中国人スパイが皇居内侵入で「悠仁さまの出生」に関わる極秘情報を入手か?「紀子さまに伝えてはならない」と皇宮警察は、情報隠蔽


文・もっちゃん

「週刊新潮」が、またしても衝撃スクープ

先週発売された、「週刊新潮」(6月23日号)の記事により、腐敗し切った内情が徹底的に暴露された皇宮警察ですが、「週刊新潮」は今週も続けてトンデモナイ情報をスクープしました。

「週刊新潮」の記事によると、一昨年の10月19日に中国人のスパイとみられる男性が皇居内に侵入し、さらに、皇宮警察は、侵入を許すのみならず、こうした事件の発生について情報を隠ぺいしたというのです。

「週刊新潮」は6月23日号で、皇族方への聞くに堪えない陰口や、庁舎で行われた飲み会でのボヤ騒動など、皇宮警察をめぐる不祥事について報じた。だが、問題はこれだけではなかった。スパイの可能性がある中国人の皇居内への侵入を許すという前代未聞の失態を引き起こし、しかもその事実を隠蔽していたのだ。

「一昨年の10月19日、不審な中国人男性がおよそ1時間にわたって皇居内に侵入、自由に徘徊するという事案が発生しました」

 と明かすのは、ある皇宮警察OB。

「男性は当日、皇居内にある宮内庁書陵部が所蔵する資料の閲覧に訪れていました。ところが、本来なら利用者は最寄りの北桔橋(きたはねばし)門を通って皇居から退出すべきところ、男性は帰りに本丸から百人番所を経て、境界柵を不正に越えてしまったのです」

 そこから、思いもよらぬ展開へ……。

「車馬課の前を通って宮内庁庁舎へと入り込んだ彼は、地下の食堂で昼食までとっています。その後は、宮殿の西玄関から北庭へと抜け、盆栽の仕立て場である大道庭園へ。引き返したところ、ようやく賢所通用門近くの『吹上仲門』で身柄を確保されたのです」(同)

 その後、男性は身柄を確保されたが、問題なのは、徘徊ルート上の庁舎近くには坂下護衛署の供溜(ともだまり)警備派出所が置かれていたにもかかわらず、護衛官はこの男性をそのまま通していたという点である。

「週刊新潮」2022年6月30日号

男は、皇居内にある資料を閲覧した後に、境界柵を不正に越えて一般人が立ち入りできないエリアに侵入し、皇居内の様々なエリアを徘徊していたとのこと。

皇宮警察内に中国人スパイの協力者が?

さらに、問題視されているのが、この徘徊ルートには、坂下護衛署の供溜警備派出所が置かれていたにもかかわらず、護衛官はこの男性をそのまま素通りさせてしまったということです。

「この事件で、坂下護衛署の職員は厳しく責任を追及されているのですが、問題となっているのは、果たして、護衛官の不注意により、この中国人男性を素通りさせてしまったのか、それとも、賄賂を受け取り、この男性の徘徊を意図的に見て見ぬふりをしたのかということです。

どちらであっても問題ですが、仮に、後者であった場合、本来皇族方を守る立場にある皇宮警察内に、中国のスパイの協力者が紛れ込んでいるということですから、まさに由々しき事態です」(宮内庁関係者)



さらに、この事件は、隠ぺいされ、全く報道されることはなく、関係者の間でも一部の者にしか伝わっていなかったようです。

あろうことか、この失態は隠蔽されていた。

「当時、警察庁警備局長だった大石吉彦・警視総監は、ことの経緯を聞かされて激怒し、直ちに自ら皇居へ視察にやってきました。その後は箝口令(かんこうれい)が敷かれたまま本部長指揮事件として、特別警備隊の置かれている部屋に捜査本部が極秘で立ち上げられ、警視庁公安部も加わって捜査が進められました。今に至るまで、この事実は隠蔽され、本部内でも一握りの者しか知らされていません」(同)

 当の徘徊中国人はその後、「警察的な観点から相当危うい身元の人物」だと判明。国家の安全保障を揺るがしかねない事件だったといえるのだ。

 組織のトップである松本裕之・皇宮警察本部長に取材すると、

「私は個別には対応しませんので、広報を通して聞いていただけますか。では失礼します」

 と、呑気に答えるのみ。

(同前)

この事件について報じられた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、「この事件に大変驚いた」として、次のような意見が書き込まれています。

とても、驚きました。、、けれど、その事実だけではなく、その背景も考えたいです。なぜ護衛するのか意義を見出せない一般人に労力を使わされ、自分たちの存在意義と意識に悩むようになり困惑し混乱、士気低下状況なのではないかとも思えます。けれど、理由はどうあれ、職務怠慢でしょうね。緊迫感がないですね。何も起きていなければよいけれど、今後、そのようなことがないように気を付けましょう。

