紀子さま「仮面夫婦」も限界に…秋篠宮さま「夜遊び」に沸点突破


国民からの祝福と皇嗣殿下

小室圭さんがNY州の司法試験に合格してから、2週間がたちました。カンニング疑惑が根強く残っているとはいえ、一応、秋篠宮ご夫妻が心配していた「ニューヨークでも自立した生活」を達成することができたといえます。11月30日には秋篠宮殿下の誕生日会見が公表され、そこでも小室夫妻に関する質問が入る模様です。

思えば、令和になってから秋篠宮家には、自業自得という逆風が吹き荒れました。即位礼では、満面の笑みで高御座から国民の慶賀を受けられた天皇陛下のお隣には、どこか不安げに前を見つめる皇位継承順位1位・秋篠宮さまのお姿がありました。そして今や、正式に「皇嗣殿下」となって両陛下をお支えするとともに、そのご一家は引き続き皇位継承権者をお二方擁する、きわめて重要なお立場となられています。

が、さる秋篠宮家に近い皇室ジャーナリストはこう語る。

「最近の秋篠宮さまは、ようやく名実ともに皇嗣となられたものの、折からの『小室問題』がきっかけで、紀子さまとの確執も増え、夜遅くに深酒してご帰宅になることもしばしばだそうです」

そういえば、秋篠宮さまは酒や抗不安薬が手放せないという週刊誌報道もありました。

「そもそも、登山やジョギングで体を鍛えている皇太子さまに比べ、秋篠宮さまは体力に自信があるタイプではいらっしゃらないそうです。それなのに夜になるとお酒に手が伸びることが多く、『抗不安薬』に頼ることも多くなっていると聞きます」(前出・秋篠宮家に近い関係者)

女性セブン2019年5月9・16日号

この報道から3年以上経っています。その間に無事に立皇嗣の礼も終えられ、一応は眞子さんも結婚され、小室圭さんは司法試験にも合格し、年収3000万円以上となりながらニューヨークで生活を営んでいます。安心要素は激増しているにもかかわらず、「深夜遅くのご帰宅」とは一体どういうことなのでしょうか?



秋篠宮さまの午前様

秋篠宮ご夫妻

 

「以前は家で過ごしていた秋篠宮さまですが、コロナウイルスの感染状況も落ち着いたこともあり、昨年の夏ごろからでしょうか。殿下のご帰宅が午前0時を過ぎることが多くなり始めました。おおむねの場合『知人との会食』と宮務官を介して紀子さまに言伝をしてから出かけられるのですが、先月はそれがなく、予定を知らせずに午前様になった日が何度かあったのです」(秋篠宮家に詳しい皇室ジャーナリスト)

確かに、帰宅が深夜を超える場合は妻に連絡をするのが既婚者としては当然でしょう。

「“仮面夫婦”とは言えどもやはり、一応妃殿下ですので、紀子さまとしてはあまり面白くはありません。なぜ無断で深夜まで外出するのか、知人と夜更かしして遊んでいるばかりで悠仁さまの養育は上手くやっていけるのか、と玄関先で声をお荒げになることもしばしばです」(同上)

しかし、宮家の当主ともなれば会食が続くのは仕方がないように思います。また、仮にその“知人との会食”が、ホステスのいるようなお店でされていても、他の女性に走るよりは非常に健全なことではないでしょうか。家の外でこそ、安らぎと寛ぎの場が得られることが多いのも男性の姿です。それに、日本には「亭主元気で留守がいい」という格言もあり、少々の帰宅の遅れには寛容になってもよいのではないでしょうか。

豪快な夜遊び帝王

しかし、「いや、ちょっと、どうやら、そのような簡単な話ではないようなのですが」と、この“秋篠宮さま夜遊び情報”について、今度はある秋篠宮家職員がこう話を聞かせてくれました。

「普通は主人の帰りが遅いことが何度か続けば、奥さんは女性の影を疑いますよね、それは紀子さまとて同じことです。当然、スナック、キャバクラ、さらには風俗店に通って豪遊しているのではないか?とお疑いをお持ちになり始めました。

