「雅子には女児を生ませなさい!」紀子さまが、安達医師に与えた極悪ミッション 仁義なき皇位継承争いで宮妃暴走


文・もっちゃん

眞子さん出産で日本帰国か

先月10月21日に、NY州司法試験合格を果たした小室圭さん。秋篠宮殿下がかねてから要求していた、結婚生活での安定した経済的基盤を確保した現在、宮内庁の関心は、お二人の子作りの問題に集中しているようです。

また、お2人が子供を作る上で、重要になるのが、日本で出産するのか、NYで出産するのかという問題です。

当然、いまだ慣れない異国の地であるNYで出産をするより、日本で出産する方が様々なサポートを受ける上で、便利であることは間違いないでしょう。

ですが、問題は、眞子さんの日本のマスコミに対する嫌悪感のようですね。眞子さんは、小室圭さんとの結婚騒動で、散々マスコミからバッシングを受けたことで、すっかり日本嫌いになっておられ、周囲の知人らには、「二度と日本に戻りたくない」などと語られているそうです。

眞子さんを一時帰国させ、万全の態勢で出産のサポートをしたい宮内庁と、二度と日本に戻りたくない眞子さん。「デイリー新潮」は、そんな両者の間の確執について次のように報じています。

小室圭さん(31)が、3度目の挑戦で悲願となっていたニューヨーク州の司法試験に合格し、今後は妻・眞子さん(31)の「おめでた」に焦点が当たっている。宮内庁側も一気にその対応モードに入ったというが、具体的にどういったシミュレーションを行っているのだろうか。

「圭さんの司法試験が片付くまでは“おめでた”について対応を考えることはないだろうというのが、宮内庁の人たちの認識だったと思います。その背景には恐らく、秋篠宮さまと眞子さんとの間で、それを裏付ける話というか約束のようなものがあったということです」

 と、担当記者。奥歯に物が挟まった物言いだが、要するに、試験に受かるか、不合格になったとしてもそれなりに落ち着いた状況にならない限り、次のステップは控えましょうということは秋篠宮さまと小室さん夫妻との間では共通認識だったということなのだろう。

 このことを前提にすれば、これからはその「次のステップ」が2人にとっても、そして宮内庁にとってもテーマとなっていくということのようだ。

 どういった点がシミュレートされているのだろうか。

「まず、ニューヨークか、それとも一時帰国してかということがあります。現時点でどちらの可能性もあるということでした。ニューヨークの場合は現地の総領事館が、そして帰国した際には宮内庁がある程度のサポートをすることは間違いないでしょう」(同)

 宮内庁としては、何かと状況を把握しやすい「里帰り出産」を希望する向きが強いようだが、

「眞子さんは去年の渡米前、複雑性PTSDに罹患していることが明らかとなりました。加えて、“日本を出たい”との思いがことに強く、ニューヨークでの生活も眞子さんの願望が反映された形だとも言われています」

 そういったいわば日本アレルギーのような心情は、皇室への特別扱い批判や秋篠宮家に対するキツい風当たりによるものだともされた。

「その気持ちが1年経ったくらいで変わるとも思えないということから、里帰りの可能性は極めて薄いと指摘する宮内庁の人間も多いようです」(同)

「デイリー新潮」(2022年11月4日配信)

いつまでも続くロイヤルサポートに国民の我慢も限界

こうした宮内庁から小室夫妻に対する出産サポートに関する情報について、ニュースサイトのコメント欄では、「いつまで、宮内庁はサポートを続けるんだ?」「司法試験に合格したのだから、さっさと自立しろ!」といった手厳しい意見も書き込まれています。



一般人になった元宮家の生活に対して、こうした手厚いサポートが付くのが普通なのかは良く知りませんが、国民に対してあれだけ大見得を切ってさっさと日本を後にしたお二人に、日本政府が人的・物理的・金銭的支援を継続的に行なっていくことに違和感を感じる国民は少なくないと思います。皇室と繋がることが主目的のご主人やそのお母様にとっては、まさにしてやったりの状況でしょうし、更に、皇族利権や血税由来の金銭が浪費される事態が展開されていくことを懸念します。合格率70%の試験に三度目で受かった方には相応の業務しかこないとは思いますが、少なくとも今後からは自分達の力だけで、身の丈に合った慎ましい生活を送られていただくよう、望みます。

