美智子さま、修羅の形相「お前はクビ!」 実家との直通電話を注意され逆上か


ご難場の伝統は美智子さまから

現在、ご難場として名高い秋篠宮家。様々な事情で離職した職員達の声が、これまで何度も週刊誌を賑わせてきた。たとえば『週刊新潮』2020年3月26日号において、東大卒のキャリア官僚が皇嗣職を依願退職したことが明らかにされた。

「依願退職といえば聞こえが良いですが、実際には、様々なプレッシャーがあって辞めざるをえなかった場合が殆どです」(宮内庁関係者)

秋篠宮ご夫妻のどちらが厳格なのだろうという疑問に、先の関係者は「どっちもどっち」としながらも「紀子さまの“慈愛”のほうが厳しい」と証言する。かつて佳子さまは父殿下を「(私と同じく)導火線が短い」と形容したが、職員たちにとっては、紀子さまこそが宮中の修羅のようだ。元宮内庁職員の小内誠一さんは次のような裏話を紹介する。

「紀子さまの職員へのご指導は、美智子さま譲りです。美智子さまも紀子さまも平民から皇室入りし、肩身が狭かった。『舐められてならない』とばかりに周囲にキツク当たられたと聞いています。

美智子さまは平民といえども大企業の社長令嬢でしたが、紀子さまはまさにアッパーミドル(上位中産階級)でした。そういった微妙なヒエラルキーの差も、紀子さまが美智子さまに気に入られるきっかけになったのではないかと思います」(小内誠一さん)

山田侍従追放事件の真相に迫る

紀子さまの修羅ぶりは美智子さま譲り——。そんな小内さんの証言を裏付けるエピソードが侍従たちの日記には大量に残されている。これをもっとも端的に象徴するのは、「山田侍従追放事件」である。

美智子さまに諫言をしたら、逆鱗に触れ追放させられた――。そんな冗談のような事件が本当に起きていた。追放された本人・山田康彦さん(1907-1967)は、1933(昭和12)年に宮内省入り、東宮伝育官を務め、1959(昭和34)年から1965(昭和40)年まで東宮侍従長にあった人物である。この経歴からも解るように、明仁天皇(現、上皇)の皇太子時代を最もよく知る人物である。



問題の「追放」は、1965(昭和40)年に起きた。3月31日付けで山田は東宮侍従長を退き、書陵部長に異動した。「侍従長」は「部長」と同格であるため、左遷ではない。しかし当時、東園基文(東宮侍従、1911-2007)は、「転任原因は美智子妃に対する山田の諫言にあった」と橋本明(共同通信記者、1933-2017)に語っていたことが明らかになった。

山田侍従が美智子さまに放った諫言。その内容とは何だったのか?

東園基文 山田さんの諫言の元になったのは、正田富美子さんから東宮御所に手紙が来るたびに美智子妃がご返事を克明に書き送っておられた事実だ。

正田家といえども百年先にはどうなっているかわからない。東宮妃の立場でめったに返事をするものではない、山田さんは美智子妃にこう諫言した。明仁親王がご幼少のころ、貞明皇后に詳しい手紙を書いて出されたことがある。待てど暮らせど返事がいただけない。お伺いを立ててみると、皇太后は孫とはいえ滅多に手紙を書くものではないとのことだった。

あれは例外的なものだった。従って山田さんの諫言は正しかったと思う。しかし結果は×(バツ)と出てしまった。山田さんは書陵部長に左遷された。

橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007

御所と正田家に直通電話

美智子さまが正田家とたびたび手紙のやりとり…。たったそれだけが嵐を呼び起こした。我々一般庶民の家なら問題にならないことでも、皇室ではそうはいかない。現在でも紀子さまと川嶋家の濃厚な繋がりが度々週刊誌を賑わす。思い起こせば、雅子さまが実家の関係も週刊誌で取り上げられ、バッシングの対象になった。

だが美智子さまと実家の結びつきは、週刊誌の噂というレベルではなく、侍従たちの証言や日記にすら残されている事実は重要である。橋本氏によれば、先の東園侍従から聞いた同趣旨を村井長正(東宮侍従、1915-1997)からも聞いたという。

村井長正 自分が宮内庁を退いたのは昭和四十年だが、この年に山田さんもクビになった。東宮さんが一番知っている。

美智子妃殿下はご実家にお手紙をお書きになっていた。正田家といえども百年先、いや数千年先まで安泰というわけにはいかない。おふみは慎重になさらなければいけないと妃殿下に直言した。山田侍従長の諫言に妃殿下が怒った。そこまで自由を縛るのか、顔も見たくないと東宮さまにお訴え遊ばしたのではないか。東宮さまは処置を考えられたのだろう。

橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007

手紙のやりとりを注意されたことに、修羅の形相で「お前、クビ!」と決断された美智子さま。逆切れ、逆上とはまさにこの事かもしれない。だが山田侍従が美智子さまに諌言されたのは、はたして手紙の件だけだったのだろうか? 実は美智子さまと正田家には直通電話が引かれていたという証言がある。

美智子妃と富美子(正田富美子、美智子さまのお母さま)は思うように電話もできなかったといわれたが、婚約発表の直後、正田家に引かれた東宮仮御所との直通電話が、御成婚後は富美子の部屋に移され、その後も使われていた。

「お部屋にお茶を運んでいくと、お母さまがよく電話されていました。美智子さまとお話しされているときはすぐわかるんです。にこにこされていますから」(正田家のお手伝い)

奥野修司『天皇の憂鬱』新潮社、2019

直通電話とは交換台を通さないでダイヤルで直接相手につながる電話のことで、簡単に言えばその両者だけを繋ぐ専用の電話回線だ。まさか実母と話したいがためだけに、専用の直通回線を引かれるとは驚きだ。

あるいは、美智子さまは、山田侍従から「実家との手紙のやり取り」を注意されたので、直接に実家と連絡が取れるよう直通電話を引かれたのだろうか?

何が真相か解らないが、少なくとも山田侍従が、こういった美智子さまの普段の行いに疑問を感じていたことは確実だ。

入江日記はかく語りき

この橋本明氏の取材記録は、実際に事件があった1965年よりもかなり後になって公開されたものである。はたしてこれは当時の日記などからも裏付けることができるのだろうか?



実はこれに符合する記述が確認される。侍従長を務めた入江相政(1905-1985)は、当時の日記に次のように記している。

1965(昭和40)年2月27日(土)

山田君来、からだもわるいし、東宮職にゐてもなんにも出来ないので書陵部長にならないかといふ話もあるといって相談、西野さんとも話し合ひ、いゞぢやあないかといふことになる。

『入江相政日記』第3巻、朝日新聞社、1990

1965(昭和40)年3月19日(金)

山田君と面談、東宮さまのところも困ったものである。

『入江相政日記』第3巻、朝日新聞社、1990

山田侍従は美智子さまに諫言したがゆえに、窓際に追いやられてしまったのだろうか? また転属前に山田侍従は、皇太子殿下(現、上皇)に次のように諫言したという。

1965(昭和40)年3月24日(水)

山田君が来て東宮さまにいろいろ、申し上げたことについての話、人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと、常陸宮さまと御仲よく遊ばすべきこと。

『入江相政日記』第3巻、朝日新聞社、1990

美智子さまと正田家の往信については言及されていないが、当時の東宮家の殺伐とした雰囲気がよく伝わる文章である。

山田侍従のお人柄

書陵部長に追放された山田侍従。このわずか2年後に他界している。共同通信の橋本氏は、村井元侍従から聞いた話として、次のような驚くべき晩年を紹介している。

村井長正 山田さんは書陵部長に転じた。みるみるうちに山田さんは痩せていった。山田さんは生涯を明仁親王にお仕えしたいと希望した人物だった。転任の発令は突然だった。落胆が命を縮めた形だ。あっという間に他界してしまったんだ。山田さんの未亡人はカトリックの人だ。

橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007

命を削ってまで美智子さまに諌言した山田侍従の誠実さには驚くばかりだ。入江侍従も著書の中で、現役時代の山田侍従に次のようなエールを送っていた。

山田よ、皇太子さまのいい御相談相手になってあげろ。君はそのために生きているんだから。そして国民の期待にそむかないような、立派なお方に仕上げるんだぞ。

入江相誠『城の中』中央公論社、1959

皇室と国民の安寧を願う山田侍従・入江侍従の声には胸に染み込む何かがある。忠臣とはまさにこのことだろう。はたしてこの二人の声は、美智子さまに届いていたのだろうか?

