秋篠宮殿下お誕生日会見での宣戦布告で秋篠宮家と国民の全面対決の様相!宮家と庶民との亀裂は決定的に!


文・もっちゃん

大炎上の秋篠宮殿下お誕生日会見

56歳を迎えられる今月11月30日の誕生日に先立ち、秋篠宮殿下は、25日に記者会見を行われ、本日、その内容が公開されました。

今年は、秋篠宮家の長女眞子さんが結婚したということもあり、果たして、結婚を許可された張本人とも言える秋篠宮殿下が会見で何を語られるのか、大いに注目が集まっていましたが、あまりの内容の酷さにTwitterなどのSNSでは炎上状態となっているようです。

今年のお誕生日会見では、非常に重要な発言が数多く含まれていたので、今回から、複数回に渡ってその内容について解説したいと思います。

ですが、やはり第一に気になったのは、天皇陛下に対する不敬ぶりでしょう。秋篠宮殿下からすれば、陛下は、「ただの兄に過ぎない」といった感覚であるのかもしれませんが、以下の発言には、怒りを通り越して呆れてしまいました。

今回の長女の結婚が公になって以降、様々な媒体で、私たちの家、秋篠宮家以外の皇室にも影響が出たということを感じたからです。例えばそのことによって、天皇皇后両陛下がどういうふうに感じているとか、細かいことは私も記憶しておりませんけれどもありましたし、それからもっとはっきりしているのは、この娘の結婚に対して、上皇后陛下がいろいろ言われたとか、こういう考えを持っているというのが週刊誌に出たりもしました。

秋篠宮殿下 会見より

一応、丁寧な感じの言葉づかいではありますが、要は、「何だかよく覚えてないけど、兄も週刊誌でごちゃごちゃ批判されてたよね。まあ、対して興味ないから、忘れちゃったけど。そんなことよりも眞子のことが(ホニャララホニャララ……)」ということですよね。

弟として陛下に対して、対抗心を持っているのかもしれないですけど、何故、わざわざ、このような会見の場で、こうした挑発的な発言をするのか全く理解できませんでした。



殿下には、「娘の結婚騒動で迷惑をかけてしまい申し訳ない」といった謝罪の一言も述べられないのでしょうか?述べられないんでしょうね、プライドが高すぎて。また、この謝罪をしないという点に関連して、次のような言葉も非常に気になりました。

もう一つは、結婚に当たって普通であれば行われている三つの行事ですね。

納采の儀と告期の儀と入第の儀、この三つの行事を行わなかったことで、これは私の判断で行わなかったわけですけれども、これは元々は、皇室親族令にあるものです。

今はもうそれはありませんので、絶対にしなければいけないというものではないわけですけれども、慣習的に行われているものであり、私は本来であればそれは行うのが適当であると考えています。

しかし、それを行わなかったそのことによって皇室の行事、そういう儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えたということが考えられます。

本来であれば、その三つを行うのが繰り返しますけれども良かったと思っております。

それが、あそこに書いた影響ということであり、その後に迷惑をかけた方々に対して申し訳なく思っているというのもそこにつながります。

その次は何でしたか。

正直言って、全体的に何を言いたいのか分からないのですが、ただ一つ、「絶対に謝りたくない!」「頭を下げたくない」という鉄の様に固い意志だけは感じ取ることができました。

分裂症の秋篠宮殿下

それにしても不可解なのが、この中で、皇室の儀式を行わなかったことで、儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えてしまったと述べ、さらに、「私の判断で行わなかった」とまで言いながら、自分のせいで、儀式というものが軽いものだという印象を与えてしまった、とは述べられていないのですね。

会見を書き起こした文章を何度読み返しても、理解しがたいものがあるのですが、私なりの分析をさせてもらうと、つまり「娘の結婚に反対する国民の声を汲み取って、私の判断で儀式を取り止めました、これは素晴らしい判断ですよね、皆さん褒めてください」「ですが、(私の責任ではないけども)儀式を行わなかったことで、皇室の儀式が非常に軽いものと思われてしまうこととなりました。これはとても残念なことです」と一見相矛盾する考えを抱いているのですね。

