を皇室でも生かしたいと強く願っており、特に皇室外交へかける想いは並々ならぬものがありました」(前出の皇室記者)

しかし、その後に雅子さまを待ち受けていた運命はまさに過酷な現実であった。

公務よりもお世継ぎを

皇室入りされてからの雅子さまは、外交の機会は中々与えられずとも、それでも自分自身の能力を可能な限り生かそうと真剣に思い悩んでいたようだ。



しかし、そんな雅子さまに、期待されたのは「公務」ではなく「お世継ぎ」であった。お子様に恵まれなかった当時の皇太子ご夫妻であったが、東宮職も公務軽減がお子さま誕生に繋がると信じ、公務を制限していった。

先の皇室記者はまた当時の様子を次のようにも語った。

「雅子さまのような非常に優れた能力をお持ちの女性を、自立した一個の人格としてではなく、皇太子さまの付属物ででもあるかのごとく、お世継ぎの役割ばかりを期待する日本の皇室やマスコミ報道のあり方は欧米のメディアからは非常に奇妙に映ったようです。

ある海外の新聞などは、公務を制限し、皇室内でお世継ぎの期待ばかりをかけられる様子を皮肉り、「マサコは篭の鳥」というタイトルで報道するものまでありました

愛子さまへ注がれた愛情

不妊治療と流産を乗り越え、2001年12月に愛子さまが誕生されたが、その後も困難の連続であった。

2003年6月には、当時の宮内庁長官が定例会見で『やはりもう一人は欲しい』『多くの国民もそう考えているのではないか』と発言。

「ご出産後の初会見で、涙を浮かべられながら“生まれてきてくれて有難うという気持ちになって”と語られていた雅子さまにとって、愛子さまの存在までも否定するかのような宮内庁長官の発言には深く傷つかれたことでしょう」(前出の皇室記者)

この時、雅子さまは、たとえ望まれない性別であったとしても、愛子さまへ何倍もの愛情を注いで育てられることを決意したという。



仲睦まじく談笑される雅子さまと愛子さま

4歳だった愛子さまが雅子さまへ送られた手紙

その後、2004年には、雅子さまは医師から適応障害と診断される。

適応障害との診断が下される以前から、体調の異変を訴えていた雅子さまであったが、当時、精神病に関する理解の乏しかったために、マスコミはおろか宮内庁の医師さえも、「わがまま」「仮病」とみなすことがあったようだ。

病の苦しみに加え、メディアや国民からの心無い批判、周囲の無理解と、様々な要因が重なりその全てが雅子さまを深く傷つけたことは想像に難くない。

しかし、そんな雅子さまにも癒される瞬間はあった。

天皇家のご一家についても良く知る、ある宮内庁職員は適応障害の診断がなされた翌年の2005年にあったエピソードについて語ってくれた。

「これは、愛子さまが4歳の時のエピソードなのですが、当時“お手紙ごっこ”という遊びをおこなっていた愛子さまが病気に苦しむ雅子さまへ送られた手紙にこんな一言が書かれていたのです」(宮内庁職員)

“ママへ きょうは、なにがたのしかったですか”

文章には花に止まった涙を流すミツバチの絵が添えられていたという。

「2005年は皇太子ご一家、特に雅子さまに対するバッシングが加速した時期でありおそらく雅子さまが一番体調が悪い時だったのでしょう。楽しかったはずがありません。

それでも、苦しそうな雅子さまへ『ママ、たった一つだけでも今日は楽しいことはありましたか?』と幼かった愛子さまは、そのように気遣われたのです」(前出の宮内庁職員)

当時、苦しい想いをしていたのは実は雅子さまだけではない。当時の宮内庁は、雅子さまの希望に反して、泊りがけの公務を増やしていった。

最も愛情を必要としていた時期に愛子さまは、母親から引き離されて育ったことになる。母親と一緒にいて甘えたかった時期に、泊りがけの公務により引き離され、なおかつ、病に苦しむ雅子さまの姿を間近でみていた愛子さまの悲しみは想像して余りある。

