眞子さん、水子供養で緊急帰国の可能性!「身体が重い!呪われている!」の絶叫で錯乱状態に


文・もっちゃん

小室圭さん日本に緊急帰国の可能性

すでに2回連続でNY州司法試験に不合格となり、7月に3度目の受験に挑戦した小室圭さん。今回の試験でも不合格となった場合、勤務している法律事務所も解雇となり、日本に強制帰国となる可能性も高いと報じられています。

「女性セブン」(2022年9月1日号)は、今回の試験でも不合格となった場合、小室圭さんが日本に帰国し、以前パラリーガルとして勤務していた奥野法律事務所に再就職する可能性が高いとして次のように報じています。

小室眞子さんがようやく手にしたふたりきりのニューヨーク生活がいま、瀬戸際を迎えている。なかなか司法試験に合格しない小室圭さんに、眞子さんの意に反した“帰国する未来”が持ち上がっているという。夫婦の間のすれ違いの原因は──。

 新型コロナウイルス感染拡大の第7波の渦中に訪れた、行動制限のないお盆休みに、各地の駅や空港は久しぶりの帰省をする人で混雑した。しかし、昨秋結婚したばかりの若い夫婦は、結婚後初めて迎えた夏休みにも、“里帰り”の気配は見せなかった。小室圭さんと眞子さん夫婦は、遠く米ニューヨークでお盆を迎えた。

「眞子さんには一時的にも帰国の意思はないようです。秋篠宮ご夫妻とは“没交渉”で、佳子さまとだけ連絡をとっている。秋篠宮ご夫妻は、ニューヨークにある日本総領事館を通じて、やっと眞子さんの暮らしぶりを把握できるといった状態だそうです」(宮内庁関係者)

 娘との雪解けを待ち続けられるご夫妻と比べると、眞子さんは頑なに見える。しかし、帰国を拒絶するその頑なさがいま、小室さんとの間にすきま風を吹かせようとしている。

 小室さんは7月下旬、3度目となるニューヨーク州の司法試験にチャレンジした。おなじみの「ちょんまげヘア」に、大胆にも第2ボタンまで外したシャツ、短パンにスニーカーというカジュアルな出で立ちからは余裕も感じられたが、7月試験の2回目以降の受験者の合格率は約18%。ハードルは高い。もし今回も不合格となった場合、さすがに座右の銘でも「レット・イット・ビー(なるようになる)」と悠長なことは言っていられないだろう。

「3回目も不合格となれば、現在勤務する弁護士事務所から解雇される可能性も出てくる。職を失えば、当然アメリカに滞在し続けることはできません。にもかかわらず、ミシュラン星付きの高級レストランでの食事の様子が報じられるなど、3回目試験に向けても小室さんからは『絶対合格』の必死さは伝わってこなかった。どうやら小室さんは“ダメでも戻る場所がある”という考えを持っているようなのです。それは、かつて勤務していた日本の法律事務所です」(別の宮内庁関係者)

「女性セブン」(2022年9月1日号)

眞子さんとの対立も

また、同記事は、こうした小室圭さんの帰国について眞子さんが猛反対しているとも報じています。

小室さんの帰国は、眞子さんにとって都合がいいものではない。前述したように、眞子さんと秋篠宮ご夫妻の間には、埋まらぬ溝がある。

「結婚会見で国民に対してあれだけ強い態度を表明した眞子さんが、いくら小室さんのためとはいえ、帰国することはないでしょう。眞子さんにとって小室さんや佳代さんは大切な存在ですが、ふたりのためだとしても帰国はできない。それだけ眞子さんは日本から出た自分自身を守るため、絶対に帰りたくないという気持ちが強いといいます」(皇室ジャーナリスト)

 小室さんが単身帰国して日本で働けるとしても、眞子さんにはビザ問題が浮上する。

「現在、眞子さんはアメリカで働く小室さんの妻として、配偶者ビザで滞在していると考えられます。配偶者ビザでは就労することができません。そのため、活動を開始したメトロポリタン美術館でも“無報酬のボランティア”という形を取っている。

 これまで眞子さんの“理想の夫”だった小室さんが、眞子さんの意に反して帰国を主張するようなことがあれば、せっかく実現した眞子さんのニューヨーク生活に黄信号が灯ります。それは眞子さんにとって、許しがたいことだといえます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 小室さんの司法試験の合否は、10月下旬頃に明らかになる。その結果を待たず、夫婦に危機が訪れている。

(同前)

眞子さん中絶か?

