紀子さまは、雅子さまより「偉い」? 傲慢さ隠し切れず物議 報道の流れ変わる


天皇家と宮家

昨年、公開した記事「紀子さまの“対抗心”「悠仁にも田植えのお手伝いを」 愛子さま“養蚕”に倣い」のなかで、私が「〔紀子さまは〕競い合うのではなく〔雅子さまと〕協力し合って皇統を紡いでいってほしいと願ってやみません」と寄せたコメントに「紀子さまは皇后陛下と手を取り合うのではなくお支えするのが務めだと思います」と意見がついた。

ご説ごもっともその通りである。この場をもってお詫び申し上げたい。

私がこのようにコメントしてしまったのには理由がある。このコメントを寄せる直前に、皇室ジャーナリストの佐藤公子さんから『週刊女性』(2020年7月7日号)の記事を見せられていたからだ。その最後に書いてあった「令和皇室は、皇后と皇嗣妃の“協力プレー”が要になるに違いない――」という言葉が頭に残っていたのだ。

しかし宮家の本分は天皇家を支えていくことにある。確かに秋篠宮家は殿下(皇位継承権1位)と、悠仁さま(同2位)を擁する筆頭宮家であるものの、天皇家と宮家では格が違うことは明白だ。

西尾幹二による雅子さまイジメ

にしても雅子さまと紀子さまが同格であるかのような錯覚は何処から生まれたのか?

これは偏に平成時代に雅子さまバッシングが続き、秋篠宮家アゲが続いたことによるだろう。たとえば西尾幹二(電気通信大学名誉教授)が2008年に、皇太子殿下(当時)に諫言するという体裁で、激しい雅子さまバッシングを行った(一連の論考はまとめられ『皇太子さまへの御忠言』と題打ってワック社より刊行)。



しかし本論が示してきたとおり、今回の件は学歴能力主義と高級官僚の家系が「反近代」の天皇家とクロスしたがゆえに起こった例外的な災厄であって、ある意味で雅子さん個人の問題である。秋篠宮家の紀子妃殿下には不適応病理はまったく生じていない。

天皇家の人々は天皇制度という船の乗客であって、船主ではないと私は言った。船酔いをして乗っていられない個人は下船していただく以外にないだろう。皇室ジャーナリストの松崎敏彌氏が「場合によっては秋篠宮への皇統の移動も視野に入れる必要がある」と大胆に提言しているのは納得がいく。

西尾幹二「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」『WiLL』2008年5月号

紀子さまがお元気でいらっしゃる以上、雅子さまの適応障害は本人に責任があるのだから離婚して皇籍離脱(下船)してもらうしかないというのである。さらに、秋篠宮家への皇統移動を主張している松崎敏彌氏といえば、女性週刊誌『女性自身』で皇室担当記者だった人物だ。いわば雅子さまバッシングの主犯がこの主張をしているのである。

山折哲雄による皇太子批判

さらに宗教学者の山折哲雄(国際日本文化研究センター名誉教授)は、2013年に執筆した「皇太子殿下、ご退位なさいませ」のなかで、秋篠宮家は家庭円満・子育て順調な理想の一家であり、皇太子殿下は退位宣言して雅子さまと愛子さまを連れて京都で養生せよと書き連ねた。

〔人格否定発言をした皇太子殿下に苦言を呈したことについて〕人間としての思いやりと逡巡の複雑なお気持ちがあったと推察されるが、それでもあえて口にされた秋篠宮殿下には、兄君の窮地を助けようとする態度がにじみでていたように思う。お子さま方にたいする教育方針にも自律的な生き方がうかがわれ、皇位を寄せる人々も多いのではないだろうか。……

その秋篠宮のご発言と立居振る舞いが、皇室における象徴家族と近代家族という二重の性格を均衡させる安定的な地位に、より近くお立ちになっているように私の目には映っているのである。皇太子による寛大な「退位宣言」が、その「譲位」へのご意見とともに秋篠宮に自然な形で受け継がれていくことを願わずにはいられないのである。……

そして、そのように選びとられた第二の人生の生活の場として、1000年の都であった京都の地ほどふさわしいところはないのではないかと私は思う。

「皇太子殿下、ご退位なさいませ」『新潮45』2013年3月号(読みやすくするために編集省略)