「そんな中、大変深い悲しみや寂しさを感じていたであろう愛子さまは、ご自身の辛さを訴えるどころか、母親である雅子さまを気遣われたのです。手紙を受け取った雅子さまは笑顔を取り戻され、愛子さまをそっと抱き寄せました。その時に、誰よりも愛子さまへ愛情を注いで育てていこうと、あらためて決意したのかもしれません」(前出の皇室記者)

天皇皇后両陛下の結婚の際に、陛下は「僕が一生全力でお守りします」と雅子さまへプロポーズの言葉を送り、まさにその言葉通り、様々な困難から全力で雅子さまを守り抜いてきた。

そして、陛下に守られてきた雅子さまもまた、愛子さまに大変な愛情を注ぎ、全力で守り抜いてきたのかもしれない。現在の天皇皇后両陛下と雅子さまの輝くような笑顔も、この一家三人の間の愛情がなければ決して見ることは叶わなかっただろう。

54 COMMENTS

匿名

やはり皇位を継ぐべきは敬宮様なのではないか?

単に「男」というだけでは無理なものは無理なのである。

198
返信する
匿名

でも『男でなければダメ!』という石頭の老害が、今の有識者を牛耳っているので厄介です。

146
返信する
匿名

しかも平成四人組にパラサイトしていたら、自分や子供だけでなく孫までもが甘い汁をたんと吸えるし、ということでしょう。

126
返信する
匿名

そうです!『イエスマン』にさえ徹底していれば、甘い汁を吸い放題!!反発して逆恨みを買うだけ損です。
結局、皇室のためでなく己の損得勘定だけなのです。

108
1
返信する
匿名

男だけの理由ではなさそうな?秋篠宮に皇統を移した方がさらに周りの輩には都合のよいことがあるからでは?

18
返信する
匿名

四歳にして人の心理を鋭く見抜く才能には舌を巻く。
それも暖かい言葉と共に、相手との心を大切にして。
もう素晴らしいの一言しかありません、愛子さま!

日本人が一番大好きな、若くても配慮と心遣いのできるお方で、皇太子に今すぐおなりになって、日本だけでなく世界を牽引していって頂きたいです。

これに比べて、安西文仁一家の貧相で、性悪なこと。
まるで愛子さまが正義なら、ズルヒトは不正義でしかない、対照的関係です。やはり母が駅南のバラック出生という出自では人間的にも欠陥がありますね。

146
返信する
匿名

ズルヒトのやることなすこと全部恥ずべき内容ばかり。

野辺山青果店で母親と一緒の高級ぶどう万引事件から違法行為歴が始まり、その後は裏口入園、裏口内進、裏口入試、盗作作文で不正受賞、女子凝視、女子更衣室を高級カメラで盗撮騒ぎ、同級生女子への学校行事中の痴漢事件、ブータン、ベルギー両国王女に対する痴漢と続きます。
窃盗、偽計業務妨害、著作権法違反、迷惑防止条例違反、強制わいせつとエスカレートしてきてもいます。

とどまるところを知らない違法行為のオンパレードぶりに関しては、知障カミングアウトなしには、誰も理解も許しもしないでしょう。痴漢行為を受けて「やんちゃでたくましくなった」とは誰も評価しませんから。
16歳なら少年院で根性叩き直してもらってこい、としか言われません。

66
返信する
一般人の感覚

西尾氏にせよ山折氏にせよ所謂『有識者』という類いはガチの男系男子派!!