なにせ秋篠宮さまは20代の頃はイケメンで長身のプリンスとして大学では女子大生から大変な人気者でしたし、成人してからは寛仁親王とつるんで新橋や銀座で豪遊し、あるお店の月の売り上げの10%を二人ではじき出したという“伝説”をお持ちの秋篠宮さまです。紀子さまとしては『結婚以来、封印していた“男気”が復活したのではないか』と疑い始めたのです」(秋篠宮家職員)



しかし、皇嗣たる皇族、しかも3人の子供のいる立派な壮年の皇族がそんな豪快な夜遊びをできるものなのでしょうか。

「先月のある夜のことです。立皇嗣の礼が終わって数日後のことでした。この日も深夜に赤ら顔で帰宅した秋篠宮さまが宮邸に入られますと、紀子さまは『あなた…、近頃、帰りが遅いですが、まさか夜のお店には行ってらっしゃいませんよね?』とお尋ねになりました。すると、秋篠宮さまは『なんで? 行ってないって!』と恐怖に引き攣られつつ笑いながらおっしゃいました

このように紀子さまがお疑いを持たれるのは理由があります。というのも、秋篠宮様はかつて、公務だと偽って、バンコクで夜遊びをされたことで何度も繰り返し週刊誌を騒がせました。その時の記憶が紀子さまの脳裏には色濃く残っているのでしょう。紀子さまに何度か追及された後、秋篠宮様は『打合せだと何度言わせるんだ!』と声を荒げたので、職員一同、とても驚きました」(同前)

沸点を突破した紀子さま、怒髪天

紀子さま

 

そして、そう言い訳を続ける秋篠宮さまに対して、ついに紀子さまの瞬間湯沸かし器が、その沸点を突破したそうです。

「紀子さまは御所にまで届きそうな、まるで法螺貝のような奇声を上げ、『いい加減にしなさいよ! バンコクの時と同じでしょ? 火のない所には煙は立たないの!』と仰いました。そして『全部知ってンだわ!』と、言い捨てて自室へ戻っていかれました。この紀子さまのプッツンに、秋篠宮様も驚かれたのか、呆然とされて『今回は違うのに…』とポツリと呟いておられました。

呆然とされる殿下をしり目に、その場に居合わせた宮家職員は居心地悪く立ち上がり、何も見なかったように事務棟へ一目散に退散したそうです。後ろ目に殿下を見ると、『絨毯の上にペルシャ猫のようにうずくまっている殿下がチラッと見えた』とのこと。本当に、秋篠宮家はこれからどうなるのでしょう…」(同上)

11月30日付で職員が2人退職したという秋篠宮家だが、その理由はきっとこの件が関係しているのかもしれません。しかし、本当に秋篠宮殿下は浮気をしているのでしょうか。



この件について元宮内庁職員の佐川良子さんに話を伺いました。

「殿下はむかしから遊び人で、寛仁親王に憧れていましたからね。寛仁親王と銀座や新橋で豪遊することを『試合』という隠語で呼び、そこから吉原のソープランドに繰り出すことを『他流試合』と隠語で呼んでいたと皇宮警察の方から聞いたことがあります。たまに、『海外他流試合』というのもあったそうです。吉原の高級ソープランドの売り上げの10%を宮様お一人ではじき出して非常に感謝され、吉原から『宮さまに特殊浴場協会の名誉総裁になっていただこう!』と打診されたこともあったそうですよ。

さすがに最近はおとなしくなったようですが、不安が強いほど、『やる気』が出てくるのが男の性(さが)ですので、また往年の『みなぎる男気』が戻ってきたのではないでしょうか。ともあれ、夫婦仲が良くなることを期待します」(佐川良子さん)