秋篠宮家の子育てを称賛するなど、眞子さまと小室圭さんの一件が露になった今となっては「お笑いネタ」である。平成時代の皇室報道がどれだけ間違った情報に基づいていたのかを示す証拠だ。

紀子さまにも責任はある

先に紹介した西尾幹二や山折哲雄以外にも、仰天するような記事が平成の時代には数多く見られた。こぞってメディアは雅子さまを叩き、紀子さまを持ち上げた。しかし今では風向きが変わり、むしろ紀子さまが叩かれている。

しかしこうなったのはある意味で自業自得であり、紀子さまにも責任がある。

やはり紀子さまは、2006年に悠仁さまをお産みになって以来、人が変わった。未来の天皇の実母、国民の母(国母)になるという重責がそうさせたのかもしれない。職員には非常に厳しく当たり、一つ失敗があれば数時間叱責することもしばしばである。心労で離職者が絶えない。秋篠宮家と親交が深い朝日新聞の島康彦記者(皇室担当)ですら、次のようにオブラートに包むのがやっとだ。

紀子さまに近い関係者によると、紀子さまは殿下やお子さま方が矢面に立たないよう、あえて周囲に厳しい姿勢で臨み、「嫌われ者」になることもいとわないのだという。公的な活動を続けるうえで、意に沿わない内容があったり、もっとこうすべきだという点に気づいた場合、殿下自身が伝えてしまうとよからぬ批判や臆測を生む可能性もある。

「私はどう言われても構わない」。そんな覚悟を明かされた知人もいる。秋篠宮さま、
紀子さまはどんな中傷めいた報道があっても、反論することを望まないそうだ。

島康彦「「嫌われ者」に徹する知られざる紀子さまの素顔」『清淑なる紀子さま――50年のご足跡』宝島社、2017

物は言いようである。しかしいくら隠しても、こういった心の変化は表に出るものである。かつては秋篠宮家派だった林真理子(エッセイスト)や矢部万紀子(コラムニスト)も、紀子さまの「笑顔」に違和感を覚えざるを得ないという。

林真理子「いつのまにか紀子さまがヒール役を担わされてまことにお気の毒である。ご婚約の時の、愛くるしく清楚な「紀子ちゃん」を知っている者にとって、昨今の「皇室顔」となられた紀子さまにはあまり親近感がわかない。それでもいつのまにかヒール役を負わされていて、私は憤っているのである」(『週刊文春』2019年8月15・22日号)

確かに昨今の紀子さまの表情は、いつも同じようだ。口角は上がっているのに笑ってないような、笑おうとしているのに楽しくなさそうな。これを「皇室顔」と表現するところが、林さんの林さんたるゆえんだろう。

矢部万紀子『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』幻冬舎、2020

紀子さまの矜持

最後に私見をまとめておこう。



紀子さまの心の片隅に「自分は公務にフル出席し、悠仁の代には国母になるのだから、雅子さまより偉い」という傲慢さがある気がしてならない。かつてメディアが雅子さまばかり叩き、自身が持ち上げられ「いい気になっていた」ことも否定できないだろう。

先の林真理子さんや矢部万紀子が、紀子さまの「笑顔」に違和感を覚えた理由も、これを感じ取ってしまったからであるに違いない。そして、その傲慢さが隠し切れないからこそ、いま紀子さまは圧倒的に嫌われているのだ。

45 COMMENTS

一般人の感覚

西尾氏が提唱する『天皇家の人々は天皇制度という船の乗客であって船主ではない。船酔いして、乗ってられない個人には下船していだくしかないだろう』は現・天皇家より秋篠宮家に対してですよね?

今の秋篠宮家や小室夫妻は船酔いしまくっているようにしか見えないのですが?

それどころか、皇族でも何でもない小室母子まで、ちゃっかり船に便乗していますけど、こちらは船から叩き出さなくて良いのですか?