ところで、眞子さんの妊娠・出産に関して、「週刊新潮」(2022年11月3日号)にて、悠仁さまの出産にも携わった、男女の産み分けに関する専門家でもある安達医師がNYへ派遣されたということも話題になりました。

3度目にしてニューヨーク州司法試験に合格した小室圭さん(31)。悲願を達成した小室夫妻にとって、次なる目標はかねてより準備してきた子作りだという。その証拠に、悠仁さまが帝王切開で誕生された際に主治医を務めた医師の“愛弟子”が極秘で渡米し、眞子さんに接触。先々の妊娠、出産を見据えてアドバイスをしたのだという。(中略)

「16年前、紀子さまが悠仁さまを出産なさった時の医療チームのメンバーでもあり、現在は皇室とゆかりの深い『愛育病院』の名誉院長を務める安達知子先生が、今年の5月以降、複数回にわたって渡米し、眞子さんとコンタクトをとっているのです」(同)

「週刊新潮」(2022年11月3日号)

紀子さまが安達医師に与えられた極秘ミッション

この安達医師ですが、実は、かつて紀子さまからの指令により、雅子さまの出産のサポートもしていたそうで、そこで、ある極秘ミッションを与えられていたことが宮内庁の内部では噂になっているようです。

「これは、あくまで噂に過ぎないのですが、紀子さまからの指令により、安達医師が雅子さまの出産をサポートした際に、紀子さまは、この安達医師に対して、“雅子さまに女児を生ませるように”という極秘ミッションを与えられたといわれています。

果たして、このような紀子さまから与えられたミッションが功を奏したのかは定かではありませんが、実際に、雅子さまは、男児を出産する予定であった最初の妊娠は、流産という結果に終わり、その次の妊娠では、女子である愛子さまをご出産されました。

秋篠宮ご夫妻の第三子が男子と判明した際に、多くの関係者が“やっぱりそうか”と感じたのと同様に、両陛下の第一子が女子であることが判明した際にも、関係者の多くが“やっぱり”と感じたようですね」(宮内庁関係者)

皆さんは、このように何が何でも皇統簒奪を実現させようとする紀子さまのご姿勢について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

28 COMMENTS

静岡バラック出身のキコへ

「男児を出産する予定であった最初の妊娠は、流産という結果に終わり」

男子だったので無理矢理流産にさせた・・・という記事をどこかで読みました。

美智子と川嶋キコだったら、やりかねませんね!!
あの鬼畜女どもめ!!!

116
返信する
匿名

妊娠をスクープされたショックで、雅子さまは流産してしまったという。
スクープした朝日の岩井は、秋篠宮家の手下。皇位継承の有識者会議のメンバーで、「内親王家(要は女性宮家)」なるものを提唱している。

雅子さまの「生まれてきてくれてありがとう」に、まさかそんな重い意味があったとは。

106
返信する
匿名

なぜ雅子さまのご妊娠にキコが意見するのか。こんな劣悪な環境では、雅子さまが体調を崩されるのも納得です。

マコは皇室、日本を出たかったんだから、放っとけよ。好き勝手して出ていったのに、まだまだ続くサポート。ほんとにウンザリ。
同時期にご結婚された、絢子さん、けいさんご夫妻とはどうしてこうも違うのか。

コムロ以上にキコが皇室にいることがありえない。早く殿下がコーシから退き、即位辞退宣言なさるのを待つしかないのか。

122
1
返信する
匿名

雅子さまの出産に関して書かれていることが事実だとしたら、指示を出したのは表向きにはキコでも、黒幕は皿ですよね。
皇統簒奪も、皿が秋家に皇統を移したがっていて、キコがそれに賛同して動いているんですよね。
この医師をNYに派遣したもの、そうなると皿のはずで、彼女がここまで必死に動いているとなると、やはり例の疑惑。