皇位継承に関する有識者会議も、こういう偏った考えで構成されて男系男子有りきで行われているのでしょう。

しかも悠仁さまが誕生された事で皇統が確保されてしまい、急ぎ問題解決をする必要が無くなってしまった。

もっと砕いた言い方をすれば『自分たち(有識者メンバー)が生きている間は悠仁さまで安泰、後の事はその時の有識者メンバーと政府が決めろ!』という正に棚上げです。

なので、今の有識者会議も政府も『取り敢えず議論している』というポーズだけで、何も決める気なんて無いです。

今の日本で迅速に決定するのは『増税』だけです。

119
返信する
匿名

こういう素晴らしいエピソードが、天皇家にはたくさんありますね。お出ましが少なくても、ご家族の絆が強いことが伝わり、ほっこりします。
秋家のみなさんは、すべてがワガママ自己中嘘上辺だけ‥‥言葉では言い尽くせないほどの悪行ばかり。
平成の時代に雅子さまを下げまくった報道も、令和になり絶賛の嵐。これが国民からの答えではないですか?キコ、お皿さん、いいかげん諦めましょうよ。ボンクラにテンノーは無理です。盆にも無理です。

144
返信する
匿名

そうですね!チョットした人間味溢れるエピソードで国民には十分伝わるのです。

勘違いしたアピールは秋篠宮家の様に墓穴を掘るだけ!

104
返信する
匿名

愛子様は天皇に相応しいですね。
様々な苦労や悲しみさえも、愛子様が天皇になるために神が与えた試練だったのだと思います。
醜い人間とそうでない人間を見分ける力、苦しい時にどんなふうに自分を高めるかなどすでに愛子様はご存知のように見えます。
これからますます美しくなる愛子様から目が離せませんね!

65
返信する
匿名

紀子の生まれた静岡市内の街とは、日本一在日朝鮮人の住民比率が高い街だそうな。
だから、週三回も朝鮮料理が夕食に所望され、食材も本場直輸入のものと指定されている。
朝鮮人の癖でもある、舌打ちを紀子も止められない。
どんなに下品だからおやめ下さいといわれてもだ。

110
返信する
匿名

所謂『朝鮮部落』出身という事ですね。

朝鮮部落から皇室となればキコでなくても勘違いしますな!

91
返信する
匿名

篠原さんのYouTubeによれば、
料理人の方の休憩場所にはパイプ椅子しかなくて机もなくて寒くてひどい扱いだったそうですね。

膝の上にお昼ご飯をちょこんと乗せて、キーコさんの叫び声がいつくるかヒヤヒヤしながらの休憩だったそう。

これ、平成の東宮御所だと全然違ったんですよね。(今の天皇陛下)陛下は毎週金曜日をカレーの日にして、調理や洗い物が楽になるように配慮、節約も兼ねていたそうですね。
雅子様が食器洗いを手伝ってくれていたという週刊誌記事も読んだことがありますし…全然違いますね。

69
返信する
匿名

恐らく雅子さまは外務省職員時代などは上司へのお茶くみもやっていたと思います。

だから皇室に入っても食器洗いなど自然と手伝えたんでしょうね。才色兼備で気配りも出来る!正に完璧!!

一方『皿洗いなんて下々のする事』と言って家事をバカにして一切やらないキコ!

勿論、母親(キコ)が家事をやらないという事は娘たちも同じ!結婚したマコなんて何も出来ないでしょうね。

62
1
返信する


匿名

>しかし、そんな雅子さまに、期待されたのは「公務」ではなく「お世継ぎ」であった。

実際は、雅子さまは妊娠を妨害されていた。

「雅子妃の超多忙ー流産となった年の公務状況からうかがえることー」で検索してみてください。
//
「雅子さまはお疲れがたまると微熱がしばらく続くことがある。しかしお立場上、予定されているご公務を休むこともできず、無理なさることも多い」
「これはご結婚以来のことですが、雅子さまのご公務のスケジュールはどう考えても強行過ぎました。実際、雅子さまはそのために体調を崩されることも少なくなかったんです。」
「さすがに宮内庁内部からも、雅子様のご公務を少し減らすべきとの意見も出ていた」
            (「女性セブン別冊御成婚5周年記念」1998年6月刊より)