今や天皇制度という船をボロボロにして沈没寸前にしているのは、雅子さまではなく間違いなく秋篠宮家&小室夫妻だと思いますけどね。

328
42
返信する
皇族やその姻戚がこんなだと悲しいねえ

篠原常一郎さんの奥様のショート動画みたけど、ふねのよめに至っては「水商売風味」ではなくてもろに水商売、でした。
あまりに下品で、皇室の姻戚がここまで低級になったか、、、と仰天したわ。

ナマの写真を出したら、皿だのKI碑でんかだの、ふねのよめと同じだったんだろうなあ。

91
返信する
匿名

雅子さまを散々バッシングし皇太子に退位を提言し秋篠宮家を持ち上げた山折、西尾の両氏とも既に高齢となりマスコミに顔を出す事も今はない。彼等は現在の秋篠宮家の体たらく振りをみたらどう言い訳をするのか聞いてみたいが惚けてまともなコメントも出来ないだろう。両氏に触発されて署名活動まで行ったデヴィ夫人や今上天皇をマイホームパパと揶揄したビジネス右翼の櫻井よしこは秋篠宮家を未だ支持しているようだが。特に櫻井は即位の礼の際安倍のコネだろうが図々しくも招待客となっている。恥知らずの彼女達がでかい顔をしてマスコミに登場するだけで不快だ❗️

335
1
返信する
一般人の感覚

秋篠宮推しは見事にブーメランになりましたね。

このままだと令和の次からは『船酔い天皇』になりますね。笑

181
27
返信する
エミリン

櫻井よしこって
あのコブラもびっくりのヘアスタイル
正面でなくて横から見るとまったく変なのに
周囲は何も言わないのかそのヘアスタイル変ですよって、妖怪皿婆と同じですね。

149
2
返信する
ひょっとしたら反省してるかもね

西尾幹二氏はKK家で複数の自殺者がでていたことを知って「足下から恐怖感に襲われました」と述べていました。(月刊will2019年4月号)

いくらなんでも内親王の配偶者として「ありえない」という危惧を述べていたようです。
聡明と思ってたMこ(遠くからみていた、とあるので実際のMこという人物は知らなかった)があんな人間を選んだことに衝撃を受けたみたいですよ。

81
1
返信する
一般人の感覚

所詮、西尾氏が見ていた皇室は表面上だけであって、その奥深くの本質までは見抜けていなかったという事です。
そんな表面上の認識だけで『皇太子さまへ御忠言』なんてエラソーな事を言っていましたが、小室母子の登場で己の浅はかはを認識したでしょうね。
だから、足元から恐怖感に襲われた!
だったら『皇嗣さまへ御忠言』と題して船(天皇制)から降りてもらうように提言してもらわないと辻褄が合わないですよね?

 

93
27
返信する
匿名

美智子さんも船酔いしまくってます。
失声症、微熱(笑)、なんだっけ?足の病気?、それから乳がん?、高輪が狭すぎて運動不足でストレス?
ぶっちゃけ船酔いし過ぎです。ものすごく船酔いしまくりです、この人。いちいち女性誌に船酔いを発表するなら、面倒くさいから早く下船しちゃってください。

110
返信する
匿名

秋篠宮家(小室夫妻・佳代)が船底に穴を開けて、政府や宮内庁が税金で穴をふさいでいる状態ですね。
ただ、その補修も完璧では無いので水漏れも起きてジリジリ沈んで行くでしょうね。

73
返信する
静岡バラック出身のキコへ

汚らしい川嶋キコ!!
下品でガメツイ鬼女!!
地球上にこんな人間がいるのかと思うくらい嫌な人間。メーガンよりも正確悪そう。

239
26
返信する
匿名

これだけ嫌悪されているのに国母になれるとまだ信じてたら
相当おめでたいバカチンコですね。

228
2
返信する
匿名

国民から嫌われていることに、未だ気づいていないのでしょう。

サムネ、野心満々の匂いが漂います。

178
2
返信する
匿名

もともと学もなく、社会経験もないままに
ただアーヤを誑かしただけの化猫に過ぎない紀子。

よく御大家の御曹司をたらしこんだホステスが、婚約リングをもらうまでには漕ぎ着けたが、最後に馬脚を現し、創業家でも気づけば破産にまで追い込まれていたというサゲマン妻がいるが、まあその同類とみられても仕方がない昨今の嫌われようである。

紀子の場合、嫌われるのが自分一人だけでなく、子供ら含めて、一家全員であることをケロッと忘れているらしい。「あの静岡駅南妃の子供たちでは・・・」と世間が嘲笑うことにも気づかず、娘への縁談も皆無。
次々と横柄な口を利き、側近や職員を侮辱するようなあだ名で呼んで、威張ってみせるが、人品卑しいことこの上ない。

男子を産む前から、雅子さまを小馬鹿にするような言動を繰り返し「次男(仮)」嫁の分際を忘れ、最後は偽皇族の嫁、「陛下の母方従兄弟」の嫁だからと格下にみられても全ては自らが撒いた種のせいである。