26 COMMENTS

匿名

二代目正田美智子を襲名して、税金をむしゃぶりつくす極楽自愛生活を満喫する予定です。

40
1
返信する
匿名

「皇族の方」は我々一般人と違い、離婚はできません。

夫婦仲が悪いことなど、我々一般人には関係ありません。

私から見れば、秋篠宮さまと紀子さまは「お似合い」だと思います。

なぜなら、「国民に寄り添わずに、特権と血税は湯水のごとく使って、国民の不満が出たら、国民は現実を指摘しているだけなのに『誹謗中傷』」と「私たちは被害者‼︎」
という意見を示してくるからです。

なので、秋篠宮さまと紀子さまは非常に「とても非常識な夫妻」という面でお似合いだと思います。

110
返信する
匿名

「令和になってから秋篠宮家には、自業自得という逆風が吹き荒れました」
すばらしい表現ですね。
ここでは秋には世田谷と京都に愛人がいて、世田谷の方には男子の隠し子がいて、その子が学習院に通っていて、ヒサよりも優秀と聞いています。
そして、タイにも王族筋の愛人がいて、そちらの方が本妻なのでは、といわれているとか。
もちろん、そちらにも隠し子が何人かいますよね。
秋が皇太子ではなく皇嗣という「お車代」を受け取れる、外廷皇族に収まったのも、そのせいですよね。
ああ、それからキコさんは「本当に男気のあるテーミス」が記事にした、ジャニーズの愛人とのことは、どうなっていらっしゃるのでしょう?

93
返信する
匿名

しかし、秋は愛人は何人もいて、風俗の帝王で、娘のマコともおかしな噂があって、はっきりいって下半身がすべての「ヘンタイ」じゃないですか。
どうりで息子のヒサもおかしくなるはずです。
こんな「ヘンタイ」なにがあっても絶対に天皇なんかにしてはいけません。
11/30のお誕生日会見でとっとと即位辞退して、皇室からでていってほしい。
これが国賊以外の国民の総意だと思いますけどね。

90
1
返信する
一般人の感覚

自分が原因で義両親の関係が冷めきっても、頭お花畑の小室圭には『俺、弁護士試験合格して皇族の仲間入り!』と有頂天になっていますよ。

68
2
返信する
匿名

>11月30日には秋篠宮殿下の誕生日会見が公表され、そこでも小室夫妻に関する質問が入る模様です。

よっしゃあ!
例え意味不明な鯰語だとしても、ちゃんと答えてくださいよ!!

68
返信する


匿名

ki子は若いジャニーズのツバメと遊んでいるくせに夫の鯰殿下に言える立場ではないのでは?鯰殿下は昔の愛人と密会するのもありえるかも。ki子よりも他の女性に目がいくのも仕方がないですね。

51
1
返信する
匿名

これだいぶ以前の公開記事の焼き直しですね
だから今現在の話として読むと若干の違和感があります

というのも、現在は紀子も眞子が寝起きしていた部屋にて
ジャニーズYOUを飼育中で夫に負けずに不倫中だからです

これではズルヒトが痴漢をし、父子で女子高生生足盗撮を
するのもお互い様と了解するようになってしまいますよね

55
返信する
匿名

「夫が浮気するなら、私だって!」

こうなる中年女性は結構いるそうですよ。
問題はBBAに言い寄る男性がいるかどうかですけど。

税金からジャブジャブ派手な中抜きをして詐取してきたお金が
有り余っていれば、息子に毛の生えたくらいの年頃のyouでも
手に入るということがバラッキーの件でよくわかりました。

ズルヒトが精神薄弱なので、自宅内での愛人同居という思春期の息子には刺激的過ぎる共同生活でも成り立っているのでしょうが、もし健常児だったら、父親の他に、少し年上のアイドルとも同居し、母が夜な夜な姉のいた部屋で荒い息をついてレッスンしてやっている声を聞かされてはおかしくなります。

思えば、義兄も母が彫金師だなんだと同棲してきていたので、こうしたみだらな関係には慣れているのでしょうけど、同じ屋根の下に棲み着いた「母親の男」とどう付き合っていくかは、NYからオンラインでアドバイスしてくれるのでしょうね。

