なぜ、皇宮警察は、両陛下を差し置いて、秋篠宮邸へ謝罪しに行ったのか?週刊誌が報じなかった恐るべき皇嗣家支配の実態


文・もっちゃん

真っ先に秋篠宮家に謝罪する皇宮警察

先週発売された増大号にて、皇宮警察の腐敗し切った実態について報じた「週刊新潮」。今週発売された6月30日号でも、皇宮警察に関する特集記事を掲載しているのですが、その中で、皇宮警察の幹部が皇族方に謝罪をして回っているということが書かれています。

先週号の本誌では、皇宮警察においてプロパー職員の最高ポストに就いている山口孝幸護衛部長(58)と40代後半の池田好彌・警務課調査官が、ともに組織を壟断しつつ、あろうことか愛子さまを“クソガキ”と呼んでいた事実を報じた。

皇室をもっとも身近でお守りすべき組織であるというのに、こうした雑言は枚挙にいとまがなく、判明しているだけでも雅子皇后、秋篠宮家の紀子妃、また三笠宮家の彬子さまと瑤子さまの女王方についても、日頃から激しい悪口が飛び交っていたという。

にわかに信じがたい実態が明るみに出たのを受け、「さっそく内部でも動きがありました」

とは、さる皇宮警察関係者である。先週号が発売されたのは16日の木曜日だったが、

「前の日の水曜日には記事の内容が出回っていて、内容を把握した警察庁キャリアである片倉秀樹・皇宮警察副本部長が、ことの経緯を説明した上でお詫びするため、いち早く秋篠宮邸に参じていました」

説明をお聞きになった秋篠宮さまは、ご不快の念を隠せないご様子だったといい、

「これと並行して、両陛下はもちろん他の宮家への“お詫び行脚”もなされていると聞いています」(同)

「週刊新潮」(2022年6月30日号)

秋篠宮家に忠誠を誓う本部の幹部

この記事の中で驚くのは、皇宮警察が、天皇ご一家を差し置いて、真っ先に秋篠宮邸を謝罪のために訪問したということでしょう。何故、皇宮警察は、天皇ご一家ではなく、真っ先に秋篠宮邸を訪問したのでしょうか?

「この記事の中で、重要なのは、謝罪を行ったのが皇宮警察の副本部長であるということです。週刊新潮のスクープ記事が明らかにしたように、皇宮警察は、全体としては、様々な皇族方に対する悪口を言っているのですが、本部に関しては、完全に秋篠宮家に忠誠を誓っているようなのですね。

というのも、実は、本部で出世していった幹部のほとんどが、紀子さまや美智子さまに気に入られて、出世していったのです。

これは、逆に言うなら、そうした幹部たちが皆、美智子さまや紀子さまに取り入ることによって出世してきたということでもあります。

そして、そのように、紀子さまや、美智子さまに気に入られるための最も手っ取り早い方法が愛子さまをはじめとした天皇ご一家の悪口を言う事だったのですね。



ただし、このように天皇ご一家の悪口を言い続けた結果、本部の幹部らは、天皇ご一家からは嫌われてしまっていますから、こうした不祥事が起こった際に、真っ先に秋篠宮ご夫妻のご機嫌取りを行わなければならないのです。

彼らにとって誤算だったのは、本部の幹部らが天皇ご一家の悪口を言っているうちに、皇宮警察が組織全体として、皇族方に対する敬意を失っていき、皇族方の悪口を平気で言ってしまうというおかしな状況に陥ってしまったことです。

さらに、そのように、皇宮警察の職員が平気で皇族方への悪口を言うようになったところで、秋篠宮家が様々な不祥事を起こし、国民から痛烈に批判されるようになってしまった。

その結果、本部の幹部らの影響力が及ばない、本部以外の職員が、次々に秋篠宮家の悪口を言うようになってしまったようですね」(秋篠宮家関係者)

山口孝幸護衛部長や、池田好彌氏が、出世していったのは、上皇陛下が天皇であった平成の時代ですが、その時期に、天皇ご一家の悪口を言いたい放題言いながら、出世していったということは、如何に、その時代に、当時の皇太子ご一家が虐げられ、人事などに影響力を及ぼすことができなかったかということが分かります。

紀子さまと美智子さまによる皇宮警察の洗脳

また、このように、山口氏や、池田氏が天皇ご一家の悪口を言っていた背景には、やはり、美智子さまや紀子さまが、かつての皇太子ご一家の悪口を言うようにけしかけていたということもあったようです。