227
返信する
匿名

誰がどう見ても、雅子さまの方が偉いです‼︎

紀子さまはただの傲慢な品のないお方です。

238
1
返信する


野萩

「他に心を病む方はいないのだから、皇太子妃(当時)に問題がある」
↑四方八方からバッシングされ、夫と幼い我が子以外味方のいない状態で、病む方がおかしいと? 病まない方がおかしいの間違いでしょう。
仮に病む者は心が弱いというのなら、少しバッシングされただけで「アタクシ声が出ませんわ」といった皇太子妃(当時)は、何故同様に「下船せよ」と批判されなかったのでしょうね?
「やべ、バッシングしたら皇太子妃が病んじまった!」とバッシングが止んだのなら、何故雅子妃殿下の時はそうならなかったのか。「止めなくて良い、もっとやれ!」という悪意が働いたとしか思えないのですが、考えすぎでしょうか?
いずれにせよ、皇后陛下はご立派に復活され、ご公務に勤しんでおられます。下らないバッシングの恐怖は胸に残ってしまっていると思いますが、国民の多くは陛下の味方です。ご安心ください。

242
1
返信する
匿名

そういえば秋篠宮は鬱病でしたね!2例目はこっちで、眞子さんは3例目ですね!うっかり忘れてました。

67
返信する
匿名

紀子がしたことは、計画的皇位剥奪ですね。
まだ性別がわからない6週段階で妊娠をリーク、「お腹の子の継承権を奪うのか」と安倍に言わせて皇室典範改正を阻止、産院から出てくるときは悠仁を抱いてドヤ顔、その先は悠仁の優秀伝説を作り上げるために職員をこき使って年齢不相応の作品披露、挙げ句の果てに、本人に実力もないのに賄賂を注ぎ込んで進学校にねじ込み。
やることなす事、全て今上天皇陛下の足を引っ張ることばかり。
あ、それ以前に、贅沢な暮らしをしたいがために自分が皇室に潜り込むことに必死だったか。色仕掛けでアホのアーヤを落とし、女の武器を使って一家総出で恫喝婚約、ビタ一文も使わずお輿入れ、当時の皇后の真似をして清楚ぶりっ子のオンパレードでしたからね。他の宮家のお方に「ここはあなたのような人の来るところではない」と言われて当然でしょう。
たとえ、男児を産んでも、徳仁親王御一家を目上として敬い、お支えしていれば、誰もが秋篠宮の皇位継承を認めるのです。
何故信子さまや久子さまにガツンと言われるのか、よくお考えになってください。

233
5
返信する
匿名

こんな書き方では身も蓋もないと言われるかも知れませんが、「皇族の資格」というべきものは、一にも二にも、品格とお人柄にあります。誰よりもお上品で、かつ機知に富み、会う人会う人を和ませ、勇気づける存在でなくてはならないのです。

この点で、両陛下と愛子さま、信子さま、久子さまや御両家の女王さま方は皆さんすばらしい才能をお持ちで、訪問先でのトラブルなど皆無どころか、いついつまでも賞賛のエコーが鳴り止まない完璧なお出まし、御旅行になっていると毎回感服いたします。

ところが、紀子の家だけがまるで違って、献上品のタカリ、野辺山では高級ぶどうを店先から代金も払わずに箱ごと悠仁と一緒に万引し、最近も発明工夫展で、紀子がハイヒールを脱いで、案内人に襲い掛かろうとした事件、愛育会では講演中急に「そいつをつまみ出せ」と卒倒する醜態など、一般人でも即破滅するような違法行為、暴力沙汰や暴言、下品な舌打ち癖が止められず、ズルヒトも、高校生になるやテストは0点でも、痴漢や盗撮行為にだけは走る、もはや皇族ではなく、映画万引家族のお話なのかと言わんばかりの下品さ丸出しで、駅南出自丸見えの惨状です。

そのお下劣宮妃が雅子さまをマウントするさまは、もはや傲慢を通り越して狂気か、或いは、余りの息子のセイハクぶりになすすべがなくなり、第三条廃嫡が恐ろしくて、崖っぷちに追い詰められた負け犬のようにただうなり声を上げるだけなのかはわかりませんが、一言「超ミジメだね~」しか感想はありません。

