美智子さまが「ムッ」と表情ゆがめた、香淳皇后の“痛烈な一言”「皇太子妃は芸能人ではありません」に誓った復讐


美智子さまと香淳皇后(良子さま)

平成から令和に切り替わって四年以上の年月が経った。平成を駆け抜けた美しく慈愛に満ちた美智子さまは、令和となりゆっくりとした毎日を過ごされているとのこと。10月28日には天皇皇后両陛下とともに、上皇上皇后ご夫妻も明治神宮を参拝された、美智子さまの美しい礼装が久しぶりに見ることが叶った。平成といえば美智子さまであり、天皇陛下(現、上皇陛下)ですら影が薄くなってしまうほどである。

筆者はかつて、1980年代末に学習院OG会・常磐会の重鎮Nさんからお話を伺う機会があった。当時80歳代半ばで、旧華族であり皇族とも親戚関係にあることを誇りにしていた。とても気品のある女性だったのだが、話が美智子さまにおよぶと表情が険しくなり、その口から聞くのが苦しくなるような厳しい言葉が飛び出したので驚いた。

曰く「美智子さんは何かと目立ちたがり、性格も温和ではなく、皇太子妃として品位を感じません。結婚には良子皇后陛下が異議を唱えていましたが、当然のことです。心ある皇族方で、美智子さんを良く思っている人はいません。皇太子殿下(現、上皇陛下)は美智子さまんの外見に惚れたそうですが…。学習院から選ばれるべきだったと思います」などなど。

この時は、『新潮45』1985年8月号や『週刊文春』1985年8月1日号が、「美智子さまイジメ」の具体例として、常磐会(学習院OG会)や宮代会(聖心女学院OG会)がその主犯として描いていたことを思い出したくらいで、あまり深くは考えなかった。美智子さまと良子皇后陛下の不仲は当時から誰もが知る公然の秘密だったからだ。

その後、昭和から平成にかわり1989年に秋篠宮殿下と紀子さまが結婚した折に、再びNさんからお話を伺う機会を得た。すると今度は肩を落とし「良子皇太后陛下がお元気ならお許しにならなかったでしょう」と溜息混じりに語られた。当時、香淳皇后(良子さま)は「老人特有の症状」が進んでいると報道されていた(宮内庁報道、朝日新聞1990年1月7日)。

孝淳皇后(良子皇后)

美智子さまバッシングとの奇妙なリンク

平成に御代替わりするや、月刊誌『宝島30』1993年8月号に掲載された大内糺「皇室の危機『菊のカーテン』の内側からの証言」に端を発する、いわゆる美智子さまバッシングが始まる。その時、私が胸騒ぎを覚えたことは、これら記事の内容と、先ほどの常磐会の重鎮Nさんの話と妙に符合していたことだ。



この1993年におきたバッシングは、その後、美智子さまが失声症になられ「事実に基づかない批判」と猛抗議したことで鎮静化した。週刊誌・月刊誌のゴシップ記事に皇后自らが抗議することは大変珍しいことなので「時代も変わったものだ」と驚いた。皇后のように権威ある立場の人が声をあげれば、メディアはそれに忖度せざるを得ず、言論の自由が危ぶまれるからだ。事実、香淳皇后はこういったことが起きても静かに微笑まれるだけであったと聞き及んでいる。その御心の優しさには驚かされるばかりだ。国民から愛される皇后の慈愛である。

この美智子さまの抗議はまさに驚くべきものであったが、実はこれが初めてではなかった。美智子さまの初の抗議は、なんと1963年(昭和38年)のこと。雑誌『平凡』に掲載されていたノンフィクション小説「美智子さま」(小山いと子)に対して宮内庁が「事実に反する」として猛抗議し、出版を差し止めた事件があった。

具体的に抗議した箇所のなかには、美智子さまの初夜を描いた不敬記述も含まれているのだが、目を引いたのは、❶秩父宮妃(勢津子さま)、高松宮妃(喜久子さま)が美智子さまに好意を持っていないというくだり、❷美智子さまが結婚報告で伊勢神宮に行かれた時、祭主の北白川房子さんが美智子さまに「敵意と侮蔑を含んだ絶望的な冷たい顔をした」という二か所である。もしこれらの記述が真実であるならば、美智子さまは、先ほどのNさんの証言通り、皇室界のなかで四面楚歌であったようだ。