・秋は偽皇族なので、ヒサはマコの卵子と皿の夫の明の精子で男児産み分けをして、キコが代理母になった。
・秋の娘のマコは秋同様偽皇族で、更にヒサに遺伝的な障碍が生じたので、皿とキコは優秀な女性の卵子と皿の夫の明の精子で男児産み分けをして、マコを代理母にするために安達医師を派遣した。

この説の信憑性が増します。

99
3
返信する
匿名

この記事では「お察しください」ということで「宮内庁は」「宮内庁は」と表現されていますが、これは「皿とキコは」ということなんですよね。
つまり「皿とキコ」は皇統簒奪のためにNY夫妻に子作りに専念してほしい、そのために日本に帰ってきてほしい、そして、日本で出産してほしい。
つまりまあ、そういうことなんですよね。
ただ愉快なのは、肝心のマコが「皿とキコ」のようには、この計画に熱心ではないこと。
マコはただ「そんなのめんどくさい」「そんなのかったるい」ということなのでしょうが、それで結構、国民はそれで全くかまいません。
マコがだらしなくて、頼りにならない状態でいる間に、秋家がますます窮地に陥り、願わくば皿が割れてくれば、国民は万々歳というものです。

94
返信する
匿名

例の疑惑、凄いですな。
しかし、そうなると、また障碍児が生まれることになる。
いくら卵子が優秀な女性のものでも、母体が眞子(栄養、胎教的にどうか?)、精子がアレレの明(年齢的にもかなり劣化、障碍が出ている)では、二の舞になると思われる。
精子の劣化は安達先生もご存知かと思うのですがね。

20
返信する
匿名

秋篠宮家の方々が雅子さまに「女児を産ませるよういう権利」なんて、どこにもありません!

74
返信する
匿名

マイナスな感情は持たないように生活しているのに、
このミヤ家とこの庁は
国民の心をざわざわ波立たせる為に存在するのでしょうか。

人の道から外れ、人を蹴落とす事ばかりしている姑と嫁。なぜかそれに手を貸す庁。
一般人には理解できません。

いろいろな策を講じても、
変な方々の所には変なお子様しか授からず、今上天皇皇后両陛下のお子様は珠のような宝物、敬宮様がおうまれになりました。日本国には有りがたいことです。

朝見の儀もしていない、国民を見下して今なお我が儘放題、し放題の紐負債など支援する必要はないと思います。

84
返信する


匿名

「雅子さまが男子を流産するように、妊娠中の検査でわざと刺激を与えた」という噂の信ぴょう性が高まってしまった。

新婚時のハードスケジュールからも、皿が雅子さまの妊娠を妨害していたのは明らか。
雅子さまの主治医をやめさせて、第二子妊娠を妨害。

本当に皿は恐ろしい。雅子さまがお気の毒でならない。

103
返信する
匿名

どうせこんなことだろうとおもっていました。良記事です。

最初のお子様を流産された事件そのものに犯罪性を感じておりました。食物に薬物が混入されるとか、階段から落とされる、転倒するようにピアノ線が通路に貼られていた、薬物でフラフラにされた等々の可能性。

韓ドラだったら、ここに最大の見せ場がくるところです。
静岡駅南出身者のたくらみそうな悪事というべきでしょう。

しかし、やはり因果応報ですね~。
そこまでして、両陛下を陥れるため工作し、こしらえた人造人間男児がカタワだったり、障害児だともっぱらの噂です。
ずっと報道規制が引かれたままの異常事態。しかも性犯罪傾向だけはしっかりでている、ろくでなし坊主ときた。
皇祖神は、偽皇族の分際で、皇統を盗もうとする一家に、これからも容赦ない天罰を与え続けるでしょう。

86
返信する
匿名

雅子さまの第一子の流産は「稽留流産」でした。
公益社団法人 日本産科婦人科学会のサイトによると「胎児は死亡しているが、まだ、出血・腹痛などの症状がない場合。自覚症状がないため、医療機関の診察で初めて確認されます。治療として、入院して子宮内容除去手術を行う場合と、外来で経過を見て自然排出を期待する場合があります。医師の判断や患者さんの希望によりどちらかを選択します」とあります。
雅子さまは子宮内容除去手術を行っていらっしゃいます。

あなたは最初の流産の犯罪性と書いていらっしゃいますが、まさかとは思いますが、もし、本当は胎児が死亡してなくても、胎児が男児であることを確認した医師に「残念ですが稽留流産です。母体の安全のため早急に子宮内容除去手術を行う必要があります」といわれたとしたら?

