紀子さま、悠仁さまのご学友二人も、東大裏口入学を画策!週刊誌が衝撃暴露!お二人のあだ名は「助さん・格さん」に


文・もっちゃん

批判の収まらない悠仁さまズル入学問題

今月3月17日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが成年会見を行われたのと同日に、お茶の水女子大学附属中学校の卒業式と、筑波大学附属高校の入学説明会に出席された悠仁さま。

4月から、筑附に進学される予定なのですが、いまだに、ネットメディア等を中心にズル入学問題に関する批判の声は完全には収まっていないようです。

そうした中で、新たに話題となっているのが、悠仁さまだけでなく、お茶中時代に、悠仁さまと仲の良かったご学友お二人も提携校進学制度により、筑附進学が決定したということです。

提携校進学制度は、もともと制度の中身が不透明であったこともあり、この悠仁さまのご学友二人の筑附進学も皇室特権を活用したズル入学なのではないか?と疑問や批判の声が上がっているようです。

「高校進学にあたって悠仁さまがいよいよこの制度を使うこととなり、『皇室特権』への疑念が強まったのです」(前出・皇室記者)

 制度を利用できる定員数は「若干名」とされており、これまでの実績も含め正確な人数は明かされていない。

「最近、筑波の附属中学からエスカレーター式に筑附高に進学する生徒たちの間では、“悠仁さまのほかに、仲のいい生徒2名が、制度を使って筑附高に入学するようだ”ともちきりです。

 悠仁さまが特別な存在であることは誰もが理解するところですが、その“ご友人”にも同様の特別の配慮がなされたとしたら、なぜ彼らが選ばれる必然性があったのか疑問を招きかねません。また、悠仁さまおひとりのために、一般受験からの入学枠が“3席”も減らされたのだとしたら、難関校の受験に心血を注いで不合格だった生徒たちやその保護者はやり切れないでしょうね……」(筑波関係者)

「女性セブン」(2022年3月31日号)

こちらの記事では、「悠仁さまが特別な存在であることは誰もが理解するところですが」などと書かれていますが、実際には、筑附の在校生や保護者らのほとんどは、悠仁さまが提携校進学制度により、他の受験生と同じ学力試験を受けずに、入学してきたことに納得していません。

このことは、筑波大学がわざわざ記者会見を行い、悠仁さまの筑附入学に関して弁解をしなければならなかったことからも明らかです。そうした中で、さらに悠仁さまのご学友2人も提携校進学制度により、ズル入学させてしまったのですから、より一層批判の声が高まるのは当然です。



「どうやら、この悠仁さまのご学友二人は、筑附生の間では、早くも助さん格さんなどと呼ばれているようですね。要は悠仁さまの腰巾着というわけです。

悠仁さまのご学友ということで、皇室特権を利用し、提携校進学制度により難関校である筑波大学附属高校に入学できたは良いのですが、果たして、筑附に入学できたことがこの二人の生徒にとって良いことであるのかは正直分からないなというのが感想です」(筑附関係者)

悠仁さまのご学友も東大進学か?

悠仁さまのご学友二人が、提携校進学制度により筑附に進学したという事実だけでも驚きなのですが、「女性セブン」は、2022年4月7・14日号にて、さらに驚きの事実を報じています。

なんと、悠仁さまと共に提携校進学制度で筑附に進学した二人の生徒が、3年後には、悠仁さまと共に推薦入試による東大進学を目指す可能性が高いというのです。

悠仁さまの「ご学友」については、将来の天皇というお立場からも注目を集めてきた。

「小学校時代に、周囲がそれとなく『ご学友』を差し向けたこともあったといいます。天皇は個人的な考えを公言できないお立場だからこそ、腹を割って話せるご学友が必要です。厚い信頼関係は、長い時間を共にすることで醸成されます。上皇陛下と天皇陛下は、初等科から学習院に通われたことで、かけがえのない生涯の友を得られました」(宮内庁関係者)

 だが悠仁さまの場合、大学までエスカレーター式に進学できない。3年後には、厳しい大学受験に臨まなければならない。そして、紀子さまの悲願は、悠仁さまの東大入学だといわれている。

「せっかく中高で培われたこのご学友との関係を継続しないのは大変もったいないことです。ここまできたら、同じ大学への進学を目指されるのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 筑附高は毎年東大合格者を30人ほど輩出する進学校だ。また、東大には推薦入試の制度がある。

「現状、全国の高校は4名まで東大に推薦できるルールで、推薦された生徒が試験に臨みます。ただ、学力がものを言う試験ではありません。面接や、課外活動の実績などが総合的に評価され、合格が決まります」(進学塾関係者)