しかもどうやら、宮内庁が抗議した真相は「事実と違う」というところが「事実通り」だったからで、そこが逆鱗に触れたからであるらしい。皇室ジャーナリストの板垣恭介氏は、おしゃべりな東宮侍従が内部事情を外部に漏らしており、それが小説の元ネタになっていたことを突き止めている(『明仁さん、美智子さん、皇族やめませんか』大月書店、2006)。

そのうえで板垣恭介氏は「小説『美智子さま』のネタ元が東宮侍従だったことを、高松宮妃は熟知しており、良子皇后にも筒抜けだったわけで、『あんなもの止めさせてしまえ!』とどなたがのたまったかは別にして、謎を解くカギだと僕は考えている」と述べ、出版差し止めの黒幕が高円宮妃あるいは良子皇后であるかのように仄めかしているが、これは考えすぎだろう。「陛下と同じです」と常日頃控えめに仰っていた良子皇后(香淳皇后)ならば、むしろ「気になさることはありませんよ」と宥めていただろう。

まして当時の宮内庁は「登場人物が実名であるうえ、興味本位に扱われており、事実と違うこともあり、皇族の人格、人権を傷つけているからだ」と発表し、あたかもこの小説が原因で美智子さまが胞状奇胎になられたかのように喧騒されていた。この流れを自然に受け止めるならば、美智子さまのご意向で、宮内庁を通じて出版を差し止めさせたというのが真相だろう

美智子さまはなぜ怪しまれたのか

このように良子皇后のみならず、秩父宮妃(勢津子さま)や高松宮妃(喜久子さま)、はてまた伊勢神宮の祭主の北白川房子さんからも嫌われ、まさに四面楚歌だった美智子さま。

なぜ美智子さまはここまで周囲から邪険にされていたのであろうか? 皇室に詳しい人ならば「美智子さまは、皇太子妃として初めて平民出身であったから、良子皇后から嫌われたのだ」と答えるかもしれない。たしかに本記事冒頭であげた常磐会の重鎮Nさんと同様に、美智子さまの出生について良子皇后が怪しまれていたことは夙に知られる。『入江相政日記』(昭和天皇の侍従長の私的日記、朝日新聞社より刊)にも次のように残されている。



東宮様(現、上皇陛下)のご縁談について平民からとは怪しからんというようなことで皇后さまが勢津君様(秩父宮妃勢津子)と喜久君様(高松宮妃喜久子)を招んでお訴えになった由。この夏御殿場でも勢津、喜久に松平信子(勢津子の母)という顔ぶれで田島さん(道治・前宮内庁長官)に同じ趣旨のことをいわれた由。

『入江相政日記』1958(昭和33)年10月11日

また後年、美智子さまも入江侍従長に次のように尋ねたと残っている。

美智子妃殿下に拝謁。終りに皇后さまは一体どうお考えか、平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがあるのか等、おたずね。

『入江相政日記』1967(昭和42)年11月13日

はたして良子皇后は、(時代が時代であるとはいえ)「平民の出」ということだけで美智子さまを邪険にし続けたのであろうか? おそらくそうではない。この『入江相政日記』を読み込むと、良子皇后は、美智子さまの「目立ちたがり」なところを嫌っておられたようだ。たとえば、1959(昭和34)年3月12日の個所には、御婚儀の馬車について良子皇后のときは馬4頭だったのに、美智子さまのときには馬6頭にすることに、良子皇后は不満を表明されたと記録されている。

つまり上皇陛下と美智子さまの婚姻パレードで使われた儀装馬車2号(6頭立4頭曳)が、今までなく大掛かりなものであったので、前例に倣い質素倹約を宗とする皇室の伝統に反するとして良子皇后が異議を唱えられた構図だ。もっとも同年3月14日に良子皇后は、御婚儀の時の馬の数は六頭でよいと仰り、入江相政も日記の中で「よかった」と述べている。