190
1
返信する
匿名

サラバ、鯰、嫁、鹿、ずる、
こやつらを皇室からつまみ出せ
と言いたいです。

サラバ夫妻と鯰一家、紐一家のせいでホントに口が悪くなりました。

142
1
返信する
『皇室劇場』に思う

諸悪の根源サイコパス・ミテコの企画、主演の『皇室劇場』は、今やキコヒが踏襲し引き継いでおりますが、、、力量不足の感あり、、、西尾幹二氏や山折哲雄氏両氏に是非今の秋篠宮家の諸々の出来事を語って欲しく思います。

☆某ブログに愛子さまを、、、『愛子さまは謙虚で常に国民を思いやり、知能はスーパーコンピューターを搭載された頭』と書かれており嬉しくて笑ってしまいました。

159
2
返信する
匿名

誰が雅子様を船酔いさせたのですか!
マスコミ、宮内庁、上皇夫妻、秋篠宮と嫁、それとそれらの息のかかった輩達。
大勢で寄って集って今上天皇ご一家を陥れた。
どなたも本当の事を国民に説明しない。いじめが表面化してもどなたも謝罪しない。
これが日本の本質。
上皇夫妻も鯰も嫁も鹿もずるももう姿を見たくない。本当に出てこないでほしい。
嘘つきは悪人の始まり。

155
返信する


匿名

うちの主人は、雅子さま特集の番組があると見たがるのですが、いつもボロボロ涙を流しているのです。

「普段は映画見ても全然泣かないのにどうして?」と聞いたら、「凄いキャリアがあるのに、上皇后からの執拗なパワハラを受け続け、紀子からは部落解放同盟式の恫喝が絶えずきて、両者からの圧力のサンドイッチにされて、本当に可哀想でならない。男社会だから余計にあの苦労はわかるんだよ」と言います。
男性は、雅子さまに強い男性像を見てしまうのかも知れません。

119
1
返信する
匿名

山折は『別冊太陽』1992年春号で麻原彰晃と対談、既に熊本県などの地元民と軋轢があったオウム真理教が法廷闘争を行っているとき、「最後まで俗世間の法律は無視するという手もあると思うんですよ」など法律違反を推進するようなことをいっている。

麻原に法律違反を推進するくらいだから、美智子をはじめ秋篠宮や紀子が好き放題することなど当たり前のことだと云う感覚の持ち主なのだろう。その感覚が職員さんや他者を踏みつけにするパワハラやいじめにつながることが理解出来ない、こんな人物が国際日本文化研究センターのトップだったなんて世界的な恥だと思う。

101
返信する
匿名

マウント取るか取られるしかない半島本能
既に国民には税金マウント
ツクフトウダイ寄付金教育マウント
皇室内マウント
反しゃKK母子にマウント取られてジ・エンド

65
返信する
匿名

馬デブ丼は出ていったんだから 税金使うな!

嫁に出ていった、というより、
婿が入ってきたみたいになってるじゃないか!
ふざけんな!

殺人詐欺キムコム親子は早く逮捕されろ!
犯罪人と関係のあるナマズ家は早く皇室から出てげ!

77
返信する
匿名

「近代医学の粋を尽くして男子出生を目指すというような医学的なことは当然おやりになったほうがいいと私には個人的に思う。
しかし、これはあまり公には出せないことだが、個人的には側室制度の代償として近代医学の技術を入れた皇位継承があるべきだというふうに考える」

元日文研の学者の中に有識者会議でこのような発言をする人が居ること、しかも国立都留文科大学という教員を養成する大学の元学長だった人物であることに心の底から恐ろしいと感じる。

77
返信する
匿名

自然に反することをした途端に 神様のご加護なんてなくなるんじゃないですかね。
もう神様じゃなくて昔っから悪魔の方拝んでるんじゃないですかね。
だからもうあれらの存在自体がね こんなに国民に嫌われて
バチが当たってるんじゃないでしょうかね。

79
返信する
匿名

そうですね 現代の医学って自然に反している部分が多いと 私も思います
そうなるともう本末転倒ですよね、 ほんとに

52
返信する
匿名

歳とともにアジュンマ風味がますますでてきた鬼子
雅子様がバッシングで酷い報道がされていたころ、ハーバードで中国人留学生の彼氏との子を・・・とか外務省で働いていたのはコピー係とか酷いものでした
あれ鬼子のスライドをメデイアがしていたんですね、やはり鬼子と同胞のやることは異常

49
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です