ただ雅子さまが稽留流産の手術をされたのは、ある記事によると1999/12/30でわずか妊娠7週目だったとあるので、その当時、妊娠7週目で性別が判別できるかどうかは、私もわからないのですが。

42
返信する
匿名

そのことがあってから、妊娠検査には今上陛下も立ち会うようになった(変なマネができないようにけん制)という噂です。

憶測ですけど、皿は当初は男子であろうと女子であろうと産ませないつもりだったのではないかと思います。雅子さまを「うまずめ」にして、雅子さまをこきおろしたかったのでは。
ところが今上陛下が立ち会うようになったので、「女子だったらまあいいだろう」と譲歩するようになったのかも。

65
返信する
匿名

見て子は胞状奇胎により子宮全摘されたといわれていて、その恨みから、雅子さまをも同じ目に遭わせ、巻き添えにしてやろうと、正常な子宮なのに、故意に病気をつくるような陰謀を巡らしていたとは思えませんか。

共産圏では指導者は病院を極度に警戒します。
権力者にとっての診察は諸刃の剣であり、医師達が嘘をついて、手術させおかしくすることなどわけないことだからです。

42
返信する
匿名

ひいめろくんを人口授精させた医師たちは、最初の遺伝子検査で早や障害児だとわかり、母親に警告を発したが、男子ならどうしても欲しいというので、障害児でも最後まで育てることを誓約させて、おっかなびっくり子宮に入れたという話がありましたね。

逆に女児しか生まれないように工作させたのに、出来た子は超のつく天才児。やはり皇祖神に逆らってはいけません。

76
返信する
匿名

>男子だったので無理矢理流産にさせた・・という記事

流産の話は聞いていましたが、まさか「無理やり」
だったとは!
頭がクラクラしてきた。
この頃から鬼と化していたのか。
背後には古皿が見える。

本当なら・・・
安達医師に問いたい。
白衣が泣いていませんかー?
正々堂々と医師と名乗れますか?
師匠と名乗る中林医師もお仲間でしたか?

今回の渡米でどんなご褒美があるのでしょう。
ヤフーでは大きく安達医師の写真が掲載されましたね。
国民は写真を保存しました。

>眞子さん出産で日本帰国・・
言語道断!
国民はあなたを受け入れません。
安達医師も同様です。

もっちゃん、
さらにさらに平成の悪事を暴いて下さい。

宮内庁よ、皆立ち上がれ!

75
返信する
匿名

愛育病院のHPに写真載っているよ。
ご褒美に名誉院長になったし、病院も綺麗に建て替えてもらったもんね。

15
返信する
敬宮愛子さまは素晴らしい。

あの手この手で作った3人の子どもは見事に池沼の問題児。
親の遺伝もあるだろうけど、教育費たんまり掛けて侍従の手も借りて、あの仕上がり。

長男は、紀子さんの40歳誕生日直前の吉日に帝王切開で、2500g未満で産まれたけど、新生児保育室に入れることを紀子さんが拒否。
1億円近く掛けて長男のために療育棟を建て、戒厳令を敷いて医師看護士10人体制で世話させて、結局 幼稚園から特別待遇皇室特権で裏口不正入学卒業の繰り返し。

すべて税金だからこそ強行できた、贋皇族:秋篠家のお家芸。絶句❗️

3人寄れば文殊の知恵❓️
クズ3人寄れば、300倍大変だ❗️

73
返信する


匿名

今回の皇室新聞の記事にはくびをかしげます。
理由は皇后陛下が愛子さまをご懐妊・出産された
ときの主治医は堤医師であるからです。
安達医師は皇后陛下の主治医になったことは
ないはずですが。