「女性セブン」(2022年4月7・14日号)

秋篠宮家からのリーク情報の可能性

果たして、本当に悠仁さまと、この二人のご学友が3人揃って推薦入試で東大に合格するようなことがあり得るのでしょうか?ある皇室ジャーナリストは「その可能性は高い」として次のように語ってくれました。

「眞子さんの結婚や海外移住、悠仁さまの筑附進学の件に関してもそうなのですが、秋篠宮家は、ご一家の将来に関する重要な情報をあえて週刊誌にリークすることで、“そういった可能性もあるのか”と国民の頭に徐々に刷り込みを行うことが多いのです。

筑附進学に関して、何の前触れもなく、悠仁さまが突然筑附に進学されれば、多くの国民にとって大きな驚きとなり、良くも悪くも、その分大きな反響を呼んでしまう可能性が高かったのですが、実際には、事前に何度も週刊誌等で、“悠仁さまの第一志望は筑附”“悠仁さまは提携校進学制度により筑附に進学する可能性が高い”と繰り返し報道させることで、国民のショックを和らげ、“やっぱり筑附に進学したのか”といった反応にすることに成功しました。もちろん、それでもかなりの批判を浴びたことは間違いありませんが。

これまで繰り返し報じられてきた、悠仁さまが将来東大に推薦入学されるといった情報や、今回の悠仁さまのご学友も共に東大に進学するといった情報も、こうした意図的なリークであるという可能性は高いでしょう」(皇室ジャーナリスト)



国立の学校の入試制度を捻じ曲げてまで、悠仁さまを難関校に入学させてしまう紀子さま。秋篠宮家の横暴はとどまるところを知らないようです。

皆さんは、悠仁さまだけでなく、二人のご学友も将来東大に進学することになると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

35 COMMENTS

匿名

この菊の御紋が目に入らぬか!
この方は将来の天皇なるぞ!!
と二人で叫んで教職員や生徒たちを土下座させるんですね

70
1
返信する
嘘つきは泥棒の始まり

雅子さまの主治医 大野先生が「雅子さまは本来、精神の健康度がとても高い方。ストレスの原因と離れることができないので完治しない。本物の患者は別にいる」
と言うような話を以前していた。
本物の精神病患者?
皿かな狐かな、なんて昔は考えたけど、両方だ。
もしかしたら狐の病のほうが重いかもね。あのボロガタ息子を健康で優秀だと粉飾している神経はマトモじゃない。

147
1
返信する
匿名

人を陥れることに執念を燃やし策略に手練手管を使う人格破綻者が、何故か周りに忖度され、
本来健全で安定した精神の持ち主が心を病んでしまわれる。
もういい加減鬼婆鬼狐への忖度止めていただきたい。

128
返信する
匿名

皿婆サンと同じ、カメラに映ってるときだけ三流女優みたくポーズが上手いキコは平然と顔色も変えず能面顔で乗り切ってきた。
しかし、ライブ動画で慌てたキコを一度見た事がある。

天皇陛下の御即位で日本を訪れてた海外の要人に、キコが強引に話しかけようとしているのだが、英語が通じないのか、嫌われているのか、焦るキコの姿がとても滑稽だった。

それを見兼ねた優しい雅子様が2人の間に入ったが、キコのメチャクチャな日本語が聞き取れないのか、あやふやで低レベルなカタコト英語が下手なのか・・少し困惑したような表情でキコに代わって通訳をしていた。

皇后陛下になられた主役の雅子様に気を遣わせ、通訳までさせるなんて、キコは本当に厚かましく失礼な奴だと再確認した場面だった。

普通の英会話さえ出来ないくせに “ 次の皇后はアタシよ ” とグイグイ迫る強引さ、海外の要人にすがり付くような焦りまくりの憐れな姿がテレビ中継で流れていた。
今考えると、あれはタダの大失態ではない。
精神異常は今に始まった事ではなく、あの恥ずかしい姿こそがキコの本性そのもの。

知的レベルが低いのに押しが強く、半島特有の権力や金にすがり付く常識外れの執拗さ。
それに元々アホのアーヤの低能がミックスされて、その結果、産み出されたのが「ヒサ」。
マイナスがマイナスと結び付いても決してプラスにはならず、まともじゃないのは当然だ。

75
返信する
匿名

東大は教授会が絶対に認めません。
予算はどの国立大より潤沢だし、紀子が予算水増しで詐取してきた金がどういう法的意味になるのかもお見通しなので、夢見るだけ無駄というべき。
学内で力を持っているのは、法学部と医学部で、どちらもズルヒトなんかははなから要らないし、単位をどうやって不正に出すのか、大激論になってしまう。
結局ICUに頭下げて碍児を引き取って貰い、「英語の全く話せないICU特待生」になるしかないでしょう。

