秋篠宮家つき職員が3名不審〇!〇人宮家と呼ばれる皇嗣家の衝撃の実態と、悠仁さま出生の秘密


文・もっちゃん

自殺だらけの秋篠宮家付き護衛官

現在、「週刊新潮」が皇宮警察を巡る様々な不祥事について特集記事を掲載していますが、皇宮警察は、以前から異様なほどに不審死が多いという事がネット上でも度々話題となっていました。

特に、皇宮警察の職員が3年連続で、自殺した2004年から2006年は、異様な時期だったといえます。こちらは、以下は、全て、新聞記事からの引用です。

■2004年8月皇宮警察官自殺

「加藤氏(仮名)と一緒に秋篠宮家の護衛にあたるのが、護衛部の護衛3課。自殺したのは、3課の高山弘(仮名)(当時47)という側衛官です。8月、加藤の後輩が、首を吊って自殺。

■2005年7月15日皇宮警察官自殺

皇室の守護を目的とする皇宮警察。その本部に所属していた警視(58)が7月15日、自ら命を絶った。実はこの人、秋篠宮家の護衛を担当する侍衛官だったという。自宅近くに車を止め、その中で縊死していました。

■2006年9月28日皇宮警察官自殺

皇宮警察の男性巡査、赤坂御用地内で拳銃自殺

28日午後0時10分ごろ、東京都港区元赤坂の赤坂御用地内の警備待機所で、皇宮警察赤坂護衛署の男性護衛官(19)が、拳銃で頭を撃って倒れているのを同僚が見つけた。護衛官は病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。皇宮警察によると、護衛官は巡査で、待機所のトイレに鍵を掛け、貸与されていた回転式拳銃で頭を撃って自殺したとみられる。

「週刊新潮」の衝撃スクープ

また、こうした事件に関して、「週刊新潮」(2005年8月11・18日合併号)の記事では、自殺した職員が皆、秋篠宮家付きの職員であったことを報じ、さらに、「秋篠宮家担当の護衛官がたて続けに自殺するとは、尋常ではない」と記しています。

皇室の守護を目的とする皇宮警察。その本部に所属していた警視(58)が7月15日、自ら命を絶った。実はこの人、秋篠宮家の護衛を担当する侍衛官だったという。昨年夏にも自殺者か出たというが、一体、皇宮警察で何が起きているのか。

亡くなったのは、護衛部の侍衛官、加藤達夫氏(仮名)だ。侍衛官とは、護衛部長の直轄で皇室警護の現地指揮をとるのが主な仕事。皇宮警察本部にはたった3人しかいない。天皇皇后両陛下、皇太子ご一家、秋篠宮家の下に各一人ずつ配置され、加藤氏は秋篠宮家を担当していた。お出かけの際には必ず身辺の警護にあたっていたというから、秋篠宮ご夫妻もさぞやお心を痛めていらっしゃるに違いない。

むろん、スキャンダルを極度に嫌う皇宮警察だけに、内部でも厳しい箝口令が敷かれているという。

皇宮警察の広報も、「自宅近くに車を止め、その中で縊死していました。原因については、全くわかりません」と言うだけだ。だが、 「昨年8月にも加藤の後輩が、首を吊って自殺しているんです」 と明かすのは、皇宮警察関係者のA氏だ。

「加藤氏と一緒に秋篠宮家の護衛にあたるのが、護衛部の護衛3課。自殺したのは、3課の高山弘(当時47)=仮名=という側衛官です。高山は、眞子さまや佳子さまをよく学習院に送り迎えしており、紀子さまの大のお気に入りだった。加藤は高山を直接の部下のように面倒を見ていました」

もっとも、高山氏は私生活ではかなりいい加減だったという。

「大の女好きで、生活がハデでね。一千万単位の借金を作り、それが原因で自殺したんです。高山は私に“加藤さんに借金の保証人になってもらっている”と言っていた。もしかすると加藤は、高山の残した借金の返済を迫られていたのかもしれません」(同)