そもそも1993年6月の御成婚から同年11月までのわずか5ヶ月間に、10回もの地方行啓が予め立て続けに組まれていました。(同上)
天皇と皇太子の「行幸」、「行啓」は、大名行列さながらの重装備で身体的負担も大きく、身軽な宮家の皇族の「地方へのお出かけ」とは事情が全く異なります。
また、ご静養どころか、疲れに行っているとしか思えないようなごく数日の「御用邸滞在」が頻繁にあり(マスコミ同行の登山もあり、すでに公務となっている)、とにかく結婚当初から移動の連続であった。
すでに上記の1999年当時、東大病院の堤医師がついており、これでも多少は軽減されていたのかもしれないが、しかし、誰がどう見ても、子供を持つことを優先的に考えた日程とは思えません。
(上記の表を見て、「こんな状況で、本当に不妊治療なんてなさってたのかしら!?」と言う人も私の周囲にいました。)
//

そのくせ海外には行かせなかった平成の天皇夫妻。

131
返信する
匿名

『未来の皇后』=『男児を産む道具』という認識が時代遅れ過ぎなのです。

そんな感覚を持ち合わせている皇室に誰が嫁ぎますか?ましてや、あのヒサのお妃になりますか?

98
返信する
野萩

女を子づくりマシーン扱いし、女が生まれたら「次はオトコ生んでね」とその存在を否定する。こんな皇室を、本当に世界が尊んでいると思っているのでしょうか。
今皇室が世界から認められているのは、世界との絆を繋ぐ両陛下や、久子妃殿下のような真の皇族の存在があってこそです。
平成夫婦は押しかけ訪問ばかりで招待など受けていませんし、ぜひウチに来て!と誘っても来ませんでした。次期天皇家と持て囃される某家は出禁疑惑です。
愚かなユウシキシャに乗せられた平成夫婦が本当に某家に皇位を移していたら、次男の即位礼正殿の儀に訪れた海外の賓客の数・質は相当下がっていたでしょう。英国女王からの招待など、間違っても来なかったでしょう。

天皇は国民統合の象徴なのだから、そこに性別は関係ありません。国民は男子だけですか? 生まれてきた命を歓迎し慈しむ、天皇家だけがそれを許されず「オンナなんて穀潰しを生むな! 必要なのはオトコなんだよ!」と責められるのは明らかにおかしいです。
更にそこに「オトコほしいから産み分けするよ。若い卵子がいいから今のうちに凍結しといてね」なんて倫理に反することまで持ち込んでは、もう敬愛の念など起きません。

次期天皇は敬宮殿下に。国民の大多数が望む自然な結果を、早々に実現してほしいです。

121
返信する
匿名

そうですね!世界は『ジェンダー』と言っているのに、日本だけは今だに『男系男子』です!

これは伝統ではなく只の時代錯誤です!

102
返信する
匿名

確か鹿子はジェンダーが何たらかんたら言っていなかった?
世界中に、男系男子でつなぐために産み分けをしました、と広まれば軽蔑されるでしょうね。
秘密が広まれば日本の恥をさらすことになると考えるより、偽皇族と国賊婆さんを皇室から排除したほうが国の為になると思う。

93
返信する
匿名

皿婆さんの場違いなトンチンカン衣装のため、出かけて行った先々で恥をさらしてまわり、詐欺の宮家の面々は英語も喋れずマナーも知らずで世界中の笑い者になってきた。
当時の皇太子ご夫妻へのご招待やご公務を、ことごとく阻止して自分や詐欺の宮家に振り分けた結果、国益を著しく損なわせた罪は重い。
これは971庁も同罪。
まずは971庁の解体を願う。

112
返信する
匿名

本音と建前を使い分けるあざとさ!

思っていない事を口にしても良識のある人にはバレバレです。

69
返信する
野萩

ユウシキシャは「男女平等という時代の潮流と皇位継承を同一に語るのはおかしい」と言います。
ならば、「男尊女卑という当時の潮流に乗せられ、継承に男系男子という制約をつけた現典範がそもそもおかしい」となります。
女性天皇はいました。女系継承もありました。女性天皇が単なる中継ぎならば、男性天皇でも行えない方がいた大嘗祭を行った女性天皇は何なのでしょう? 男性天皇は中継ぎ以下ですか?