81
返信する
匿名

ICUは、大喪礼、大嘗祭と大反対してきた。
そこに(自称)将来の天皇が入学したら大爆笑ですわ。

マコ 英検3級
カコ 英検4級
ヒソ 英検5級
5級のあること知らんかった。
過去問やってみたら最後の英語から数十年の私が全問正解できた。
公立中学1年の1学期レベル。

65
返信する
匿名

ということは、この学年の東大推薦はズルヒト様ご一行が独占したがってると。推薦は3人上限ですからね。
同じ学年の方なんて不幸なんでしょう。
これからのご一行ズル道中が見ものですね。

80
返信する
今後も注視

推薦できるのは、1校につき男女2名ずつ計4名。
 男の子3人まとめては無理じゃないかな?
 推薦してもらっても合格するとは限らないし。
真ん中の1名さまは一般受験を装うのか?

推薦理由の研究や国際コンテスト受賞歴などはどうするのか?
 ゴーストライター?買収?新しいコンテストの創設?
共通テスト必須ですが、大学入試センターも餌食に??

29
返信する
匿名

>今後も注視さん

悠仁さまは特別待遇なので人数にカウントされません!なので、お友達2人が推薦枠を使えます。

12
返信する


匿名

あああ、何とオゲレツ。
して肛門見えてはいけないので、キコ義理妹のハレンチ下着とか着用するのか?

25
返信する
匿名

人は醜聞が大好きだ。過去にも、現在にも、人は如何に醜聞に無上の満足を見出したであろう。
ではなぜ人は醜聞が・・・殊に世間に名を知られた他人の醜聞が大好物なのであろう? 

それは、実際には存在しない各自の優越を樹立する、恰好の土台を見出すためと言えないことも無い。
「私はアーヤほど金持ちではない、しかしアーヤより知性や常識がある」
「私はキーコほど取り巻き男がいない、しかしキーコよりも貞淑である」
「私はHヒトほど秀才ではない、しかしHヒトよりも正直である」
「私はM子ほど自由奔放ではない、しかしM子より世間や恥を知っている」
「私はKKほど……」

人はこう言った後、豚のように幸福に熟睡するのである。

3
15
返信する
匿名

> 雅子さまの主治医 大野先生が「雅子さまは本来、精神の健康度がとても高い方。ストレスの原因と離れることができないので完治しない。本物の患者は別にいる」と言うような話を以前していた。

大野先生はそんな事を言いません。

4
18
返信する
匿名

川島醜さんが再婚し、嫁の正体が話題になっているので、いちいちここに八つ当たりしてくるのが面白いわ。
連れ子も新ママとうまくいくのかしら?
たしか障害児乗馬に勤しんでいて、入賞経験も豊富でしたね。

28
返信する


匿名

友達もどきにまでズルを強要するなんて、、
ここまでひどいともう虐待です。母親と引き離したほうがいい。

40
返信する
匿名

学習院は幼稚園段階で、すでに「生で悠仁を見せていただきたい。必要な特別支援教育クラスを編成するので、受け入れ準備時間が必要だ」と連絡してきたので、紀子は激怒し、喧嘩別れとなったことは有名。

そこで混合教育を推進、研究してきたお茶の水に引き取らせようといまの上皇派が動き、害児押しつけに成功はしたものの「徹底的に隠せ」との紀子指令が常に療育のネックになってきた。
自閉症の子をどんなに隠しても、周囲の生徒からは「あいつ変だ」と気づかれてしまうもの。どんなに箝口令を敷こうが、隠しようがないのが悠仁の障害問題なのです。

事実、女性誌は「悠仁くんはしゃべり方が変」と聴覚障害児特有の変なしゃべり方を同級生インタビューの形をとって、小学二年の段階で既に報じていました。

その後、人工内耳インプラントなどにより、ある程度は改善されたものの、障害そのものを隠し込む必要から、自宅学習でごまかすしかない点は変わりがない。
支援校にやっていれば、それなりに活発な学校生活が楽しめたのに、隼と亀ほども情報処理速度の違うハイクラスな同級生相手では、会話すら成立しないままです。

自閉症に、劣等感、いじけ、仲間はずれ意識が加わり、最も療育に差し支えることばかりをやらせる紀子はまさに鬼畜親ですね。

49
返信する
匿名

高校も裏口同伴、大学も裏口連れションが裏条件では
「助さん、格さん」どころでなく
「小姓Ⅰ,小姓Ⅱ」でしかありません。

紀子のずるいところは、ツクフの同級生からの怒りの矛先が、ズルヒトだけでなく、小姓たちにも向かうように、非難の声が三分割されることを予め計算している点です。

入試の数学が0点だったズルヒトは、授業には全くついて行けないので、そのまま自宅学習という不登校になるか、シャワーとトイレ完備別教室での療育メニューしかないですが、小姓らは、一般教室で同級生からの恒常的な糾弾視線に耐え続けなくてはなりません。

