小室圭さん、司法試験お尻にバイブレーターの遠隔操作で不正受験の可能性!「トイレ休憩後15本の鉛筆がなくなっていた」の証言も


文・もっちゃん

小室圭さん司法試験合格も他人事の宮内庁

今月21日、秋篠宮家の長女・眞子さんの夫・小室圭さんが念願の司法試験合格を達成しました。この小室圭さんの試験合格のニュースは、マスコミ各社が一斉に報道。

また、24日には、宮内庁の池田次長が定例会見にて「個人的にはよかったと思います」「宮内庁として申し上げることはございません」とコメントしました。

宮内庁の池田次長は秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんがニューヨーク州の司法試験に合格したことについて、定例の記者会見で、個人的見解とした上で「よかったと思います」と述べました。

宮内庁の池田次長は先ほど行われた定例の記者会見で、秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんがニューヨーク州の司法試験に合格したことについて問われ、「報道を通じて承知しているが、宮内庁として申し上げることはございません」とコメントしました。

そのうえで「個人的には、これまでの努力が結果に結びついたということでございます。よかったと思います」と感想を述べました。

小室さんは今年7月に3回目となる試験を受験し、先週、合格したことを関係者に伝えていました。

「TBS NEWS DIG」(2022年10月24日配信)

このように、まるで他人事のような姿勢の宮内庁池田次長の発言に関して、ニュースサイトのコメント欄では、批判意見が殺到。特に、「宮内庁は今まで小室圭を支援し続けていたのに、他人事のようなふりをするな」というような、怒りの意見が数多く書き込まれています。

宮内庁として、他の政府機関においても、様々な支援をしてきた事でしょう。

表面上、合格という結果を得ないことには、それまでの支援はなんだったのか?になりますから。

合格は最低限のことと思います。

これから先、お二方が完全に日本政府を頼らず生活されるのであれば、これで一件落着に見えますが。

セキュリティ費用、法律事務所への関与、ビザ問題、住居の問題、奥様の仕事問題、等、手放しで喜べる状況にはないと推測します。

宮内庁からのこれまでの支援は、忖度、経済、受験も含め、相当なものだと思う。

今となっては、如何にも一般人だからとし、知らんふりをしている様なコメントに聞こえる。

家の新築に44億円ですよ。

宮内庁は何してるんでしょうね、国民の税金を使い、何でそこまで忖度する必要があるのか。

宮内庁のポジションは廃止すべきだと思いますよ。

っていうか、経済的支援をしているのかいないのか、しているならその額と今後の見通しについては最低限答えるべきでは?

疑惑が続く不正受験問題

また、現在、ネットメディアなどでも話題となっているのが、試験問題を事前に入手したのではないか?という問題の流出疑惑と、15本の鉛筆を試験会場に持ち込んだことから生じているカンニング疑惑です。

試験問題の流出疑惑については、「月刊テーミス」(9月号)が報道。また、15本の鉛筆については、「文芸春秋」が報じました。



ケツ穴バイブでカンニングか?

また、現在では、遠隔操作で選択式の問題について指示を与えるというカンニング手法も流行しているようですね。たとえば、チェスの試合では、ある選手がお尻の中にバイブレーターを仕込むことで、外部から指示を受けていたのではないかという疑惑が生じ話題となりました。

不正抗議か完全敗北か、さて真相はいかに!?

ノルウェー出身のチェスの世界王者でグランドマスター、マグヌス・カールセン氏が、無名の19歳ハンス・ニーマン氏との対戦中に突然棄権するという事件が起きました。しかもたった二手目で。

一体なにが起こったのでしょう? chess24.comのツイッターにその時の様子がアップされています。一手目、先手ニーマン氏が動かし、後手カールセン氏が動かします。二手目、先手ニーマン氏が動かした後、それまで解説をしていた司会者が急に「ワット!? ノー、ノー!」と愕然とし始めます。よく見るとカールセン氏の名前の横に「Lost」の文字が。まだ二手目なので、自ら投了したという意味を理解をするのに追いつかず、あたふたしているうちにカールソン氏が画面から消えてしまったというのが一連の流れ。

果たしてなぜ世界王者カールソン氏はたった一手動かしただけで投了してしまったのか。これはどうやら理由があったようです。実はこの二人、9月4日からミズーリ州で開催されていた世界大会の決勝でも対戦していました。なんとその対局で、無名の19歳ニーマン氏が53連勝中の世界王者カールソン氏に番狂わせの勝利。その後カールソン氏は大会を棄権しています。

大勝利をおさめたニーマン氏でしたが、過去にAIを使って不正を行なっていたことが判明し、ソーシャルメディア探偵たちによって今回も不正していたんじゃないかという疑惑が浮上。しかもお尻にバイブレーションを入れて、そこに遠隔で電波を送りAIチェスの手を教えてもらっていたという疑惑が広がり始めました。これをおもしろがってさらにTwitterで拡散したのがイーロン・マスク。これでお尻疑惑がさらに加熱したというわけです。

「ギズモード」(2022年9月22日配信)

一見、小室圭さんとは関係のなさそうなこの遠隔操作の問題ですが、実は、現在、小室圭さんも同様の手法を用いて、遠隔操作によるカンニングをおこなったのではないか?との疑惑の目が向けられているようなのです。

「現在、小室圭さんのカンニング疑惑に関しては、NYの司法当局も捜査に乗り出しているようですが、そうした中で、小室圭さんが持ち込んだとされる15本の鉛筆の行方が問題になっているようです。