皇后陛下のご懐妊を妨げようーという動きが
宮中であったことはたしかなようですが。
「皇室報道の舞台裏」(KADOKAWA)によると、
皇后陛下(当時は皇太子妃)流産のあと、
鎌倉節宮内庁長官(故人)は堤医師を皇后陛下の
主治医に起用しようとしたのですが。
オク(この場合は侍従職)が猛反対したーとのこと。
(鎌倉宮内庁長官はオクの反対をおしきり、
 堤医師を起用)
オクの反対=眞子さん天皇希望の上皇后の反対
ということでしょう。
上皇后は「女帝」とかげでよばれていたーというのは
週刊誌等に取り上げられておりますし。

きこさんがうみわけして親王(悠仁さん)を
産んだ可能性は高いと思いますが。
(懐妊6週目で国会の皇室典範改正審議をとめたのは、
 うみわけして男児を懐妊していたからでしょう。
 懐妊6週目では胎児の性別の判断は無理です)
「雅子さんに女子を産ませろ!」
という命令をだしても、医学的に考えてそれは
不可能なことです。
理由は当時の堤医師は不妊治療においてはタイミング法と
人工受精までは扱っていたそうですが。
体外受精は扱っていなかったからです。
(両陛下はうみわけして男児を授かろうというお気持ちは
 なかったようです)

34
返信する
匿名

訂正と補足

「皇室報道の舞台裏」皇室担当記者OB(角川oneテーマ21)

皇后陛下(当時は皇太子妃)の流産から
愛子さまご誕生までの舞台裏を
描いた本です。
(皇太子妃いじめの主犯扱いされてきた
 鎌倉節宮内庁長官が実は堤医師の起用のために
 活躍した逸話も書かれております)

「愛子さまと悠仁さま
 ー本家のプリンセスと分家のプリンス」
 大島真生 (新潮新書)

17
返信する
匿名

「女子を生ませる」=「男子だったら流産させろ」ということでは?
キャッチ―に書くもっちゃんですら、オブラートに包まざるを得ない闇・・・

23
返信する
匿名

小皿の業の深さにはほとほと呆れてしまいます。
もうじきお迎えがくるというのに、これでは雅子さまにしてきた悪事でもって完全に地獄へ堕ちてしまうでしょう。

水子ということになる最初の男児ですけど、もし何らかの人為的流産工作があったのなら、それは傷害罪になります。

57
返信する
匿名

訂正と補足

「皇室報道の舞台裏」
皇室担当記者OB(角川oneテーマ21)

皇后陛下(当時は皇太子妃)の流産から
愛子さまご誕生までの舞台裏を
描いた本です。
(皇太子妃いじめの主犯扱いされてきた
 故鎌倉節宮内庁長官が、堤医師の起用のために
 活躍した逸話も書かれております)

「愛子さまと悠仁さま
 ー本家のプリンセスと分家のプリンス」
 大島真生 (新潮新書)

悠仁さん誕生の舞台裏が描かれています。
きこさんが産科医(中村医師)に
「どうしたら男の子が授かるか?」
と尋ねていたーという逸話も書かれております。

「タブーの正体
 ーマスコミが「あのこと」にふれない理由」
 川端幹人(ちくま新書)

著者は「噂の真相」の副編集長。
菊タブーや宗教タブーなどの
マスコミにおける「タブー」について
書かれております。
皇后陛下の主治医であった堤医師は
当時は不妊治療においてはタイミング法と人工受精までは
扱っていたが。
体外受精は扱っていなかった。
「愛子さまが体外受精で授かったお子さまーという
 噂は間違った情報である」
だそうです。

34
返信する
とほりすがり

雅子さまが二度妊娠されたときの主治医は東大産婦人科の堤治です。
彼と直接の繋がりのない安達知子医師が雅子さまを診察したという事実はあるのでしょうか?

12
返信する
匿名

今の時代に、遅れに遅れた男尊女卑思想、なんとかなりませんかね。

若い人たち、無関心でいると、
小室圭みたいなグウタラ野心家に、税金回されて、いつまでたっても生活が安定しませんよ。どうか危機感を持って選挙に臨んで下さい。

18
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です