雅子さま「人格否定」の元凶は「湯浅長官ではない?」 美智子さま電光石火で“火消し”か


国民を仰天させたご発言!

「雅子には依然として体調に波がある状態です。(中略)雅子にはこの十年、自分を一生懸命、皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが、(中略)そのことで疲れ切ってしまっているように見えます。それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

二○○四年(平成十六年)五月十日、東宮御所「檜の間」に澱みなく流れた殿下のお言葉の内容は、あまりに悲しい響きを湛えていた。前代未聞の“皇太子の乱″は、こうして始まりました。

この翌日、宮内庁の湯浅利夫長官は、ご夫妻担当の侍従や女官などを集め対応を協議、関係者に「お気持ちに沿いながら、全力で対処を」と指示したといいます。

ところが、ご発言の三日後に会見した湯浅長官が発した言葉の内容は、恐ろしく期待を裏切るものでした。

曰く「(人格を否定する動きについては)具体的には何か思いつかない」「東宮職から情報が入ってこない」等々、汗水交じりに熱く語ったのです。

しかも「ご会見直後の十一日に、ご真意を確認するために皇太子殿下に面会を申し出たが、実現しなかった」と、ご夫妻と自分との“溝”までをも、世間に知らしめてしまいました。



ゴタゴタはさらに続きます。宮内庁ナンバー・ツーの羽毛田信吾次長が「(ご発言の真意を)殿下が直接お述べにならなくてもいいと思う」と、独断で発表したのです。より踏み込んだ発言をされることを恐れた末の“越権発言″は、意思疎通の欠如をあらためて印象づけました。

とはいっても“現場”の責任者は、湯浅長官に「情報が入ってこない」と名指しされた東宮職(皇太子ご夫妻専属の職員)である。そのトップである林田英樹東宮大夫は、さすがに湯浅長官らのような“虚勢”は張れず、「ご夫妻の心痛の深さを大変重く受け止めた」「(雅子さまについては)もっと早くから休養いただくなど、適切な対応ができていればと、申し訳なく思っている」と“反省の弁”を述べるにとどまりました。もっとも「風通しがいい関係を作ることが大事だが、それが難しい」と、東宮職としての能力に疑問を感じさせる発言も飛び出しました。

こうした宮内庁幹部の混乱ぶりとは裏腹に、皇太子殿下のお心は決まっておられました。殿下は「(ヨーロッパ三カ国ご訪問の)帰国間もない時期からご自分の言葉で説明したいとの意向をお持ちだった」(林川東宮大夫)のです。

だが「なるべく日を置かずに真意を聞きたい」と言っていた湯浅長官が“お召し”を受けたのは約二週間後の六月八日、文書による「真意ご説明」の当日でした。

両陛下のお気持ちとご助言

こうした宮内庁の鈍重な反応とは裏腹に、天皇皇后両陛下のご対処は、実に素早いものでした。

まず、会見からわずか二日後の五月十三日、ご発言に至る経緯を少しでもお知りになろうと、関係者(藤森昭一元長官、鎌倉節前長官、湯浅利夫現長官、渡辺允侍従長)を「ご夕餐会」と呼ばれる私的夕食会にお招きになります。

その席上、両陛下は殿下のご発言に驚かれたことを述べられたうえで、出席者に対しては「雅子さんが活躍できるような、新しい公務を作ってやってほしい。力になってやってほしい」と語られたそうです。

さらに、皇太子殿下のご帰国(五月二十四日)直後には、「いま一度、自分の言葉で話をなさったほうがよいのでは」(美智子さま)「むしろ今後の皇室改革のことを話すのがよいだろう」(天皇陛下)とお心添えをされました。



この時のメディアは「美智子さまの慈愛・慈悲は素晴らしい!」「美智子さまは雅子さまの心に寄り添っておられる」と大絶賛していました。

美智子さま。「私は誰よりも雅子さんに寄り添っている」と懸命にアピールされたという。

ご夫妻のお気持ちは変わらず

果たして、皇太子殿下の“ご真意”は文書で発表されました。ですが、妃殿下の人格を否定した人物や勢力については「対象を特定して公表することが有益とは思いませんし、今ここで細かいことを言うことは差し控えたい」と明言を避けられ、ご夫妻のご心痛の原因を窺い知ることはできませんでした。