詳細は記載されていませんが、見出し通りの内容ならば、皇宮警察が任務を果たしていないことになります。

皇宮警察は、近衛師団のないこの時代に陛下をはじめ宮中をお守りする極めて重大な任務を帯びているのですから、関係者の任務精励を期待します。

この間の記事もショックを受けましたが、まさかここまでとは。相当危うい身元の人物とは、とても気になりますね。なんだかとても恐ろしい想像をしてしまいました。この士気の低下には、トップの危機管理能力の低下、コミュニケーション不足、事なかれ主義での崩壊状態なのでしょうか。今の日本を見ていても様々なところで綻びが見えてきて、整合性が取れない事が増えてきているように思います。日本にとってとても大切な方々をしっかりと御守り下さいますようお願い致します。

「悠仁さまの出生の秘密」が狙いか?

この事件に、多くの国民がショックを受けたことと思われますが、実は、この中国人スパイが狙っていた情報というのも、実に、現在の皇室の在り方を根底から揺るがしかねないとんでもない情報であったようです。

「どうやら、この中国人スパイが狙っていた情報というのが、悠仁さまの出生に関わる秘密だったのではないかと言われているのですね。

悠仁さまに関しては、男女産み分けを行ったのではないかという噂が以前からなされていたのですが、一方で、いわゆる体外受精だったのではないか?という噂もなされているのです。

仮に、秋篠宮殿下の生殖機能に不具合があったために、紀子さまが体外受精を行っていたとするなら、悠仁さまは、秋篠宮殿下の血を継いでおらず、いわゆる男系派の主張するところによる遺伝的な継承という根拠が根底から崩れることとなります。

ただ、現時点で、そうした情報に関して、何ら関連した情報が流出していないところをみると、結局このスパイの中国人男性は、特に何も有力な情報は得られなかったということでしょう。また、皇宮警察が、必死に、情報を隠ぺいしたのも、このような目的を持った中国人スパイが皇居内に侵入するのを許したという事実を紀子さまに知られたくなかったという事情があったようです」(前出の宮内庁関係者)

皆さんは、このように、皇宮警察が中国人スパイの皇居侵入を許したということについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名

とっくに入手済であろう。
DNAサンプル(明仁氏、美智子氏、安西氏、安西夫人、文仁氏、紀子)これを内部協力者の手を経たり、ゴミ袋を漁るなどすれば容易に入手可能なデータ。
これから、口止め料に尖閣諸島を献上させられるような事件になるのではないか?

132
返信する
匿名

秋篠宮家にそんな価値はないから
尖閣諸島は守られますよ
まあ、般若さんはギャーギャー言うと思いますがね

135
返信する
匿名

秘密事項はともかく、皇室警護があまりにも杜撰なのには驚き。とっさに、NYのKK夫妻のために8億円だかをかけて警護するという無駄遣いに、今さらながら立腹。そういえば、KK夫妻のNY生活の写真を見ても、8億円を手に入れた警備会社、濡れ手に粟、だろうね。

秘密事項がもし暴露されたら困るだろうから、外交機密費、皇室機密費、などから大金が支払われるんだろう。どこまで国民に迷惑をかける気だろうか。

119
返信する
いったい何が問題なの❓️

1作年というと2年前。皇居には上皇夫妻がいた頃の事件ですか?

>なぜ護衛するのか意味を見出だせない一般人に労力を使わされ、自分達の存在意義と意識に悩むようになり困惑し混乱、士気低下状況なのではないか…

とても分かりにくい表現で、困惑混乱していまいます( ノД`)…。

問題は、皇宮警察が中国スパイの皇居侵入を許した事❓️

秋篠家の血統を知られたくない紀子さん❓️

悠仁さんの出生の秘密を中国人スパイにしられたのかどうか??

とても分かりにくい記事でした。

68
2
返信する
匿名

これから見て子さんが長生きしても、耳を塞ぎたくなるような安西文人と安西ゆうじんに関する出生秘密が書かれ出すので、その前に「中国人スパイが盗み出した情報源によると」として「宮内庁も官邸も知りませんよ」とのスタンスを取れるようにするための新潮記事であり、あくまでも宮内庁幹部へのアリバイ作りが目的です。
故意に秋篠宮家を廃嫡させるために出生秘密を漏洩させたのではなく、中国人スパイに持って行かれたからだ、となれば、漏洩責任の所在を曖昧にできますから。