皇位継承を男系男子に縛ることで跡目争いを防ぐ〜のような謎理論を唱える人もいますが、実際今が正に跡目争いの様相を呈していますね。
皇位継承は直系長子に。それが最も自然で正しい在り方です。

104
返信する
匿名

男女平等と皇位継承を別に考えるなら天皇は国民の『象徴』にはなりません!

有識者は、その点が分かっていない!

77
返信する
匿名

このような素晴らしいエピソードの一つ一つがかけがえのないプライスレスな宝物です。

少子化が問題視される昨今ですが、上級国民の奴隷として搾取される人生をわが子に送らせたくない気持ちが生みたくない気持ちに繋がっているのです。
金くれ公務をひたすらこなす秋篠宮家の醜い姿は、子供たちが与えてくれる素晴らしい時間を国民から奪っているとも言えるでしよう。

81
返信する
匿名

今年の新成人(18歳)は約112万人と過去最小!

昨年の新生児も80万人を割り、こちらも過去最小!

たった18年間で子供の数が32万人以上も減っています。このままのペースなら更に18年後の新生児は50万人割れかな?

少子化問題も手遅れが浮き彫りにならないと政府は動かない!異次元の少子化対策とバカの1つ覚えのように『異次元』というキーワードを使って何かをやっているアピールだけには余念がない。

子供手当と言って金だけバラ撒く今の政府の少子化対策は『焼け石に水』です!

なぜなら、少子化問題は子供の数だけでなく既に親になる子育て世代の数も減っているのです。そこへ出生率は1.3(20年)です。一家族で子供1人なら単純計算で人口は半減してしまいます。

日本の人口は団塊世代(第一次ベビーブーム)が結婚出産し団塊ジュニア(第二次ベビーブーム)が誕生した。そこまでは良かった、問題はその後です。

団塊ジュニアが結婚出産する適齢期(90年代〜2000年代始め)に、日本はバブル崩壊以降の『失われた20年』の真っ只中で出産はおろか結婚すらままならない時代でした。

そのため団塊ジュニアが生み出すはずだった第三次ベビーブームは訪れず、日本の出生率は下がる一方になってしまいました。これが今日の少子化へ繋がっているのです。

本当は、団塊ジュニアに対して異次元の少子化対策を施していれば少子化問題は今よりはマシだったかもしれません!

しかし、団塊ジュニアは既に大半が50代に突入し子育てではなく老後を気にする年代です。当時の政府がモタモタしていたため取り返しがつかない状況になってしまった。

皇位継承問題も然り!ヒサがいるからとあぐらをかいていると思わぬ足もとをすくわれるかもしれませんよ!

62
返信する
匿名

オウムの麻原と対談し法律無視を提言していた山折だが、東日本大震災の時には基金を募り地蔵を建立する活動を行っている。

莫大な金銭かけて建立した観音像が全国で老朽化し邪魔物になっていることを知らないのだろうか?

有識者と言いながら碌な提案の出来ない日本文化研究家だ。

52
返信する
敬宮殿下の素晴らしさ‼

敬宮殿下の4歳児での賢明でお優しいエピソードありがとうございます。この逸話は宝物です。忘れられません‼

本日の「歌会始」を楽しみにしておりましたが、敬宮殿下はお出ましになられず残念でした。

敬宮殿下に対して、サイコパス・ミテコやキコヒがどんな暴言や汚い言葉で罵しり閉じ込めようとしましても敬宮殿下の広い教養・思い遣り・品格は漏れ出るものです。今やSNS時代、瞬時に社会・世界に広まります。それにしましても秋家を応援しておりますのは皆、反日勢力なのですが、、、皇室2600年の歴史に終止符を打ちたいのでしょうか‼