ただ、雅子妃殿下について殿下は「伝統やしきたり、プレスへの対応等々、皇室の環境に適応しようとしてきた過程でも、大変な努力が必要でした。私は、これから雅子には、本来の自信と、生き生きとした活力を持って、その経歴を十分に生かし、新しい時代を反映した活動を行なってほしいと思っています」と、過去の会見などで述べられたお気持ちを、再び強調されています。

この文書の中には、明確なかたちでの“宮内庁批判”はない。だが冒頭で「(雅子さまの)人格の大切な部分を否定するような動きがあった」と再び触れられたばかりか、宮内庁が期待したであろう根幹部分についての訂正や陳謝は口にされませんでした。宮内庁に対する不信は、いまだ払拭されてはいなかったのです。

「湯浅長官の時代のことではない」!?

ご真意のご説明からほぼ一週間が経過した六月十四日、林田東宮大夫が奇妙な発言をします。その発言とは、皇太子殿下が(五月会見の)翌日に「(人格否定の動きは)湯浅長官の時代のことではない」と補足して述べられていたというものでした。

だが湯浅長官の面会要請を拒まれていた殿下が、わざわざ湯浅長官への擁護を口にされるでしょうか。むしろ「湯浅長官の代に始まったことではない」と解釈する方がよほど辻棲が合います。

こうした自己保身ととられかねない動きは、他にも露見しています。宮内庁は、「人格否定発言」の後に国民から寄せられた意見(約二千三百件)の公表を避けたばかりか、職員に対しては、庁内LANを通じての閲覧も禁止したのです。これには「批判的な意見がマスコミに漏れないようにしたんでしょう」と反発する現役職員もいたほどでした。当時宮内庁で働いていた小内誠一さんは次のように回顧します。

「もちろん宮内庁内でも、人格否定した犯人探しが始まりました。大方の予想は、宮内庁参与などの重鎮方であろうと推測していました。美智子さまは電光石火の対応で『いま一度、自分の言葉で話をなさったほうがよいのでは』と時の皇太子殿下に心寄せました。



ですが皇太子殿下に、犯人を特定できるような発言はできないと予想した上でのご発言です。むしろ『急いで火消しに走った』ように私には見えました。ここらへんに人格否定発言の元を考察するヒントがあるのではないでしょうか」

21 COMMENTS

匿名

正田美智子に熱狂した世代って、おばあちゃんになっている世代(70代以上)ですよね?

87
2
返信する
匿名

令和になったのに、ますます強まる二重権威構造。

しかも、相方の明仁さんは既に老人特有の症状がでているというのに、小皿婆だけが出ずっぱり、英女王の国葬にまで両陛下を差し置いて行きたがり、これが拒否されるや否や、悪夢の直電話作戦で渡英中の雅子さまに暴言の連射をしました。
さらにあろうことか帰国するや、雅子さまに土下座要求ときたのです。

これを見るだに、「人格否定」発言の犯人は誰であったのかは、もう明らかですね。

文仁以下が自分の実子ではない、偽皇族である甥っ子を、出産演技で皇室に次男として違法に引き入れた自己矛盾、伝統の七代調べ上げる家系調査過去帳調査なしで押しかけ結婚してきた紀子との野合が、穢れなき完璧なる皇太子妃雅子さま排除の動機となって、どうにも消せない失態へのやり場のない憤懣を、もっともぶつけてはいけない、無関係の雅子さまに当て、一時的憂さ晴らしに明け暮れる小皿婆の醜態が、火葬愁訴という、まさに李下に冠を「正す」言動となって、現れたのでした。

155
返信する
すごい

これは宮内庁内にいた人にしか知り得ない情報だ。
「宮内庁は、「人格否定発言」の後に国民から寄せられた意見(約二千三百件)の公表を避けたばかりか、職員に対しては、庁内LANを通じての閲覧も禁止した」なんて。

宮内庁参与などの重鎮方ね…。

要するに、皿(および皿の配偶者)の意をうけた人間ってことでしょ。
参与って天皇(当時は明仁)の相談役なんだから。

130
返信する
匿名

犯人は
美智子
紀子
上皇
秋篠宮
清子
宮内庁
時の政府
これしかない。
それと無いこと無いこと書いた報道機関。
いくら今更いろんな情報が出てきても、全く信じるに値しません。
美智子と紀子は顔にもろに出ているし。

美智子が本当に雅子様に心を寄せていたら
上皇に
私達は私的に海外に旅行したことはない
などと言わせる会見を開かせないと思います。
静養を申し出て下さった国にお礼を言うのが筋です。