秋篠宮家担当の護衛官がたて続けに自殺するとは、尋常ではない。

皇宮警察関係者のB氏はこんな話をする。

「加藤さんを含め、護衛3課の3~4人が監察から調べられていました。少なくとも、加藤さんは7月11日に監察に呼ばれています。その直後、加藤さんは樵悴しきっていたといいますからね、金に関することで何らかの不正があったのではないでしようか」

やはり、監察に呼ばれたことと自殺には、何らかの因果関係がありそうだ。そこで、皇宮警察の広報(前出)に聞くと、

「11日に加藤氏は監察に呼ばれていません。監察としては、随時、様々な案件について調査を行っております。調査の過程で何らかのコメントをするのは、適当でないと考えます」

と、微妙な言い方をする。

しかし、B氏はさらにこう話した。

「加藤さんが亡くなった前後に、護衛3課で監察に調べられていた警視が辞意を伝えています。表に出せないようなヤバイ話があるのは確実ですよ。これじゃ、秋篠宮家担当の護衛体制はガタガタじゃないですか。関いたロが塞がらない」

最後に、残された加藤氏の妻は涙ながらに語った。

「何故、こんなことになってしまったのか。理由もさっぱりわからず、それだけに残念でなりません。主人が監察に呼ばれたことは聞いていましたが、内容については知りません。でも、そんなに弱い人ではないと思っていたのですが……」

皇宮警察がこんな体たらくでは、皇室も心もとない限りだろう。

「週刊新潮」(2005年8月11・18日合併号)

悠仁さまの出生の秘密が関係か?

秋篠宮家を巡る、様々な不審死。先日配信した動画でも、その後に発生した皇宮警察の職員の不審死に秋篠宮家が関わっている可能性について紹介しました。

「皇宮警察は、1000人前後の小所帯であるにも関わらず、事件が異常に多いことで知られています。果たして、何故これほど自殺や不審死が多いのか、その原因は不明ですが、一つの噂として言われているのは、皇族を直接警護する立場にあるため、ふと偶然に、皇族方に関する秘密の情報を知ってしまう機会も多いということです。

要は口封じですよね。特に毎年自殺者を出していた2004年~2006年は、悠仁さまが誕生する直前の時期でもあります。



今でも、悠仁さまの出生の謎に関しては、ネット上でも一種の都市伝説のような扱いをされるほど、様々な謎と疑惑に満ちています。

これは、あくまで憶測に過ぎませんが、彼ら自殺したとされる職員も、もしかすると、悠仁さまの出生に関わる“知ってはならない秘密”を知ってしまったために存在を消された、なんてこともあり得るかもしれないですね」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、こうした皇宮警察職員の不審死に秋篠宮家が関わっていると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

27 COMMENTS

匿名

ズル仁の件の他に、皇室の宝物を、ナマズ家
がネットオークションに出品させた?
疑惑が以前から有る。
つまり、罪をかぶせて、〇人に口無しじゃない?
その様な噂は、最初は信じられなかったが
最近の、ナマズ家のニュースを見ていると
これは、怪しいと思ってしまう。

167
1
返信する
匿名

見てはいけないものを見てしまったと
同僚が打ち明けられたと記事になっていた。
後からそれすら隠蔽している。

147
返信する
静岡バラック出身のキコへ

ここ最近の一連の週刊新潮の記事、何でテレビは取り上げないのだろう??
不思議でたまりません。全国民に知りわたりませんよね??
皇后様のバッシングの時は、週刊誌だけではなくテレビまで連日のように報道していましたよね!!
それも嘘で固めた誹謗中傷!!!

153
4
返信する
匿名

あくまでも噂ですが、
お亡くなりになった方に何方かのさつ○命令をしたとか?

没玉の秘密でしたか?