▼某ブログに、『天皇は皇太子時代の、2013(平成25)に、母親に殴られて左額に傷を負われた。内容はスペインからの皇太子殿下ご夫妻へのご招待状を、秋家に代わりに行かせろとの、ミテコの言い分を聞き入れなかった為、暴力を振るわれたそうです。』しかし素手では傷に為らないのでは、、、それにしても不憫でお労しい‼

60
返信する
匿名

きのう高貴な日々日記だったかな?読んで思わず笑いました。
2013年だったかな、当時皇太子だった陛下がスペインに招待されて行こうとしたら皿がそれを阻止、カピの宮に行かせようとしたそうですが、皇太子様は譲らなかった。
皿が激おこして、陛下を殴ったそう。強いお気持ちを暴力で表現されたようです。
だからこめかみに怪我をして、いざスペインにご出発…笑

42
3
返信する
匿名

陛下の涼しい顔のお写真が記事と一緒に出ていたので…

暴力お婆さんをスルーされたんだなあ…と思いました。

35
1
返信する
匿名

>『天皇は皇太子時代の、2013(平成25)に、母親に殴られて左額に傷を負われた。内容はスペインからの皇太子殿下ご夫妻へのご招待状を、秋家に代わりに行かせろとの、ミテコの言い分を聞き入れなかった為、暴力を振るわれたそうです。』<

幼少期には、ご飯を残しただけで廊下に立たされたりとどうみても美智子のやってきたことは虐待です。
なんでもいいから、苛めることで、美智子は快感を感じていて、妹からのもらい子には一切手出しできない分、その鬱憤を嫡男に向けていたとみられます。
もっとも、仮に自分より遙かに高貴な身分の女性と夫の間のお子さんとの説に従うなら、その血統コンプレックスが虐待の最大原因なのではないでしょうか。

有識者が、敬宮さまと旧皇族の結婚となったとき、皇統はどうなるかの議論を全くしないのも、それが最も美智子系抜きで行く、最高に高貴なる血統になるからだともみられます。安西&駅南の血では、どんなに逆立ちしても勝てない最強の血統になるでしょう。

53
返信する


秋シンが拡散するデマを宮内庁が支援❓️

>陛下に守られてきた雅子さまもまた、愛子さまに大変な愛情を注ぎ、全力で守り抜いてきた

身内?からの陰湿な苛め、更に解放同盟・統一教会…をバックにやりたい放題の飽篠家。
それを後押しすふ宮内庁に日本政府、彼らが組織した有識者会議の推し進める「皇位継承問題」

そればかりか、益々増えて言いたい放題のデマを拡散する秋シンサイト

以前、秋シンサイトの主張する妄想デマをコピー投稿したら「やめろ❗️舟の思う壺だ❗️❗️」の批判

でも、これからも脅かし続け、ヤフコメにデマを流す秋シン、要注意❗️

「エアリス万華鏡」の捏造デマが凄い!投稿も多い(運営者が返信してるし)。一般参賀の敬宮さまを滅茶苦茶貶していて吃驚仰天した。

それに、敬宮さまを「馬子」呼び。

宮内庁・皇嗣家が支援してると思う

27
返信する
匿名

解同も統一もそれしかすることがないからやっているのですよ。
DNA鑑定には耐えられない一家。
ボッタマの知障を直す方法なし。
駅南卑出自調査は断固拒否しての押しかけ婚。

敵がやることをみて、それ以外はできないことを確認すれば、後は嘲笑っていればいいのです。あんな投稿誰も信じませんから。紀子の自慰にすぎません。

38
返信する
匿名

皇嗣職という人たちが如何に紀子には手を焼かされているかは、あちこちに出てくる通りです。
手に負えない、分からず屋。
キー子さんという篠原氏の呼び名も、キーキー喚くだけのキチガイ女という意味にもとれてお似合いです。