こうした状況の中、NY現地のジャーナリストによると、眞子さんをNYの産婦人科で見かけたという目撃情報が数多く報告されているとのこと。

「小室夫妻に関しては、すでに複数のメディアが妊活を行っていると報じていますから、眞子さんを産婦人科で見かけたという目撃情報があることはそれほど不自然なことではありません。

ですが、気になるのは、デイリー新潮が報じた、秋篠宮ご夫妻と小室夫妻との間で交わされた約束ですね。同メディアが報じるところによると、小室夫妻は、秋篠宮ご夫妻との間で、“小室圭さんがNY州司法試験に合格するまでは子供を作らない”という約束を交わしているとされています。



そうなると、もしかすると、眞子さんがNYの産婦人科に通われていたのは、妊活に成功し、妊娠し、出産の準備を進めるためではなく、秋篠宮ご夫妻との約束を守るために、子供を堕胎しようとしているのかもしれないですね。

現時点で、宮内庁などからは、何も報告はなされていませんから、様子を見守る他ありませんが、秋篠宮ご夫妻との約束を守るために、初の妊娠で子供を堕胎したとなれば、もともと複雑性PTSDという障害を患われている眞子さんにとって、さらに、大きな精神的負荷がかかることは間違いないでしょう」(NY現地のジャーナリスト)

実は、こうしたジャーナリストの話を裏付けるかのように、秋篠宮家では、ちょっとした騒動が発生したそうです。

「これまで、日本への帰国を頑なに拒否していた眞子さんがある日、突然秋篠宮ご夫妻に連絡し、“今すぐ日本に帰国したい”と言い出したようなのですね。

どういうことなのかと、紀子さまが事情を訊ねると、なんと“一刻も早く日本に帰って水子供養をしたい”と言い出されたというのです。

果たして、眞子さんが想像妊娠でもしたのか、実際に妊娠して、子供を堕胎したのかは分かりませんが、ほとんど半狂乱のようなご様子で、“身体が重い!呪われている!”などと絶叫していたようですから、ちょっと精神については心配ですね」(秋篠宮家関係者)

複雑性PTSDと慣れないNY生活で疲弊されている眞子さん。皆さんは、小室夫妻は今後も無事夫婦生活を続けられると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



33 COMMENTS

一般人の感覚

身体が重い、呪われている?

働かないで高価な食事ばかり摂るから太ったのでしょ?

税金に頼らない生活をすれば、余計な贅肉取れますよ。

150
返信する
匿名

東京湾に浮かんだり、秩父の山で埋まったりすれば、心安らかになれると思います。

78
返信する
匿名

水子供養というか、そのような類いは一切信じないだろうし。
生死問わずA宮家は人に寄り添う気がないでしょう。
寄り添うのは権力と金と快楽のみ。

体が重いのはアメリカのハイカロリーな食事と、自他楽な生活が原因かと思います。
羨ましいご身分ですね。

109
1
返信する


匿名

複雑性PTSDの方がどなたのサポートも受けず妊娠出産は難しいのではないですか?
馬に至っては家事などした事がない上、子供を育て上げる母上など見たこともないのですから、まず無理な話。
今まで何人の水子さんがいるのでしょうか。
母上のも合わせれば、鯰一家は相当数の水子さんに呪われていると思われます。
鯰一家は病気に加え精神破壊の方々ばかりで、そんな人から育てられれば、馬、鹿、ズルくんみたいな子がまた増える事になりますよ。

105
2
返信する
匿名

>複雑性PTSDの方がどなたのサポートも受けず妊娠出産は難しいのではないですか?

ハッキリ言って無謀というより不可能。
複雑性関係なくPTSD患者の皆さんは怒って良いと思う。

81
返信する
複雑性PTSDは嘘だし、NY生活は快適だし❗️

>眞子さんが想像妊娠でもしたのか、実際に妊娠して、子供を堕胎したのかは分かりませんが、ほとんど半狂乱のようなご様子で、“身体が重い!呪われている!”などと絶叫していたようですから、ちょっと精神については心配ですね」(秋篠宮家関係者)

面白い内容の記事( *´艸`)ブッ
だけど、眞子さんも母親同様 何度か堕胎してるんじゃなかった❓️

1度目の留学で多数の外国人と乱交、それで1ヶ月ほどで留学をやめ帰国して、堕胎したはず。
(2度目の留学では、そんなことで口止め料に多額の血税を使うよりは…と、コムロ圭が送り込まれ、毎晩やってた…と)