本当にみんな馬と鹿。
天皇ご一家に謝罪してほしい。

169
返信する
匿名

皇太子さまのお言葉、今聞いても涙が出ます。
ミテコがいなくなれば皇室は浄化されるのでしょうか。

128
返信する


匿名

典範違反の養子であった偽皇族男。
いくら自分の親族の息子であったとしても、典範には明らかに違反しますので、これは生活保護の不正受給事案と同じ、皇族費等の詐取、つまり詐欺罪が成立します。

出産演技で偽皇族を養子にした当時はまだDNA鑑定がなく、ABO式血液型判定さえクリアできればゴールとでも軽く思っていたのでしょう。

しかし、ツタンカーメンの一族がミイラで残されていたことから全員のDNA鑑定が行われ、入り組んだ近親婚家系が明らかとなり、足の障害も報じられるようになった辺りから、死後鑑定に対する彼女の恐怖感はいや増しに高まり、将来詐欺罪に問わさせないためには、本人が不起訴特権をもつ存在になるよう、皇統簒奪させるしかないと決意するに至ったのでしょう。
またあの電撃的生前退位は、自身の高温火葬要求を押し通すための捨て身の作戦だったと思われます。

庶民なら不可能でも、天皇にだけは不逮捕特権がある点を悪用して、駅南妃まで含めてその対象者に格上げするための極秘謀反プロジェクトが開始され、詐欺同然の皇嗣制度の押しつけを行い、そのなかでいい気になり調子に乗って傲慢な発言をするようになった駅南妃の蛮行が国民の反感を直接に買いはじめ、反対にこれを抑え込もうと、駅南宮家批判意見に対してだけ、不公平な言論弾圧を要求したのです。

以前から、偽皇族を無理矢理天皇にするための、恒久的生前退位制度案とか、天皇定年制案とか、女性宮家年齢順継承案とか、あらゆる偽皇族一家の救済案が出されるも、駅南妃の身分的下品さと、息子の不正入試事件、反社に嫁いだ娘への闇支援などから、いまや完全に国民から愛想を尽かされてしまいました。

雅子さまへの人格否定とは、似非者を皇族にするために、如何に正統を虐め倒すか、あわよくばノイローゼで自殺にでも追い込めないかと意図し、殆ど殺意に近いものを抱いたうえで、なされた本当に許されないものです。庶民の嫁姑戦争ではなく、国家最大の権威と権力をもって、一人の元外交官女性を叩きつぶしにかかってきたわけですから、平成はある意味で新南北朝時代といってもいい、内戦期とさえいえます。
ただ国民の殆どが雅子さま支持であり、人格否定発言を支持したのは、ごく一部の狂信的右翼、統一教会と部落民という惨状であったことがせめてもの救いでした。

統一教会と部落解放同盟が裏支援したことで、外患、内患双方を皇室に引き入れてしまい、いまだにその終戦の目処も立たない状態におかれています。
一刻も早い愛子皇太子実現と秋篠宮家廃宮家しか謀反制圧のための解決策はありません。
典範改正とDNA鑑定を総理は決断すべきです。

115
返信する
匿名

熱狂はしていないけど、まさかこんなアクドイ婆さんだとは思わなかった。
ただ変な格好をしている、やたらとしゃしゃり出てくるおばさんかと。
旦那がボンクラなのは聞いていたから、嫁がしっかりしなければ、と、変な服を着て頑張っているだけかと。

101
1
返信する
匿名

週刊誌記者を手なずけ、我が世の春を謳歌していた美智子に突如襲い掛かった、大内糺の一文。
余りの正論、事実にうろたえ、反論できなくなった美智子は、言葉を失ったとお得意の奇病を展開し、ますます国民から注目を受ける事件に。

あの事件がターニングポイントとなり、美智子の人格こそが疑われるようになっていったのでした。「女優美智子」をやり過ぎて、美智子は墓穴掘ったのよ。

雅子さまへの人格否定行為は、美智子自身への非難大合唱を雅子さまにすり替えようとしたあざとい戦略で、以後は札束で週刊誌記事をお買い上げする方法で、強行に雅子さま非難記事ばかりを書かせるも、毎度毎度白々しい雅子さま攻撃では、週刊誌は売れなくなるし、国民も「ああ美智子さんが面白くないんだね。雅子さまの方がずっと優秀だから」と直感。