49 COMMENTS

匿名

紀子には耳に痛いことをいえる職員がいない。美智子に輪をかけ
イエスマンだけを残した結果が、英国出禁である。

それにしても、紀子は毎日、暇さえあると、自分や悠仁のことが
どのようにネット上で言われているかを検索するエゴサーチに
熱心だとここでも報じられているので、自分達が英国、スペイン、
オランダ、ベルギーとブータンからは出禁処分にされていること
はとうの昔から知っていた筈なのに。

>「これ以上紀子さまのご機嫌を損ねるのは得策ではないとは
思いつつも、やんわりと婉曲的な表現で“秋篠宮家は、英王室か
ら出禁状態となっている可能性が高い”ということをお伝えした
ところ、紀子さまは、怒り狂ったご様子で、“イギリス人には秋
篠宮家の高貴さが理解できない!”と絶叫されておりました」
(秋篠宮家職員)<

実際、結核予防の国際大会がこれらの国で開催されたときも既に
出禁だったので、入国不可能と判断し、コロナ口実にオンライン
とした経緯もあったので本人も感づいていたとみられるからです。

今回、過去に入国お断りの”実績”があったところに、英国王親書
破り捨て公用文書毀棄罪違反容疑が、紀子には加わったわけです。
こちらは外交上の非礼の最たるものであり、紀子による英国王室
に対する侮辱的行為と評価され、各国王室のみならず、国連関係、
在日本各国大使や領事の間でも失笑が漏れる大失態となりました。

一様に「礼儀正しいはずの日本の皇室に一人だけ例外者がいる。
それは英国王を最大級の形で侮辱した紀子であり、メーガン妃も
ここまで酷い王室侮辱行為はしていない」とこの事件を重く見て
今後の秋篠宮家をどう扱うべきか、ペルソナノングラータに認定
してくる国数の急増にもつながってゆくでしょう。

美智子がかつて踏み外した道を更に崩壊させた紀子。
失敗者どうしで、成功者雅子さまを嫉妬し、引きずり下ろそうと
した結果が、秋家の家庭不和、淫乱、酒乱、ヤク中、痴漢性犯罪
でした。

170
返信する
匿名

前皇后と秋篠宮実父と名指しされている安西孝之さん‼️
いい加減に国民にお答えください‼️
秋篠宮一家は安西家の子孫ですよね⁉️
その安西家の子孫を明日の天皇誕生日にも天皇の子孫(皇族)と偽り、国民の前に立たせお手振りさせるのですか⁉️
これは歴史上最大にして!最長(57年以上)!最悪!な国民に対する詐欺です‼️
違うとおっしゃるなら国民が求めるDNA鑑定で証明してください‼️
皇室は国民の血税で成り立っています❗
国民の求めに応じるのは義務です❗

144
返信する
匿名

日本政府は平成夫婦でも天皇皇后がやれたのだから、アーヤとキーコでもやれるとたかを括っているのだろう。

しかしそれは大間違い。時代がちかうのです。秋家では天皇制は崩壊すると覚悟するべきでしょう。

147
返信する
木村

何度も同じ事書いてしまうけれど、
ここで一歩引いたら、
筆頭宮家として一生安泰なのに、
なぜ茨の道を破滅に向かって進むのか?

心底おバカなんだろう。
日本一の身の程知らず。

129
返信する
匿名

一歩引いていても結果は同じだったと思います。
マコムロの結婚を許した時点で、カピの悪行が表沙汰になることは必須でした。
その後もズルヒト問題などいろいろありましたから、どの時点からでも発覚ですよ。
マコムロ以前の数々の悪行が次々に出てくるのが、風の時代なんですよ。
天網恢恢疎にして漏らさず。

88
返信する
匿名

(安西孝之 写真)→(すべての画像を見る)
でネット検索してください!
秋篠宮一家と安西家のDNAの繋がりは一目瞭然です!
これ以上一家が皇室に居座り続けるにはDNA鑑定で(身近で起きた奇跡的な他人の激似)を証明するしかない‼️

64
返信する
匿名

日本政府は、平成ボンクラ負債のズンダレぶりを見ていて、あれでもOKだったんだから、平成ボンクラ負債と同じことをやっている詐欺宮負債でもOKなんじゃね?どこが違うわけ?みたいな気持ちでいるのかな?

73
3
返信する
匿名

2600年以上世界最古の歴史を誇る日本の皇室です。
すべてが令和の天皇陛下のように誇らしく、神々しい御方ばかりではなかったでしょう!
しかし天皇のお血筋は脈々と受け継がれてきました!
皇室は天照大神を初め、神々様、歴代天皇の魂に護られています!