これとよく似た話を、常磐会の重鎮Nさんから聞いたことがある。

「ミッチーブームというのかしら、写真集まで出してしまって…。あれに良子皇后はとてもお怒りでした。直接『皇太子妃は芸能人ではありません』と叱りつけたそうなのですが、美智子さんはムッと表情を歪めたまま、聞く耳を持たずだったそうです。機嫌を悪くされて香淳皇后の還暦祝いを美智子さんは欠席したのですよ。信じられますでしょうか? これは美智子さまの復讐でしょう」

香淳皇后の痛烈な一言は、はたして美智子さまの心に届いたのだろうか? 美智子さまの献身的ご公務に、涙した国民は多い。筆者も取材などを通し、被災地慰問などで美智子さまから優しい声を掛けられ、感動のあまり涙した人は数多く見てきた。しかしそれは一流女優としての美智子さまであったことを忘れてはならない。

39 COMMENTS

匿名

そしてあの女に至っては、新平民をカードに、建築費から中抜きし放題です。もう末世になりましたね。

144
返信する
匿名

「上皇后は雅子さまを馬車に乗せたくなくて、雅子さまが馬アレルギーというデマを流した」という噂に、最初は「えー?そんなくだらない理由で?」と信じられなかった。
ところが「雅子さまは結婚前から馬アレルギー」の報道と、それに対する反証写真で、噂は本当だったのかと愕然とした。
皿も秋もやりすぎて墓穴を掘る。

210
返信する
匿名

見て子は、自分の結婚式では、馬の頭数を先代より増やし、4頭立てを6頭にすることに拘り、雅子さまの時には、自分の先例に従って6頭にさせてなるものか、と逆に0頭に、つまり馬車でなくリムジンで代用させろとなった経緯がこれでよくわかりました。
本当に見て子による陰湿で、嫉妬深い雅子さまイジメです。
見て子の人格を自分自身で貶める愚行としかいえませんね。

そして、大きく違うことは、質素を旨とする昭和天皇までの美風と、見て子の代での贅沢癖の大きな違い。

この税金をジャブジャブと費消する体制は、紀子も真似はじめ、いまや眞子への裏送金に、悠仁の裏口入学のための賄賂寄附や大学関係者への金をふくめ、国民の逆鱗に触れる違法行為を悪いとすら思わず、日常的に実行していて、両陛下との余りのコンプライアンス意識の差に開いた口が塞がりません。平成四人組は、歴史家によって断罪される運命です。

167
返信する
匿名

そんな狂的に目立ちたがりの見て子が、雅子さまをどう思い、どんな仕打ちをしたか・・・もはやホラーである。
最近の、雅子さまの健康を心配するふりをして「戴冠式に行くなよ!」と圧をかけているような記事にもその一端がうかがえる。

197
返信する
匿名

ミテコは婚礼のパレードで自分が目立つように、馬車の座席をチャブよりも高くしたそうですね。
すべては皇太子の自覚が皆無なドスケベチャブが悪かったのですが、こんなウスラ馬鹿に嫁ぎたいお姫様はいらっしゃったのだろうか?
ミテコは出自の悪さだけでなく、人格・品格・思想・行動の全てにおいて皇族方に嫌われていたのでしょう。
国会では問題視されていたものの、皇族の件は正確に伝えられない時代だったのでしょうね。
令和の今だったらOKなので、オープンにしましょ。
ミテコが大好きな「開かれた皇室」なんでしょ?

142
1
返信する
匿名

NHKもたびたび当時の婚礼パレードの白黒映像を流しているが、ミテコに反対する人々が煙幕を焚いたり、少年が馬車に投石した事件は殆ど報じない。

その投石を避けようと体を馬車内にスルリと滑り込ませるミテコの察知能力の早さにタダならぬ生命力とズル賢さを感じた。
もし、本物の深窓のご令嬢が皇太子妃だったなら避けることなど不可能だったろう。

まだ香淳皇后がご存命の頃、メディアや週刊誌はミテコをいじめた等と嘘を報じ、皇室をよく知らない自分も「いつも微笑んで穏和な、あんな優しそうな方が?」と疑ったのを覚えている。