「平成の時代に、紀子さまや美智子さまは、山口氏や池田氏のことを徹底的に洗脳し、当時の東宮家への憎悪や嫌悪の感情を彼らの心に植え付けていきました

具体的な手段の一つとして、皇太子ご一家に対する批判が書かれた週刊誌記事のスクラップを作成し、彼らに何度も見せるということがありました。



美智子さまは、職員に、週刊誌などの皇室記事でスクラップを作らせることで知られていますが、実は、このスクラップはご自身の観賞や保存のみのために作らせていたのではなく、有望な職員に配布するため、複数作成させていたのですね。

そして、山口氏や、池田氏には、愛子さまや雅子さまへの批判が書かれた記事や、美智子さまや秋篠宮家を称賛する記事のスクラップを徹底的に読み込ませることで、この二人は、東宮家は悪であり、美智子さまや、秋篠宮家は気高い高貴な存在であると、すっかり洗脳されてしまったようです。

さらに、美智子さまや紀子さまは、こうした悪意に満ちたスクラップを見せた後に、彼らに感想を述べさせていたようですね。当然、彼らは、“愛子はとんでもない問題児だ”ですとか、“雅子さまは、さっさと皇太子さまと離婚して一般人に戻った方が良い”とかトンデモナイ感想を口にするわけです。

それが、最終的には、“あのクソガキ”などといった暴言にまで繋がっていったのですね。要は、全ての元凶は、美智子さまや紀子さまの異常なまでの皇太子ご一家に対する嫌がらせにあったわけです。

そういった意味では、現在、紀子さまが皇宮警察から“般若”だとか“フルーツ強盗”などと呼ばれているのは、全て自業自得と言えるかもしれないですね」(宮内庁関係者)

策士策に溺れるということわざもありますが、まさに自業自得の紀子さま。一方で、大変な損害を被っているのが、現在の天皇ご一家であると言えるでしょう。

皆さんは、このように皇宮警察を腐敗させた美智子さまや紀子さまの責任について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



17 COMMENTS

匿名

謝罪する相手の順番を皇宮警察は、完全に間違えています。天皇ご一家を差し置くなんて…言語道断です。

187
1
返信する
『日本国の真の皇族』

JKG・キコヒ達は権力保持の為、狡猾に皇宮警察を洗脳し、同じ手口で宮内庁職員達をも洗脳していたのでしょう。職員達も生活が有りますので、イヤイヤ乍らでも従っていたとおもいます。平成時代は、今の天皇家の呼び名が『長男・雅子』と宮内庁記者連中は呼び捨てだったそうです。上皇家・秋篠宮家の傲慢で皇統簒奪の為の「狂乱怒涛の平成30年間」は消してしまいたい。職員・マスメディアを洗脳し教唆していた人物を引っ張り出して裁判で決着をつけて欲しい。

☆ 天皇家・常陸宮家・三笠宮家・高円宮家の皆様は、皇族として謙虚で
  清廉潔白で品格・教養をお積みです。この様なお方が『日本国の真の
  皇族』です。

165
返信する
匿名

>職員・マスメディアを洗脳し教唆していた人物を引っ張り出して裁判で決着をつけて欲しい。

同意します。
裁判要求します。

76
返信する
匿名

一本眉が全ての元凶だった。
そもそも、何で神道の家に、カトリック信者が
入り込む? 馬子や鹿子も、キリスト教の大学
に入れるなよ。(明Hは反対するべきだった)

平成組が、悪事を重ねた結果、国民からの敬愛は
無くなり、皇室の、今後の見通しは暗い。
天皇家以上に、ミテコ・鬼子の顔色を気にする
皇宮警察、今回の報道をきっかけに、悪い膿を
出し切って欲しい。

今上天皇を生んだ事は、唯一の功績だが
もう敬愛は無理なので、税金を無駄に遣わず
早く目を、つぶってくれるのを待ってます。

188
返信する
埼玉の極右

最も大切にしなければいけない天皇家を差し置いて、真っ先に秋篠宮家に謝罪する皇宮警察は秋篠宮家の犬であり、朝敵と呼ぶべきです。
朝敵に天皇家を守る資格などないので、こんなクソ以下の組織は解体すべきです。

159
返信する
匿名

良記事ありがとうございます。

週刊新潮は肝心のところで批判の矛先を間違っています。ネタはいいのに、なんで紀子に謝罪の必要などあるのか、さっぱりわかりませんでした。
そこでここの素晴らしい解説記事とを併せ読むことで、やはりそうだったのかと合点がゆきました。

まず、諸悪の根源は美智子と紀子にあります。二人が皇宮警察のノンキャリらを洗脳教育した結果、おかしな風潮が蔓延し、せっかく、山口による愛子さまに対する糞餓鬼発言で、組織的綱紀粛正の機会が訪れたのに、またもや紀子への土下座で事なきを得ようとしているわけで、ここまで皇宮警察が、賤民妃追従体制で、解同の用心棒に成り下がっていたとは衝撃でした。