前皇后!安西孝之氏安西家!秋篠宮!川島一家!による皇室乗っ取り❗
先進国であり、民主国家であり法治国家の日本で謀反‼️を企てている‼️
あまりにも頭に乗り過ぎている❗
天罰が下るでしょう‼️

57
返信する
匿名

ここ思いっきり吹き出しましたよ。うまい褒め殺し。

>「紀子さまの職員へのご指導は、美智子さま譲りです。美智子さまも紀子さまも平民から皇室入りし、肩身が狭かった。『舐められてならない』とばかりに周囲にキツク当たられたと聞いています。

美智子さまは平民といえども大企業の社長令嬢でしたが、紀子さまはまさにアッパーミドル(上位中産階級)でした。そういった微妙なヒエラルキーの差も、紀子さまが美智子さまに気に入られるきっかけになったのではないかと思います」(小内誠一さん)<

紀子が「アッパーミドル(上位中産階級)」??
と、と、とんでもない。

「アッパーミドル」なら、静岡駅南のバラックなんかに産まれはしないし、実母が部落解放同盟事務所で電話番なんてする必要もない。
信子さまが「納屋のようなところで生まれた子」と紀子を評したが、
「アッパーミドル」だったらこんな形容をされるはずもない。
納采の儀を、低額賃貸の2DK職員住宅の台所で、破れた壁紙も直さないまま、お尻を壁にぶつけながら使者を受けるなんて、およそ「アッパーミドル(上位中産階級)」ならありえないことばかりだった。

それだけではない。
美智子は実家との直通電話を問題視されたのに対し、紀子は母や弟一家まで御用地内に住まわせ、より悪質な公私混同をやってきた。
こちらは食費、光熱費全部税金丸抱えで、元赤坂改良住宅の住人用に、御用地を周囲の批判をも無視して提供させている。

そして降嫁後の娘と反社家系夫にまで、数億単位での資金援助を惜しまぬ紀子と美智子。実家の私財でなく、公金を詐取したり、横領して支援している点で、令和になってからの美智子と紀子は落ちぶれた。

これらすべては昭和30年代に予言されていたことばかり。
尤もセイハク息子が産まれることまでは予言になかったようだけど。

130
返信する
匿名

OMG!またこの忖度記事、きーこがUpper Middle? Low Incomeの間違いでは?ハムカツが唯一のご馳走だったそうだし、周りに川辰やかすよがお金や食べ物をもらいに行っていたそうだし。そんなのが当時、講師???(きーこが婚約後は教授になったけど)。川辰は馬術部の用務員だったみたいだけど、それなら当時あんな団地住まいも納得(当時、学習院の教授がそれをTV内で発言したらその奥様が交通事故にあわれたんだよね、怖い)

よくもまぁ、この主、しらーと嘘情報を入れるよね。

皿の実家もBだったらしいですね、皿が入内してから力をつけただけ。皿はきーこを本気でかわいがっていたわけではないでしょう。自分より身分も知能も低いから皇室内で唯一、皿が優越感を味わえた相手だったから。

98
2
返信する
匿名

皿実家は庄屋で、醸造業なので賎民では穢らわし過ぎて触れることさえ出来ない職種、階級。だからB認定してきたのは噂の真相だけで、あの記事では紀子の家は除外してあったので、そういうことかとなっただけ。

24
返信する
匿名

ウケますなあ。
キーコがアッパーミドルね。
首元が伸びきったヨレヨレのTシャツで、胸をぼわんぼわんさせながら走っていたキーコがね。
なら国民の半分以上が上流階級ってことね。

84
1
返信する
匿名

これぞ解放同盟賛歌です

♬ワイら改良住宅でナマポ貰って暮らしていても
キコヒにアッパーミドル出身の認定下ったならば
これでワイらもアッパーミドルさまさまなんや

♬ワイら改良住宅でナマポ貰って暮らしていても
駅南妃がアッパーミドル出やいうならば
これでワイらも堂々誰とでも遠慮せず結婚したるんや

♬ワイら改良住宅でナマポ貰って暮らしていても
ズルヒト殿下もアッパーミドルの子やいうんなら
これでワイらも子や孫にうちかて中の上やといわせたる

28
返信する
匿名

KKの事が大学在学中にいろいろ画策されていたことは明白。
それを考えると、あの10億の仮住まいに、鹿が残る事は建てる所から決まっていたのでは?
頭悪いのに、そういうところは計算高い鯰家だから。

103
返信する
匿名

お皿の時代を踏襲するのは、カピ丼一家だと信じて止まない子牛家。

自分勝手好き勝手して、それの何が悪いんだ。
愚かな平民共が、ガタガタ言わずに黙って崇め奉れば良いんだよ。
おい平民共、今までは足代百万ポッチの端金でわざわざ行って行ってやったが、
何時までも甘えるな!
これからは最低でも三百万包んどけ。これでも安いだろ。
貢物は、高額転売出来る物を寄越せよ。
でも何か、最近謂れの無い物語が漏れ聞こえて来るなぁ。
アタイ等の事もだが、親族や子飼いの者達が裏で何をしようが小銭を稼ごうが、それの何が悪いってんだよ。
まぁイザとなれば、アイツ等が汚れ役になって、アタイ等には傷が付かなければそれで良い。
何せ次の皇統はアタイ等の物。
これからは、もっともっと遣る・殺る・やるわよ!