ある種の分裂と言いますか、過剰な自己執着と、離人症的な主体性のなさが殿下の中で共存しているように思えるのですね。

妙に、強い決意や執着心と、フワフワとした現実感や主体性のなさが、この会見での発言の中で共存しているために、聞いている人々の多くに、非常に奇妙な印象を与えるのだと思います。

恐怖の言論弾圧宣言

それから、今回の会見で、最も注目すべき発言は、何と言っても以下の言葉でしょう。

今そのネットによる誹謗中傷で深く傷ついている人もいますし、そして、またそれによって命を落としたという人もいるわけですね。

やはりそういうものについて、これは何と言いましょうか、今ネットの話をしましたけども、誹謗中傷、つまり深く人を傷つけるような言葉というのは、これは雑誌であれネットであれ私としてはそういう言葉は許容できるものではありません。

以上です。

先月10月26日に行われた会見で、眞子さんは、多くの国民を強い調子で批判するような発言をしたため、ネット上では「眞子さんは、国民に喧嘩を売った」「国民に啖呵を切った」などといった書き込みもされましたが、国民に対して、対決の姿勢を取っているのは、眞子さんだけでなく、秋篠宮殿下も同様であったようです。



この発言は、「秋篠宮家に対する批判は許さない」「自分たちに対して批判的な国民には容赦しない」という国民に対する事実上の宣戦布告と言ってもよいでしょう。

また、以下のような発言からすると、すでに、秋篠宮家に対する批判を抑え込むための法整備も検討しているのかもしれません。

何かやはり一定のきちんとした基準を設けてその基準は考えなければいけないわけですけれども、それを超えたときには例えば反論をする、出すとかですね。

何かそういう基準作りをしていく必要が私はあると思います。

今、おっしゃったように今後もこういうことは多分続くでしょう。

その辺も見据えて宮内庁とも相談しながら何かその今言ったような基準であるとかそういうものをですね、考えていくことは私は必要だと思っております。

戦前の天皇の「統帥権」というものに、非常に強い興味と関心を持たれていたという秋篠宮殿下ですが、現在では、秋篠宮家を批判する人間に適用するために「不敬罪」でも復活させる気なのでしょうか。

国民の声を「誹謗中傷」と言って切り捨てた眞子さんに、批判意見を「許容できない」と宣言された秋篠宮殿下。正直に言って、とても、国民に寄り添う皇族とは思えないこうした発言の数々には、戸惑うほかありません。

ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名A

会見を見たが、前もって質問内容を知らされていたにも関わらず、質問する記者(?)に毎回質問事項を聞き直したり、しどろもどろの意味不明な回答、酒と薬漬けでヤバイのか殿下?。
挙句の果てに、自身の失態を国民のせいにして言論弾圧宣言して国民に喧嘩を売った。
やりたい放題の皇族を、このまま放置していいのか?

141
返信する
匿名

>匿名Aさん
そう!今回の騒動の原因は小室親子と秋篠宮殿下と眞子さんの失態劇なのです。それを棚に上げて国民が悪いと言っているのです。とんでもない責任転嫁です。

125
1
返信する
ジンジンジン

誹謗中傷しかできない愚民が何を?何度でもいうで、言論の自由は無制限ではない。匿名Aよ、反省なさい。反論あるならするがよい。

6
55
返信する
一般人の感覚

戦前の天皇の『統帥権』というものに、非常に強い興味と関心を持たれていたという秋篠宮殿下

なら、A宮殿下が天皇に即位したあかつきには宮内庁は『大本営』に改名ですかね?

だったら、そんなモノへ興味を抱く前に靖国神社へ参拝して英霊たちに哀悼の意を示すべきです。

勿論、靖国神社にA級戦犯が合祀されて以降、昭和天皇から歴代の天皇が参拝を拒んでいる事は知っています。

しかし、ひとたび戦争をすれば犠牲になるのは国民です。A宮殿下や皇族の御歴々は最前線に出る事はありません!絶対に安全な所に匿われます。

しかも、今だとKK母子も対象者になります。KK母も天皇陛下と同等の安全確保をされるかもしれないのです。

そーゆー恐ろしい状況にしてしまったという自覚をA宮殿下には持って頂きたい!