皇室とその近衛兵たちの組織がすっかり平成のあいだに、美智子と賤民妃により蝕まれ、正義と公正の判断を見失い、本当に命をかけてでも忠節を尽くすべき相手を完全に見誤っていたのです。
一旦、腐敗の始まった組織は、悪しき先例主義により、腐敗と癒着、不正行為の継承が延々と続いてしまいます。

雅子皇后なら一挙にばっさりと改革され「令和の新政」になるといまもずっと期待しておりますが、周囲の賢人たちもヤワで、すぐに美智子や安西家に取り込まれ、国民が帰れコールや、クレーム電話などで、地道に綱紀粛正に立ち上がるしかない状態なのだと痛感させられました。

幸い日本国憲法の中の天皇制は民主的であり、不敬罪もなく、しっかり発言できるようになっています。この環境を失わないよう、改憲には警戒が必要です。
自分も最初は改憲派でしたが、この皇室のなかの偽皇族らによる不正や独裁志向をみて、やはり天皇制は予算の使途も開示され、DNA鑑定もなされ、民主的コントロールが効くようにしないと、いっぺんに北朝鮮のようにされかねないと考えを改めた次第です。したがって、治安維持法復活と戒厳令を可能とする改憲には反対です。

もしも今後賤民帝の時代になり、あの反社会的勢力にこんなスーパー大権を与えてしまえば、どれほど恐ろしい暗黒日本にされるか、いまの紀子をみてもまだわからないようでは保守政治家失格です。

115
返信する


匿名

なるほど。
悪口は言う方が恥ずかしいと言われますが、
天皇家宮家皆様への悪口は確かにその類。

そんな中、燦然と具体的に挙げられる
「フルーツ強盗」さすがの秋篠宮家。
これは呼び名どころの騒ぎじゃないですよね。
恥ずかしいわぁ。
悠くんも共犯?

91
返信する
匿名

話が横ですけど
この写真のミテコの盛り髪。
何やら下を頭にした子狸 が乗っているように見えるのですよ?

49
返信する
匿名

高円宮様がスカッシュをしていた途中に急に倒れ、浩宮様が車を手配して宮内庁病院にお運びになったのに、宮内庁病院は受け入れを拒否したそうです(美智子さんが指示?)。
浩宮様は、そこから、救急車を呼び、別の病院へ。既に 高円宮様は息絶えていたということです。

その時、信子様が雅子さまに連絡して「今すぐ、愛子さまを連れて 東京を離れなさい」と言ったとの投稿がありました。

高円宮様は、昭和天皇に依頼され、浩宮様を警護していたそうです。

文仁さんは元々 不義の子で宮家創立しないという約束で、実子として育てても良いとの昭和天皇のお言葉があったはず!‼️

昭和天皇が崩御した後、美智子さんのやりたい放題が始まりました。
香淳皇后への嫌がらせ、出自の怪しい紀子さんと手を組んで雅子さま苛め。
三笠宮家の3人の親王が亡くなったのは、皇族男子を文仁さんだけにするための美智子さんの策略ですか❓️
皇宮警察にも「お茶会のような嫌がらせ悪口大会」をしていたなんて❗️ 恐ろしい暴走狡賊❗️

今上陛下、皇后陛下、敬宮愛子さま、今まで御無事であったことが本当に有り難いことだと思います。

皇宮警察が 心を入れ替えて、天皇家をお護りしていただけたらいいのですが……心配です。

90
返信する
匿名

すみません、挙げ足をとるようで申し訳ないですが、今まで決してご無事ではなかったの思いますが?

26
返信する
一般人の感覚

己の立身出世のために天皇家を蔑ろにするのは構いませんが、天皇家に何か有れば皇宮警察そのものが”無用の長物”になると分かってないのかなぁ〜

57
1
返信する
匿名

皇宮警察は武器を所持しており、はっきりいうなら、皇族を暗殺することも可能な地位、状況にあります。
それだけに、今回の山口や池田の言動と、その後のちっとも懲りない状態は、危険そのものといえます。

彼らが両陛下ではなく、真っ先に紀子に謝罪に行った理由は簡単です。
彼らノンキャリ組のスポンサー(飼い主)が美智子であり、紀子であるからで、たとえ紀子の悪口を言っても、これまでの蜜月関係から必ずや美智子らは自分達を許してくれ、山口らも辞表を出さずに済むはずだ、と読んでいて、だからこそ紀子に真っ先に謝罪し、あろうことか土下座までして、忠誠を誓う儀式をやったのでした。