その嘘の情報に騙された国民も多かったはず。
香淳皇后の名誉を傷つけた極悪非道なミテコは本当に許しがたい。

145
返信する
匿名

ミテコは結婚式のためにディオールのドレスを4着も作らせた。
当時のディオールは今の何億円相当なのかと思うと、投石する人がいてもおかしくないと思う。

121
返信する
日本の皇室だけでなく❗️

昨日のブログ「ブルーサファイア」ねは、文仁さんの愛人の話題:タイの王女が文仁紀子さんの結婚式に参列した・タイの子どもは既に成人・子どもは母親に似て聡明…など。

当時の宮内庁はタイに3億円を❗️

「ママー、何とかしてよ❗️バレた‼️」文仁さんの「御意」に美智子さんの指令。

タイの国亡の種もJKG・文仁さん❓️

102
1
返信する
匿名

その記事を読みました!!
何とその3億円も官房機密費からでしたよ。

平成夫婦も秋篠宮もあちらこちらの機密費を使い慣れてたんですね!!

そりゃあ味をしめて今も使うはずだわっ!!

ここらへんでどうにか国民が止めないといけませんね。
頑張りましょう!!

139
返信する
匿名

男系男子にこだわっていると、タイから名乗りを上げる人が出て来るかも?
男系男子派は母親は外国人でもOKらしいんで、もちろん歓迎するのかな?

89
返信する
匿名

タイの王女もナマズの子供を産むなんて、どうかしてる。
常識のある女性だったら、あんな馬鹿はイヤなはずだが、言葉が通じないからそうなったとか?
ダブル不倫だったんでしょ?
仏教って不倫OKだったっけ?
ナマズが皇族でもなんでもないと知っていての行動だったのかな?

74
返信する


一般人の感覚

>皇太子殿下(現・上皇陛下)は(美智子さまの)外見に惚れたようですが

そういえば最近、タッキー(滝沢秀明)がジャニーズ事務所を退職しましたね。

久々にタッキーの写真を見て不謹慎にも『小室圭にソックリだな』と思ってしまいました。※タッキーすみません!

確か眞子さんはタッキーの大ファンというニュースを過去に見ました。

やはり血筋かな?眞子さんは小室圭の外見に惚れて中身はどうでもいい!何とでもなると判断して結婚されましたね。

確かに、中身ポンコツでも宮内庁と総領事館のサポートチームが全てお膳立てしてくれるので本人たちは何の問題もありませんが、そのために無尽蔵に税金を使われてはたまりません!

83
返信する
匿名

NHKの大河ドラマの主演が、滝沢秀明 石原さとみになった時、創価学会から金が流れた❗️と言われた。

それは全くのデマで、NHK経営陣が創価学会(旧統一教会)だった❗️

63
1
返信する
匿名

タッキーににせて、整形したとかかれてましたが、
膿の王子のときの写真からもかなり顔違ってますよ。

この頃は、メインテナンスもできてないのと
内面が、現れてきて、卑しい面相に。
整形する時間が、あれば、ちゃんと勉強しろよ。

77
返信する
匿名

小室圭は眞子さんの男娼ですから、これから金(税金)と時間をかけて『眞子専用タッキー』を作りあげていきます。

60
返信する
匿名

香淳皇后だからこれぐらいの叱責で済んだ。
貞明皇后なら皇居からさっさと出ていきなさいと追い出された。

89
返信する
匿名

キコより前、元祖、能面顔だったミテコのくせに「ムッ」と表情を歪めたなんて、一番痛い真実を突かれたのが分かりますね。

その恨みから、倍返しのように自分にメロメロの明仁を操り、しきたりなどを自分勝手に変貌させ、晩年の香淳皇后をマスコミの前に晒し者にして、皇室を牛耳る女帝にまで成り上がった。
最低最悪な魔性の女。

98
返信する
石原元都知事は、ミチコのことを見抜いていたのですね。

「あれをした青年」とは『文藝春秋』1959年8月号に石原が著したエッセーである。同年4月10日、東京で行われた「皇太子成婚パレード」で皇太子夫妻(現在の天皇皇后両陛下)の乗った馬車に投石して逮捕された「皇太子成婚パレード投石事件」の犯人少年が石原の宿泊地を訪ねて「僕の気持ちを聞いてもらいたい」と申し出、それを受けての一文だった。
投石した少年は石原にも警察にも、その後のメディアの取材にも一貫して犯行の動機を次のように語っていた。