88
返信する
匿名

そうおっしゃるなら
私たち国民は秋篠宮家とついでに上皇の会計監査を過去に遡ってお願いしたいです。
そういうのがとても不透明だから国民は怒りのあまり度を越してしまうんですよ。あなた方が湯水の如くじゃんじゃん使っているそのお金は国民の汗と涙の血税なんですよ?わかる?わかってたらとっくに会計監査に応じてるか。

いいから早く皇室から去って下さい。願いはそれだけです。
おたくら一家は日本国民にとって害悪でしかないのです。

この期に及んでまだ息子の学歴に箔をつけようと必死だけど、天皇にそういうのは誰も望んでいないんだよ。そんなこともわからないみたいだから嫌われるんだよ。

105
1
返信する
愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

秋篠宮さんの発言、言葉何か変ですね。
やはり、昨年の会見といい、通常の公務さえ支障をきたすような状況になってきているような気がするのですが。
私の思い過ごしでしょうか?
それを公にはできないから宮内庁が裏で動いているのでは?
だから、紀子さんが悠仁さんにふれるようになってきたのでは?

しかし、この幼少の頃より罰則付き報道規制されている(と記事何回も見かけました。)不思議な坊っちゃん。
もうすぐ高校生ですよね。いつまで報道規制するつもりなのでしょう?
一生、動画と年齢不相応な不思議な作品ばかり出し続けるつもりでしょうか?

観劇には2年ほど前佳子さんの付き添いで鑑賞していたことあったようですが。

民主主義国家であるはずの日本で皇族の存在する意味は何か、義務と責任は何かをきちんと考えてほしい。
国民は臣民ではない、ということを理解して欲しい。

反社との深い関わりを報じられるような人物と姻戚関係を結んだ宮家を次の日本の象徴などと認めるのは国民皆無理と思います。

日本の社会では反社との関係が判明すればどこからでも追放です。契約書でさえ無効になるはずです。

しかし、民主主義国家であるはずの日本で最近言論統制ひどくなってきた、と感じるのは私だけでしょうか?
TVは秋家忖度上げしか報じません、
日本が言論統制で世界から批判されている中国に近づいているような気がします。

87
返信する
未来の日本と皇室を憂う者

ナマズ宮さん、このお方が天皇になっても、歴代天皇が受け継がれた神事について、サボってやらなくなりそうで怖い。

また、このお方が元旦の四方拝や、大嘗祭での神事をやったら、祖先神が大いにお怒りになり、
祟りがあるんでは?

71
返信する
匿名

そもそも秋篠宮殿下は辞退して即位しないかも?
上皇陛下は体力的な面から天皇の責任を果たせないと80歳で退位されました。今の天皇陛下は御年61歳、やはり父親を見習って80歳前後もしくは令和30年を目処に退位されると推測します。令和30年は秋篠宮殿下も83歳!とても天皇の職は務まりません!皇嗣職は、あくまで今の天皇陛下に万が一があった時の為のピンチヒッター的なものだと思います。
となれば男系でいくと令和の次は悠仁さまが即位する可能性が高いです。令和30年なら悠仁さまは42歳と少しお若いですが、年齢的に問題ないでしょう。後は、その時までにご結婚されて男のお子さんがいれば幸いなのですが・・・
その間に愛子さまが皇室に残るための法律改正も必要です。

26
5
返信する
怖い

>皇嗣職は、あくまで今の天皇陛下に万が一があった時の為のピンチヒッター的なものだと思います。

万が一がある、んでなくて、万が一を起こしそうで怖い…

20
返信する


匿名

もうこの時点で国民の総意とは乖離しているので象徴天皇には相応しくないですね。

48
返信する
匿名

>ジンジンジン
別にお前さんにどう思われ様とも痛くも痒くも無いのでお好きにどぉ~ぞ!(笑)

俺もお前は地球外生命体と思っているので!

早く自分の星に帰れ!(爆笑)

26
返信する
匿名

>ジンジンジン
あぁ〜なるほど!コリン星人のお前から見れば、我々生粋の日本人は国民とは思えないわな!(大笑)

常識的な元ヤフコメ民

秋篠宮さんのお誕生日コメントをうけてヤフコメに「軽いのは脳ミソでしょ。」と書いたら出禁になってしまいました。この国には皇族による言論封殺があるんだなぁと、残念な気持ちになりました。

37
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。