というのも、小室圭さんは、すでに15本の鉛筆は処分したと主張しているそうなのですが、周囲の受験生の語るところによると、小室圭さんがトイレに鉛筆を持ち込み、トイレから戻ってきた時には、何故か、鉛筆がなくなっていたというのです。

そこで、受験生や捜査関係者らの間では、その鉛筆は実は内部に遠隔操作が可能なバイブレーターが仕込まれており、小室圭さんは、トイレに入った際に、そのバイブレーター付きの鉛筆を全てお尻の穴にしまい込んだのではないかという疑いがかけられているそうなのです」(皇室ジャーナリスト)

謎の多い、小室圭さんの不正受験疑惑。皆さんは、小室圭さんは本当にカンニングなどの不正な手段で合格を勝ち取ったのだと思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名

こいつは今まで全ての悪を、経験済みの奴、
汚いこいつの尻の穴に差し込まれたバイブレータ
を使い遠隔操作していた、説が一番有力であるが
吐き気を催すほどの執念!
肉を刻んで骨を断つ、コイツの生き方はこんな潔いものではないが、何枚もの皮を剥ぎ、刻み
張り合わせ痛痒などの感覚などありはしない
整形マニアのベテラン
バイブレータなど何の違和感無しのカンニング
方法だったはずだ
まだ法の隙間を潜り抜け見え子と高笑いが見える

33
返信する
匿名

限りなくグレーに近い黒でしょうね。

今まで鉛筆に細工していたものを使っていたとばかり思っていましたが、お尻の穴にバイブレーターを入れていて、それを使っていたなんて・・・呆れて開いた口がふさがりません。

試験監督をしていた方も、気づかなかったのかしら?
不正受験に関して、ニューヨークの警察が事情聴取していますが、KKはどこまで本当のことを白状するのか、気になります。

一日も早い真相の究明と、逮捕のニュースを待つばかりです。
そして、ニューヨークの司法試験委員会の皆様、不正が分かった時点で、合格取り消し、司法試験の受験資格を永久はく奪してください。

76
返信する
匿名

ここの予想に近い話になってきましたね
試験問題を盗撮し、ライブ中継しながら、振動で正解を教えて貰う方式
でもケツ穴バイブ方式では、あの子だと過去に○○をやってたら快感体験があって感じてしまい、司法試験どころでなくなりはしませんかね?

ここでの予想は足裏バイブでしたが、それなら感じないし、試験監督にも気づかれないでしょう

47
1
返信する
匿名

残念ながら、今更何を言っても証拠がないですよね、、
でも、小室やアキ家のみなさんは、こんな話ばかりですね、、
清廉潔白とは程遠いですね。

62
返信する


何が起こっているの❓️

「高貴な日々日記」の今日の記事

◤昨今、天皇家応援ブログが なぜか 突如として 消えているという情報を耳にしました。
当ブログも例外ではなく 少しの間 落ち着くまで お休みという形をとらせていただきます。◢

何があったんでしょう。
天皇家応援ブログが突如として消えている❓️❗️
皇室新聞? 菊の紋ニュース? 列外派星くず日記❓️ ブルーサファイア❓️
菊のカーテンは、だいぶ前からタケロウ? に乗っ取られてるし……

どのブログが消えたんでしょう?
理非曲直や皇室是々非々etcは、「昨今」じゃないし…(-ω- ?)

yoshiepen’s journal?
霧の向こうのプリンスアキシノ?

いったいどうなるのでしょう。

45
返信する
匿名

司法試験は受かっても、実力じゃ無ければ
意味がないことだよ

カンニングなのか、不正忖度裏工作合格か
実務で実力を発揮できなきゃ恥ずかしい!

米国ではネイティブでMBAの資格を持ち
司法試験にも悠々と合格している人がいる

東京のUFJ銀行では仕事のできない社員

経済学の知識もなくて仕事ができるか疑問

まあ!これからボロが出ることだろうけど

42
返信する
匿名

この記事、マジで大丈夫ですか?
このサイトの信頼性を落とすための陰謀でしょうか?

26
3
返信する
匿名

長さ14㎝のバイブを15本も短時間トイレで突っ込んだら
腸は傷つくし大出血起こして救急車呼ばなきゃならん 

27
返信する
匿名

日本の政府も宮内庁も外務省も警察も
ぜんぜんあてにならない悪徳忖度裏工作!

米国のNY州警察、大手テレビ局マスコミ
小室圭の裏手口不正を炙り出してくれ!!

29
返信する
匿名

眞子が産んだ女児は…どうなっているのだろう…。
まぁ体よく施設に入れられてても、驚きもしませんけどね。

とんだ輩たちですよ。

24
返信する


匿名

すでに紀子段階で十分に穢れていますからご安心を。
紀子より小室本家のほうが出自的身分は全く上でしょう。
ただ圭与がかかったことで、秋家同様の事態になったとは思われますが。
身分は、高い方で比較するのではなく、家系中最低の身分でもって子に烙印が押されますので、低出自の女が、まんまと皇室に入り込めても、子どもの出自は全然高貴にはなれないのです。
だから皇族は、七代遡る家系調査に耐えられる家柄としか結婚しなかったのですが、紀子がはじめての家系調査拒否事例となり、案の定、子供らに良縁は来ないままですね。

31
返信する
とくちゃん

ケツ穴バイブ…すごいパワーワードwww
眞子とのアレコレで開発した奥の手なのかしら?

調査するにしたって、そんな鉛筆触るのだって厭ですよねぇ。一生モンのトラウマ必至ですよ、色んな意味で汚いなー。
ますます、目的のためには手段を選ばない人柄が見えてきました。

小室アゲの各種コメント、努力の内容を完全に誤解しているみたいで頭がお気の毒だなぁと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です