まるでヤクザ映画をみているかのようですよね。山口、池田はチンピラの頭で、喧嘩を売って歩く役。
その上の副本部長が末端の組長で、必要に応じて、山口らチンピラを仕置してみせ、指を詰めろとか、背中に焼きごてを当てて大やけどさせるとかして、元締めの山口組ならば総本家に最大限の忠誠を誓う。

ここでは、「総本家」が美智子正田家、恵美子安西家であり、その横に「武闘派」としての解放同盟が鎮座していて、この三者にさえご機嫌を取っていれば、代々の組長は役目を果たせる塩梅にされている。

皇宮警察が、美智子総本家の手下となり、常に両陛下と愛子さまを侮辱し、威嚇し、怖がらせ、ノイローゼにさせる役目を担って以来、雅子さまはご心労を煩われ、おでましもなくなってしまいました。
おもえば、愛子さまが高校時代、激ヤセされたことがありましたが、あれもこの皇宮警察問題があったのかと案じています。

それは出かける度に、皇宮警察から危害を加えられる可能性がある、と判断されていたからなのでしょう。インテリジェンスの世界に生きる者にすれば、身内の裏切りが一番危ないことを熟知しています。

私達国民も、これまでちょっと甘かった。
まさか皇宮警察が癌となって、雅子さまや愛子さまを四六時中苦しめていたとは、どれだけ多くの方がこの悪の企てに気づいていたでしょうか?
その意味でも、今回の新潮記事でわかったことと、その裏事情を報じたもっちゃんの記事は、まさに目から鱗でした。

82
返信する
『宮内庁・皇宮警察の再編成』

天皇家のご家族に対して、今迄の上皇家・秋家夫婦・宮内庁長官等に依る虐めは知っておりましたが「皇宮警察が護ってくれるから大丈夫‼」と、安心しておりましたが、、皇宮警察まで一味だったとは、、真実、目から鱗です‼もう民間警備会社を雇うしかないと思いますが、、岸田総理へ宮内庁・皇宮警察の再編成をお願い致します‼

●今では、皇族のお住まいである赤坂御用地に、キコヒに寄生した『同じ
 穴のムジナ』が、『準皇族』と言う新語を作って堂々と大勢住み着いて
 おりますが、、他の宮家の方々が非常に心配です。
 
 

36
返信する
ヘソちゃんに貢がれたい!

ラスボスの後ろ楯をなくし政府からも手のひらを返されて転落の人生を歩んで下さい!アホ家族全員野垂れ死にする運命です
!NYの二人もね!

41
返信する


匿名

「権力の空白・総理の無策」

これ明白なる謀反ですね。
天皇を護衛すべき部隊が、あろうことかその横に寄生していた偽皇族&賤民女から成る偽宮家に対してだけ土下座し、更なる忠誠と服従を誓った異様な、許されざる反逆の光景です。

平成時代の悪弊で、皇宮警察は去勢されて、宦官とされていた。天皇皇后両陛下ではなく、偽宮家に跪くことで、利権を恣にする体制に慣れきり、ここまで週刊誌で叩かれても全く反省などしていません。

彼らが反省したのは、美智子と紀子からの指示であることが明らかになってしまった点だけで、これからはもっとうまくやりますから、と言訳しに行っただけです。

皇宮警察が、権力内権力のようになってしまった原因は、歴代の総理が、賤民タブーに怯えて誰も手をつけられず、そこに男児製造依頼など出してしまったことで、大きな借りが出来、以後何につけても否やを言えなくされたからです。
ヤクザの女を孕ませたらどうなるか、そんなレベルです。

その男児が欠陥品でもキャンセルや特支送りは許されず、裸の王様とわかっていても、お茶とズルフに裏口から入れてその体面を保たせ、結果、ますます賤民妃は調子に乗る悪循環が続いています。

ただ進学校で、成績不問のまま、東大裏口を計画しても、周囲の生徒は節穴ではないので、大人の論理で長いものには巻かれるべきだ、解放同盟には服従しておけ、といわれても、うんという生徒ばかりではありません。帰れコール君などは、気骨ある生徒で、その将来が大いに楽しみです。

このままでは、皇宮警察は秋篠宮家の私兵のままであり、隊員はまじめでも、司令官がかくも腐敗、汚職していては、職場の雰囲気も悪化する一方です。
今回の謀反事件は、第三者からの再発防止策がなくしては、自浄作用が働かず、解決しようのない、構造的問題です。

総理はここで秋篠宮家廃嫡と廃宮家を決断すべきです。もはや謀反の証拠は明らかなので、山口らを取り調べ、美智子らがどのような方法で洗脳してきたのか、つまびらかにさせることで、あらためて「飼い主は誰なのか」”再教育”すべきです。

29
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。