皇太子夫妻が住む東宮御所が2億3千万円もの巨費を投じて新築された。ミッチーブームに引き続いたパレードのバカ騒ぎも腹が立つ。なぜならば自らの地元も含めて貧しいまま困っている国民が多数いるなかでの天皇家の振る舞いは何だ。投石後は馬車に駆け寄って退位を促す直訴をするつもりだった、と。
興味深いのは少年の言い分を紹介した後の石原自身の感想だ。「あれをした青年」の最後に石原は次のように結ぶ。

「天皇が国家の象徴などという言う言い分は、もう半世紀すれば、彼が現人神だと言う言い分と同じ程度笑止千万で理の通らぬたわごとだと言うことになる、と言うより問題にもされなくなる、と僕は信じる」
「彼(投石少年)の話の殆どが殆どの人間に理解されるだろうことを僕は信じる。(中略)現代では狂っている人がまともで、まともな奴がおかしいと言うことを誰もが感じているはいるのだ。その誤謬を修正する直接の行動のためには、今日では矢張り一種の狂気に近い誠実さと勇気がいると言うことも」

83
返信する
匿名

同じ頃この投石青年と同じ年齢のカワタツ青年は、「娘ができたら皇室に嫁がせよう」と思い描いていたのかも。。

64
返信する
匿名

当時少年だった人物が、今の秋篠宮家と小室夫妻を見たらどう思うか?

今度は山上氏以上の事をするかもしれませんね。

69
返信する
ナルヒトム

マサコも色々な人たちから「皇太子妃は外交官ではありません。男児を産む機械です」と言われ続けたものである。

5
62
返信する
匿名

ケンタッキーフライドチキン!全世界から愛される味!

圭タッキープライドチ○コ!眞子さんだけ虜です。

21
返信する


埼玉の極右

昭和帝、香淳皇后ともに、いかに人を見る目があったかがよくわかります。
皇室を悪くした悪の元凶の皿さえ皇室に入れなければ、今のような事態にはならなかったですね。

76
返信する
匿名

鬼子とKK親子も追加します。きちんと、971が細かく家系などを調べていたら、このようなことにはなっていなかったはずです。

35
返信する
野萩

良子皇后は「時代が違うのだからあまり縛り付けずに」という、皇太子妃(当時)擁護の姿勢だったそうですよ(このままの台詞を言ったわけではないですよ)。
それをいいことに皇太子妃は好き放題し、挙げ句お優しい良子皇后に「意地悪姑」というレッテルを貼った。そして皇后になったら皇太后陛下を過去の人として扱い、在りし日の良子皇后とはすっかり変わってしまった認知症となった皇太后陛下のお姿を国民の前に晒した。
これを「慈愛の皇后陛下」と崇め奉ってきた国民には、皇室を正しい方向に戻す義務があると思います。平成夫婦を未だに崇め、腰巾着夫婦に何としてでも皇統を移そうと画策する男系男子カルトの力を削ぐこと、つまり選挙権を行使し男系男子カルト自民党の力を削ぐ、これが平成夫婦・腰巾着夫婦にできる唯一の抵抗だと思います。
勿論、世論調査で愛子天皇待望の意志を示すことも重要ですが、皇室典範改定は議員の仕事です。議員に女性天皇容認派が増えないと典範改定は成されません。

68
返信する
匿名

どうしてあんなにお皿やマントを作ったのでしょう。じつは、一度着たら破れる粗悪品だったとか?

女性皇族のファッションショーに関心ありません。関心を持つと、国民が期待してると浪費の根拠にされそう。

36
返信する
匿名

「皇太子妃は芸能人ではありません」
「皇太子妃は芸能人ではありません」
「皇太子妃は芸能人ではありません」
「皇太子妃は芸能人ではありません」

香淳皇后 正しい。
香淳皇后 正しい。
香淳皇后 正しい。
香淳皇后 正しい。

57
返信する
とくちゃん

皿ババアが苦悶の顔芸で心肺停止、オータム家は遂に赤坂を追放され、クズ娘夫妻は詐欺や日本国益濫用で懲役100年、般若一族はお郷で生卵のヒットに怯える日々を。

後代の侍従長が記録し残してくれる未来を願ってやまない。
穢された平成を令和の浄さで塗り替える未来を願ってやまない。

49
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です