かなり手の込んだ設定で「廃嫡劇・序章」がいよいよ始まりました。

88
返信する
匿名

え〜、なんと回りくどい。
さっさとDNA検査の結果を出せば一発じゃん!
費用数万円、2週間でわかることだぞ?
少し頭を使って欲しいよ。

85
返信する
匿名

たぶんプライドが許さないから理由を作るために回りくどいことしてるんですよ

33
返信する


匿名

小室問題を発端に、皇族への不信感が
高まり、皿夫婦・ナマズ一家どころか
もう皇室は要らないと思う方は多い。

皇室を存続させるには、職員を含めて
悪い慣例を止め、その元凶である、皿
ナマズ一家の排除するしかない。

小室母子に、付け込まれた原因を
納税者である国民は、知る権利がある。
(皿・悪行、プ〇エンジェル、ナマズ・父
鬼子の堕胎、川辰怒鳴り込み、税金ピンハネ
等?)
ズル仁の出生についても、政治屋を含め
色々な思惑があったのは確か。

皇族を存続させるのは、難しいかも知れないが
国民の疑問はクリアすべき、そうすれば
極めて小さい規模ではあるが、存続出来るかも。

67
返信する
『天皇家の存続』

国名様へ

>きわめて小さい規模ではあるが、存続できるかも。

当方もそう思います。天皇ご一家そして宮家の皆様『常陸宮家・三笠宮家・高円宮家の三宮家』の方々は皆様、皇族としての各自の立場そして皇室典範を護り、一生懸命に天皇家をお支えしておられます。皆様皇族として清廉潔白で品格が有り、天皇家・三宮家を拝見致しますとこちらまで心が温かくなります。『正しく、天皇家・皇族方だ』と思い、天皇家は未来永劫安泰だと思います。

42
返信する
匿名

>「紀子さまに伝えてはならない」と皇宮警察

この時点で出自がらみの情報が漏洩したことが確認できたということ。紀子に言えないこと、というだけで、あの人はバラック生まれなのでお察し可能です。

62
返信する
匿名

自分はもう正直未来に希望はないと思うが、その中でもどういう未来があるかは想定するわけよ。その中でも、米中決戦の主戦場として、日本列島での陸上決戦で日本人の民族浄化と核まで使った焦土作戦というパターンが一番最悪かなと思う。このあたりは絵空事と馬鹿にされても全然構わないが、もしそういうルートがある場合、天皇家の中国人化はそのマイルストーンではないかな?
おいらはずるひと君が東大にいって、中国人留学生と恋愛結婚というシナリオができているようなきがしてしゃーないのよ。なんかバド部も女の子目当てっぽいしな。ただ、実際問題でこの時期の女の子の恋愛対象って、クラブのエースとかそういう王子様。ずるひと君は明らかに違うよね。というわけで、三年間で性欲をいじょあに溜めたモンスター完成。ハニトラなんてやりたい放題でしょうね。

27
1
返信する
匿名

本当に極端に言えば、天皇になる方のDNAはどうでもいいです。
ただ「ふさわしいかどうか」だけです。

国を思い、民を思い、日本の伝統を守り、歴史を識り、神事を全うする。
常に己を律し、徳を積み。
国と国との架け橋になる方。

誰もが誇れる「国民の象徴」と呼べる方なら文句は出ないと思います。

次世代の天皇候補のあの親子も「ふさわしい」ならDNAについては文句はありません。

20
5
返信する
匿名

自分も資質論については似た論でありたいと考えます。
ただし、現象論として出自が怪しかるべき人物が高潔な人格者であったことを古今東西あまり耳にしません。古来、結婚や就職において人物や周辺調査をして、しておいて良かったという話になることばかりというのはこれも世の知恵というものです。まー、良家でも普通にダメ人間いますけどねー。

25
返信する
匿名

ズル、もし鯰の精子からできた子ではなく、上皇がらみの冷凍精虫の子だとしたら、状況によりますが、天皇家の血筋を受け継いだことになっちゃうんじゃないでしょうか?
天皇様の兄弟?それは止めて欲しいな。
真相は藪の中か?

11
1
返信する
匿名

体外受精の場合はピンピンした元気な精子でないと不可能だそうですよ。当時の技術ではなおさらのこと。上皇のお子さんである可能性はまずないと思われます。
Ki妃は40歳近かったので、卵子は若いM子さんのものではないか、皇室のことをよく知っている人たちの間では通説らしいですよ。
M子さんは当時中学生でした。中学の時にPTSDを患ったとM子さんが発表していた話と辻褄が合います。逃げられないし、苦痛だったのでしょう。
お皿子さまとKi妃はそれを聞いておそらく飛び上がったのではないでしょうか。これ以上秘密を喋られては困る。M子さんは自分の結婚生活に援助をしてもらいたいので軽く脅しをかけたのではないかと言われています。KKも知っている可能性が高いです。
それにしても、「M子」を広辞苑で引いたら「卵巣」の意味と出ました。
不思議な偶然もあるものですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。