だからしょうがなしに、無条件応援サイトを立ち上げ「マンセーマンセー、紀子マンセー」と拡声器の音量一杯にあげて、部落民や統一信者らを礼拝させることで、紀子の狂気を一時でも鎮め、皇嗣職の仕事をしやすくさせる狙いが大だと思います。

36
返信する
匿名

敬宮様の【友】
本当にお見事です。
素直な心が伝わり、情景が目に浮かびます。
きっと誰にもが有っただろう、あの頃の情景が鮮やかに甦り、ホロリとしてしまいました。
男が天皇でなければならない理由として、女に神事は行えないと言われます。
小さな神社では、女性の宮司もいます。でも大きな神社となれば話は別なようでで、これは神社本庁が元凶なのでしょうか。
そうだとすれば、女性天皇の誕生には、断固反対なのでしょうね。
血筋を疑問視されようが、不正行為をしようが、面子を保つためなら、男なら何でも良いと言うのでしょう。
そこに群がる有象無象にも目をつぶると言うか、お偉い方もそっち系の人達なんでしょう。
でも神社系のお偉いさん方、神社も安泰では無いはずですよ。神社の数も、減って行ってますよね。
まあ今は良いでしょうが、この先どうなりますかねぇ。
もしこの国の神々が男子天皇をご所望なら、きっとどんな妨害があろうと、皇太子家に男子が産まれたでしょうが、しかし女性お一人でした。
昭和天皇は、こうなる事をご存知だったのでは無いかと思うのです。
皇室も時代に合わせて変わって行かなければ、国民の支持は得られないでしょう。
神社系のお偉い方も、その固い頭を柔らかくして、神々が望み国民の多くが望む、新時代の女性天皇の実現に、尽力して欲しいと思うのです。
と言うか、本当にあの宮家の、ダラリヒョンで良いんですか?
だって、自分が良ければいいって人達で、国や国民の事なんて知ったこっちゃ無いんですよ。
オマケに神社の未来なんて、それこそどうでも良くて、お勤めなんて「お前がやっとけ!」って言われるのが目に見えてるわ。
だって体力は無いし寒い所で長く座ってられ無いし、所作も祝詞も、あれじゃ~覚えられないだろうに、どうすんの?

44
返信する
野萩

「女に神事は行えない(生理があるから)」、男系男子カルトの決め台詞ですね。
では、女性特有の問題もないのに「トシだからボク祭祀はやりたくないの」とおサボリ放題で、そのくせ国内外を節操なくあちこちウロウロしていた老夫婦はどうなのでしょうね? 生理中だけやむを得ず祭祀を欠席することは問題で、健康なのにやりたくないからと拒むことは許される? 
後桜町天皇が、大嘗祭と生理が重なることを心配し予備日を設けていたように、「この日でなきゃダメ!」というもの以外は別日にしてもいいでしょう。そもそも老人ズは祭祀をサボっていたのだから、月に数回祭祀が行えないことを問題視するのがおかしな話です。
何としてでも女性天皇に頭を下げたくない男系男子カルトらしい謎理論ですね。実に馬鹿げています。

51
返信する
匿名

そもそも祭祀祭祀と大声でがなり立てるのは、政教分離など国のあり方を無視していると思います。
政教分離の観点から、「祭祀は皇室の私的行事だからセーフ」という建前だったと思うのですが。
現代日本のよって立つところ(民主主義)を無視して、国家神道に戻して、神道・皇室を利用して好き勝手やりたい人たちなのでしょうね。
ロシアやトルコなどは民主主義を否定して先祖返りしつつあるようですが、日本はそうなりたくないものです。

個人的には今上陛下が祭祀をしてくださることをありがたく思っていますが、日本は政教分離の国であって欲しいと思います。

13
返信する
匿名

見て子もすっかり世間から嫌われ、いまやお茶会に来る古参信者だけが、一緒になって、雅子さまや愛子さまの悪口を肴に興じてくれる希有な存在なのです。

偽皇族文仁を皇室に入れてしまったことから、周期的に見て子を襲う狂気を、お茶会と女性誌記事買収策によってやっとこさお鎮め申し上げているように、紀子も、解同と統一教会の二大組織に両肩を支えられることで何とか狂気を封じ込めさせんと必死なのです。