これら嘘だと思いたいが、でも嘘でないのかも。
秋篠宮家の捜査は出来ない、しないとするなら
警察職員はただの職員。不用だ。

90
返信する
匿名

>高山は、眞子さまや佳子さまをよく学習院に送り迎えしており、紀子さまの大のお気に入りだった。

憎まれても気に入られても、命の危険がある?
秋篠宮家は一体どんな修羅の世界なんだ。

152
1
返信する
匿名

いよいよ本丸に迫ってきましたね、もっちゃん軍。
新潮に出るのは、さわり部分だけ。そこに書けなかった深部を掘って頂けるのはただ有り難いの一言です。

ズル仁が、紀子の老化した卵子からではなく、M子の新鮮な卵子から密造された体外受精の人造人間でないかとの指摘はよく聞きます。ただ体外受精で典範改正の審議開始を強制停止させるためには、精子も若く、鮮度のいいものでないと、一発ではいきません。

アル中で不倫ばかりしてきたA氏の腐敗精子に受精能力があったかどうかも不明といえば不明で、よくある精子提供者募集(DNA鑑定がでるまでは医学部生のやったバイト)がなかったとは言い切れないのです。

実父が皇族でない、他人(たとえば身近にいたハンサムな警察官)の精子で代用したはいいが、生まれた子が障害児で、DNA鑑定を求められるようになると困るので○された可能性も考慮する価値はあるはずです。

紀子からみればM子の子を自分の腹で育てたので、カンガルーのおばあさん役なので、ブサ君でも、奇形児でも、可愛いのは可愛い。
だが夫には”孫”でしかなく、どんな障害が出ようが、俺は知らない、お前勝手に始末しろよ、でおしまい。

ここまで推理すると、自○したか、○された皇宮警察官の誰かこそが、ズル仁の本当のお父さんだったのではないかとも思えてきます。

119
2
返信する
匿名

もしかしたら、これはAIに弾かれてしまうかもしれませんが、こちらのコメントを読んではっとしたことがあったので、書いてみます。
あることから、怪しげなコメントを読んだことがあります。
その人が書くには、ある日、ある方が自宅に来て、襲い掛かるようにして〇行為を強要されたと。
その方はK子さんとH君の父と言っていたので、まぁ逆強〇ですよね。
まさか、いたずらだろうと相手にしなかったのですが、こちらを読んでもしかしたら、と思ってしまいました。
なんだか、私たちの想像の域を超えることがあったのは間違いないみたいですね。

62
返信する
匿名

私はおっしゃるような事はありえると思いますが現実には彼は父親にそっくりだと思います。FrailX症候群に罹患のため一見似てないように見えるだけですよ。ずるそうな眼差しなんか上天皇にすらそっくりです。

41
5
返信する
匿名

秋篠家付き皇宮警察官が3人連続不審死したことは、理非曲直でも記事にあがっていたよね。
でも、皇室由来の宝物をメルカリやヤフコメで売る手伝いをしたとかで、それで宮婢から謝礼金をたんまり貰って 贅沢になり、口封じのために自殺に追い込まれたんじゃなかったかな❗️❓️

宮婢が気に入った若い皇宮警察官を自室に招き入れ 関係を迫った後、拳銃自殺をするよう迫られたとかも❓️

何があっても、秋篠家ならあり得ると思ってしまう非常識冷酷無比の一族❗️

タイで幼児買春していた記事を書いたジャーナリストも、プチエンジェル事件を追ってた記者も不審死したよね。

口封じのために、何人殺すのだろうか❓️ ○人宮家???  ○は殺❔ 悪?