47
返信する
匿名

金(税金)がジャブジャブ使えるご身分ですから、巷で流行っている『女性専用風俗』でも行けば良いのです。

さぁ〜出版社さん!トクダネですよ~

37
返信する
匿名

>11月30日には秋篠宮殿下の誕生日会見が公表され、そこでも小室夫妻に関する質問が入る模様です。

今年2022年誕生日会見での目玉は家族全員での皇室離脱宣言ですから、小室夫妻の話題どころでないでしょう。
あのふてぶてしい偽皇族一家が正式にいなくなってくれるなら、毎日でも国旗掲揚し、あいつらが皇室を去るまで連日掲揚し続けてあげますわ。

55
返信する
匿名

長女で皇室離脱しても税金使い放題でロイヤルニートな皇室パワー使い放題を立証しちゃいましたからね。
そりゃ離脱したくなりますわ。

34
返信する
文仁さんも紀子さんも❗️

>秋篠宮様はかつて、公務だと偽って、バンコクで夜遊びを何度も繰り返し週刊誌を騒がせました。

そういう精薄淫乱な男だから、紀子さんのハニトラに落ちたんだよね。
そのお陰で、紀子さん入内。以後 贅沢三昧の強欲傲慢ぶり炸裂❗️

すっかり皇室は穢れてしまって、国民大迷惑。清廉潔白な天皇陛下まで被害者だ。

早く皇籍剥奪を願うばかり❗️

55
返信する
匿名

国民は、秋篠宮一家と小室母子の犯罪とズルだらけに、
とっくに沸点突破しています!

53
返信する


匿名

>(きこさんに浮気を疑われて怒られて)
  絨毯の上にペルシャ猫のようにうずくまっている殿下が
  チラッと見えた

離婚できないのは天皇・皇后のみ。
皇室典範によると、
それ以外の皇族は離婚できるそうですので。
皇嗣ご夫妻も離婚は可能です。

タイの愛人疑惑は複数の週刊誌にかかれましたし。
愛人疑惑の真偽はともかく、ご夫妻仲が修復不可能であれば、
離婚も致し方ないと思います。
離婚された方が悠仁さんのためにもよろしいかと
思います。

東大裏口入学計画=教育虐待

ですので。

悠仁さんが農学部希望なら、
殿下が客員教授をされていた
東京農大にAO入試(総合型選抜)で入ればよろしいのでは?
殿下は東京農大をおきに召しておられるそうですし。

39
返信する
匿名

小室さん合格でメデタシ、メデタシとは
ならないでしょう。

1、小室さんは一橋大学大学院(夜間)では
  経営を学んでおり、法学修士号は取得してない。
 (ICUには法学部はない)
  なのに米国のロースクールに入れた‼
  ロイヤルパワー入学ではないか?

2、眞子さんはもう皇族でないのに。 
  外務省職員たちが小室夫妻をサポート。
  年に億単位の警備費用も日本政府が支出。
  小室夫妻の特別待遇はやめてほしい。

等々の意見があります。
秋篠宮邸の改修費用が皇居の御所の改修費用より
かかっているのも不可解ですし。
2年後には悠仁さんが東大農学部にロイヤルパワー入学
しそうですし。(推薦入試悪用)

34
返信する
匿名

紀子さんは第2婦人とかー。
知らなかった。
となると第1婦人は鯛の人ですか?
あるいは世田谷区?

28
返信する
匿名

今上陛下や雅子皇后様や敬宮愛子内親王を
散々、愚弄して、嫌がらせをする鬼子妃は
秋篠宮皇嗣と離婚して川嶋鬼子にもどれば
いいと思います

般若、守銭奴の醜悪な鬼子妃がいなければ
雅子皇后様の心の傷も癒えることでしょう

自分で選んだ伴侶との熟年離婚もこれまた
ある意味自業自得の人生の在り方でしょう

26
返信する
匿名

この方の半端ない老け込み方を目の当たりにすると
家庭内相当荒んでるんだなーと思います。

20
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です