雅子さまも愛子さまも、この皇室を蝕む、二人の狂人女性と対決する人生を余儀なくされてこられましたが、そのことが、逆に真の博愛精神を育て、雅子さまは世界が認める皇后陛下へと深化を遂げられたことにもなります。

人生万事塞翁が馬。
見て子と紀子の二大狂女を相手にするうちに、女神のようになってこられた雅子さまと愛子さまなのです。

45
返信する
匿名

篠原さん動画で…悠仁が昨年鳥羽ホテルに泊まってないのに、急に今日泊まった事にしたホテル情報が出ました!!

篠原さんが追って夜に配信して下さるそうです。
隠れてコソコソやってるミテコに秋篠宮家ですよ。

44
返信する


匿名

精神を病んだのは、ヒステリー持ちの美智子と紀子。
どっちも手がつけられない癇癪持ちですよ。
雅子さま、愛子さまのどっしりと構えながらも
実に思慮深い安定感こそ皇統を継ぐ一家の資質です。

陛下を殴ったというのにはびっくりです。
成人した息子によく手が出せますね。
そういえば、明仁さんを夜中にひっぱたたくことで
バイニング夫人から苦言が呈されたことがあった。

そういうヒスを一度でも起こすとまともには扱われ
なくなり、あの公務漬けにすることでヒスを起こす
暇もないように連日、酷いときは日に三度も出かけ
そのたびに強制青信号にされた時代の謎も、ヒスで
解けましたよ。

26
返信する
匿名

江戸時代まで女性天皇がいらしたことは周知の事実。

皇位の「男子限定」とはプロイセンのカイザーのモノマネをして、天皇に軍服を着せるために明治時代から薩長が始めたことです。

これが今だに「男子限定」と言っている理由であり、秋家から天皇などど言う大惨事、大悲劇をこの国に引き起こそうとしているのです。

鹿児島県と山口県(薩長)は責任を取って秋家を引き取ってもらえませんか?

24
1
返信する
匿名

いっそ北○鮮に引き取ってもらいましょう。

あとニューヨークの小室負債も付けて!

23
返信する
匿名

駅南出の紀子が糞だったのでKKが狙ってきた
圭与も関わってきた
反社を親戚に持った
ズルヒトは姉からエッチや自○を知ってしまった
ズルヒトは違法カジノに嵌まるようになった
ズルヒトは性犯罪に走るようになってきた
ズルヒトはどんどん言葉遣いが荒くなってきた

この家はどんどん下衆に成り下がってゆくばかりです

17
1
返信する
匿名

愛子さまがどんどん洗練されて、神々しくなられる
のとは対照的に、悠仁はどんどん下品に、野暮に、
ぶちゃいくになり、ますます成績不良となってきた

やはり愛子さまはダイヤモンド原石だった
磨けば磨くほど輝きを増すが悠仁はイケヌマなだけ

イケヌマを進学校に横入りさせても不良化する一方
であって、頭が良くなるわけでも、品行方正になっ
て尊敬されるようになるわけでもなく、真逆に作用

王女さまへの痴漢なんて、国交断絶しかねない事件

相手も悠仁の知障っぷりに気づいて黙ってくれたに
過ぎない訳で、実際は出禁にされたし大事件ですよ

21
1
返信する
匿名

泣けます。4歳でそんな事が言えるなんて。うちの子はどうだったかな?

まさに神の子・・

こんな話も聞きました。「忘れ物を取りに一度帰ったけど、ママの元に帰ってきた」とおっしゃったとか。

子供は親を選んで生まれてくるというけど・・愛子様は日本を選んできてくださったと思いたい。

荒み切った今の日本国民を暖かく導いてくれそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です