76
返信する
匿名

そんな秘密だらけの人は天皇にはなれません。
天に逆らうようなことしていい家系ではないでしょうよ。
そんなこともわからずに皇室に侵入してきたのか。
お天道様は見てますからね。

122
返信する


匿名

ざっくりいってしまうなら、父が非嫡出で、母の出自がB村だとすると、その次の世代で父が誰であろうと、すでに第一世代で十分に穢れた偽者になっているから、貞操感覚が麻痺してしまっていたのだろう。
キー子も負けずと浮気していることは、よく菊の紋なんかでは報じられているので、全く火の無いところではなく、煙がある以上、火種はあったと見るべきだ。

98
返信する
盗作の王子様

本当に気味の悪い家族写真ですね!子供は誰1人親に似ていないし笑顔が不気味です!こんな写真にも国民の血税が

93
返信する
匿名

尋常ではない異常な臭気が漂っているんですよ。
何なのでしょうかね、これは。

82
返信する
匿名

関西で有名な弁護士の方が株主総会対策会議をすると
きまって「あいつらそれと臭うやろ。言葉に気をつけろ」と言って、必ずいちゃもんをつけてくる問題株主がBかどうかを鋭く見抜くのに驚きました。
そういわれて株主名簿の住所欄を見るとなるほどねと合点がいくことばかりでしたが、Bかどうかは、プロの手にかかるといっぺんで見分けがつくようです。
紀子さんちもいくら今は皇族だからと威張り腐ってみても、警察や公安のプロの眼からはその正体や出自も全部見透かされているも同然ということかな。
なのに筑波大附属高で、息子に嫁探し指令とか、才女相手に無駄なちょっかい出しはおやめなさいというしかないですね。

73
返信する
匿名

卵子はM子由来、という意見を散見しますが、ちょっと無理があるんじゃないですかね。KKが握っている弱みはそこじゃなくて、アーヤが直接M子と・・・そんな事あるわけ無いよな。

41
3
返信する
匿名

2007年8月、二人でマダガスカル旅行(13日間)。当時眞子は15歳。
女子高生の娘だけ連れて2週間近く旅行って、不自然だなとは思います。

53
1
返信する
『心を癒しましょう』

秋篠宮のプチエン事件もあったので、、関係者は皆消されてしまい、我々には理解しがたい事件です。

悠仁さんの父親も、上皇・川辰爺・諸説いろいろ有りますが、DNA鑑定が、もつれた糸の秘密を解き放ってくれるでしょう‼

☆『ブルーサファイア』さんのブログー 7/4 記事
  皇室のスピチュアルな視点でのお話です。2010,11 の予言です。

  皆様、心を癒しましょう‼

32
返信する
匿名

今ね、「高貴な日々」で雅子妃の2回の流産の話出ています。元凶ではないのかと言われている、朝日の岩●と皿の写真が並んでいるのだが、この二人がまるで一卵性のように「顔が似ている」んですよ。
DNAそのものが近いのではないですかね。
この岩●はそうとう胡散臭い男だが、何かにつけ自己顕示欲が強く、目的のために手段を選ばない点、執拗に雅子皇后をターゲットにしていてそのために秋篠達を利用したやり口といい、精神的にも皿に一番近い男と思う。

52
返信する
匿名

忘れてはならない美智子前の冷酷非情な行いと、紀子の傲慢さ。

何度蒸し返しても 語り継ぐべき話❗️

33
返信する


匿名

文仁さんの女狂いに手を焼いていた昭和天皇は、紀子を引き離すために文仁さんを「留学」という形で英国に出した。

ところが、紀子は文仁さんを追って英国に❗️
貧乏な臨時講師の川島辰彦が、そんなお金を持っているはずが無いが、その費用を出したのが朝日の岩井❗️

何故、岩井がそんな金を出したのか❗️❓️

その後も。紀子はたびたび御所にやって来て、文仁さんの部屋で過ごす…そして 妊娠→中絶を繰り返す。

少し膵臓が弱っていただけの昭和天皇の体調が急に悪化したのも、この頃。

解同のボスを連れて、川島辰彦が昭和天皇.明仁天皇を恐喝したのもこの頃。

その後、昭和天皇が崩御し、朝日の岩井が文仁さんと紀子の婚約をリークし、二人は喪中に婚約会見。

昭和天皇の崩御も、美智子さんと川島辰彦、岩井が関与していそうだ❗️

44
返信する
匿名

皇宮警察は国家公務員になり、警視庁などが地方公務員であるのに対し特別で、人事交流はあるものの、かっこよさに憧れ志願する者も多い皇族の親衛隊です。
乗馬が必須研修科目なので、高校時代乗馬をやっていた子には特技を生かせる稀な就職先になるでしょう。