平成天皇は皇太子家を冷遇したり、皿廻しの好き勝手させてたんでしょうね?
いつの日か、侍従日記等でその真相が少しでも露になると良いのですが。
そして次の次は、いよいよカピ丼一家が…有り得ないんですが。

日本沈没…カピカピ

66
返信する


匿名

税金で生活している方が、職員をクビにする権利を濫用するか?
逆に、職員に、持たせてあげたい。
皇族に相応しくないと判断したら、追い出す権利を持たせてあげたい。
宮内庁とは、そういう所だと思っていました。
いまは、陰口しか出来ず、言いなりで、金に転ぶ人間ばかり?

64
返信する
『小和田ご夫妻様への非常識で卑劣な仕打ち』

2023.2.18 記載  ブルーサファイアさんのブログより

●平成時代の雅子様のご両親に対してのサイコパス・ミテコの行動が載
 っております。こんな極悪非道な仕打ち、異常なる鬼畜の仕業とはこ
 の事です。平成皇室・宮内庁にこんな非常識な行動がまかり通ってい
 たとは驚愕致しました。小和田ご夫妻様がお気の毒でたまりません。

●雅子様がオランダ王室のお招きでご静養中に、オランダ在住の小和
 田ご夫妻様が雅子様達に会いに行かれましたら、会わせてもらえなか
 ったそうです!

●平成天皇がご病気の時、オランダから連絡を取りお見舞いの為にわざ
 わざ帰国なさいました。雪の降る寒い夜に皇居にお見舞いにご夫妻で
 伺われて長時間外で待っておられました。その前をミテコが車に乗っ
 て通ったそうです。ご夫妻は深く頭を下げてご挨拶をされたそうで
 す。そして『面会謝絶との由』で、一般人の方々と同じように記帳の
 みでお帰りになられたそうです!

●ミテコの同窓生が言っておられました。「ミテコは一人の時でも
 いつも独り言をブツブツ言っておりました」

 

『平成夫婦の雅子様のご両親への冷遇態度』

78
返信する
匿名

秋篠「宮家」といっても
①長女は反社の家に嫁に行った(叔父は現役組員とされる)
②紀子弟・舟のビジネスパートナーが反社で逮捕済

と事実上の反社といってもいいほど、親族が汚染されています
かつて、皇室でここまで酷い劣悪家系はありませんでした

BZ+反社とくれば、国王親書破り捨て、贓物売却、お足代詐欺、
七代遡る家系調査を拒否しての恫喝結婚、裏口入学、剽窃行為等
が、なぜこの「宮家」にだけ発生するのか、すべて納得できます

72
返信する
『皇室を歴代続けるには』

皇室を歴代続ける為には、やはり『お妃候補者』の中から選ばないと皇室は続かないし務まらないのですね‼

49
返信する
匿名

この「丙午宮卑」は

皇族になるに相応しい「出自」でなく
皇族になるに相応しい「家柄」がなく
皇族になるに相応しい「資産」もなく
皇族になるに相応しい「教養」もなく
皇族になるに相応しい「住居」もなく
皇族になるに相応しい「躾」さえなく

無理して恫喝結婚・恫喝翼賛・恫喝上げ底喧伝を要求すれば
最後は英国王からも足元見透かされ、出禁処分にもされます

どんなに内弁慶を演じても「英国王から追放された」秋篠宮家
英国王や欧州王族から付き合いをお断りされた現実を直視しなさい

すべては因果応報、自業自得ですよ
いい加減に皇統簒奪は観念して、一家で皇籍離脱することで
これ以上の皇室全体への「恥の上塗り」を避けるべきなのでは?

64
1
返信する
匿名

皇族と結婚できる女性は誰でもいいではない。

そこを「経歴不問、家系不問、出自不問」とまるでどこかの
ホステスさん募集広告に出てくるような文言で言い訳するしかない
キコヒである時点で既にこの夫婦の破綻はプログラムされていた。

ところが、男性も皇族ではなく、偽皇族だったのでお互い様だろと
罵り合う関係となるも、どちらかがばらせば追放共倒れになるので
最後の最後で利害一致して仮面夫婦が続くという繰り返しになる。

63
返信する


匿名

そのうえ、DNA鑑定を実施して「文仁偽皇族」が確定すれば
「主犯は見て子」となってしまう。

皇族費詐欺問題が一挙に浮上し、これまでの人生で受け取った
皇族費全額を金利もつけて国庫に返納せよと言われるだろう。
だから見て子はあからさまにDNA鑑定に反対、生前退位をしてでも
次の次を目の黒いうちに確定しようと、皇嗣制度を作らせた。