「ズルヒトとお前達小姓のおかげで、高校がさんざんな環境にされたじゃないか」
「東大推薦枠をお前達三人衆に奪われて、優秀で才能もある○○さんが推薦されず困っているではないか」

こういう生徒間の不平等感は容易に解消できない。
ズルヒトと二人の小姓のせいで、東大推薦から漏れた子たちが出ようものなら、その恨みは生涯消しようがない。そういった致命的な不正行為を犯すこと、そのものが「将来のテイノー」失格に導かれることに。

どうせ父の代からの偽皇族なのだから、また姉たちと同じようにICUに裏口させてもらえばいいはずです。
あそこならZも多いし、B嫁やZ嫁ならば「知的障害夫でもいい」という、チャレンジ精神溢れる”紀子2世”みたいなキチ女が見つかるかも知れないから。

43
返信する
匿名

職員の名前を記憶すらできない頭ばかりの秋篠宮家では、職員全員に物の綽名がつけられ、メガネ三号、大根二号、カボチャ等と呼ばれています。

悠仁は小姓たちの名前を記憶できるのかな?
御茶では、悠仁のいるクラスだけ、特支校と同じように机に名札がついていたそうですから、ツクフでも同じ体制になり、生徒も名札着用が強制されたりしないか、心配です。
それも漢字に弱い悠仁のために、ひらかなで「やまだいちろうくん」「すずきはなこさん」と、幼稚園みたいにひまわりやチューリップマークの可愛い名札だったりして。

39
返信する
匿名

「助さん・格さん」のモデルとされた家臣は有能な学者・文化人であったようですが。
現代の助格は欲に釣られたただの腰巾着。

30
返信する
匿名

二人の御小姓さんは、ズルヒト不正入試事件での”共犯者募集”に応募してみただけとなりますかね。
闇サイトで、オレオレ詐欺受け子募集しているのにひっかかったのと似た話だといいたくても、東大までズルヒトと一緒に裏口入学させてあげるから、との甘言に瞞されたという話だったのでは、世間の同情は全く集まらないはずです。
今後裏口入試に関する偽計業務妨害罪容疑を捜査する段にでもなれば、供述を取られる際に、被疑者数が多い方が何かと矛盾が生じやすく、紀子との言い争いにもなりそうなので、小姓も居た方が寧ろ捜査には好都合というべきでしょう。

27
返信する
匿名

> 5級のあること知らんかった。過去問やってみたら最後の英語から数十年の私が全問正解できた。公立中学1年の1学期レベル。

英検5級は小学5年生レベルですけど。。。
小学2、3年で合格してる子もたくさんいます。

19
返信する


匿名

あの提携校制度は募集要項が公表されていないのが問題なのです。合格者実績の公表すらない有様でしょ。
事実、こうやって紀子の縁故者しか合格できていない。
何と学校側が言い訳しようと、国立で、募集要項が公になっていない入試などありませんから、違法行為だといわれてもやむを得ないのです。
しかも寄附を行ったと紀子は説明会で公言してもいる。

37
返信する
匿名

東大も妖狐の威しに屈すれば世界大学ランキングの順位はゴムの切れたバンジージャンプみたいになるでしょう。

19
返信する
匿名

宮家学歴満遊記
息子「母上、助も格も、私を助けてはくれません」
母「それはけしからぬ、そなたはどのようにしてほしいのじゃ?」
息子「誰もがひれ伏すような武器を持ちとうございます」
母「ならば、父上由来の紋どころを見せればよい」

といって、やおら服を脱ぎ捨て、尻を息子に向けて四つん這いになり、片手で尻を割り、威厳を持って言った。

母「この紋どころが目に入らぬか!」

驚いた息子の目には、確かに菊の紋どころが見えた。息子は喘ぎながら立ち上がった。男としての風格が漂っていた。

読後感想 : こ、こ、これは、ひどい。
(この物語はフィクションであり、登場人物、場面設定は実在のものではありません)

返信する
匿名

指定難病206/脆弱X症候群とされるズルヒトくん。
いろいろと不都合な事がありすぎて、まともに療育も受けられない。
難病罹患のせいにすれば、楽に生きられるのに。
皇室会議により皇室典範第三条でもって廃嫡されれば、のんびりと余生が送れるというのに。

13
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。