いまや「皇室情報はまずはネットから」の時代となり、美智子とつるんでもうけていた「ビチコ自身」に代表される女性誌は見る影もなく衰亡しました。
そして負け惜しみ美智子の捨て台詞ばかりが印象に残る時代となって、「美智子時代」の断末魔を迎えつつあります。

110
返信する
匿名

>「雅子さんが活躍できるような、新しい公務を作ってやってほしい。力になってやってほしい」と語られたそうです。

しかし例の「私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」発言のときには、
「(平成の)皇太子夫妻は名代の立場で外国を訪問することはありません」と発言。

ご自身は名代でたびたび外国訪問していたのだから、皇太子夫妻にも同じようにしてあげればよかったのではと思います。

93
返信する
匿名

嘘つき!
チャブの姉上の49日も済まさないうちに、ミテコの傷心旅行と称して、ハワイ(だっけ?)に嬉々として出かけていく写真が残っているじゃん。
ドスケベチャブも鼻の下を更に伸ばして、ミテコのペットみたいに、尻尾を振ってくっついて行ったでしょ。

73
返信する
匿名

美智子様の巧みなトリック。その解説を、霧の向こうのプリンス・アキシノ「2004年の皇族方の会見、お呼び当時の雑誌記事を振り返って考えたこと 2」より

>実は「雅子様の人格を否定したのは宮内庁なのだ」という方向に国民を誘導しようとした方は、美智子様であったのです。
>皇太子殿下が「誰か特定の人への批判につながってはいけない」とお考えになってあのような言い回しをなさったのに、美智子様は「宮内庁は悪くないわよ」と言ってしまったということです。これは宮内庁を庇っているように見えて、実は「え?やっぱり悪いのは宮内庁なの?」という感じで国民をキョトンとさせてしまうのです。

61
返信する
匿名

美智子さまはご自分や眞子さんのことは電光石火で火消しさせるのに、
どうして雅子さまバッシングのときは何もしなかったのでしょうか。不思議でなりません。

91
返信する


匿名

雅子さまのスーパーキャリア。
たとえ元警視総監でも、あの雅子さまの頭脳と豊富な法律知識、外国語能力、教養に勝てる人間はいません。宮内庁長官自身があっさり跪くしかない、それも最初から敵う相手なんかではないと脱帽してかかるしかない雲の上の存在です。

官僚だった人間は、官庁世界での序列を何より認識します。それに採用当時の成績。これが一生を決めると言っても過言ではない、日本式科挙の実態。

あのトランプですら、雅子さまには即脱帽だったし、おなじく天才のマクロンもいたく共鳴するものがあったようです。美貌以外にこの頭脳的強みをもつ王族は世界的にも雅子さまと愛子さま以外はおらず、そこが美智子が嫉妬に荒れ狂う最大の原因ですね。

もし美智子にも官僚経験があれば、天才嫁来たるで、どうやって味方につけるかをまず考えたでしょうが、悲しいことに美智子は頭でなく子宮で考える人間。
自分より光輝くスタア誕生がとくかく許せない、我慢ができない、追い出したいの一心から人生最後に最大の敗北を喫し終わる最悪のパターンになりました。

90
1
返信する
匿名

もう、何を言おうとも白々しく、美智子の事は全くもって信じられません。

全然皇室の事に関心のなかった夫は
もうさん付けをしたくないと美智子
と呼ぶようになり、
騙された
と憤っています。

78
返信する
匿名

宮内庁職員さんたちは基本的に皆さん真面目で誠実た方々だと思います。
藤森、鎌倉、湯浅、渡辺と言った真面目人間たちを巧妙に手玉にとったミチコ。

Xさんやコムロ父といった誠実な人たちを上手く手玉に取った佳代さんに似ていませんか?

33
返信する
匿名

語学堪能な雅子様に対抗してミチコは英語のできるコムロに利益誘導したのではないか。と言われていますよね。

「膨大な労力を費やして何の益にもならない無駄なことをするのが日本のお家芸」というようなことを若手の社会学者が言っていたが、膨大な労力を費やして詐欺師夫妻に特権を与えてしまった。。。

57
返信する
匿名

美智子さんの写真を拒否します。
見たくない!
美智子さんの虐めはすでに世界中に拡散されていますね。

小内さま、お元気でいらっしゃいますか?
是々・・のブログ、私達は忘れません。
勇気を出してくださり有難うございました。

61
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です