が、悠仁は障害児だったし、誰が、どんなに贔屓目にみても
この秋篠偽宮家に皇統を簒奪された後に、天皇制が続けられるとは
思われない惨状が相次いだので炎上が日常になってしまったのだ。

見て子が皇室を私物化していった過去の流れとは、すべて偽皇族を
もらい子してきた事実の隠滅を、権力で押し通そうとした結果、
皇族が安泰に暮らすためには振り回してはいけない権力を無理に
行使したことで、だんだん自らの首を絞めた結果だと理解できる。

62
返信する
静岡バラック出身のキコへ

今日発売の週刊新潮に「三笠宮信子様、お住まい5500万円、税金無駄遣い」とタイトルが出ています。
これは川嶋キコのしわざですね!!
自分達の批判を信子様に向けようとした姑息なやり方!!!!!
税金の無駄遣いって・・・・アホ一家が他人の事を言えるのか???
毎月眞子にはいくらのお金を送っているのだ??
新潮も「アホのあーや一家の真実」を報道しろ!!

67
返信する
匿名

信子さまの批判の根源にはお子様たちと別居しているのになぜ、という
声があるからなのだろうけど、それはおかどちがいですね。
佳子が、とうとう両親とは別居している報道がこれに該当。
すでに秋篠宮家でも、親子が別の建物に住む状態が日常となり
それどころか親族の舟や紀子母も同居。佳代まで警察から匿われていたほど。

49
返信する
匿名

三笠宮信子様は本物の宮家です。
公務も頑張っていただいております。
国民も納得です!
しかし秋篠宮一家は安西家の子孫でありニセモノ皇族です!
公務(皇族が務める)などする資格も資質もない‼️
赤坂御用地に住む資格もない‼️
さっさと安西家に帰れ‼️

59
返信する
匿名

見積もりが5500万です、建設費は億単位ですよ
なぜ、23年築ぐらいの建物を壊してまで税金の無駄使いをするのでしょうか
皇族とはいい身分です,宮内庁、政府の忖度にもあきれはてる!!!

7
24
返信する
匿名

ところで紀子がやたらと苛つき、英国王の親書を外務省内で
紀子本人が破り捨てるなどの違法行為にまで走る失態続きだけど
KKのC&Fの方は合格したのでしょうかね。
一橋院を法学部修了と見なせるのかどうかも問題らしいし。

52
返信する
匿名

ミテコさん、秋篠宮家、小室家は、天皇家が自分たちと同じ事をしたら、何と言うかな。
絶叫しまくり、貶めの言葉を振り撒くのが想像できます。
反論しない、してはいけない事を心得ていらっしゃる天皇家を、お守りしようとしない政治家たち、宮内庁には、ウンザリです。

50
返信する
匿名

平成のウスラ馬鹿に誠心誠意仕えていた人を、平民出身のたかが皇太子妃の命令で辞めさせるとは。
黙ってやらせていたウスラ馬鹿ちゃぶの罪は本当に重いよ。
爺さん、わかっているのかね?

51
返信する
静岡バラック出身のキコへ

自分の実の息子夫婦とその孫が自分の嫁から壮絶な虐めを何十年と受けているのに、嫁(鬼ババア美智子)に注意するどころか、一緒になって苛めに加担している・・・・この爺さん

自分の”実の息子ではない”のに、つまり天皇家の血は一滴も流れていないアホのあーやに皇統を継がせようとしている・・・・この爺さん

頭の中はどうなっているのかね~?
前天皇ボンクラ明人よ。

55
返信する
匿名

ブルーサファイアさんのブログで紹介されていたエピソ-ドです。

まだご幼少の敬宮愛子様を女官がJK、JKGのもとにお連れした折、JKが「平民ふぜいがウロウロするな!」と女官を怒鳴りつけたとか。
JK…あんたかい、Aミヤ一家が国民を蔑視する基礎をこさえたのは。
しかし、あんたが父上に灰皿を投げつけてまでヨメにした女は「平民未満」の出自だよ。
本来、宮中はお公家様しか入れないところだったのを(禁裏)、出自コンプレックスの粉屋の娘が「いじめられましたの~~~、ヨヨヨ…(ウソ泣き)」としなだれかかって、華族の侍従や女官を遠ざけたから、宮内庁も平民の機関にされちまっただけでしょうが。
しかも、その時なぜ女官が付き添ったかというと、敬宮愛子様が邪なジジババに危害を加えられないように…だったそうです。

悪鬼滅殺!