それに、ペルーに行った時、NYからコムロ圭と逢い(目撃者多数、ペルー領事館にも行った)、その時の子が今三歳で赤坂御所に居るとか❗️

水子供養❓️❔??、紀子眞子佳子にはそんな神経は無い‼️❗️

緊急帰国するとしたら、弁護士試験合格・MET就職の捏造記事を出させ、国民の目を反らさせろ…さもなくば「パパはおじいちゃんの子どもじゃない」を出版社に売る‼️…と秋夫妻を恐喝するためだろう❗️

83
2
返信する
匿名

日本国民に喧嘩を売って、永久に日本とおさらばしてNYへ消えた眞子夫妻。
現地では大麻栽培まで噂されているとここで報じられ、こうした精神錯乱の原因もそうした日本では禁止の麻薬のせいでは?と思うようになりました。
同情など一切できません。水子がいるのも、これまで記事にされてきたとおりで、粗末にしているから、祟りまくりでしょうね。
それともこの親子の間では、水子=パ○の子、の暗号で、それ言われたくなかったら金送金せよの意味なのかも知れませんが。

日本に帰っても、自分のもとの部屋には、紀子が連れ込んだジャニタレが泊まり込み、紀子の玩具にされているのですよ。
そいつに向かって「君ね、あたしのベッドでママと夜な夜な何やってんのかわかってんの」と言い争うために帰国するようなものですけど。

69
1
返信する
匿名

そのまま永遠の眠りにつけばいい!!
日本に帰ってきても居場所ないよ?
そうだなー、タイとかいいんではないでしょうか?
兄弟もいることだし。

66
返信する


 匿名

初の妊娠何てよく、言うよねぇ
この10年の間、何回妊娠し堕胎したのやら!!

大学生まで関係していた秋篠の子供の堕胎もあるでしょう
すけこまし、頭ノーテンパーの理想の夫の小室とも含めて
限りない数ね、そこの大麻sexが加わり、最早尋常ではなくなり
性地獄にとり疲れ、行く先は両親のように、低能児を産み落とし
子育て放棄のおさだまりコースとなる

77
1
返信する
匿名

初の妊娠何てよく、言うよねぇ
この10年の間、何回妊娠し堕胎したのやら!!

大学生まで関係していた秋篠の子供の堕胎もあるでしょう
すけこまし、頭ノーテンパーの理想の夫の小室とも含めて
限りない数ね、そこの大麻sexが加わり、最早尋常ではなくなり
性地獄にとり疲れ、行く先は両親のように、低能児を産み落とし
子育て放棄のおさだまりコースとなる

48
1
返信する
匿名

秋邸に潜伏しているという三歳児。
男児だから、なんとしても皇籍復帰させ、女性宮家を物乞いしつづけるのかな。
それでも反社のいる一家の子では、厄介なだけだし、男系至上主義を放棄して、女系の安西正田川島杉本王朝にしようとする美智子の妄執には驚くばかり。

53
1
返信する
匿名

佐川良子さん如何お過ごしでしょうか。
佐川さんがいなくなってから、「元宮内庁職員のつぶやき」も単に週刊誌ネタを羅列した憶測記事ばっかりで全然面白くないですね。

13
7
返信する


匿名

国がだらしないねえ。
昔CMにあったでしょ。「臭い匂いは元から断たなきゃダメ」ってね。
元とは、皇室の不明確な立場だと思うんですね。そのようにしたのは、有識者たちと971庁。それを司っているのは、国、つまり政府です。

Kk夫妻など、末端のお話で国民の目を背けているけど、元凶は日本国政府です。

53
返信する
匿名

キーマカ霊
なんの霊なのか皆様ご存知
喉から手が出るほど欲しいお地蔵様
どこから盗んで来るんでしょう。

16
1
返信する
ヘソちゃんに貢がれたい!

KK以上のダメ外国人に引っ掛かりそうだな!このアホ家長女は!

18
返信する
匿名

KK以上のダメンズはいないので。
呪われもするやろよ、、、品格もないし秩序も知らない好き勝手放題して堕胎繰り返してりゃ怨念が宿るよな、、、、恐ろしいことよ。
自分がしてきたことの結果が出てきただけよ。それでも分からんやろし反省もしないんやろうな。
救いようがない○○だよ

24
返信する
匿名

国民の大切な血税を湯水の如く散財しているのですから
そりゃあ呪われもしましょうよ。
どんどん破滅に向かっていてとても爽快です。

16
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。