ところが、その仕事内容は地味で、山口や池田に嫌われたら最後、皇族の警護ではなく、御所や御用地の警備に回され、屋外での立ち仕事になってしまい、就職前に思い描いていたかっこよさとは程遠い肉体労働となるので、秋篠宮家支持派になることで、自分の出世や希望する部署への配属をより確かなものにし、楽な任務につきたいとなっても仕方ありません。

この皇宮警察のいびつな人事体系を最大限悪用し、両陛下と愛子さまを攻撃するための私兵としてしまったのが美智子と紀子だったのです。

親衛隊であることはいいとしても「誰の親衛隊なのか」が問題なのです。

しかもあろうことか、天皇陛下と皇后陛下を軽んじ、愛子さまを罵倒することで、陰の独裁者である美智子と紀子の歓心を買い、寵愛を得ようと競争しだしたので、こうなっては、皇宮警察の解体もやむを得なくなってきました。もともと潜在していた美智子と雅子さまの対立軸に皇宮警察人事を直接リンクさせてしまったために、皇宮警察が両陛下に刃向かう組織とされて美智子の傭兵化していたのでした。

組織内の闇の掟<両陛下を軽んじ、上皇夫妻と秋篠宮家だけを崇めよ>を徹底させるために、時には○人が実行され、反対者の粛清までやっていたのでは、ナチスの親衛隊と同じです。

ところで、佳子報道のなかに、年上の皇宮警察護衛の男性と深夜コンビニで談笑する写真がありましたが、相当親密だったようですから、あのお相手は何者だったのか、改めて興味が湧いてきます。

35
返信する
匿名

みつくち、難聴、人工内耳、低知能指数、多指症・・・
およそ健常児の勇ましさとは無縁のもやし君。
出生秘密だけは知られたくない母。
正田安西偽皇族王朝の二代目にするにも、初代同様、あまりにも心許ないですね。

31
返信する
匿名

いまの皇宮警察では「ツクフ女子の敵」になっていますよ。

k賊男子が女子更衣室に高級カメラを仕掛けているのをしっかり現認しているのに、制止もせず、カメラがみつかり大騒動になっても知らん顔でしたね。
これではK賊の犯す違法行為を隠蔽する側に回ってしまっています。

14歳以上なら東京都迷惑防止条例違反犯として直ちに検挙されなくてはなりませんが、ツクフ校内にわざと治外法権状態を作るためにこの組織は悪用されているのではないでしょうか。
このままではツクフ女子にとっての学校は危険極まりない無法地帯です。登校中も常に身の回りに下着の下まで透けて盗撮できてしまう高級デジタルカメラが隠されていないか、探さなくてはならなくなります。
こんなK賊を警護するために、赤心を賤民宮家に捧げさせられるのってどうみても矛盾していますよ。

KK母を御用地内に紀子は匿っていました。
これも赤坂御用地内に神奈川県警を立ち入らせたがらない、縄張り意識の強い皇宮警察からの入れ知恵だったのではないでしょうか。

詐欺罪で刑事告発され、国民からの激しい怒りに晒されたKK母ですが、紀子は、KK母が御用地に潜伏している限りは、神奈川県警もおいそれと手が出せず、事実上の治外法権状態であることをよく知っていて、検察庁に告発不受理の手続きをさせるべく、法務大臣が根回しする時間稼ぎをさせていたとしか思えません。

27
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です