49
返信する
『平成夫婦の孫虐め』

>敬宮愛子様が邪なジジババに危害を加えられないように、、、

▼最近は、保育所・幼稚園の幼児・園児への虐待が大変問題になっており、親は非常に不安で心配な時代なのですが、、、皇室では平成夫婦が、虐め・虐待を率先して孫虐めをしていたとは非常に恥ずべきことです。国民の前でお詫びして下さい。、、、平成時代の30年間の暗黒歴史は消し去りたいです‼

40
返信する
匿名

「昭和40年=偽皇族誕生の年 という一致から読めること」

>「村井長正 自分が宮内庁を退いたのは昭和四十年だが、この年に山田さんもクビになった。東宮さんが一番知っている。

美智子妃殿下はご実家にお手紙をお書きになっていた。正田家といえども百年先、いや数千年先まで安泰というわけにはいかない。おふみは慎重になさらなければいけないと妃殿下に直言した。山田侍従長の諫言に妃殿下が怒った。」(橋本明『美智子さまの恋文』新潮社)

>「1965(昭和40)年3月24日(水)

山田君が来て東宮さまにいろいろ、申し上げたことについての話、人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと、常陸宮さまと御仲よく遊ばすべきこと。
(『入江相政日記』第3巻、朝日新聞社)

これらの日付はすべて「昭和40年」ですが、文仁の誕生日は公には「40年11月30日」とされています。

しかし巷間囁かれるように、安西夫妻にできた長男を密かに貰ってきたとなると、それが男児であることを確認してからのこととなので、現在いる文仁は遙か以前に、既に産まれていたことになります。

国民を欺くための出産演技期間を織り込むとなれば、昭和40年3月ごろは、ちょうど偽皇族を出産演技で皇室に入れるための謀議を宮内庁交換手から盗聴されないよう、わざわざ東宮御所と正田家を結ぶホットラインを活用して、実家や安西家とさかんに打ち合わせていた真っ最中ではなかったか、と推理されるのです。このホットラインとは正田家だけでなく、文仁実母のいる家との極秘連絡手段であり、「おふみ」を禁止された以上、これしか直接謀議を交わす手段はなかったともいえます。

左遷された山田氏は、こうした出産演技や偽皇族であることを最もよく知る立場にあり、しかも奥様がカトリック教徒というので、良心の呵責に相当苦しまれたと思われます。このまま、文仁を嫡出児として皇室に入れるような大胆な犯罪行為(皇族費詐欺)をやって、永久に出生秘密は守り通せるのだろうか、もし疑われたらどうするのか、との心配から、みるみる衰弱されたのではないか、ともいえます。

とりわけ当時の親子鑑定はDNA鑑定などなかったので、もっぱら血液型判定しかなく、夫妻の子文仁の血液型が、東宮夫妻の子としてみても矛盾がでないかには、相当神経を使ったはずです。

46
返信する


匿名

なぜ、自分たちには、職員をクビにする資格権利があると思うのでしょうか。
それを止めない周りの人間。

皇統が秋篠宮家に移るくらいなら、皇室はもういりません。
天皇陛下御一家に、帝王学を未来永劫引き継いで頂きたく思います。

48
返信する
匿名

>山田よ、皇太子さまのいい御相談相手になってあげろ。君はそのために生きているんだから。そして国民の期待にそむかないような、立派なお方に仕上げるんだぞ。(入江相誠『城の中』中央公論社、1959)

入江氏からもこのようにエールを送られていただけに、山田氏は、偽皇族文仁を生み出す犯罪行為に深く携わらせるのはおよそ不向きな人で、美智子からみれば、煙たい存在でしかなかったのでしょうか。

>問題の「追放」は、1965(昭和40)年に起きた。3月31日付けで山田は東宮侍従長を退き、書陵部長に異動した。

これで美智子は心置きなく、安西夫妻の長男を嫡出児として迎え入れる準備が完了したともいえます。五月蠅い古参侍従を追放し、ホットラインで実家とひそひそ謀議しながら、予定の「出産設定日・11月30日」に向け両家の口裏合わせをするには、安西家長男の出生届は絶対に出せず、母子手帳もないままに検診も受けねばなりません。

何かと失敗の許されない、極秘育児体制づくり、安西家内部からの漏れを防ぐための正田家側からのバックアップ、乳飲み子の鳴き声を表に聞かれぬよう、最初から別の場所で乳母が育てるなどするための金銭的援助問題、要員の手配など、とてもこの電話ホットラインなしではできなかったことばかりだったことでしょう。

42
返信する
匿名

昔の侍従さんたちの証言、時々再掲してください。
美智子の非道は、平成に始まったことではないのです。
昭和には確かに気骨のある忠心があったんですね。

直通電話について一言。
美智子と母の富美さんをつなぐ直通電話は、元はと言えば明仁が、結婚前に正田宅と皇室との間に電話線を引いたものだと何かで読みました。

当時昭和30年代は、電話が普及し出した頃ですが、社長である正田家にもちろん電話はあったでしょう。電話というのは電話線を引くだけで簡単に直通になるのです。逆にいうと途中に回路を作るといくらでも盗聴ができる。昔のスパイ映画にはそんなシーンがよく見かけられました。

美智子にメロメロの明仁皇太子が、うまく強請られて電話線を引かされたことは容易に想像できます。彼は口下手で世間知らずで、いくらでも伝令を使える身分です。電話線を引く発想があるとは思えません。

さらに推測するに発案者は母の富美さんでしょうね。
結局、結婚後この電話回線は美智子と富美さん専用の直通電話として活用されるわけです。
美智子があらゆる状況で強気でいられたのも、富美さんと直通であったという事実が支えていたのだと思います。
富美さんは娘の婚約が射程距離に入るや否や、結婚後のことも見越して直通電話を引かせたのではないかと思います。
富美さんは恐ろしく頭が良く、先見の明があり、人心を掌握しできた女性です。

上海の孤児で混血で、出自も不明な娘が、言葉の全く違う外国である日本に渡り、社長夫人になって皇室にまで手を伸ばす。
とんでもない女傑ですよ、美智子の母親は。
デヴィ夫人とメーガンを掛けても足りないくらいです。

39
1
返信する
匿名

いまとちがって、昔は電話事情もわるく、なかなか引けなかったのに
もちろん皇室特権で最優先で、宮内庁を経由しない格好の電話を引くことができたと見られますが、盗聴じたいは小学生でも出来るほど容易でした。
おそらく公安調査庁には、いまもオープンリールの録音機で録られた美智子
と富美子、恵美子などとの親族間会話がすべて残されているはずで、
没後になったら流出し、NHKスペシャルになるのでしょう。
二・二六の決起兵たちの肉声が残っているのと同じですよ。

42
返信する
匿名

これ以外にも、文仁には口唇口蓋裂疑惑がずっとあります。

ヒトラー髭を生やすのは、縫合痕隠しのためだといわれ、悠仁にも
はっきりとZ文字を上下に二個重ねたような三ツ口縫合痕があり
美智子にすれば、自分の子にする予定の男児の顔面がどのように
なっているか、直に見られないだけに、奇形児認定では困ると
イライラが募り、ヒスも起き、絶えず母などが
このホットラインで慰めるしかなかったのでしょう。

38
返信する
とーちゃん

ダメリカに間接統治されている日本はダメリカ様の顔色を伺いながらやっているのでしょう。戦後日本の衰退はもちろんダメリカ様のお陰です。それは皇室に於いてもそうでしょう。反社、在日、朝鮮、挙句には中国叩きを始める始末。怒りの矛先が違うのではないですか?そもそも、自国民を粗末にするダメリカが、属国を大事にするはずはありません。ダメリカを操っているのはどこの誰々ですか?

13
3
返信する
菊紋では反映されないので…

朝日新聞から20日に配信された「皇室予定」では
◤2/22(水)
秋篠宮さま 秋篠宮邸(山階鳥類研究所「所員会議」にオンライン出席)
秋篠宮ご夫妻 秋篠宮邸(外務省国際法局長から説明)◢

とっても興味ある「ゴコ~ム」なんだけど、秋篠家大好き朝日新聞もこの報道をしていません。

山階鳥類研究所といえば、古くから秋篠家の闇を支えた団体。今 多くの秋篠家不祥事の厳泉地。変ですよね❗️

外務省国際法局長は、毎月必ず宮邸に呼んで「説明」があります。

カピバラBBQ等の揉み消し・コムロ夫妻への裏支援…と関係があるはずです。

40
返信する
匿名

届くわけないわ(笑)

H大震災の視察の為だけに
参道を作り 取り壊した上皇夫妻。

お幾ら掛かったのかしら?

by下請け建設の1人親方。

17
返信する
匿名

天皇陛下のお誕生日会見、感動的です。
雅子さまへ感謝のお言葉。上品にさらりと述べられました。
文仁のように紀子第二夫人と大喧嘩している者には言えない言葉。

SNS発信について、国民と皇族は苦楽を共にする関係であること
が大前提だと釘をさされ、紀子らのように「みなさん平民は」とか
小中学生に最敬礼を要求する勘違いぶりを暗に諫められた格好です。

もちろん、悠仁の裏口入学や剽窃、痴漢をお許しになられる筈もなく、ますます天皇ご一家と偽皇族秋家との”差”は開くばかりです。

23
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です